searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

みーなさんのプロフィール

住所
大阪府
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
重度知的障害ってなんなん?
ブログURL
https://mina26.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ブログタイトルを変更しました。 全前脳胞症という病気をもって生まれた息子と息子が大好きすぎる親バカの日常(笑) 特別支援学校に通い、知的障害、身体障害あります。日々の生活や訓練、学習について感じたことをつらつらと。
更新頻度(1年)

27回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2020/02/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、みーなさんをフォローしませんか?

ハンドル名
みーなさん
ブログタイトル
重度知的障害ってなんなん?
更新頻度
27回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
重度知的障害ってなんなん?

みーなさんの新着記事

1件〜30件

  • なぜ働くのか、なぜ学ぶのか

    働くのはお金のため? 「あなたはなぜ働くのですか?」と聞いたら、多くのひとが 「生活のため」「お金を稼ぐため」と答えます。 じゃあ、生活を保障されれば働かない? 障がい者は?働いても最低賃金を保障されないB型作業所は? 障がい者の話になると、急に「生きがい」とかそんな言葉が出てきます。 全部言われたとおりの手順でさせられた作業で、わずかな賃金をもらって、それは本当に生きがいになるだろうか。 それより、その時間をもっと有意義に活用する方法もあるような気がしています。 ただひたすら指示通りに行動するだけなら、機械の方が得意だろうし…… もちろん、そういう枠組みの中でも才能を発揮している人もいるだろ…

  • 自己決定だとか自己選択だとか

    自己決定ってなんだろう よく、障害者の自己決定とか自己選択が重要だとか、本人の意思を尊重してとか、そんなことをよく聞きます。 わたしのブログやSNS、YouTubeにも、時々(本当にたまにですが)こんな批判がきます。 「本人が言葉を喋れないということは、本人の許可なく写真や動画を載せているの?信じられない!!今すぐ消せ!!」 的な感じです。 こんなに攻撃的じゃなくても、やんわりとした批判である時もあります。 実際、私は息子に許可を得ていません。 息子は、イエスノーを表現できるので、表面上の許可を得ることはできます。 どうやら自分の動画を見て、気に入っている動画とそうじゃない動画があるようなので…

  • 「科学のテーマパーク」に行ってきました

    科学のテーマパーク?! 大阪の長居公園で開催されている アインシュタイン展に行ってきました。 公園に行くとたまたまポスターを見かけて、 科学のテーマパークという言葉にそそられて思わず足を運びました ちなみにお盆前の平日に行きましたが、それなりに来客ありました。 密とまでは言わないけれど… ちょうどソーシャルディスタンスを保てている…というくらいの状態。(イメージ伝わるかなぁ汗) 平日でそんな感じだったので、休日に行く場合はかなり混雑すると思います。 10月10日までやっているそうなので、ゆっくり見たい人は夏休み終了後に行くのもいいかもしれませんね^^ ちなみに、障害者手帳で本人と介助者1名無料…

  • ふたたびみたび…え?何度目?緊急事態宣言発令

    オリンピック開催中の緊急事態宣言 東京や沖縄はすでに緊急事態宣言は発令中ですが、さらに首都圏3県と大阪が追加されました。 大阪に住んでいる私として…正直、危機感はほとんど感じません。 去年と何がそんなにも変わったのだろうか? 去年、自粛していた理由は何だったのだろうか? 改めて考えてみると、 やはり未知のウイルスであったこと そしてはじめて聞く緊急事態宣言という言葉 全国の学校が突如休校になるという異常事態 人々が自粛していたのは、確かに「発令があったから」という理由もあったかもしれないけれど、それぞれの自己防衛反応とかそういうものだったのかもしれない。 さらには、日本人特有の(?)同調圧力と…

  • パラリンピック中止の可能性

    予想通りの感染者激増 オリンピックの開催により、誰もが予想していた通り感染者数が激増しています。 オリンピックそのものでの人流増加もあるものの、一番大きな理由はやはり自粛する側の気持ちの問題に見えます。 そもそも、他国より緩いと言われる緊急事態宣言でも今まで何とか感染者数を抑えてこられたのは、やはり日本人の真面目さゆえだったことがわかります。 国がなにか上手い対策を行ったとかではなく、ひとりひとりが真面目にコツコツ対策してきた結果でした。 それが今では、一方ではお祭り騒ぎを(テレビで)見せつけられ、一方では緊急事態、蔓延防止と言われる。 「感染者が増えている」と言いながら「安心安全のオリンピッ…

  • 数えられない子どもは計算できない?

