searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

オキツさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
『自由の哲学』を読む~日々の暮らしから
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/oneby1/arcv
ブログ紹介文
流れゆく日々の中で、少しだけ立ち止まる。立ち止まることで自分の考えが見える。見えたら行動を変えたくなる。身の周りの出来事に学び、周りと一緒に幸せになっていきたい。人智学を勉強する、書く人。
ブログ村参加
2020/04/12
本日のランキング(IN)
フォロー

オキツさんの新着記事

1件〜100件

  • かーちゃん、最近常識ズレてるな

    昨日の夜から、たまにコンコン咳が出る。風邪だろうけど、一応念のために、手元のキットで抗体検査をして、シロだったから今日も元気に出勤した。出勤しようとしたら、夫が「迷惑やからやめといたら?」と言い、子ども(中3)が、「最近、かーちゃんは常識がズレてるよな」と、言う。え、マジで?なんなんだ〜〜〜、この二人は!それとも、そっちがスタンダード???職場でそういう話をしていたら、「なら安心ね、ていねいにありがとう」って感じだった。もう一人の人も、「どのキットですか?鼻の奥に入れるヤツはたまりませんよ!」という話にもなったりして。ワタシもそういう感覚なんだけど、体調全然悪くないし熱もないんだけど、ちょっと喉痛いだけで休むもの??しゃべってて気づいたんだけど、常識は、時代と場所と状況によって変わるよね。常識は多くの人が正しい...かーちゃん、最近常識ズレてるな

  • 50を越えてなお。目指せ自家発電

    今日、しゃべってた60歳くらいの人が、「アンタ、まだ若いから、これから何でもできるね~」と言った。50歳越えて、こんな風に言われたら、ふつー「へ?」って思うけど、この人に言われたら嬉しくなった。だって、この人、60歳になってもなお、新しいことに挑戦しているから。周りは困る事も多いかもしれないけど。そして、そう言われたら私は、ぼんやりいつも思っている「どストライクのことを仕事にしたい」という思いが、瞬間沸騰するみたいに高まった。そうやってすぐ、人に影響されて励まされたり、怒られて落ち込んだりするのが、我ながら「アホやな~」と思うんだけどね。でも、そうやって輝いている人が自然にまわりも照らしてるってのは、1人の力だと思うわ~。「やめとけ」とか「無理やろ?」とか言われてたら、何もできない気がしてくる。逆に「今からやね...50を越えてなお。目指せ自家発電

  • 小さな焦りと、小さな幸せ

    50代になってメガネが必要になってきた。だけど、ず〜っと目が良かったから、メガネの扱いには慣れてない。細かいものを見る時、それ以外の時。付けたり、外したり、付けたり、外したり。あ〜、めんどくちゃ〜い。あちこち探すのも面倒なので、外したメガネは、首にかけておくことが多い。今日は、ちょっと急ぎの用があったので、路肩に車を止めて、メガネを外して首にかけ、急いで買い物だけして、すぐ車に戻った。そして、アレコレの用事を済ませて、夜。ピアノを練習しようと、楽譜を広げたら、あれ、メガネがないっ!うそっ…?!最後にメガネを意識したのが、昼前に車を止めて一瞬走った、あのシーン。そして、1時ごろあそこに行った時に、メガネは首になかった。その間、立ち寄ったところは3カ所。う〜む、小走りだったし、道ばたに落ちたとしたら、車に踏み砕かれ...小さな焦りと、小さな幸せ

  • お鍋が終わればグリルパンも

    あんまり見たことない、紙やすりのネット、みたいなお鍋の焦げをゴシゴシこすり洗いして、お鍋の地肌が見えた時の喜びをブログに載せていたら、お邪魔したお友達のところで「コレいいよ!」と、さらなるアイテムを分けてもらいました。コレ‼️圧力鍋ご綺麗になったので、次は、グリルの中に入れて使う鉄の鍋。というか、フライパンと言うか…の焦げ付いてしまった所を擦ってみると、おおっ!!くるくる円を描くように擦っていたら、その周りの黒く焼き付けた所も取れて、黒いグリルパンが銀色に!もとからフタの裏は銀色だった、みたいになり、びっくりしました‼️もとから黒いからクロガネだと思ってたんだけどなー。知らなかったよ。でも、テフロンとかで、焦げ付かない加工をしたものなら、塗装が剥がれたら捨てるかもしれないけど、そもそも鉄だから、黒くても銀色でも...お鍋が終わればグリルパンも

  • 地球に生きる人間を肯定する

    温暖化だの、流行りウイルスの蔓延だの、地球規模の災害が増えています。自分の住んでいる地域だけで、どうこうしたってどうにもないようなことが急激に増えてきました。でも、まさかトンガの火山が日本に津波を起こすなんて、考えたこともなかった。ホントに地球って、まるごとでひとつなんだ、と驚いているところです。地球のあらゆる生態系が、地球という全体を作る一つひとつの細胞だとしたら、人間はガン細胞で、異常繁殖している、という説もありますが、そうは思いたくない。人間がこんなに傍若無人なのに、まだ生かされているってことは、人間は成長を期待されている、人類には未来がある、ということだと思う。ティーンエイジャーの頃は、「人間が絶滅したら地球は戻る」なんて、シニカルに考える方が気持ちにフィットしていました。でも、50を越えたら、人間がそ...地球に生きる人間を肯定する

  • 今の心の動きを描いてみる

    パウル・クレーの絵を見ていると、音楽っぽいとか、時間感じるとか、なんというか…、動きを感じた。なんだろ、この不思議な感じ??図書館に行ったついでに画集を借りてパラパラと見ていたら、クレーの言葉が出ていました。うろ覚えだけど、こんな言葉。「変わらないものを描くのではなく、今、自分の中で起こっていることを表現する」これこれ!これめっちゃ響く。これなら私でもイケる!「デッサン力がないからって、絵に苦手意識を持っているのはもったいない」と思って、あれこれカタチだの色だのにじみ絵だのをやってみて、たどり着いたのは「楽しんで描けばいい」の境地。「今、自分の中で動いているものを表現する」これなら、上手・下手を気にしなくていいよね。人からの評価もいらない。そして、自分を知っていくことにもなるよね。今日は、久しぶりの神戸シュタイ...今の心の動きを描いてみる

  • 阪神淡路大震災の朝を思い出していたら

    1995年1月17日未明。大阪で一人暮らしをしていた頃。ボロいアパートで寝ていると、ぐらんぐらん揺れてビックリして起きた。でも、睡眠不足だし若いし、眠くて眠くて、すぐ治まるだろうと布団をかぶり直して寝ていたら、枕元の棚に置いていた御香立てが落ちてきた。うっそ~~。こんなボロいアパートに住んでるのに、この揺れ!もう壊れそう、神様!ノンキ者の私が机の下にもぐって祈った。そんな怖い思いをしたけど、大阪はまだマシだったとわかったのは、テレビのニュースをつけてから。うっそ~、阪神高速落ちてるやん、空襲みたいに町中が火の海やん…。実家ヤバイ!!おとーさん、おかーさんやだ、無事でいて!!夜明け前にかけた電話は奇跡的につながった。家は壊れてなかった。両親も生きてた。ふぅ~~~。奈良と京都に近いところに住む上司から電話がかかって...阪神淡路大震災の朝を思い出していたら

  • 全室、会話禁止なら、逆転現象もアリか?

    今日までのメトロポリタン展、全展示室に学芸員さんが「会話禁止」のプレートを持って、立っておられました。その場で会話できないなら、人と行く意味ないじゃん…。って反射的に思ったんだけど。そうだ、手話の出番だ!手話ユーザーと一緒に行って、声に出しては会話できない音声言語の人たちを後目に優越感に浸りながら会話してみるのはどうだ?って、私がストレスなく手話で話ができていたのは、もはや四半世紀前。以来、すっかり忘れてるから、口話読み取れなかったらわかんないんだよ~。って、結局、会話できないというオチでしたが、私はともかく、普段不便を蒙っている方が、便利さを味わえるという逆転現象が、たま~に味わえるのは、かなりオツですね!全室、会話禁止なら、逆転現象もアリか?

  • メトロポリタン展はお一人で

    昨日の夜に急に思い立ち、週末までの大阪のメトロポリタン展に行ってきました。計画性がないな~。誰かと行きたいな~と思ったんだけど、急だったのと、そもそも人を誘うのが苦手なので、お一人様で。絵を見に行く時、誰かと一緒に行ったら、あれこれ感じたことを話せて、その分、見方も広がるから、とても楽しい。1人で行ったら、好き放題に自分のペースで見られるから、それはそれで、静かに充実する。「絵を見たな~」って感じになれる。今日は、一人。混雑を避けて朝イチで行ってみたら、思っていた以上にすいていて、自分のペースで見ることができた。最初から全部みっちり見ると疲れるので、まず会場を最初から最後までザザッと歩いて、展示室ごとのテーマを掴む。んで、全体を見回して、ちゃんと見る部屋や興味深い絵になんとなく目星をつけておく。そして、その絵は...メトロポリタン展はお一人で

  • ホントに「みんな違ってみんないい」と思えるツール

    『フォルメンを描くⅡ』の7章に書いてあった、シュタイナーの言葉。私たちが、木や植物、雲や石の内に、線の導きとして、内的生動性として生きているものを取り出すならば、…私たちの芸術作品を通して、自然は神々へ語り掛ける。私たちは自然におけるロゴスを発見する。そして、私たちの芸術には、高次の自然が現れる。ちょっとわかりにくいし、私には、解説もできません。これ、でも具体的な努力の方向として、単純な練習が示されています。で、やってみたのがコレ。1枚の紙に8方向の線を何十パターンも描き、それぞれの質の違いを感じたり、テーマを変えて描く、というもの。→やってみた時のことはココこれ、直線でやってみたら、描いてるうちに、「パーティ」とか「勉強」とか、いろんなイメージが重なってきたんだけど、「曲線の方がもっと表現できるのにな~」と思...ホントに「みんな違ってみんないい」と思えるツール

  • もういいんじゃないですか?

    「コレ、紐が切れたけど直せる?」と、夫が出してきた部屋着のパンツ。ウエスト部分を紐で絞めるようになっています。紐は入れ替えました。おっさんのパンツやのに、子どもが小さい時に買ってたピンクの紐!それより、よく見たら、もう生地が破れてるやん。ここをどうにかしないと、紐で締めるどころではありません。というわけで、さっき抜いたブルーの紐の擦り切れてないところを10cmほど×2本切り取り、縫い目あたりの頑丈な生地に2本に折って縫いつけてみました。やたら頑丈で、やたら可愛らしい色の修理。生地が薄くなるほど着たなら、もうお別れでもいいと思うんだけどね。夫は整理整頓が上手ですが、なぜか服は最後まで着たい族なので、彼が着る気でいる間は、どうにかして着れるようにしたくなります。「どーやって直そうかな~」って、手に取ってためつすがめ...もういいんじゃないですか?

