searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

だいだらボッチさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
だいだらボッチの激安おでかけバンザイ
ブログURL
https://earth720105.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
都内近郊に(たまに遠出)出かけた時の戯言が多めで9割9分がひとり行動、そして無料・安い料金で楽しめるスポットに訪問しております。僕の記事を見て「行ってみたい」「以前行ったけどまた行きたくなった」と感じて頂けたらとても嬉しいです。
更新頻度(1年)

68回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2020/03/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、だいだらボッチさんをフォローしませんか?

ハンドル名
だいだらボッチさん
ブログタイトル
だいだらボッチの激安おでかけバンザイ
更新頻度
68回 / 365日(平均1.3回/週)
フォロー
だいだらボッチの激安おでかけバンザイ

だいだらボッチさんの新着記事

1件〜30件

  • 流鉄流山線は都内近郊ローカル線で流山本町散歩やグルメが楽しめる電車

    今回も日雇いバイトのネタで大変恐縮ですが 日雇いバイトが(特定の)社員に忠誠を誓う見返りとして、傲慢にふるまう事が許される現場が南流山駅の近くにあります。 そんな現場でそんな勘違い日雇いバイトと一緒に作業した時なんぞは、もうイライラムカムカしてしまい、仕事後に立ち寄った南流山駅前にある洋食店の星型の目玉焼きとたっぷりのデミグラスソースに、心安らいだ事がとても印象に残っている僕なのです。アップル(流山/洋食) - Retty そんな流山市を走るローカル線(?)が流鉄株式会社の運営する流山線は、1913年に流山名産の醤油や味醂輸送を目的として流山軽便鉄道として設立以来、幾度か社名は変わりましたが、…

  • 「銚子電鉄」は廃止の危機にもめげず「ぬれ煎餅」を片手に乗車

    中学生時代に僕が入部していたテニス部は、隣市にある調布市営テニス場での地区大会が秋の恒例行事ですが、いつも全員1回戦で敗退…早々と会場を後にする弱小校の僕達(´・ω・`) 学校に戻って練習を始めしばらくすると、試合に来なかった補欠のビーバー(あだ名)が泣きながらテニスコートにやって来るではありませんか「誰も来てくれなかった~💧」どうやら朝の待ち合わせ場所の調布駅と銚子駅を間違えたらしく1人銚子駅の改札口で待ち続けていたみたい(x_x)「何で武蔵野・三鷹地区大会の待ち合わせが千葉県の銚子駅なんだよ(`Д´)ノ」 あの時はビーバー(補欠)の試合参加は無かった筈、だったらJR銚子駅1,2番線の先にあ…

  • 「本家第一旭本店」の「特製ラーメン」は京都駅徒歩5分で醤油ラーメンの頂点

    当ブログでは毎度おなじみのfacebookにマズそうなラーメンの写真ばかり投稿する知人ですが写真だけでなく文章もイラッとするものばかり。だいだいプロフィール写真からして、どっかのサイトから昔の映画の画像をパクったものでインチキ臭さ全開(現在は自分の写真に変更)。 最近、知り合った人から影響されてラーメン屋さんでラーメンを食べるように戻った※変な表現、つまりラーメンは「マルチャン」などの生麺を購め、余った野菜炒めや茹でモヤシを胃に流し込むために家で作って食べていたということですさて、左は昨夜、五反田図書館のあとでいただいた「平和軒」のチャーシューワンタンメンちぢれ細麺は自家製麺とのことでボソボソ…

  • 「倉敷美観地区」ボッチ観光で訪れて食べたい「瀬戸内庵」のかきまん

    江戸時代の町並みを残す蔵や屋敷そして川面に映る柳並木が雰囲気抜群のお洒落な倉敷美観地区 デートや女性同士のカフェ、そしてSNS映えするフォトジェニックなスポットが目白押し。 そんな倉敷美観地区にボッチのオヤジの僕が訪問してみましたが 天気は生憎の曇り空、そして先程知人のイラッとするfacebook投稿を見てしまい心まで曇り空。 ホント美観地区とは対極に位置する人物なのです(´・ω・`) 店先でブリキのオモチャを眺めながらイライラした心を静める僕…多分ユッキーとは岡田由希子の事でしょう(>_<) 瀬戸内庵で「かきまん」ランチ 倉敷美観地区はボッチオヤジにとって入店のハードルが高い店が多め、どうし…

