searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

気になる鉄道情報さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
気になる鉄道情報
ブログURL
https://rail.f-frontier.com
ブログ紹介文
最新の鉄道ニュースや鉄道情報をお届けします
更新頻度(1年)

4466回 / 365日(平均85.6回/週)

ブログ村参加:2020/05/27

本日のランキング(PV)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、気になる鉄道情報さんをフォローしませんか?

ハンドル名
気になる鉄道情報さん
ブログタイトル
気になる鉄道情報
更新頻度
4466回 / 365日(平均85.6回/週)
フォロー
気になる鉄道情報

気になる鉄道情報さんの新着記事

1件〜30件

  • 列車ごと、号車ごとに把握…JR西日本323系の混雑状況などをアプリでリアルタイムに提供

    JR西日本は6月17日、関西の鉄道事業者としては初めてリアルタイムな列車混雑状況の提供を開始した。 これは車両に搭載されている「モニタ状態監視装置」から地上の処理装置へ送られる乗車率などのデータを加工した情報を、JR西日本が提供する移動生活ナビアプリ『WESTER』で提供するもの。 列車ごとや号車ごとの混雑状況のほか、車内温度、列車走行位置、遅延状況をリアルタイムに把握できるほか、弱冷房車や女性専用車、車椅子・ベビーカースペースなどの車両設備情報も確認できる。 現在の対象列車は大阪環状線と桜島線(JRゆめ咲線)で運用されている323系で、大阪環状線を通る関空快速や紀州路快速、大和路快速は含まれ

  • 相模線と宇都宮線・日光線にもE131系を投入…既存の205系を淘汰へ

    JR東日本横浜支社と大宮支社は6月17日、相模線(茅ヶ崎~橋本)、東北本線(宇都宮線)小山~黒磯間、日光線(宇都宮~日光)にE131系直流通勤型電車を投入すると発表した。 同車は3月のダイヤ改正で千葉支社管内の房総各線へ投入されているが、相模線用は4両編成、宇都宮線・日光線用は3両編成(房総用は2両編成)で、車内は双方ともオールロングシートとなる(房総用はセミクロスシート)。 それ以外の基本仕様は房総用と同様で、制御方式にSiC(シリコンカーバイト)素子を使用したVVVFインバータ制御を採用。車両状態のモニタリング機能や車内防犯カメラ、ワンマン機器、車内案内用ディスプレイ、フリースペースなどが

  • 宇都宮線・日光線に「E131系」2022年春頃から営業運転開始

    JR東日本は2021年6月17日、宇都宮線・日光線にE131系を投入すると発表した。 同日発表のあった相模線のE131系や、すでに営業運転を行っている房総・鹿島エリアのE131系とは一部仕様や外観等が異なり、2M1Tの3両編成を15本、計45両新造する。投入線区は下図の通りで、2022年春頃からの営業運転開始を予定している。 車両外観のデザインは日光らしいレトロ調に。側面の帯は「宇都宮市で復元された火焔太鼓の山車」をイメージした黄色と茶色の2色配置とし、世界遺産日光の社寺に施される文様にも通じる、賑やかで高級感のあるデザインとした。また座席はロングシートのみで、これは本日発表された相模線のE1

  • 相模線にE131系投入、2021年秋頃から営業運転開始 房総・鹿島エリアの車両とはどこが違う?

    JR東日本は2021年6月17日、相模線へE131系を投入すると発表した。4両編成を12本、計48両新造し、2021年秋頃からの営業運転を予定している。 投入線区は相模線(茅ケ崎~橋本)で、横浜線(橋本~八王子)への朝夕一部の直通列車でも使用される。 E131系は2021年3月から房総・鹿島エリアで運転を開始したJR東日本の新型車両。帯色を房総の海を思わせる青とし、そこに菜の花の色である黄色を組み合わせ、前面には房総の波しぶきを思わせる水玉模様を配したデザインとなっている。 今回発表された相模線仕様E131系は、車両の前面デザインを「遠くまで広がる湘南の海」と「ダイナミックな波の水しぶき」を水

