searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
旅人人生
ブログURL
https://talon29er2.hatenablog.com/
ブログ紹介文
2020年9月8日より、日本一周自転車旅を開始しました!
ブログ村参加
2020/09/01
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ぼーくんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ぼーくんさん
ブログタイトル
旅人人生
フォロー
旅人人生

ぼーくんさんの新着記事

1件〜30件

  • 自転車日本一周旅を終えて

    旅が終わり、新たな日常へ 2020年9月8日。住んでいた長野県諏訪市を離れ、地元の群馬県太田市の実家から自転車日本一周旅に出た。 2021年10月17日。約1年と1ヶ月の時を経て、群馬県太田市に帰ってきた。 あっという間、とは言い難い程に、長い長い一年間だった。 この旅を経て、自分の何が変わったかと言われると、正直よくわからない。 たが、「自転車旅」というものに対する見解、そして日本各所の良さや悪さについては、多くの知見を得ることができた。 旅が終わったら、次なる目標は就職。 現在の学歴・職歴は、大学学部卒。約二年間の正社員。約1年間のフリーター。以上。 そして約一年間の空白期間(旅)。世間か…

  • 最終日・後日談 群馬県安中市~太田市

    ゴールしてから、色々してたら書くの遅くなっちゃいました。 最終日 碓氷峠を越えた先の安中市からスタート。 最後の野宿は、立派な東屋にて、テント設営無しの野宿。 恐らくこれからの人生、こういう場所で一夜を明かすことはもうないのだろう。 …多分。安中市から群馬県最大都市である高崎市へ。高崎駅前には見覚えのない、大きな歩道橋ができていた。 高崎市から国道354号線を走り、ゴールの太田市へ向かう。道中、大学時代の友人から連絡があり、なんとすぐそばの伊勢崎市に在住しているとのこと。 早速再会をすべく伊勢崎市へ。そして友人と再会。 この出会いが、この旅中最後の出会いとなった。 社会人として立派に日々を過ご…

  • 279日目 長野県茅野市~群馬県安中市

    まだ日が登る前の時間に起床し、早めに出発。湯みち街道を走り、国道299号の麦草峠を目指す。そして襲いかかる12%傾斜。 常に8~12%の傾斜が続き、かなりしんどい。 自転車が重すぎるので、押して歩く方が辛く、結局乗るしかない。湯けむり街道には、標高を表記した看板が。 どの辺まで登ってきたのかがわかりやすい。そして、麦草峠に入り、再び登る。 麦草峠にも標高表記看板がある。 長い長い登り坂を越え、麦草峠登頂。 これにて、標高の高い国道は全て制覇。麓の佐久穂町まで下り、再び299号に乗って秩父方面へ。しかし、進んだ先に飛び込んできたものはこれだった。 十石峠、通行止め。 正直、少し喜んでしまった。 …

  • 275~277日目 長野県辰野町~茅野市

    275・276日目は、小口邸にてお世話になっていました。朝から小口良平さんの奥さんに、立派なサンドイッチを作って頂いた。 めっちゃくちゃ旨い。ありがとうございました。他の時間は、息子の輪人くんと遊んだり、良平さんと語ったり。諏訪圏のソウルフードである、テンホウに連れて頂いたり、 辰野商店街にある、お洒落なカフェに連れて行って頂いたり。 本当にお世話になりっぱなしの二日間でした。2日目は、ガイドサイクリングのお仕事を、少し手伝わせて頂きました。 久しぶりの自転車ガイド。 やはり自転車のツアーは面白い。自転車ならではの景色・発見がある。 小口一家の優しさに包まれた二日間でした。ありがとうございまし…

  • 273・274日目 長野県小布施町~松本市~辰野町

    273日目 小布施町から出発。 千曲川沿いを走り、千曲市へ。今日は昨日の渋峠制覇の達成感から打って変わり、意気消沈気味。 何となくやる気が出ず、東京での傷心がぶり返したりと、すこぶるメンタル面が不調。 今までにもこういう日はたくさんあったので、そこまで狼狽えることもなかったのだが。とにかく前に進んで、旅を終わらせないとどうにもならないので、先へ進む。千曲市街地から国道403号線に乗り、長く続くキツイ登りを走る。連日の長距離走行や厳しい峠越えでかなり疲労感があったが、鞭を打って登る。 千曲市の姨捨(おばすて)。 長野盆地が見渡せる絶好の場所。夜景もかなり良く見えそうだ。暫し、8~10%程のきつい…

