searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Masaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
観光士の日常
ブログURL
https://note.com/traditood
ブログ紹介文
観光情報や地域の観光マーケティングについて発信しています。
更新頻度(1年)

15回 / 87日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2020/10/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Masaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Masaさん
ブログタイトル
観光士の日常
更新頻度
15回 / 87日(平均1.2回/週)
読者になる
観光士の日常

Masaさんの新着記事

1件〜30件

  • アドセンスは結局誰がクリックしてるんや?(答えは良く分かりません)

    ずーっと疑問に思っていることがある。 「グーグルアドセンスは、誰がクリックしているんやろか?」 当然、誰かが?という答えもあり得る。 しかし、PVに比例して上手くクリック数が増えるのだろうか?? そう、私はクローラー様がクリックしているのではないかと考えている。 これは定説かもしれないが、87%でこの仮説を信じている。 こうなれば、自動広告を導入し、PV数やユーザー数を増やせば、アドセンス収益も増えることになるのではないか?? 誰か、この真相を知っている人がいれば教えていただきたい。

  • ベジタリアン対応は必須&市場拡大あるよ

    株式会社やまとごころの代表取締役村山 慶輔氏が書いた「観光再生-サステナブルな地域をつくる28のキーワード-」において 「ベジタリアン・ヴィ―ガン」の観光市場 に関する章がありました。 訪日外国人や海外には、宗教・健康・環境/動物保護などの理由から割とベジタリアン(種類によるが)が多いです。今後、訪日観光客を誘致する中で、観光コンテンツの幅は重要なので、「ベジタリアン」分野も考慮する必要がありそうですね。 ▼参考:書評「観光再生-サステナブルな地域をつくる28のキーワード-」▼ 【書評】観光再生-サステナブルな地域をつくる28のキーワード-(著:村山慶輔) |

  • ツイッター開設しました!

    ▼【ツイッター開設しました!】▼ https://twitter.com/traditiood 文字数制限があってプロフィールに書けなかったので、ここでアピールします(笑)  フォローしていただけたらシンプルに嬉しいです。

  • あらゆる方へ、どうぞ良いお年をお迎えください。

    なぜか、ここ1週間でフォローが30人ほど増えました。 【シンプルにありがとうございます🙇🏻】 正直サテライトブログで全く力も入っていないし、ふと思ったことやテキトーなことを書いていますが、それでも30人フォロワー超えるとは思ってませんでした。 サテライトブログを育てれば、被リンクも稼げることが分かり、8月から始めたブログもちょこちょこ収益やPVの成長が見えるようになりました。 今後も続けて、Noteの方でも発信していきたいと思います。↑しっかりしたコンテンツを発信したいなぁ というわけで、またしてもふと思ったことを書かせていただきました。Noteってツイッター感覚で長い文章書け

  • 「シグルリ」×館山市|アニメツーリズムの可能性をまぁ考えてみた

    意外にアニメを見ない人は多いのですが、「シグルリ」って知ってますか~?(自分はミーハーです。) 以降、単なる私的な意見なので賛成・反対する人もいるかもしれません。 「シグルリ」とは? 「シグルリ」こと、アニメ【戦翼のシグルドリーヴァ】 2020年10月から全12話で放送されたオリジナルアニメ作品で、日本・千葉県館山市を舞台に、突如発生した人類の敵「ピラー」と、第二次世界大戦前後の実在する世界各国の航空機を模した「英霊機」に乗り戦う「戦乙女」の姿を描いています。 このアニメ自体の評価は分かれるところですが、自分としては ・作画が最&高! ・キャラクターが可愛いぃ(宮古推し

  • とりあえず自治体経営にもマーケティングが必要説?

