searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ボラ太郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
VIXの館
ブログURL
https://figure-out-figures.net/
ブログ紹介文
前職はグローバル株式のファンドマネージャー。 引退後は、VIXオプションが主戦場。
更新頻度(1年)

40回 / 38日(平均7.4回/週)

ブログ村参加:2020/10/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ボラ太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ボラ太郎さん
ブログタイトル
VIXの館
更新頻度
40回 / 38日(平均7.4回/週)
読者になる
VIXの館

ボラ太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 時間価値曲線[2020-11-27]

    株式が真空地帯を駆け上がる中、VIX指数も下へ。時間価値の水準も漸減。12月限ではすでに2pt台にかろうじて乗る程度。その割にはVIX先物の期間構造にはさほど大きな動きは見られない。上も下も怖いので、少なくとも期先では水準を大きく動かしたく

  • 本日のマーケット[2020-11-27]

    休暇明けのVIX指数は続落し20.84で週末入り。短縮営業で期間構造も小動き。

  • 本日のマーケット[2020-11-26]

    米国マーケットは感謝祭で休場。先物市場は前場のみ。SP先物は若干の調整が入っていたが、VIX先物は手前が少し反応した程度。数値としては以下の通り。2021年8月限 25.75(取引なし)2021年7月限 25.65(取引なし)2021年6月

  • 本日のマーケット[2020-11-25]

    VIX指数は続落し21.25で休暇入り。休み前のイベントを駆け足でこなし一服感。期間構造は水準切り下げも、全区間順行には至らず。

  • 本日のマーケット[2020-11-24]

    VIX指数は続落し21.64。株につられて21台に到達したが、先物での反応は手前のみ。期間構造のフラットラインは引き続き25台後半で推移。

  • 本日のマーケット[2020-11-23]

    週明けのVIX指数は緩み22.66。前週末比のロール効果が+1.03程度あった中での▲1.04。短期での緩みは大きいが、期間構造にはさほど動きはない。緩みはごく短期のものに留まったとみるべきか、前週末の引けベル前後の伸び自体、短期だけの動き

  • 非商用トレーダーポジション[2020-11-17]

    11月17日付の非商用トレーダーポジションは、ショートポジションが若干縮小。まだこの水準での足踏みか、という驚きもあるが、健全と言えば健全。株が調整気味でもVIX指数が上に跳ねていかないのは、ここのショートがあまり溜まっていないので反発力も

  • 時間価値曲線[2020-11-20]

    11月限が抜け、12月限が第1限月へ。株式マーケットが若干調整しても、さほどVIX指数には影響がなかったが、時間価値は更にそれを反映し、12月限はすでに2pt台の半ばの位置まで下降。VIX先物の期間構造もほぼ順行に戻りつつあり、そこが崩れな

  • 本日のマーケット[2020-11-20]

    VIX指数は小反発の23.70で週末入り。前日比+0.59のうち、ロール効果は+0.35程度。下は22.13まで掘ったが、引けベル前後から押し戻される。期間構造はそれぞれ若干持ち上がる。

  • 本日のマーケット[2020-11-19]

    VIX指数は反落し23.11。漸減で22台再挑戦も引けベル後に押し戻されるなど。期間構造は手前からほぼ順に若干の垂れ。

  • 本日のマーケット

    VIX指数は続伸し23.84。ワクチンよりロックダウン。期間構造はそれぞれ持ち上がる。VIX先物11月限は22.41で通過。途中暴れたが今サイクルも20台での着地。

  • 本日のマーケット[2020-11-17]

    VIX指数は小反発の22.71。上も24.09と限定的。前日比+0.26のうちロール効果は+0.49。期間構造は1月限から先はほぼ水平。11月限のオプションは取引終了。

  • 非商用トレーダーポジション[2020-11-10]

    ようやく発表された11月10日付の非商用トレーダーポジションは、ショートポジションの積み増し。でーんとは、増えていなかったものの年末に向けて再度走り出し始めたか。

  • 本日のマーケット[2020-11-16]

    週明けのVIX指数は緩み22.45。引けベルまでの30分で22台半ばへ。バイデン演説との関係は不明。期間構造も手前のトップは2月限まで後退。11月限は残り1日半。

  • 非商用トレーダーポジション[2020-11-10]未発表

    11月10日付の非商用トレーダーポジションは未発表。通常火曜日付の数字はその週の金曜引け後に出るのですが、今週は翌火曜の引け後だそうです。休日の兼ね合いかな?日本時間としては18日(水)の朝に判明するので、そこでまた更新します。でーん、とシ