  • 一畑電車(バタデン)はスイッチバックしながらオヤジ達の夢を乗せて

    映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」で活躍した一畑電車のデハニ50形は出雲大社前駅ホーム横にあり中に入って見学する事が出来ます。 一流企業に勤める49歳の肇は、ろくに家庭も顧みず、忙しく仕事に追われる日々を送っていた。そんなある日、故郷の島根で一人暮らしをしている母が倒れたという知らせを受ける。それをきっかけに仕事一筋の人生に疑問を抱き始めた肇は、子供の頃に憧れていた一畑電車、通称“バタデン”の運転士になることを決意する。RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 : 作品情報 - 映画.com 日雇いバイトに励む宮ちゃん(あだ名)も映画の主人公と同じ49…

  • 「出雲大社と松江城」島根県の2大スポットの魅力を徹底比較

    島根県を代表する観光スポットの出雲大社と松江城ですが、40km近くも離れており車や電車で1時間位の所要時間。最寄り駅がある一畑電車の乗り継ぎが悪ければ更に時間がかかってしまい出雲大社の参道前で「もう松江城に行くのはあきらめよっか…」になり松江城には行かずじまいになってしまいます。 でも僕に言わせればこれは非常にもったいない話、やはり島根観光は両方をしっかりと回ってみたいもの、今回は僕なりに出雲大社と松江城の見どころ・魅力を比較し島根2大スポットの魅力を掘り下げてみました(´・ω・`) 〈目次〉 ムスビの御神像(出雲大社) 国宝「松江城」 バリアフリー精神あふれる出雲大社 松江城近くの洋館「興雲…

  • 青春18きっぷで乗る伯備線115系は揺れまくり

    写真は朝の5時過ぎの岡山駅ホーム、昨晩は駅前のホテルに泊まり4時半起きが不安で仕方なかったのですが、何とか起きる事が出来ました、これから松江を目指す電車旅。 青春18きっぷで行く松江(島根県)だと僕の住む埼玉県から1日で行く事は出来ません、23時過ぎに米子駅(鳥取県)に到着して翌朝の松江入りも検討しましたが、夜の闇の中で見知らぬローカル線に乗る恐怖と激しく揺れる伯備線、結局岡山で1泊して始発で松江を目指しました、山陽本線で倉敷駅まで行き伯備線の待つ4番ホームへ、早くも昭和の通勤列車っぽい車両が待機しております。 〈伯備線について軽くまとめ〉山陽地方と山陰地方を結ぶ特急も走行する幹線で鳥取県西部…

  • 「神戸メリケンパーク」には何があるの?神戸港を無料で楽しめるスポットがいっぱい

    あっちこっちで周りの人達の噂話や悪口を吹聴してまわる日雇いアルバイトのコウモリ(あだ名)💧勤務中は散々陰口を叩いておきながら仕事後にはどこ吹く風で海に向かって口笛を吹いている彼の姿を思い浮かべる度に苛立ちを覚えてしまいます(`ε´)ピー いつもは芝浦ふ頭レインボーブリッジ近くで口笛を吹いているコウモリですが岡山県が実家、若かりし頃は神戸で働き仕事後は港に向かって口笛を吹いていた事でしょう、そんなコウモリの本拠地に青春18きっぷを利用して埼玉から10時間の電車旅(ノД`) 〈目次〉 神戸中華街(南京町)で肉まんをゲット 神戸メリケンパークとハーバーランドの違い 神戸メリケンパーク有料スポット …

