chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
都々逸と作詩 https://nakibotaru.hatenablog.com/

創作した都々逸(どどいつ)の発表や、都々逸について学んだことを中心に書いていきたと思います。作詩(作詞)関連についても書く予定です。もともと都々逸は歌の文句なので、都々逸の創作は作詩と同義だとも言えます。ノンジャンルの雑記も綴る予定です。

小原庄助
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/06/15

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 外套(都々逸の創作)

    出した外套吊して眺め仕舞う春の日想う今朝 ダシタ コートヲツルシテ ナガメシマウ ハルノヒオモウケサ

  • 生きるつらさ(都々逸の創作)

    虫や獣や草木さえも生きるつらさを耐え忍ぶ ムシヤ ケモノヤソウモク サエモイキル ツラサヲタエシノブ

  • 秋のお彼岸(散歩写真)

    お彼岸なので彼岸花

  • 名刀正宗(都々逸の創作)

    いくらナイフを研いではみても使わぬままでは役立たず 奧にしまった正宗よりも腰の竹光役に立つ イクラ ナイフヲトイデワ ミテモツカワヌ ママデワヤクタタズ オクニ シマッタマサムネ ヨリモコシノ タケミツヤクニタツ

  • 満ちる(都々逸の創作)

    虫の音に誘われ二人で夜道を行けば満ちてきそうな月あかり ムシノネニサソワレ フタリデヨミチヲ ユケバミチテ キソウナツキアカリ

  • 宝(都々逸の創作)

    此処で輝く宝は見えず遠い彼方の影を追う ココデ カガヤクタカラワ ミエズトーイ カナタノカゲヲオウ

  • いってこい(都々逸の創作)

    食って食い過ぎ肥満で病んでやつれて痩せれば往って来い クッテ クイスギヒマンデ ヤンデヤツレテ ヤセレバイッテコイ

  • 下らぬ酒(都々逸の創作)

    とぼけた浮世の下らぬ酒で今日も人生無駄づかい トボケタ ウキヨノクダラヌ サケデキョーモ ジンセームダヅカイ

  • 笠に着る(都々逸の創作)

    ガキは素直にためらいなしに親の威光を笠に着る ガキワ スナオニタメライ ナシニオヤノ イコーヲカサニキル

  • ミント水栽培写真日記(その三)

    →「ミント水栽培写真日記(その二)」からの続き 【降順表示】 ※更新中 [ミント水栽培の写真日記60日目 2022年9月2日]

  • ミント水栽培写真日記(その二)〜2022年8月29日

    →「ミント水栽培写真日記(その一)」からの続き「ミント水栽培写真日記(その三)」へ続く→ 【降順表示】 [ミント水栽培の写真日記56日目 2022年8月29日] ミントが想定よりも上に伸びすぎてしまった。このままでは添え木にしている支柱の高さを越えてしまいそうだ。 そこで先端を切った。もちろん切った部分は酒に入れて飲む。今後も適宜収穫を行い、ミント酒やミントティー、ミントアイスクリームなどにしていただきながら、育成を続け観察を続行する。 [ミント水栽培の写真日記53日目 2022年8月26日] 根も少しずつ成長しているように見える。 [ミント水栽培の写真日記49日目 2022年8月22日] 今…

  • なおざりとおざなり(都々逸の創作)

    仕事なおざりこらえる妻も夜のおざなり許さない シゴト ナオザリコラエル ツマモヨルノ オザナリユルサナイ

  • 昼顔の咲く草むら(散歩写真)

    昼顔の花々

  • 合歓の木の花(散歩写真)

    合歓の木の花

  • 酒のせい(都々逸の創作)

