searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

どっさりバスケさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
初心者が強豪校バスケ部に入部してしまった話
ブログURL
https://kakobaske.hatenablog.com/
ブログ紹介文
うまくないのに、超強豪校バスケ部に入部しました。万年応援席でした。初心者や中級者を応援したいので体験談を書いてます!
更新頻度(1年)

28回 / 140日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2020/07/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、どっさりバスケさんの読者になりませんか?

ハンドル名
どっさりバスケさん
ブログタイトル
初心者が強豪校バスケ部に入部してしまった話
更新頻度
28回 / 140日(平均1.4回/週)
読者になる
初心者が強豪校バスケ部に入部してしまった話

どっさりバスケさんの新着記事

1件〜30件

  • 1on1スキルの重要性について

    バスケ部強豪校では1on1をとても重視していました。というかやらないと、むしろ怒られまくります。それくらい重要です!一応バスケは個人スポーツではありません。ですが、うまくなりたいという人はぜひともその考えを捨てて取り組んで欲しいという気持ちで書きます。(僕は1on1のスキルがあまり上達出来ませんでした!泣)1on1スキル、個人能力について重要性をひたすら説いていきます! ・バスケはチームプレイではない!(言い切っても良い) ・オフェンス、ディフェンス両面で負けると、目立たないことが目立つ ・個人能力向上は将来のためにもなる ・強豪校に集まる人は、1on1のスキルをすでに獲得した人が多い ・バス…

  • 効率よい体力の作り方

    バスケ部強豪校に所属するとまじめに練習する限りは勝手に体力が付きます。 僕はそうでした。僕自身はまったくもって身体能力や持久力は高い種類のがくせいではありませんでした。 当時は流れに身を任せて懸命にやっていましたが、思い返すと効率的な練習で体力づくりにも適した要素がありました! 詳しくは以下に、、、 ・強豪校では外練(階段・坂)を有効活用 ・練習中に体力上げるためには隣のやつに少しでも勝つこと ・自主練ならインターバルダッシュを短時間で! ・バスケという競技を知る必要がある ・環境によっては悪手な練習もあるけど、単純に体力が付く ・強豪校では外練(階段・坂)を有効活用 基本的に連取は効率的で長…

  • ディフェンス力がある人の特徴

    ディフェンスが上手い人はセンスで上手いのでしょうか? また、身体能力が高いとか、腕が比較的長いとかそういうことかというと、 僕の経験からすると答えは「ノー」です! もちろん身体能力(才能)は大事ですが、後天的に鍛えることは十分可能だと思いました。 ディフェンスが上手かった人の、特徴(身体的なもの含む)についてです。 技術的なことはないですが、特徴としてとらえるとディフェンス能力は向上するはず! ・積極的にディフェンス練習に取り組む ・感覚的な表現ではディフェンスで攻めている ・下半身の柔軟性が高い ・腰回りや太股の裏の筋肉はしっかり ・体幹もしっかりしている、人によっては背中が分厚いのが特徴 …

  • バスケ部強豪校で成功した人の素質

    僕が某強豪校で見てきた、成功者の素質について。 簡単にいうと「継続力」がありました。 極端な考え方ではただ続けていた。という見方もできます。 継続力というととてもチープな表現になってしまいます。 しかし、これが一番大事な要素と断言できます。 在学中にレギュラーメンバーになった人。 また高校の時は芽が出なかったけど、大学以降に花が開いた人。 僕は繰り返しブログで語っている良い結果を出した人、 そんな人々の素質について! ・途中で何らかの努力をやめなかった人 ・自分に求められる必要性を理解した人 ・ケガにめげず自分の才能を信じつづけた人 ・まとめ ・途中で何らかの努力をやめなかった人 もったいない…

