searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

まさるさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
まさるの一口馬主日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/masaru1972
ブログ紹介文
「一口馬主」の視点から競馬を語ります。競馬以外では男声合唱、野球観戦、ヘラブナ釣り、将棋等で余暇を楽しんでいます。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2020/04/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、まさるさんをフォローしませんか?

ハンドル名
まさるさん
ブログタイトル
まさるの一口馬主日記
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
まさるの一口馬主日記

まさるさんの新着記事

1件〜30件

  • コリエンテスは残念ながら2着でした。

    レース結果コリエンテス[父ディープインパクト:母イスパニダ]7/24(土)新潟5Rメイクデビュー新潟〔芝1,600m・18頭〕2着[1人気]好スタートから無理せず、道中は好位勢をすぐ前に見ながら進めます。残り400mを切った辺りから追い出されると、勝ち馬には離されたものの、ゴールまでしっかりと脚を使って、2着で初戦を終えています。堀宣行調教師「新潟競馬場に到着後は通常よりもやや体温は高めでしたが、北海道からの輸送時に熱発した経緯もあり、こちらとしても対策は行っていたので、大きな問題になるほどではありませんでした。到着後も飼い葉はしっかりと食べていましたし、精神的にも落ち着いていて良かったと思います。周りの物音に反応したり、パドックではミストを少し気にする部分もありましたが、一度見ると慣れてくれて、ちゃんと学習し...コリエンテスは残念ながら2着でした。

  • レインボーフラッグの全妹が!

    芸能界随一の競馬ファンで知られるお笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二(38)が7日、自身の公式ユーチューブを更新。進行中の“馬主になってジャングルポケット産駒を買うプロジェクト”に続いて、新たなプロジェクトが始動したことを明かした。斉藤は冒頭で「ジャングルポケット産駒の1歳馬の名前を付けてもらえませんか?」というオファーを受けたと明かし、満面の笑みを浮かべる。依頼主は北海道のクラウン日高牧場。電話出演した(株)クラウンの矢野恭裕社長は、斉藤に命名を依頼した理由について、「ホースマンとしてこのプロジェクトの成功を願ってますし、斉藤さんが名付けてくれるとみんなが応援してくれると思うんです。みんなから応援してもらえたら、馬も幸せだと思うので」と明かした。斉藤が命名する馬は「母レインボーシーカーの20(牝)」。...レインボーフラッグの全妹が!

  • コリエンテス出陣!

    またしても私の愛馬がデビュー前から騒がれているみたいです。ここからは日刊スポーツに載った記事です(許可は取っていません)シルクではこの数年、毎年1.2頭の出資になっていますが、サリオス(オープン)→リバースレー(未勝利)→コリエンテスとなっており、素晴らしい馬を引く事が出来ています。コリエンテスも私のラストディープに相応しい素晴らしい馬の様ですね♪以下は新聞記事。ディープインパクト産駒の評判馬コリエンテス(牡2、堀)が1日、美浦ウッド(重馬場)で戸崎騎手を背に3頭併せの追い切りを行いました。サトノボンズ(3歳未勝利)を追走、スマイル(古馬3勝クラス)に先行する形。直線では外サトノボンズ、内スマイルの真ん中に入って強めに追われ2頭と併入しました。時計は5ハロン66秒3-12秒4をマークしました。日刊スポーツの「2...コリエンテス出陣!

  • 最高の愛馬

    華々しい活躍をして成績面で強烈な印象を与えてくれる愛馬もいますが、私は根っからの叩き上げ人生なので、下から這い上がってくる泥くさい馬を贔屓に見てしまうきらいがあります。現役の中ではダントツで「レインボーブラッグ」が該当します。レインボーフラッグはグリーンファーム愛馬会の馬です。グリーンの素晴らしいところはギリギリまで様子を見て出資できるという点です。レインボーフラッグも入厩アナウンスがあってから申し込みした馬。結構評価高いから追加しようとしましたが、流石に間に合いませんでした。レインボーフラッグの凄いところは常に一定以上の成績をあげてくれるところ。さすがにオープンではなかなか勝てませんが、毎回見せ場を作ってくれますし、凡走も殆どありません。重賞でもあと一歩の走りを見せてくれます。しかも、怪我らしい怪我もなく、元...最高の愛馬

  • 来た!新しいヒーロー候補!

