searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Yさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
独断と偏見で楽しく教育を語る
ブログURL
https://rico-ysan.hatenablog.com/
ブログ紹介文
仕事大好きな現役小学校教員です。経験年数10年弱のひよっこなので、難しい話ではなく、誰でも実践できそうなことを語っていきます。教員の方、学生さん、保護者の方をはじめ、いろいろな方に読んでいただけると嬉しいです。
更新頻度(1年)

17回 / 15日(平均7.9回/週)

ブログ村参加:2020/10/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Yさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Yさん
ブログタイトル
独断と偏見で楽しく教育を語る
更新頻度
17回 / 15日(平均7.9回/週)
読者になる
独断と偏見で楽しく教育を語る

Yさんの新着記事

1件〜30件

  • 【絵画⑥】低学年:夏休みの宿題も怖くない!自信をもって楽しく絵が描けるようになる方法とは!?

    Yさん「図工に『取り組んでいる』先生は多いけど、図工の『指導をしている』先生はあまりいないんだよ。」 こんにちは、Yです。 上記の言葉を後輩に言ったとき、ポカンとされました。 「どう違うんですか?」と。 全然違うわ!前者は図工の時間を取っているだけ、後者は目的をもって何かしらの指導をしているということ! 最近クレパス記事が多かったので、まとめというわけではないのですが…このかわいい後輩に説明した絵画の年間スケジュールを紹介しようと思います。 絵は、描くのも教えるのも得意不得意がはっきり出ます。Yさんは、自分が絵を描くのも好きですが、教える方がもっと好きです。しかし、担任をしていて思うのは、最初…

  • 【絵画⑤】低学年:四つ切画用紙に挑戦!スモールステップで楽しく仕上げる方法とは!?

    某児童「今日図工する?」 某児童「昨日の絵の続き、早く描きたいな~!」 こんにちは、Yです。 こんなふうに言ってくれる人たちばかりなら図工指導も楽なんですが。 まあそんなわけありません。 低学年の人たちに図工に取り組んでもらう上で1番の敵。 それは、 本当は2時間続きで図工をしたいところなんですが、Yさん低学年のクレパスは1時間しか取らないことが多いです。 なぜなら、 2時間目には雑になってきちゃうんですよね。 絵の具を使い始めたら、最初と最後に片付けがあるのでそれ込みで2時間やりますが…。 そんな低学年の人々に四つ切画用紙はとてつもなくドデカい。 完成まで集中して描くなんて、まあ難しいもので…

  • 【絵画④】低学年:簡単スキルでクオリティアップ★後編★『重ね描きの術』

    某担任「今日はクレパスで果物を描きましょう。」 某児童「できた!」 こんにちは、Yです。 前回と同じ始まり方ですが… 何も指導せずに描かせた場合、ほとんどの人が【A】の仕上がりになります。 【A】もクレパスの基本は押さえているので悪くはないのですが、【B】の方が何か良い感じがしますよね。 『何か良い感じ』なのは、すいかが画用紙からはみ出すほど大きく描かれていたり、いくつかの果物が重なって描かれていたりするからです。 そのような絵を描いてもらおうと思えば、やはり指導が必要です。 今回は、クレパスの基本から少しレベルアップした、簡単スキルを紹介していきます。 前編は『はみ出し描きの術』→【B】のす…

  • 【絵画③】低学年:簡単スキルでクオリティアップ★前編★『はみ出し描きの術』

    某担任「今日はクレパスで果物を描きましょう。」 某児童「できた!」 こんにちは、Yです。 出来上がったのは【A】と【B】どちらだと思いますか? 何も指導せずに描かせた場合、ほとんどの人が【A】の仕上がりになります。 【A】もクレパスの基本は押さえているので悪くはないのですが、【B】の方が何か良い感じがしますよね。 『何か良い感じ』なのは、すいかが画用紙からはみ出すほど大きく描かれていたり、いくつかの果物が重なって描かれていたりするからです。 そのような絵を描いてもらおうと思えば、やはり指導が必要です。 今回は、クレパスの基本から少しレベルアップした、簡単スキルを紹介していきます。 前編は『はみ…

  • 【おすすめ本①】低学年:『きょだいなきょだいな』

    こんにちは、Yです。 何を書こうか迷っていたところ、数年前に読書感想画コンクールで使用した『きょだいなきょだいな』という絵本が目に入ったので、本の紹介もいいなと思いつきました。 教師である以上本に触れる機会は多くありますので、低・中・高学年に分けて、おすすめの本を紹介していきたいと思います。 記念すべき第1回はこちら。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 『きょだいなきょだいな』 作:長谷川 摂子 絵:降矢 なな ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ (1)どんなお話? (2)おすすめポイント (3)まとめ

  • 【明日使える小ネタ集④】図工:色塗りを上達させるには!?隙間時間にできる『ぬりえ』がおすすめ!

