searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

gerkunさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ガーくんFX・CFDブログ
ブログURL
http://gerkun-blog-4.com/
ブログ紹介文
テクニカルアナリスト、ガーくんが為替・CFDの相場見解を解説
更新頻度(1年)

20回 / 116日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2020/04/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、gerkunさんの読者になりませんか?

ハンドル名
gerkunさん
ブログタイトル
ガーくんFX・CFDブログ
更新頻度
20回 / 116日(平均1.2回/週)
読者になる
ガーくんFX・CFDブログ

gerkunさんの新着記事

1件〜30件

  • ドル円見通し5/27

    先週22日からはコロナで開催が延期されていた全人代が開催され、香港の反政府デモに対して法的に取り締まりを強化する方針を出しており、国家分裂や反逆行為を禁ずる「国家安全法」の香港への導入が検討されています。これにより、香港の市民からは猛反発を招いており香港ハンセン株価指数は大きく下落しました。 トランプ政権からコロナ拡大の賠償を求められていた中国政府ですが、不当な賠償請求は一切受け入れないと発言する

  • ドル円見通し5/21

    先週のトランプ大統領のドル高容認発言を受けてドル円は底堅い動きとなり、日銀が5月22日に臨時金融政策決定会合を行うと報道があり、ここでの追加緩和政策期待から円が売られドル円は上昇。日経平均も底堅い値動きとなりました。 19日にパウエル議長の議会証言で108円まで上昇したものの真新しい発言もなくそこからは下落となりました。 108円は1か月以上続いているレンジの上限、米中問題の再熱、コロナ治療薬の期

  • ドル円見通し5/19

    トランプ大統領は先週12日マイナス金利導入をFRBに要求し、一時107円を割るドル安継続となりましたが翌日13日パウエルFRB議長はマイナス金利導入を検討していないなどとマイナス金利導入を否定し、106円台継続できずに再び107円台へ反発しました。 その後トランプ大統領は12日とは打って変わって14日には「強いドルが必要だ」と発言しドル高を容認する発言をしました。これまでトランプ大統領はドル安を

  • 24時間取引可能

    FXの特徴として、現物の株式投資と異なり、24時間取引できるという利点があります。(FX業者によって多少異なりますが) ですので、サラリーマンの方でも退社してから、夜自宅で取引できるなど、自分のライフスタイルを変えずに、取引を行うことが出来ます。 外国為替市場 FXでは外国為替市場とよく耳にするけどどこにあるの? 外国為替市場とは市場と名前がついていますが、東京証券取引所や大阪証券取引所などの 特

  • ローソク足

    相場の値動きを見るのに使われるチャートの形式には一般的に大きく分けて ・ローソク足 ・バーチャート ・折れ線 の3種類があります。 現在一般的に多く使われているのはローソク足で、相場の値動きを分析するにあたってはこのローソク足の見方を覚えるのは最低限必要です。 ローソク足 ローソク足は、レートの価格の推移を各時間ごとにローソクの形で表しているもので、チャートはこのローソク足の複合体でできています。

  • 米雇用統計市場最悪予想

    本日8日の日本時間21時30分に行われる米雇用統計ですが、 非農業部門雇用者数 前回-70.1万人 予想-2200万人 失業率 前回4.4% 予想16.0% と過去に見ない悪化の予想となっています。 最近の雇用統計はあまり数年前のように注目されなくなってきて値幅も限定的で つまらないなーという印象でしたが、コロナの影響を受けまた注目されるようになりました。 先月からの経済指標で相次いで悪結果が出て

  • FXとは

    FXとは「Foreign Exchange」の英略で、日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。 株式投資は株に投資しますし、不動産投資では不動産に投資します。 FXでは、何に投資または投機するかというと「外国為替(外国のお金)」に投資、投機します。 「外国為替証拠金取引(FX)」は文字から分かる通り「外国為替取引」と「証拠金取引」が合体したものです。 それぞれの取引は、一体どういうものなのか。

  • 今週、来週のドル円

    ドル円 先週の4月30日は日銀、FOMC、ECBを消化したこともあり、月末のロンドンフィクシングに向けてユーロ、ポンドが急上昇。それにつられてドル円も急上昇する展開になりました。 しかし、経済指標の悪化、政策金利の低水準、さらにはコロナの拡大でトランプ大統領が中国への責任追及や中国への関税引き上げ検討など、米中問題が再熱していることもあり、上昇しても上値は107円半ばまでと引き続き戻り売りの展開が

  • 損切りが出来ない人へ

    損切りって損失を認めるわけですから、正直したくないですよね。 でも、損切りが出来ないと効率よく資金は増えないし。 分かってはいるんですけど、私も最初は損切りが苦手でした。 しかし、「表裏一体の法則」と損切りを照らし合わせたときに、 以前より格段に損切りへの抵抗が減り、資金の増加効率も良くなったので その「表裏一体の法則」を紹介したいと思います。 表裏一体の法則 表裏一体とは 2つのものの関係が裏と

  • 勝ち続けているトレーダーに共通しているもの④

    ・①検証している ・②ロジック・取引ルールがある ・③相場の上に立たない ・④継続している 継続している これはFXに限ったことではありませんが、やると覚悟を決めたものに対しては成功するまでやり続けることが大切です。 成功しても成功し続けるにはさらにやり続けることが大切です。 人生は下りエスカレーターに乗っているようなものです。 日々努力をして歩いていても、やっと現状維持できるかぐらいです。 歩く