  • バスケ強豪校で評価されるアピールのやり方

    僕は強豪校にいたころ、「けっこう実力あるのにもったいないのう、こやつ」 とおもっている仲間が数名いました。 実力がない自分を棚に上げて本当にそう思っていました。 別に高校からスカウトを受けていなくてもうまい人はたくさんいました。 しかし、彼らは監督へのアピール力が足りなかったです。 上から目線で僕が周りを観察して得た、バスケ部強豪校で通用するアピール方法について書いていきます。 ・まずは単純に目立てばよい ・監督、コーチどちらかの注目ポイントを探る ・一番目立つのは得点力 ・常に何かで手を抜かないやつは高評価 ・五対五で具体的な目標数値を決める ・まずは単純に目立てばよい ふつうに練習に参加し…

  • 強豪バスケ部で練習内容の理解を深める方法

    前回の記事では、練習はただ言われた通りにやるのではなく、 意味や意義まで理解しよう! と書きました!それでも、ふつうの中学(弱小含む)から強豪校バスケ部に入部すると、 練習メニュー自体が初めて過ぎて、意味や意義を理解することがまずもって難しいです。泣 そこで、まず練習内容を理解する攻略法について書きました! ・過去の月バスを取り寄せる、本を買う ・練習DVDを確認する(お金があるなら) ・わかってる人に聞く ・練習ノートを作る! ・家で座学、脳内シミュレーションを行う ・過去の月バスを取り寄せる、本を買う バスケ部強豪校は決まって月バスに特集を組みます。 特に、強豪校の練習メニューは一つのコン…

  • バスケ部強豪校のベンチ入り獲得のための戦略

    僕は初心者レベルでバスケ部強豪校に入部しました。しかし、ベンチ入りは果たせませんでした。 ただし、今大人になった知見を使えばベンチ入り、そして試合出場をかなえる戦略が作用すると確信しています。 実力は半ばだが、試合出場を目指す人のために書きます。 ・まずは練習への理解を深める ・自分がアピールできる練習を探す ・追い抜くべきライバルを決める ・ライバルの苦手をあぶり出す ・ライバルより具体的目標数値を決めて練習する まとめ ・まずは練習への理解を深める まず前提として、学校は社会生活を営むための機関として存在しています。 教育を通して、学校生活を送るわけです。 今のところ、学校の生活は「先生か…

  • バスケ部強豪校で評価される努力のやり方

    バスケ部強豪校で自分自身が体験し、またレギュラーを勝ち取った友人の分析から、 評価される努力のやり方について書きます。 これは、すでに僕が大人になり働き始めて知った思考法にはめ込んでいる考え方です。 ネタ元はmotoというビジネスマンの方の「5つのやり方」から作っています。 お仕事をする人の考え方から拝借しますが、当時の強豪校での努力(自他含む)は有効な考えのもと実践されていたのだと振り返ることができます。 大人になってからも使える努力の仕方を強豪校バスケ部というフィルターを通して詳しく追っていきます。 ・論理的思考ができること ・自分の立ち位置を捉える視点をもっていること ・立ち位置をふまえ…

  • バスケ部強豪校には特別な練習メニューがある?

    バスケ部強豪校の強さの秘密に迫ります。 なにか特別な練習を行っているか? 入部してみてわかったのですが、特別な特殊な練習というものは特にやっていませんでした。 じゃあなんで強いんだろう?という疑問も浮かび上がると思います。 いい選手をスカウトしているから?身長が高いから? 別にそういったわけではありませんでした。 実際のところ、きっちり集中して、自分たちが目指すバスケをみんなで理解して、 当たり前の部分は取りこぼさずに練習していました。 ・練習のクオリティーは間違いなく高い クオリティーというのは、手を抜いていない、走るべきところはきっちり走ったりということです。 ものすごく当たり前に聞こえま…

  • 強豪校に入部したい!周りの反対がうっとおしい場合の心構え

    バスケ部強豪校に入部する前、僕は親に反対されました。 「絶対試合に出られんからやめとけ」 何をするにしても、「やめとけマン」は現れます!! 例えば、大人になる過程で、受験浪人したいときに「やめとけ」 会社を興したい、転職したいというときお嫁さんから「やめとけ」 などなど、きりがありませんが、総じて言えることはただ一つ 「やったことがない奴が何言っても信用できん!」ということです。 自分を信じて、入部したこと、また周りの人からきいたことについて ・最初の関門は親。強い意志と説得すりゃあ認めてくれる。ただうっとおしい ・中学からの友達からは「やめときな」のささやき、まあ無視する ・解決法:入部しそ…