    「かず」をクリアしないと計算できない? 現在、こうちゃんは3つまで数を数えられます。 4つ〜は、不明瞭。数える気はある感じ。 でも、例えばサイコロの目のように綺麗に決まった形に並んでいると、もう少し数えられます。 バラバラに並んでいたら、正確に数えられるのは3つまで。 これを、何歳からやってるかなぁ? でも、バラバラの物を(しかも実物を)3つまでとは言っても数えられるようになったのは、つい最近のこと。 数ヶ月前、食卓にミニトマトを出してこうちゃんのお皿に3つ入れると、勝手に指をさして1、2、3…「3!」と指でやるので、「すごい!!こうちゃん3つ数えられるんだね!!!」と感激しました。 その少し…

  • こうちゃんの「願い事」は何?

    私は七夕の短冊が嫌いです。 本人に描いてもらえないので、何を書いても親の妄想にしか思えないんです。 こうやって子どもの代わりに子どもの願いをあらゆる場面で何百回も書いているうちに、我が子の願いは私が知っているなんて思ってしまったらおしまいだ。

  • 知的障がい児の「好き」ってなんだろう

    「知っている」と「好き」の関係 「知っている」と「好き」に深ーい関係があるというのは何となく感じますよね。 よく、「あの子は好きな物についてよく知っている」というような話をします。 うちの子だと、人体図鑑が好きなので 「人体図鑑が好きだから人体についてよく知っている」 という言われ方をすることが多いです。 他にも、電車が好きだから路線に詳しいとか、 アニメが好きでキャラクターに詳しいとか、色々言いますね。 でも、そこでいつも思うんです。 「好き」はどこからやってきたんだ? 理屈で考えれば、「好き」と「知っている」は「知っている」が先のはずですね。 全く知らないものを好きにはなれませんからね。 …

  • 息子の視点(カメラ持たせてみました)

    飽きてきた散歩のおともに いよいよ近場の散歩にも飽き飽きしてきた息子ですが、最近「カメラ持って行こうか?」と言うと俄然やる気を出してくれます!^^ な〜んだ〜、写真撮ってみたかったなら言ってくれたらよかったのに〜!と思いつつ…家にあるデジタルカメラを息子の首にぶら下げて散歩へ♪ ちなみに、使っているカメラはcanonEOSm10です。 EOSシリーズ、とってもいいですよ〜^^ 撮影モードも豊富だし、Wi-Fiでスマホにデータ移せるし、何より自動でピントを合わせてくれるので、子どもでも撮りやすい!! ただ、子どもの首にかけるにはちょっと重さが気になります。 かと言って、ちょうどいいのはなかなかな…

  • 障がい児の「ご近所付き合い」

    緊急事態宣言が再び延長になりましたね〜…。 もはや延長したところでなんの効果もないであろう「緊急事態」なぜ延長するのか? いろんな人がいろんなことを言っているけど、国のトップの方々がみんな揃ってそんな馬鹿なはずがない。 こんなものはもう無意味だってわかっていながら、それでも継続しているんですね。 なぜ? 「精一杯の対策をしました」とアピールするために。かな? だれに? IOCに…。かな?^^; 開催するにしてもしないにしても、 「日本の対策不十分のために開催できなかった」とか さらに最悪なのは 「日本の対策不十分のために五輪クラスターが起きた」とか言われたらもうね、救いようないからね。 ちょっ…

  • 緊急事態宣言下で障がい児と息抜きできる場所……

    大阪、緊急事態宣言発令中です。 5/11までの予定が、やはり長引き5/31までとなりました。 正直、息抜きできません。 いきなり最初の見出しで結論を言ってしまいました(^^;) 息抜き、できません!! 商業施設、プール、図書館、科学館、映画館、といったところは全て休業。 それはともかくとして(以前もそうだったので)、府営の公園等は平日も土日も駐車場を閉鎖。 私は、以前の緊急事態宣言時には 「公園くらいしか行くところがないけど、近くの公園に飽きたら車で少し(20〜30分程度)離れた公園に行こう。」 という気持ちで、毎週どこかの公園でのんびり散歩していました。 ところが、今回は駐車場まで全て閉鎖さ…

  • 160サイズの男の子服はここで買うべし!!