    酒のせいだと医者から言われ不安紛らすコップ酒 サケノ セーダトイシャカラ イワレフアン マギラスコップザケ

  • 酒浸りミント写真日記

    7月4日からミントの水栽培を始めて、その成長の様子を撮影している。8月23日現在、当ブログにおいてまだ写真の更新を続けている。ちょうど50日目になった。 ミント水栽培写真日記(雑記) - 都々逸と作詩 今まで2本のミントを一緒に育成したきたが、先日、1つを抜き取り1本だけの育成に変えた。そして抜いたミントをウイスキーに浸して飲んだ。 この時、ふと疑問が湧いた、「ウイスキーに浸したミントで水栽培ができるだろうか」と。 そこでさっそく試みることにした。 この、ウイスキーの水割りに浸したミントが水栽培で育つかどうか。ちなみにお代わりをしながら、およそ2時間ほど水割りに浸かっていただいミントである。軽…

  • 赤い花の写真

    赤い花の写真 - 都々逸と作詩

  • 秋と空きと飽き(都々逸の創作)

    はたとそよいだ初風抜けて二人の間のあきを知る ハタト ソヨイダハツカゼ ヌケテフタリノ アイダノアキヲシル

  • 朝顔の写真5枚

    朝顔の写真5枚 - 都々逸と作詩

  • 蓮の花の写真10枚 その1

    蓮の花の写真10枚 その1 - 都々逸と作詩

  • 変換候補(都々逸の創作)

    文字打てば変換候補に浮気の相手他の言葉を入れまくる モジウテバヘンカン コーホニウワキノ アイテホカノ コトバヲイレマクル

  • 咲いて散る(都々逸の創作)

    咲いて散るのが花ではあれど咲かず摘まれる蕾あり サイテ チルノガハナデワ アレドサカズ ツマレルツボミアリ

  • 知らぬ間に(都々逸の創作)

    握るナイフを笑って向けて嘘よ殺るなら知らぬ間よ ニギル ナイフヲワラッテ ムケテウソヨ ヤルナラシラヌマヨ

  • 男の浴衣(都々逸の創作)

    カップルの男浴衣も彼女が着せて高い帯位置微笑まし カップルノオトコ ユカタモカノジョガ キセテタカイ オビイチホホエマシ

  • 木に成る実(都々逸の創作)

    重い木に成るその実が急に色づき熟せば木も細る 想い気になるその身が急に色づき熟せば気も細る

  • 散るらむ(散歩写真)

    散るらむ(散歩写真) - 都々逸と作詩

  • 七夕(都々逸の創作)

    天の神様不粋な方よ人の恋路の邪魔をする 天の川渡ってまぐわう二入の逢瀬年に一度じゃやり切れぬ テンノ カミサマブスイナ カタヨヒトノ コイジノジャマヲスル アマノガワワタッテ マグワウフタリノ オーセネンニ イチドジャヤリキレヌ

  • ミント水栽培写真日記(雑記)

    本日2022年7月4日より、ミントの茎をウイスキーのビンに挿して水栽培を試みることにした。 室内の北東に向いた窓の下枠で行っているため、朝の短い時間しか陽射しのない栽培環境である。 [ミント水栽培写真日記0日目 2022年7月4日]

  • 下駄の前坪(雑記)

    昨日のことだが、サンダルを履いて散歩中に、右足の人差し指(足の指で人は差さないけれども)の付け根あたりに痛みを感じた。 マメでもできたかと思い、脱いでみると、なんとサンダルの底に穴が空いていた。穴のせいで、足の裏のその部分が地面と直接あたって擦れるから痛かったのだ。 つまり、私は底がすり減って穴が空くまで同じサンダルで歩き続けたわけだ。 いったいいつの間に、そんなにすり減ったのだろう。どれくらいの期間に渡って履き続けたサンダルなのかは覚えていない。まったく気にもしていなかった。 さて、穴に気づいてから、さらに歩いて帰宅するまでが難儀だった。穴の部分が地面に着くと痛いので、そこを接地させないよう…

  • 昌平橋から(散歩写真)

    昌平橋から(散歩写真) - 都々逸と作詩

  • 人の仕組み(都々逸の創作)