  • スマホ代のかわりにお手伝い

    昨日あれこれと中学生の子どものスマホの使い方を書きました。実はあれ、子どもが晩ご飯を作ってくれているヨコでちくちく書いていた幸せな時間。「中学生はスマホ代払えないから、その分、家で毎月数千円分お手伝いして」というリクエストによって、家事を子どもに伝える機会を作りました。昨日は、家にある食材、白菜、豚肉、人参、しめじ、で検索して、メニュー決定。いい時代だなぁ~。スマホ、使いこなしてます(^^)。本日の晩ごはんは、白菜の旨煮と、はるさめ入りかき玉汁を作ってくれました。このかき玉汁を作るのに「はるさめ入れたらおいしそう!」と、応用を効かせてみたりして。いいね〜!結果、きっちり〇ccまではかってスープを作ったのに、はるさめが出汁を吸い取って、液体部分が激減して、ほとんど「卵とはるさめの煮物」みたいになってたけど(^^)...スマホ代のかわりにお手伝い

  • 中学生とスマホ(2)

    中3で遅めのスマホデビューをした子ども。(今まではこういう感じ→ココ)自分でつきあい方をコントロールして欲しいし、別にスマホは遊ぶだけの道具でもないから時間制限をするのはナンセンスだと思い、フィルター以外の制限なしでスマホを持たせて約1ヶ月。振り返れば、会話は減り、夜更かしもしている。う〜ん、自分でコントロールしてもらうためには、いったんそういうところを通る必要がある。わりと信頼してるから、このまま見守るだけのつもりなんだけど…。とは言え、感受性豊かなワカモノの時代を、刺激の強いコンテンツの消費に食い潰されるのは、成長のチャンスを奪ってしまうことになるのでは?この状態は、「自分から何かをしたい」という意欲や、「こういう社会がいい」という理想を描く時期に、その萌芽が摘まれているのでは?親としては、制限するべきか、...中学生とスマホ(2)

  • 単純な道具のメンテを楽しむ

    ウチのお鍋は、なかなかタフである。十年くらい平気で放っておかれる。もう、どう見たって取れないでしょと思うくらい、全面的に焦げ付いて、やっと掃除してもらえるんだけど、今日がその日でした。何か他にやることがある日に、鍋なんかを磨きたくなるのよ(^^)。特に、頭脳労働に迫られる時には、目に見える単純作業がしたくなる。で、これ!焦げ落とし用の紙ヤスリみたいなのでガリガリ力を入れて磨いていく。10年選手の焦げでも、意外と取れて行くのよね。半分取れたところで、嬉しくなって写真を撮りましたが、最後は全面的に、内も外もピカピカになりましたよ~。「どんだけ頭脳労働がイヤやねん」、ということではなくて(ということも多少あるけど)、頭を使うなら、身体も使いたくなる、ということなんだろうな~。きっと、私がコントロールしないところで、無...単純な道具のメンテを楽しむ

  • 自分で感じるのをサボる

    小さな紙に、直線を数本描いてみる。いろんなパターンを50種類くらい描いてみる。50種類も描けるのかわかんなかったけど、とりあえず、コピー用紙の裏に描き始めた。20枚くらいは全体のバランスを考えて、描こうと思った。30枚くらいになると、無造作に線を重ねるだけじゃなくて、その線の重なりに「希望」とか「停滞」とか、イメージを感じるようになった。そこで、コピー用紙がなくなり、コタツから出るのがおっくうで、36枚でいったん中断。そこから、また、一日おいて描き始めたけど、なんか、面倒くさくなってしまって。面倒なのは描くことじゃなくて、それを真摯に感じること。描くだけなら無造作に描けるけど、それを「感じる」のがおっくうで。何か、気持ちを整えてからでないと、ちゃんと感じることに向かえない。心を静かにしないと「この線に何を感じる...自分で感じるのをサボる

  • 10分で達成感を味わってしまおう作戦

    ず~っと続けていること、そして、しばらく続けていくだろうことを、昨日書きました。①朝「心のこよみ」を読む→自分と地球のつながりを意識する。②フォルメンに集中する→自分の内面のさざ波をキャッチする。③寝る前にブログを書きつつ自己認識を深める→「答えは自分の中にある」って毎回確認させられる。今日は、今年始めたことについて、書いておこうと思います。…まだ数日なので、今後はわかりませんが。④一瞬だけでも体力づくり⑤1日1か所のお片付け⑥アントロ(人智学)読書ノートこれね~、マイルールとしては全部「10分でOK」なんです。なんせ、根がナマケモノなんで、「取り組み始めるハードルを低くする」のが先決です。とにかく取り組みやすくしてみました。④の体力作りは、ジョギングとか散歩じゃなくても、階段5往復するとか、スクワット10回と...10分で達成感を味わってしまおう作戦

  • ず~っと続けていること

    聖十二夜の前から、そしてこれからもたぶんしばらく続けていくんだろうな、ということに、次の3つがあります。①朝、「心のこよみ」を読むこと、つまり、自分と地球のつながりを意識すること。②フォルメンに集中して、自分の内面のさざ波をキャッチすること。③寝る前にブログを書きつつ自己認識を深める「答えは自分の中にある」って毎回教えられる。あら、中身にしか興味ないみたいね。そうなんよね~。昔、社会にしか興味なかったように、今は、人間の中身にしか興味がない。昔、社会を変えるためにマスで言葉を使いたかったように、今、自分を認識し、育てるために個別にオーダーメードの言葉を使いたい。私が今やっているあれこれって、つまり、セルフで自分を育てる大人の学校、ってことなんだろうな。形はいろいろだろうけど、自分を育てることに喜びを感じる人、多...ず~っと続けていること

  • 聖なる十二夜、12日間どう過ごしたか?

    クリスマスから1月5日までは、1日が1か月と対応する聖なる十二夜。12月25日が1月、26日が2月と関係する、というように、1日1日を大切に過ごそう、としていました。ええ。12月25日には。で、結果。確かに、最初は意識的に過ごしたけど、実家に帰ったらもう、わちゃわちゃで。この場合、目標設定がおかしかったのか??まぁ、久々の再開だったから、全然後悔はないけどね~。クリスマスから1月2日までの9日間は、自分比、意識的に過ごしたけど、年明けからは、もう、のへのへ~~~っと。あ、こっちは反省します。その気になれば、ふつーに意識的に過ごせたもの。1年かけて、どんな関係があったか、答え合わせのために、メモしておこう。1月(12月25日)家族でエニアグラム遊び。楽しく内面に注目。2月(12月26日)人からの気持ちを受け取り、...聖なる十二夜、12日間どう過ごしたか?

  • 「悪」を選べる必要だってあるのよね…

    年末から読んでいた『クリスマスの秘密』。内容が深すぎて、図解したくなり、今日は最終講の第5講をノートにまとめていました。正月休みにふさわしい清らかな行いだわ~(^^)。これが続けられたらいいんだけど、まぁ「無理でも3日坊主、10回続けば一か月」。さて。今日「うわ、すご~!」と驚いたのは「ゴルゴタで復活した後、どうしてキリストは地上に留まらなかったのか」についてです。あ、私も「キリスト」とか、何教とか何宗とか何派とかよくわからないので、各宗教共通の「人智を越えた神的な精神存在」として、読み替えていましたが。カミサマが全知全能だとしたら、そのまま地上にいてくれたら、人が殺し合いなどの悪いことをしないで、人類はずっと平和にいられたのに。なんでカミサマは人を見捨てて昇天したの?っていう問いですね。これね~。これに対する...「悪」を選べる必要だってあるのよね…

  • 最後まで気を抜かないで

    お正月、画材屋さんで24色のコンテ(ハードパステルというのかな?)を買ってきました。赤青黄の濃淡、つまり3×2=6色のパステルは、レンブラント、ファーバー、100均と、3種類のメーカーのものを持っていたのですが、新たに24色のコンテ。見てるだけでときめく!!と言いつつ、結局使ったのは、使い慣れた青の濃淡と、目立たないように赤と黄色を少々。24色も、いらんやん(^^;)。久し振りに、フォルメンを離れ、クレヨン以外の画材をさわっていると、「色って光だな~」と思います。デッサン力がない私でも、パステルを触ってると、とにかく色がやさしくて楽しい。削ったりこすったりして遊んでいたら、はがきサイズの青いカードができました。光に吸い込まれそう。できた絵(?)に一言添えて、最終的には、「お正月、散歩しててコケて縫った」という友...最後まで気を抜かないで

  • お正月を任される

    「おかーさんはもう、みんなの世話が大変だから、アンタたちで全部好きにやって」と、去年、リタイア宣言をした母、御年80歳。はい、もう充分です。今までありがとう。ゆっくり見ててくださいな。というわけで、今年は、核家族なりに両親がやってきたお正月の仕来たりを私たち世代が引き継いで孫世代に受け渡すべく、実家のお正月を現役世代で仕切ることに。とは言え、兄も私も18で家を出てからというもの、そんなに意識的にお正月を過ごしてないので、まぁ、毎年手伝ってはいたとは言うものの、メニューから何から何まで、「あれ、これってどーしてたっけ?」だらけです。でもまぁ、誰もウルサイことを言わないので、31日の夜は兄夫婦が、1日の朝昼はおせちを両親が、1日の夜は私たちが、2日はアリモノで軽く、なんとなく形を整え、賑やかに3日間を過ごせました。...お正月を任される

  • 上がり下がり

    上がったり下がったりしながら歩けるのが幸せ上がり下がり

  • 歩いたらいい

    そういうのから自由になろう歩いたらいい

  • 大晦日

    さて、実家に帰るか!大晦日

  • 4月は余裕で、5月に追いかけられる? やだーっ!

    聖十二夜の4日目と5日目。昨日29日は、クリスマスから数えて4日目。4月と関係のある日。今日30日は、5月と関係ある日。昨日も今日も、「こころの暦」の言葉での瞑想、フォルメン、のち、ごはん、という、朝のルーティンをしてから、リビングで読みかけの本を読了し、アントロ関係の本を読み…な、余裕の一日。昨日は、デザートを作ったり昼寝をたり。年賀状を書けっ。部屋を片付けろっ(^^)。てな感じです。ああ、振込しないといけないのもあった…。もしかして、面倒なことを後回しにしちゃう月だったりして。うわ~~~、しまったっ!!明日挽回せねば。と言いつつの今日。大掃除は明日に回して、とりあえず、振込み処理をしてから、キッチンをちょこっと掃除。その後、いよいよ年賀状を書きはじめ、あれこれ中断されたりしながら、真夜中までかかって完成。2...4月は余裕で、5月に追いかけられる?やだーっ!

  • やっぱり書いてる

    掃除やらなんやらをするために、書かないでいる日を作ろうと思ったけど、結局なんか考えたり書いたりしてるから、そのまま写真でアップします。でも明日から〜。やっぱり書いてる

  • カミサマの話は難しい

    クリスマスからこっち、「クリスマスの秘密」(ハンス=ウェルナー・シュレーダー)を少しずつ読んでいます。三位一体の神だの天使だの、悪だの、いろいろと「あっちの世界」のワードが出てくるので、抵抗感じる人もいるだろうな〜と思います。私だって、10年前は「うわ、マジで天使とか言ってる?」って感じだったのに、いつの間にか、抵抗なくなってる。どころか、そういうのを仮定する事で、「おお~、辻褄会うじゃん!」って感動すら覚えるんだよね…。その中身を覚え書きしておこうと思って、ふと立ち止まってしまいました。カミサマ的な話って、いくら自分が感動したって、言葉遣いの障壁がものすごく大きくて、共通言語がなければ、わかちあいにくい。たとえそれが家族であっても、カミサマとか言い出されたら、「へ??」ってなる。そもそも、人のカミサマ話って、...カミサマの話は難しい

  • 来年3月はメディアデトックス?

    聖12夜の3日目。つまり、来年の3月がどんな月になるか、今日の在り方と関係がある、という12月27日。聖十二夜についてはこちら私は仕事じゃなかったし、子どもも学校は休みなので、朝、まどろんでいると、ガチャ。玄関の音。あ、夫が出勤したらしい。ごめ~~ん(^^;)。寝床の中で、夢うつつの状態で浮かぶいろんな話題(?)を、半分、寝ながら追っかけてたら、現実社会に出て行く夫を見送れなかったわ。いかん。バランスを欠いていた。浮かぶ話題は、家族の事、両親の事、仕事の事、勉強会の事、自分の生かし方の事、などなど、本当に身近なことばっかりだったのに。気を取り直し、暦の瞑想やフォルメン、手帳のチェックなどなど、朝のルーティンを済ませ、活動開始。今日やろう、と思っていたことを淡々と進め、パズルがカチッとはまったいくつかは、完了。パ...来年3月はメディアデトックス?