  • バスケ部強豪校のフィジカルコンタクト力について

    強豪校バスケ部と普通の学校の一番の違い、それは 「フィジカル」です。 身長の高さではなく、フィジカルという部分が肝です。 もしも、中学から高校にかけて強豪校と試合をしたことがあるならば 以下のように感じたはずです。 「なんか圧がすごいツ!!」「何をするにしてもきつい!!」 強い学校は、主にディフェンスに対してフィジカルを発揮します。 特にどうった点でフィジカルが強いのか具体的にしますと、パスに対して、スクリーンアウトに対して、得点が絡みやすいゴール下に対してフィジカルを発揮してきます。実際に対戦したり、その中に混ざってみての感想と考察です。 ・例え話、ふつうに2019ワールドカップ日本代表のよ…

  • バスケ部強豪校引退間近のモチベーションはどうだったか?

    魔の2年目が経過し、なんとかモチベーションを取り戻したはいいが、3年生が近づいてくると、「もうベンチ入りすることは難しいんじゃないか?」という不安がよぎります。 初心者レベルから始まったバスケ部で、かつ強豪校に入部の場合、 ぶっちゃけ2年後半からは本気で気合入れて練習しないとベンチ入りは不可能です。 僕はベンチ入りがかなわず!泣 でしたが、3年生はインターハイという集大成があります。 自然とモチベーションが保たれたという、3年目のはなし。 1,個人的な努力意識は薄れない 3年生になると、新しいことがおこります。 新しい1年が入ってきます。はい、2年生の時は後輩ができて調子に乗り、練習はマンネリ…

  • 入部後、部活になれてきたころの状態

    人間だれしもが、慣れというものが起きます。 たとえ、強豪校のバスケ部に入部したからと言ってもどうしても起こります。 僕は圧倒的に追う立場でありましたが、やっぱ慣れが起きました。 これまで、できないことが多すぎて必死でしたが、ある程度できるようになると自分の目標がかすみ始めます。 いわゆる間の2年目、だれてしまった現実(止めてしまった努力)と反省は外の世界を見ることでした。 実際に何が起こってどうおもったか? ・自分のルールを守らなくなった ・マンネリ化の発生 ・反省と解決方法・外の世界に出てみる。バスケ以外に精を出してみる! ・自分のルールを守らなくなった 自分ルール、これを毎日僕は自分自身に…

  • バスケ部強豪校入部後のよい変化

    僕が強豪校のバスケ部に入部した理由はうだつのあがらない現状を打破したいからでした。バスケの腕は高くなく、強豪校バスケ部に「いい練習環境」「いい指導者」を期待して入部しました。 この考えはとても他人だよりな考えでしたが、入部直後に一瞬にして「他力本願・他責マインド」から「自責マインド」に変わりました。そんな経験について。 ・他力本願→自力思考への変化が起こる! ・行動で思いは伝わる 3,体力ついた 4,自信がついた 5,バスケがさらに好きになった ・他力本願→自力思考への変化が起こる! 僕は中学時代のバスケ部時代、顧問の先生が大の野球好きでした。その顧問の先生は、ある土曜日の練習日に指導に現れず…

  • バスケ部強豪校入部初期の振舞い方・その②(思い出話&体験談)

    入部初期の思い出第2弾です。 思い出1弾では、バスケ以外のことばかりに集中して取り組んでいました。 今回は、バスケのこと中心です。 前回は入部初期でなかなか周りの先輩や仲間たちに厳しい、文句を言われながらスタートしたので精神的なことや、コミュニケーション的なことに限っていましたけど、何に力を入れたのかをかきます。 そして、不安だった仲間たちとのコミュニケーションもこの練習やトレーニングで徐々に変化があるようになってきました。 ・最初はシュートフォームとレイアップの矯正から開始 ・とにかく筋トレに力を入れた ・朝は一番早く、夜は一番遅くに帰った ・最初はシュートフォームとレイアップの矯正から開始…

