searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

コビさんのプロフィール

住所
未設定
出身
東京都

フィリピンでの生活で、自分の身に起こったこと、日本での常識が通用しない世界のことなど、なんか笑えてしまうような出来事などをご紹介していきます。フィリピンもなかなか面白そうだなと思ってもらえればいいのですが。

ブログタイトル
フィリピンでよろしく‼
ブログURL
https://philippine-yoroshiku.com/
ブログ紹介文
フィリピンに移り住んで15年以上の年月が経ち、毎日、色々なことが起こり、悪戦苦闘しながらの毎日。そんな苦労の絶えない生活の中で経験した、くだらないけど面白いエピソードなどを綴っていきます。
ブログ村参加
2020/07/24
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、コビさんをフォローしませんか?

ハンドル名
コビさん
ブログタイトル
フィリピンでよろしく‼
フォロー
フィリピンでよろしく‼

コビさんの新着記事

1件〜30件

  • 【CINCOってチン???】フィリピンで使われているスペイン語

    フィリピンは、スペインに統治をされていた時代が約300年ほど続いた時期があった。大航海時代にスペインは多くの植民地を持つ強国だった。その植民地の一つとなっていたのがフィリピンなのだ。スペインの統治時代にスペイン語が浸透したのだろう。その影響

  • 【注意‼】セブでの運転は、少し先ではなくすぐ目の前をよく見ろ‼

    日本で車を運転していると、走っていて特に道がデコボコしているという感触はない。日本の道は、アスファルトでしっかりと舗装されており、非常にスムーズに走れるといった感じだ。セブだが、日本の道と比べると、セブの道路は非常にデコボコしている。舗装さ

  • 【フィリピンでの生き方】郷に入れば郷に従え

    多くの日本人がフィリピンに住んでいる。治安が悪いといったイメージの強いフィリピンだが、場所にもよるのであろうが、暮らしてみれば、それほど治安の悪さなどは感じない。しかし、居心地がよくなり、生活に慣れてくると勘違いをしてくる日本人が多くいる。

  • 【フィリピーナに気をつけろ⑩】自分は浮気してOKだが、彼氏が浮気したら激怒。

    フィリピーナは自分の彼氏を束縛するなど、激しい嫉妬をするという話を聞いたことがある人は多いと思う。フィリピーナの嫉妬はものすごいという話は本当だ。とにかく、ボーイフレンドが他の女性と話をしていただけでも嫉妬をする。それだけ彼氏を愛しているん

  • 【イライラ】気が短い人は無理‼ フィリピン人店員の対応

    日本のレストランや色々なお店での日本人スタッフの対応で、イライラするということはあまりないのではないだろうか。しかし、日本人スタッフが行う対応をフィリピン人がやってくれると思ってはいけない。フィリピン人の対応は、日本人からすれば、イライラす

  • 【注意】フィリピンにいる関わりたくない日本人たち

    日本からフィリピンに来る観光客を見ていると、ちょっと変わった日本人が多い気がする。その影響もあるのか、フィリピンに住んでいる日本人にも、ずいぶんと変わっている人が多い。そんな変わっている人と関わったおかげで、余計な苦労をする人もいるようだ。

  • 【驚愕!】武装する最強消防士誕生か

    フィリピン大統領は、たまに面白いことを言い出すことがある。ドゥテルテ大統領は、「消防士に銃を装備する規定を含む、消防局(BFP)を近代化する法案に署名した」そうだ。ドゥテルテ大統領は、今までも色々なことを発言してきたが、今回は「消防士を武装

  • 【辛い思い出】マニラからセブへ 2020 (後編)

    昨年の9月9日(2020年09月09日)、私はマニラからセブに移動するため、大型フェリーに乗った。マニラでロックダウンの規制が敷かれている最中ということもあり、現在はもうないが、当時はどこかに移動するのも「トラベルパス」といった移動許可証が

  • 【辛い思い出】マニラからセブへ 2020 (前編)