  • 来年の2月は、Pay it Forward?

    12月26日は、聖十二夜の2日目です。聖十二夜とは、クリスマス12月25日から数えて12日間を指し、1日が1か月と関連する、というものです。詳しくは、一昨日のブログにて。聖なる十二夜のはじまりそう思えば、一日がとても大切に思えてきます。なんたって、1か月分が決まるような気がして。なので、今日も、朝だけは、私のくせにきっちりと過ごしてみたりして。起きたらちょうど朝日の時間だったので、清らかな気分になって、朝日に向かって祈り、「心の暦」(←1週間ごとの詩のようなものbyシュタイナー)をマントラに、しばし瞑想。のち、紙上をフォルメンで動いて、自分の中身を照らしてみます。机に座った続きで、クリスマスについて書かれた本や、フォルメンの本なんかを読んで、知らないことやナゾについて調べたりしていると、ゴソゴソと家族が起き出し...来年の2月は、PayitForward?

  • 中学生が、両親を恋人同士に戻す「エニアグラム」

    今年のクリスマスの晩ご飯。サーモンのホイル焼き、クリームシチュー、サラダ、オムライス、フルーツゼリー、コーヒー。あ〜、おなかいっぱい。食後に、リビングでくつろいでいる時、「おっと、今日の過ごし方が1月と関係あるんだった!」と、思い出しました。▼詳しくは昨日のブログをどうぞ聖なる十二夜のはじまり1月に関わらず、目の前でまず望むこと。家族で仲良く過ごしたい。そーだ、こんな時こそ、ゆっくり話をしよう!子どもは中3反抗期だし、夫は、自分のことはあまり話さないから、こないだから勉強仲間がよく話題にする「エニアグラム」をやってみたいな〜と。自己認識系のアクティビティには、夫はわりと抵抗を示すので、どうかな〜と思いつつ「エニアグラムって知ってる?」と聞くと、「ああ、会社の研修とかでも時々やるよね」と、以外とスムーズに受け入れ...中学生が、両親を恋人同士に戻す「エニアグラム」

  • 聖なる12夜のはじまり

    小林直生さん訳で涼風書林から出ている『クリスマスの秘密』という本を読んでいます。ツリーの飾りの意味や、天使の話など、この時期に読むと心が透き通って行くようなことがあれこれ書かれています。その中で、今日ご紹介したいのが、「聖十二夜」のこと。シュタイナー界隈でよく聞く話なので、ご存じの方もおられるのではないでしょうか。クリスマスの今日からスタートなので、私もちょっと向き合ってみます。「聖十二夜」というのは、クリスマスからお正月明けまでの12日間の毎日が、来るべき年の1か月と関係している、という意味です。12月25日は、1月と。26日→2月27日→3月::1月5日→12月と関係している、というように。これ、思い当たりませんか?私は「そういえば…」というのが結構あります。クリスマスの日、25日は、普段より神聖な気持ちに...聖なる12夜のはじまり

  • よりそってみる

    ふだん私たちは、自分の快・不快で相手を決めつけるという、ずいぶん荒っぽいことをしています。これが欲しかったのに違うものをくれた。わかってないな~。もっときっちりするべきなのにノリで動かれたら迷惑だわ~。などなど。これって、自分の想いと重なってるかどうかだけの話で、相手の意図にも想いにもまったく無頓着に判断を下しているだけの話です。いつも、そういう感じなのですが、植物観察をしながら、「対象的思考(後述)」を一緒に学んでいる人たちと、今日、お話をしている中で、「それじゃ、ホントのことはわからんままやなぁ~」と思いました。というか、知ってたけど、改めて。毎月1回、この集まりの日にそう思います(^^)。Kさん、そして一緒に学ぶみなさま、ステキな時間をありがとうございます。「対象的思考」は、対象に寄り添うことで、対象が語...よりそってみる

  • 細く長く、ご縁をつなぎたい

    人間関係を細く長く続ける、ということが、とても下手クソです。過去のひととき、本当に濃く一緒に過ごした縁をもちろん忘れたわけではないのだけれど、つい目の前の事に集中してしまう傾向が…。今までお世話になった人にも、不義理をしちゃってて、申し訳ない限り。振り返れば、向こうからつないでくださる方以外は、だんだん切れてしまう感じだなぁ。でも、私の中で過去は、いつでも戻れる形のままパッケージ保存されていて、そのフタを開けさえすればすぐ暖まる、と思っているんですけどね、ちょっと違うのかな。高校の頃からすでに、中学時代の友人に「もう私には興味ないのかと思ってた」と言わせてしまったほど。…今、私のまわりで、そういう思いをさせてしまっていたら、申し訳ありません。そういう人たちの顔が浮かぶ、年末の年賀状書きです(まだ書いてないけど)...細く長く、ご縁をつなぎたい

  • ドビュッシー「月の光」~ベルガマスク組曲より~

    趣味でピアノを弾いています。今弾いているのが「月の光」。のんびりやってるので、弾き始めの頃から季節が変わりました。秋の月も名月でよかったんだけど、やっぱり冬だよな~、この曲は。呼吸ひとつで、生きたり死んだりしそうなくらい、ギリギリの張りつめ感とか、美しさと哀しさの混ざりあった感じとか。これ、楽譜通りには弾けるし、先生は「だんだん出来てきましたね」って言ってくださるのだけれど、イマイチ、楽譜通りにしか弾けなくて、「もうちょっと弾きます」と、さらに1か月くらい伸ばしています。冬の夜。月の光。最初は、このくらいのイメージだったんだけどね。もうちょっと具体的に描いてみる。たとえば、夜の海で、岬に突き出た岩場に一人で座り、海にキラキラ反射する月の光を見ている。雲が月を隠したり、また出て来たり。なんか、そのイメージだと、曲...ドビュッシー「月の光」~ベルガマスク組曲より~

  • どこを走りたい? ポルシェの時、軽トラの時

    中年になって、外からのピンチは結構しんどいので、自分から行動を変えてみることもできるな~と、最近、ちょっとだけ行動を変えてみたら、中身もちょっとずつ変わってきた。行動するって、大きなパワーのあることだね。前は、「自分の中身は考えで出来てるんだから、考えによって変わって行く」と思ってたけど、自分の外身を変えたら、中身も変わるんだね。カラダは一つだから、軽トラの自分がポルシェになることはできないけど、あぜ道を走ることも、高速道路を走ることもできる。その道を走っている時の運転手の心持ちの違い。軽トラなのにポルシェになることを求められても困る。企業の新人研修は、そこで働きたくて来てる人たちに、ポルシェの走り方を教えてくれる。自分がポルシェなら幸せだけど、自分が軽トラならちょっと辛い。軽トラは、野菜をいっぱい積んで、細い...どこを走りたい?ポルシェの時、軽トラの時

  • 意味のない経験はないよね? ってホント?

    10年ほど前「意味のない経験なんてないよね」って言いながら、同じことばっかりやってる子がいました。資格を取りまくって武装したり、百貨店の上から下までチェックしまくるという…。まぁ、いいんだけどね。自分の気質が、どう偏っているかを知ることは、自分というクセのある車を乗りこなす上で、わりと役立ちます。地水火風で言うと、その子は、風の気質。ひらひらと、興味の赴くままに、軽やかに飛び回るチョウチョ。私は、モメごとが苦手な水の気質が強いです。シュタイナー的に言うと、粘液。水は、何にでも寄り添うの。ツボだろうが、コップだろうが、川だろうが。自分を無くしているように見えて、実の質は変えないガンコ者。んで、何でものみ込むの。ゴミだろうと毒だろうと。で、自分からでなく外から変わる方が変わりやすい。時々、隣にある火山が爆発したら、...意味のない経験はないよね?ってホント?

  • 自分を語る人、宇宙を語る人

    10年くらい一緒に勉強している人がいる。同じ勉強をしていても、同じ本を読んでいても、その人は、必ず宇宙の進化、人類の進化を語る。私は、必ず、自分にとって、どうなのかを語る。大人の学びは、現世利益的なことを越えて、どこまでも自己認識の道だと思っている私には、そこが、よくわかんないところでした。でも、自分の外の世界って、自分を映してるよね。文句ばっかり言ってる人には、文句ばっかり言う周りの人が来るし、イイヒトの周りにはいい人が集まる。たまに違和感を覚える人がいる場合は、そこから自分が何かを学ぶために、その人が遣わされた可能性があって、というか、可能性はどうでもいいけど、その人から何かを学ぶ動機にしたらいいわけで。と考えたら、外の世界の究極の大きさが、宇宙だよな~と、ふと思ったりした朝。昨日、頭痛だったせいで(←もう...自分を語る人、宇宙を語る人

  • ふらふらしているから

    今日の糸がたりの会は、「機能性」と「美しさ」がテーマだった。機能性って、何?という話をしていたんだけど私は、「最大公約数」とか、「ものそのもの」だと思った。いろんなコップがあるにしろ、その最大公約数は「液体を入れること」だし、いろんなお鍋があるにしろ、その最大公約数は「ものを煮炊きすること」だ。機能性を犠牲にして、極端に美しさに走ったものは、たとえば、縄文時代の火焔土器とか、デコラティブなルイ王朝のドレスとか。一方、美しさを犠牲にして、極端に機能性に走ったものは、そうだな~、たとえば、美しく季節を表現した懐石料理の代わりに、同じだけの栄養が採れるサプリメントとか、寒い夜にモコモコに着ぶくれた私とか(^^)。機能性と美しさは対立概念なのか?私は必ずしもそうだとは思わない。使い込まれた大工道具がズラリとある道具箱と...ふらふらしているから

  • 舞台を見ること、舞台に立つこと

    ビオディナミのワインとか、ヴェレダの化粧品とか、シュタイナー教育とか、アントロ医療とか、ベーシックインカムとか…。シュタイナー哲学から、いろんな社会実践が生まれて広がっている。今日読んでた本、『アントロポゾフィー協会と精神科学自由大学』。これ、どっちもシュタイナー哲学の組織なんだけどね。両者の立場の違いが整理してあった。アントロ協会員は、お客さん。誰でも歌を聞いて楽しむことはできる。精神科学自由大学の会員は、歌手。自分が歌って広めていく方。お客さんは、マナーさえ守れば出入り自由だし、好きだの嫌いだの言っていい。一方、歌手は、調子がいい時も悪い時も、最後までステージは務めないといけないし、客の良しあしで舞台を降りていいわけもない。というような違い。アントロ協会とか精神科学自由大学とかを離れても、仕事ってのは、舞台...舞台を見ること、舞台に立つこと

  • アナタのこと、信頼していいのかな?

    自分に向いている仕事に出会い、そればっかり30年やってきたものすごく仕事スキルの高い人がいる。包容力もあって、仕事に関しては、すごく尊敬している。一方で、その人が、同じような人間関係の中で居すぎたのか、何なのか、びっくりするほど対人関係が下手なのよ。そんなこと言うたらモメるよ?みたいな事をまっすぐ真面目に言っちゃう。こないだも、「失礼な聞き方になったらゴメンね。アナタのこと信頼していいのかな?」とか言い出した。おいおい。「なんだなんだ??」と思って聞いてみたら、今は何のトラブルも起こってないけど、別のところで傷ついた過去を引きずってて、先走って不安になっていた、というだけだった。ああ~、下手くそ~。私を信頼するかどうかは、アナタが決めることであって、私が答えることじゃないでしょ~~よ。私にそれ聞いてどうするんだ...アナタのこと、信頼していいのかな?