    こんにちは、Yです。 誰でも明日から使える小ネタを紹介していくシリーズです。 今週は図工ネタで記事を2つ書きました。(図工好きなんです) 図工って楽しいんですけど、結構大変ですよね。 準備・片付けに時間がかかるし、周りが汚れたりゴミが出たりするし…。 その上、図工として時間割に組み込まれているのは週2時間のみ。 うーん、少ない。 他の教科もあるから増やせないのはわかっているんですが…。 絵画なんて何度もくり返し取り組むうちに上達していくものなのに、週に2時間ではくり返しやってる暇なんてありません。 だからいきなり四つ切画用紙に取り組むことになるんですが、よく考えたら厳しいことやってますよね。 …

  • 【Yさんのつぶやき】Vリーグ開幕!教育に担任のパーソナリティは必要か

    こんにちは、Yです。 今日は完全に趣味の話、と言いたいところですが… 『教育を語る』が趣旨なので、教育と絡めて語っていきます。 限界がきたらその時考えます(おい)。 昨日からVリーグが始まりました。 Yさん、学生時代はテニス部のくせに、1番好きなスポーツはバレーです。 見るのもするのもバレーが1番好きです。 Vリーグを見るためだけに、DAZNを契約しているほどです。 アテネオリンピックでハマって以来、オリンピックのみならず、大きな大会はかかさず見てきました。 女子バレーがずっと好きでしたが、昨年から男子が強くなってきて、男子の試合も見るようになりました。西田くんすごいよ西田くん。 ちなみに好き…

  • 【絵画②】低学年:簡単5ステップで混ざらずキレイ!クレパスで人物を描く方法とは!?

    某先生「色が混ざらないように塗りなさい!」 某先生「混ざってるやん!丁寧に塗りなさいって!」 某児童「…無理です。」 こんにちは、Yです。 某児童の言う通り、無理です。 丁寧に塗るぐらいでクレパスが混ざらないなら、みんな苦労しないのですよ。 まずはこちらをご覧ください。Yさんを描いてみました。 小学生の頃クレパスで描いた絵は、【A】と【B】のどちらのようになりましたか? 私は常に【A】でした。汚いを通り越して、もはやホラーです。 (【B】のYさんも十分怖いとか言わないでください) 低学年の人たちに何の指導もせずに絵を描いてもらうと、ほぼほぼ【A】の仕上がりになります。【B】も若干怖いことは否め…

  • 【Yさんのつぶやき】代弁してくれてありがとう殺せんせー②

    こんにちは、Yです。 今回はキャンペーンに便乗ということで、#わたしのおすすめマンガ2020について書きます。 殺せんせー①と同様、『楽しく教育を語る』の趣旨に沿って、『暗殺教室』の好きな場面について語ります。 まずは昨今の教育現場の実態について、少し知っておいていただきたいことがあります。それは、以前より児童に競争させる場面が減っているということです。 この点に関しては別記事でつらつらと語っていますので、ぜひ読んでみてください。rico-ysan.hatenablog.com 結論から言うと、私は適度な競争は必要だと思っています。 勝ち負けがすべてではありませんが、勝つことも負けることも、担…

  • 【Yさんのつぶやき】教員のアウトプットとインプット

    こんにちは、Yです。 今日はお題に便乗して#わたしのアウトプット方法について語っていきます。 『アウトプット』にもいろいろと意味はありますが、教師にとって最も身近なのは『発信する』ことでしょうか。 教師は常にアウトプットしているようなものです。 クラスの人たちに向けては、毎日アウトプットできます。もちろん授業がメインです。その日取り組む内容を理解・習得してもらうために、いろいろと工夫を凝らしてアウトプットしていくわけですね。 私の場合、それだけでは不十分だと思っています。 そこで登場するのが、以前別記事で書いた学級通信です。これは、クラスの人たちだけではなく、保護者の皆さまにもアウトプットして…

  • 【明日使える小ネタ集③】音楽:集中力アップ!聞く力を伸ばす音階聞き分けゲーム!

