searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Naoyuki Matsuda MD, PhDさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

現在,新型コロナウイルスの関連情報を発信しています。皆さまの予防について,知識共有としています。また,従来の記事として,重症になったときの集中治療,そして救急医療の知識の拡充にお役立て下さい。救急科指導医・専門医 集中治療専門医 松田直之

ブログタイトル
救急一直線 特別ブログ Happy保存の法則
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/matsubomb
ブログ紹介文
HP「救急一直線」は,2002年より開始され,救急医学・集中治療医学の学術発信を目標とし,ブログとして継続されています。
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2020/02/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Naoyuki Matsuda MD, PhDさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Naoyuki Matsuda MD, PhDさん
ブログタイトル
救急一直線 特別ブログ Happy保存の法則
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
救急一直線  特別ブログ Happy保存の法則

Naoyuki Matsuda MD, PhDさんの新着記事

1件〜30件

  • 診療 ワクチン接種の会場管理:ワクチン接種の診療

    コロナワクチン接種の会場管理新型コロナウイルスワクチン接種における注意事項の整理名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野松田直之【はじめに】新型コロナワクチン接種として,ファイザー(株),モデルナ(株),アストラゼネカ(株)のワクチン接種が,日本でも進んできています。このワクチン接種において,接種可能かどうかを医師が診察します。一般に,けいれん(てんかん),心臓(起立性低血圧),腎臓,肝臓,血液疾患,アレルギーなどの重要な病歴のある方などの基礎疾患のある場合には慎重に対応することになります。ワクチン接種後30分間は経過観察とさせていただきます。その一方で,ワクチン接種会場では,いろいろな出来事に遭遇することになります。対応する皆さんが留意するとよい事項について記載しています。1.言葉が通じない日本語も...診療ワクチン接種の会場管理:ワクチン接種の診療

  • 世界敗血症DAY2021のお知らせ

    世界敗血症DAY2021のお知らせWorldSepsisDay2021名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野教授松田直之NaoyukiMatsudaMD,PhD世界敗血症DAY,2011年9月より,毎年9月13日に行われています。COVID-19によるコロナ禍,「敗血症」という病態を皆さんが知り,共有する機会としています。本年も,どうぞよろしくお願い申し上げます。内容1.CBCラジオ「きくラジオ」特集:世界敗血症DAY松田直之/渡辺美香さん2021年9月13日(月)~17日(金)12時45分頃~2.JapanSepsisAlliance世界敗血症DAYセミナー2021年9月4日(土)13:00~16:20(ZOOMウエビナー)3.敗血症フォーラムin東海2021(主催:ファイザー製薬(株))2021...世界敗血症DAY2021のお知らせ

  • 講演会のお知らせ

    第2回生体防御医学セミナーのご案内日時:令和3年7月1日(木)19:00~20:30場所:オンライン開催(Zoom)事前登録制対象:全国・東海の医療従事者全般費用:無料登録URL:https://tinyurl.com/2nu4jmyh事前登録制:6月30日(水)までにご登録下さい。内容:医療従事者を対象として,新型コロナウイルスや多剤耐性菌に関する講演会と,名古屋大学における糖鎖の生体反応の2部構成として,講演会・セミナーを企画しました。WEB(ZOOM)での開催となります。全国から,皆さまのご参集をお待ちしております。名古屋大学医学部の研究なども紹介させて頂きます。総合司会・座長名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野教授松田直之特別講演119:10~19:50薬剤耐性菌感染症update2021...講演会のお知らせ

  • 救急一直線 インデックス 3 COVID-19についての記事検索

    救急一直線COVID-19関連記事の整理集中治療インデックス3COVID-19についての記載記事検索救急科指導医・専門医,集中治療専門医,麻酔科指導医・専門医松田直之データ共有新型コロナウイルスの各地域の現状世界WHO新型コロナウイルス感染情報https://covid19.who.int日本新型コロナウイルス感染状況https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html厚生労働省コロナウイルスウイルス感染症国内発生状況https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html日本新型コロナウイルス死亡統計http://www.ipss.go.jp/projects/j/c...救急一直線インデックス3COVID-19についての記事検索