  • 0歳から100歳までの学校

    今日、出会った人は、70歳くらいのマダム…というか、100年くらい山で生きておられるように見える、森の学校(4月から開校予定)を準備中の、着飾らない先生。先生って言っていいのかな?神戸から1時間の山奥で、木を伐り、竹を切り、畑にして、いい顔をして暮らしておられる。農業と学びの小さなコミュニティ。飼い主がオープンなせいか、犬だって吠えない。勝手に入ってくる初対面の私に「遊んで遊んで~~!」と駆け寄ってきた(^^)。この空気感、馴染むわ~~。人間の営み、っていう感じがする。おもしろいのが、「学び」の捉え方。時間割があって、何かを教えてもらうのではなく、関心のあることに自主的に取り組む方式。何かの役割を選ぶことから始めて、自分から動ける力を育てる、だとか。だから、対象年齢が、0歳から死ぬまで、なんだね。何人かの地元の...0歳から100歳までの学校

  • そういえば、カラオケ

    中3の子どもが、やっと手に入れたスマホに、いろいろアプリを入れたり消したりしています。そのうちのひとつ。昨日、カラオケアプリを入れて、車の中でみんなで歌ったりしていたのが、思いのほか楽しかったので、私のスマホにも入れてみました。今日、実家に行ったのですが、その道中、車の中で一人で歌いながら運転していると、あら、移動時間も眠くないし爽快!!!もう、なが~~~いことカラオケなんか行ってないけど、昔は、歌いたい時だけじゃなくて、発声練習とか、楽器鳴らしたい時とか、音出したい時とかに、1人でもカラオケボックス使ってたなぁ~。1人カラオケも、入っちゃえば全然平気。というか…同じアーティストのファンと、「その人しばり」のカラオケするのは楽しいけど、あんまり知らない歌をず~っと聞いてるのは…ね。誰かと一緒の時には、歌うよりし...そういえば、カラオケ

  • 奈良の山すそを歩く(山の辺の道)

    いや~、部活だのコロナだの考えず、日帰りとは言え、家族3人で出かけるのって、なんかすんごい久し振り。もしかしたら、コロナ以来。奈良県の、山の辺の道を歩いてきました。JRの駅にして、三輪から天理までの4駅分。大神神社から石上神宮まで。午前中から日没くらいまで、あっちぶらぶら、こっちぶらぶら、2万歩以上。大和まほろばの景色がいいのよね。山がホントに錦色。植樹した人口の針葉樹ゾーンと、元からの広葉樹のゾーンとが、くっきり分かれてる山じゃなくて、低い山全体が、赤だの黄色だの茶色だの緑だの、その濃淡で、ホントにいろんな色が混ざっている。そして、刈り取り後の田んぼ。蓮根を栽培していたであろう、枯れた蓮の沼。熟しすぎた柿が、今にも落ちそうな濃い色で照り、それを食べもしないカラスが枝にとまり、あちこちから、畔焼きの煙とにおい。...奈良の山すそを歩く(山の辺の道)

  • 感想を聞かせてもらいました(フォルメン)

    一昨日やってみたフォルメンの感想を今日までに、いろいろ聞かせてもらえたので、覚書のためにメモしておきます。・クレヨンで何か描くだけだと思ってたけど、おもしろかった。思いがけずいろいろ感じられたから驚いた。・まさにチームビルディングだったね。またやって欲しい。・帰ってからも、いろいろ思うことがあった。いつもは、言葉で考えながら何か気付くんだけど、形から何かに気付くのがおもしろかった。・普段、仕事をしていると、次々やるべきことがあって、どうしてもそこだけに集中しがちだけど、フォルメンをすることで、気持ちをリセットできた気がする。・自分に戻る時間になった。働いている時は、まわりに向かっているけど、この時間は、自分に向かえた。・何かのセラピーみたいにスッキリした。などなど。人材育成のプロフェッショナルにも体験してもらっ...感想を聞かせてもらいました(フォルメン)

  • 寒さよりともだち優先

    夜中に塾から帰ってきた子どもが、リュックを開けて「あ~、よかった!」と、まるめた手袋を出して確認していた。「かわいいやろ?」と言うので見れば、手袋に、顔。美術部の子がフセンをちぎって顔をつけてくれたそうな。いや、それキープするために、12月の寒い夜に、手袋しないで帰ってきたの???優先事項をみてれば、中学・高校時代は、今よりはるかに友情が大事だったことを思い出すなぁ~。大人の今は、話せる中身が大事。だけど、中学時代には、一緒にいることや、同じもの持っていることなどで友情を確かめあってた。帰ってきてから、イヤーウォーマーにつつんで、謎に写真を撮っていた。本人に送るのだそで。まわりが、どんどん受験モードになる中で、しっかり息抜きも出来ている様子。よしよし!私、すぐにテンパっちゃうから、あの落ち着きが欲しい。かわい(...寒さよりともだち優先

  • 伝える側としての、新しい変化

    昨日、とあるチームで、一緒にフォルメンをさせてもらった。今回、伝える側として初めての境地を味わったので、メモしておきます。それは「自分だけでどうにかしよう」とテンパらなかったこと。「このチームに必要なことを降ろすために、私を使ってください」って、大きなものとの共同作業を意識してみた。って、それイタコじゃ~ん(^^)。でも、そしたらね、その場の流れに自分も飛び込んで行けたし、自分の言葉を実感持って伝えられたし、前もって決めていたことに縛られなかったし、イレギュラーな出来事も、その人を尊重できた。いや~、輪になって机を囲んで、紙も配って、「フォルメン始めまーす」っていう時間になっても、一切振り向かず、前半ず~っとその場で背中向けてた人がいたのよ(^^;)。理由も見えてたから全然OKだったんだけど、あれ、普段の私だっ...伝える側としての、新しい変化

  • チームビルディングを意識したフォルメン

    とある組織で、フォルメンをした。人数は8人、許された時間は30分だけ。短いわ~~。これまで、自己認識としてのフォルメンは、何度か人と一緒にやってみたことがあるけど、今回は、どう考えてもチームビルディングがいい。30分で何が出来るかなぁ~。自分に向き合って、お互いの話を聞いていたら、いつの間にか1時間くらい経っちゃう事が多かった。急ぎたくないんだよな~。しかし、今回許されたのは30分だけ。あれこれコンパクトにしながら、フォルメンという手段を使って、そのチームにとって暖めた方がいいことや、それぞれの人にとって大切なことを組み込んで…。なーんてことを、この1週間くらい、頭の中に置いて、寝たり起きたり暮らしたりしていたら、ある日の寝起きに、イメージが浮かんだ。「これこれ!」と、ピンと来て、その形を何度か動いてみた。川の...チームビルディングを意識したフォルメン

  • 自分たちで読む「自由の哲学」

    「自由の哲学」の読書会を、毎月1回、有志で続けている。大先輩のMさんとは、10年以上前から、7年間かけて、この本の講座を一緒に受けた仲。先生には、みっちり1文ずつ解説していただいた。が、今は自分たちで毎月1章、段落ごとに担当を決めての読書会。今日は、最終章の15章。終わっちゃうのもったいないわ~。「せっかくやから、全ページ読もう!」と、来月もう一度集まり、補遺や訳者あとがきまで読む予定。帰りの電車で、M先輩と話していた。「教えてもらうのと、自分らで読むのって、全然違う体験やったね」「教えてもらう時は、下読みもせずに参加してて、読み解いてもらって“すごっ!って圧倒されてたけど、自分たちで1章ずつ読むとなると、嫌でも自分で取り組みますもんね。そこが良かったです」この読書会、実はおしゃべりのウエイトが結構大きい。今日...自分たちで読む「自由の哲学」

  • 中学3年生、遅めのスマホデビュー

    中3の子どもが、スマホが欲しいと言う。そりゃ欲しいでしょうよ。そう。まだ持たせてなかったの。私がスマホを放置するタイプなので、学校から帰ってきた子どもが、我が物顔で私のスマホを使っていた。LINEなどの連絡も、私のIDを共用。割と、好きなように使わせていたけど、特に、ヘンな使い方もしていない様子。ただ、調べ物や音楽など、便利な反面、魅力的なおもちゃでもあるので、ダラダラ情報を消費しようと思ったら、いつまでも無料で遊んでもらえるツールでもある。だから、あんまり早いうちにスマホを持たせたくなかった。私の考えもわかっていたので、子どもも「スマホが欲しい」とは言い出さなかった。でも、半年ほど前、「クリスマスにスマホが欲しい」と言ったので、「検討する」と返事して、子どもとスマホとのつきあい方なんかも学びつつ、買うタイミン...中学3年生、遅めのスマホデビュー

  • 現実に向き合う子ども、夢見がちな親

    今日は神戸シュタイナーハウスの企画「中学生のハローワーク」の日でした。この企画は、毎月、輝く大人にゲストに来てもらって、学校以外にもいろ~んな常識の、いろ~~んな人がいて、直接その人たちと話すことで、「大人になるのが楽しみ!」と思ってほしいな、という思いで4月に始めたものです。9回目の今回は、ゲストに、旬の話題でもある免疫学がご専門で、オールジャパンで取り組む薬の開発者でもあるまり先生に来ていただきました。貴重~~~~!「これまでの研究者人生の歩み」や、「薬の研究にAIを活用すること」「免疫について」、「ご自分の心を支えている3つのこと」など、中学生にも、大学生にも、門外漢の大人にも分かる言葉で終始穏やかに、にこにこと。象牙の塔に閉じこもる研究者のイメージとは違って、朗らかで、人当たり柔らかく、何が飛び出しても...現実に向き合う子ども、夢見がちな親

  • 日々、リアルに練習です

    説明できない時は、もちろん相手に伝わらない。でも「言っていいよ」と言われても言えない。まして「言ってくれなきゃわからない」なんて責め立てられたら言えるもんも言えないわ。途方にくれるほど、アレコレ考えて、こんがらがっているから。という事すら、自分のことなのにわかってなくて、大人になってから、やっと言葉に出来た。昨日、遊びに来てくれた人が、子どもに同じことを言ったというので、自分もそうだったよな~と思い出していた。黙っている間にどんな事を考えているのか、思い返せば、なかなかややこしい。どんだけややこしいねん!っていうくらい。こんだけややこしいです(↓)。言いたいこと言わずに黙ってたんで、今日。職場でAの仕事をしている時に、ボスにBの仕事を頼まれた。まわりの人たちが「Bは大変だよ。大丈夫?」と、口々に心配してくれた。...日々、リアルに練習です

  • 言いたいこと言わずに黙ってた

    私、子どもの頃、よく言われてたんです。「言いたいことがあれば、ちゃんと言いなさい」って。「それ、誤解やねんけどな~」って思いながら、何も言わずに黙ってガマンしてたこともある。言えるなら言いたかったんだけど、どう言えばいいのかわからなかったし、あれこれ回り道して考えてるから、それ全部はうまく言えそうになくて、閉じてた。親に怒られて、ごぉ~~~っと饒舌に言い返す兄を見て、「すごいな~」と思ってた。今日、遊びに来てくれた人が、自分の子どもに「何も言わずに、心閉じて黙ってるのを見て、言いたいことがあるならちゃんと言いなさいって怒っちゃった」と言ってた。それを聞いた私の一言目。「言えるくらいなら最初から言ってるんちゃう?」と。子ども側のせつない気持ちにシンパシーを覚えてしまったのでした。私も子どもの頃、理不尽に怒られてる...言いたいこと言わずに黙ってた