    期待の新馬「アライバル」が新馬戦を快勝してくれました。やや出負けをしましたが、スッと中断につけられる辺りがセンスがありますね。とにかくこの馬はデビュー前に結構取り上げられています。私も結構な頭数に出資してきましたが、これだけデビュー前に新聞に載っていたのはこの馬が一番だと思います。助手さんの話だと「この馬は調教の感触だけなら日本で乗った馬の中でダントツとも思える素材」というコメントを出しています。まさにその調教通りのしっかりとした走りを見せてくれました。私の中ではこの新馬戦でのパフォーマンスは「ブレイクランアウト級」と言わせていただきます。すなわち、重賞級と言うことです。ブレイクランアウトはG1には届きませんでしたが、本当に重賞を勝ってくれました。このアライバルにも重賞級だという表現を使わせていただきます。イン...来た!新しいヒーロー候補!

  • アライバル出陣!

    先週のザダルの勝利に気を良くして、新馬の記事を一つ。期待のアライバルが土曜日の東京芝1600でデビューします。鞍上はルメール。これは期待が高まります。アライバルはクルミナルの子供で、最近では2番仔のククナが、桜花賞やオークスで頑張ってくれました。アライバルは父がハービンジャーに変わってどう出るかですが、調教の動きもなかなかの様子。私自身ハービンジャーは初めてなので、東京でキレ負けしないか不安でもあるし、どんな走りを見せてくれるか楽しみでもあります。メンバーは血統的にもかなり揃った感がありますが、ルメールを配してくるくらいですから本気で楽しみです。この週末はレインボーフラッグ、重賞にはサンクテュエールなど、楽しみなメンバーも走りますので、テレビの前で熱く応援したいと思います。アライバル出陣!

  • ザダルが背負う血。

    ザダルは2年前の春、天候不良で延期されたプリンシパルS(芝2000m)を勝ち、東京芝1800mはメイS3着、毎日王冠5着。勝ち星こそないものの、崩れずに走れる得意条件。勝ったプリンシパルS、関越Sはともに高速馬場の持続力勝負であり、エプソムCはコースと得意なラップ構成がかみ合ったレースだった。展開に左右されたレースにおいて、それを味方につけた一頭だった。この勝利が産駒の初重賞Vだった父トーセンラーは、ディープインパクトの初年度産駒。きさらぎ賞を勝ち、クラシック有力候補になるも、三冠レースは7、11、3着。その後は中距離路線を歩むも勝ち星に恵まれず、5歳秋にマイルCSでG1タイトルを手にした。クラシックシーズンにきっかけをつかみ、その後低迷、5歳で再浮上する、ザダルの競走生活は父によく似ている。トーセンラーの母プ...ザダルが背負う血。

  • ザダル重賞制覇!!

    愛馬ザダルがエプソムカップを制してくれました。ザダルはデビューから3連勝でプリンシパルSを制するなど、当初からその才能は示してきました。しかし、元々体質も弱く、脚元にも常に気にかけないとならない弱点もありました。そのザダルはあと一歩で重賞に手が届きそうで届かない馬でした。前回の毎日王冠でもサリオスの5着と悪くない競馬を見せていましたが、その後、元々の爆弾を抱えていた脚をクリーニング手術を行いました。私は正直、手術するのならもっと早くやるべきだろうと思っていました。そして8か月ぶりでのこのレース。本当に頭が下がると同時に、ノーザンファーム・厩舎の力を見たような気がしました。ザダルは5歳でありながら今日でまだ10戦しか走っていません。大竹厩舎ですからある程度は覚悟できたものの、それにしても走っていないといって良いで...ザダル重賞制覇!!

  • 頑張れインディチャンプ!・負けるなサリオス!