    人は皆な酒を飲んだら眠たくなるし起きれば飲みたくなる仕組み ヒトワミナサケヲ ノンダラネムタク ナルシオキリャ ノミタクナルシクミ

  • 初夏の花/昨日の散歩の写真

    初夏の花/昨日の散歩の写真 - 都々逸と作詩

  • 七つのカラス(都々逸の創作)

    気がつけば明けの七つの酔いどれカラス帰る古巣にゃ鬼ガラス キガツケバアケノ ナナツノヨイドレ カラスカエル フルスニャオニガラス

  • 薄情け(都々逸の創作)

    危険な香りに躊躇うようなうすい情けじゃ恋じゃなし キケンナ カオリニタメラウ ヨーナ薄い ナサケジャ濃いジャナシ

  • 解けぬ想い(都々逸の創作)

    溶けて鳴るのはグラスの氷解けぬ想いで夜は更ける トケテ ナルノワグラスノ コオリトケヌ オモイデヨワフケル

  • 明治神宮境内

    明治神宮境内 pic.twitter.com/0CSxGfVhCj— 鳴蛍しかと(なきぼたる しかと) (@nakibotaru) 2022年5月18日

  • 濡れていく(都々逸の創作)

    濡れて行くのはまだまだ早いつゆの始めも来ぬうちに ヌレテ イクノワマダマダ ハヤイツユノ ハジメモコヌウチニ

  • 何度もいきたい女(都々逸の創作)

    すぐに何度もいきたい女余韻に浸るも旅なのに スグニ ナンドモイキタイ オンナヨイン ヒタルモタビナノニ

  • 人生は夢の如し(都々逸の創作)

    人生は夢の如しと説いてる方の寝惚け眼はそのせいか ジンセーワユメノ ゴトシトトイテル カタノネボケ マナコワソノセーカ

  • 正義の味方(都々逸の創作)

    戦争はあちらの正義とこちらの正義いつも正義が引き起こす センソーワアチラノ セイギトコチラノ セイギイツモ セイギガヒキオコス

  • 朝帰り(都々逸の創作)

    " data-en-clipboard="true">寝てる間に帰った人の残り香纏って朝寝坊 " data-en-clipboard="true"> ネテル アイダニカエッタ ヒトノノコリガ マトッテアサネボウ

  • 今週のお題「復活してほしいもの」(都々逸の創作)

    今週のお題「復活してほしいもの」 一度果てても復活してとすぐにねだられしょげている イチド ハテテモフッカツ シテトスグニ ネダラレショゲテイル 「ねだる」を漢字で書くと「強請る」になるようだ。これは「ゆする」とまったく同じ漢字である。 強請る(ゆする) 「ねだる」と「ゆする」が同じ漢字というのは変だと思う。意味がかなり違うのではないかと。 しかし、よくよく考えてみると、「おねだり」と「ゆすり」は、その断りにくさと、悪質性において似たようなものである。上記の都々逸のような「おねだり」に限定ではなく、すべての「おねだり」は本質的に「ゆすり」と同じと考えれば、世の様々な不可解が腑に落ちる。 おねだ…

  • 自分に褒美(都々逸の創作)

    自分に褒美と言い訳しては止まぬ物欲満たします ジブンニ ホービトイイワケ シテワヤマヌ ブツヨクミタシマス

  • 今週のお題「自分に贈りたいもの」(都々逸の創作)

    今週のお題「自分に贈りたいもの」 健全な心と体と正しい暮らし今すぐ自分に贈りたい ケンゼンナココロト カラダトタダシイ クラシイマスグ ジブンニオクリタイ

  • 光射す(散歩写真)

    三筋の陽光

  • 今週のお題「鬼」(都々逸の創作)

    今週のお題「鬼」 鬼になるほど 意気地はなくて 鬼の手下で 空威張り オニニ ナルホド イクジワ ナクテ オニノ テシタデ カライバリ

  • 眠い夢(雑記)