  • なんとかカードで楽しく無駄話

    先月、実に四半世紀ぶりくらいに会って、今月も会うことになった、同じサークルのメンバーだったE子ちゃん。そのE子が、タロットの親戚みたいなナントカカード(ミラクル?レムリア?天使?カラーナントカ?名前忘れた)を「一時期、仕事に出来るかなと思って勉強したけど、向いてないから、今は自分を知るために使っている」と言うので、「やってやってー!」と、一式、持ってきてもらった。んで、早速3人で机を囲み、指定された枚数のカードをめくってみたら、「自信を持つ」とか、「リセットする」とか、いかにも自己啓発っぽいワードがいっぱい出て来た。うわ、ありそうな言葉!でも、深めるなら楽しくなるはず(^^)。んで、久しぶりのE子は昔からなんだけど、イイヒトすぎて、「カードを読み解いて自分が何か答えてあげなきゃ」って思ってくれてるらしく、「うま...なんとかカードで楽しく無駄話

  • 職員会議にかけられたらしい

    日曜日のフォルメンの勉強会からの帰り、会場を飾ってあった花梨を「良かったら、どうですか?」と、2ついただいた。2~3日香りを楽しんだけど、今朝、花梨はちみつを仕込んだ。とは言え、はちみつがほとんど残ってなかったから、とりあえず切っただけ、だけど。はちみつは、また後で追加しておこう。「そう言えば、子どもの中学校の中庭にも花梨の木があったな(←チェックしてた)」と思い出して、「1年生の時、仲良しの校務員さんに花梨もらってきたよね?」とか話していたら、「もうその人いないからな~」と子どもが言う。そーなんだ。残念。1年生の時は、学校のリュックにゴロゴロ入れて持って帰ってきてくれたけど、さすがに、反抗期&オシャレに目覚めた3年生は、そんな事、してくれないよな~。とか思っていたら、今日、遅目に帰ってきたら、机の上にコレ!花...職員会議にかけられたらしい

  • 真面目なあと一押しが、次のページを

    気持ちを無視しすぎて、立ち止まる時間がなさすぎて、病む人がいる。そういう、気を使う感じの人が困るような病み方が、減ったらいいな~と思ってる。減ったらいいな~と思うなら、自分に出来ることは何か、と考える。言葉にしてみること。身体を動かすこと。芸術的な活動をすること。それらをしながら、自分の心に耳を澄ませること。それら全部を一度にやってみるツールとして、フォルメンが使える!そんな話をしていたら、「数人の人向けにやってくれたら楽しそう」と言ってくださる方がいた。幸せなことだ。その時は、わりと、世間話的なお話で、一緒に学びましょうっていう話かと思ったら、「教えて」という流れになっていて驚いた。まぁ、教えることはできなくても、一緒に味わうことならできそうだ。身体だけ、言葉だけ、っていう弱さや、どっちかが濃すぎて、もう片方...真面目なあと一押しが、次のページを

  • 相手に耳を傾ける=自分で考えること?

    「対象的思考」について学んでいる。自分を黙らせて、相手に寄り添って、相手が語り出すのを待つこと。これは、自分の考えを押し付けずに、見たものをそのまま理解することが、純粋な思考につながっていく、という話になっていくんですが。今日、そのことについて、話をしていました。精神や概念の正しさは、変わらないもんだと思っていたけど、もしかしたら、そうじゃないのかも。自分の考えを押し付けずにその形が何かを語ってくれるのを待つ。そういう意味では、フォルメンはまさに対象的思考、そのものです。シンプルな形が、「何を教えてくれてるのかな」、って耳を澄ませながら、ぐるぐる動いています。そしたら、その時々で、自分に必要なことに気付くことがあります。ホントに、自分が考えていたことじゃない、もっとスゴい法則に気付いたりすることもあって、これっ...相手に耳を傾ける=自分で考えること?

  • 同じフォルメンを描きながら、違う体験をする

    食事制限をしていた家族も、どんどん回復してきたので、今日は、かねてからの予定どおり、石川恒夫先生のフォルメン講座に参加してきました。やっぱり、フォルメンすごいわー。それを伝えてくださる石川先生も。先週、神戸シュタイナーハウスの大人クラスで、フォルメンを一緒にやらせてもらった時、伝える側が一番楽しいし、伝える側が一番勉強になる!とは実感したんだけど、今日は、吸収スポンジになりたいほど勉強になる時間でした。あーでも、受け手と送り手で、「勉強になる」の質は違うなぁ。今日は、受け取る方。大きな器の中で、安心して学び、一言もらさず、最大もらさず吸収したい、という感じ。それに比べて、自分で繰り出す方は、自分が何を伝えたくてやるのかを考え、受け手の欲しいものや必要とするものを考え、それをどう合わせて表現するかを考え…自分の中...同じフォルメンを描きながら、違う体験をする

  • 回復期の病人食に愛を込めにくい件

    昨日書いたみたいに、遠くから来てくれた人とは、ごはんに祈りを込めて一緒に食べたりしたくせに、家族のごはんになると、また話は別。今日は、夫が内視鏡検査の後で、あれこれ食べちゃダメな4日目。子どもは子どもで風邪ひいて、食欲落として2日目。私の食欲は、通常営業。う~、キムチとかカレーとか食べたい!昨日から、一日中ごはん作ってるなぁ。お昼はゲストに心をこめ(これは自分で望んだこと)夜は、3人別の3通りのごはん(早く回復して欲しいしこれもいい)。今朝は、みんなおかゆ。各自、トッピングは適当に(この辺は手間ナシ)。お昼は、うどん(←この辺からめんどーになってきた)。夫は大根おろしを煮た雪見うどん、子どもは野菜もりもりと生姜ときつねのうどん、私は野菜もりもりと生姜と天ぷらうどん。そして、夜。誰が何を食べられるのか、食べたいの...回復期の病人食に愛を込めにくい件

  • 青虫サラダに祈りを込めて

    今日は、食べ物に救いと祈りを託しました。昔、「ガイアシンフォニー」という映画で見たんだけど、佐藤初女さんの「森のイスキア」という場所では、毎日心をこめたごはんを作っていて、それを、何も言わず、来た人に食べてもらうのだ、とか。そのごはんによって、気持ちを救われる人がたくさんいるのだそうだ。「おむすびの祈り」という本もあるから興味のある方はどうぞ。「森のイスキア」、今はどうなっているのかな。同じく、NHKの朝ドラ「Comecomeeverybody」でも、「疲れた時に甘い菓子で救われる人もいる」というセリフがあったけど、それも本当だと思う。というわけで、今日は、身体が弱っている人に栄養が必要なように、心が弱っている人には気持ちを込めたごはんが栄養になりますように、と祈りながら、一緒にごはんを食べました。おいしいごは...青虫サラダに祈りを込めて

  • クリスマスを待つ1か月

    「もうすぐクリスマスですね~」と言われた。まだまだそんな気分じゃなかったので、驚いて、「もうそんな感じですか?」と聞き返すと、その人は、毎年1か月前から準備を始めるのだ、と、教えてくれました。毎日ひとつずつ窓をあけて、小さなお菓子を見つける「アドベントカレンダー」。中3の子どもは、いまだにあれが欲しいそうですが、私だって、自分用に買いたい気分。でも、あれだって12月からスタートなので、「1か月前」という発想はありませんでした。その方は毎年、柊や樅(もみ)ノ木でリースを作って、玄関と机の上に飾り、机の上のリースの真ん中には、真っ赤なりんごに立てたミツロウロウソクを置く。それとは別に、長いロウソクを4本。クリスマスの週から逆算して、4週間前からキャンドルを1本灯し、3週間前に2本目、2週間前に3本目、クリスマスの週...クリスマスを待つ1か月

  • フォルメン、一緒にやってみたよー

    今日は久しぶりに神戸シュタイナーハウスの大人クラス+中学生一人で、リアルに集合して、大好きなフォルメンを、一緒にやってみることになりました。うれしい!「フォルメン楽しい~」という話をしていたら、「今度教えて」みたいな話になって。「教える」スキルはないけど、普段、私がどんな感じでトライしているのか、案内?紹介?ならできるかな、ってことで。動く時に、どういうことにフォーカスしているのか、意識するポイントは?みたいなことを、一緒に動きながら、お伝えしました。自分も実感のあることはアレコレ話しましたが、つたない案内の要所要所で、みなさんにも、動きながら感じたことを聞いてみました。同じ形を動いても、「中に入って行く感じが心地良かった」という人もいれば、「溜まったものをペッ吐き出せた感じがした」という人、「手を上げた時にク...フォルメン、一緒にやってみたよー

  • メンタル復活中のAちゃんのヨコで

    昨日の続き。Aちゃんが辛すぎる時は言葉にできず、メンタルピンチから復活してきたところで、結構な毒を吐くようになった。毒を吐くAちゃんの隣で、私も、自分が辛かった経験の何次目かの消化活動をしてるんじゃないかな、って言う話。「消化」っていうと、自分に取り込んで形を変えるっていう感じだけど、もしかして、「成仏」って言った方がいいかもしれない。事故みたいなもんなら、取り込む必要ないもの。「青信号を渡った私が悪い」とか思う必要ないもの。というわけで「成仏」。目の前から消して、別の世界に送る。振り返れば、あの経験は、今までに、ものすごくたくさんの言葉にしてきた。今思えば私のせいじゃないけど、その時はそう思えなかった、目の前で迷惑をかけた人への言葉。わかってくれそうな第三者への言葉。そして、もちろん、自分一人で吐き出したもの...メンタル復活中のAちゃんのヨコで

  • 時間はやさしいから、生きていこう

    Aちゃんが、ひどい目にあってメンタルやられて病院に通っていた。それは、何年か前のことなんだけど、今でも、その相手を「死ね!って思ってる」と、まっすぐに言う。最初は真顔だったからギョッとした。でも、1~2年経つとネタみたいになってきた。「アイツシネ」って言いながら笑ってる。私も「うわ、出た~!」って一緒にゲラゲラ笑ってる。言え言え。いくらでも出せ。吐き出してしまえ。言霊の神様には眠っててもらおう。私も、昔むかし、めちゃくちゃ理不尽な目に合った。まだストーカーという言葉もなかった頃。そういう概念がない時代だったから、誰もその病的なしつこさを理解できなくてどうしてもSOSが届かなくて、めっちゃ一人で戦った。今でも、電話が鳴ると緊張するし、足を踏み入れたくない町もある。無意識に入り込んでしまったあれこれの影響はもっとあ...時間はやさしいから、生きていこう

  • 今さらですが充電器の1A2Aって何?? 

    ケータイにしろ、イヤホンにしろ、電源が切れたら何の役にも立ちません。USB経由での充電が必須です。車で移動する時にはACアダプターだの延長コードだの、何でも積んで移動できますが、電車だと重いのはカンベン。というわけで、充電用のバッテリーを買いました。買ったというより、電子マネーの「なんとかポイント」とやらが溜まっていたので、それで交換しました。ポイントって、今まで気づいてなかったけど、結構溜まってるのね。ついでにうどんも交換してしまった。私はタダでもらえてトクするけど、誰か泣いてないんやろか?…と、100均とか利用する時、いつもちょっと思うよね。古本屋とか、古着屋とかでも、サブスクで音楽や映画見聞きする時とかでも。アーティストや作家に、どうやってお金入ってるんやろ?流通にしかお金落ちてないんかな?とか、モヤモヤ...今さらですが充電器の1A2Aって何??