    初めて行った競馬場が東京競馬場であった私は東京競馬場をホームであると考えています。中山競馬場のほうが断然に近いのですが、なぜか東京競馬場は不思議な安心感があるのです。そんな私が東京競馬場で目標にしていたレースが天皇賞(秋)です。天皇賞を勝つことこそが種牡馬としての価値を最も高めることができると考えているからです。しかし、マイラーこそ最強という言葉もあります。現に、マイルを得意としている馬が2000メートルを勝つことは十分可能だからです。それを証拠に安田記念を勝った馬は、天皇賞(秋)を勝つことができるからです。すなわち、東京のマイルは単にスピードを求めるものではなく、スタミナも必要なタフなコース。実は総合力が求められるのです。今年の安田記念には愛馬インディチャンプとサリオスが走ります。この2頭は私の渾身の出資であ...頑張れインディチャンプ!・負けるなサリオス!

  • 福永騎手について・2

    今年もダービーが終わりました。私の本命のエフフォーリア騎乗の横山武志騎手はある意味完璧に乗りました。人気を背負っていたしあそこで行くしかないと思います。でも、結果的には少し早い仕掛けになってしまた事は否めません。彼はまだ22歳。まだまだこれからチャンスはあるでしょう。私は横山和男、武志騎手の2人は最近、競馬新聞で真っ先に探して買う騎手になっています。この2人で大穴を取らせてもらった以降、気になってずっと見ていたら、トップジョッキーになっちゃったから大変です。これからも応援を続けていきたいと思います。さて本題。福永騎手はいよいよトップの領域に入ったと思います。今日のレースも彼ならではの騎乗ぶり。あの位置取りも計算していたかのようです。昨年辺りから、インディチャンプの騎乗なども見るにつけて、私は彼の騎乗に全く不満を...福永騎手について・2

  • 4度目のオークス

    相性のいい東京コースに変わって、ククナが一発逆転を狙う。前走の桜花賞では最後方から追い込んで6着に入った。確実に使えるしまいの脚がセールスポイント。母クルミナルは15年オークス3着馬と、血統背景から距離延長もプラスとなりそうだ。桜花賞は6着に終わったククナだが、強力な末脚が光った。最後方からメンバー2位の上がり3F33秒2をマーク。栗田師は「もう少し前に行くと思ったけどね」と苦笑いを浮かべながらも、悲観する様子はなかった。「もともと注意深いところがあって、ブレーキをかけているわけじゃないけど、前半警戒して流れに乗れないところがあった。それでも速いところになれば、いいストライドで走れていたし、しまいもビシッと来られたからね」と前を向く。その後はノーザンファーム天栄(福島県)で疲れを癒やし、8日に帰厩。「思いの外、...4度目のオークス

  • 6度目の桜花賞

    この10年で6頭目の桜花賞出走って結構すごいですよね?私は桜花賞を勝つことを最近目標にしています。「牝馬は桜花賞」この数年、この合言葉を意識しながら毎年、勝負になりそうな牝馬を選んでいます。そして、今年もラッキーなことに抽選に通過して『ククナ』が桜花賞に出走してくれそうです。私の桜花賞の自慢は何といっても「3年連続で2着の馬を持っていた」ということです。これって、実際に桜花賞馬に出資するより難しいと思っています。その3頭の2着馬の1頭、クルミナルの子「ククナ」が今回、桜花賞に出てくれることになりました!結構面白いのではないかと個人的には思っています。今年は抜けた馬もいないようですし、全てがうまく嵌れば、ククナでも優勝の可能性もあるのではないかと思っています。ククナは人気もないでしょうから、藤岡祐介騎手も思い切っ...6度目の桜花賞

  • 馬券買いました!

    阪神競馬場は昨年秋にも来ましたし、だいぶ慣れてきました。桜は満開です。実に綺麗です。来週の桜花賞もククナが出られたら来ちゃおうかな(笑)サリオス頑張れ!馬券も満開だ!馬券買いました!

  • サリオスの応援に行きます!