  • 大阪環状線323系が号車ごとに混雑状況わかる! 6/17から移動ナビアプリ WESTER 内の「環状ライブ」で

    JR西日本 大阪環状線・JRゆめ咲線を走行する323系で、6月17日からリアルタイム混雑状況の情報提供サービスがはじまる。 JR西日本 移動生活ナビアプリ WESTER 内に「環状ライブ」というコンテンツを新設置し、列車ごと・号車ごとに混雑状況がチェックでき、さらに空いている列車・車両を選べるようになる。 「環状ライブ」の仕組みはこう。323系に搭載されているモニタ状態監視装置という車上装置から、列車の走行位置や、号車ごとの乗車率、号車ごとの車内温度などのもととなるデータを地上にある処理装置に伝送。このデータをユーザむけ情報に加工し、アプリに反映させるという仕組み。 また、弱冷車や女性専用車、

  • 北海道周遊列車「HOKKAIDO LOVE! ひとめぐり号」10月運転「はまなす」「ラベンダー」編成で

    JR北海道は10月、キハ261系5000番台「はまなす」編成と「ラベンダー」編成を使用した北海道周遊列車「HOKKAIDO LOVE! ひとめぐり号」を運転する。 <運転日> ・10月1日(金)~4日(月) ・10月9日(土)~12日(火) ・10月15日(金)~18日(月) ・10月22日(金)~25日(月) いずれも3泊4日の行程で、札幌~帯広~釧路~網走~旭川~札幌のルートを巡る。10月1日出発分のみ「ラベンダー」編成を使用し、その他は「はまなす」編成で運行する。 具体的な販売方法等の詳細は6月29日、JR北海道から発表される。 #北海道 #ニュース #JR北海道

  • 京急初のトイレ付き車両に愛称名…公募、最優秀作品を車体に掲出 7月30日まで

    京浜急行電鉄(京急)は7月30日17時まで、1000形モデルチェンジ車の愛称を募集している。 同車は、5月6日から三浦海岸発『モーニング・ウィング3号』の1~4号車に充当されており、京急初のトイレ付き車両、抗菌・抗ウイルスのシート地を使った自動回転式のデュアルシート、各車への防犯カメラ設置がセールスポイントとなっている。 京急ではこれらを踏まえて「新造車両の愛称および愛称に込めた想い」を内容とした愛称名を募集。最優秀作品を車体側面に掲出する。 応募は京急の特設ウェブサイトで受け付けており、1人1回まで応募できる。入賞作品は9月頃に発表される予定。 このほか1000形モデルチェンジ車のデビューを

  • 編成全体にブレーキが機能しなかったことが原因…JR北海道の保線作業用機械逸走トラブル

    JR北海道は6月16日、函館本線七飯(ななえ)~大沼間で保線作業用機械が逸走したトラブルについての詳細を明らかにした。 このトラブルは6月7日23時54分頃に発生。軌道モーターカー1両と「砕石」と呼ばれる軌道の砂利を散布する保線作業用機械(通称「ミニホキ」)2両が、七飯(ななえ)~大沼間のうち、仁山(にやま)駅手前(大沼方の峠下道路踏切手前)から、七飯駅手前(中須田道路踏切手前)までの約7kmの間を、社員が乗車したまま速度50~80km/hほどで逸走した。 途中には仁山、新函館北斗の2駅と3つの踏切があったが、怪我人や通行車両との接触はなかったという。 トラブルが起きた区間は、峠下道路踏切の手

  • 小笠原島レモンでさわやかさ発信 JR東日本クロスステーションが「今こそLemonフェア」

    JR東日本グループでエキナカビジネスを手掛けるJR東日本クロスステーションは、2021年6月27日まで、駅構内の商業・飲食施設のエキュートやグランスタで、「今こそLemonフェア」を開催している。夏の始まりに合わせ、さわやかな酸味のスイーツやパンを提供して駅利用客に清涼感を届ける。 東京都小笠原村(小笠原諸島)が、新たな島産品として売り込む小笠原島レモンをスイーツやレモンパンに仕立てた。小笠原島レモンは、レモンとオレンジを掛け合わせたマイヤーレモンがルーツとされ、一般的なレモンに比べ一回り大ぶりでジューシー。糖度が高めで、味はまろやかという特徴を持つ。 フェアでは、小笠原島レモンの希少性をアピ

