searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Qinnさんのプロフィール

住所
未設定
出身
秋田県

かけだしの画家。 色々つくりたい、独学好き。 まろ眉。

ブログタイトル
厳密な記録、甘いものを添えて。
ブログURL
https://qinn.hatenablog.jp
ブログ紹介文
創作のアイデア、それに通ずる物事、雑記などを残します。 厳密な文章を心がけています。
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2020/05/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Qinnさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Qinnさん
ブログタイトル
厳密な記録、甘いものを添えて。
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
フォロー
厳密な記録、甘いものを添えて。

Qinnさんの新着記事

1件〜30件

  • 病気に詰まっているもの、とメモ

    思えばほとんど呼吸をやれていなかった。今日はいいか、今日もいいかとさぼっていたが、今回のようにならなければ学ばなかった。 なぜか腰椎の5番の靭帯が損傷していて、座りも立ちもできなくなって初めて色々思うところがあった。 何も出来なくなって泣きついたが、呼吸で気を通してもらっても益々痛かった。人生で1番痛かった。(だって筋組織的な何かが分断してるってことでしょ) 結局炎症は治してもらったが、整体の名手にテーピングをしてもらって、ようやくまずまず動けるようになった。 それまで患部までで止まってしまっていた呼吸の気も、ちゃんと自分の体に聞いて、今日は足の裏まで通るように。 痛いところを緩めていったら、…

  • 病気

    国道沿いの山葡萄 紙のメモはいくらか書いていたけど、あとは体の具合が悪くて集中が出来なかった。 進んで読んでみたいと思う本がいくつかあって、読書の秋らしい時間を過ごす。 時々散歩に行って山葡萄を発見する。青やらピンクやらで、ただの葡萄よりもずっと綺麗だった。 ずっと治らなかった腰痛、狙って整形外科と婦人科を受診してみたが、仙腸骨の関節症とのことなので、恐らく内臓なのだろうと思っている。子宮内膜症は腸骨周辺の靱帯などにも発生するらしいので、採血で血を漏らされたときのような鈍い痛みが続くのはこれではないのかなと。ただ、ふくらはぎまで痛みが出ているので、関節症の炎症が起きているのは確かだと思う。 あ…

  • 【募集中】ぱぁーっとやりたい(創造的なことを)気分。

    表題の件、というメールを作りすぎな最近。 またまた月の半分に差し掛かり、ふとネットを覗くと、他称ミソジニストと自称フェミニストの戦いが繰り広げられていた。もう他人をこのカテゴリで呼称することにもうんざりする頃だろう。 2人の方共、相手の人生を想うことを知らないようなので、形式はどうあれ糞の掛け合いになってしまう。それを見てさらに糞をくべる人と、静観する人と、目もくれない人と。自分の人生を受け止めきれてないから、他人の人生をほんの一握りの情報から否定できるのだろう。とんでもない自己紹介をしてないで、もっと大事に生きないと。 そして人の事情というものを受け止めてあげられなければ、立派にはなれない。…

  • 才能の下描き

    気づけば6月半ばで、そろそろ描いたものの展示を考えなければいけない時期なのか。 展示会なんて言葉で締め切られるとうんざりしてしまう…。 そんな気持ちと相対して、裏道の川に住むようになった鯉などをのんきに見に行ったりしていた。これが物凄く立派な鯉で、誰かが放流した可能性は高い。その鯉を、農道を通る爺さんが狙っていたり、飛来したサギが狙っていたりする。 そのうわさを聞き付けたのか、普段は見ない通行者が増えたように思う。通行者が増えたことで雑草が踏みつけられ、さらに勢いを増しているように見えて、一連の流れは神話の始まりのようで面白かった。 長いこと嫌がっていた、人物というモチーフを真っ向から描こうと…