    「地方創生」と言われ続けて何年経ちました?? 一向に減少する人口と少子高齢、都市への一極化、経済格差etc. 「地方創生」の根本的な問題って、人口よりはやっぱり「お金」じゃないんですかね? そもそも新しい建物を無計画に立てすぎですし、問題点はそれが市民や国民にあまり開示されていないこと。空き家問題も存在する一方で、どんどん新しい建築物が建てられ、都市に一極集中化し、下手をすればその建物の運営費や維持費がかさみ、結局は地域のお荷物となり、ほぼ廃墟となる...。 税収の確保がすっごい騒がれてますが、税収をどう使うかも地域内、住民を交えて議論してほしいですね。税収だけでなく、地域全

  • いつか空き家ビジネスをやりたいなぁ

    地方地域の観光業に取り組む上で、空き家を活用したビジネスはまだまだ未開の分野だと思います。 ただ一方で増え続ける空き家を地域内で活用することは、地域社会や住民、事業者双方にとっても利益のあることだと思います。 観光地域づくりにおいて、空き家を活用すること ・394万戸から849万戸へ(1988~2018)・空き家率:13.6%(2018) 地域内に多く残る空き家を活用した観光施策や観光地域づくりを進める上で、自治体や住民、企業が多角的に連携することが重要です。 やはり、地域資源を活用した空き家ビジネスとのコラボは重要ですね。 例えば、エコツーリズムやグリーンツーリズムのよ

  • サテライトブログは効果あった!

    7月からブログを始め、のんびりのらりくらりブログ執筆をしてきました。 んなこんなで、特にアクセスも増えなかったし、アドセンスの収益も少なかったです。 しかし、サテライトブログを作ったら、被リンク&アクセスアップ⤴️ 「Note」「はてなブログ」「Tumblr」でサテライトブログを作ったのですが、被リンクが0から100前後まで一気に伸びました。(記事数15程) ↑多分、もっと記事を書けばどんどん増えます。 ドメインパワーは変わらず笑 結果として、ドメインパワーは変わらずでした。まだ運用してから3~4ヶ月しか経ってなかったんで、そんなもんですかね。 まぁ、観光系のブログやってま

  • 観光系の資格取りましたっ

    早速ですが、観光系の民間資格を取得しました。 おそらく、認知度はあまり高くないかもしれませんが、一般社団法人日本観光文化協会「日本観光士会」が運営する「観光プランナー」「観光士」「観光コーディネータ」資格です。 この中で、「観光プランナー」「観光士」資格を取得しました。 資格試験の印象を一言でまとめると、 観光マーケティングの基礎と注意点などを、実際の戦略フォーマットを基に実践的に学べる という感じです。 実際にどういう風に地域の観光施策に取り組むべきか、どういったことをポイントに戦略を立てるか等を学ぶことが出来ます。学生や今後観光業に携わりたい人などに一番オススメである

  • 皆んなが知らない土地は最高だぁ!

    コロナ禍において、ステイホームしながらの遠隔旅行や時期をずらした旅行計画の策定など、新たな観光•旅行の仕方が重要になっています。 さて、そんなコロナ禍において、 「アンダーツーリズム」 という新たな観光の形が注目されています。 アンダーツーリズムとは? コロナ禍において、人々が多く集まるような会食や観光地というのは敬遠されるようになってしまいました。 また、京都市やバルセロナのような多くの観光客が集まる観光地においては、以前から「オーバーツーリズム」が問題となっていました。 このような中で、あまり知られていない観光地域や地元民しか知らない穴場スポットなどのローカルエリアへ足

  • 日本酒と地域振興

    「日本酒は地域活性化/観光地域づくりに最適!」 だと思うのですが、、 地域の観光業や地方創生の中で、地域が主体となって観光客の誘致や観光資源の開発とプロモーションを行う着地型観光が主流となっています。 日本酒はポテンシャルが高い観光資源 地域主導の観光地域づくりにおいて、「日本酒」はかなりの観光資源となり、地域経済の潤滑剤となります。 例えば、 ・訪日インバウンド客や観光客の消費単価が高い ・農業(米)、製造業(樽・設備)、飲食業etcの地域全体の影響力 ニューツーリズムとしての「酒蔵ツーリズム」 酒蔵の見学ツアーや試し飲み、地元食材をふんだんに使った料理と地酒の体