  • 巣鴨の「ファイト餃子」はホワイト餃子グループ技術連鎖店の人気店

    小学校時代のクラスメイト(マズ飯君と命名)がまたもや理解に苦しむ食べ物をフェイスブックに投稿、どうすればこんなマズそうな写真を撮れるのでしょうか??このお稲荷さんみたいな食べ物は巣鴨の「ファイト餃子」という店で購入して自宅で投稿したらしく、写真同様にお皿の絵柄もセンス無し…ホント見てるとイライラしてきます(`Д´)ノ 実際はぷっくりした形のオリジナリティ溢れるファイト餃子、フランスパンで使う強力粉を使った皮が独特な食感で、出来ればお持ち帰りでは無く店で焼きたてを食べたいもの。 千葉県野田市に本店を置き、チェーン展開する餃子専門店のホワイト餃子の技術連鎖店がファイト餃子。 技術連鎖とか聞くと物々…

  • 大雄山線は金太郎きっぷで途中下車観光

    箱根へ行く小田急線や熱海を経由して西へ行くJR東海道線、そして人気の箱根登山電車や東西の大動脈東海道新幹線も停車する一大ターミナルの小田原駅の端っこでひっそりと佇む大雄山線に乗車して沿線を散策した鉄オタの僕。 〈目次〉 大雄山線の歴史 五百羅漢駅「玉宝寺」 岩原駅「グリルとしお」 終点の大雄山駅へ 大雄山線の歴史 大雄山線は大正時代に最乗寺参詣の為に計画された鉄道です当時から最乗寺には多くの参詣客で賑わってましたが、当時の東海道線は小田原を経由しない国府津・松田・御殿場・沼津のルート、東海道の要所である小田原は鉄道的には陸の孤島でした。小田原電気鉄道の敷設、そして東海道線が国府津から小田原まで…

  • パワースポットの大雄山最乗寺と僕の天狗伝説

    ターミナル駅であり箱根・熱海観光の拠点、そして熱海を経由する交通要所でもある小田原駅。 サラリーマン時代に取引先の担当者だった知人女性も箱根や熱海旅行が大好き、写真は熱海の神社に初詣に行った時のインスタ投稿、#(ハッシュタグ)には御朱印ガールと書き込みしておりますが確か今年で六十路を迎えるハズ (ノД`)イタスギル… そんな箱根や熱海に目を奪われがちになる小田原駅ですが、隣の南足柄市にあるパワースポットは、広い境内にある数々の由緒ある堂塔、そして沢山の緑と清らかな水が流れる「大雄山最乗寺」は是非とも訪れたいパワースポットなのです。 〈目次〉 大雄山線で「大雄山」駅・伊豆箱根バスで「道了尊」バ…

  • トキハソース本社販売の「滝野川やきそば」でソースが好きになる

    「ブルドックソースが知名度があって1番美味しいソースなの!」 ネームバリューに弱く料理の嫌いなウチの母が夕食の時にこんな戯言をよく言っておりました。スーパーで買った冷めた揚げ物や生焼けで中身の赤いハンバーグの味を誤魔化すようにソースをベチャベチャ、更には全然味のしない野菜炒めにかけたソースが今でも僕のトラウマでソースが嫌いなままオヤジになってしまった僕。そんな事を学生時代に働いていた喫茶店のマスターに話したところ「でもウスターソースはどんな料理にも合うソースの王様なんだよ」と言ってたのを思い出し、ソースの老舗会社の作る焼きそばを食べに行った平日の水曜日。画像引用先:» 「瀧野川やきそば」販売の…

