searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

空を行こうさんのプロフィール

住所
海外
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
空を行こう 〜ミュンヘン駐在編〜
ブログURL
https://skygo.hatenablog.com/
ブログ紹介文
いろんな国を訪問し、いろんな経験をして、いろんな人と出会いたい。そんな想いを募らせるうちに、いつの間にか海外生活も2ヶ国目6年目を迎えました。 本ブログでは、米国MBA留学およびその後の海外経験を中心に記載しています。
ブログ村参加
2020/09/25
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、空を行こうさんをフォローしませんか?

ハンドル名
空を行こうさん
ブログタイトル
空を行こう 〜ミュンヘン駐在編〜
フォロー
空を行こう 〜ミュンヘン駐在編〜

空を行こうさんの新着記事

1件〜30件

  • ドイツからの本帰国 / 銀行口座解約や出国時の大トラブルの記録

    家族は3年3ヶ月、個人では4年滞在したドイツ・ミュンヘンをついに去りました。引き続きドイツの会社と仕事をしますが、リモートで事足りるため、しばらく訪れることはないでしょう。 少し時間が経ってしまいましたが、本記事では7/7に僕と次女がドイツから本帰国した際のことを記載しています。 ミュンヘン空港でのPCR検査:恥ずかしい日本の厚生労働省独自フォーマット 人生2度目の挑戦:日本から海外の銀行口座を閉じる インターのお友達のお誕生会 車の売却益をキャッシュで受け取り、帰国時に税関申告!? 帰国便:国内便から国際便への乗り継ぎなのに、大ボケかます ようやく入国:3年ぶりの日本のファストフードとコンビ…

  • 本帰国まであと3日/ 次女最終登校/ 引っ越し荷造り/ 久しぶりのホテル滞在

    帰国まであと3日。今週はイベントや手続き、作業が盛り沢山で、久しぶりに一睡もしない徹夜まで経験することとなりました。ここではその後半戦を記載しています。 次女最終登校:前日晩はプレゼント仕分けに追われる 引っ越し荷造り:38時間耐久レース / 妻のリモート支援でなんとか完遂 ホテル生活開始:プールにステーキ、と久しぶりのホテルを満喫 次女最終登校:前日晩はプレゼント仕分けに追われる インターはついに学年末を迎え、次女以外にも多くの子が学校を去ります。最終登校の金曜に向けて、前日木曜晩はクラスメイトへのプレゼントの仕分け・仕上げを行いました。 妻が一時帰国時に日本の百均で買ってきた和風の小物がベ…

  • 本帰国まであと5日/ 送別ランチ/ ミュンヘン新市庁舎 他

    本帰国まであと5日。今週はイベントや手続き、作業が盛り沢山で、久しぶりに一睡もしない徹夜まで経験することとなりました。ここではその前半戦を記載しています。 送別ランチ: ワクチン接種していないのは僕だけ? リサイクル処理センター:思い出の品のお見送り 市役所再訪 & 土産物の買い出しにミュンヘン市街地へ 送別ランチ: ワクチン接種していないのは僕だけ? 1年ぶりにオフィスに出社しました。僕の送別ランチのためにコーポレートスタフの多くが出社してくれていたこともあり、一年経ったとは思えないくらい、みんなで働いていた頃の雰囲気そのままに過ごすことができました。 ランチは近所のビアガーデン(ビール抜き…

  • 本帰国へのカウントダウン開始!Michaelibad / Hofreiter BeerenCafé

    あと10日で本帰国します!ということで帰国準備真っ最中。 妻と長女は、長女の日本の高校入学のため3月に本帰国しましたが、僕と次女は、次女の現地のインター学年末まで待って本帰国します。もともとのプラン通りなのですが、なんとなくエントリーしそびれていました・・・ 帰国準備 おまけ:Michaelibad ミュンヘン オストパーク内 屋外プール おまけ:Hofreiter BeerenCafé でイチゴ狩り 帰国準備 帰国準備は数ヶ月前から徐々に進めていたこともあり、そこまで「超多忙!」ではないのが幸いですが、行政手続きから現地会社との契約解除、車の売却手続き、銀行口座解約、など全て最終段階なので気…

