searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

eGolfviewさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
上達するゴルフ練習法
ブログURL
https://egolfview.com/
ブログ紹介文
ゴルフはコツを掴めば簡単に上達!ゴルフが上達したい幅広い方に役立つゴルフレッスンDVD練習教材、練習法、効果的なゴルフ練習ドリル、ゴルフスイング矯正方法を紹介しています
更新頻度(1年)

16回 / 29日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2020/03/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、eGolfviewさんの読者になりませんか?

ハンドル名
eGolfviewさん
ブログタイトル
上達するゴルフ練習法
更新頻度
16回 / 29日(平均3.9回/週)
読者になる
上達するゴルフ練習法

eGolfviewさんの新着記事

1件〜30件

  • ラウンド直後の効果的な練習方法

    ラウンドの前日などの練習では明日のラウンドに向けてスイングの調整がメインになります。「フォーム作り」や「スイングのレベル向上」というよりも、「明日のラウンドに向けてのスイングの調整」が最重要課題になります。ラウンド直後というのはその日のラウ

  • ラウンド直前の効果的な練習方法

    ラウンド前はどんな練習をすれば良いのか?ゴルフをしていれば、誰もが思うことです。スタートの準備が整っていれば、・スタートホールのティーショットの不安がない・ロングパットの 距離感があう・1mのパットを安心して打てるつまり「良いスコアでラウン

  • 5分に1球ずつボールを打つ練習が効果的

    コースに行くとナイスショットできない!という悩みのよくある原因の1つに練習場とコースのボールを打つ頻度の違いがあげられます。普段練習場に行くと、ボールが次々に出てくるので1分間に何十球と連続で打つことができます。しかし、実際のラウンドではボ

  • 素振りにはないゴルフの力みの原因を解消

    どうしたら、「力み」が取れるのか?ご存知のとおり、スイング時の力みは、あらゆるミスの原因になり、飛距離も落ちますし、スイングも安定しません。スイング中の力みをなくすだけで、飛距離がアップする可能性は高いのです。ただ、頭ではわかっていても「力

  • アプローチのグリーン周りの攻略方法

    グリーンの攻略はグリーン周りの正しい状況判断が大切になります。グリーンをこばした際に、 ただ漫然とフェアウェイから自分のボールの位置に向かうのでなく、グリーンに近づく段階からグリーン回りの状況をよく観察しましょう。ボールのライだけを調べるの

  • フェアウェイバンカーからアイアンでグリーンを狙う

    フェアウェイバンカーからアイアンを打つのが苦手という方も多いです。フェアウェイバンカーに入れたことでスコアを大きく崩してしまうケースも多いです。少し手前を叩くとボールはまったく飛びません。最悪の場合はバンカーから出ないということも、、、フェ

  • ドライバーのプッシュアウトを防ぐコツ

    ボールが右に真っ直ぐに飛ぶ理由は2つ・インパクトで「フェース面が開いている」・スイング軌道は「インサイドアウト」インサイドアウトは良い軌道です。インパクトでフェース面がターゲットを向いていれば、ドローボールになり飛距離がでます。フェース面が

  • コースでも練習場と同じようにナイスショットが打てる!

    練習場では出来ていたのに本番で出来ない事って多いですよね。練習と本番、もっとも違う所はボールを打つ回数です。コースでは一打一打を大切に打たなければ良いスコアは生まれません。あなたは、練習場では打てるのにコースでは思うようにナイスショットがで

  • アプローチは想像力が豊かな人がうまくなる!

    ゴルフのスコアを縮めるには何が大切か、色々な要素がありますかが、アプローチの上達が一番の近道と思います。ゴルフはミスと上手に付き合っていくスポーツです。必ずしも毎回、ナイスショットが繰り出せるとはかぎりません。プロでさえグリーンを外すことも

  • スコアメークのカギとなるショートゲームの習得法

    アプローチにはチップショット(ランニングアフローチ)、ピッチェンドラン、 ピッチショットの3種があります。中でも一番やさしいのがチップショットです。ランニングという名の通り、転がしてカップに寄せるもので、距離感や方向性において最も安定した打

  • コースでも飛距離を落とさないスイングのコツ

    コースにでると狙った飛距離がでないと悩む方は多いです。多くの方は、スイングに問題があるのかな?メンタルが弱くて、力が入ったかな?と考えがちですが、実はスイングよりも「コース特有の原因」により飛距離が変わっています。主な原因をご紹介します。(

  • ドライバーのインパクトでの腕の形

    ドライバーは、一番クラブの長さが長く、飛距離が出るクラブです。方向性を安定させるのは一番難しいクラブと言えるでしょう。ドライバーの方向性は、フェイス面の向きが重要です。ドライバーは、インパクトのとき、フェイス面の向きがしっかりしていれば、た

  • アイアン左足上がりの傾斜を成功させるコツ

    左足上がりの傾斜では、何がポイントになるかというと、傾斜に対してアドレスをしっかりとれるかです。傾斜に逆らって立ってしまうと、スイングが崩れてしまいます。肩のラインと傾斜のラインが平行になるようにセットして下さい。肩のラインと傾斜のラインが

  • スイングのリズムをよくするドリル

    スイングリズムを良くするにはゆっくりテークバックがお勧めです。早振りでも自分のリズムになっている人もいますが、大半の人には早振りは合わないでしょう。では、、、どうすれば早振りを直せるのか?なぜ、、、ゆっくりしたバックスイングが良いのか?バッ

  • 飛ばなくても安定して80台でラウンドできる!

    飛距離190ヤードでも、80台でラウンドは可能ですか?もちろん、可能です!私の周りでも沢山います。でも、飛距離が出た方がゴルフは有利です。ドライバーの飛距離があれば、他の人よりもセカンドショットで短いアイアンを使えます。アイアンの飛距離があ

  • フェアウェイウッドでボールを上げるコツ

    フェアウェイウッドは、フェアウェイの芝の上にあるボールを打つクラブです。ドライバーとは異なり、フェアウェイウッドは、アッパーブローでは打てません。アッパーブローで打とうとすると、トップやダフリなどのミスショットになり、まともにボールを打つこ

  • ミスショットを減らし大叩きしない方法

    練習場では上手くいくのにコースではミスショットになると悩んでいませんか?ゴルフはミスの少ない人が勝てるゲームです。でも、、、「ミスをしたくない」と思うほどショットが緩みやすくミスが増えます。では、どうすればミスショットを減らせるのか?あなた

  • ドライバーの飛距離ロスの原因を知ろう!

    ドライバーの飛距離アップを望んでないゴルファーなどいないでしょう。ですが、多くのゴルファーがなんらかの「飛距離をロスしている原因」を持っています。ロスの原因として多いのが、インパクトでボールに対してクラブヘッドがオープンになってしまう。結果

  • ドライバーのスライスを直してナイスショット!

    スライスをすると、飛距離は出ないし、ボールがどこに飛ぶかわからなく、あげくのはてにはOBや林にボールが入ってしまう。なんとかスライスを直そうと、色々と雑誌や教則本を読みあさっても直らない。なぜ、スライスの克服に苦労する人が多いのか?それは、

  • 左手主導で飛距離アップのコツ

    右手の使いすぎはミスショットが多くなります。頭が残って左手でリードしていれば手は自然に返るので右手の返しは必要ないのです。左手でリードすると再現性の高いスイングができます。右手を全く使わないという意味ではない。右手を使いすぎるとショットが暴

カテゴリー一覧
商用