  • トキてつの元国鉄急行型電車、7月4日から本運行…6月16-18・29日は試運転

    新潟県のえちごトキめき鉄道(トキてつ)がJR西日本から購入した413・455系電車が、7月4日の8350M列車から本運行に入ることになった。同社の鳥塚亮社長が自身のブログで明らかにした。 同車が購入した車両は、かつてJR七尾線で運用されていたクモハ413-6、モハ412-6、クハ412-6、クハ455-701の4両で4月に搬入された。 いずれも国鉄の急行型交直両用電車を出自に持ち、クモハ413、モハ412、クハ455またはクハ412で3両編成を組む。すでにクハ412は、4月29日にオープンした「直江津D51レールパーク」(新潟県上越市)で展示されている。 ブログによると、6月15日に自動列車停

  • 新幹線E4系「Max」懐中時計 アサミズカンパニーから発売 2021年秋にラストラン

    アサミズカンパニーはE4系「Max」のシリアルナンバープレート付き懐中時計を発売する。予約は6月16日からアサミズカンパニー楽天店で受け付け、8月下旬以降のお届けとなる。価格は8,800円(税込)。 文字盤には高級感のある色合いを使用し、ロングノーズの印象深い正面デザインに。裏面にはロゴマークや運行開始西暦の彫り込みを入れ、専用BOXには朱鷺のロゴデザインを配した。 【材質】 時計本体:合金 風防:ミネラルガラス チェーン:鉄 【サイズ】 文字盤:直径約4.8cm チェーン:約37.5cm シリアルナンバープレート:約1.5×2.8cm ・日本製ムーブメント使用 ・モニター電池入り ・中国製

  • 半蔵門線 18000系 保安装置や列車無線、連結器などに進化と違い

    日立製作所のアルミボディプラットフォーム A-train を採用し、ことし2021年8月から半蔵門線とその直通先などで営業運転を開始する東京メトロ18000系10両編成。 製造メーカーや基本構造は有楽町線・副都心線用17000系10両編成と同じくし、19本をつくって営団地下鉄時代の8000系を同数で置き換える。 他形式との共通化と個性をあわせもつ18000系の、“もうひとつの注目点”をみてみる。 主電動機、最高速度、加速度、動力組成 18000系に載る主電動機は、永久磁石同期電動機 PMSM(Permanent Magnet Synchronous Motor)。フルSiC素子・PGレス2レベ

  • JR貨物 機関車 貨車の検査 修繕管理システムを拡充、フォークリフト類も対象に

    2018年10月から、機関車・貨車などの検査・修繕履歴をリアルタイムに管理し、故障履歴などのデータを蓄積・解析することで、安定輸送、適切な保守コストの導入を図ってきたJR貨物 車両管理システム。 このJR貨物 車両管理システムが拡充し、2021年6月からフォークリフトやトップリフターといった荷役機械についても検査・修繕管理できる機能を追加し運用し始めた。 これにより全国のJR貨物 機関区・車両所・貨物駅にある機関車・貨車からフォークリフトまで、すべての営業用車両について、日々の検査進捗、検査結果、故障情報、修繕内容などのデータが同一システム内にてリアルタイムに一元管理できることに。 紙の記録か

  • 秩父路に電気機関車5重連—5色の車体が12系客車を牽引 7月7日

    埼玉県の秩父鉄道は7月7日、電気機関車5両の重連が牽引する列車ツアーを実施する。 長瀞→武川間で、赤・青・緑・黄・黒に塗装されたデキ形電気機関車5両が12系客車を牽引するもので、武川駅(埼玉県深谷市)では通常立ち入ることができない場所から電気機関車を撮影することができる。時刻は長瀞13時51分発~武川14時46分着。 95人を募集し、旅行代金は7000円~1万円。18歳未満の参加は不可。申込みは6月18日10時から6月30日17時まで秩父鉄道のウェブサイトで先着順に受け付ける。 #秩父鉄道 #鉄道イベント

  • 芸備線、新見市内-庄原市内の存廃を協議へ…JR西日本が開始を要請

    JR西日本は6月14日、芸備線沿線の岡山県新見市と広島県庄原市に対して「地域公共交通計画に関する申入れ」を行なったことを明らかにした。 芸備線は備中神代(びっちゅうこうじろ)駅(岡山県新見市)と広島駅(広島市南区)と結ぶ、中国山地に沿った全長159.1kmの路線。JR西日本が公表している『データで見るJR西日本2019』によると、2018年度における同線の1日あたりの平均通過人員(輸送密度)は、三次~広島間が8817人、今回申し入れを行なった沿線を含む備中神代~三次間が278人と、三次駅(広島県三次市)を境に極端に差がある。全線を通した輸送密度は1341人だが、これはJR西日本発足時よりほぼ半