  • 米国政策金利発表(FOMC)

    米国政策金利発表(FOMC) 30日、日本時間午前3時に発表されたFOMCでは政策金利を0.25%に据え置くことを発表しました。 コロナ拡大の影響を受けて3月3日緊急利下げで0.5%の利下げ。3月15日には1%の緊急利下げを行い。計1.5%もこの短期間で利下げを行いました。 さすがに、実質0金利の現在から利下げを行い、マイナス金利の導入は考えづらく、市場予想と変わらず据え置きとなりました。 FRB

  • 日銀金融政策決定会合

    日銀は27日の金融政策決定会合で追加の金融緩和を決定しました。 「年間80兆円をめどとする」としていた日銀の国債買い入れ額の上限を撤廃。 社債やCP(コマーシャルペーパー)の買い入れ上限も合計7兆4000億円から合計20兆円まで拡大。 と発表されました。 国債の買い入れ上限撤廃、社債やCPの購入枠拡大で金融市場へ資金を供給し、金利上昇を抑制、コロナで影響を受けたき企業の資金繰りを支援する。国民へ一

  • 勝ち続けているトレーダーに共通しているもの③

    ・①検証している ・②ロジック・取引ルールがある ・③相場の上に立たない ・④継続している 相場の上に立たない 「相場が上がるのか、下がるのか、次にどう動くか、100%で分かる人はいない」 この事実が前提にあるにも関わらず、連勝していたり、調子が良い時には、 「俺の予想はすごい!!」「俺の取引はすごい!!」 などと調子に乗り、心のどこかで自分が正しいと思い込んでしまいます。 自分を過大評価したり

  • プロスペクト理論

    FXの世界ではよく耳にする言葉かもしれませんが、この人間の行動心理を理解していないといくら勝てるといわれる手法を知っていても使いこなせることが出来ません。 「プロスペクト理論」とは プロスペクトとは英語で「期待」という意味で、人間は利益と損失の期待値をどう考えているのかを表したものです。 結果から言うと人間は、 得をするよりも、損をすることに敏感に反応してしまうというのがこのプロスペクト理論です

  • ドル円・日経平均ともに横ばい

    ~ドル円~ 原油の急落を受け、ドル円は上値を抑えられる展開となり小幅な1時間足レンジの下限まで下落していきました。 その後、ドル円は原油5月物の21日の最終取引終了後に原油の下落一服、テクニカルでの短期足レンジ下限ということもあり反発し上昇しました。日々の経済指標やニュースに小幅に反応しながら、引き続き小幅なレンジを上下に行ったり来たりする展開です。 次に大きく動くために力を蓄えているようにも思え

  •     原油価格の暴落

    4月20日、WTI原油5月物が史上初めてマイナス価格となりました。6月物も43.4%暴落に。。。 コロナの影響で、世界経済の稼働停止が起こり、原油の需要と供給のバランスが崩れ、原油需要が大幅に落ち込みました。 原油が使われないことで原油貯蔵タンクが満杯になり、原油在庫を抱える維持費だけがかさむ中で、安くても原油を売りたい圧力が強まり原油価格をさらに押し下げた形となりました。 そして、需要が大幅に落

  • 勝ち続けているトレーダーに共通するもの②

    ①検証している②ロジック・取引ルールがある③相場の上に立たない④継続している ロジック・取引ルールがある FXは、世界の経済や政治など多くの要因が影響して価格が変動していきます。そのすべてを理解したとしても教科書通りに価格が変動していかないのがFXです。その中ですべての取引で100%勝ち続けて利益を出すことはほぼ不可能に近いです。 勝ったり負けたりを繰り返しながら、勝率や、リスク対リワードのリワー

  • コロナショック相場一旦一服

    今月に入り、為替は実体経済とは裏腹にコロナウイルスの影響を織り込んできており、やや落ち着きを取り戻してきたように思えます。 ~ドル円~ ドル円は、今月106.90-109.39の横ばいで推移しています。 米国の迅速な金融政策・財政政策の効果もありパニック相場が一巡し、今後は短期的なコロナへのニュースや発言で値動きが多少上下してくると思いますが、正常に金融政策方向へドル安バイアスがかかっていく可能性

  • 勝ち続けているトレーダーに共通するもの①

    FXをやっていると何が正解なのか分からなくなる時期が大半の人は訪れると思います。 どの手法が正解か、どの通貨で取引するのが正解か。など迷うと思います。 実はどの手法が正解か不正解か、どの通貨が正解か不正解かなどというのは存在しません。 唯一正解があるとすれば勝ち続けた人が正解なのです。 その勝ち続けている人の中にはそれぞれ違う手法を使っているでしょうし、違う通貨で勝っている人もいるでしょう。そんな

  • FXで稼ぐためにまず考える事

    FXは「一攫千金」のゲームではない。 FXを始めるきっかけは人それぞれだと思いますが、 「短期間で億万長者」「簡単に稼げる」「片手間で稼げる」 こんな売り文句に踊らされてFXを始める方も多いと思います。 しかし、実際に稼ぎ続けている人は全体の2割以下といわれているように、8割以上の人達は相場から退場していっています。 その2割以下の実際に稼ぎ続けている人達も最初から勝てている人はごくわずかで、失敗

カテゴリー一覧
商用