  • 【ミュンヘンから日帰りドライブ】Chiemsee (キーム湖) / Schloss Herrenchimsee (ヘレンキームゼー城) へ

    6月初旬の4連休にどこも行かないのもなぁと、最終日に次女と二人でChiemsee (キーム湖) に日帰りで行ってきました。ミュンヘンから1時間のドライブで、雄大な湖でフェリーに乗れるので子連れには最適です。ほぼ写真を貼り付けているだけですが、ご参考にどうぞ。 目次 Prien am Chiemsee: 世界最古の定常運転機関車 Herreninsel (ヘレン島、男島): Schloss Herrenchimsee (ヘレンキームゼー城) Fraueninsel (フラウエン島、女島): 水遊びと島散策 Prien am Chiemsee: 世界最古の定常運転機関車 午前10時過ぎに出発。ミュ…

  • ドイツも徐々に制限措置緩和 / 通学もレストランテラス席も再開

    前回のブログ更新から1ヶ月以上経ってしまい、早くも5月下旬。ドイツもコロナ第3波がだいぶ収まり、次女のインターも先々週から通学を再開しています。僕自身の時間も少し確保できるようになったのもあり難いですが、やっぱり次女が楽しそうに学校に通っていることが一番嬉しいですね🙌 ミュンヘンのコロナ感染者数推移 コロナ抗原テストは初の「鼻!?」 韓国人友人宅にてお食事会 & 次女の初Sleep Over (お泊まり) 「虚数ってどう役に立つの?」という問い (写真は、再開できたランニング時に撮影) ミュンヘンのコロナ感染者数推移 今でこそ落ち着きましたが、イースターあたりからミュンヘンのコロナ新規感染者数…

  • ドイツから日本の入学式にオンライン参加 / 私立高校って新鮮!

    妻と長女がドイツから日本に本帰国して、はや1ヶ月が経ちました。この期間でもっとも印象的だったのは長女の高校の入学式でしょうか。コロナ禍での帰国だっただけに、新しい制服は滞在先ホテルできちんと受け取れるのか、6日間で3回のPCRテスト(①帰国72時間前 ②羽田到着時 ③政府指定ホテル3日間隔離後)でエラーなく2人とも全て陰性が出るのか、など心配でしたが、無事クリアして長女は他の新入生と一緒に同じ制服を着て入学式を迎えることができました。本当によかった・・・😌 入学式は保護者1名のみ現地参加可能 クオリティの高い入学式 YouTube配信 「主体的に自由を使いこなせ」by 校長先生 入学後の勉強が…

  • ドイツ コロナPCR検査/ 家族の本帰国/ 久しぶりの大泣き

    妻と長女が本帰国しました。3年間、僕のわがままに付き合ってくれたことに感謝しかありません。 妻は米国に続き2回目の海外赴任帯同でしたが、国も違えば言葉も文化も違う。英語も得意な訳ではないため日々の生活には相当苦労とストレスをかけたと思います。食材一つ買うにしても、全てドイツ語表記のため、事前に日本人駐在員の方のブログなどで調べたり、売り場ではGoogle翻訳を使って読み解いたりしながら、家族の口に合うものを探し、毎日食事を用意してくれました。おかげですぐに日本と変わらない味付けの食事をとることができましたし、人間ドックでの数値が安定していて毎年日本人医師に食生活を褒められることとなりました。当…

  • ドイツ・ロックダウン継続の中、日本人学校・中学部 卒業式 / 保護者はオンライン参加 + α

    昨日、長女が通う日本人学校・中学部の卒業式が催されました。実は先週までどういう形態で開催できるかわからずバイエルン州政府の判断待ちだったのですが、最終的には中3生には同学年で開催しても良いという許可がおりました。保護者や在校生の現地参加は認められませんでしたが、先生方と卒業生だけででも式典を行えただけでも本当に良かったかなと思います。小6生はその許可すらおりず、校長室で一人ずつ卒業証書を手渡されるだけでしたから😢 小6生が卒業式を行えなかった背景 これまで学校が再開したとお伝えしてきましたが、正確には、バイエルン州政府が発表しているのは「基礎学校(Grundshule)の1年生から4年生、およ…