  • 271・272日目 栃木県日光市~群馬県東吾妻町~長野県小布施町

    271日目中禅寺湖のほとりからスタートし、少し登ると紅葉していた。 標高の高いところは色づきが進んでいた。戦場ヶ原を通過し、更に登って湯ノ湖と湯の滝へ。 名前の通り、硫化水素の臭いが強い。ここからもひたすら登り。標高の高い中禅寺湖から登り始めるから、多少楽かな~なんて思っていたが、全然キツイ。やっとの思いで、金精峠登頂! そして群馬県へ。まだ帰らないけど。下っていき、片品村から沼田市へ向かう。 沼田市を抜けて高山村方面へ、国道145号を使って向かったのだが、登りの傾斜がとんでもなく厳しい。 何で金精峠越えた後に、またこんなキツイ登りを走らなきゃいけないんだと泣き言を言いながら登る。何とか高山村…

  • 269・270日目 千葉県香取市~栃木県宇都宮市~日光市

    269日目目を覚まして撤収、朝飯を平らげたら早速利根川サイクリングロードをひたすら走る。 途中、江戸川サイクリングロードに乗り換えて北上。 江戸川を西側に渡ると、47県目となる埼玉県に突入した。 これにて、47都道府県すべてに足を踏み入れたこととなった。まあ流石に、埼玉県をかすめただけで終わらせるのもちょっとアレなので、後程また別の場所から突入予定。江戸川が利根川に合流し、その先で渡良瀬川や思川に分岐。この辺りに、群馬県・埼玉県・栃木県の三県境がある。 地元民なのに、この場所を知りもしなかった。 いや、知ってても行かなかったかもだけど。近くの道の駅でレモン牛乳アイスを食べる。 レモン牛乳大好き…

  • 267・268日目 千葉県富津市~いすみ市~香取市

    267日目 富津岬展望台よりスタート。 このやたら凝った作りの展望台は何なんだろう。展望台からの眺めはとっても良い。 富津から南下し、館山市へ。 館山市からはヤシの木が増え、リゾート感が増す。洲崎岬に到着。 ここから南端を目指す。フラワーロードを駆け抜け、先に進む。 館山市~南房総市~鴨川市は、暫くリゾート地のような雰囲気が続く。 東京湾は正直あまり綺麗とは言い難かったが、房総半島東海岸の海は美しい。 途中、勝浦市辺りにサイクリングロードがあったが、砂まみれでまともに走れる状態ではなかった。 鴨川市辺りから少々のアップダウンが続くも、そこまでキツくはない。今まで越えてきた数々の強烈なアップダウ…

  • 263~266日目 東京都台東区~千葉県富津市

    263日目は台風が接近。ゲストハウスに引きこもって休憩をし、台風が通り過ぎた夕方頃に、大学時代の友人と会いに外出。元気そうな姿の友人と再会し、色々とお話。 懐かしい気分と、時の流れを感じた。 264日目半年ほど前に沖縄の離島、波照間島・石垣島にて出会った方と再会しに新宿へ。 新宿といえば、学生時代に毎日通った場所。 あらゆる風景が懐かしく、変わった場所・変わってない場所を確認しながらノスタルジーな気分に浸る。 懐かしき定期券。これを使って通っていた。そして再会し、新宿御苑へ向かう。 新宿に毎日通っていたのに、新宿御苑は一度も行ったことがなかった。 敷地がかなり広く、新宿の摩天楼の中にこんな静か…

  • 262日目 茨城県行方市~東京都台東区

    霞ヶ浦湖畔で朝を迎え、橋を渡って西へ進む。 霞ヶ浦の周囲は非常に走りやすい。 交通量も少なく、所々サイクリングロードも整備されている。 流石は茨城県、自転車に力を入れているだけある。土浦市から南下し、牛久市へ。 牛久市といえば、牛久大仏。 やはり何度見てもデカイ。 写真だとどのくらいの大きさなのか分かりにくいが、少し離れた場所でも、姿が見えるほどに大きい。 牛久大仏の近くには、良い雰囲気のハイブランドモールがあった。 まあ、僕にはあまり縁のない場所なのだが。更に進み、46県目となる千葉県に突入。 とは言っても、今回は東京都へ向かうので通過するだけ。 また後程房総半島を一周する予定。ここからは街…

