searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

空を行こうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
空を行こう 〜ミュンヘン駐在編〜
ブログURL
https://sky5.hatenablog.com/
ブログ紹介文
いろんな国を訪問し、いろんな経験をして、いろんな人と出会いたい。そんな想いを募らせるうちに、いつの間にか海外生活も2ヶ国目6年目を迎えました。 本ブログでは、米国MBA留学およびその後の海外経験を中心に記載しています。
更新頻度(1年)

6回 / 28日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2020/09/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、空を行こうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
空を行こうさん
ブログタイトル
空を行こう 〜ミュンヘン駐在編〜
更新頻度
6回 / 28日(平均1.5回/週)
読者になる
空を行こう 〜ミュンヘン駐在編〜

空を行こうさんの新着記事

1件〜30件

  • 【訪問国13:シンガポール】会社がPEに買収され事業開発と駐在の夢が一瞬で潰える話

    2012年から2014年までほぼ毎月のように出張し、東南アジアのネットワークインフラ事業開発に明け暮れていました。最終的には会社がPEに買収されたことで僕の活動全てが凍結となり、夢も希望も一瞬で潰える結果に。ここでは、入出国回数が最多20回、滞在日数3位となったシンガポールでの、そんな苦い思い出について記載しています。 目次 事業開発に明け暮れ、シンガポール駐在に思いを馳せる日々 ベンチャー開拓にも力を注ぎ、人的ネットワークも拡大 会社がPEに買収され、夢は一瞬で潰える (おまけ)シンガポール出張中のトラブル (おまけ)日々の思い出:バス・地下鉄 / ロングバー / チャイムス など 会社新設…

  • 【書評】異端のすすめ - 強みを武器にする生き方 - 橋下徹

    橋下徹・元大阪府知事は僕の高校の先輩にあたります。彼の存在を知ったのは「行列のできる法律相談所」にレギュラー出演してからですが、大阪府知事就任以降の彼の活躍は、常に僕に刺激とプレッシャーを与えてくれるものとなりました。自分も彼のように日本や世界を変える影響力を持てるよう、もっと努力せねばと。 目次 購入のきっかけ:高校の先輩の活躍を支える思考法を理解したい 強みの掛け算で「自分にしかない価値」を手にする 迷ったら「大胆なほうへ」前進せよ 自分の中に「持論工場」を持て 最後に:その時々で完全燃焼し、納得できる人生を送る 購入のきっかけ:高校の先輩の活躍を支える思考法を理解したい 今回「異端のすす…

  • 【訪問国12:イギリス】ロンドン / ストーンヘンジ観光 / オクスフォード交換留学

    コロナ拡大直前の年末年始、家族でアイスランドとロンドン近郊を回ってきました。アイスランドでのオーロラチャレンジは別記事に譲ることにして、ここではロンドン / ストーンヘンジ観光、及び、一昔前に参加したオクスフォード交換留学などについて触れています。 ストーンヘンジ / オクスフォード / クライストチャーチ ビッグベン / ロンドンアイ / ハリーポッターショップ / 大英博物館 テムズ川クルーズ / ロンドンブリッジ / タワーブリッジ / グリニッジ天文台 結局ロンドンの4空港( LHR / LTN / LGW / LCY )を利用して帰国 (おまけ)オクスフォード交換留学 (おまけ)ケン…

  • 【ミュンヘンから日帰りドライブ】ノイシュバンシュタイン城・ヴィース教会へ

    秋休みを利用してノイシュバンシュタイン城とヴィース教会に日帰りでドライブしてきました。僕個人としては3度目ですが、何度訪れても街や建物の美しさに魅せられ、大自然に癒されます。行き方と所用時間、写真などを記録しておきますのでご参考にどうぞ! 目次 前半:マリエン橋から眺めるノイシュバンシュタイン城 (観光所要時間 全2時間半) 後半:ノイシュバンシュタイン城 / アルプ湖 (観光所要時間 全2時間半) ヴィース教会 (所要時間1時間) 帰路 前半:マリエン橋から眺めるノイシュバンシュタイン城 (観光所要時間 全2時間半) 朝9時10分出発。ミュンヘンから南西に95号、23号を走行し、途中工事で道…