  • 月が綺麗ですね。紅葉もキレイです。

    ふと「最近あの人に会ってないな〜」と思って、「昨日、月見た?」とLINEしてみました。その人は、小さい人たちと大騒ぎしながら見ていたらしく、「昨日はまんまるやったのにね〜」(↑と、覚えているのがすごい)とか、「わ!小さくなってきた!」とか、なかなか楽しかったようです。私は、父からの電話で「そーいえば!」と思い出し、ベランダで腰を据えて見ようと、思い入れのある石油ランプとコーヒー、そして、文字が大きくてローガンズの目にやさしい読みかけの児童文学を持ってベランダに陣取っておりました。中3の子どもは、もはやつきあってくれず、夫は、がさごそやっており、他のおうちのベランダも、別に誰もおらず。あら、意外と興味薄いのね。そうやって、優雅に月を見ながら読書をしていたのですが、進行がゆっくりだったのでだんだん寒くなり、リビング...月が綺麗ですね。紅葉もキレイです。

  • 『くらしのアナキズム』松村圭一郎 著 ミシマ社

    ラジオを聞いていたら、著者の方が自著を話す番組をやってました。『くらしのアナキズム』松村圭一郎著ミシマ社最初、聞き流していたんだけど、「うわ、これ自由の哲学ぽい!」と、めっちゃ真剣に聞いてしまいました。私たちは、誰か(たとえば国とか)が秩序を用意してくれなくなったら、社会はめちゃくちゃになるんじゃないの?と思い込んでいる。だけど、実は、国や政府みたいな大きなものに頼らなくても、人間は助け合うように出来てるんじゃないの?長い間、権力による強制なしに、人間はお互いに支え合って生きてきたんだもの。っていう本だそうで。そうだよな~。サルから縄文までの長い歴史の間は、きっとそういう感じだったんだ。農業とかやり始めて貧富の差が出来てから、支配・被支配ってなってきた。ビバ縄文!縄文LOVE!あ、脱線しました。えーと、ためしに...『くらしのアナキズム』松村圭一郎著ミシマ社

  • 達成感の勢いを借りて

    とりあえずフォルメン100枚UPした、そのプチ達成感を味わい、今日は朝からいい気分。ついでに身の回りをスッキリしたくなりました。昔っから片づけるのは苦手なので、なんか知らんけど、いつの間にか散らかってるんだよね~。だから、この勢いを逃してはいけない!手っ取り早いのは、カバンの中身。カバンの中身を全部出して、いらない書類とか使用済みマスクとか(ついカバンに片づけちゃう)をポイポイ。その勢いで、机のまわりもガサゴソ。机の前の本棚やノート類も、古いのは入れ替え。引き出しの中もアレコレ入れ替え。ファイルの中は…手ごわいからまた今度。とりあえず、見えるところがスッキリしたので、こないだ有馬へ紅葉狩りに行った時に一目ぼれした炭谷三郎商店さんの真鍮のお香立て、使っちゃおうかなぁ~~♪♪ぐふふふ。真鍮の小さなリングと、小さな玉...達成感の勢いを借りて

  • 第1チェックポイント通過~ 100/100

    2013年にフォルメンの存在を知り、見様見真似で本を見ながらあれこれ描いているうちに、「どうもコレを描いていると元気になるぞ」ということに気付きました。わからないなりに、自分にとってコレは大事だ、と日本で手に入るフォルメンの本で一番詳しい、石川恒夫先生の訳されたものを入手し、ちくちく真似して描いたり、描かなかったり、どーにも長い会議中にラクガキしたりして幾歳月。数えてみれば、8年目。おお~、出会って8年か~。フォルメン第2七年期の始まりじゃん(^^)。いわば、衝動として形を真似したい時期から、行動しつつ心を育てていく時期へ、って感じ?今年7月に石川先生のフォルメン講座に参加できて、そこから、またイチからやり直そう!と、本を見ながら、ほぼ毎日ぐるぐる描いておりました。自分に甘いので、「続けるために公言してしまえ!...第1チェックポイント通過~100/100

  • 歩くペースが違う夫婦3組の合わせ技 99/100

    今日のお昼、夫婦で歩く速さが違って困る、という話をしていた。歩く速さが違うのはいいけど、妻遅いと夫が不機嫌になるパターン。不機嫌になっているわけじゃないけど、無口になって不機嫌オーラが出て来る。ウチも、散歩好きで、歩き慣れている夫と、何か読んだり書いたりしてるのが好きな私。一緒に歩くとペースが合いません。これは結構、普遍的な問題のようです。解決策は、夫婦によっていろいろ。みなさん、いろいろ工夫されてるようで。ウチは、ご近所散歩のような手ぶらの散歩の時は、夫がちょっと気を遣ってゆっくり目に歩いて、その分、エラソーにしたがるのを妻は別に急いで歩こうとはしないで、エラソーにされてあげる(^^;)。これは解決って言っていいんだかどうなんだか。でも、平和に過ごす、という意味ではひとつの解決ではあります。次にご紹介するのは...歩くペースが違う夫婦3組の合わせ技99/100

  • 大人は「6分」だけらしい 98/100

    今日は突然データから入りますが、総務省の調査によると、仕事に関係のない大人の学習時間は、平均、一日なんと6分なんだそうです!これは、なかなか衝撃です。ってゆーか、TVからそのデータが流れてきて、素直にビックリしてしまった、という。いや、忙しいし!ハイ、その通り。仕事帰りに子ども迎えに行って、ごはん作って食べさせて遊んでお風呂入れて寝かして…それだけで、もうくたくただよ!という時期は、なるべくいっぱい寝てください!!!!でも、子どもが大きくなってくると、むしろ、親にアレコレ言われたくない。自分で考えるから邪魔しないで、と思ってますよね、きっと。身に覚えもある。その分、親としては時間も出来て来る。その時間の一部を、ヒマつぶしもしつつ、だけど、なるべくなら自分を育てて行きたいな~と思っていたら、いつの間にか、一番自分...大人は「6分」だけらしい98/100

  • 夫婦関係は、くにうみ神話なのか~ 97/100

    ウチの夫婦は、笑うほど、考え方も、得意不得意も、価値観も違います。盛り上がって結婚した後で、いろいろ気付いて、「あらま、どうしましょう!」という(^^;)。あまりにも違うので、若い頃には自分との違いに、いちいちムカつくこともありました。が。よく考えてみたら、単純に、自分と違うことにムカつくのって、自分に自信がないだけか??とも思うのでした。若い頃は仕方ないけど、そんなこと言ってたら、誰ともやっていけないわ。そんなにめちゃくちゃ心響き合う感じでなくても、それなりに、10年20年一緒に生きてみたら、自分に足りないものを相手は持っているし、自分があまっていることなら提供できる、ということに気付いてきました。いちいち否定されるのはイヤだけど、それなら、自分が相手を否定しなければいい。目に付く「違い」に疲れるなら、見えな...夫婦関係は、くにうみ神話なのか~97/100

  • 法は本来、「愛」から出たもののはず 96/100

    いきなり寒くなりましたが、何年か前、コンビニで唐揚げを買ったら、中がナマで、まだ赤かったのね。んで、めっちゃ謝られることを想定して、面倒くさいのに変えてもらいに行ったら、「規定の時間、ちゃんと揚げてます!」って言われて、びっくりしたことがある。きっと、反射的に身を守るために構えたんだと思うけど、「マニュアルを守って作ってるのに、それ以上のことを言うなら、アンタはクレーマーだ」みたいに、鎧を着られてしまったので、その対面の私は「え?食べられるのと変えてくれないの?」って戸惑った。いや~、ビックリした。そのマニュアルは、本来、料理をしたことがないアルバイト店員でも、お客さんに一定の品質で、一定の味のものを、安心して提供するために作られたもの。そのマニュアルが、普段は、店員さんが身を守るために使えるとしても、それでお...法は本来、「愛」から出たもののはず96/100

  • キャンドルを育てる 95/100

    昔っから炎というものに妙に魅かれて、焚火だの、BBQだの、キャンドルだの、ライターだの、マッチだの…、を見ていると、時間を忘れます。家には昔っから、いろんなキャンドルや、キャンドルホルダーがあります。それだけでは飽き足りず、太いミツロウキャンドルが欲しくて、ミツロウをキロ買いして作ったり、溶けにくいパルバックスというロウで、行燈みたいなシェルを作ったり…。という、キャンドル好きな私からすれば、いくら安い大量生産のロウでも、最後まで使いたくて、アレコレ工夫をしています。江戸時代には、溶けたロウを買ってくれる人もいたそうで。その中でも、きっといろんな人が使ってるのがティーライトキャンドル。コレって、一気に使えば最後まで燃えますが、途中で消して、またつけたりしたら、真ん中だけ燃えて、周囲が残ってしまいますよね、こんな...キャンドルを育てる95/100

  • 孫とおばちゃんが、身体と精神だった件 94/100

    ▼本日のフォルメン94/100下から支える系が気持ちよくて、いっぱい動いた後は、「あっちこっち向いてても、ちゃんと包んであげるからね~」って感じ。ほとんど、おばあちゃんみたいに愛情深い。でも、コレは孫とおばあちゃんというより、動く(身体の)私を包む、考える(精神の)私なのでした。あ、「身体」「心」「精神」って、ちょうど2世代空いてるのも、おばあちゃんと孫のイメージとピッタリ一致する!とか、結構コーフン気味に書いてますが、これ、シュタイナーの神智学とかに興味ない人には、何をゆーてんだか、よくわかりませんよね。いや、どー説明していいもんだか。信じるかどうかは別にいいけど、仮に以下のような前提だと思ってみたら、ちょっと私のコーフンが伝わるかしら。鉱物と植物が1世代違うとして、植物と動物が1世代違うとして、動物と人間が...孫とおばちゃんが、身体と精神だった件94/100

  • 自由人、発見! 六甲ミーツアート 93/100

    六甲ミーツアートというイベントに、毎年参加しています。今年はずいぶん体裁が変わって、今までのメイン会場がなくなっていたのには、ビックリを隠せなかった。隠さなくてもいいけど。これ、ざっくり説明すると、毎年秋に、いろんなアーティストさんが、六甲山のいろんな場所に自分の作品を飾って、参加者は、パスを持ってそれを巡るものです。去年かおととしまでは、「未来への手紙」と称して、自分の書いた手紙が1年後に自分に届くという、郵便局のオシャレなサービスがあって、毎年、それを家族3人で書いていましたが、今年はそれもナシ。このイベントは、毎年楽しみにしていたから、「最近興味ないねんな~」と絶賛思春期反抗期の中3の子どもも一緒に来て、山の中を散策しながらのんびり過ごしました。中でも、今年「おや!」と思ったのは、写真。夫と子どもは、アレ...自由人、発見!六甲ミーツアート93/100

  • その時、安らかに手放せるかな 92/100

    よく、「自分を愛する」とか「自分をありのままで肯定する」とかって「好き勝手にやっていい」ってのと勘違いされる。暴走族が自分のやってることを肯定して、夜中にブオンブオン走られたり、お金払わないでケーキ食べたいからって、食い逃げしましょう、っていう話なわけがない。バリバリ大きな音で暴走する人にも、自分を肯定し、自分を愛して欲しいと思う。だけど、暴走や食い逃げは、社会的には肯定できないことでしょ?どーゆーことなん?じゃあアカンやん、何ナイーブなこと言ってんの?って思うよね。この場合、近視眼的に、その時のその衝動を愛するのかどうかじゃなくて、「その道筋の家々で、寝不足の親が仕事から帰って、むずかる赤ちゃんに絵本を何冊も読んで、子守歌を歌って、やっと寝かしつけたところを、またイチからやりなおすことを強制する自分」を、愛せ...その時、安らかに手放せるかな92/100