    こんにちは、Yです。 誰でも明日から使える小ネタを紹介していくシリーズです。 今回は音楽に関する小ネタです。 小学校で担任をしている以上、全教科自分で教えないといけないので(専科の先生がいる教科もあるが…)、苦手だからと言って逃げるわけにはいきません。 昨日書いた図工も、苦手な人は本当に苦手ですよね…。 今回書く音楽も、得手不得手が分かれる教科だと思います。 ちなみにYさんは音楽も好きです(嫌いな教科があまり無い幸せなヤツです)。 今から紹介する小ネタは、低学年音楽の導入で毎回取り入れているゲームです。 高学年になると、音楽は専科の先生に教わるパターンが多いですが、音楽以外の時間でもやろうと思…

  • 【絵画①】1年生:初めが肝心!クレパス指導で必ず押さえるべきポイント2+4選!

    某児童「クレパス難しい~。」 某児童「色が混ざるから嫌や~。」 某後輩「Y先生~。クレパス教えるの難しいです~。自由にさせすぎて大変なことに…。」 こんにちは、Yです。 上記のような声、本っ当によく聞きます。クレパス難しいですよね~。 クレパスって太いし、消せないし、色が混ざるし…。 1年生は手がクレパスまみれになって、いろんなところが汚れるし…。 うーん、大変です。 しかし! 初めにポイントを押さえてしまうと、後の指導がぐっと楽になります。 初めに断っておきますと… Yさん、図工が大好きなのでつらつら語りますが、ズブの素人です。 完全に自分が教えてきた感覚のみで、必要だったこと、後々まで役に…

  • 【Yさんのつぶやき】教育現場に競争は必要か

    こんにちは、Yです。 今回も#わたしのおすすめマンガ2020に便乗して、殺せんせーに感謝を伝えようと思っていたのですが、大学生の課題レポートレベルの長文になりそうだったので(おい)、一先ずタイトルにもある通り『教育現場に競争は必要か』ということについて語っていこうと思います。(『暗殺教室』の好きな場面は使わせていただきます。) さて、『暗殺教室』にはこんな場面があります。 出典:松井優征『暗殺教室』より テストというものは、勝敗がはっきり分かれます。点数がつけられるからです。 当たり前ですが、「頑張って勉強していたから、いくつか間違っているけど100点‼」とはなりません。シビアな世界です。 そ…

  • 【Yさんのつぶやき】代弁してくれてありがとう殺せんせー①

    こんにちは、Yです。 はてなブログでタグをつけられるようになったんですね。 私もキャンペーンに便乗して、おすすめマンガについて書いてみようと思います。 Yさん、結構マンガを読みます。好きなマンガはいろいろあるのですが、『楽しく教育について語る』がテーマのブログなので、『暗殺教室』について語っていこうと思います。普段の記事より軽めの、コラム的な感じだと思ってもらえるといいかと思います。

  • 【Yさんのつぶやき】代弁してくれてありがとう殺せんせー①

    こんにちは、Yです。 はてなブログでタグをつけられるようになったんですね。 私もキャンペーンに便乗して、おすすめマンガについて書いてみようと思います。 Yさん、結構マンガを読みます。好きなマンガはいろいろあるのですが、『楽しく教育について語る』がテーマのブログなので、『暗殺教室』について語っていこうと思います。普段の記事より軽めの、コラム的な感じだと思ってもらえるといいかと思います。 『暗殺教室』に登場する先生といえば、殺せんせーです。この殺せんせー、教師の立場から見るとものすごく素晴らしい先生です。 私の1番好きなページがこれ。 出典:松井優征『暗殺教室』より こんなこと自分では言えない。 …

  • 【明日使える小ネタ集②】算数:繰り上がり繰り下がりの計算を得意に!10でドン!

    こんにちは、Yです。 前回に引き続き、誰でも明日から使える小ネタを紹介していくシリーズです。 長文記事を書くのに疲(略) 第2回は、低学年に大人気のゲーム『10でドン!』です。低学年向きと思っていますが、以前5年生でも大盛り上がりしたことがあるので(おい)全学年できるのか…。 それはさておき。 低学年で躓きやすいのが、繰り上がり繰り下がりのある計算です。実はこれ、頭の中で10をさっとつくれるようになると、だい~ぶ楽になります。「1」なら「9」、「2」なら「8」がさっと出てくるかどうかということです。私は、低学年にはとにかくこの『10をつくる』練習をさせます。その中で特に盛り上がるのが、今回紹介…

  • 【明日使える小ネタ集①】算数:ぐんぐん計算力アップ!MAKE10!

    こんにちは、Yです。 誰でも明日から使える小ネタを紹介していくシリーズです。 長文記事を書くのに疲れたとかそんなんじゃないです(小声)。 第1回は、高学年で絶大な人気を誇るゲーム『MAKE10』(メイクテン)です。めちゃくちゃ楽しいのに計算力アップ!解けた時のスッキリ感が最高!という夢のようなゲームです。 私のクラスは一時ハマり過ぎて、算数の時間に★MAKE10大会★まで開催されました(おい)。残った時間にMAKE10をしたいがために、『授業早く終わらせて!集中するから!』とか言い出す始末。算数大嫌いなやんちゃ男子が、休み時間にMAKE10で盛り上がっているところを見た時は感動したものです。彼…

  • 【学級通信③】校内で人気の学級通信へ!おすすめ技4選!

