searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hide-syaroushi-shinndannshiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
社会保険労務士/中小企業診断士(見習い)ひでのつぶやき
ブログURL
https://hide-syaroushi-shinndannshi.hatenablog.com/
ブログ紹介文
社会保険労務士・中小企業診断士(見習い)が自分の考えをただまとめるだけのブログです
更新頻度(1年)

86回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2020/06/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、hide-syaroushi-shinndannshiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
hide-syaroushi-shinndannshiさん
ブログタイトル
社会保険労務士/中小企業診断士(見習い)ひでのつぶやき
更新頻度
86回 / 365日(平均1.6回/週)
フォロー
社会保険労務士/中小企業診断士(見習い)ひでのつぶやき

hide-syaroushi-shinndannshiさんの新着記事

1件〜30件

  • 働き方改革関連法㉖(年5日以上の年次有給休暇取得義務化⑥)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 年次有給休暇(以下有休)の取得義務化について記事にしています。 本日は、『基準日』について記事にしたいと思います。 基準日とは、有休が発生する日のことを言います。基本的には、雇い入れの日から6ヵ月が経過した日となります。 また、その後1年を経過するごとに有休が発生しますので、そのそれぞれの日が、基準日ということになります。 しかし、各人毎に基準日を管理し、有休を付与することは事業主にとって、大きな負担となります。 そこで『斉一的取り扱い』といって、基準日を統一することが認められています。 統一する場合は、次の通り取り扱う必要…

  • 働き方改革関連法㉕(年5日以上の年次有給休暇取得義務化⑤)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 年次有給休暇(以下有休)の取得義務化について記事にしています。 本日は有休取得時に支払われるべき賃金について記事にします。

  • 働き方改革関連法㉔(年5日以上の年次有給休暇取得義務化④)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 年次有給休暇(以下有休)の取得義務化について記事にしています。 本日は、年次有給休暇(以下有休)の付与日数について記事にします。

  • 働き方改革関連法㉓(年5日以上の年次有給休暇取得義務化③)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 年次有給休暇(以下有休)の取得義務化について記事にしています。 現在は、有休の基本について記事にしています。 本日はその中から、有休の利用目的と時季変更権についてです。

  • 働き方改革関連法㉒(年5日以上の年次有給休暇取得義務化②)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 年次有給休暇(以下有休)の取得義務化について記事にしています。 本日より、有休の制度についてお話しをさせて頂きます。

  • 働き方改革関連法㉑(年5日以上の年次有給休暇取得義務化①)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 年次有給休暇(以下有休)の取得義務化について記事にします。 日本の有休取得率は欧州と比較すると低いと言われています。 平成に入り、バブル経済と経済の低迷を経て、取得率は更に低下した後、近年は上昇傾向にあります。それでも、2019年に50%を少し超えたにすぎません。

  • 働き方改革関連法⑳(フレックスタイム制③)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 フレックスタイム制について取り上げています。 本日はフレックスタイム制のもとでの、割増賃金の支払いについて取り上げます。

  • 働き方改革関連法⑲(フレックスタイム制②)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 昨日より、フレックスタイム制について取り上げています。 本日は6つの労使協定に定める事項について取り上げます。

  • 働き方改革関連法⑱(フレックスタイム制①)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 本日からフレックスタイム制について取り上げます。 フレックスタイム制は、清算期間(※)における各日の、始業・終業の時間を労働者に委ねる制度です。 ※清算期間・・・労働契約上働くべき労働時間を定める期間のこと(法定労働時間を上回ることは出来ない) 従来、この清算期間は1ヵ月を上限としていましたが、2019年4月から3ヵ月以内へと拡大されました。

  • 働き方改革関連法⑰ (10月13日の2つの最高裁判決より③)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 2020年10月13日の2つの最高裁判決について取り上げました。 本日は、今回の判決で思うことを記事にします。(最高裁の判決に対して、あーだ こーだいうのもおこがましいですが・・・) まず前提として、私は職務に応じて賃金が支払われること(同一の職務であれば、同一の賃金が支払われること)に賛成の立場です。 hide-syaroushi-shinndannshi.hatenablog.com 一方で、今回の判決は妥当なものであると思います。

  • 働き方改革関連法⑯ (10月13日の2つの最高裁判決より②)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 昨日より、2020年10月13日の2つの最高裁判決について取り上げています。 本日はメトロコマース事件についてです この裁判では、2名の原告が退職金の支払いを求めて起こした裁判です。

  • 働き方改革関連法⑮ (10月13日の2つの最高裁判決より①)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 本日より、2020年10月13日の2つの最高裁判決について取り上げ、最後に私が感じたことを述べたいと思います。 その判決とは、 ①大阪医科大学事件 https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/767/089767_hanrei.pdf ②メトロコマース事件 https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/768/089768_hanrei.pdf です。本日はその中から①大阪医科大学事件について取り上げます。

  • 働き方改革関連法⑭(高度プロフェッショナル制度⑤)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 引き続き、高度プロフェッショナル制度について取り上げます。 本日は、 ①選択的に実施しなければならない措置 ②健康管理時間の状況に応じた健康・福祉確保措置 ③その他の決議事項 について取り上げます。

  • 働き方改革関連法⑬(高度プロフェッショナル制度④)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 引き続き、高度プロフェッショナル制度について取り上げます。 本日は労働時間の把握が必要と休日の確保について記事にします。 まずは、労働時間の把握についてです。 高度プロフェッショナル制度では、事業場内にいた時間と事業場外において労働した時間との合計の時間を健康管理時間といいます。 ただし、一定の条件を満たし、労使委員会で決議した場合は健康管理時間から除くことが出来ます。一定の条件とは、次の通りです。