  • 箱根登山電車は80パーミルの急勾配とあじさいが見どころで僕の心もスイッチバック

    「またオレを違う電車に乗せただろ!」 職場の上司としこたま呑んだ翌日にこんな事を言われていたサラリーマン時代の僕。泥酔した上司は新宿駅で山手線に乗るつもりが小田急線の改札口へ向かって行きます「それ違う電車です」とは(一応)言ったのですが「線路は繋がっているんだよ!」と叫び小田原行きの列車に吸い込まれていくベロベロの上司(x_x)どうやら箱根まで乗って行ってしまい駅構内で一晩明かし会社に出勤して来たみたいです、普通なら終点に着いたら慌てて一気に酔いが覚める筈ですが、上司はそのまま箱根登山電車に乗り換えて山の中を目指し夜の電車旅を続けていたみたい💧 そんなダメ上司を思い出しながら、あじさいの咲く箱…

  • 横須賀の三笠公園にある「記念艦みかさ」の内部見学で日本海海戦に思いを馳せて

    「もしあの時代に戦艦大和への乗艦命令があればオレは乗ってたな!」 今度は何のドラマを観たのでしょうか?またテレビ見て感化されて主人公になりきっている職場の日雇いバイトのKさん、妄想するのは結構ですが 日雇いバイトの分際で連合艦隊の旗艦(司令官長が乗っている艦)なんかに乗れる訳が無いのです(´・ω・`) 更には明治時代(日露戦争時)の旗艦であった三笠の話をすると「それ何?」って感じでポカーン( ゚д゚)戦艦三笠が活躍した日露戦争の日本海海戦(対馬沖海戦)が後に戦艦大和の基本設計にも大きく関わって来るのです。 〈目次〉 戦艦三笠に乗艦 日本海海戦での大勝利 大砲主義になる日本艦隊 ドラマ(戦艦)と…

  • 「五千頭の龍が昇る聖天宮」は埼玉県坂戸市にある豪華絢爛な台湾のお寺(?)

    都心への通勤はやや遠いけど頑張れば通える位の微妙な距離、埼玉県川越市の先にある鶴ヶ島市と坂戸市の境界に位置する東武東上線「若葉駅」はそんなギリギリの都心近郊ベッドタウン。 この駅から希望を持ってプラダ銀座店にドアマンの仕事の面接に行った日雇いバイトの外山君(仮名)、まぁ…40手前のオヤジの分際で一応面接まで漕ぎ着けたのは大したモノです(´・ω・`)写真引用先:デパートや銀座・表参道の高級ショップに入る勇気ありますか? | ガールズちゃんねる - Girls Channel - 近所のお寺に正式採用の祈願をしてから銀座店に向かったはず、実は外山君の近所には異国感溢れる強力なパワースポットがあるの…

  • 海老名駅前「ロマンスカーミュージアム」は歴代5種類の小田急ロマンスカーがずらり

    20代の頃に4年間ほど神奈川県の海老名市に住んでいた事がありました、そこから新宿の会社まで通勤していたのですが、当時の小田急線は複々線化前で新宿に近づくにつれノロノロ運転(>.<)いつもギリギリの出勤で所属部署である第2事業部の皆さんから怒られてばかりおりました。 行きに比べると帰りは割とスムーズな小田急線、営業4課の課長(町田在住)と一緒に帰る時は夜のロマンスカーで町田駅までひとっ飛び、課長には毎回特急料金を出して頂いて、今でも懐かしく思う時があります。 それにひきかえ第2事業部の上司の皆さんはウンザリする人達ばかり…元々会社が倒産したロートル連中が(今の会社に皆で)やって来た外様の営業部で…

  • 埼玉B級グルメ「豆腐ラーメン」東西の横綱は大手門と幸楊

    現在は分からない事があればスマホで検索してすぐに疑問を解決出来る世の中ですが、一昔前まではチョットした雑学の疑問は親か知人に聞くしかありませんでした、子供の頃豆腐の絹ごしと木綿の違いを母親に質問したところ 「絹ごしはお金持ちが食べて木綿は貧乏人が食べるの」 とありえない答えが返ってきました(x_x)よくもまぁそんなインチキ臭い事が言えるものです。子供だと思って適当に言ったのでしょうが、当の子供はオヤジになってからもシッカリ覚えているのです(`ε´)ノ写真引用先:木綿豆腐と絹豆腐の違い - クックパッド料理の基本 〈目次〉 豆腐ラーメン発祥の地「レストラン大手門」 豆腐ラーメン考案者が店主の「ト…