  • お知らせ コロナ対策シンポジウム 「新型コロナワクチン導入後のあるべき姿」

    bioMerieuxSyndromicSymposium2日程:2021年5月22日(土)14:00~17:00形式:WEBセミナー(ライブ配信形式)テーマ:「新型コロナワクチン導入後:これからの呼吸器感染症診断のあるべき姿」広く,皆さま,ご参加下さい。【特別講演】演題:演題ワクチン導入後のCOVID-19鑑別診断の重要性~ワクチンの効果をどのように見える化するか?~演者:中野貴司先生川崎医科大学小児科教授【講演1】--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------演題:呼吸器感染症診断:新型コロナワクチン導入前と今後の在り方演者:...お知らせコロナ対策シンポジウム「新型コロナワクチン導入後のあるべき姿」

  • 共有注意事項 ワクチン接種で注意すること

    共有事項新型コロナウイルスのワクチン接種の注意事項名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野教授松田直之ワクチンの現状の把握現在,新型コロナウイルス対策としてワクチン接種が開始されましたが,皆が知っておくべきこと,前向きに報道しなければならないことがあります。個人でも,厳格に注意していただくのですが,ご老人の接種,いくつかの問題発生に注意です。以下の危険が生じないように,周囲で気をつける,未然の対応が大切です。医療事故に,十分に気をつけて対応していくことが大切です。内容1.ワクチン接種スケジュール(薬機法)が守られない危険性ファイザー社のワクチン(コミナティ筋注)は,現在,3週間を目安に2回の摂取となっています。しかし,ご高齢においては,この約束が守られないケースが散見されています。理由は,前回接種の記...共有注意事項ワクチン接種で注意すること

  • 話題 新型コロナウイルス SARS-CoV-2の変異について

    話題新型コロナウイルスSARS-CoV-2の変異について名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野教授松田直之新型コロナウイルスSARS-CoV-2の変異について,一般の方からも質問を受けることがあり,管理面で気をつけていることを記載します。質問1:新型コロナウイルスSARS-CoV-2の変異になぜ,注意する必要があるのですか?返答1:コロナウイルスは1本鎖(プラス鎖)のRNAウイルスであり,直径約80-100nmとされています。このウイルス表面には,約20nmの花弁状の長い突起があり,スパイク蛋白(Sタンパク質)と呼ばれ,この部位が私たちの体内のⅠ型膜結合糖蛋白であるアンジオテンシン変換酵素2(ACE-2)などに接着し,私たちの細胞に寄生します。このスパイク蛋白などによる形状が太陽の光冠(コロナ)のよ...話題新型コロナウイルスSARS-CoV-2の変異について

  • インデックス 2 救急一直線 新型コロナウイルス関連ページ紹介 PART 2

    救急一直線COVID-19関連記事の整理集中治療インデックスCOVID-19についての記載記事検索救急科指導医・専門医,集中治療専門医,麻酔科指導医・専門医松田直之COVID-19早期救命のための介入に向けてPart.2COVID-19の病態生理学的管理評価:ウイルス感染症を主病態とする敗血症に対するアプローチWithコロナ:内服治療の優先&ICUに入室させない管理の重要性&重症化予測スコアの開発の必要性データ共有新型コロナウイルスの各地域の現状日本新型コロナウイルス感染状況https://covid-2019.live/?fbclid=IwAR0KAlc53ghuIOhZiupf8AbrFhrL6nNTgQPypZBgI2h1rNnPao4yyzxd7xQ愛知県新型コロナウイルス情報https://www.p...インデックス2救急一直線新型コロナウイルス関連ページ紹介PART2

  • マニュアル  俳優・女優等 メイクアップアーティストの新型コロナウイルスに対する予防法

    マニュアルメイクアップアーティストの新型コロナウイルスに対する予防法救急科指導医・専門医,集中治療専門医,麻酔科指導医・専門医松田直之【はじめに】芸能,舞台,ファッションショーなどのメイクアップや指導において,新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を伝播させない対策が必要とされます。SARS-CoV-2は,対面式の「深呼吸」により罹患者から非罹患者の肺の末端(肺胞領域,肺毛細血管領域)に拡散し,接着し,感染するため,対面式の食事やメイキャップで移りやすいことに注意します。また,保菌者の鼻や口元などの処置により,メイク道具や手技者の手などにSARS-CoV-2が付着し,道具や手を介して自身や他者に伝播させてしまう危険性があります。メイクアップアーティストの皆さんは,独自のセットを持たれていますが,これらのファ...マニュアル俳優・女優等メイクアップアーティストの新型コロナウイルスに対する予防法