  • ドイツ・ロックダウン再延長 / ガラガラのミュンヘン新市庁舎・マリエン広場 / 引っ越し準備

    昨年12月16日に始まったドイツのロックダウンですが、3月28日まで延長することが先週発表されました(計3回の延長発表)。先月学校が開き、生活上最大の制約から解放されたとはいえ、未だスキー場は閉鎖、レストランも持ち帰りのみ、家族同士の交流も制限、と多くの楽しみを味わえない日々が続いています。 そんな中、妻と長女がもうすぐ本帰国するため、お土産を購入しに夫婦二人でミュンヘン中心街に行ってきました。ゼンドリンガー門からマリエン広場を経由し、カールス広場まで歩きます。 先月一時帰国をしていた妻は、日本では人出の多さに驚いていたようですが、逆にドイツでは人出の少なさに唖然としていました。そんな状況でな…

  • ミュンヘン イングリッシュガーデンを家族で散歩

    先週、妻と長女が日本一時帰国から戻ってきたので、6週間ぶりに家族が揃いました👨‍👩‍👧‍👧 と言っても、3月中旬には二人は本帰国してしまうため、一緒にいられるのもわずか1ヶ月弱だけですが😢 長女は受験のプレッシャーから解放されたこともあり、そして、日本にもうすぐ本帰国できることもあり、ドイツでの友達との時間を惜しみつつも、とても楽しそうに毎日を過ごしています。学校の帰りに友達とマリエンに寄ってきたり、友達を家に連れてきたり、いつもは嫌がる次女との時間も(親が忙しい時は)ある程度相手してくれたり。4月から始まる高校生活もこんな感じで心穏やかに楽しく過ごしてくれるといいなと思います。 さて、日曜に…

  • ドイツ・バイエルン州学校再開 / コロナラピッド抗原テスト

    先週末は欧州寒波でマイナス16度❄️を記録したかと思えば、この週末はプラス16度🌞とまるで春のような陽気でした。ミュンヘンの冬は甘くないので、もう一回くらいは冷え込んでドカッと雪が降るでしょうが。 さて、ついに来週から学校が再開します! 年の瀬に始まったロックダウンは3/7まで継続しますが、学校は各州政府が状況を見ながら個々に判断します。我がバイエルン州を始め多くの州は新規感染者指数がだいぶ下がってきていることもあり、2/22から一定条件のもと開くことになりました。 こんなに嬉しいことはありません。オンライン授業で子供同士のコミュニケーションが少なくなるのはもうしょうがない。それよりも何よりも…

  • ロックダウン継続の中、次女のお誕生日会×2

    妻と長女が受験の関係で一時帰国をしてはや1ヶ月。次女と二人きりのドイツ生活もだいぶ慣れてきました。今もドイツはロックダウンを継続しており、結局、妻と長女がドイツに戻るまでのあと2週間半、次女が通学することはなく全てオンライン授業となることが決まっています。おかげで毎日僕の昼過ぎまでの時間のほとんどは、家事と授業サポートに費やされます😓 先日、会社でこんなことがありました。昇進させたい一人の女性マネージャが「ロックダウンが緩和され娘の学校が再開するまでは、昇進しても期待に応えられる気がしない」と言うのです。僕も普段と比べて全然仕事ができていませんので、彼女の気持ちは痛いほどよくわかりました。せめ…

  • 香川真司 ギリシャ 1部PAOKに加入! / 2018年 ロシアW杯直前オーストリア合宿の神対応

    本日、香川真司選手がギリシャ 1部 PAOK に加入することが発表されました。昨年のサラゴサ退団から半年を要しましたが、新天地での活躍を期待しています。 もう2年半も前のことですが、2018年サッカー・ロシアW杯の直前合宿にミュンヘンの子供たちが招待され、家族でオーストリア・ゼーフェルトのグラウンドに出向いたことがありました。そこで香川選手には、長女とツーショット写真を撮るなど神対応頂いたこともあり、家族総出ですっかり大ファンに。ロシアW杯の日本代表戦をテレビ観戦するのはもちろんのこと、僕は昨夏までサラゴサの試合をYouTubeでほぼ全て観戦する熱の入れようでした。 本エントリーでは香川選手に…

  • ロックダウン継続の中、次女と二人きりの6週間がスタート

    長女の受験の関係で、先週妻と長女が一時帰国しました。僕と小学校2年生の次女は6週間ドイツでお留守番です。次女は同じクラスの韓国のSちゃんと大の仲良しで英語力もぐんぐん伸び、本人も学校を休みたくない/親としても休ませたくない、と言うのがその理由でした。 が、、、ドイツのロックダウンが1月末まで延長され、学校も全てオンラインに。February Week (休暇)と合わせると、結局妻と長女が不在の6週間のうち、少なくとも4週間は通学できないことが確定してしまいました・・・😫 目次 オンライン授業は親の負担が大きい 画期的なライフハックがない限り時間が足りない オンライン授業は親の負担が大きい うち…

  • 2020年は新チャレンジの多い年でした!