    昨年の9月9日(2020年09月09日)、私はマニラからセブに移動するため、大型フェリーに乗った。マニラに仕事のために移ってきたのは2020年の1月下旬。そして、同年の3月にマニラでロックダウンを食らったのだ。もともと家族はセブにおり、単身

  • フィリピン警察官のIt’s up to you

    フィリピン在住の方で、フィリピン国内で車を運転する方は多いはず。ちょっとした交通違反をしたときのフィリピン警察の対応はどんなものなのだろうか。日本の警察官の対応と比較してみた。日本の警察の場合日本の警察官は、非常にまじめである。警察官が交通

  • 【ついに動くか!】ラプラプ市が外国人観光客受け入れ許可を求める

    ラプラプ市の市長がIATF(新型コロナウィルス感染対策のための省庁横断タスクフォース)に、ラプラプ市のみ外国人観光客の受け入れを許可してほしいとお願いするようだ。まぁ、許可は下りないだろうな。ラプラプ市は、観光産業を重視している市だし、多く

  • 【ぼやき】フィリピンの雑巾

    フィリピンでよく見かける雑巾らしきものがある。ちょっとしたお食事処などでも、テーブルを拭くときなどに利用されている。この雑巾らしきもので、テーブルを拭くとき、水などをきれいに拭き取ることができない。日本の場合、いらなくなったタオルなどで雑巾

  • 【フィリピンの怖い話】恐怖の誕生日

    日本よりも格段に治安が悪いとされているフィリピン。そんなフィリピンで怖い体験をした人も多くいるはず。このフィリピンで気を付けなければならないことというのはたくさんある。フィリピンも外国なのだ。日本の常識が通用するところではないというのを頭に

  • 【セクシー美女軍団?】エアロビに燃えるフィリピン人女性たち

    フィリピン人のマダムたち。私のフィリピン人マダムのイメージは、胸よりも前に出ているお腹を持ち、そして、お腹に浮き輪をつけているような感じの巨漢が多いというもの。そんな、マダムたちが惜しげもなく、そのでかいお腹を披露している場がある。それは、

  • 【セブの有名なところ】カルボンマーケットは今。

    セブの代表的なマーケットであるカルボンマーケットをちょっとだけ覗いてみました。知り合いの方が、カルボンマーケットに買い物に行くというので、付いて行ってみました。コロナになってからカルボンマーケットに行ってなかったので、どうなっているのか。セ

  • 【冒険‼!!】フィリピン人たちと郊外へ

    このコロナの影響で、在宅勤務となっているが、たまには少し遠くへ行ってみたいと思っていた時、以前勤めていた会社のフィリピン人スタッフたちが、セブの郊外に遊びに行くというので、一緒に行くことにした。今のセブは、特に検問もなく、スムーズに郊外に行

  • 【セブ郊外散策】シマラは今、どうなっているか?

    セブ市から車で2時間30分ほど南に行ったところに、「MAMA MARY」を祀っている大きな教会がある。お城のようなこの大きな教会に、多くのフィリピン人が訪れている。コロナの感染が広まった今、この教会はどうなっているのか見に行ってみた。この日

  • 【要注意‼!】自分の行いは、自分に帰ってくる「カルマ」

    カルマ・・・フィリピン人たちは、よくこの言葉を使う。悪いことをしている人には、必ず天罰が下るといったようなことがカルマだ。例でいうと、あんな遊びをしていた男が、その女の彼氏に殺されたとか、お金があるからと調子に乗っていたら、強盗に遭ってすべ

  • 【コロナ関係】旅行者のフィリピン入国が可能になるのいつになるのか‼!