  • これからだ!持続可能な観光開発

    近年は国や企業の取り組みとして「エコ」がテーマになっていますよね。 持続可能な開発目標(SDGs)をもとに企業がCSVを達成するなど、今後も持続可能な社会を目指す動きは重要なテーマであり続けるでしょう。 持続可能な観光開発 観光でも、SDGsのコンセプトに基づいた観光地域開発が重要です。 持続可能な観光開発は国が主導し、企業や自治体でも取り組みが積極的な取り組みが行われています。 持続可能な観光地 2020年10月には、世界持続可能観光協議会(GSTC)が設定する持続可能な観光指標の国際認証団体の1つ「グリーンデスティネーションズ」が発表する「世界の持続可能な観光地トップ

  • 地域ブランドって結局、、

    地域の交流人口を増やしたい、観光客の増加や地域活性化を目指し日夜地域の取り組みが行われています。 地域のブランドを高めたい!という動きもその一つですよね。 地域ブランドの構成要素 これだけとは言いませんが、ざっくり地域ブランドの構成要素は 「地域商品/サービスのブランド」+「地域イメージ」 だと言えます。 地域資源を活用した特産品の開発や自治体総出のイベント開催など、自治体や地域住民は地域ブランドの向上に努めています。 事業として資金を捻出できる地域が勝つ でもやはり、地域の財源や補助金を頼りに特産品の開発やブランドイメージの向上(広告費など)に多額の資金を投入しても

  • スポーツと観光は相性が良い!

    「スポーツを活用した観光とは?」 「スポーツツーリズムとは?」 スポーツツーリズムって何?? 簡単に言うと、 スポーツを「観戦する」「プレイする」「支える」 という3つの観光要素を、スポーツを通じ、地域と観光客双方にとって価値あるものとして提供するニューツーリズムのことです。 つまり、スポーツを「観る」「する」だけでなく、スポーツ大会開催地やスポーツ施設周辺のスポーツを「支える」地域住民とのスポーツ交流の支援及びスポーツを通じた経済活性化を推進することです。 ▼関連記事:ニューツーリズムとは?その事例について紹介▼ 【誰でも分かる!】新しい観光の形「ニュー

  • アニメツーリズムはオタクと共に!

    とにかく言いたい 「アニメツーリズムはオタクと共に!」 アニメの制作地を訪れる聖地巡礼は、アニメオタクや外国人の間でも人気のものとなっていますが、 アニメを観光地域づくり及び観光資源として活用するといった動きは、わりかた最近の観光地域づくり/まちづくりのトレンドかもしれませんね。 ただ、アニメツーリズムで成功した地域もある一方で、アニメツーリズムに失敗し、ファンや地域住民双方から批判を浴びる地域自治体もあります。 「地域住民の同意を得られないこと」 「アニメツーリズムが一過性且つ行政の場当たり的な施策になったこと」 「アニメに依存し、地域資源の開発を怠ったこと」 色々

  • 意外?日本の「美容観光」の可能性

    「美容観光ってなに?」 「韓国やタイが美容大国と聞くけど、、」 実は、日本も「美容観光」を誘致し、さらに多様性に溢れた観光立国になれる可能性を秘めています。 ・「美容観光」の市場性と日本の「美容観光」の可能性について 注目集まる「美容観光」 「Global Wellness Economy Monitor October 2018」のデータによると、 美容・アンチエイジングの市場規模は、およそ573憶ドル増加(2013~2017) 健康・美に関するウェルネスツーリズム市場は、7.5%増の拡大が予測(~2022) などの「美」に関する市場規模は拡大する可能性があるとい

  • 「祭り」の果たす意義とは

    日本に古くから伝わる「祭り」 地方地域や都市部でも、「祭り」の衰退は問題となっています。 しかし、現代において「祭り」の果たす意義は大きなものなのではないでしょうか? ・「祭り」という非日常性                       ・地域における「祭り」の意義 「祭り」という非日常性  「祭り」は 本来「ケの日常」に対する「ハレの非日常」として位置づけられる行事でした。 それは、「ケの日常」で溜められた葛藤や欲望を解放する場として機能していました。 現代の心理的抑圧やストレスの多い時代において、 「ハレの非日常」として葛藤や鬱憤を噴出する場である「祭り」が本来

