searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hwkさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
今日の豊空会
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/houkukai
ブログ紹介文
空手道豊空会の今日・HOTな情報をアップ 武道空手の素晴らしさを... 武道空手が世界の役に立てるように...
更新頻度(1年)

8回 / 40日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2020/09/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hwkさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hwkさん
ブログタイトル
今日の豊空会
更新頻度
8回 / 40日(平均1.4回/週)
読者になる
今日の豊空会

hwkさんの新着記事

1件〜30件

  • 尖ったところ

    今日の稽古は...ヒジ!ヒザ!空手の稽古として、ひどく具体、尖った部分です。物理的にも尖っています。空手の技は...当たり前ですが、危険なものです。そして、どうやったら、怪我をさせてしまうのか、どうやったら痛いのか...危なさが解り、だからこそ使えないと解り...自分の身を護るときには、どこをどのように護ればよいのかも解ります。そして、その技術を身に付ける、使える身体と心を創っていく楽しさもあり...今日の稽古、尖った具体の稽古ではありましたが、非常に盛り上がりました!武道空手の稽古の盛り上がり方は日々様々...いろいろな盛り上がり方があります。とにかく、たのしく、いつの間にか人間として球状に上達していけるよう、カリキュラムが綿密に組まれています。尖ったところ

  • 練成演武大会開催

    ◆運営と審議のミスについてのお詫び◆先日、10月11日(日)に行われました、空手道豊空会第24回練成演武大会において、運営と審議のミスにより、伊藤洋平選手の始祖師範賞が決定していたにも関わらず、漏れを生じさせてしまいました。再審議の結果、始祖師範賞を一枠追加し、伊藤洋平選手が始祖師範賞を受賞されましたことを、改めて、ご報告申し上げます。伊藤洋平選手を含め、皆様も、不審に思われたことと思います。心よりお詫びを申し上げると共に、今後、このようなミスがないように、一層努力して参りますので、何卒ご容赦いただきますようよろしくお願い申し上げます。この度は、本当に申し訳ございませんでした。空手道豊空会始祖師範田部井淳、豊空会指導員一同2020年10月11日(日)練成演武大会が開催されました。豊空会の練成演武大会は、型、局面...練成演武大会開催

  • 技はキモチイイ

    崩し技...相手を崩して倒したり...そんなとき、原理がちゃんと効いた技術で技が決まれば、技をかけた側は力感がなく、技をかけられた側も同じく力感を感じず、いつの間にか崩れていたり...。かけた側は...「え!?(相手が)倒れた!?」「力感が全くなかった!」...などなど...そういう時は、至福の時です!!かけられた側は、そういう上手にかけられた技のときは、みなさん笑顔です!逆に、力づくの要素が多いほどに、お互いに不快になります。師範に崩し技をかけていただいた方々は、例外なくみなさん満面の笑顔です。そのあとに、驚きの感情が出てきます。技術とは、本当にすごくて、しかし、ついこういう身体の使い方をしてしまう...というプログラムを変えていかなければなりません。そういう先に深遠なる神ワザの世界が広がっています!技はキモチイイ

  • 師範の”授業”

    稽古は身体を創り、心を創る...考え方、生き方など...武道的な観点での、思想・哲学なども学ぶ...ときに師範の歴史の授業...明治維新、廃藩置県、大政奉還...などなど、昔、学校の歴史で学んだことのあるそれらは...ちゃんと勉強された方は、よく解られているのかもしれませんが...ちょっとニガテ...という方々も、師範の授業では、とっても楽しく学べます。歴史は、何年に何が起こった...ということを暗記することではなく、いつ何が起こって、それはどういうことが理由でそうなって、そこで何が行われ、そのあとどうなったか...そして、現代にどういう影響を及ぼしているのか...現在がどのように創られ、そのバトンを受け取って、現在何をしなければならないのか、未来をどうしていかなければならないのか...そして、過去に様々を成し...師範の”授業”