  • 「横浜エアキャビン」料金高めで乗車時間も短めだけど乗ってみて帰りは徒歩

    今から30年程前、僕はチラシやパンフレットを制作する広告会社に勤務しておりました、あの頃に比べると横浜もだいぶ様変わりしたものです。(写真は桜木町駅) 営業職として入社したのですが、撮影の助手が主な仕事でした。。綺麗な景色やモデルの撮影だったら楽しいのですが、明けても暮れてもモデルルームの撮影ばかり、しかもカメラマンのナベさんはやたら撮影に時間がかかる気難しい人。殺風景な部屋の写真1カットに3時間なんてありえませんよ…もう入社1週間後には激しく退社を意識した僕。。注:写真はナベさんが撮ったものではありません写真引用先:【ホームズ】ハーモニータウン新取手弐番館 3階の建物情報|茨城県取手市野々井…

  • 吉祥寺駅から善福寺公園のアクセスとボートの無い下池をオススメする3つの理由

    井の頭公園の井の頭池、石神井公園の三宝寺池、善福寺公園の善福寺池が武蔵野三大湧水池と呼ばれておりますが両公園と比べるといまいちマイナーな善福寺公園。 ですが井の頭や石神井より落ち着いた雰囲気で隠れファンも多い善福寺公園、周りは繁華街と離れた閑静な住宅地、幅広い年齢層が訪れる落ち着いた雰囲気の公園で2つの池があって2倍楽しめる場所でもあります。 井の頭や石神井よりもゆったり落ち着いた善福寺の雰囲気が好きな人も多いはず、ちなみに写真のぼっちで手こぎボートに乗っているのは知らないオジサンです(>_<) そして公園内には上池と下池2つの池があり僕は何と言っても下池ファン! 理由は①睡蓮などの水生植物は…

  • 湘南モノレールは裏鎌倉を爆走するジェットコースター

    海沿いの現場で働く日雇いバイトのコウモリ(あだ名)は海の見える場所で作業するのが大好き(・∀・)ですが電車はそんなに好きでは無く現場に行く道での東京モノレールと新交通ゆりかもめの区別が全くつきません(>_<) 新交通とは桁上に設置された走行路(床版)の上を車両が案内レールに従って走行するシステムで人または貨物を運送する施設であること 引用先:新交通システムとは - 新交通システム 個人的にはレールにしがみつく様にして走る姿に懐かしさと近未来を感じてしまうモノレール好き、2001年に向ヶ丘遊園のモノレールが廃止になったのは本当にガッカリしたものです(T_T)写真引用先:向ヶ丘遊園モノレール線 東…

  • 元祖ロメスパ「ジャポネ」の裏メニュー親方はインディアンで

    今でこそ日雇いバイトで食いつないでいる僕ですが、かつてはサラリーマンでサボり先の有楽町のゲームセンターで一生懸命ゲームをしておりました。当時通いつめていた有楽町銀座口前のゲームセンターは2014年1月3日の火災で炎上しそのまま閉店。 この火災で帰省ラッシュ時の新幹線は5時間の運休、僕も連日ここで5時間はサボっていた当時を思うといたたまれない気持ちになってしまいます。 〈目次〉 ロメスパとは ~元祖の店ジャポネ~ 多彩なメニューからお気に入りを アクセスと営業時間 ジャポネの裏メニュー「親方」に挑戦 ロメスパとは ~元祖の店ジャポネ~ ジャポネ(=日本)は、店名どおり日本人の味覚にあった味付けを…