  • 【訪問国11:メキシコ】カンクン/ メリダ/ マヤ文明を韓国の友人家族と巡る

    米国留学中に一度だけメキシコを訪れたことがあります。韓国人の友人J君家族とともにユカタン半島を周り、カリブ海とマヤ文明を満喫した8日間でした。ここでは当時の旅行記を紹介するとともに、現地に行かれる方への注意事項も記載しています。 旅行記(前半):カンクン / トゥルム遺跡 旅行記(後半):メリダ観光 / チチェンイツァ / セノーテ・イキルでのダイブ メキシコ方面に行かれる方への注意事項 最後に トゥルム遺跡 旅行記(前半):カンクン / トゥルム遺跡 気力も体力も限界にきていた秋学期の最終日、夜7−10時のクラスで期末テストを提出し終え、5時間後の明け方3時にはLAXにいました。ふらふらしな…

  • 【訪問国10:アメリカ】ドラッカーMBA留学 / 国立公園巡り

    クレアモントという穏やかで美しい南カリフォルニアの街に家族と住み、勉強にも遊びにも旅行にも一生懸命だった2年間のMBA留学は、人生の大きな分岐点となりました。ここでは、2年間の滞在で印象に残っていることをピックアップしてまとめています。 しかし思い出がいっぱい過ぎて選べない・・・ドイツもこうなるかも💧 ドラッカーMBA:「抜群の生活環境」と「多様性に富んだ少人数クラス」 MBA受験:現地の地域特性を理解し、効率的・効果的な学校選択を MBAクラス:最初の6ヶ月は人生初の落ちこぼれ MBA及び米国生活で得たもの 国立公園巡り:グランドキャニオン / ザイオン / デスバレー / アーチーズ / …

  • 【訪問国9:カナダ】バンフ国立公園での挙式 / ナイアガラ滝 / メープル街道 / ウィスラー海外スキー

    いつか子供たちと再訪したい街、バンフ。海外挙式に選んだ街なのですが、大自然の中での結婚式、国立公園ドライブは今でも最高の思い出となっています。ここでは、海外ウェディングツアーの概要とスケジュール、そしてその準備の大変さを紹介するとともに、ウィスラーでの海外スキーについても触れています。 決め手は、大自然・アクセス・費用・初訪 新郎というよりツアーコンダクター(スケジュール公開) カナディアンロッキー・バンフ国立公園ドライブ ナイアガラの滝からメープル街道を進みオタワへ 最後に おまけ:ウィスラーでの海外スキー 決め手は、大自然・アクセス・費用・初訪 当時、結婚式をどこで行うか検討していた僕らは…

  • 書評:ハック思考 最短最速で世界が変わる方法論(正しく賢くズルをする)

    僕が働くリクルートには卒業生含めてバケモノが沢山います。最たる例がこの本でも紹介されるホールディングス取締役出木場さんですが、著者須藤さんも間違いなくその一人でしょう。これらの方々の共通点は、物事の本質を見極めるための鋭い問いを常に投げてくること。彼らと対峙することは正直とてもプレッシャーですが、それが会社やメンバーの成長を押し上げる要素の一つになっています。 このハック思考では、KAIZEN PLATFORM CEOの須藤憲司(通称スドケン)さんが自身の経験をベースに「ギアを上げて大きな成果を得る考え方」を紹介しています。ご本人は別記事で「知恵を絞って正しく賢くズルをすること」とも説明してお…

  • 【訪問国8:スリランカ】植林ボランティアはサバイバル合宿 / 今でも繋がる絆

    一昔前、植林ボランティアでスリランカを訪れました。美しい海に囲まれた緑豊かな島国での8日間。過酷なサバイバル植林となりましたが、自然に生きる純粋な子供たちとの触れ合いは掛け替えのない経験となりました。ここでは、その植林ボランティアで経験したことを紹介しています。少し長いですが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。 目次 サバイバル合宿:脱落者続出で完遂率60%未満の植林! 森林面積が激減:200年間で18%に!植林活動の意義とは? 子供達の大歓迎①:迫力ある民族舞踊での出迎え・・・に焦る💧 子供達の大歓迎②:全校生徒が両サイド列になって日の丸を振る 意識・準備の差:子供達にとっては今日が一生の…