  • 演武大会に向けて

    2020年10月11日(日)に、空手道豊空会の一大イベント、練成演武大会が開催されます。型をやって、試し割り(板や瓦を技で割って、技の威力や正確性などを表現する演武項目です)を行います。例年では、さらに局面護身組手という項目があります。シチュエーションを選手が考え、あらかじめ申告しておいて、かかり手がその通りに襲い掛かります。それに対して対応するという演武項目です...が、今年はウィルス感染症対策として、人との接触があるその項目は省かれることとなりました。よって、型の比重が大きくなります!型を重視する豊空会としては、これを期に、一気に道場生の型のレベルアップが成ることを期待しています!局面護身組手は、毎年、凝ったシチュエーションが創作され、とても見ごたえのあるパートであったがだけに、ちょっと残念ではありますが、...演武大会に向けて

  • 帯対抗競技会開催!

    帯対抗競技会が開催されました!これは、もちろん豊空会全体で競うのですが、それぞれの道場での開催となります。オレンジ帯、青帯、黄帯、緑帯、茶帯...それぞれの帯毎での競い合います。型と護身組手をチョイスして、独りで演武します。統一された基準のもと、採点をして...全道場の各帯毎に順位が決まります。参加された方は、発表をお待ちください!こういうことをきっかけに、稽古に拍車をかけたり、さらに上達しようと想いを新たにしたり...何かのプラスにしていただけましたら幸いです。型なども上達していただきたいと思います。豊空会の目指す型は...形ももちろん大切ですが、その中身...原理が大切...。形が良い・悪い、バランスが良い・悪い、キレがある・ない...など、見た目だけでは測れないものを重要視しています。難しいことではありま...帯対抗競技会開催!

  • 仕入れとご提供

    一般稽古は、今日も、盛り上がっていました。内容は、既存の具体を掘り下げるもの、全く新しい内容のもの、その複合など...常に進化...それが豊空会。その進化の礎となっているのが師範の空手の研究...。それは、”仕入れ”と称されますが、文字通り、道場においての仕入れです。さらにもう一つ”仕入れ”と称されるものに、自身の稽古があります。それは、指導員も、伝える側がポンコツでは...日々、師範はじめ指導員、一般稽古でお伝えしたあと、それぞれに自身の稽古...”仕入れ”の日々です。常に質の高い稽古をご提供するために...お伝えするのは武道空手ですから、伝える側が武道空手家としてポンコツでは...そういう師範の考えのもと、一般稽古の時間と仕入れの時間を大切に...今日も豊空会は進んでいきます。仕入れとご提供

  • 合格発表、そして、新しい型

    夏季昇級審査会の合格発表がありました。合格された方、本当におめでとうございます。自分が努力して、自分が闘って、手に入れる...だからこそ嬉しい...。もちろん、道場は全力バックアップです!昇級して嬉しい時間...そして、次のステージでの闘いの始まりです!早速、新しい型の稽古となりました!新しい型を学ぶ喜びを感じて、嬉しそうにされている方々...そして...新しい型をお伝えして...確実に上達されている方々を拝見して...そういう意味で嬉しい師範はじめ指導員一同...。もう一度言いますが、確実に上達されているみなさん!武道空手の素晴らしさを垣間見る瞬間です。さあ、次を目指して!頑張りましょう!合格発表、そして、新しい型

  • 一般稽古、進化中

    超える...豊空会は常に現在を超えていく...田部井師範の往き方が、豊空会の往き方です。先日行われました審査会も、ただ級をあげるための審査をする会ではなく、本当に凝縮して実力をあげてしまう師範稽古会、ワークショップのように進化していました。一般稽古も...今までの積み重ねの上にですが、次のステージに進んでいました。積み重ねがあるからこそ、次のステージでの技術をつかむ身心ができていて、全員が共有できます。田部井師範の、日々の武道空手研究の成果である様々な技術...膨大緻密に創られているそれらは、急いで伝えていかないと、せっかく技術と稽古体系が確立されていても、伝えずに終わってしまう...そういう意味で急がれている田部井師範です。詰め込みすぎても消化不良になってしまう。ちゃんと積み上げていかないと積み上がらない.....一般稽古、進化中