  • 働き方改革関連法⑫(高度プロフェッショナル制度③)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 引き続き、高度プロフェッショナル制度について取り上げます。 本日は、対象労働者の範囲について、詳しく取り上げます。

  • 働き方改革関連法⑪(高度プロフェッショナル制度②)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 昨日に引き続き、高度プロフェッショナル制度について取り上げます。 高度プロフェッショナル制度の対象となった場合は、次の規定が適用除外となります。

  • 働き方改革関連法⑩(高度プロフェッショナル制度①)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 本日は、高度プロフェッショナル制度について取り上げます。 この制度は、『時間ではなく成果で評価される働き方を希望する労働者のニーズに応え、その意欲や能力を十分に発揮できるようにする』ために導入された制度です。

  • 働き方改革関連法⑨(割増賃金率のあれこれ)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 昨日、『時間外労働が60時間を超えた場合の割増賃金率の引き上げ』について取り上げましたので、基礎知識編として、割増賃金のあれこれについて、取り上げたいと思います。 この割増賃金の計算方法はかなり複雑です。

  • 働き方改革関連法⑧(時間外労働が60時間を超えた場合の割増賃金率の引き上げ)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 本日は『時間外労働が60時間を超えた場合の割増賃金率の引き上げ』について記事にしたいと思います。 60時間を超える時間外労働の割増賃金率の引き上げは、随分前の話で、2010年4月1日からスタートしています。

  • 働き方改革関連法⑦(所定休日と法定休日)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 本日は、所定休日と法定休日について取り上げます。 休日には、所定休日と法定休日があります。『仕事をしなくても良い日』という点では、どちらも変わりません。 では、何が違うのでしょうか?

  • 働き方改革法⑥(時間外労働の上限規制)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 本日より、働き方改革関連法の中身を見ていきたいと思います。 まずは、労働時間に関する改正内容から取り上げます。

  • 働き方改革法⑤(日本型雇用慣行に無理が生じた背景)

    こんにちは。 働き方改革関連法について、シリーズで記事にしています。 本日は、日本型雇用慣行に無理が生じた背景を取り上げます。 日本型雇用慣行とは以下の3つに特徴づけられています。 終身雇用制度 年功序列型賃金 企業別労働組合 日本の企業は、この特徴によって安定した労使関係のもと、長期的な視点で事業に取り組むことが出来、人口構成の恩恵もあり発展を遂げることが出来ました。 また基礎研究の分野では、多くのノーベル賞受賞者を輩出するなどしてきました。 ところが・・・多くの課題に直面することになったのです。

  • 働き方改革関連法④(企業別労働組合)

    こんにちは。 働き方改革関連法についてシリーズで記事にしています。 働き方改革法案を理解し、将来を見通すためにはその背景を知る必要があります。 そこで、以前取り上げた記事の中から、旧来の日本型の雇用システムについて取り上げます。 本日は、企業別労働組合についてです。

  • 働き方改革関連法③(年功序列型賃金)

    こんにちは。 働き方改革関連法についてシリーズで記事にしています。 働き方改革法案を理解し、将来を見通すためにはその背景を知る必要があります。 そこで、以前取り上げた記事の中から、旧来の日本型の雇用システムについて取り上げます。 本日は、年功序列型賃金についてです。

  • 働き方改革関連法②(終身雇用制とその功罪)

    こんにちは。 働き方改革関連法についてシリーズで記事にしています。 働き方改革法案を理解し、将来を見通すためにはその背景を知る必要があります。 そこで、前回取り上げた記事の中から、旧来の日本型の雇用システムについて取り上げます。 本日は、終身雇用制度についてです。

  • 働き方改革関連法①(背景)

    こんにちは。 本日より改めて、いわゆる『働き方改革関連法』に関して記事にしていきたいと思います。 働き方改革とは、これまでの日本型の雇用システムを改めていこうというものです。

  • エイジフレンドリー補助金(申請書記載内容)

    こんにちは。 本日はエイジフレンドリー補助金の申請書の記載内容について取り上げます。 この補助金、申請書はシンプルなつくりになっています。 非常に取り組みやすい補助金と言えそうです。自社についての記載や取り組む対策について〇を付けるといった内容で、文章で内容を説明しなければならないところはほとんどありません。 では、順番に見ていきましょう

  • エイジフレンドリー補助金(評価項目と注意点)

    こんにちは。 本日は、エイジフレンドリー補助金の申請の評価項目と注意点について取り上げます。 この補助金の概要はこちら hide-syaroushi-shinndannshi.hatenablog.com 補助対象となる対策はこちら hide-syaroushi-shinndannshi.hatenablog.com

  • はエイジフレンドリー補助金の『補助対象となる対策』

    こんにちは。 本日はエイジフレンドリー補助金について、補助対象となる改善対策について取り上げます。 補助金の概要はこちらをご覧ください hide-syaroushi-shinndannshi.hatenablog.com 厚生労働省のリーフレットに、働く高齢者を対象として職場環境を改善するための補助対象事業を次の通りとしています。

  • エイジフレンドリー補助金(概要)

    こんにちは。 本日はエイジフレンドリー補助金について記事にします。 この補助金は、働く高齢者を対象として職場環境を改善するための対策に要した費用を補助対象としています。

カテゴリー一覧
商用