  • バスケ部強豪校入部初期の振舞い方・その①(思い出話&体験談)

    バスケのレベルは初心者に毛が生えた程度の生徒が、強豪校バスケ部に入部しました。入部直後の様子はどんな状態だったでしょう?今、客観的に思い出すと、中々辛かったです。それでも、一番下手だから何をしてもされても無敵状態でした。大変だけど努力するしかない!そんな状態にあったときのことを書きます。 1,ツラいのは先輩、同級生ともに信頼がゼロのとき 2,まずは同級生と仲良くなろうとした 3,声出しと雑用に力を注いだ 1,ツラいのは先輩、同級生ともに信頼がゼロのとき 入部初期は中々のキツさでした。たぶん、普通の人ならこの1、2週間で退部を決意すると思います。具体的には、練習についていけないとき周りに文句(叱…

  • 入部してくる後輩達もすごかった(思い出話&体験談)

    僕は強豪校での入部当初の衝撃が強かったので、そればかり記憶に残っていましたが2年生になると後輩たちが入部してきます。1年ほど、ひーひー言っている間に新たな強敵(ライバル)が追加されるのです。部活の体力的きつさは少ない方でしたが、新たな後輩たちはメンタルに来るものがありました! 1,やはり超高校級が入ってくる 2,特待生(スカウト)の中でも埋もれてしまうやつもいる 4,後輩達とは割と仲良くなる まとめ 1,やはり超高校級が入ってくる このやはり、というところが注目ポイントです。普通新入生は学校が始まる4月に入ってくるものです。しかし、強豪校は入部しそうなやつが9月や秋ぐらいには現れます。つまり中…

  • 強豪校のディフェンス力

    強豪校を経て、Bリーグで活躍する先輩の例を元の話です。その先輩方はBリーグでもディフェンス力を評価されています。そして、細かいディフェンスのトレーニング法の話ではなく、ふつうの選手と比較してどんな能力があったか、どんなことを実践していたかにフォーカスした話です。ちなみに例としている2名の選手(どっちもポイントガード)はともに、中学時代後半に大怪我をしており、身体能力は決して高くなかったです。身体能力に頼らないディフェンス力とは? 1,圧倒的に予測力が高い 2,ずっと一定距離でついてくる 3,ブロックするために身長は必要無し! まとめ 1,圧倒的に予測力が高い 身体能力がないということは、相手か…

  • なぜバスケ部強豪校に入部しようとおもったか(思い出話&体験談)

    そもそもなぜバスケが下手にも関わらず、強豪校に入部した(してしまった)のかについて。 当時の僕の属性は、 中学生時代はバスケ部。 高校受験失敗。(地方なので、私立が滑り止め) 高校になり帰宅部で暇。 こんな感じでした。この中でも、受験失敗と、あまりにも暇だという感情がバスケ部入部を決心した要因になったかと思います。 そんな思い出混じりの体験談です。 1,高校から帰宅部は暇で何かを変えたかった 2,悩みに悩んで、夏休み前に入部を決意 3,一流の指導者、環境で練習すればうまくなると思った 4,バスケに対して無知!俺はやれると勘違いする!(勘違いした!) 5,一流のバスケットマンたちに出会えたのは幸…

  • 1年生大会の出来事

    強豪校の部活に居ると、一般的な選手ならばなかなかレギュラーで試合に出ることはこんなんです。というかベンチにさえ入るのが困難です。しかし、唯一1年生大会のみは試合に出られることができました。初心者レベルで入部した強豪校バスケ部で、唯一出場した試合で何を感じたか。思い出含めての話。 1,下手な人にとっては唯一出場可能が許される公式試合 3,決勝は大変な盛り上がり 4,1年生大会で活躍したメンバーでも3年のレギュラーは保証されない 1,下手な人にとっては唯一出場可能が許される公式試合 ぶっちゃけ入部した頃はなんとかベンチ入りしてやろうと思って過ごしていました。しかし結果的には、1年生以外ではベンチ入…