  • 夏季昇級審査会2020

    2020年8月29日(土)、30日(日)に、夏季昇級審査会が開催されました。毎年、夏季合宿があり、その中で審査会を行っていましたが、今年の夏季合宿は、感染症の関係で中止となりました。審査会だけは、感染症予防措置を徹底した上で開催となりました。受審者の方々...普段の実力は、稽古を観て、解っています。その上で、こういう緊張する場面での一発勝負...人生...能力を発揮しなければいけないときは、緊張したり、プレッシャーがあったりしたとき...そういうところで、自分をコントロールして、実力を発揮できるという能力も重要です。...ということがありますが、それよりも、豊空会の審査会は、上達するための特別稽古会という言い方の方が合っているかもしれません。普段師範の稽古を受けられない道場生も、ここで一気に上達できるように.....夏季昇級審査会2020

  • ひとり稽古

    武道空手の稽古は、”ひとり”稽古が大半を占めています。自分の身体、心と向き合い、よりよい動きに高めていくのが稽古です。対人での闘いや対応については、空手の具体ではありますが、目的ではありません。それらも、上達するための方法のひとつ。護身的要素も目的ではなく、付加価値...と言ったところでしょうか。今回の夏季昇級審査会でも、感染症対策で、対人の組手審査をとりやめることとなりました。組手を行う意味などは、普段から道場生にもお伝えしています。相手がやりにくくしてくる、攻撃してくる...そういう自分にとって最高にやりにくい状況下で、いかに自分を失わず、コントロールできるか...。能力を発揮しなければならないのは、いざという時...などなど...道場生にとりましては、いざというときの自分を試したいという想いもあられたかも...ひとり稽古

  • 2020年の夏

    今年の夏季合宿は、新型コロナウィルスの関係で、開催できなくなりました。...師範はじめ指導員勢の、合宿でのスケジュールは、とってもハードで...なにしろ、エネルギーの出し方がすごいので...カラカラに干からびそうになるぐらいに出しますので...そして、道場生は道場生で、それぞれに頑張りどころがあります。普段の稽古では解りにくい、そういう場所が観えたりするのも合宿のスゴイところです。出られた方には、出て良かった!と、必ず言わせる自信があります!そして、みなさん、何かを掴み、成長して帰ることができます。そんな合宿が今年はありません。普段の稽古では、特に法則的自然との関係の改善と強化...(引力や慣性などの法則です。)合宿では、自然の中で(環境的法則)生活をして...普段の生活と離れた状態で過ごし、たくさんの経験をし...2020年の夏

  • 毎年の今頃は...

    コロナウィルスの関係で、今年は合宿がありません...。毎年、いつもどおりならば、現在は、夏季合宿真っ只中...今日(8/10日曜日)は、夏季合宿二日目の夜といったところでしょうか...昇段・昇級審査会が終了して、みんな楽しく大ブレイクの二日目の夜...「残すところあと一日か...」と、なんとなく寂しくなっているころ...今年はそういう”熱い夏”がないままに...道場は夏のお休みに突入です。今年は少し短めの1週間のお休み。ですが、まだ夏の審査が終わっていないため、そういう意味でも気が抜けない状況です。熱い夏、燃え尽きるまで頑張る夏季合宿を超えて...今年の夏も燃え尽きたぁ...という感じで夏の休みに突入するのとは全然違う感覚...。まだ、今年の夏は終わっていません!いつもどおりでないことばかりの2020年...様...毎年の今頃は...