  • 時間価値曲線[2020-11-13]

    週明けに期限を控えたVIXオプションの11月限は、時間価値が1を切るところまで。多少の暴れはあったものの、概ね20台での動きだったため、順調に剥がれる。期先も、第2限月の12月限が3前半まで到達するなど、少し空気が変わってきている。大統領選

  • 本日のマーケット[2020-11-13]

    VIX指数は反落し23.10で週末入り。下は22.74で今週は三回22台を試したことになるが、いずれも跳ね返される。期間構造も手前から順に垂れるも1月限トップの構造は維持。期先が若干でも順行に至らないと更なる緩みは期待出来無さそうな。

  • 本日のマーケット[2020-11-12]

    VIX指数は反発し25.35。コロナネタで上は27.27まで。期間構造は水準切り上げだが、ピーク時でも手前のめくれあがりには遠い状況。再度1月限がトップに。

  • 本日のマーケット[2020-11-11]

    VIX指数は緩み23.45。下は22.57まで降りてから戻す。期間構造は12月限から先が概ねフラットの域まで到達。フラットラインの高さは相変わらずだが、選挙ネタが後景化してきたことの反映か。

  • 本日のマーケット[2020-11-10]

    VIX指数は緩み24.80。前日の最低値までは届かず。期間構造は手前が垂れ、再度トップは単独で1月限へ。

  • 本日のマーケット[2020-11-09]

    週明けのVIX指数は反発し前週末比+0.89の25.75。うち、ロール効果は+1.45。ファイザー砲で緩むも、引けベルまでの30分で一気にプラス圏へ。期間構造は12月限から先で大きく水準切り下げ。12月限から1月限までトップで並ぶ。(週次1

  • 非商用トレーダーポジション[2020-11-03]

    11月3日付のVIX先物の非商用トレーダーポジションは、7月の水準にまでショートのレベルが戻る。前週の10月27日付の時点と比べると各先物の水準は実は大差ないが、26日に跳ねたその翌日のポジションと、ピークを過ぎて落ち着き方向の時点でのポジ

  • 時間価値曲線[2020-11-06]

    大統領選、FOMC、雇用統計とイベントをこなした一週間。大統領選の結果が確定する前に、VIXオプション11月限の時間価値は半減。残り8営業日のオプションとしては、コロナ後では普通の域に。期間構造は1月まで順行だが、これはノーマルに戻ったとい

  • 本日のマーケット[2020-11-06]

    VIX指数は続落し24.86で週末入り。徐々に大統領選のノイズは取れつつあるとはいえ、選挙週のうちに20台半ばまで戻す結果に。期間構造は水準を切り下げ、トップは1月限に移行。一応就任式までの混乱は勘定に入れておく動きか。

  • 本日のマーケット[2020-11-05]

    VIX指数は続落し27.58。欧州時間に緩みきったところからは戻すがパウエルは関係無さそう。期間構造は手前が緩むも引き続き12月限がトップ。(右横の週次12/23限は取引ゼロなのでCBOEの参考値の模様)

  • 本日のマーケット[2020-11-04]

    VIX指数は更に緩み29.57。一旦のイベント通過で30を切るところまで。期間構造では引き続き12月限がトップの構造で、もう少し先までの混乱はある程度許容の構えか。

  • 本日のマーケット[2020-11-03]

    VIX指数は続落し35.55。今日は株に素直に反応し緩む。期間構造では、ほぼ初の11月限<12月限が発生。全体が順行に戻っても12月限は遅行してきそうな動き。

  • 本日のマーケット[2020-11-02]

    月初のVIX指数は緩み37.13。選挙を前に、改めて上を攻めることはしないまでも、株の上昇幅の割には緩みも限定的。期間構造は水準切り下げも月次先物の全逆行は継続。

  • 非商用トレーダーポジション[2020-10-27]

    10月27日付のVIX先物の非商用トレーダーポジションは、若干のネットショートポジションの縮小。26(月)に数値が跳ねたこともあろう。ただし、ドラスティックにポジションを閉じたような動きには見えない。足踏みが続いている、という見方でも良い程

  • 時間価値曲線[2020-10-30]

    月末にかけての株式の調整により、VIX先物の期間構造もきれいな逆行へ。VIXオプションでは時間価値も膨らみ、11月限はATMでの時間価値は5.00に到達。週央には5.5あたりまで膨らみ、かなりファットな形状だったが、指数が40台に載せる局面

カテゴリー一覧
商用