  • レビュー COVID-19の多臓器障害の特徴

    レビューCOVID-19の多臓器障害の特徴2020.05名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野松田直之はじめに新型コロナウイルス感染症COVID-19(coronavirusdisease2019)のパンデミックにおいて,集中治療室(IntensiveCareUnit:ICU)は,重症化した際の救命および社会復帰のための砦として重要な役割を担っています。ICUは,急性期全身管理として脳,呼吸,循環(心血管),肝臓,腎臓,消化器,血液凝固線溶,内分泌,筋骨格などのすべての臓器や生体機能管理を担当し,生命に関わる緊急状態から早く適切に回復させることを目標として,病院内での中央診療部門として運用されています。COVID-19においても,集中治療によるさまざまな臓器機能の管理が,重症状態や中等症状態の改善に...レビューCOVID-19の多臓器障害の特徴

  • 留意事項 アビガン錠® 催奇形性の適正理解

    留意事項アビガン®催奇形性に対する適正理解:妊婦さんの救急医療名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野救急科指導医・専門医,麻酔科指導医・専門医,集中治療専門医松田直之はじめに新型コロナウイルスの関連で,薬剤の催奇形性について,救急外来で質問を受けることがあります。妊婦さん,また妊婦さんではない方から催奇形性の質問を受けられた場合は,胎盤通過性と催奇形性,または胎児毒性として,正しく説明することが必要です。その上で,救急領域における妊婦さんの急変対応で催奇形性として注意するものは,解熱鎮痛薬,てんかん治療薬,抗凝固薬などです。また,生活習慣としては,タバコ,ニコチン,アルコールは危険であることを,妊婦さんに説明させていただいています。催奇形性の説明として,以下のような説明としていますが,参考とされてみ...留意事項アビガン錠®催奇形性の適正理解

  • 寄稿 アビガンⓇ(フォビピラビル)の適正使用

    寄稿アビガンⓇ(フォビピラビル)新型コロナウイルスSARS-CoV-2におけるアビガンⓇ投与におけるコツとポイントTipsandPointsforAdministrationofAviganⓇinNewCoronavirusSARS-CoV-2ポイント:アビガン,新型コロナウイルス,有効利用,PK/PD,安全性,敗血症,フォビピラビル,favipiravir名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野教授救急科指導医・専門医,麻酔科指導医・専門医,集中治療専門医松田直之はじめに新型コロナウイルスSARS-CoV-2の感染症は,世界保健機関(WHO)より2020年2月11日にCOVID-19(COronaVIrusDisease2019)と命名され,2020年3月11日にはWHOによりパンデミック宣言が出さ...寄稿アビガンⓇ(フォビピラビル)の適正使用

  • 寄稿 COVID-19 Management Bundles 2020 Ver.2 Part 1

    ReviewArticleCOVID-19ManagementBundlesinEmergencyandCriticalCareTakanoriYamamotoM.D.,NaoyukiMatsudaM.D.,Ph.D.,DaisukeKasugaiM.D.,etal.CorrespondencetoProf.NaoyukiMatsudaE-mail:nmatsuda@med.nagoya-u.ac.jpKeyWords:SARS-CoV-2,COVID-19,sepsis,favipiravir,anticoagulantIntroductionCoronavirusdisease(COVID-19)causedbythenovelsevereacuterespiratorysyndromecoronaviru...寄稿COVID-19ManagementBundles2020Ver.2Part1

  • 寄稿 COVID-19 Management Bundles 2020 Ver.2 Part 2

    ReviewArticlePart2COVID-19ManagementBundlesinEmergencyandCriticalCareTakanoriYamamotoM.D.,NaoyukiMatsudaM.D.,Ph.D.,DaisukeKasugaiM.D.,etal.KeyWords:SARS-CoV-2,COVID-19,sepsis,favipiravir,anticoagulantNineSub-bundles(Bundles5–13)Asasupplementtothefourimportantmainbundles,ninebundles(5–13)arealsocarefullyrecommended.Thefollowingissupplementarycontentdescribing...寄稿COVID-19ManagementBundles2020Ver.2Part2