    眠くなる夢を見た。 こんな夢だ。 友人が我が家に遊びに来ていて、急に、 「眠くなった、寝かせてくれ」 と、言いだしたのである。 「ああ、寝るのか、寝具の用意がないが」 私がそう言うと、友人は少し不機嫌な表情をみせたが、 「それならいいよ、眠いんだ、寝るよ」 と、そのまま寝転がり眠りに入ってしまった。 すると、どうしたわけか私も眠くなってきた、どうにも眠たくてたまらない。 「寝よう、眠りに落ちよう」 意識を失いそうなくらい眠くなった。夢の中で意識を失いそうになったわけであるが、それは眠りに落ちるのと同じことで、眠りの中で眠りに落ちそうになったのである。 そこで目が覚めた。 睡眠中に見ている夢の中…

  • 何も出来ない(都々逸の創作)

    出来ないヤレない理由を見つけ何もしないで死にましょう デキネー ヤレネーリユウヲ ミツケナニモ シナイデシニマショウ

  • 今週のお題「現時点での今年の漢字」龘(都々逸の創作)

    今週のお題「現時点での今年の漢字」 いまのところは 龘の字あげる 書いて欲しいの 清水で イマノ トコロワ トウノジ アゲル カイテ ホシイノ キヨミズデ

  • 二日酔い(都々逸の創作)

    迎え酒 人はだませて だませぬものは コロナ予防の 検温器 ムカエザケ ヒトワ ダマセテ ダマセン モノワ コロナ ヨボーノ ケンオンキ

  • あなた忘れて(都々逸の創作)

    あなた忘れて私のすべて残りたくない記憶にも アナタ ワスレテワタシノ スベテノコリ タクナイキオクニモ

  • 今週のお題「わたしの実家」(都々逸の創作)

    今週のお題「わたしの実家」 実家に帰るが 離縁の意味と 通じぬわけだよ 別居婚 ジッカニ カエルガ リエンノ イミト ツウジヌ ワケダヨ ベッキョコン

  • 『演歌の明治大正史』(雑記)

    演歌の明治大正史 アマゾンで『演歌の明治大正史』という本を買った。正確に記せば、アマゾンを通して古書店から古本で買った。 ここに言う演歌とは演説の歌、いわゆる演説歌をルーツとする歌のことである。以前から私は興味があり限られた範囲ではあるがよく聴き、よく親しんできた。ただ詳しい成り立ちや変遷は知らない。そこで勉強のためにこの本を購入したわけである。 私はそうした歌のことを総称して「明治大正演歌」と呼んでいるが、正しい呼び方かどうかもわからない。明治演歌、大正演歌と区別して呼ばれる場合もあるし、一緒くたに壮士節や書生節と呼ばれることもあるが、厳密にはそれぞれ別のジャンルに区別するようでもある。 そ…

  • 壬寅の年の新年ご挨拶(都々逸の創作)

    謹んで新年のお慶びを申し上げます 本年は壬寅の年ですので生肖の虎をお題にして詠んだ都々逸で一年をはじめさせていただきます また更に年を取ったと女房に言って虎の尾踏んでる年始め マタサラニトシヲ トッタトニョウボニ イッテトラノオ フンデルトシハジメ

  • 特別お題「わたしの推し」(都々逸の創作)

    特別お題「わたしの推し」 入れ込んで 熱く語れば 想いは滑る 推して駄目なら 退いてみな イレコンデ アツク カタレバ オモイワ スベル オシテ ダメナラ ヒイテミナ

  • 今週のお題「買ってよかった2021」(都々逸の創作)

    今週のお題「買ってよかった2021」 買って良かった あなたの夢を 破れて一緒に 暮らしてる カッテ ヨカッタ アナタノ ユメヲ ヤブレテ イッショニ クラシテル

  • 晩秋から冬へと向かう寛永寺根本中堂(散歩写真)

    寛永寺根本中堂の北面 寛永寺根本中堂の鐘楼 寛永寺根本中堂の六地蔵 寛永寺根本中堂 正面 仏の光

  • FREENANCE ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #フリーにはたらく(都々逸の創作)