  • 【訪問国7: 韓国】親近感を覚える隣国 / 非武装地帯 DMZ 見学

    ここ数年、日本のメディアは嫌韓ムード一色のようですが、欧米に住んでいると、地理的にも文化的にも近い隣国・韓国には親近感を覚えることが多いように思います。ここでは、米国留学および欧州駐在において韓国人に対して感じたこと、そして、一昔前に高校の友人たちとソウルや非武装地帯DMZを観光したこと、などについて記載しています。 目次 欧米にいると、互いに似ていることに気づかされる日本と韓国 小学生の娘も同じことを感じている。My best friend is Korean! 非武装地帯 DMZ見学 最後に 欧米にいると、互いに似ていることに気づかされる日本と韓国 米国カリフォルニア州に留学していた時、日…

  • 【訪問国6:ニュージーランド】クイーンズタウンへの短期語学留学 / ホームステイと海外スキー

    当時、英語力に伸び悩んでいた僕は「海外で暮らさない限り英語は上達しない」と思い立ち、趣味のスキーと組み合わせて「ニュージーランド語学留学 & 海外スキー」を決行しました。本記事では、2年連続で夏休み2週間を使って訪れることとなったニュージーランドのことをまとめています。 2週間の語学留学 & 海外スキーで35万円は高くない!? 語学学校:文法穴埋めができてしまったがゆえに、一番上の会話クラスに・・・ 語学学校:学生に戻れる幸せ、授業も休み時間も全てが楽しい! ホームステイ:新しい家族との時間、少年に戻れる時間 初の海外スキー:コロネットピークとリマーカブルズへ! 感謝を伝えきれない悔しさ 最後…

  • 【訪問国5:ベトナム】ホーチミンでの DEMO ASEAN参加 / ツアー観光

    ホーチミンは計3回訪れていますが、気候も温暖なうえ、出会う人のほとんどが一生懸命勉強し、真面目に働く方々で、ベトナムにはとても良い印象を持っています。ここでは、スタートアップイベントDEMO ASEAN参加及びネットワーク系事業開発を目的とした出張のこと、そして、一昔前、高校時代からの友人Oと参加したツアー観光のことについて記載しています。 スタートアップイベント DEMO ASEAN 男二人でのツアー観光 in ホーチミン 最後に スタートアップイベント DEMO ASEAN 2013年8月、ネットワーク関係の事業開発、及びスタートアップイベント DEMO ASEAN参加を目的にホーチミンに…

  • 【訪問国4:イタリア】ヴェネチア / ヴェローナ / フィレンツェ / ピサの斜塔

    一昨年ミュンヘンから電車で訪れたヴェネチア&ヴェローナへの小旅行、そして一昔前に卒論受賞で手にしたフィレンツェ・ピサ観光について記載しています。 ヴェローナ:落ち着いた雰囲気で趣きがある街(所要時間 1日) ヴェネチア:高潮に怯える沈みゆく世界遺産(所要時間 1.5日間) フィレンツェ・ピサ:卒論受賞で手にした棚ぼた観光(所要時間 3日間) 最後に ヴェローナ:落ち着いた雰囲気で趣きがある街(所要時間 1日) 2018年11月。4連休を使ってミュンヘンからヴェローナ、ヴェネチアへ電車で小旅行。ミュンヘン中央駅を朝11時に出発し、インスブルックなどを経由し5時間半、夕方にはヴェローナ駅に到着した…

  • 【訪問国3:中国】内モンゴル/ 万里の長城/ 北京/ 上海/ リニア

    出国3日前までモンゴル国に行くつもりでしたが、気づいたら中国・内モンゴル自治区に旅立っていました。それでも北京からの長距離列車の旅、内モンゴルで見た星空・大自然、そして昔から憧れていた万里の長城訪問、と忘れられない旅となりました。後半には、その後出張で訪れた上海、蘇州およびその苦い思い出についても触れています。 目次 内モンゴル自治区:フフホト市内観光と大草原でのパオ宿泊 万里の長城:匈奴から国を守る要塞が壮大すぎ 北京市内観光:太極拳をする高齢者の方々 上海から蘇州へ:環境汚染・秩序なき人々・リニア試乗・早く帰りたい・・・ 最後に 内モンゴル自治区:フフホト市内観光と大草原でのパオ宿泊 19…

