searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

俺さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
1勝100敗 婚活回想録
ブログURL
https://1-100-konkatsu.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
婚活体験談をおもしろ、おかしく書いてます
更新頻度(1年)

1回 / 8日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2020/03/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、俺さんの読者になりませんか?

ハンドル名
俺さん
ブログタイトル
1勝100敗 婚活回想録
更新頻度
1回 / 8日(平均0.9回/週)
読者になる
1勝100敗 婚活回想録

俺さんの新着記事

1件〜30件

  • お見合いデビュー

    俺は、成立した彼女のプロフィールを熟読した。仕事や趣味はもちろん、自己PR<から読み取れることも記憶した。写真を拡大して、本当にかわいいのか?や、胸が大きいのかといったエッチな想像をすることは必須だ。怠ってはいけない。 彼女のプロフィールを記憶するだけではダメだ。俺は何をどう話そうかを一生懸命組み立てた。これを話してみたい、あれを聞いてみよう。 俺は徹子の部屋の黒柳徹子にならなくてはいけないのだ、笑っていいとものタモリだ、どうやら、お笑い芸人になる必要はなさそうだ。 当日、私は指定された喫茶店のようなところに、ノコノコと出かけていった。どんな人が来るのか楽しみな反面、少し恥ずかしさもある。 店…

  • 婚活 鉄の掟 その1

    俺は止まることなく来る申し込みを見ながら、やはり自分はモテるんだなと正直、思っていた。しかし、自分の申し込みをした人たちからは何の連絡もない。結局この日は何の返答もなく終わった。確か、7人くらいに申し込みをした気がする。俺は、モテるからみんなから返事が来ると信じていた。そう、心から信じていたのだ。俺は過去の経験からそれを知っていたから。しかし、それでも返事は来ないのだ。待てど暮らせど来ないとは、このことだ。少し、焦りながら申込み状況を確認した。すると、4人消えていた。消えるということは、お断りをされたってことを意味する。 えっ!?どうして?俺モテるんだけど、なんであんたらは断るのだ?ちゃんと吟…

  • いざ、申し込み!!

    登録が完了し、相手を見つけるサイトにアクセスをしてみた。初めてだからドキドキだ。閲覧は異性のみだ。どんな男が自分の敵なのか見たかったが、男ばかりみていても楽しいことなんてない。早速俺は、女子を物色し始めた。どの子もかわいい、きれいだ、たまにそうでもないのがいる、これが俺の本音だ。 女の子のプロフィールを読んで、会ってみたい女子を探す、これが鉄則だ。可愛いからといって、申し込みを押すのはダメだ。どうせあっちも、写真は盛っているはずだ。女子の角度をつけて撮影されている写真は、「訳あり」のサインということに、俺は後でわかった。角度をつけているのは、この角度が一番かわいく見えるというからくりなのだ。し…

  • カッコいい写真撮ろうぜ!

    そんな軽いノリで誘われて、何も考えずに「おぅ、やろーやろー」と言ってしまった、俺。ここから、私と彼女との婚活が始まったのである。彼女とは年齢も同じ、地元も同じ、小学校は隣だったということが分かり、一気に意気投合した。懐かしい友達みたいな感じだと思えばいい。さて、始めるといった以上、やらないといけない。まずは申込用紙に名前を書こうねと、サークルの勧誘かよ。俺は彼女と一緒に夕食を食べてから、確か、美味しいパエリアだった、ホテルのラウンジで事務手続きをした。別にホテルである必要は全くなかったのだが、夜遅くまでやってるところはラウンジだよね、 そうだよねぇーと二人で声を合せてのんきにラウンジに向かった…

  • ねぇ、あなた婚活しなーい?

    俺はその日、知人に誘われた異業種交流会に来ていた。名前だけ聞くと、映画の一シーンを思わせるようなパーティのように聞こえるが、ただの街コンとカップリングパーティを掛け合わせたようなものだ。当然、知り合いの男女はいない。特段かっこいいやつもいないし、あっと驚く美人もいない。最も、俺も周りからそう思われていたに違いないが、自分はイケてると信じ周囲に愛想笑いを振りまいてた。この営業笑顔は、プロのCAだって驚くに違いない。さて、このパーティは、1対1で10分程度話したら、次の女子と話すってやつだ。これは得意だ。俺は合コンを何百回とやってきた。初対面で話をして好印象を植え付けるなんて、楽勝だ。さぁ、開始だ…

カテゴリー一覧
商用