  • 「満来とほりうち」デカい&たくさん西新宿のチャーシュー麺~

    当ブログでも度々登場するフェイスブックにマズそうなラーメンを投稿する知人が、こんなコメントを書き込みしておりました。無駄な改行と句読点(。)を付けない文章にイライラしますが、投稿するチャーシュー麺は更にイライラ度UPの営業妨害レベル、こんな汚く撮った写真を店名と共に晒された日には時短営業した方がなんぼかマシです。 ですが「チャーシューのクオリティ~」の箇所は(一応💧)共感できます。僕はチャーシュー麺よりもラーメン大盛派ですが、お腹がすいている時などは無性にガッツリと大きなチャーシューをたくさん頬張りたくなります。そんな時に行きたい店が新宿西口にある2つの店舗「満来」と「ほりうち」両店の距離はわ…

  • レインボーブリッジ遊歩道を徒歩で ~南北2つのコースはいずれも無料~

    作業する人と場所が流動的な日雇いバイトには、人の噂話や悪口が好きな人達がホント多くてウンザリする毎日、そういえば日雇いバイト15年の「コウモリ(あだ名)」もあっちこっちでペチャペチャ言うのが大好き、一方コウモリの友人「バード(あだ名)」は一切人の悪口・噂話はしない人、仲良く帰路に就く姿にも2人の性格が良く現れております。(コウモリが前でバードが後ろ) 明日になれば2人は違う現場、そうなるとコウモリはバードの悪口三昧になるのです(x_x) 芝浦ふ頭 レインボーブリッジ遊歩道 ノースコース サウスコース 機動戦士バードガンダム 芝浦ふ頭 埼玉県在住のコウモリ、日雇いは普通自宅から近くの現場に行きた…

  • 【青春18きっぷよりも安く】大回り乗車で房総半島を一周

    4月10日で春の青春18きっぷ期間が終了、今回は京都観光そして只見線の完乗で利用した18きっぱーの僕。休みたい時に休める日雇いの利点を生かし、天気を第一優先でスケジュールを組みました、しかし今回も職場で噂好きの日雇い(あだ名はロン毛)に旅行ネタで絡まれるのが恒例行事、僕の場合は嘘を考えるのが面倒なのでつい「遠方に行った」と正直に言えば、妬み嫉み絡んでくるのです(>_<) 「まぁ今度オレも房総半島一周に行くけど、青春18きっぷより安い周遊券で行くけどね」とか言い出す始末(-_-#)イライラところで2410円(18きっぷの1回あたり単価)より安く房総半島を一周出来るフリーパスとかあるのでしょうか?…

  • わたらせ渓谷鐵道のトロッコ列車を撮り足尾銅山観光のがっかりトロッコに乗って

    日光に旅行に行くとか言っておきながら3年以上過ぎても、未だに行く気配すら無い職場の日雇いバイト川ちゃん(仮名)、ちなみに旅行を断念した言い訳は 3年前 特急に乗りいいホテルに泊まりたい2年前 急に仕事が忙しくなった1年前 コロナで東京から来ると嫌がられる 他人事なので大きなお節介ですが、都内から日帰りでも余裕な往復時間なのだから、気が向いた時にでも行けばイイのに。。それとも本当は行く気なんぞ全然ナイのに「旅行に行く」と言って充実した休日を楽しんでるアピールだけかなのかも??そんな事を思い出し突発的にお出かけ、日光市は「足尾銅山観光」でトロッコに乗車した次第です。 〈目次〉 足尾銅山観光トロッコ…

  • 【SLぐんまみなかみ】昭和を懐かしむデゴイチと水上駅前の廃墟ホテル

    日雇いバイト最高齢の爺さん(77歳)が言っておりました「全くデコイチ(SL)とか乗って今の人達はロマンチックだね~オレの昔はSLが来たらディーゼル車では無くてガッカリしたものさ」と勝手に自分の昔話ばかり始める老害。 今でも健在で走っているから人気なの! そんな爺さんを思い出してイライラしながら新潟からの帰り道に立ち寄ったのは群馬県の水上駅。 駅前広場にはD51が展示してあり家族連れが目立ちます そう言えば爺さんは以前母娘で作業しているバイトの女性に向かって「家内工業だ~」デカい声で叫んでおりました、それに怒った社員が一言「ウチの会社をバカにしてんの!」爺「すいません…」全くいつも一言多い爺さん…