  • 芸備線 庄原市~新見市内 区間の存続についてJR西日本と各自治体が検討へ

    中国山地の山間の駅、備中神代(岡山県新見市)から、広島県三次市街を抜け、海側の広島駅へと結ぶ、159.1kmのローカル線―――芸備線。 この芸備線の存続についてJR西日本や自治体が動き始めた。 JR西日本は6月14日までに芸備線の線路が走る関係自治体、岡山県・新見市・広島県・庄原市に対し、「芸備線沿線の地域公共交通計画に関する申入れ」を伝えた。 芸備線は、「広島から遠ざかるほど利用客が減る」という状況で伯備線(倉敷~新見~伯耆大山)と、木次線(宍道~備後落合)を連絡する区間、備中神代~備後落合などの乗客減少がいちじるしい。 JR西日本が各自治体に申し入れた今回の地域公共交通計画の対象地域は、芸

  • 京急電鉄が1000形新造車両の「愛称」募集、最優秀賞は車体側面に掲出

    京急電鉄は2021年5月6日にデビューした1000形新造車両の愛称を募集する。 「ご利用いただくお客さまや沿線の皆さまに親しみを持っていただく」ことを目的としたもので、募集期間は2021年6月16日~7月30日。京急電鉄ホームページから応募サイトへアクセスできる。 募集内容は「京急のイメージ」「京急線沿線のイメージ」「新造車両のイメージ」から想起される愛称と、愛称に込めた想い。同社は候補の中から最優秀賞1作品、優秀賞4作品を選考し、京急電鉄オリジナルグッズをプレゼントする。さらに、最優秀賞の作品は「京急沿線にお住まいの皆さまの想いを乗せて日々運行できるよう」新造車両2号車の車体側面に掲出する。

  • JR東日本が車両基地イベント、クモヤ143形撮影会など開催

    JR東日本は今夏、同社の車両基地を舞台とした各種イベントを実施する。 電気機関車の撮影会&所内見学会 2021年7月3日(土)JR東日本 田端運転所で電気機関車の撮影会(40分)と解説付きの車庫見学が行われる。 9時~11時と11時~13時の2回開催。完全予約制となっており、各回30名募集。参加費用は一人6,000円。 車両メンテナンス体験 2021年7月17日(土)JR東日本 東京総合車両センターで車両メンテナンス体験を実施。 10時00分~11時30分、13時00分~14時30分、15時00分~16時30分の3回に分かれており、各回12名募集。完全予約制で、参加費用は一人3,500円。 親

  • 阪神タイガースファン必見! 球団旗とトラッキー&ラッキーの光るICカードクリアケース PIICA 登場、交通系ICカードのピッが楽しくなる!

    改札口を通るたびに、阪神タイガースファンであることをさりげなくアピールできる新アイテムが登場! ポニーキャニオンプランニングは、ICカードリーダー機にかざすと光る人気アイテム「PIICA(ピーカ)」の阪神タイガース 承認商品2アイテムを発売。 絵柄は「球団旗」とマスコットキャラクター「トラッキー&ラッキー」の2種類。価格は1,980円。「阪神タイガース公式オンラインショップ T-SHOP」「PCPデザインストア 楽天市場店」で販売中。 SuicaやICOCAなどをこのクリアケースに入れて、鉄道改札口や路線バスICカードリーダなどにピッとかざすと、LEDがピカッと光る。 また、コンビニやスーパー

  • 秩父鉄道「電気機関車5重連牽引で行く 12系客車乗車&撮影会ツアー」7月実施 武川駅では通常入れない場所での撮影も

    秩父鉄道は2021年7月7日、「電気機関車5重連牽引で行く 12系客車乗車&撮影会ツアー」を実施する。5色に塗装した電気機関車での12系客車牽引、武川駅にて通常では入れない場所で電気機関車が撮影できるなど、珍しい体験ができるツアーとなっている。 運行区間は秩父鉄道 長瀞駅~武川駅間。当日はお昼ごろに長瀞駅前で受付し、13:51長瀞駅発 14:46武川駅着。到着後、参加者限定で約60分の撮影会を行う。 募集人員は95名。対象年齢は18歳以上で、18歳未満の付き添いはできない。旅行代金は向かい合わせのボックス席を1ボックス1名で使用する場合は10,000円、2名なら1人あたり7,000円。 申込は

