searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

かずひろさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Printing & Binding
ブログURL
http://printing-and-binding.blog.jp/
ブログ紹介文
本とか。印刷の技術とか。製本の仕組みとか。いろんな紙のこととか。読んだ本の感想とか。ちょっとマニアックな書体の話とか。本にまつわるいろんな話を書いていきます。是非、みなさまに読んでいただきたいおススメ本の紹介もしていきます。
更新頻度(1年)

35回 / 98日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2020/06/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かずひろさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かずひろさん
ブログタイトル
Printing & Binding
更新頻度
35回 / 98日(平均2.5回/週)
読者になる
Printing & Binding

かずひろさんの新着記事

1件〜30件

  • 本と出会う‐本を読むために訪れる宿【箱根本箱】

    箱根にこのような宿があるなんてΣ(・□・;)【箱根本箱】「すべての本が実際に買える、本をコンセプトにしたホテル」こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。うわ、これは素敵です。たくさんの本に囲まれて、ゆっくり読書をしながら休日を過ごしたい。と、お思いのあなた

  • 歴史と記憶をたどる旅『東京人:2020年10月号』東京暗渠散歩

    暗渠 - かつて、そこは川や水路だった場所。土地に残された歴史と記憶をめぐる旅に出かけましょう。「東京人 10月号」は、「まちの記憶を旅する 東京暗渠散歩」です。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。東京人 10月号「暗渠」、タモリ倶楽部やブラタモリを観てこの単語

  • 【活版印刷の特徴】デジタルにはない質感と個性-古くて新しい

    活版印刷の特徴ってなんでしょうか?アナタが活版印刷で刷られたハガキを手に取ったときに一番印象に残ること。なんでしょうか?こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。私も活版印刷は好きです。いまだに、時々(10年に一度ぐらい)活版で印刷する本の仕事が舞い込んできま

  • 言葉を大切にしたい人におススメしたい「本日はお日柄もよく」原田マハ

    「本日はお日柄もよく」この作品を読んだのは、twitterがキッカケでした。フォロワーさんに、おススメの原田マハ作品を教えてください、って。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。あなたは日頃、言葉を大切にしていますか?と問われているように思えてなりません。日頃、

  • 石垣のりこ氏ツイッター炎上発言より考えること

    今日は、立憲民主党の参議院議員、石垣のりこさんのツイッター炎上ツイートについて考えてみます。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。とっても残念なんですよね、このツイート。謝罪して鎮火しようとしたのが逆効果で、燃料にしかなりませんでした。石垣のりこ氏宮城県選

  • 日本人の約半数は「1ヵ月に1冊も本を読まない」平成30年度「国語に関する世論調査」

    アナタは、普段どのくらい本を読んでいますか?え~と、今、日本人は半分ぐらいの人が本を「1ヵ月に1冊」読んでいないそうです。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。ちょっと驚きですね。つまり、かなりの人が教科書以外の本を読んでいないんですね。平成30年度「国語に

  • 住野よる「青くて痛くて脆い」8月28日映画公開!読書感想

    8/28公開吉沢亮×杉咲花「誰も見たことのない驚愕の青春サスペンス誕生!」こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。映画公開間近というわけで、住野よる「青くて痛くて脆い」を取り上げてみました。感想はというと、感情移入できる人と、できない人といるかな?という感じ。

  • 旧き良きデザインの世界「儚く、妖しく、美しく―大正イマジュリィの世界」展

    お盆休み中の、8月15日にチョット、いや、かなり気になっていた、「儚く、妖しく、美しく―大正イマジュリィの世界」展、佐倉市立美術館に行ってきました。 こんにちは。かずひろです。 個人的な趣味もありますが、とっても面白かった~。猛暑のなか、意を決し

  • 8月15日に思うこと

    こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。1945年8月15日、この日は終戦の日です。今日はそんな日だからこそ思うことを、つらつらと書きたいと思います。私の父親は、戦争に行きかけた世代の人間でした。1930年の10月生まれなので、終戦当時14歳のはずです。中学生(学徒出陣)