  • 259~261日目 栃木県那須町~那須塩原市~茨城県常陸大宮市~行方市

    259日目那須町から那須塩原市に移動し、元職場で一緒に働いていた方のご自宅にお世話になることに。 このご時世の中、本当にありがとうございます。色々と那須の観光地に連れていって頂いた。 まずは殺生石。 辺りには硫化水素の臭いが漂い、何となく恐山っぽい雰囲気。そして塩原のもみじ谷大吊橋。 橋がかなり長く、高い位置に架かっており、下がよく見えるのも相まってかなり怖い。高所恐怖症の人は渡れなそうだ。そして、夕飯もご一緒させて頂いた。お互いのこれまでのこと、これからのこと。 色々なお話をした。 こうやって、元職場の方と会ってお話ができるということは本当に素晴らしいことだと感じ、自分は本当に回りの人に恵ま…

  • 256~258日目 福島県伊達市~飯舘村~田村市~栃木県那須町

    256日目 伊達市からスタートし、峠を越えて海沿いへ。 相馬市、南相馬市を走る。 海沿いはかなり開けた風景が多く、場所によっては北海道のような風景も広がっていた。 かつての三陸海岸のような、津波に流されたような跡はそれほど目立たなかったが、原発事故の影響を強く受けた場所である相馬地域。 現在は、そんな過去を感じさせないくらいには活気が戻っていたように感じた。南相馬市から浪江町へ行こうかと思っていたが、放射能の影響による通行止めの範囲が気掛かりだったので、福島県の道路交通課に電話で問い合わせてみた。 すると、やはり浪江町・双葉町・大熊町周辺の国道は二輪車は通行禁止とのことだった。窓を閉められる四…

  • 254・255日目 福島県会津坂下町~福島市~伊達市

    254日目河原で野営していたら、夜に警察の方から久しぶりに職務質問を受けた。去年大分県で野宿してたとき以来だ。身分証明を済ませ、色々聞かれる。 「お金貯めてから旅に出たのに、宿泊するお金は無いんだね。」と言われたときは少しイラッとしたが、まあ宿に泊まらずに外で寝ること前提の旅なんて、普通に生きていたら理解できないものなので仕方ない。 早朝4時に起き、5時頃から走り始める。 稲穂に映える美しい朝焼けを眺めながら、会津若松市へ。 小京都感のある、古風な街並みが美しい。先に進み、猪苗代へ。 猪苗代湖と、磐梯山の風景。 地元の隣の県でありながら、こんなに良い風景がある場所だったことを知らなかった。幼少…

  • 253日目 山形県米沢市~福島県会津坂下町

    米沢市からスタート。朝に米沢市街地を走ると、地元の高校生がちらほら。 ママチャリのハンドルを上げて鬼ハンにして走っている子が多くて驚く。あれは北関東限定文化かと思っていた。 正直言ってめっちゃくちゃダサいし田舎臭いのだが、このスタイルを純粋にカッコいいと思い込んでるちょっと悪ぶってる高校生が、なんとも可愛らしく見えて、見る度に笑いを堪えていた。市街地を抜けて峠道に入り、暑い中登り続ける。 峠の頂上には4km程の長いトンネルが。その長いトンネルを抜け、43県目となる、福島県に突入。 遂に東北地方最後の県。 因みに、米沢市から会津方面へ抜ける道にはもうひとつ、「西吾妻スカイバレー」というキツイヒル…

  • 251・252日目 宮城県仙台市~蔵王町~山形県米沢市

    250日目は、台風の為仙台市にて停滞。 251日目仙台市を足早に抜け、蔵王へ向かう。 宮城県は、正直走っていて危険な目に合うことが多かった。 なんというか、車の運転が怖い。僕がブレーキをかけないとぶつかるタイミングで前に割り込んできたり、こちらが直進していても対向車が僕に向かって右折してきたり、僕を追い越す時にスレスレで通り抜けたり、車道を走っているだけで邪魔だとばかりにクラクション鳴らしてきたり…。 偶然そういうドライバーに出会っただけかもしれないけど。 いくつかの峠を越えて、蔵王エコーライン入り口へ。 三連休の中日なので、中々交通量が多い。エコーラインを登っている最中に日が暮れそうになった…