    早いもので2020年も最終日。今年はまさかのコロナ禍に見舞われ、予定していた春の一時帰国や夏のフランス観光など全ての旅行計画が吹っ飛びました。大変だった年には違いありませんが、100% 在宅勤務も合間って使える時間がだいぶ増え、多くの新しいことにチャレンジできた年にもなったように思います。 2020年開始リスト 10年振りブログ再開:異文化理解・国際協調経験を追う自身のストーリーを再発見 プログラミング:Progateで短期集中!「Ruby on Rails Web開発パス」を修了 Audible × ランニング:距離がどんどん伸び、今や18km走るまでに リベ大 × 筋トレ:「今日が人生で一…

  • 【書評】STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか (NewsPicksパブリッシング)

    Yahoo!Japanのコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)であるYJキャピタル代表の堀新一郎さんの著書「STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか 」が素晴らしかったので紹介させて頂きます。起業を考えている人はもちろん、全てのビジネスマンに多くの気づきと行動する勇気を与えてくれるはずです。 目次 購入のきっかけ:起業家の思考や行動を改めて理解したい テーマ別の事例が豊富:読者のステージに応じて示唆が得られる 事例1:ビズリーチ創業者 南壮一郎氏 の「最初の仲間を集める」苦労と行動 事例2:サイタ創業者 有安伸宏氏の「プロダクトを作り、ユーザー検証する」巧みさ 最後に:自分の…

  • 【訪問国19-2:スイス】ユングフラウヨッホに両親を招く(後半)

    両親を招いて回ってきた4日間のスイス観光。ここでは、快晴に恵まれてユングフラウヨッホに登ることができた最終日を含む、工程後半の2日間について紹介しています。 (工程前半のルツェルン/ ミューレン観光はこちらからどうぞ) 目次 3日目:インターラーケン (Interlaken) / ハーダークルム (Harder Kulm) 最終日:ユングフラウヨッホ (Jungfraujoch) / グリンデルヴァルト (Grindelwald) 最終日:クライネシャイデック (Kleine Scheidegg) / わんたん遭難 おまけ:南ドイツ観光 / ノイシュバンシュタイン城/ ローテンブルク/ ミュン…

  • 新庄剛志 プロ野球復帰 実現ならず / 次のチャレンジへ

    新庄剛志さんの一つのチャレンジが終わりました。1年前の復帰宣言にとてもワクワクしてずっと彼のInstagramをフォロー。しかしトライアウトから今日までにオファーがなかったことでご本人がプロ野球復帰を断念したことを発表されました。彼なら間違いなくプロ野球会に良い風を起こせると期待していましたが、残念ながら獲得するチームは現れませんでした。 僕は幼少の頃から阪神ファンで、彼の鮮烈なデビューに心を奪われたのを覚えています。初打席初ヒット初打点 / 初スタメン初打席初球初ホームラン 当初は「すごいカッコイイし頼りになる!彼こそ阪神を背負って立つ新人!」とファンになったのですが、彼は努力の人と理解して…

  • はやぶさ2 カプセル再突入・着陸実況ライブ / 大学院の先輩が解説

    JAXA はやぶさ2 カプセル再突入・着陸実況ライブで、大学院の研究室の先輩がシステム担当として解説していました。Facebookでゆるく繋がっている関係でその事実も彼のタイムラインで知ったのですが、驚いたのと同時にとても感動して、1時間半フルで見入ってしまいました。 日本に感動を与えた本プロジェクト。その中心人物として関わっていた先輩をとても誇りに思います。 ライブで彼は、はやぶさからカプセルが分離し大気圏に突入・落下するプロセスとそのタイミング、落下見込みエリアとその計算手法、ビーコンやバックアップ手段を用いたカプセル回収のための位置特定手法など、丁寧にわかりやすく説明されていました。しば…