    自由に働き なまけてサボり 仕事失くすも また自由 ジユウニ ハタラキ ナマケテ サボリ シゴト ナクスモ マタジユウ FREENANCE ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #フリーにはたらく by GMOクリエイターズネットワーク株式会社「FREENANCE(フリーナンス)」

  • 全日本錦鯉振興会 関東甲信地区錦鯉品評会 ALL KANTO KOI SHOW(散歩写真)

    上野公園で「全日本錦鯉振興会 関東甲信地区錦鯉品評会(ALL KANTO KOI SHOW)」が開催されていた。 錦鯉 全日本錦鯉振興会 関東甲信地区錦鯉品評会の横断幕

  • 今週のお題「最近あったちょっといいこと」(都々逸の創作)

    今週のお題「最近あったちょっといいこと」 嫌ばかり せめていい夢 見ようと寝れば 夢も見ないで よく眠れた イヤバカリ セメテ イイユメ ミヨウト ネレバ ユメモ ミナイデ ヨクネレタ

  • 命のさだめ(都々逸の創作)

    いずれ散る花 命の定め されど咲きたい 身の定め イズレ チルハナ イノチノ サダメ サレド サキタイ ミノサダメ

  • 東京駅とイチョウの黄葉(散歩写真)

    銀杏の黄葉の向こうの東京駅

    地域タグ:東京駅

  • 今週のお題「あったか~い」(都々逸の創作)

    今週のお題「あったか~い」 そんな所に 失くしたものが あったか~いと 置き忘れ ソンナ トコロニ ナクシタ モノガ アッタ カ~イト オキワスレ

  • 柳家紫文師匠のご冥福をお祈りします

    都々逸を愛する者として紫文師匠の早すぎる死が残念でなりませんご冥福をお祈りします https://t.co/VbXAg6AmdR— 鳴蛍しかと(なきぼたる しかと) (@nakibotaru) 2021年11月27日

  • イヤなオトコ(都々逸の創作)

    まずい酒でも酔えれば飲むわ嫌なお客に会う前に マズイ サケデモヨエレバ ノムワイヤナ オトコニアウマエニ

  • 誰もいない公園(散歩写真)

    晩秋の公園

  • 狗尾草(散歩写真)

    エノコログサ

  • 波紋のツリー(散歩写真)

    東京スカイツリー

  • 命の短さ(都々逸の創作)

    人は皆残る命の短さ知れば此の世に大なる悩みなし ヒトワミナノコル イノチノミジカサ シレバコノヨニ ダイナルナヤミナシ

  • 今この刹那(都々逸の創作)

    明日の先でも昨日の次もいつも今だけ生きている アスノ サキデモキノウノ ツギモイツモ イマダケイキテイル

  • はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」(都々逸の創作)

    はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」 人も世情も移ろい変わり変わる早さは変えられぬ ヒトモ セジョーモウツロイ カワリカワル ハヤサワカエラレヌ

  • 床にひろがった日本酒(雑記)

    コンビニの中には、買った商品を客が自分で袋詰する店もあります。スーパーマーケットは以前から客が袋詰する店が多かったですが、コンビニは、マイバックの利用が推奨されるようになり、レジ袋が有料になってから客が袋詰する店が出てきたと思います。ただし、私がよく行く店に限って言えば、今でも客が袋詰をするコンビニは少ないです。 さて、昨夕のことです。私は客が自分で袋詰をするコンビニに入店しました。すると、出入口の近くに設置された袋詰用の台のところで、仕事の帰りだと思われる少し汚れた作業服のオジさんがレジを済ませた商品をちょうど袋詰しているところでした。 オジサンというより初老の男性というほうが正確かもしれま…

  • 今週のお題「お風呂での過ごし方」(都々逸の創作)

    今週のお題「お風呂での過ごし方」 あの頃は夫婦で色々楽しい風呂も今じゃお湯さえ入れ換える アノコロワフーフデ エロエロタノシイ フロモイマジャ オユサエイレカエル