    某児童「やったー!今日学級通信ある!」 某保護者さん「次の発行いつですか?全部ファイリングしてあります!」 某保護者さん「転校することになったけど、学級通信だけは今後も欲しいです。」 他学年の某保護者さん「Y先生の学級通信、おもしろいと評判ですよ。ウチにもください。」(いります!?) ありがたい限りでございます。 こんにちは、Yです。 学級通信についての記事は、とりあえずラストです。正直②まででも十分通用しますが、さらにレベルアップしたい!という方はぜひ読んでみてください。大好きな学級通信のことで上記のように言っていただけるのは、本当に嬉しいですよ。 クラスの人たちだけでなく、保護者の皆さまに…

  • 【学級通信②】児童の活動意欲を高めるツールにする方法とは!?

    某児童「この絵上手く描けたから紹介してほしいな〜。」 某児童「2学期は漢字小テスト頑張るわ!」 某児童「作文上手いやんってお母さんに言われた!次いつ書く?」 こんにちは、Yです。 引き続き学級通信ネタです。 学級通信を出していると、クラスの人たちが上記のように言うようになります。嬉しいですね~。 しかし、コツがいります。とにかく書けばいいというわけではないのです。 今回は、クラスの活動意欲を高めるツールになる学級通信の作り方について書いていこうと思います。 ※基本的なことは【学級通信①】を見ていただければと思います。 rico-ysan.hatenablog.com (1)学級通信に載せる内容…

  • 【学級通信①】無理せず続けられる人気ネタ5選!

    Y「初任のときに学級通信を100号まで出しました。」(どや) こんにちは、Yです。 言われたとかじゃなくただの自慢ですみません。(おい) 初任者時代は「教師楽しい!ヒャッホウ!」と、それはそれは好き勝手していまして、学級通信も出しまくっていました。同じ学年の先生方本当に申し訳ありませんでした。(今更) 今回は私の大好きな学級通信について書いていきます。好きすぎてまとめきれなかったので、①〜③に分けて書きます。だんだん応用編になると思ってもらえればよいかと思います。 学級通信いいですよね〜。書いていて楽しいし、クラスの人たちや保護者の皆さまにも喜んでもらえて、良いことばかりだと思います。 しかし…

  • 【字の指導】『丁寧に』書く意識をもたせる方法とは!?

    某同僚「Yさんのクラスの人は字がキレイですね。」 某保護者さん「Y先生のクラスになってから、字を丁寧に書くようになりました。」 ありがとうございます。 こんにちは、Yです。 いきなり自慢から始まってすみません。(おい) 上記は実際に私が言われることで、大変ありがたく思っております。 どの教員も、クラスの人に字を丁寧に書いてほしいと願っていると思いますが、これがなかなか難しいのです。字の練習が好き!という児童もいますが、大抵はめんどくさいと思っているものです。そんな人たちに、どうやって『丁寧に』書く意識をもたせるか。どうすれば同僚や保護者さんから上記のように言われるクラスになるのか。 ここではそ…

  • ブログ開設動機

    こんにちは、Yです。 まずは、どういった方に読んでもらいたいのか、そもそもの開設動機などを述べてみようと思います。 (1)対象は? ①仕事がうまくいかない若手教員さん ②細かく知りたいことがあるけど同僚の先生には聞きにくい教員さん ③教員志望で今からいろいろ知っておきたい学生さん ④若手教員に指導しても伝わらないなと感じている先輩教員さん ⑤お子さんがいらっしゃる方(保護者さん)

  • ご挨拶と自己紹介

    はじめまして、Yと言います。 現役で小学校の教員をしております。 大阪教育大学を卒業後、クラス担任を10年弱してきました。 教師のたまごとは言いませんが、まだまだ教師のひよこぐらいです。 教員という仕事が大好きです。 現在育休中で、小学校教員についていろいろと語りたい欲が出てきたので、つらつらと書き綴っていこうと思います。 私自身は、あまり人に教えを請うタイプではありません。ただ、他の人の実践を見て気になることを尋ねたり、自分の実践を見ていただいてご意見を伺ったりすることは好きです。何もない状態から教わるのが好きではないだけです。 また、本を読んで勉強するタイプでもありません。必要なときに必要…

カテゴリー一覧
商用