  • 寄稿 COVID-19 Management Bundles 2020 Ver.2 Part3

    ReviewArticlePart3COVID-19ManagementBundlesinEmergencyandCriticalCareTakanoriYamamotoM.D.,NaoyukiMatsudaM.D.,Ph.D.,DaisukeKasugaiM.D.,etal.CorrespondencetoProf.NaoyukiMatsudaE-mail:nmatsuda@med.nagoya-u.ac.jpAbstractCoronavirusdiseaseCOVID-19causedbythenovelcoronavirus,severeacuterespiratorysyndromecoronavirus-2(SARS-CoV-2),wasdeclaredapandemicbytheWorldHeal...寄稿COVID-19ManagementBundles2020Ver.2Part3

  • 文献レビュー 新型コロナウイルスの嗅覚障害について

    文献新型コロナウイルスの集中治療/ジャーナルクラブCOVID-19の嗅覚障害について救急科指導医・専門医集中治療専門医松田直之NAOYUKIMatsudaMD,PhD新型コロナウイルスSARS-CoV-2およびCOVID-19の管理にお役立て下さい。救急一直線「COVID-19への集中治療・診療バンドル2020」を考える参考文献の解説とします。トピックスCOVID-19の嗅覚障害について文献1.JitaroonK,WangworawutY,MaY,etal.EvaluationoftheIncidenceofOtherCranialNeuropathiesinPatientsWithPostviralOlfactoryLoss.JAMAOtolaryngolHeadNeckSurg.2020Apr2.文献2.E...文献レビュー新型コロナウイルスの嗅覚障害について

  • 提言 COVID-19の治療戦略と臨床研究

    提言COVID-19の治療戦略/承認治療と臨床研究について名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野松田直之はじめに新型コロナウイルス感染症COVID-19は,世界的に猛威をふるい,自身が罹患しないように気をつける感染症として理解が進んでいます。感染集合クラスターを作らないように,またクラスターからSARS-CoV-2を貰ったり持ち込んだりするSARS-CoV-2の伝播に気をつけます。このために,現在,多くの仕事はtele-workが推奨され,会議等の開催を避ける方針としています。潜伏中央値5.5日,定められた確定できる治療薬が存在しない状況ですので,一般に外出に注意する一方で,医療従事者の私たちは救命の手順を整えていく必要があります。COVID-19のSARS-CoV-2は,病態学的には肺胞嚢領域の気...提言COVID-19の治療戦略と臨床研究

  • ミニレクチャー ホタルイカの急性腹症

    講座ホタルイカの急性腹症ホタルイカの腹痛で注意すること名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野松田直之概説富山湾では,毎年3月〜6月にホタルイカを採取しています。ホタルイカの「踊り食い」は禁止,新鮮とされる未冷凍のホタルイカを食べてはいけません。激烈な腹痛として,救急対応となりますが,食あたり程度としての説明とせず,消化器内科での外来フォローなどの紹介対応が必要です。イカではアニサキス,ホタルイカでは「旋尾線虫(せんびせんちゅう)(Crassicaudagiliakiana)」に注意が必要です。ホタルイカの内蔵には,「旋尾線虫」の約13種類のうち,タイプⅩ(テン)の幼虫がいます。タイプⅩ(テン)は,長さ約1cm,幅約0.1mmの糸くずのようなものなので,胃や十二指腸にいてもなかなかわかりにく,一般に内...ミニレクチャーホタルイカの急性腹症

  • 紹介 米国集中治療医学会/欧州集中治療医学会 SSCGガイドラインCOVID-19 2020年3月20日公表

    米国集中治療医学会/欧州集中治療医学会SSCGガイドラインCOVID-192020年3月20日公表SurvivingSepsisCampaign:GuidelinesontheManagementofCriticallyIllAdultswithCoronavirusDisease2019(COVID-19)新型コロナウイルス感染症COVID-19の集中治療ガイドラインについて名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野松田直之NaoyukiMatsudaMD,PhDはじめに米国集中治療医学会と欧州集中治療医学会は,敗血症診療ガイドラインをSurvivingSepsisCampaignGuidelines(SSCG)として公表しています。この内容を踏襲するものとして,米国集中治療医学会と欧州集中治療医学会...紹介米国集中治療医学会/欧州集中治療医学会SSCGガイドラインCOVID-192020年3月20日公表