  • 決まったことをするのが苦手 91/100

    決まったことをするのが苦手です。決まりには大きく3種類あって、それは、1愛情から出たもの2不安から出たもの3従属させるためのものに分けられるような気がします。サービス品質を担保するためのものは、お客さんへの愛情にカウントされるから1。2と3は、たぶん根っこは同じだね。たとえば、飲食店まわりのきまりで言うと、1の「愛情から出たもの」は、自分の料理を食べてくれる人のためを思ってのもの。・衛生基準・安全な食材を使うための消費期限や賞味期限・健康を考えての添加物規制など。加えて、お店単体でのきまりもあって、たとえば、一定の味のレシピで作る、なんてのもそう。細かいきまりを守るのは面倒だけど、その根拠は、食べる人のための愛情。2の「不安から出たもの」は、お客さんから苦情が出ないためのもの。これは個人の店よりチェーン系やフラ...決まったことをするのが苦手91/100

  • 整形とピアスと化粧と白髪 90/100

    最近、K-POPをよく聞いている中3の子ども。あの甲高いチャカチャカしたリズムの音楽は、あんまり好きじゃないけど、頑張っている人たちのストーリーには励まされる。で、韓国と言えば整形天国。プチ整形は当たり前。「整形なんかしなくてもカワイイのに」ってな話を中学生としていたら、「プチ整形くらい別にいいやん。当たり前やで?」と言う。「えっ、整形に抵抗ないの??」と言うと、「それで自信持てるんやからいいやん」と。「整形で持てる自信って、嘘くさい~」と言えば、「ハイハイ!」と話を打ち切られた。こら、ちゃんと聞け~~~っ!でもカシコイ!この先、私が言おうとしていたことは、100人中99人くらいの親が言いそうなことだった(^^;)。で、そういう話を60前後の人たちとしていて、ふと疑問に思った。「整形」って言うと、抵抗あるけど、...整形とピアスと化粧と白髪90/100

  • 立冬に靴下の点検を 89/100

    11月7日は立冬。日の出が6時8分、日の入りが16時41分。まだ、朝は「寒い」というほどではなく、まだ「こないだまで夏だったのに」という感じは、身体に残っている。でも、今年はあと9週間しかないんだよな~。冬に備えて、靴下のチェック。一昨年、クリスマスプレゼントでもらった靴下(なんか正しいな、クリスマスに靴下って)で、自分にとって、社会にとっての手仕事の意味をアレコレ考えてたみたいなんだけど。こんなにピシッとしていたけど、2年間、履き倒していたら、足裏全体が薄くなってきました。何度か繕ってるんだけど、繕ってないところがまたしてもこんなに薄く!こんだけ大きく繕うとなると、「ダーニングマッシュルーム」とやらでは全然間に合いません。というわけで、ウチにあるものの中から、ちょうど足の幅くらいのものを中に入れて、繕いもの開...立冬に靴下の点検を89/100

  • 大人を育てるもの 88/100

    「明日、修学旅行だから」と言って、早く寝るつもりが準備を始めるのが遅くて、結構遅めに寝た中3の子ども。お弁当、要るか要らないか言わずに寝たけど、起こして確認するに忍びなくて、「どーすんねん!」って思いつつ、どっちでも対応できる心づもりだけしてました。正解は「要らない」でした。現地で釣った魚を食べさせてくれたり、レストランで普通に食べたり、BBQ的なことをしたり…、班ごとに自由に選べるフードチケットがあったそうで。まぁ、何にせよ、楽しめたようで何より。▼本日のフォルメン88/100名付けて「一年の長さが違うワケ」こないだまでと違って、今日のは超シンプル。テンテンを円形に打って、そこをめぐってみます。人生はメリーゴーラウンド。って、昭和レトロな言葉だな。ちょっとチープ(^^)。これ、点をめぐって行くと、いろんな季節...大人を育てるもの88/100

  • 日帰り修学旅行 87/100

    「明日6時に起こしてー」「え、早いねー。明日何かあるの?」「修学旅行」「へ???」そーいえば、前に日帰りで行くことに決まったって聞いた時、「11月のアタマに行く」とか行ってたっけ?修学旅行って、そういう温度のイベントだっけ(^^;)?私立の学校の中には、子どもたち自身で考えて、海外の旅行先に行く中学校もあるって聞いたけど、そういう学校も、今年は難しかっただろうなぁ~。ふつーの学校に通うウチのお子さん(中3)は、「いつも通りの沖縄や北海道でなくても、泊まりで行けたらどこでもいい」と。もう「何なら隣の市で合宿とかでもいい」、と言ってました。子どもは、この2年間で、楽しい予定がなくなるのに慣れっこになっている。「親とかに“残念やな”って言われても、自分らで行ったことないから、わからんし。知らんから期待もしてないねん」...日帰り修学旅行87/100

  • 86/100

    今日は「早く寝なきゃ!」と思いつつ、疲れてリビングでうたた寝をしてしまいました。んで、ちょっと寝て、復活。小腹がすいて、何か飲み物をと思った時、ふとした疑問が。ここで、コーヒー飲んだら起きちゃうし、甘いもの飲んだら、また歯磨きしないといけないし、水はテンション下がるし…。というわけで、思いついたのが、ジンジャーエールならぬ、ホットジンジャーはちみつ。ちょうどショウガの絞り汁を作りすぎて、ビンに入れたのがあったから。なかったら、チューブ生姜でもイケそう。はちみつってさー、殺菌作用があるじゃない?ってことはさ、同じ甘いものでも、砂糖を入れたら虫歯になるけど、はちみつなら虫歯菌を殺してくれるから、歯磨きしなくていいってこと?だよねだよね??ということを信じて、今は、ホットジンジャーはちみつを飲みつつこれを書いています...86/100

  • 自分の感覚を信じられる?? 85/100

    お医者さんのに「3日間食べちゃダメ」って言われたら、絶対に食べない人いますよね。私なら多分、自分の体調を見て、恐る恐る、ちょっとずつ食べるな~。それで時々失敗して、「ほら言うこと聞かないから」ってなる時もあるんだけど、その、自分の身体で試してきたからこそ生命感覚が磨かれてきたんだよね。「これは大丈夫なヤツ」「これはちょっと危なそう」って。別に、誰かに判定してもらわなくてもなんとなーくわかる。だから、病院もほとんど行かない。10年以上前に、会社の検診で再検査させられて、「乳がんだから手術しよう」って、大きな病院の外科部長に言われた時も、「おかしーなー、そんなわけないけどなー」って思ってセカンドオピニオン聞きに行ったら大丈夫だった(^^)。ふつーは「見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触る」の五感しかないけど、シュタイナー大...自分の感覚を信じられる??85/100

  • 84/100

    11月かぁ~。今年もあと9週間。とか思うと、なんかビックリだわ。子どもの頃の一年が途方もなく長かったのは、いろんな出来事が日々あるからだ、と言う説を聞いたことがある。今日何をしたかと聞かれたら、本を読んで、家族の送迎を2~3回、あとはごはん作って食べて、靴下繕って、選挙行って…くらい。昨日何をしたかと聞かれたら、仕事行って、帰ってごはん作って食べて、靴下繕って寝た、くらい。なんか、イベントごとがない。別に出不精だからいいんだけど。「足るを知る」ってのが忘れられて、みんなで先へ先へと浮足立ってる気がするけど、「足るを知る」ってのを、何もしない言い訳にしたくはないなぁ。でも、「足るを知る」ってのは、幸せを感じるキーワードでもあるからなぁ。ただ、この言葉は、「自分を育てる」とか、「社会に繰り出す」とは相性が悪いんだよ...84/100

  • あの歌もこの形も、私が望む世界 83/100

    ▼本日のフォルメン83/10いろいろ描いてきたけど、描いても描いてもバランスが整わない、この形。う~ん、まあ、うまくいかない時もあるか。と、今なら思えるんだけど、描いた直後は「これは複雑すぎる!」って思ってた。「複雑すぎる」も何も、そう思っている基準は、自分だよね。つまり、自分の力不足…。笑える。テストに向かって「難しすぎる!」って毒づいた10代の頃から成長してないわ~。「自分がそこにまだ至らないだけ」なんだけどね。外にワルモノを作り、自分を甘やかす。まぁ、そんな風に反省したら、今度は前向きになってみる。一筆書きにこだわらず、パーツごとに分けて描いてみよっと。チューリップ型×2、ナナメの長四角×2、+しずく型。この組み合わせに分解したら、わりと美しく描けたような気がする。「わかる」は「分ける」だとか何とか、誰か...あの歌もこの形も、私が望む世界83/100

  • 風邪ひいたけど安心できた 82/100

    あれ?ちょっと喉がイガイガするな。朝方そう思ってたら、帰ってきてから、だるーーくなって、「あちゃー、風邪ひいたーー」と、そのまま早く寝た。去年は、家にこもって、人ともあんまり関わらなかったから風邪すらひかなかったんだよね。今年は外で働くことも増えて、2年ぶりに風邪をもらってきた。久し振りのこの感じは、もちろんしんどくてダルくて嫌なんだけど、風邪ひいちゃう感じが、どこか懐かしい感覚。…とか言ったら、怒られるだろうなぁ。でもちょと前まで人目が怖くて、おちおち、咳すらできなかったもの。会社や学校でくしゃみなんかした日にゃ、感染と差別と、両方の心配が必要だったもの。花粉の時期はドキドキした…。今回のコレ。熱もないし、風邪だとは思うけど、やっと下火になってきたアレだったら大ごと。人さまの安心への配慮も必要なこのご時世。自...風邪ひいたけど安心できた82/100

  • 芸術的ってどういうこと? 81/100

    少し前の手仕事の会で、「芸術的ってどういうこと?」という問いがありました。音楽、絵画、いろんな芸術がありますが、「芸術的ってどういうこと?」と聞かれて、私は、しばし考えて、「人間が意識的にすること。衣食住の必要を越えてやむにやまれずにすること」と答えましたが、どうでしょ?アメリカだかどこかの国で、美術館と自然史ミュージアムが向かい合って建っているところがあって、それが「アート」「サイエンス」という英語だった、と教えてくれた方もいました(間違ってたらゴメンなさい)。芸術と工芸との境目はどこ?手芸はどうなんだろ?見本通りに作成するものは?パターンのある洋服は?美しい曲をまだ美しく弾けない私のピアノは?日ごろ使っている大量生産の道具は?母がいつも嘆く「私にはオリジナリティがない」と言いながら、見本とパターンを参考にし...芸術的ってどういうこと?81/100

  • なんか、信じてるんだよね。80/100

    長年の友人に子どもの話をしていたら、「アンタ10代の頃から、子どもはほっといたら育つから親は邪魔したらアカンって言ってたけど、実際、そうしてるよね」って言われて、ちょっと嬉しかった。なんか、信じてるんだよね、その子の伸びたい方向はその子が知っている、って。親の役目は、その方向で応援するだけだ、って。なんだろうね。葛藤もあるけど。思春期の今、たいして親に相談しなくなった彼女に、私ができることは、彼女が自分の考えを自覚できるための会話をすること、だと思ってる。そして、保護することじゃなくて、彼女の体験を広げ、感覚を磨いていくこと。だからね~、些末なことを言うと、何かを欲しがった時、買ってあげるとは言わない。「アナタが買うなら半額出すよ」って言ったりする。イジワルじゃなくて、身銭を切る方が、それが本当に欲しいのかどう...なんか、信じてるんだよね。80/100