  • 強豪校フットワークの内容

    これは自らの体験談です。バスケ部某強豪校のフットワークの内容です。実際のところ思ったほどキツくなかったというのが本音です。僕自身は特別身体能力が高いわけでは有りませんでしたし、なんとかなりました。おそらく練習がハードだということは、入部しなくとも噂で拡がるはずです。それがない学校なら概ね参考になるかと思われます。実際の内容は以下でした。 1,メニューは至ってオーソドックスだった 2,きついのはシャトルランぐらい 3,他、きつかった練習は? 3メン、4対4,パワーボールでパワーシュート 4,むしろ大変なのは、体力ではなくメンタル面である まとめ 1,メニューは至ってオーソドックスだった 練習開始…

  • ダンクができる人の効果・影響

    ダンクができる人、憧れますよね。強豪校にいると少なからず、ダンクができる人がいました。 ダンクができると、当の本人と周りのみんなもとても盛り上げっていました。そして、バスケが上手い、下手にかかわらず羨ましいものでした。 いままで見てきた、ダンクができてしまう人の特徴と周りに対する影響力。またダンクできそうでできなかった人のことも書いていきます。 1,試合中のアップの時の威圧力がある 2,ダンクできる人は憧れの的になる。もちろん、、、 3,ダンクできる人はレイアップ、ジャンプシュートが何か違う 4,ダンク可能条件は両手、または片手でリングを掴むことから 5,もう少しでダンクできる人は練習する! …

  • 暇があるならNCAAもチェックする

    NCAAとはアメリカの大学バスケのことですが、その内容は後で記すとして、バスケをする人なら是非、上達のため見てほしいです。高校バスケの目線から見ると、けっこう驚くポイントは多数ですし、ふつうに見るだけでもおもしろい!NBAよりおもしろく感じます!上達のために見るべきポイントとは。 1,【学び】全力ディフェンス(インハイ、インカレを遥かに凌駕) 2,【学び】ハーフコートオフェンスのレベルの高さ 3,【楽しみ面】NBAにつながる 4,【楽しみ面】Bリーグ選手も増加気味 1,【学び】全力ディフェンス(インハイ、インカレを遥かに凌駕) まずNCAAの大学の試合を見ているととんでもなくディフェンスに力を…

  • ストリートバスケとはなんぞや?

    ストリートバスケットといっても東京のsonecity等やそれに類するリーグのことではなく!身近にある野外のコートに集まってくるバスケットマンたちについてかきます。彼らは特有の特徴や能力があります。基本的に、その場にいくと相手をしてくれますし、重鎮のような人は1対1がめっぽう強いです。自身が強豪校にいた立場からするとなんでそんな人達がそこらへんでバスケをしてるのか?と思っていました。どんな人達がいて、ストリート特有の特徴がどんなものかを書きます。 1,ありがたいのはとてもフランクな人達が多い。 2,一対一はやっぱり上手 3,シュートの軌道がやけにまっすぐ 4,普通の室内バスケよりフィジカル強め …

  • 上級者の華麗なパスの出し方

    これだけは言いたいです。パスはセンスではない! 僕は初心者レベルで強豪校におり、驚異的なパスセンスにいつも感動しっぱなしでした。ただ、浴びるように「よいパス」を見てきた経験から、なぜか高校卒業後の大学のサークルでパス能力が開花しました。 故にパスはセンスではないのです! 強豪校にいたパス能力がヤバイ人たちの特徴とトレーニング法を紹介します。 1,【大前提】コート内のみんなの走り方を理解してる! 2,片手のボールモーションをマスターしてる 3,基本的にほぼノールック状態でパス 4,【トレーニング法】パス練習の時間を作る 5,【トレーニング法その2】眼力強化する。分散集中と一点集中 1,【大前提】…