  • 新たな列車無線アンテナがついた小湊鐵道 キハ40形、6月に定期運行前ツアーや構内撮影会を開催

    郡山総合車両センターから小湊鐵道へ渡り、定期運用にむけて準備がすすむキハ40形気動車2両。 国鉄時代の車番キハ40形2021は小湊鐵道キハ40形1に、同2026が2に改番され、小さな変更を重ねている。 画像↑↑↑上がことし6月11日のキハ40-1、下が1年前の2020年5月譲渡時のキハ40-2026(現キハ40-2)。 ルーフをみると、列車無線アンテナが新しい。もともと、筒形のJR列車無線アンテナが外され、その撤去部分付近に細ポール状のL字形アンテナがついていた。 また、前面には「郡山総合車セ」部分が「五井機関区」の表記に。かつて郡山総合車両センター「仙コリ」と表記されていた部分には、小湊鐵道

  • 大井川鐵道に6月限定「みどりのトーマス号」 2021年の「DAY OUT WITH THOMAS」も魅力満載

    2021年6月12日(土)、「きかんしゃトーマス」の意匠をまとったSL「きかんしゃトーマス号」が走る公式イベント「大井川鐵道 DAY OUT WITH THOMAS 2021」が始まった。開催期間は10月18日(月)までの期間中のべ77日間。 昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でお披露目できなかった「みどりのトーマス号」の運行も6月限定で行われる。「トーマスのはじめて物語」に登場する、トーマスが初めてソドー島に来た頃のボディを再現した車両だ。 その他にも、みどりのトーマスが登場するエピソード「トーマスのはじめて物語」のストーリーを紹介するパネルを展示するなど、今年限定のイベントも。またツア

  • 駅でPCR検査、チームメディカルクリニック池袋が西武池袋に開院へ

    西武鉄道は、医療・福祉分におけるモバイルICTソリューションを提供するアルムと連携し、西武線沿線にで身近にPCR検査を受検できる環境を整備する(6月10日発表)。鉄道駅内では日本初のPCR検査施設を池袋駅に開院する。 PCR検査に特化した医療施設を開院する場所は西武池袋線池袋駅西武南口だ。アルムが業務提携する医療法人社団天太会が経営するPCR専門のクリニック「チームメディカルクリニック池袋」が、7月1日に開院する。鉄道駅施設内においてPCR検査に特化した医療施設が設置されるのは、アルムによると日本国内では初めてだそうだ(6月2日現在)。 また、西武線の駅ナカ・コンビニ「トモニー」では、すべての

  • ファンご自慢の1枚を募集 湘南モノレールが「2022カレンダーフォトコンテスト」

    2021年はまだ折り返し点だが、今回は早くも2022年に向けた話題――。神奈川県の湘南モノレールは、2022年のカレンダーに使用する写真を募集している。全線開通50周年を記念する「2022湘南モノレールカレンダーフォトコンテスト」の募集期間は、2021年6月1日から8月31日まで。 湘南モノレールは、JR東海道線と接続する大船と湘南江の島間を結ぶ6.6キロの路線。1970年3月7日に最初の大船―西鎌倉間が開業、翌1971年7月1日に湘南江の島まで全通した。 事業者の湘南モノレールは、開業から40年以上、三菱重工業のグループ企業だったが、2015年に福島交通や岩手県北バスといった地方都市の鉄道・

  • 関東鉄道ホキ800形が小湊鐵道に、2つのディーゼルで搬送

    関東鉄道が保有していた国鉄ホキ800形ホッパ車(砕石 バラスト散布用)2両が、小湊鐵道へ譲渡された。 関東鉄道 水海道車両基地にいたホキ800形は1両ずつトレーラーに載せられて、南へ約90km、小湊鐵道 小湊鉄道線 上総山田駅へと運ばれた。 上総山田駅には、トレーラーが入る用地と、保線車両などが出入りできる引き込み線があり、今回のホキ800形搬入もこの用地・線路を使って、クレーンで線路に載せられた。 上総山田駅から五井機関区へはもう1台のディーゼルがけん引 上総山田駅で小湊鉄道線の線路に載ったホキ800形2両は、こんどは小湊鐵道が保有するディーゼル機関車 DB4 に引かれて五井機関区へ。 小湊