  • 248・249日目 岩手県陸前高田市~宮城県石巻市~仙台市

    248日目陸前高田市よりスタート。 ここは、東日本大震災の時の津波被害が一番大きかった街。 市内を少し見て回る。 海沿いに広さが更地。恐らく、震災前はこの辺りに市街地の中心があったのだろう。釜石市等も、こういった海沿いに更地が広がる風景はあったものの、ここまで顕著ではなかった。外から来た人間である僕にはきっと想像もつかないくらい、多くの物や人々が海によって奪われ、計り知れない絶望があったのだろう。現在、陸前高田の市庁舎や病院等の機能は、山麓の高台に移されている。 この場所に、新たに近代的な街が形成されている。 これだけ多くが奪われても、また新たに前に進むことができる。そういったところに、人間の…

  • 246・247日目 岩手県宮古市~山田町~陸前高田市

    246日目起床、撤収をして近場の公園へ。 公園で自炊をしていると、地元のおばあちゃんに話しかけられ、イカ刺しを頂きました。 ありがとうございました!!今日は本州最東端のとどヶ崎へ。とどヶ崎は、宮古市街地から少し南にある重茂半島に存在する。 して、重茂半島に突入すると、早速厳しいアップダウン。 道中は所々、8月豪雨の影響による崩落箇所があった。 とどヶ崎へ向かって走っていると、バイクの方から話しかけられ、同じ目的地だということで、現地でまた会いましょうという形に。林道のような険しい県道を走り、とどヶ崎の入り口へ。 ここからは登山道となるので、自転車を置いてとどヶ崎へ向かう。 自転車から離れて歩き…

  • 244・245日目 青森県八戸市~岩手県野田村~宮古市

    244日目 八戸市にて、以前からSNSで僕を応援してくださっていた方より連絡があり、差し入れと餞別を頂きました。 ありがとうございました!!早速三陸に向かおうとしたが、その前に自転車を整備。 ホイールのスポークのテンション調整と、フロントの変速調整。 変速調整は結局上手くいかず。もう変速機が駄目らしい。そんなこんなしていたら、かなり時間を食ってしまい昼前に。 三陸海岸起点(Wikipediaより)の鮫角より三陸海岸縦断をスタート。 スタートして早速、細かいアップダウンの連続。 平坦区間は非常に短く、常に登っているか下っているか。まだ傾斜が緩いのでそこまでキツくはないが。岩手県に再び突入。 国道…

  • 242・243日目 秋田県鹿角市~岩手県盛岡市~青森県八戸市

    242日目 鹿角市からスタート。 朝早くから走り始め、ひたすら八幡平へ向けて登る。途中、地元農家の方から桃を頂きました。 またしても美味しい桃を頂いてしまった。本当にありがとうございます。中程度の勾配の登りをひたすら走る。 頂上が近づくと、森林限界となり、高原の風景に。休みながら登り続けること数時間、頂上に到達。 そして41県目となる、岩手県に突入。八幡平山頂が歩いていける距離にあったので、山頂へ向かう。 尾瀬のような雰囲気。 沼や湿原を眺めながら歩き、山頂に到達。 山頂付近の沼の透明度が非常に高く、美しい。 八幡平から岩手県方面へ下り、八幡平市へ。そこから更に南下し、盛岡市へ。 十分にお腹を…

  • 241日目 青森県新郷村~秋田県鹿角市

    予報通りの雨。 雨が弱まるまで待ち、十和田湖方面へ登る。登って行くと、迷ヶ平という場所に到着。 ドライブインやらがあったが、かなり古びた建物で、廃墟となっている建物もいくつかあった。人の気配は皆無。雨が少し強くなったので雨宿りをしていると、なにやら「迷ヶ平の伝説」と書いてある石碑を発見。 なんやこれ。 写真だと小さすぎて恐らく読めないとは思いますが、実物も文字が小さくて読みにくい。 暇潰しに全部読んだのだが、とりあえず方言がキツイのと口が悪いことがよくわかった。そして、十和田湖へ。 非常に透明度が高く、美しい。 恐山の宇曽利山湖といい、この辺りにある湖の透明度は目を見張るものがある。かなり強い…