  • 手引 新型コロナウイルス関連ページ

    救急一直線COVID-19関連記事の整理インデックス救急科指導医・専門医集中治療専門医松田直之寄稿新型コロナウイルスの集中治療松田直之COVID-19の集中治療バンドル〜病態生理学的アプローチ〜2020年3月4日UP寄稿Contribution:CriticalCareagainstNewCoronavirusSARS-CoV2英文NaoyukiMatsudaMD,PhDPerspective13BundlesforCOVID-19TreatmentinEmergencyandCriticalCare2020年3月4日UP文献解説ジャーナルクラブ新型コロナウイルスの集中治療紹介COVID-19の集中治療:呼吸管理法オーストラリア・ニュージーランドANZICSCOVID-19Guidelines2020.3.16...手引新型コロナウイルス関連ページ

  • 紹介 COVID-19の集中治療:呼吸管理法のANZICSの提案 2020.3.16

    紹介COVID-19の集中治療:呼吸管理法のANZICSの提案Ver.1TheAustralianandNewZealandIntensiveCareSociety(ANZICS)COVID-19GuidelinesVersion116March2020IdentificationandTreatmentofPatientswithCOVID-19InfectionFundamentalPrinciples救急科指導医・専門医集中治療専門医松田直之はじめにオーストラリア・ニュージーランド集中治療医学会(ANZICS)より,新型コロナウイルス感染症COVID−19ガイドラインが2020年3月16日付けで公表されています。本稿では,COVID-19の集中治療に関する推奨内容と私のコメントを記載しています。ANZIC...紹介COVID-19の集中治療:呼吸管理法のANZICSの提案2020.3.16

  • 集中治療 新型コロナウイルス感染症 COVID-19の集中治療

    新型コロナウイルス感染症COVID-19の集中治療海外の医療従事者の皆さまへCriticalCareagainstNovelCoronavirusInfectionCOVID-19Perspective13bundlesinCOVID-19atintensivecareunit名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野教授松田直之NagoyaUniversityGraduateSchoolofMedicineNaoyukiMatsudaMD,PhDはじめに新型コロナウイルスの重症化において,間質性肺炎が進行する危険性があります。このような状態において,集中治療管理の方策を未然に予測し,検討していくことも大切です。新型コロナウイルスの重症化において,予測される留意事項や,検討項目を記載しています。救急・集...集中治療新型コロナウイルス感染症COVID-19の集中治療

  • 文献 新型コロナウイルスの集中治療

    文献新型コロナウイルスの集中治療COVID-19への集中治療・診療バンドル救急科指導医・専門医集中治療専門医松田直之NAOYUKIMatsudaMD,PhD新型コロナウイルスSARS-CoV-2およびCOVID-19の管理にお役立て下さい。救急一直線「COVID-19への集中治療・診療バンドル2020」を考える参考文献の解説とします。Bundle1鎮痛・鎮静プロトコル活用:免疫維持の重要性テーマ:SARS-CoV-2に対する自然免疫について:液性免疫が期待できるまでに何日かかるのか?論文紹介1ZhouP,YangXL,WangXG,etal.Apneumoniaoutbreakassociatedwithanewcoronavirusofprobablebatorigin.Nature.2020Mar;579(...文献新型コロナウイルスの集中治療

  • 紹介 ICU・救急ナース松田塾 呼吸と循環に強くなる!

    ICU・救急ナース松田塾呼吸と循環に強くなる!ICU・救急ナース松田塾呼吸と循環に強くなる!松田直之学研プラス呼吸と循環管理について,ポイントを記載しています。紹介ICU・救急ナース松田塾呼吸と循環に強くなる!

  • Contribution: Critical Care Bundles against New Coronavirus COVID-19

    Contribution:CriticalCareagainstNewCoronavirusSARS-CoV2Perspective13TratmentBundlesforCOVID-19TreatmentinEmergencyandCriticalCareDepartmentofEmergency&CriticalCareMedicineNagoyaUniversityGraduateSchoolofMedicineProfessorNaoyukiMatsudaMD,PhDIntroductionInspreadofinfectionandpandemicsofthenewcoronavirusSevereAcuteRespiratorySyndromeCoronaVirus-2(SARS-CoV2),att...Contribution:CriticalCareBundlesagainstNewCoronavirusCOVID-19