  • ミント酒失敗(雑記)

    一週間ほど前に、ミントをジンに詰め込んでミント酒を作ろうと試みた。 ジンにミントを入れてみた(雑記) - 都々逸と作詩 ミントを入れて一週間放置したジン うっかり一週間も放置してしまった。一週間も漬け込んでいると、上の写真のようにジンの色が薄黃緑色になってきた。ミントの葉や茎の色素が溶け出たのであろう。 それに、写真ではよくわからないだろうが、ミントの葉が少し黒ずんでいる。気持ちのよい色ではない。一週間は放置のしすぎ、漬け込みすぎたのかもしれない。 正直に言えば「あまり飲みたい気はしない」 それでも、とりあえずグラスに注いでみた。 見るからに草色である キレイで鮮やかなミントグリーンなどとは決…

  • 隅田川(散歩写真)

    秋の隅田川

  • 今週のお題「今月の目標」(都々逸の創作)

    今週のお題「今月の目標」 目標はあれかこれかと考えあぐね何もせぬまま月は去る モクヒョーワアレカ コレカトカンガエ アグネナニモ セヌママツキワサル

  • ジンにミントを入れてみた(雑記)

    刈り取ったミントの葉と茎 「どこからともなくミントの種が飛来し、雨が続いたおかげで勝手に発芽したので、それを育てることにした」というような記事を先月の初頭くらいに書いた。 天から何とミントがホントに降ってきた(雑記) - 都々逸と作詩 それがいよいよ生い茂ってきたので刈り入れて酒に漬けてみることにした。「どんな酒に漬けるかべきか?」少しは調べて考えてはみた。しかし、蒸留酒なら何でもいいように思えてきた。どんな仕上がりになるのか、やってみなければ分からないからである。 結局、選んだのはジンである。特に理由はない。何となくジンがいいように思えただけだ。 ジン 刈り取ったミントの葉と茎を水洗いしてか…

  • 今週のお題「眠れないときにすること」(都々逸の創作)

    今週のお題「眠れないときにすること」 眠れなくても眠れる夜も寝酒毎日依存症 ネムレ ナクテモネムレル ヨルモネザケ マイニチイゾンショー

  • 今週のお題「肉」(都々逸の創作)

    今週のお題「肉」 肉欲に堕ちて溺れて外れた道は戻る術なき人の道 ニクヨクニオチテ オボレテハズレタ ミチワモドル スベナキヒトノミチ

  • 今週のお題「好きなお茶」(都々逸の創作)

    今週のお題「好きなお茶」 好きなおちゃらけお茶目なちゃら男ちゃらさ御茶の子茶を濁す スキナ オチャラケオチャメナ チャラオチャラサ オチャノコチャヲニゴス

  • 高架下の灯り(散歩写真)

    神田駅から東京駅へは幾つもの鉄道線が走っている。山手線、中央線、上野東京ライン、東北本線、東北新幹線、北陸新幹線…その、東京駅にも近い鉄道高架下の写真。地名としては大手町になるのか日本橋か。いずれにしても東京の真ん中にある何だか不似合いで、でも何だか素敵な都会の灯り。 鉄道高架下の灯り

  • 今週のお題「爆発」(都々逸の創作)

    今週のお題「爆発」 悔しくて夫の浮気に爆発しそうけれどネチネチ責め抜くの クヤシクテオットノ ウワキニバクハツ シソーケレド ネチネチセメヌクノ

  • 天から何とミントがホントに降ってきた(雑記)