  • 239・240日目 青森県むつ市~三沢市~新郷村

    239日目 朝目覚め、ほのかちゃんと一緒に食事を摂り、出発準備。 僕はこれから東へ、ほのかちゃんは西へ。 ということで、ここでお別れ。 二人で旅をしていて、本当に楽しかった。 一緒に走ってくれてありがとう。良い旅を!! むつ市街地から東へ。 この看板も3ヶ月振り。むつ市を抜け、東通村へ。 下北半島の北東の端にある「尻屋崎」を目指す。中程度のアップダウンを越え、尻屋崎へ。 何となく、与那国島っぽさを感じた。馬がいるところも。 ここからでも、北海道の渡島半島・函館が見える。 北海道を臨むのはこれで最後。最後にしっかりと目に焼き付ける。そして、下北半島の東海岸へ。 今日は海の透明度が高い。途中、SN…

  • 236~238日目 北海道函館市~青森県大間町~むつ市

    236日目は函館に滞在。6月、函館に渡ってきた時もお世話になった、ゲストハウスのTuneさんのスタッフと歓談。 3ヶ月振りだったが、ちゃんと僕のことを覚えてくれていて嬉しい気持ちになる。昼時、ラッキーピエロのオムライスが食べたくなったので、スタッフの皆と一緒にテイクアウトで注文。 これは旨い!かなり量が多く、夕飯があまり入らないくらいだった。その後は函館をぶらついたり、ゲストハウスでのんびりしたりして過ごす。 夜、函館の夜景を見に行こうかと自転車を出したが、函館山は時間帯関係なく自転車は通行禁止だったので断念。いずれまた来たときに。 237日目昼前までTuneさんでゆっくりし、昼飯にTuneさ…

  • 234・235日目 北海道ニセコ町~森町~函館市

    234日目朝起きると、まあまあ冷え込んでいた。 気温を見てみると、9℃。まだ9月頭だというのに、もう一桁になるのか。ニセコ町の町並みを眺めに行く。 山々に囲まれた美しい町並み。こういう雰囲気はとても好き。折角なので、ニセコの風景を眺めにニセコアンヌプリ方面へ登る。 そして、ニセコパノラマラインを走る。 最高!! やはり僕は山に囲まれた地形が好き。ニセコから蘭越~黒松内~長万部まではアップダウンの連続。休み休み進む。長万部にて、海沿いの平坦な道になる。 なんとも夏らしい風景。長万部から更に南下。 夕方頃、八雲町に到着。 時間的にはもうここで野営地を探しても良かったのだが、何だか無性にもう少し走り…

  • 232・233日目 北海道室蘭市~喜茂別町~ニセコ町

    232日目朝、強風で目覚める。 今日は伊達方面へ進むのだが、目の前の白鳥大橋は自転車では渡れないので、しぶしぶ東室蘭に戻って折り返す。途中、地元室蘭の方から、「ブログ見てるよ!」と声を掛けて頂き、道案内をして頂きました。ありがとうございました!!強い向かい風に立ち向かい、室蘭を後にする。 室蘭から海沿いの道を進み、伊達市へ。 道中は厳しい向かい風。大型トラック等の超大型車に抜かされると、風圧でハンドルが取られる。負けじと必死にハンドルを握り、ペダルを回す。伊達市に到着。 伊達市から、内陸部へ登ってゆく。壮瞥町に入った辺りで、お姉さんからおにぎりの差し入れを頂きました。ありがとうございました!!…

  • 231日目 北海道白老町~室蘭市

    8月30日、冒険家の日(僕が決めたわけではなく本当にそう)。 誕生日を迎え、27歳になりました。 早朝、雨の音で目が覚める。 昨夜の天気予報では、雨予報は出ておらず、いつも通りに屋根のない場所でテントを設営していたので、モロに雨を食らってしまった。やがて一旦雨が止んだものの、このあとに更に強い雨が降る予報が出ていたので、慌てて撤収して屋根の下に避難。時刻は早朝5時前。やがて雨が上がり、晴れたのでスタート。 室蘭方面へ向かう。途中、めちゃくちゃデカイ熊に遭遇。 造りもんですが。野営中に降られたとき恒例の、テント乾かす時間。 テントを乾かしがてら、コンビニに寄る。 購入したアイスに貼られたシールが…