  • 【訪問国2:タイ】両親からのプレゼント旅行

    僕や弟がそれぞれ大学院・大学を卒業を控えたタイミングだったこともあり、家族での海外旅行最後のチャンスかもと、両親、姉、僕、弟の家族5人でタイへ行くことになった。今では姉・僕・弟の3兄弟で子ども計8人の大所帯となり、確かにこのメンツでの海外旅行はこれが最初で最後となったと言えるだろう。 バンコク&チェンマイ観光 バンコク出張 最後に:都市別邦人数が世界2位! バンコク&チェンマイ観光 1999年。全員の休みが揃う8月中旬だったうえ、日本語ガイド付きパッケージ旅行だったのできっと旅費も高かっただろう。ただ20年以上も前の旅行ということもあり、大変申し訳ないことに詳細を覚えていない💧。記憶に残ってい…

  • ミュンヘンから日帰りドライブ:世界遺産の古都レーゲンスブルク (Regensburg) へ

    夏休みの最後にレーゲンスブルク (Regensburg) に日帰りで行ってきました。コロナ禍になってから初めての小旅行。2度の世界大戦の戦禍をほぼ免れた歴史残る街並み、そして雄大なドナウ川の流れを堪能してきました。行き方と所用時間、写真などを記録しておきますのでご参考にどうぞ。 目次 レーゲンスブルク: 旧市街とシュタットアムホーフ:所要時間1時間半/ 川遊び1時間 ヴァルハラ神殿:所要時間1時間 レーゲンスブルク: 旧市街とシュタットアムホーフ:所要時間1時間半/ 川遊び1時間 朝9時過ぎ出発。ミュンヘンから北西に9号、93号を走行、途中工事で道幅が狭くなるところもあったが、10時半には到着…

  • 【訪問国 1:トルコ】ハイパーインフレ / 働く子供たち / 民族間衝突

    結局何ヶ国訪問したのかよく分からなくなったため、パスポートの履歴を見ながら順番に振り返ってみたいと思う。まずは初めての海外旅行となったトルコから。 大学の研究室の友人Sに誘われて行くことになった初めての海外旅行・トルコ3週間放浪の旅。当時、同じ20万円を使うならパソコンを買ったほうがいいと思っていた僕だったが、結果「日本に留まっていてはダメだ、世界を見ないといけない」と人生を変えてくれる旅となった。3週間本当に色々あったが、特に衝撃を受けた次の3つを記載しておきたい。 ①ハイパーインフレ:3週間でホットチョコレートの値段が2倍に! ②働く子供たち:生活のために営業する子供たち ③民族間衝突:街…

  • アメリカ西海岸出張(後半)

    サンノゼからサン((ディエゴに飛び、2日間DEMOというカンファレンスに参加しました(左写真)。DEMOのコンセプトはTC50とほぼ同じで新製品発表の場ですが、DEMOは発表側が一方的に6分間のプレゼンをするのみになります。当然不明点が残る場合が多く(大概早口なので聞き取れないことも多いです 汗)、かなりの数のブースに立ち寄ることになりました。まあブースで話すほうが、確実に情報収集もできますし、直接アライアンスの可能性を探れますしね。この時間が出張で一番楽しい時間かもしれません。 その後ロスに移動し、2日間また幾つかベンチャー訪問を行いました。このあたりになってくると頭も英語モードになってます…

  • アメリカ西海岸出張(前半)

    9月から息つく暇がなく、ブログ更新をだいぶサボってしまいました。これだけ更新をサボると数少ない大切なブログ読者から見放されただけでなく、どうもGoogleやYahoo!などの検索エンジンからも見放されランクが落ちたようで、アクセス数もガタ落ちです。地道に信用(?)を取り戻していきたいと思います。 さて9月後半2週間はアメリカ西海岸への出張で、サンフランシスコ、シリコンバレー、ロス&サンディエゴ巡りと前回同様カリフォルニア州南北縦断の旅でした。 サンフランシスコでは2日間TechCrunch50(TC50)に参加しました(右写真)。TC50はいわゆるネット系企業の新製品発表の場で、1000以上の…