  • 【訪問国19-1:スイス】ユングフラウヨッホに両親を招く(前半)

    2019年6月。両親をミュンヘンに招いて4日間スイスを回ってきました。最大の目的地はオーバーラント三山の中心に位置する観光名所ユングフラウヨッホ。毎日天気予報と睨めっこしながらフレキシブルに予定を進めていき、幸運にも最終日に最高の天気の中、観光することができました🇨🇭 ここでは工程前半の2日間について紹介しています。 目次 スイスに両親を連れて行くという長年の想い ルツェルン (Luzern) / ヨーロッパ最古の木造橋 カペル橋 ミューレン (Mürren) / アルメントフーベル (Allmendhubel) を散策 ラウターブルンネン (Lauterbrunnen) / 素敵なアパートメ…

  • 【訪問国18:リヒテンシュタイン】ファドゥーツ城でのんびりランチ / 周辺国小旅行

    2018年6月に4連休を利用して近隣国をを小旅行してきました。ミュンヘンからリヒテンシュタインまでは2時間半のドライブなので、最初の休憩ポイントにファドゥーツ城を設定。ドイツからオーストリア、スイスの高速をスルスルっと抜けるとそこはもう公国です。 ファドゥーツ城には今でもリヒテンシュタイン家が居住しているため内覧はできません。それでもアルプスに囲まれたお城を眺めながら、家族でのんびりお弁当を食べるのはとても贅沢な時間でした。 リヒテンシュタインもシェンゲン圏のためもちろん入国にパスポートは不要。入国というよりは、アルプスの街で小休憩という感覚です。たった1時間半の滞在ですし😌 この後、スイスと…

  • 【訪問国17:アイルランド】深夜&極寒のダブリン空港でiPhoneの電源が落ち続ける・・・

    一晩だけお世話になった国、アイルランド。もともと入国予定ではなかったのですが、ロンドンが大雪に見舞われミュンヘンに戻れなくなり、急遽ダブリンで一泊することとなりました。機会あれば再訪してゆっくりと大自然をドライブして回りたいです・・・ 大雪のためロンドン発ミュンヘン行きフライトがキャンセル / 急遽ダブリンへ iPhoneが古いのも合間って、極寒の中、電源が落ち続けUberが呼べない・・・ 大雪のためロンドン発ミュンヘン行きフライトがキャンセル / 急遽ダブリンへ 駐在前は出張ベースでミュンヘンに長期間滞在することが多く、いわゆるシェンゲン協定ルール(滞在日数制限)を守るのに苦心していました。…

  • 【訪問国16:ドイツ】海外赴任 / 長女の大反対

    海外赴任あるある として家族に帯同を反対される場合があります。僕も長い道のりを経て海外赴任が決まった時は浮かれていましたが、長女の大反対にあい出国までとても苦労することとなりました。ここでは、家族に帯同を反対された際のやりとりや渡独後の経験について記載しています。 「来週から3ヶ月間ドイツに飛んでくれ」から始まった海外赴任 「私は絶対行かない。パパ一人で行って。」by 長女 「それって『誘拐』って言うんだと思うよ。」by 長女 ドイツの日本人学校で元気に過ごす長女 最後に:子供に海外赴任に反対された際に取るべき行動 「来週から3ヶ月間ドイツに飛んでくれ」から始まった海外赴任 上司から突然そう告…

  • 【訪問国15:フィリピン】セブ / マクタン島の透明度の高い海で魚と泳ぐ

    #ブログを引っ越してきました。今後の更新はこちらになりますので読者登録頂けると幸いです→ → → → → セブのマクタン島を2回訪れたことがあります。1回目は出張、2回目は家族旅行。出張時に泳いだ透明度の高い海が忘れられず(と言ったら語弊がありますが💧)、その3年後に家族を連れて再訪することになったのです。 ACC出張:ネットワーキング / 5km ラン / 透明度の高い海で魚と泳ぐ 家族旅行:シャングリ・ラ マクタン & プランテーション ベイ でのんびり おまけ:オンライン英会話でフィリピンと繋がる(学研のクラウティ) シャングリ・ラ マクタンのプールにて ACC出張:ネットワーキング /…