    孝行息子のサリオスが大阪杯に出走します。今までサリオスは4勝していますが、その4つとも現地観戦しています。前回のマイルCSで負けてしまうまでは「応援に行くと勝つ」頑張り屋さんなのです。ちなみに新馬戦と続くサウジアラビアRCは連続で口取りにも参加しました。サリオスは今回、順調に調整を済ませました。辛口の堀調教師からも、今までで一番順調に行ったとお墨付きを頂いたようです。日曜日まで何とか天気も持ってもらいたいです。相手は現役三強のうちの二頭。コントレイルは言うまでもなく素晴らしい馬ですし、グランアレグリアの強さは、あのアーモンドアイを超えるものかもしれません。インディチャンプもあっさり交わされました。2頭はどうしたって牽制するでしょうから、サリオスにはサリオスの競馬をしてもらいましょう。初コンビの松山騎手のプレーに...サリオスの応援に行きます!

  • チャンプ頑張れ!

    インディチャンプが高松宮記念を走ります。適性云々は抜きにして、とにかくチャンプが力を出し切れる競馬になる事だけを願います。スタートを決めろ!チャンプ頑張れ!

  • チャンプ頑張れ!

    インディチャンプが高松宮記念を走ります。適性云々は抜きにして、とにかくチャンプが力を出し切れる競馬になる事だけを願います。スタートを決めろ!チャンプ頑張れ!

  • 岡田繁幸さん、天に召される

    ラフィアン総帥の岡田繁幸さんが亡くなったそうです。私も先月、母を亡くし、人の死にはとても敏感になっていますが、「総帥」の死は本当に残念です。このブログでも岡田繁幸さんの事は幾度となく取り上げてきましたが、総帥がダービーを取ることは無く、あの世へ旅立たれたという事になってしまいましたね。私はこの岡田繁幸さんから間接的に馬の見方を教わっていたような気がしていますし、実際にラフィアンに入会していた時期も数年ありました。しかし、当時のラフィアンは大変な人気クラブでしたから、欲しい馬には絶対に出資は出来ませんでした。なぜ辞めたかと言うと、出資申込みした馬が実績で取れる訳もなく、その馬が後に大活躍をした事が悔しくて悔しくて、ラフィアンでは欲しい馬は絶対に取れないと諦めて退会したという、残念な思い出があります。私も昔はアンチ...岡田繁幸さん、天に召される

  • いよいよ登場です!

    リバースレーが明日の小倉の新馬戦を走ります。この馬は私が勝負をかけたシルク年間一頭の出資馬として4口出資しました。。たまたま抽選に当たりましたが、この世代最高の価格を叩き出した人気馬です。私は誰のサイトも見ずに、カタログと映像だけで決めたつもりでしたが、やはり良い馬は誰にでも分かるようで、実績性では全く手が出ない馬になりました。確か10百万以上でしたね。リバースレーは馬は良いのですが、競走馬としてはどうなのか?結果は明日出ます。前向きさに欠ける現状ですから、正直言って微妙ですが、新馬勝ちをしてもらわないと困ります。いよいよ勝負の馬がデビューです。頑張って欲しいです。いよいよ登場です!

  • いよいよラストウィークです!

    インディチャンプとレインボーフラッグが阪神カップに出走予定です!ブライトクオーツが中山大障害に出走を予定しています。色々とあった2020年もラストウィークです。全馬、無事にゴールして下さいね!いよいよラストウィークです!

  • マイルチャンピオンシップ行くぞー

    皆さんご無沙汰しています。コメント頂きながらも、なかなか返事すら出来ずに申し訳ありません。色々とありまして多忙を極めていました。今回、こうして記事にしたのは「マイルチャンピオンシップ」の指定席が当選したからです!去年のマイルチャンピオンシップは感動しましたが、今年の阪神競馬場でも、同様に感動できる結果になる事を祈ります。昨年の覇者インディチャンプとサリオスの2頭が出走を予定しております。皆さん、是非応援宜しくお願いします。マイルチャンピオンシップ行くぞー