  • 過大評価されていないか「ニッポン」

    「クールジャパン!、日本文化は凄いね」 この言葉には、少し違和感を覚えるのは私だけでしょうか?私だけなら大丈夫です(笑) *個人の見解です。 データと釣り合わない日本のソフトパワー 実際の日本のソフトパワーは、実際の経済的効果や観光消費などのデータに照らし合わせると釣り合わないように感じます。 *政治面はなし 「ハードパワー=軍事力」が重要であった戦前から戦時中の時代は終わり、現代では、「経済力や文化力、民力など=ソフトパワー」が国の力を決めるものとして長らく議論されています。イギリスでの「クールブリタニア」や日本の「クールジャパン」はその典型です。 毎年「ソフトパワーラン

  • 「鬼滅の刃」はそんなに面白いか? ...

    「鬼滅の刃」はそんなに面白いか? *個人の感じ方の違い。私も面白いとは思ってる。 「鬼滅の刃」並、それ以上に面白いアニメが沢山ある中で、このアニメがこんなに注目される理由は??【一生の謎】 最近の映画で言うと、「ヴァイオレット•エヴァーガーデン」の方がよっぽど面白いと思うけど。 | Umiuchi Masato

  • 「おもてなし」という勘違い

    「お・も・て・な・し」 一種の流行になった「おもてなし」という言葉。 現在私たちが持っている「おもてなし」の考えは改めるべきなのではないでしょうか? 「おもてなし」という勘違い 「おもてなし」は日本人しか分からない? 日本は元来外国人移民も少なく、高度成長期には日本人の人口増加により、ほぼ自国民だけで成長した国です。 こういった国情をもとに、「おもてなし」という文化もとりわけ自国民独自の文化として古来より発展しました。 その自国民独自の「おもてなし」をそのまま外国人観光客の宿泊サービスなどに適用することは間違いではないでしょうか? 日本にいるのだから日本流に「おもてな

  • 「日本遺産」とは?|おまけ:Tokyo初の「日本遺産」は?

    Q.東京都初の「日本遺産」は?? A.______ 答えられますか??    ↓↓↓ 「霊気満山 高尾山~人々の祈りが紡ぐ桑都物語~」 2020年「高尾山及び八王子の文化財」が、「霊気満山 高尾山~人々の祈りが紡ぐ桑都物語」として東京都初の「日本遺産」に登録されました。 ▼関連記事:自然の中で楽しむ「グリーンツーリズム」▼ グリーンツーリズムとは|自然と触れ合う農山漁村の地域観光「グリーンツーリズム」グリーンツーリズムとは|自然と触れ合う農山漁村の地域観光「グリーンツーリズム」 | Futourism@Japan 自然溢れる中で地域文化に触れる「グリーン

  • 自然に囲まれた観光って、落ち着くよね

    「大自然にいると、心落ち着くよね?」 「マイナスイオンで、デトックス効果も期待よね」 「山ガールってまだ流行っている?」 「グリーンツーリズム」ってご存じ? 森林浴やバードウォッチング、農業体験や森林伐採ボランティア等 「緑豊かな農村地域において、その自然、文化、人々との交流を楽しむ、滞在型の余暇活動」 と定義される「グリーンツーリズム」。 昨今の体験型/テーマ型の「ニューツーリズム」のトレンドに伴い、観光整備が取り組まれいる観光コンテンツです。 ▼関連記事:アニメを使ったニューツーリズムとは?▼ 【聖地巡礼】鳥取県のアニメツーリズムと地方創生の取り組み

  • チャリンコを活用した新たなサイクリング観光

    「自転車って、最近乗る人減ってる?」     「サイクリングって気持ちいいのになぁ」 「自転車を活用した観光コンテンツって知ってる?」 近年注目される「サイクリングツーリズム」 「サイクリングツーリズム」とは、昨今注目を集める体験型・テーマ型の「ニューツーリズム」の一種と捉えられる観光コンテンツのことです。 「サイクリングツーリズム」のコンテンツには、 「サイクルスポーツ誘致」や「地域におけるサイクリング体験」 などが含まれます。  ▼関連記事:ニューツーリズムって結局何なの?▼ ニューツーリズムとは?|新しい観光の形「ニューツーリズム」【3分で解説】ニ

カテゴリー一覧
商用