searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

tamichatさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
終戦っ子ノスタルジー
ブログURL
https://tamichat.com/
ブログ紹介文
終戦子が綴る子どもの頃の気持ちや出来事。懐かしい昭和の話も満載です。
更新頻度(1年)

60回 / 60日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2020/08/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tamichatさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tamichatさん
ブログタイトル
終戦っ子ノスタルジー
更新頻度
60回 / 60日(平均7.0回/週)
読者になる
終戦っ子ノスタルジー

tamichatさんの新着記事

1件〜30件

  • 第66話 10円ニュース

    当時、渋谷の東急文化会館の地下1階「東急ジャーナル」で、10円ニュースというものをやっていたのだ。

  • 第65話 中学生って子どもなの?大人なの?

    出席簿を机に叩きつけて激怒した。「みんな、なんとも思わないのか!反省しろ!」シーンとなった。

  • 番外編7 大丈夫?筋力・記憶力・反射神経・バランス感覚

    「これは変形性股関節症です。人工股関節を入れる手術しか治療法はありません。」と言われ、なんか納得できず断った。

  • 第64話 威風堂々 卒業式

    いまでこそあちこちで始終聞かれる曲となっているが、当時はそれほどポピュラーな曲ではなかった。

  • 第63話 「菩提樹」

    サウンドオブミュージックの先行作品で、トラップ一家がナチスの手を逃れアメリカに到着するまでを描いたものだ。

  • 番外編6 やる気が出ないとき、どうする?

    何日も前から、いや数週間も前から掃除していない。あ~気持ち悪い。掃除しなきゃ。でもやる気しない。

  • 第62話 H君

    彼は体が大きく乱暴者で嘘つきとして知られていた。女の子をよく殴って泣かしていた。私も殴られたことがある。

  • 第61話 学校は開かれたコミュニティだった

    当時の小学校は、いわば地域の拠点のような役割があったように思う。いろんな人が自由に出入りしていた。

  • 第60話 春のめざめ

    Mくんに、私はとても惹かれて、それまでに味わったことのないような気持ちになった。

  • 第59話 母の特大おいなりさん

    「上等舶来珍無類」と称し自画自賛していた母の得意料理に、おいなりさんがある。普通のおいなりさんと違って・・

  • 第58話 冬のにおい

    今では危険な遊びとして禁止されているのではないかと思うが「ながうま」というのが流行った。

  • 番外編5 お尻がはみ出ないショーツ(下着)

    想像を超える履き心地の良さ。すっぽりお尻が収まって、お尻の下も全くはみ出ない。

  • 番外編4 食べるより出す方が難しい 苦節数十年

    大腸癌を患ってから、さらに大変なことになっている。突然もよおし、一刻の猶予もないという感じになるのだ。

  • 第57話 新宿「末廣亭」

    ミスワカサがものすごく早口で、今で言うところの突っ込みをかけるのが面白くて大笑いした。

  • 第56話 さくらんぼ大将~笛吹童子~赤胴鈴之助~少年探偵団・・

    ラジオドラマを楽しみに聞き始めたのは「笛吹童子」からである。「ヒャラーリヒャラリコ、ヒャリーコヒャラレロ・・」

  • 第55話 紙芝居屋さんと駄菓子

    見るためには紙芝居屋さんが売るお菓子を買う必要があった。「買わない子は見ちゃダメだよ」

  • 第54話 プロ野球

    父はアンチ巨人だった。たしか大洋ホエールズを応援していたと思う。私は巨人ファンだ。

  • 第53話 お豆腐屋さんのラッパ

    「御用聞き」と言うシステムがあり、うちにはもっぱらお肉屋さんが御用聞きに来た。

  • 第52話 楽しいことを待つ間の楽しさ

    母は、父の実家にいるときには到底できなかったので、自分の好きなようにできることが嬉しかったのだろう。

  • 第51話 引っ越し

    始終衝突し、母はなんとかこの不愉快な状況から抜け出そうと、自分たちの家を建てたいと考えていた。

  • 番外編3 おっちょこちょい

    子どもの頃、学校の帰りなどによくどぶに片足を突っ込み、足をドロドロにして帰っていた。

  • 第50話 花の名前

    祖母もかなり個性の強い人だった。花を育てるのが好きで、庭にはいろいろな花が植えてあった。

  • 第49話 時計屋さんのKちゃん

    みんなが分かることが分からなかったり、みんなと同じことができなかったりする女の子だった。

  • 番外編2 ディズニー映画の昔

    うっとりしたり、興奮したり、あんな贅沢なアニメーションはまずないと思う。

  • 第48話 勉強

    3年生までは勉強した記憶がない。理解していなかったのだろう、特に算数は何も覚えていない。

  • 第47話 お便所に落ちるという話

    そのころのトイレと言えば、和式でくみ取り便所、いわゆるボットン便所だ。

  • 第46話 井戸と石炭ストーブ

    井戸の水をくむのにはコツがある。単に上下させるだけでは水が上がってこない。

  • 第45話 読書会と貸本屋

    【小学3~6年生の読書】お風呂の帰りに貸本屋に寄り、本を借りてくるのである。

  • 第44話 ぬくもり

    朝ご飯を食べていると、父が母に「おまえ、またかあさまと衝突しただろう」と言った。

  • 第43話 米穀通帳

    当時、お米にはいろいろな種類があった。配給米、ヤミ米、内地米、外米などの種類である。

カテゴリー一覧
商用