  • 靴下の愛おしい季節 79/100

    寒くなってくると、足元から暖めたくなります。私は、靴下重ね履きしたい派なので、靴下の消費数(?)は結構な数に上ります。消耗も激しい。そこで、ダーニングなどして、靴下を繕ってみるのですが、これがまた毎回楽しくて!ラジオを聞いたり、テレビを見たりしながら、ちくちくちくちく。手が止まりません。枠のない織物のような感覚で、経糸、横糸を毛糸針で交互に織りなしていきます。あまった毛糸を使い切れるのもいい感じです。目立たせないように繕うのではなくて、むしろ、目だっていいように繕ってみる。靴を履いている時には見えないけど、正座した時にはバッチリ見えて、気づいた人はちょっと楽しい。太さ、素材、色、配置…。いろんなことを考えつつ繕うにつれ、靴下が進化して、愛着も増していきます。たとえば、この茶色の靴下。私、指先よりも足裏の腹部分が...靴下の愛おしい季節79/100

  • 契約以上の仕事が私を自由にする 78/100

    昨日書いたように、職場のボスがお茶を点ててくださった。お茶をごちそうになったことは、契約にない出来事だから、私も契約以上のことで返したくて、その日予定していた仕事以上のこと、…普段はしない棚の整理とか、履物の水洗いとか、機械の分解洗いとか…をしていた。契約に縛られるのではなくて、自分の気持ちを自由に表現するために、契約以上のことをしたくて、した。法の下の平等とか、契約とか、責任回避のためのマニュアルに従う、とかじゃなくて、やりたいことと必要なこととのバランスで、1人ひとりが、その都度自分で考えて動く。自由の哲学的に言えば、「道徳的想像力」「倫理的個体主義」で、「まさに、こういうのこそが自由だよ!」と嬉しくなりながら。そしたら、退社時間が30分ほど遅くなった。そしたら、庭仕事してたボスが「ゴメンね、私が余計なこと...契約以上の仕事が私を自由にする78/100

  • 一服のお茶が 77/100

    アルバイト中、出社予定のなかったボスが登場した。「あ、お疲れ様です」。ボスは、しばらく外回りの庭仕事などをして、そのまま私の気づかないうちに帰って行った。あら、いつの間に?とか思いつつ、仕事してたら、1時間ほどして、ボスがふたたび登場。「あら??こんにちは」。ボスに「こんにちは」って言い方もないもんだが、まぁ、なんというか、そういう空気感だったのよ(^^)。んで、自分の持ち場で仕事中、ふと視線を感じて顔を上げたら、ボスがじーっとこっちを覗いている。声かけるタイミングをはかっていたみたい?「ん?」と、目で問いかける。「お仕事中、すみません。お茶をごちそうしたいんですけど、どのタイミングならいいですか?」「は???」「お茶を習い始めたので、練習がてら」ということらしい。「え~、ビックリ!いつでも大丈夫ですけど、ちゃ...一服のお茶が77/100

  • 所属する社会から自由になる方法は? 76/100

    自由の哲学14章の「類と個」を読んでいて、日本という類に属している私が、個として自由になっていくにはどうしたらいいのかな、と考えていました。日本がイヤだから海外に行ってみるってのもアリだけど、日本のことを知らないのに海外に行って、「イギリス、すごい~」とか「ニュージーランドすごい~」とか言ってても、全然自由になれないな、と思って。それならば、日本を知って、そこを消化していく過程で、それはすでに日本を外から見ることになり得るのかな、「日本」という文化の影響から自由になっていけるのかな、と思ったりしました。自分の家庭で考えたらわかりやすいかな。私は18歳で家を出て進学し、自由になれた気がした。(ちなみに15歳の頃、尾崎豊が好きだった。ローンで買ったバイクで夜のとばりも走った^^)自分を知る人が誰もいない~っていう解...所属する社会から自由になる方法は?76/100

  • 自分を自由にしていく法則 75/100

    これ系のフォルメンは、シンプルな法則に従って進んで行けば、きれいに巻かれた毛糸をほどいて行く感じと似て、ひとつずつ問題を解きほぐして行く印象を感じる。最後の一列が埋まり、つながった時は、数学系のパズルとも似て、快感なんだけど、描かないで見るだけだと、全部一緒に見えるので、ぜひ、論理系のパズルみたいに描いてみてください。手順は次の通り。①頂点を結ぶと正三角形になるように互い違いの点の列を作ります。②下図のように、一番端の点に来た時に曲がります。③左下は、一番端じゃないから(一番左の点は上にあるし、一番下の点は右にあるから、ココはどっちつかずの中間です)そのまま外に出ます。それだけーー(^^)。上の画像は縦が2列のもの。縦の数を増やしたり、ヨコの数を増減したりして、いろいろ試してみると、偶数と奇数、1本でつながる時...自分を自由にしていく法則75/100

  • 輝く人たちが、照らし合う

    少し年上の人とやっている、自由の哲学の読書会。今日は、久しぶりにリアルに出会って、10時すぎから結局15時半くらいまで、ず~っと本を読んで、そこから派生することをおしゃべりしたりしていた。むしろおしゃべりの方が多かったくらい。そして、ちゃんと寝ているのに、帰ったらめちゃくちゃ眠くて、脳みそを使うと疲れるんだな、ってことを、リアルに体感してしまった。その場で、「自由の哲学終わったら、何読む?」っていう話をしていたら、「私、自由の哲学が終わったらいったんやめる」と、一人が言い出した。聞けば、移行期の特例が今年だけだから、心理関係の国家試験を受けるから、勉強したいのだ、ということでした。60歳を目前に、すごいチャレンジだな。その場にいたもう一人も、実は受験資格があることが判明したり、もう一人の人の友人なんて、70歳で...輝く人たちが、照らし合う

  • 受け入れること、役立つこと 73/100

    「人の話を聞く」ということについて、これまで取材などの仕事でやってきたこと、傾聴でちょっとだけ学んだこと、ファシリテーター講座で学んだことには、ひとつの共通項がありました。それは、「相手を受け入れる」っていうこと。「相手を受け入れる」って言われたら、自分と意見が違う時に自分を曲げて嘘つくの?って思うかもしれないけど、そうではなくて。いったん、自分の意見を棚に上げておくだけ。相手に同意するわけでもなくて、ただ「へぇ~、そう思うんや~?」って相手の思いを受け入れる、ってことです。話している相手が、たとえ「あいつムカツクから殺したい」なんて過激なことを言った場合。自分の意見としては、「そんなことしたら犯罪やろ」とか、「全員がアンタのこと好きじゃなくてもいいやん」とか、「イヤなヤツは無視しとけ」とか、「あの人もいいとこ...受け入れること、役立つこと73/100

  • 見ているつもりが自己満足 72/100

    植物観察をしようと、いろんな局面の葉っぱを描いていて気が付いた。実際に葉っぱを見て描いているのに、感想や受け取る印象が、いつも同じだ。前にも同じようなことを感じたような…?去年からいろんな植物を見ているのに、どの植物を見ていても、なんとも杓子定規な印象を受け取っている。たとえば、若い芽は、瑞々しい赤ちゃん、夏の葉っぱは、ぐんぐん伸びてせいいっぱい生きてる思春期~大人、枯れた葉っぱは、大人後半の中年期でツヤが無くなり、落ちた葉っぱは、老年期。身体の機能が低下し、そのうち木から離れて、菌や虫に分解され、大地に戻る、とかね。硬い蕾は思春期入口で、花が開いたらセクシーな大人、実りは子孫、とかね。ああ、単純な見方…。何を見ても受け取るものが同じに感じるだなんて、全然、見ていないのと同じだわ。自分の中にすでにあるイメージを...見ているつもりが自己満足72/100

  • 大切な人の話を聞いてみました 71/100

    実家の母が「買い物につきあって」と言う。実は、私はショッピングが苦手だ。服だの靴だのバッグだの…あてどなく探し、人込みをうろうろ歩き回るあのエンドレスな感じが何とも…。母は楽しそうだから、まぁ、いいんだけどね~。そして、私にまであれこれ買ってくれようとするけど、私はホントに、今ある服で十分なんだよね。「もっとオシャレしろ」って言われるし、したら楽しくてテンション上がるのも知ってるけど、むしろ、母には自分のためにお金を大事に使ってほしい。書いていて、つくづくかわいげのない娘だね(^^;)。でも、ホントにね~。愛情だとはわかってるんだけど、いらないって言ってるのに買ってくれたがるし、同じような服を持ってるのに「これいいね!」とか言って、すぐ買いそうになる。かくして実家に帰ると「これもらってくれない?」とほぼ新品のセ...大切な人の話を聞いてみました71/100

  • わーーい、色がいっぱいだ~~!! 70/100

    文具屋さんで、アルコールマーカー(コピック的なカラーペン)が、48本で2000円というオソロシイ値段で投げ売りされていた。一瞬欲しいなぁ~と思ったけど、色鉛筆やクレヨンがあるから、まぁいいか、と思って止めといた。別のフロアで食糧を買っていたら、子どもと夫がコーフンして合流。「聞いて聞いて!このペンいくらやったと思う?」と言うので見てみたら、あのペンじゃないですか!まんまとウチに来る運命だったのね…(^^)/晩ごはんの用意をしている間に、「色見本作っといて~」とお願いしたら、なんともカワイイ色見本が出来上がってきました。ごはんもそこそこに、お絵描き大会~。スケッチブックは山ほどあるのよ。アルコールの特性がよく掴めないけど、まぁ、使ってるうちに慣れるでしょ。いろんな色があるだけでテンション上がる~。というわけで、晩...わーーい、色がいっぱいだ~~!!70/100

  • 自分は大丈夫って思う?  69/100

    調子が悪くなった時、薬を飲んで治すことと、薬を飲まないで治るのを待つということ。その二つは、決定的に違う経験だな~と思う。何でも薬に頼って治す人と、薬はなるべく飲みたくないという人。私はどっちとも言えないけど、普段は後者。できれば自力で治したい。でも、無理な時は躊躇なく薬に頼る。風邪の時は、薬を飲まないで治るのを待つことが多い。だけど、頭痛の時は、本格的に痛くなる前に薬に頼って乗り切る。でないと、そのうち眩しくて目を開けていられなくなり、少しの物音でもガンガン頭に響き、頭が痛すぎて吐いてしまうことが経験からわかっているからだ。頭痛は、30代くらいまでは、自力で治そうとしてたけど、50になった今では、もう自力で治すことができないと、ハナから諦めている。「頭痛は自力では治らない」という、経験からの学習と、「自力で治...自分は大丈夫って思う?69/100

  • 「機械」に相談する、「人間」に相談する 68/100

    昨日、逆説的に、「相談の本質を考えたら、自分で答えを出すってことだから、相談相手はパターン化されたAIでもいいやん」みたいな可能性について考えてみました。昨日の記事はこちらそんなこと書いといてナンですが、今日、「人間」とゆっくりお話ししながら、ランチをいただきました。マスク会食ってヤツ。人と会って食事するのって、ホントに楽しい!AI相手の相談って、たぶん、こっちが煮詰まった時に、一方的に、相手の答えを聞く。そして、気に入らない答えは無視する。みたいなことになるんだよね、きっと。だけど、「人間」とのお話では、相手が聞いてくれる、という力を借りて、自分の中まで入って考えを汲み出し、お互いの経験を聞き合って共鳴する、みたいなことが起こる。それは、心から安心して話ができる時に起こる。相手への信頼と尊敬がベースになってい...「機械」に相談する、「人間」に相談する68/100

ブログリーダー」を活用して、オキツさんをフォローしませんか?

ハンドル名
オキツさん
ブログタイトル
『自由の哲学』を読む~日々の暮らしから
フォロー
『自由の哲学』を読む~日々の暮らしから
カテゴリー一覧
商用