  • 予算オーバー

    キャロットの抽選結果が発表になりました。最優先で申込したバウンスシャッセ19が当選しました。バツ2を取りに行った馬でしたからビックリ。他にもフェルミオン19にも当選して嬉しい悲鳴。この世代のキャロットは4頭になりました。バウンスシャッセ19クルミナル19カラベルラティーナ19フェルミオン19良い馬が取れましたが、はっきり言って予算オーバーです(笑)どの馬にも無事に元気に走ってもらいたいです♪予算オーバー

  • インディチャンプはスプリンターズSから始動

    近況インディチャンプ[父ステイゴールド:母ウィルパワー]在厩場所:栗東トレセン調教内容:10日に坂路コースで時計次走予定:10月4日の中山・スプリンターズステークス(GⅠ)〔福永祐一〕音無秀孝調教師「レースまでまだ少し時間がありますが、急に負荷を掛けるより、追い切り本数をこなしながら体を引き締めていこうと思い、10日の追い切りではそれを意識しながら時計を出しました。全体の時計は53秒台ぐらいであがってくるようにと伝えていましたが、想定していたより時計は速くなってしまったものの、走りを見る限り、重苦しさは感じなかったですよ。自然と時計が速くなる時はコンディションが良い証拠なので、この調子で進めていければと思っています」インディチャンプはスプリンターズSから始動

  • サリオスはルメールで毎日王冠です!

    サリオス[父ハーツクライ:母サロミナ]在厩場所:美浦トレセン調教内容:10日に坂路コースで時計次走予定:10月11日の東京・毎日王冠(GⅡ)〔C.ルメール〕堀宣行調教師「先週こちらに戻させていただいてから、一握り程度のごく少量ではありますが、2,3日は飼い葉を残してしまっていましたね。もう現在は完食していますが、これまでそういったことはなかったので、もうしばらくは薬を与えてケアをするようにしていきます。この馬のウィークポイントである右トモは、運動直後こそ動きに少し硬さが見られるものの、休養明けでフレッシュさもあることで、大きな問題はありません。馬体重は最新の計測で556㎏あり、毛艶や馬体の張りは良好ですね。ただ、まだ暑さが厳しいこともあってか、普段の普通キャンターでの行きっぷりはこの馬としては大人しい感じですし...サリオスはルメールで毎日王冠です!

  • さぁ、キャロットです!

    キャロットは素晴らしいクラブですが、欲しい馬はなかなか取ることが出来ません。価格もはっきり言って高過ぎです。今年の募集が早速始まりましたが、私の中では今年のキャロットは勝負年ではありません。バツ2をしっかりと確保して来年に備えたいと考えています。最優先はバウンスシャッセ、ディアデラノビア母優先でクルミナル一般でディンバレス、ピノシェット三頭の申込みはこんな感じにしようかなと。さて、どうなりますか?さぁ、キャロットです!

  • リリアンフェルス新馬勝ち

    私の2歳世代の初陣としてリリアンフェルスが新馬戦に出走して、見事新馬勝ちを収めてくれました。世代最初のレースが「新馬勝ち」とは縁起がいいですね。リリアンフェルスは上のフィルムフェストを持っていた縁で出資した馬です。この世代のキャロットは欲しい馬はクルミナルの仔くらいしか取れなかったので、厳しいと思っていましたが、リリアンフェルスがやってくれました。何年やっていても、愛馬の新馬勝ちは本当に嬉しいですね。リリアンフェルスからスタートしたこの2歳世代も大活躍の世代となるといいなぁ(^^)リリアンフェルス新馬勝ち

  • 戦い終えて

    【サンクテュエール】20/5/24藤沢和厩舎24日の東京競馬ではスタート後にスピードに乗り切れず後方からの競馬になる。勝負どころに差し掛かるあたりからじわっと進出を開始していこうとしたが、直線での伸びは目立つほどのものではなく13着。「中間は、しっかりと乗りながらも敏感になっていた背中のケアに尽力してきました。天栄でも良くしてもらえていましたし、レースへ向かう時にはほぼ気にならないくらいの良い状態になっていて、コンディションは総じて良かったように思います。レースでは上手く流れに乗れればと思いましたが、ちょっと後ろからになりましたね。じわっと上げていこうとしてくれていたものの、最後は思うほどの伸びは見られませんでした。クリストフに話を聞くと“ちょっと距離が長かったかも”ということでしたね。性格の良い馬で折り合いに...戦い終えて