  • 「只見線」絶景ローカル線をキハと代行バスで完乗 ~不通区間も六十里越も何のその~

    「絶景ローカル線」と検索すると必ずと言って良いほどランクインする只見線、特に紅葉や雪景色では絶大な人気を誇る路線です。只見線は知らずとも有名な撮影場所「只見川第1橋梁」の写真は目にした方々も多いのではないでしょうか。写真引用先:只見線 – 三島町観光地域づくり情報サイト そして人気ぶりは海を越え、中国のSNS微博(ウェイボー)でも世界で最もロマンティックな鉄道と紹介され「福島の只見線は世界で最もロマンチックな鉄道と言われている。皆さんもどうぞ。私はもうその美しさに泣いてしまった」のカキコミが大きな反響となりました。写真引用先:世界で最もロマンチックな鉄道「只見線」の秘境駅をめぐってきた! | …

  • 山都の美味しい「水そば」は宮古地区の「とのや」までダッシュ

    突然ですが美味しい蕎麦が土地の条件とは・冷涼な気候で栽培されること・多湿を嫌う為に水はけの良い土壌であること・昼と夜の気温差が大きいこと(開花と結実が一斉に行われるため収穫量が多くなる)なので下記の特徴を持った場所がそば栽培に適しております 今回訪問した福島県山都町もそば栽培に適した場所です・比較的冷涼な気候である・水はけの良い肥えた黒ぼく土壌が多い・夏から秋の朝方に発生する霧のため日光がさえぎられ昼と夜の気温差が大きくなる そんな山都町ですが、隣があの有名な喜多方市な事もあってか少しマイナー感のある蕎麦処、そんな山都でつゆが水の「水そば」を頂きました(・∀・)ノ 〈目次〉 駅近くの飯豊そばの…

  • 「京都 六波羅蜜寺」よく当たる人気のおみくじと銭洗いで開運アップ

    昨年の秋に清水寺に行った際に特にブログに書くネタも無く、職場の頭にバンダナを巻いたオヤジ(日雇い)のある事無い事エピソードをネタにして書いた記事は当ブログで中でも特に1番下らない内容に意気沮喪(いきそそう)💧 そんな清水寺・八坂神社の近くに六波羅蜜寺という寺があります、境内で自分の生年月日を伝えて頂く四柱推命のおみくじがとても良く当たると評判で人気のお寺。あの時におみくじの事を知っていたら、バンダナオヤジの生年月日で彼のおみくじをお土産に持ち帰ってあげたのに(´・ω・`) 〈目次〉 六波羅蜜寺へのアクセス 境内の開運巡り 爆当たりの四柱推命おみくじにチャレンジ 六波羅蜜寺へのアクセス 京阪電車…

  • 京都「伏見稲荷大社」の見どころは朱色の千本鳥居に囲まれた稲荷山プチ登山

    僕がこの仕事を始めた頃から日雇いの大ベテランだった満ちゃん(あだ名)は、次の仕事が見つかる腰かけのつもりで始めた日雇いが足かけ20年以上も続けてしまうハメになったそうです(x_x)満ちゃんの昼食はいつもおいなりさん、仕事場に背負ってくるリュックにはいつも3食分のおいなりさんとウクレレが入っているともっぱらの噂。僕も満ちゃんみたいに20年を超えるキャリアを誇る日雇いになってしまうのかな?と少し心配しながら訪問した先は五穀豊穣・商売繁盛そしてお稲荷さんの総本山「伏見稲荷大社」です。 無知な僕はたくさんの鳥居をくぐって参拝して終わり…と軽い気持ちで考えていたのですが、本殿の後ろには稲荷山が座しており…

カテゴリー一覧
商用