  • 【書評】下町ロケット (池井戸潤)

    前回「半沢直樹 アルルカンと道化師」を聴いて、元銀行員のバックグラウンドを生かした池井戸潤氏の作品にハマった僕ですが、今回は直木賞を受賞した「下町ロケット 」のオーディオブック版を聴いてみました。正直、アルルカンと似たようなストーリーに思えましたが、それでも面白くて一気に聴き終えました。 目次 聴いたきっかけ:Audible会員特典・無料ボーナスタイトルとして本書が付与 「下町ロケット」と「半沢直樹 アルルカンと道化師」のストーリーが類似 Cool Head but Warm Heart な殿村経理部長がとても魅力的 聴いたきっかけ:Audible会員特典・無料ボーナスタイトルとして本書が付与…

  • 【書評】半沢直樹 アルルカンと道化師 (池井戸潤)

    先月まで日本では半沢直樹のドラマが流行っていたようですが、ドイツにいる僕は見れませんでした。とはいえM&Aが題材ということで関心もあり、シリーズ最新刊「半沢直樹 アルルカンと道化師」がオーディオブックでも発売されたため早速聴いてみました。 恥ずかしい話、僕は池井戸潤氏の小説を読むのが初めてというだけではなく、彼が銀行出身だったということも読後に知りました。本書の舞台とも言える「組織内の政治的駆け引き」や「融資・買収におけるパワーバランス」があまりにもリアルで、読書中ずっと「一体この著者は何者なのだろう・・・」と不思議に思っていたくらいです。 目次 購入のきっかけ:フィクションのM&Aってどこま…

  • 【訪問国14:インドネシア】ラマダン前に警察に連行されかけた話

    ジャカルタは活気があって成長感もあるとても魅力的な都市です。出張で計11回訪れましたが、会う人みんな人懐っこく親日でとても親切。本当にいい思い出しかありません。そう、ラマダン前の深夜に警察と対峙したことを除けば・・・。ここでは主に警察に強請(ゆす)られそうになったトラブルについて記載しています。皆さんもお気をつけて。 深夜の検問:警官に囲まれる恐怖の中、連行されないよう知恵を絞る 警官からの強請りや連行から身を守るためには? で、結局なんだったのか:恒例のラマダン前のお小遣い稼ぎ 感想:人への猜疑心が生まれる・・・ / 不用意な行動を反省・・・ (おまけ) 楽しい思い出:半端ない成長感 / 大…

  • 【訪問国13:シンガポール】会社がPEに買収され事業開発と駐在の夢が一瞬で潰える話

    2012年から2014年までほぼ毎月のように出張し、東南アジアのネットワークインフラ事業開発に明け暮れていました。最終的には会社がPEに買収されたことで僕の活動全てが凍結となり、夢も希望も一瞬で潰える結果に。ここでは、入出国回数が最多20回、滞在日数3位となったシンガポールでの、そんな苦い思い出について記載しています。 目次 事業開発に明け暮れ、シンガポール駐在に思いを馳せる日々 ベンチャー開拓にも力を注ぎ、人的ネットワークも拡大 会社がPEに買収され、夢は一瞬で潰える (おまけ)シンガポール出張中のトラブル (おまけ)日々の思い出:バス・地下鉄 / ロングバー / チャイムス など 会社新設…

  • 【書評】異端のすすめ - 強みを武器にする生き方 - 橋下徹

    橋下徹・元大阪府知事は僕の高校の先輩にあたります。彼の存在を知ったのは「行列のできる法律相談所」にレギュラー出演してからですが、大阪府知事就任以降の彼の活躍は、常に僕に刺激とプレッシャーを与えてくれるものとなりました。自分も彼のように日本や世界を変える影響力を持てるよう、もっと努力せねばと。 目次 購入のきっかけ:高校の先輩の活躍を支える思考法を理解したい 強みの掛け算で「自分にしかない価値」を手にする 迷ったら「大胆なほうへ」前進せよ 自分の中に「持論工場」を持て 最後に:その時々で完全燃焼し、納得できる人生を送る 購入のきっかけ:高校の先輩の活躍を支える思考法を理解したい 今回「異端のすす…

カテゴリー一覧
商用