    フィリピンにおけるコロナの感染者数は、随分と落ち着いてきている感がある。しかし、未だに旅行者がフィリピンに入国することは許されていない。マニラは今現在、マニラの隔離措置規制レベルは、「一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ」である。このGCQ

  • 【コロナの影響】今年のシヌログのパレードはない

    セブの名物の一つに、シヌログ祭というものがある。これは毎年1月の第3日曜日に行われるビサヤ地域最大のお祭りのことだ。最大の目玉は、シヌログのグランドパレード。フィリピン全国からこのパレードを観ようと人が集まってくる。そのため、パレードコース

  • 【セブローカル体験】カルカルという町の市場を覗く

    セブから南に車で1時間半ほど行ったところにカルカルという田舎町がある。ジンベイザメを鑑賞できる場所として有名なオスロブという町に行く途中にある町である。この街には、スペイン統治時代の面影か残る建造物、教会、そして、たくさんの食材などが並ぶ市

  •  【気をつけろ‼!】Gold Diggerと呼ばれるフィリピン女性たち

    多くの男たちを虜にし、その男たちから多くのお金を貢がせるフィリピン人女性は多い。そういう女性には、たくさんの彼氏が貢いでくれるので、彼女たちの生活は非常に潤っている。特に外国人男性が、このGold Diggerの餌食になりやすい。男性側は、

  • 【何故???】フィリピン人の婚約者と別れた日本人男性 (後編)

    フィリピン人女性の婚約者の様子がおかしい。頻繁に連絡を取っていたのが、徐々に連絡を取り合う回数が少なくなってきた。彼女に何か変化が起こったのだろうか。彼女と婚約をした50代の日本人男性は、再び彼女に会うためにセブに渡った。彼女の携帯にあった

  • 【何故???】フィリピン人の婚約者と別れた日本人男性 (中編)

    10代のフィリピン人女性とフェイスブック上で出会い、恋愛を開始した50代の日本人男性。半年間のチャット、ビデオチャットでのやり取りを経て、ついに彼女に会いにフィリピンへ。婚約をし、日本とフィリピンとの長距離恋愛が再開した。彼女の年齢のことも

  • 【何故???】フィリピン人の婚約者と別れた日本人男性 (前編)

    フィリピン人の婚約者と別れてしまったという日本人男性がいた。フィリピンと日本との長距離恋愛。日本人男性は50代前半。フィリピン人女性は10代だったという。彼らはなぜ婚約を解消するような事態に陥ってしまったのか。フィリピン人女性との出会い日本

  • セブの郊外の田舎は平和そのもの

    セブ市から車で4時間ほど西に行った田舎町:アレグリアというところに行ってきた。そこには、私の知り合いがおり、プライベートリゾートを持っているということで彼が招待してくれたのだ。セブ市から車でセブ島の西側にあるアレグリアに向かった。コロナでの

  • 母親の浮気で生まれたフィリピン人の子供の人生

    ある16歳の少女の話。その子は、父親がいないのだと言っていた。しかし、彼女には兄弟、姉がいる。父親がいないというのはおかしいと思い、話を聞いた。母親の浮気実は、兄弟はいるが、父親は違うという。そして、姉もいるが、彼女の父親ではなく、別の父親

  • 【フィリピーナに気をつけろ⑧】元カレのところに戻り確率が高い

    フィリピーナは非常に尽くしてくれる女性が多い。相手のことを常に考えているので、しょっちゅうチャットや電話をしてくるのだ。そんなフィリピーナが、大好きだった彼氏と別れてしまった場合、数か月後によりを戻したり、別れた後、すでに違う男と付き合って

  • 【セブのスーパーマーケット】レジの長蛇の列

    日本のスーパーマーケットでは、レジでの長蛇の列はほとんど見かけない。長い列ができていたとしても、すぐにに自分の会計の番が回ってくるので、さほどイライラはしない。セブのスーパーマーケット・・・レジは長蛇の列になっているところをよく見かける。セ

  • 【フィリピン 水道菅がない】水道局が変なことを言ってくる

    セブ市というある程度大きな町でも、水道の水が出ないといったトラブルが多いようだ。セブ市内は一応水道管が通っているのだが、水圧などの関係もあり、高台などには水が行きづらくなっているのだろうか。水が出ないとなると、生活は結構きつくなってくる。シ

カテゴリー一覧
商用