  • かわいい布製のブックカバー「レトロ小紋てぬぐいのブックカバー」

    これはかわいい小紋柄のてぬぐいブックカバーです。ふと、見かけてかわいらしかったので、買ってみました。レトロ小紋てぬぐいのブックカバーこんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。カバーがかかった本のその上にさらにブックカバーをする必要があるのかどうか?は、さてお

  • かわいい布製のブックカバー「レトロ小紋てぬぐいのブックカバー」

    布製のブックカバーを探していて見つけました。何ともかわいい小紋柄のてぬぐいブックカバー(文庫本用)です。かわいらしかったので、買ってしまいました。レトロ小紋てぬぐいのブックカバーこんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。カバーがかかった本のその上にさらにブッ

  • 地図を持って、空想東京街歩き『東京人:2020年9月号』

    いやいや、地図好き、古地図好きにはたまらない。東京人 9月号は、「地図を片手に 江戸東京エア散歩」です。東京の地図を持って、空想で街歩きを楽しみましょう!東京人:2020年9月号 地図を片手に「江戸東京エア(空想)散歩」 こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。地

  • 『東京人:2020年9月号』地図を片手に「江戸東京エア散歩」

    いやいや、地図好き、古地図好きにはたまらない。東京人 9月号は、「地図を片手に 江戸東京エア散歩」です。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。地図を片手に、リアルで東京街歩きしたいけど。まだ、もう少し我慢しよう。【地図という楽しい世界へ】地図を読む誰が言っ

  • 新規オープン!オシャレなフェイスシールド「FACESHIELD FACTORY」ショップ 

    「最近よく見かけるけど、今、出回っているフェイスシールドって、ちょっとな~?」「いまいち、オシャレじゃないんだよね」と、おっしゃるアナタに!今までのフェイスシールドとは、ひと味もふた味も違います!!フェイスシールド専門店「FACESHIELD FACTORY」が新規オープン

  • 新規オープン!オシャレなフェイスシールド「FACESHIELD FACTORY」ショップ 

    「最近よく見かけるけど、今、出回っているフェイスシールドって、ちょっとな~?」「いまいち、オシャレじゃないんだよね」と、おっしゃるアナタに!今までのフェイスシールドとは、ひと味もふた味も違います!!フェイスシールド専門店「FACESHIELD FACTORY」が新規オープン

  • 日常生活のちょっとしたヒントを 『暮しの手帖』5世紀7号

    『暮しの手帖』の表紙を開くと、次の言葉が目に飛び込んできます。これは あなたの手帖です。いろ いろのことが ここには書きつけてある。この中の どれか 一つ二つはすぐ今日あなたの暮しに役立ちせめて どれか もう一つ二つはすぐには役に立たないように見えてもやが

  • 小学校低学年向けの読書におススメ!『車のいろは空のいろ』あまんきみこ 

    「これはレモンのにおいですか?」収録作品の冒頭の一節。「白いぼうし」を覚えている方、けっこういるんじゃないでしょうか?こんにちは。かずひろ@印刷やさんです。「車のいろは空のいろ」は、不思議な世界観が印象的な童話集です。小学校低学年のお子さんにぜひ読んで欲

  • 小学校低学年生の読書用に!『車のいろは空のいろ』あまんきみこ 

    「これはレモンのにおいですか?」で始まる「白いぼうし」を覚えている方、けっこういるんじゃないでしょうか?こんにちは。かずひろ@印刷やさんです。「車のいろは空のいろ」は、不思議な世界観が印象的な童話集です。小学校低学年のお子さんにぜひ読んで欲しい。【読む人

  • ニュース 「コミックマーケット99」2020年冬の開催が中止に

    2020年は冬のコミックマーケットも、夏(GW)に続き中止になりましたねやむを得ない決定なのだと思いますが、お知らせ文からは無念さがにじみ出ているようでもあり・・・こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです個人的に残念、楽しみにしていたのに、とかではありません。印刷業界