  • SL列車で新しい人生に出発進行!! 秩父鉄道が今秋から「パレオエクスプレスウエディング」

    SL列車でハッピーウエディング!! 埼玉県の秩父鉄道は2021年秋ごろから、SL列車「パレオエクスプレス」で結婚式を挙げる、ウエディング列車の運行を予定する。2021年6月5日には、SL車内で模擬挙式を実施し、地域密着の〝SL結婚式〟をお披露目した。 SL「パレオエクスプレス」のキャッチフレーズは「東京から一番近いSL列車」。C58が4両の12系客車をけん引する秩父鉄道の観光列車は、1988年に運行を始め、2021年は34年目に当たる。 先頭に立つC58 363は1944年に製造され、国鉄の東北エリアで運用。1972年の廃車後は埼玉県鴻巣市の小学校で展示されていたが、1988年の「’88さいた

  • JR貨物DD200形の私鉄版が千葉にも登場…京葉臨海鉄道のDD200-801

    千葉県の京葉臨海鉄道は6月10日、DD200形ディーゼル機関車が6月9日に千葉貨物駅(千葉市中央区)に搬入されたことを明らかにした。 同機は、2017年6月からJR貨物が導入している凸型車体の電気式ディーゼル機関車で、本線走行と構内入換を兼ねる国鉄型のDE10形やDE11形に代わる電気式機関車。私鉄では6月3日に岡山県の水島臨海鉄道に入線した「DD200-601」に次ぐ導入となる。 京葉臨海鉄道では「DD200-801」とされており、「RED MARINE」という愛称名が付けられている。今後は本格運用へ向けて試運転が行なわれる。

  • 静岡の無蓋貨車が群馬へ…戦前生まれのト1号「日本一の無蓋車公園」で保存

    静岡市の新静岡駅(葵区)と新清水駅(清水区)を結ぶ静岡清水線を運営する静岡鉄道は6月11日、長沼車庫(葵区)にある1929年製の無蓋貨車を群馬県中之条町へ譲渡すると発表した。 この貨車は、かつて砕石運搬用として運用されていた「ト1形ト1号」で、登場時は「トコ20号」と呼ばれ同型車が3両在籍していたが、ト3号(旧トコ22号)は1956年に廃車。残る2両(ト1・2号)も1990年代に入って現在の東急電鉄から保線用車が導入されたことにより運用されなくなっていた。 今回の譲渡は、中之条町が1971年5月に廃止された国鉄長野原線(現・吾妻線)支線、いわゆる「太子(おおし)線」の旧太子駅で整備を進めている

  • 宇都宮ライトレールは高速鉄道か? はたまた急勾配・S字カーブの登山電車か?…鬼怒川橋りょう付近[フォトレポート]

    2023年開業をめざし建設工事がすすむ、国内初の新規次世代型路面電車システム(LRT)といわれる宇都宮ライトレール(芳賀・宇都宮LRT)14.6km。途中、鬼怒川を横切るエリアでは高速鉄道の高架区間を想わせるコンクリート構造物が出現し始めた。 宇都宮ライトレールは、JR宇都宮駅から東へ、鬼怒川を渡り、ホンダの拠点が集結する芳賀・高根沢工業団地へとむかうLRT(Light Rail Transit)。新潟トランシス製の新型3連低床式路面電車 HU300形が最高時速40km/hで走り、宇都宮駅東口電停から宇都宮大学陽東キャンパス電停まで11分、グリーンスタジアム前電停まで27分、芳賀・高根沢工業団

  • 「雪月花」の窓から日本海に沈む夕日を堪能 特別企画「黄昏紀行」8月実施 えちごトキめき鉄道

    えちごトキめき鉄道は今夏、特別企画「黄昏紀行~Voyage au coucher du soleil(夕日の旅)~」を実施する。 観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」に乗車し、日本海に沈みゆく夕日を眺めながら美食を楽しむ、という列車旅だ。 運行日は2021年8月11日(水)で、当日17時20分頃に直江津を出発。市振―糸魚川間で日没を満喫し、19時46分頃に直江津へ戻り、解散という流れ。 車内で提供する食事は、上越市直江津「デザミアンティムBistro Des amis intimes」の地場産食材を使用した三段重。若手シェフが腕を振るうカジュアルフレンチの味を楽しめる。 料金はひとり19,

カテゴリー一覧
商用