  • 檸檬

    夢からそのまま引っ張ってきた絵。まだ序盤。 いつかの食事を模した夢で、床は水浸し。 向かい合って座っていた。いつものように罵詈雑言を浴びせられるのと、目の前で悪いことをやりだす。しかし、ああ悪い音が耳に入ってくるなという程度だった。 完全に相手を理解したことを、テーブルにあった果物をかじった苦さから感じた。ろくに食べる物もないので、もういいな。と、その場から立ち去る際に強い言葉で「自分はもう幸せなので」と伝えた。何とも言えない顔になって後を付いてきたが、気にせず外に出た。 知らない海町だったが、駅がある方向など、不思議と帰る道はわかった。いつのまにか両手に大きな…

  • 草花の裏小道

    このものだけピンクだったので、犬の小便で育ったのかと思った。ヒメジオンのなかにハルジオンが一か所だけ咲いていたのであった。去年まで、外来種の紫のナスのような外来種がブームだったけど、今年はこの小さい紫がかった青い花が雑草界で流行りらしい。これがめちゃくちゃ綺麗で、しかも沢山咲いている。星みたいな形、ワスレナ草かと思ったが、キュウリ草というのがあるらしい。後で接写しよう。事務仕事先の事務所が汚くて気の通りが悪いので、毎日一箇所ずつ綺麗にしていくことにした。最初は掃いても掃いてもホコリの親玉みたいなのが出てきたが、それがなくなった。変な床のシミも毎回一箇所ずつ掃除するようにして、今日は床のシートを…

  • 身体に親密なメディアとリアクションから

    ある日の姉の質問から。この会話からあまりにも時間がたってしまったので、詳細には書けない部分がある。後日確認して再度書き込む必要あり。 姉「ネット広告について、自分に関係あると思わなければリアクションすら取らないわけだけど、リアクションの種類として、”自分に合わない”などが用意されていることがある。人はなぜわざわざ拒絶・否定のリアクションを取るか。(それが最近ゴイスーになってるのは何でだろうね)」 ▲このような焦点であったかどうか確かではない。要訂正。 自分「例えば人間が攻撃に出るのは定住している場合、そこから逃げるのではなく、問題を排除するという行動に転じる。だから問題を排除しようとする場合に…

  • 追記の可能性があるメモ

    追記の可能性があるメモ - 厳密な記録、甘いものを添えて。

  • 星のおばちゃん

    時々、今までの人生の中で私の人生に良い印象を遺してくれた人達を記録しておきたい。これをカテゴリーとして、写真のように文章で納める。 当然のことながら、世の中には良い人も悪い人もいない。書家の篠田桃紅さんが「人間関係は出会い方でしかない」と仰っていたのを私なりに解釈してきた。 良い状態を”私”に見せてくれるか、悪い状態を”私”に見せてくれるかなのだと思う。そして”私”が、その状態を良い・悪いと感じるか。それだけのこと。”私”との出会い方で人の良し悪しが決まるとするなら、それは”私”の傲慢です。 なので、良い人達の記録ではなく、人の笑い顔を写真に収めたようなものの記録。 もっと昔から記録しておけば…

  • 不登校の子は、ずっと外出自粛を味わっている

    表題ですべてのことが想像できるように思う。不登校の子としてしまったけれど、理由があってコミュニティから離れて自宅で生活の大半を過ごしている人の多く、としたい。 外出自粛の流れが始まった時に最初に思ったのが、自分が不登校の時にこの流れがあったら、少しホッとする時間になっただろうなということだった。あの、周囲の時間から切り離されたような、停滞するような焦りの時間、休んでいるようで休まりはしない時間を過ごす毎日。そんな中で、「皆が一時停止しなければならないときなので、あなただけが止まっている時間ではないのです」と告げられたら、どんなに楽だっただろう。 動きを止めなくてはならなければいけなくなった人達…

  • noteのクソ記事で萎えて文章を作りたくなくなるまでがテンプレなのか。

    楽しい個人サイト時代を生きた27歳には、noteのクソ記事はつらすぎた。 何というか、飲み会みたいなサイトだなと個人的には感じたのでありました。 Qinn(読み方は自由です)と申します。 もし偶然投稿が目に留まることがありましたら、宜しくお願い致します。 厳密な文章を心がけていきたいと思います。

カテゴリー一覧
商用