  • 必読!ミステリー史上最高傑作『そして誰もいなくなった』アガサ・クリスティー

    『そして誰もいなくなった』(原題: And Then There Were None)アガサ・クリスティーの読書レポートです。まさにミステリーの大傑作。とにかく面白い!必読の書です。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです1939年に刊行されたとのことなので、ずいぶん古い作品(第二次世界

  • とにかく面白いミステリー『そして誰もいなくなった』アガサ・クリスティー

    『そして誰もいなくなった』(原題: And Then There Were None)アガサ・クリスティーの読書レポートです。まさにミステリーの大傑作。とにかく面白い!こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです1939年に刊行されたとのことなので、ずいぶん古い作品(第二次世界大戦前!)です

  • 横溝正史『本陣殺人事件』密室殺人トリックが見どころです

    横溝正史の「本陣殺人事件」です。金田一耕助が初登場した作品ということでも有名ですね。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。1970年代に横溝正史ブームがあり、多くの作品が映像化されました。「本陣殺人事件」は映像化されて初めて・・・【トリックが見どころの「本陣殺人

  • 抗菌印刷「新たな生活様式」で注目される技術

    抗菌印刷-最近よく耳にすると思いませんか?この5月以降の「新たな生活様式」の生活において注目を浴びるようになってきました。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。さて、抗菌印刷とはどのようなものなのでしょうか?【抗菌印刷とは?】まずは抗菌の定義です。表面の細

  • 紙は生き物、呼吸をしていますー輪転印刷機と枚葉印刷機

    紙という素材は不思議なものです。身近にある、ごくありふれた素材ですが、これがなかなか。今日は紙と印刷機がテーマです。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。下の写真のような状態の雑誌を本屋さんで見かけたことはありませんか?本文が少し表紙からはみ出しちゃって

  • 『東京人 8月号』緊急事態宣言下のまち 2020春、東京の記録

    緊急事態宣言下の東京。非常時のまちの「日常」を記録する。『東京人 8月号』no.428緊急事態宣言下のまち 2020春、東京の記録愛読誌です。今月号は、やっぱりチョット切ない写真が多いかな?こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。ほんの少し前のことなのに、なにやら懐か

  • 優しさがあふれる小説『活版印刷三日月堂 海からの手紙』ほしおさなえ 感想

    活版印刷三日月堂シリーズの第二段、 「活版印刷三日月堂 海からの手紙」ほしお さなえ の感想です。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。「活版印刷三日月堂 海からの手紙」本当に優しさがあふれる作品です。【活版印刷で作る紙雑貨の魅力が満載】活版印刷三日月堂

  • 紙製(クラフト紙)マスクケース これからの生活の必需品です!

    紙製(クラフト紙)マスクケースを作りました。ランチの時にマスク置き場に困ることありませんか?そんなお困りごとを解決します。ペーパーマスクケースのご提案です。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。食事やコーヒータイムでお店に入って、テーブルに着いたときにマ

  • 「白と黒で書くノート」コクヨ株式会社から6月25日に発売!

    「白と黒で書くノート」って、コクヨさん、素晴らしい!こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。6月25日に大手文具メーカーのコクヨ株式会社から、「白と黒で書くノート」なるノートが発売になりました。黒と白のちょうど中間程度の濃さのグレーの用紙を使い、どちらで書いて

  • 並製本とは? 製本についてのお話です。

    さて、並製本とはどんな製本方法でしょう?世の中には、いろんな製本方法で作られた本があります。その中でも「一番よく目にする」とも言える、並製本と呼ばれる製本方法についてお話します。こんにちは。かずひろ@印刷屋さんです。製本はざっくりと並製本と上製本に分けら

  • 医療ミステリー小説、おススメ『ナイチンゲールの沈黙』海堂尊 書評

    【ナイチンゲールの沈黙の読後感】本職が医師でもある、海堂尊の第2作、『チーム・バチスタの栄光』の続編。田口・白鳥コンビが再登場します。ところで、田口先生って主人公らしくないですよね。わざとそう書いてるのかな?作品自体は非常に構成・ストーリー展開が

カテゴリー一覧
商用