  • 旅の始まりは夢のおしまい

    青葉賞ではオーソリティが骨折。NHKマイルCではレシステンシアとサクセッションが骨折。ダービーにおいてはビターエンダーとヴェルトライゼンデが骨折。目黒記念ではミライヘノツバサが屈腱炎を発症。今開催の東京競馬場の重賞だけでこれだけ骨折馬が出ています。JRAは何を考えているのでしょうか?馬場を管理している人はこの事態をどう考えているのでしょうか?懲りもしない高速馬場のせいでどんどん故障馬が増えて、スターホースが居なくなっていく。とにかくサリオスやサンクテュエールが無事に終わったことを感謝しないと。そして安田記念を走るインディチャンプにおいてもとにかく無事に帰ってきて欲しいと思います。アーモンドアイが走ることになり、安田記念の1番人気はちょっと難しくなりました。1番人気は譲ったとしても、是非チャンプには1着を目指して...旅の始まりは夢のおしまい

  • 夢をありがとう

    サリオスは日本ダービーにおいて2着に敗れました。勝ったコントレイルは本当に強い馬で、サリオスもダービー馬の資格は十分にあったと思います。勝つだけの能力や実力はありましたが、運が向きませんでしたね。コントレイルはそのサリオスの猛追をさらに突き放してしまいました。枠が逆であれば着差は3馬身も離れないとは思いますが、それでも着順は変わらなかったかもしれませんね。サリオスは残念なことにクラシックを取ることができませんでした。非常に残念です。今回、きつい調教にも耐え、厳しいレースもしましたのでサリオスには相当の疲れがあると思います。堀厩舎のスタッフやNFしがらきの方には、ウイークポイントである右トモを中心に十分にケアしてもらい、また秋にさらに強くなってターフに戻ってきてもらいたいなと思います。本当に残念な結果ではありまし...夢をありがとう

  • 行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って

    いよいよダービーです。ブレイクランアウトのダービーはグチャグチャ馬場で見ているのもつらいレースでした。レッドリヴェールのダービーはクラブへの怒りで馬がかわいそうで仕方ありませんでした。今回は3回目です。しかもサリオスという人気馬で臨むダービーです。出るだけだって本当に大変なレースなのに、そのレースに大きな期待を持って臨む。こんなことはもう二度とないかもしれません。そのくらいの幸運であると感じています。さらに日本中を襲うコロナ禍において、競馬だけは開催が続いているという幸運。本当にありがたいことです。競馬自体が中止になっていたら、サラブレッドにとっての一生に一度のレースにも走れないで終わってしまうという事態になっていたでしょう。こうして大きな2つの幸運に支えられて今年のダービーが行われます。幸いにしてサリオスは順...行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って

  • サンクテュエールの夏

    今週はクライマックス第1週と言う事でサンクテュエールが優駿牝馬(オークス)に出走します。この馬は私の勝負馬でして、キャロットではトゥザクラウン以来のクラシックを意識した馬です。実は兄にも出資を申し込んだこともありましたが落選。改めてこの血統馬に自分の一口馬主としての集大成となる夢を託しました。戦績は言うことはありません。新馬勝ちのあと重賞2着。続くシンザン記念を関東牝馬でありながら見事に制覇。桜花賞も苦手な重馬場を懸命に走り、掲示板こそ逃しますが6着と最後まで諦めずに頑張ってくれました。オークスはとにかく良馬場を願いたいものです。キレを武器に戦うサンクテュエールには重馬場はかわいそうです。とにかく天候に恵まれて欲しいと考えます。良馬場であれば人気も落とす今回はチャンスはあると考えます。サンクテュエールにとって、...サンクテュエールの夏

カテゴリー一覧
商用