  • 新型インフルエンザ陰性判定

    うちの会社はいわゆるIT企業なのですが、先日、本社ビルでパンデミック対策ソリューションの展示会ということで、赤外線で体温を測ってしまうサーモグラフィ(上画像)のデモを行っていました。後輩と何気なく「あ、そういえばうちの会社こんなんやってたねー」とカメラに近づいたまでは良かったのですが、僕がカメラの前を通った瞬間、激震が起きました。真っ白な人々が映るモニターの中を、顔や手などが真っ赤に染まった僕が歩いていたからです。想像してみてください。本当に精神的にショックを受けました。(繰り返しますが)みんな白いのに僕だけが真っ赤なんです!ああ・・・(涙) 後輩を含め周囲の人が僕をどういう目で見たかはご想像…

  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに

    最近、生命保険を見直しています。僕が万一死んでもホンのわずかしか家族に保険金が下りず、さすがにこれでは無責任すぎると思ったからです。しかし、お金以上に意識して家族に(特に子供に)残すべきものがあります。それは、自分が何を大切に生きてきたのかという価値観です。カーネギーメロン大学教授ランディ・パウシュ著「最後の授業 ぼくの命があるうちに」を読むと、もっと意識して且つ時間をかけて子供に伝えていかなければと考えさせられます。 余命半年と知ったとき、あなたは誰にどんなメッセージを残しますか? ここに「最後の授業」の実録動画を貼り付けますので是非ご覧ください。 youtu.be P38 夢をかなえる道の…

  • ITで家庭菜園?

    最近、ミニ家庭菜園を始めました。数ヶ月前から、うちの実家よりもらったイチゴと大葉(シソ)を(主に妻が)育てていたのですが、最近ご近所さんにもらったオクラも育ててますし、イタリアンパセリも育て始めました。土日の晴れている日には娘と水遣りを楽しんでいます。大葉は山ほど取れるので、妻も家でのいろいろな料理に使ってくれるので、それもまた楽しいです。 最近始めたイタリアンパセリは、リアルでもバーチャルでも育っています。んんん??? 実はiPlantというサービス(上画像: 現在は提供中止されている)で、種を買うとIDがついていて、Web上で種IDを入力すると、リアルで育てている植物の栽培日記をつける形で…

  • 安心して子供を預けられる病院

    僕が参加しているNPO代表坂上さんの インタビュー動画です。「どんな未来を望んでいますか?」「子供が泣いていない、安心して子供を預けられる病院っていうのになればいいな。」 よければご覧ください(動画が削除されたようなのでリンクを削除しました。以下ご参照ください。) www.hospitalasobivol.jp

  • 悔し涙から1年、サテイ教授来日!

    ドラッカースクールの戦略論担当・サテイ教授が来日され、お世話になった卒業生を中心に約20人が集いました。場所は品川なのですが、彼のおかげでまるでドラッカースクールにいるようなとても懐かしい気持ちで時を過ごすことができました。彼とは、僕の現在の仕事のことや当時の思い出などを楽しく話すことができましたが、たぶん僕はこれ以上無いくらいの満面の笑みを浮かべていたはずです(汗)いえ、それはそれはとても嬉しかったものですから。 実は、1年前の卒業直前に書いたのですが、あまりに自分が情けなくてアップできなかったエントリがあります。今はもう自分の中で整理がついていますので、サテイ教授関連ということでここにアッ…

  • 子供の健康に感謝!