  • ドリブル上級者と初心者の違い

    上手い人と、そうでもない人の視点から上級者の特徴について。一言で言うと「いかなる状況でもドリブル止めない」です!止めないというのは、ディフェンスに止めさせられないと同義だと思ってください。自分のリズムで、パス、シュートを選択できるということです。 かく言う自分はもちろん下手なほうでした。それでも強豪校にはやはりドリブラーがいます。彼らと談義した内容含めて書いていきます。 1,とにかく突くのが強い 2,直線的ドリブルだけじゃない 3,途中でドリブルやめない、トップスピードでも顔下げない 1,とにかく突くのが強い 上手い人の特徴の共通点です。ボールがかわいそうなくらい、強くついてます。もし、身近に…

  • バスケ好きならばスラムダンクを読んでおくと効果あり

    言わずもがな有名なバスケ漫画です。 このブログは高校生の方で、なんとなく強豪校に興味を持っている人に向けて書いていますが、スラムダンクを読んでいないのであれば、 読むべし! ぶっちゃけ、スラムダンク内の試合のルールとか服装は古いです。 熱い漫画でバイブルといっても言い過ぎではありません、魅力について。 1,日々のモチベーションが上がる 2,もはや一般教養になってしまった漫画 3,バスケしてない人でも読んでる 4,名言がたくさんある 5,「スラムダンク勝利学」という本まで出た。 1,日々のモチベーションが上がる なんだか最近、モチベーションが上がらないなー。 そんなふとしたひょうしに読んでみる。…

  • 能代工業高校について【必勝不敗】

    かつてのバスケ超強豪校の能代工業の校名が変わってしまうそうです。 (能代科学技術高校に変わる) 忘れたくても忘れられない超一流高校の思い出を振り返りながらどんな高校なのかを書きます。 高校生時代は全国大会で計3回当たっています。 いったいどんな印象だったのかについて。 1,全国優勝しすぎ(インターハイ22回!ウィンターカップ20回!) 2,試合前のアップから威圧感がすごい 3,タイムアウトがない 4,みんなずっと走ってる。体力お化け。 5,役割分担が徹底されていた「勝つバスケ」 まとめ 1,全国優勝しすぎ(インターハイ22回!ウィンターカップ20回!) いまや優勝常連校ではなくなってしまいまし…

  • NBAで参考にすべき選手

    今回は高校生や、日本人のバスケットマンが参考にすべき選手について語ります。 NBAはどんな選手でも好きな選手やスター選手を見つければ、大変参考になります。 ただ、NBA選手といえばズバ抜けた能力を持っていて、一見マネすることが不可能な動きを繰り出す人が多数です。(例えば、ダンクとか) なので、日本人でもこういう選手が参考になるだろうという、注目ポイントを列挙します! 1,身体能力が低い選手 2,地味な選手 3,地味だけどエース 4,ベテラン選手 5,ケガから復活を遂げた選手 1,身体能力が低い選手 よく日本人が参考にすべき選手とか言われて、低身長のポイントガードが出てきます。 しかし、あれは嘘…

  • 体罰について

    どうもバスケ部の現場では体罰(パワハラ)が減らないようだ。 かつて、某高校で生徒が自ら命を絶つという痛ましいニュースがありました。 こういった出来事、また近年のプロスポーツでのニュースから学ぶべきは、 無理だ、おかしい、と思ったときは躊躇せず逃げること! これに尽きるように思います。 僕がバスケをしていた環境は10年以上前ですが、近年の状況や大人になっての出来事と絡めておかしいことは、おかしいといいたいので記事を書きます。 1,検索すると多くの体罰ニュースが流れることに驚く 2,許容範囲を超えてるんじゃ?と思えばおかしい 3,「逃げるが勝ち」の精神を忘れない 4,社会人のパワハラ対策と同じ。日…

カテゴリー一覧
商用