  • 文献レビュー 新型コロナウイルスの集中治療/ジャーナルクラブ PART 2

    文献新型コロナウイルスの集中治療PART2COVID-19への集中治療・診療バンドル救急科指導医・専門医集中治療専門医松田直之NAOYUKIMatsudaMD,PhD新型コロナウイルスSARS-CoV-2およびCOVID-19の管理にお役立て下さい。救急一直線「COVID-19への集中治療・診療バンドル2020」を考える参考文献の解説とします。Bundle10免疫グロブリン大量療法の可能性/回復症例の血漿利用COVID-19に罹患したけれども改善された患者さんの血漿にはSARS-CoV-2に対するIgMやIgGなどの免疫グロブリンが含まれています。米国食品医薬品局(FoodandDrugAdministration:FDA)文献紹介Covid-19:FDAapprovesuseofconvalescentpla...文献レビュー新型コロナウイルスの集中治療/ジャーナルクラブPART2

  • 手技 緊急時のマスクの作り方

    手技緊急時のマスクの作り方救急科指導医/集中治療専門医/麻酔科指導医松田直之はじめにCOVID-19関連,SARS-CoV-2感染症において,マスク不足が問題となっています。一方で,電車などの移動中に,花粉症で困ったり,悪臭に悩まされたりすることもあります。マスクをしていても,匂いが伝わってくることがあります。こういう時に,自身のタイプに合わせて,緊急マスクを作成することができます。また,マスクの重要メリットは,自身の手から自身の鼻や口に菌やウイルスを遮ること,鼻や口に手を運ぶ機会を減少させてくれることです。私は,花粉症の時期に,ハンカチとゴムを持参しています。参考として下さい。必要なもの(鞄の中)□気に入ったハンカチ1枚〜3枚□小さなポーチ:写真のポーチは,タイ集中治療医学会で頂いたものです。ゴム紐や裁縫セッ...手技緊急時のマスクの作り方

  • 留意共有 新型コロナウイルス感染症と集中治療 PART 2

    新型コロナウイルス感染症に正しく備えるPART2対応策:具体的内容共有の重要性名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野教授松田直之参考文献・参考資料1.2020/01/24中国武漢市における2019年12月発症の新型コロナウイルス感染症に関する調査報告HuangC,WangY,LiX,etal.Clinicalfeaturesofpatientsinfectedwith2019novelcoronavirusinWuhan,China.Lancet.2020Jan24.pii:S0140-6736(20)30183-5.2.2020/01/29中国における2019年12月発症の新型コロナウイルス感染症の対応状況LiQ,GuanX,WuP,etal.EarlyTransmissionDynamicsin...留意共有新型コロナウイルス感染症と集中治療PART2

  • 一般の皆さま 感染防御対策 ブラッシュアップ

    情報共有一般の皆さまブラッシュアップ感染防御感染防御策Infectioncontrolandprevention日本集中治療医学会・日本救急医学会・日本麻酔科学会集中治療理事専門医・救急科指導医専門医・麻酔科指導医専門医松田直之MD,PhDはじめに中国河北省武漢(ウーハン)市より,2019年12月,新型コロナウイルスが発生しました。この全世界的拡大の中で,ご自身や周囲への伝播を防ぐために,①鼻を出さないマスク着用,②テーブルなどの次亜塩素酸や70%アルコールなどによる定期的な環境消毒にくわえて,③適切な手指衛生,これらの3つにご注意下さい。その上で,救急・集中治療領域では,間質性肺炎の急性増悪,ARDSおよび多臓器不全に至る早期の段階での拾い上げが重要策となります。実際の集中治療では,注意が必要ですので,この注...一般の皆さま感染防御対策ブラッシュアップ

  • 情報共有 厚生労働省通達 新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解

    情報共有2020年2月24日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議1.緒言この専門家会議は、新型コロナウイルス感染症の対策について、医学的な見地から助言等を行うため、適宜、政府に助言をしてきました。我々は、現在、感染の完全な防御が極めて難しいウイルスと闘っています。このウイルスの特徴上、一人一人の感染を完全に防止することは不可能です。ただし、感染の拡大のスピードを抑制することは可能だと考えられます。そのためには、これから1-2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となります。仮に感染の拡大が急速に進むと、患者数の爆発的な増加、医療従事者への感染リスクの増大、医療提供体制の破綻が起こりかねず、社会・経済活動の混乱なども深刻化する恐れがあります。これからとるべき対策の最大の目標は、感染の拡大のスピードを抑制...情報共有厚生労働省通達新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解

カテゴリー一覧
商用