    今月も病気の子供支援ネット・遊びのボランティアに参加してきました。今日のお相手は個室で点滴をしている7歳の男の子。正直僕は女の子と遊ぶのは得意なのですが、男の子のときは少し戸惑ってしまいます。娘の友達の男の子ともたまに遊びますが、ほとんどが外。病院内で遊べるおもちゃのどれに興味を持ってもらえるのかわからないのです。(写真は粘土職人おちゃっぴと子供たち) 今日も、このゲームはどうだろう?このパズルは簡単すぎるかな?と悩んで幾つか持っていきました。今日の子はちょっと遊んだところで「人生ゲームをやりたい」と言ってくれたので助かりました。7歳には難しすぎるかなと思って持っていかなかったのですが大間違い…

  • 人を動かす

    読んだことがある人も多いと思いますが、世界的ロングセラー「人を動かす」が家に転がっていたので読んでみました。昔、妻が会社でもらったのだそうです。正直、最初目次を見たときは、当たり前のことばかり書いてありそうで、時間をかけるのはどうかなぁと思いました。というのも、「心からほめる」「聞き手に回る」「人の立場に身を置く」「おだやかに話す」「誤りを認める」など、自己啓発本などではよく聞くことで、誰もがそれなりには気をつけていることだからです。 しかし実際に読んでみると、それぞれに事例が山ほど盛り込まれており、「確かに僕がこういう風に考え言動・行動すれば、相手の人はそう思いそう反応するだろうな」と思わせ…

  • 遊びのボランティア

    今回はNPO法人病気の子ども支援ネットを紹介します。僕は昨秋から月一回、このNPO法人が提供する遊びのボランティアに参加しています。小児がんや白血病などを煩い院内で長い闘病生活を強いられる子どもたちに遊びを提供するというもので、新宿のとある大病院の小児病棟が活動場所になります。 幼いお子さんを深刻な病で長期入院させるとなると、子どもだけでなくそのご家族も大変な苦労を強いられます。特にお母さんはほぼ毎日朝から子どもが寝入る時間までつきっきりでともに過ごす必要にせまられ、ご自身の時間を持てない方がほとんどです。病気の子どもたちは院内という限られた空間での生活にストレスをため、そのストレスをぶつける…

  • 憧れの人に会えた!マザーハウス山口絵理子さん

    先日、早稲田大学の公開講座でマザーハウス代表の山口絵理子さんの講演を聴く機会に恵まれました。前回エントリでも紹介しましたが、マザーハウスはアジア最貧国バングラディシュ産のジュート(麻)からバッグを作り日本で販売しています。 sky5.hatenablog.com 彼女の理念は、途上国発のブランドを先進国へ展開し、途上国民が自国に誇りを持って生きられるようにすることです。TBS「情熱大陸」で放映されたものがYouTubeに上がっていましたのでリンクしておきます。 彼女は講演中とてもキリっとした経営者の顔、雰囲気で話されていましたが、講演後の質疑応答時や挨拶にうかがった際などは、情熱大陸の番組に出…

  • ブックオフよりも、仲良しアマゾン君

    ここ2ヶ月ほどブックオフにハマっていたのですが、すぐにアマゾンに回帰しました。主な理由は、欲しい本を探す手間がかかるためです。気になる本はアマゾンの「ほしい物リスト」で管理しているのですが、偶然ブックオフでそれらを見つけるとおおよそ半値で購入できるということもありしばらく通っていました。しかし欲しい本を見つけることは稀で、ベストセラー本や過去ほしい物リストに載せなかった本などを「半値」という理由で買ってしまい後悔したりすることもしばしばでした。ブックオフ・オンラインの入庫通知機能も使ってはみたのですが、結局人気本はなかなか入庫しませんし、オンラインでは店舗より幾分高値で売られているためお得感も…

  • 微分・積分を知らずに経営を語るな (PHP研究所 内山 力)

    前回の「その数学が戦略を決める」がかなり面白かったので、同じ数学×ビジネス系の「微分・積分を知らずに経営を語るな」を買ってみました。こちらのほうが圧倒的にユルい内容となっており、微分・積分&統計を用いたビジネス感覚を掴むには良いかもしれません。ただ本書では、微分・積分計算式やエクセル活用法などの説明が全くありませんので、実際にビジネスに適用する際には少々数学の知識(というかエクセルの知識?)が必要になると思われます。 利益管理の例:販売数量 2次曲線の微分係数が限界利益!? 感覚的に理解しておきたい事柄(メモ) 数学×ビジネス系に興味があればこちら👇もどうぞ 利益管理の例:販売数量 2次曲線の…

カテゴリー一覧
商用