  • 昇級審査会が近いですが

    もうすぐ、夏季昇級審査会です。新しい帯を目指して...追い込みの時期です。と言っても、普段の稽古が大切ということは常々お話しています。ですから、普段ちゃんとやらないでおいて、直前になって焦ってやるという類のものではありません...。普段ちゃんとやっていて、その上で、さらなる高みへ!こういう審査会などは、上達に拍車をかけます。審査を受けるにあたって、総まとめ的な稽古も行いますが、基本的には、審査前だからとか、選手権大会前だからとか...で、稽古が変わるわけではありません。今日の稽古でも、お話していたことは、正しく座る、正座のことなど...武道空手においての本質、大切なことをとにかくお伝えします。その上での審査や選手権大会など...です。そういうことが解った上で、やはり、審査会は、自分との闘い...”勝負”です!応...昇級審査会が近いですが

  • それぞれに忙しい...障害様々

    職業さまざま...みなさん、お忙しいのですが...道場はアフター7、なんとか時間を創って...豊空会では、みなさん、時間的な障害を乗り越えながら、稽古に来られています。なんとか稽古に...と、時間を創ろうと努力された上で...やむなく遅れて来られる方もみえます。稽古をしたいという想いの上で...人間、きっと、生きていれば忙しいです...。この忙しさが過ぎるまで...とか、この忙しさがあるから難しいとか...それぞれにあると思いますが、自分自身への投資の時間。とても大切な時間...ですから、そこをなんとか...という想いでいっぱいです。そして、その上で道場に来て稽古をされている方々は、日々の頑張ったという達成感にはじまり、自身の成長、上達、進化を感じ、喜び...稽古自体、黙想なども含め、自分自身と向き合う時間を大...それぞれに忙しい...障害様々

  • レディース研修会 ~私が空手を!?~

    2020年7月17日(金)レディース研修会が開催されました。総本部道場1Fでは一般稽古、2F道場で研修会が行われました。その名のとおり、女性限定の研修会です。武道空手の守備範囲の広さは常々お話しているとおり...女性ならでは、女性だからこそ、ありそうなシチュエーションにおいての護身だったり、ときに身体調整方法、ときに様々な身体の使い方、一般稽古の掘り下げ女性限定Ver.などなど...今回も大変盛り上がったご様子です。空手をやられていない女性の方々は、普段の生活において、”私”が武道空手をやるなんて考えたこともない...という方がほとんどだと思いますが、是非、その考えを範疇に入れていただきたく...”女性”というくくりをつけた中でも、いかに武道は有益なものか...女性にこそ伝えたいということも溢れている豊空会空手...レディース研修会~私が空手を!?~

  • 武道空手をやる人のロマン

    ここに惹かれるのです...。年齢、性別、体格を超えて。威力を出す…生活していく中で、全く意味がないようなことに思えるかもしれませんが…空手家のロマン...身体の使い方を高度にして、技術で威力を生んで伝えることが出来るということ...豊空会では、そういう方向でとらえ、追い求めています。それは、年齢、性別、体格に関係なく向上できます。人間として身体をいただいて生きている限り、身体を機能的にしていくことは大変価値のあることと考えます。そんなこんなで、この豊空会式巻藁(まきわら)...巻藁の説明はまたにするとして、これに突きを当てるのですが、そのとき威力を伝えきるための身体の感覚、身体の使い方を感じ、そして鍛錬できます。自分自身の身体がそういう機能的な身体になっていくことを嬉しく思い、楽しみにして...ときになかなかう...武道空手をやる人のロマン

  • ひとときの...

    豊空会は上を目指す団体です。常に”自分を超える”...現在の自分自身を超えていく...上を目指し、日々闘いです。今日は、そんな闘いの日々の中で、ひとときの潤いの時間を過ごしました。師範のご提案...「花火買ってきた!みんなで花火やろう!」と、師範と指導員、黒帯で...花火と水の入ったバケツを持ってお出かけです!とってもキレイな月夜...その景色だけでも癒されます...花火の火を分け合って、みんなで花火をやりました!キレイ、そして楽しい!!志のお話などに花を咲かせて...皆で英気を養いました。また明日からの闘いに向けて...。ひとときの...

カテゴリー一覧
商用