  • 229・230日目 北海道新ひだか町~むかわ町~白老町

    229日目朝、膝の調子が良さそうだったので、湿布を貼り直し、テーピングを巻いて出発。 柔道をやっていたときに身に付けていた、関節稼働を制限するテーピングの巻き方の知識が、まさか役に立つ時が来るとは…。静内の町へ10km程走行するも、特に問題はなし。 だが、油断はできないので、今日は静内で暫くゆっくりすることに。 朝食に、駅構内の立ち食いそば屋さんへ立ち寄る。中々旨い。溜まっていた洗濯や、必要なものの買い物をしたり、暫くゆっくりと過ごす。 昼過ぎに静内を出る。 日高の美しい海岸線を駆け抜ける。 膝は痛くならなかったものの、やはり長時間乗っていると少し違和感が。 次にライダーハウスに泊まった時に、…

  • 227・228日目 北海道様似町~新ひだか町

    227日目泊めて頂いたおばあちゃんの家で、朝はゆっくり過ごさせて頂いた。 雨が上がり、晴れ間が見えた頃に出発。何から何まで大変お世話になりました。ありがとうございました!!様似町から苫小牧方面に向かう。隣の浦河町の町並みが美しい。 浦河町から先に進もうとすると、膝の横側、裏側が激しく痛む。 これはまずいと思い、とりあえず近場の温泉施設で長時間休憩。そしてまた再開するも、やはり痛みがキツイ。 これはもう今日は厳しいと思い、近場にある無料ライダーハウスまでにすることに。そこまでは、痛む右膝裏を庇い、殆んど左脚のみで漕いで進んだ。なんとか、新ひだか町の無料ライダーハウスに到着。 水道と電気が使えるプ…

  • 225・226日目 北海道帯広市~広尾町~様似町

    225日目 8/24午前10時頃に、ヤドカリの家から出発。 オーナーさん、奥さん、宿泊者の方々。色々な方々に見送られながら、走り出す。 本当に、長い間お世話になりました。ありがとうございました!!!走り出してからはどうにも天気が悪く、霧雨のような弱い雨が降ったり止んだりを繰り返していた。帯広市の南にある観光スポット、幸福駅へ訪れる。 現在は廃線となってしまっている、広尾線にあった駅。「愛国から幸福へ」というフレーズで有名になった観光スポット。幸福駅を後にし、ひたすら何もない十勝平野を走り続ける。 ここまで見通しの良い平野は、北海道の中でも十勝くらいだろう。 十勝最南の町、広尾町に到着する頃、予…

  • 帯広滞在期間のこと

    大変ご無沙汰しております。先日、漸く短期アルバイトが終わりました。仕事内容は、人参、大根の選別・箱詰め作業をしておりました。 正直、単純作業が苦手な僕にはかなり辛い仕事でしたが、仕事が貰えるだけでもありがたいので、何とかやりきりました。帯広滞在中は、ライダーハウス「ヤドカリの家」に滞在していました。 時々の休日には、帯広のグルメを巡ったり。 カレーのインデアン。廉価で旨い。名前的にインドカレーをイメージするが、写真の通り、普通の日本家庭のカレーの味。そして帯広といえば、豚丼。 「とん太」「豚はげ」「鶴橋」という三店舗を巡る。どれも味が違い、どれも旨い。そして、甘味。 六花亭本店限定のサクサクパ…

  • 223・224日目 北海道釧路市~白糠町~帯広市

    223日目午前中は釧路市でゆっくり。 午後、雨が中々上がらず、出発が遅れる。 いくら待っても止みそうになかったので、仕方なくレインコートを着て出発。釧路市内を少し回る。 北海道は、このくらいの規模の街がかなり点々としているので、ついついこういう街では足が止まってしまう。隣の白糠町へ向かうが、途中で後輪がパンク。 ショッピングモールの駐車場で修理。そんなこんなしているとき、かつて沖縄の与那国島で出会った大学生から連絡が。なんと今釧路市付近にいるとのことだった。彼は車だったので、こちらに着てもらい、合流。今日は同じ場所で野宿しようとの話になっつので、一緒に白糠町へ。 白糠町で合流し、一緒に海辺でジ…

カテゴリー一覧
商用