    窓の手すりのところ、フラワーボックスなどとも呼ばれる部分に、土だけが入った鉢を何年か放置していた。その土はすっかり乾燥し干からびていた。 しかし、2〜3ヶ月くらい前だっただろうか、雨の日が続いて土が湿ったせいで、何かの植物の芽が出てきたのを発見した。そこで、その日からは土が乾燥しないように水を与え続けてみた。 その緑色の芽は少しずつ伸びてきて、やがてそれはミントであることが判明した。 ミントには、ペパーミント系とスペアミント系があり、さらに細かく種類が分類されるようである。種類まではわからないが、ミントであることは間違いないと思う。葉を指でちぎって匂いを嗅ぐと爽やかなミントの香りとともに揮発性…

  • 今週のお題「サボる」(都々逸の創作)

    今週のお題「サボる」 夫婦のいとなみサボった次ぐ日重い空気で朝の膳 フウフノ イトナミサボッタ ツグヒオモイ クウキデアサノゼン

  • 今週のお題「やり込んだゲーム」(都々逸の創作)

    今週のお題「やり込んだゲーム」 ゲームのつもりで始めた不倫はまって堕ちてく餓鬼の道 ゲームノ ツモリデハジメタ フリンハマッテ オチテクガキノミチ

  • 今週のお題「好きなスポーツ」(都々逸の創作)

    今週のお題「好きなスポーツ」 好きなのね競馬競輪ボートにオート負けてもまけても負けに行く スキナノネケイバ ケイリンボートニ オートマケテモ マケテモマケニイク

  • 今週のお題「自由研究」(都々逸の創作)

    今週のお題「自由研究」 自由研究とは言うもののホントに自由じゃ怒られる ジユウ ケンキュートワユー モノノホントニ ジユウジャオコラレル

  • 百日紅の花(散歩写真)

    サルスベリの花

  • 上野の夏(散歩写真)

    上野駅入谷口方面

  • スピーチ長すぎ(都々逸の創作)

    君の熱意は耳から抜けてただの音だけ鳴っている キミノ ネツイワミミカラ ヌケテタダノ オトダケナッテイル

  • 新記録樹立(都々逸の創作)

    辞任解任数多に及び五輪記録を打ち立てる ジニン カイニンアマタニ オヨビゴリン キロクヲウチタテル

  • はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」(都々逸の創作)

    はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」 あんたにダマされ女になったあの日の涙を酒で飲む アンタニ ダマサレオンナニ ナッタアノヒノ ナミダヲサケデノム

  • 健康診断(都々逸の創作)

    健康診断受けぬに限る悪けりゃ困るし良けりゃ無駄 ケンコウ シンダンウケヌニ カギルワルキャ コマルシヨケリャムダ

  • 今週のお題「寿司」(都々逸の創作)

    今週のお題「寿司」 寿司詰めの通勤車両でコロナ禍行けば緊急事態も日常化 スシズメノツウキン シャリョウデコロナカ ユケバキンキュー ジタイモニチジョウカ

  • 大事と小事(都々逸の創作)

    なぜ人は大事はあっさりあきらめながら小事に拘りしがみつく ナゼヒトワダイジワ アッサリアキラメ ナガラショウジニ コダワリシガミツク

  • アルコール(都々逸の創作)

    手には呉れても口には呉れぬコロナ対策アルコール テニワ クレテモクチニワ クレヌコロナ タイサクアルコール

  • 今週のお題「住みたい場所」(都々逸の創作)

    今週のお題「住みたい場所」 いつまでも此の世に住めない定めと知りつ彼の世の棲み家は探せない イツマデモコノヨニャ スメネーサダメト シリツアノヨノ スミカアサガセネー

  • 高いハナがへし折れる(都々逸の創作)

    ハナ高くこれでどうだと伸ばして咲いてあげくへし折れ立葵 ハナタカクコレデ ドーダトノバシテ サイテアゲク ヘシオレタチアオイ

  • ズバッと断定(都々逸の創作)

    ズバッと断定根拠は奇怪そんな騙しに人は乗る ズバット ダンテーコンキョワ キカイソンナ ダマシニヒトワノル

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、小原庄助さんをフォローしませんか?

ハンドル名
小原庄助さん
ブログタイトル
都々逸と作詩
フォロー
都々逸と作詩

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用