    子どもの服はどこで買っていますか? 160サイズにもなると、売っているところが少ないんですよね… 息子に着せたい可愛い服を探すのに苦労します。 で、悩んだ挙句好きでもない恐竜の絵が描かれたシャツを着させたり、無難なユニクロの無地シャツばっかりになってしまったり… 今まで「これ可愛い!!」とキュンキュンしながら選んでいた子供服が、大きくなるにつれて「仕方なく選ぶ」に変わっていく寂しさ。 150まではここで買っていました 小さい頃は、グローバルワーク、BREEZE、ハッシュアッシュ、3can4on、TK、ciaopanicTYPY、あとユニクロやGUなどで買っていました。 値段がお手頃で、また自分…

  • 緊急事態宣言下の楽しみ方〜電子図書館の利用など〜

    さて、また緊急事態宣言が発出されました。 私は大阪に住んでいるので、見事にその宣言下に入っています。 果たして三度目の正直となるのか… 図書館もプールもショッピングモールも… 息子の第二の居場所といっても過言ではない図書館ですが、宣言によりまた休館となりました。 大阪府の発表を見ると、図書館は休業の対象としないと書かれているので安心していたのですが、残念です。 ちなみに、よく行く市民プールも全て休業です。 プールは健康的な生活を送るために必要なように思うのになあ(泣)これもとても残念です。 生活に必要な買い出しと通勤通学は認められていますが、その他はおとなしく家で過ごしなさいということですね。…

  • 障がい児は必ず放課後等デイサービスに通う?

    支援学校に通っていて、放課後等デイサービスを全く利用していないという人はほとんど見かけません。

  • 特別支援学校の不思議

    とうとう支援学校の小学部を卒業しましたが、息子にランドセルを買うことはありませんでした。

  • Windows96時代から今を思う〜共通テストに「情報」追加

    大学共通テストに「情報」教科追加 2025年より、大学共通テストに「情報」などいくつかの科目が追加されることになったそうです。 25年ということは4年後なので、今の中学3年生の年からです。 現場は大慌て…などとSNSで書かれていましたが、私はむしろ遅すぎるくらいと感じました。 今時、情報技術が使えなければ話にならないし、これを機に誰もが平等に情報技術を得られるようになればいいなと思います。 というのも、現状では学校によってかなり差があるという話も聞くからです。 あと、個人的には福祉も必修に取り入れて欲しいですけどね〜… Yahooニュースのリンクも貼っておきますね。 news.yahoo.co…

  • コロナ禍での支援学校卒業式

    支援学校小学部を卒業しました 先日、卒業式でした。 6年前。息子も小さかったけど自分もまだ若かったなぁと…振り返るとそんな風に思います^^; 6年って長いようでほんっとーにあっという間。 ついこの前、支援学校に入学したところなのに。 あっという間すぎて、何年生でどんな行事があったかも正確に言えません。 6年間でこんなことがあった!とは言えるけど、それ何年生の話?と聞かれると…1年前だったようにも思うし5年前だったような気もする。 まぁそれほどあっという間だったということで(汗) 子どもの卒業式泣きますか? 実は、ブログより一足先にインスタで卒業式の様子を簡単に載せました。 そこで、私は離任式に…

  • 障がい児と島移住計画

    最近、夫とこんな話になりました。 「島移住どうよ?」 というか、実は以前から何度かこんな話をしたことはありました。 実は、グアムが大好きな私たちは、最初グアムへの移住を夢見ましたが、 やはり例え日常がなんとかなったとしても、緊急時には言葉や文化の壁が大きいのではないかとの話に… 特にこのコロナ禍を経験すると、外国への移住というのはかなりハードルが高いと感じました。 ちなみに、毎年グアムに行っていた私たち、コロナ禍でどうしたかというと… 感染者数が収まってきたあるとき、思い立って石垣島に向かいました(笑) 石垣島まで(しかも子連れで)こんなに急遽飛び立てるってそんなアクティブな人間だったろうか。…

  • すべての子どもに特別支援教育を提供するという発想

    「国立特別支援教育総合研究所」のオンラインセミナーを受講しました。 支援教育についていろいろ調べている中で偶然みつけた「国立特別支援教育総合研究所」。 このホームページを見ると、オンラインセミナーを行うというのを見つけたので、滑り込みギリギリ応募しました。 無料で公開してくれるのは、嬉しいですね。 とは言っても、スクショやコピーなどなどしてはいけないと厳重注意がありました。 個人的には、むしろもっとオープンにしたらいいのに…って思いますけど。 まぁ、先生の個人名が出ていたり写真が出てきたりするので、そのあたりの配慮かなぁ? ちなみに、この研究所は略して「NISE」や「特総研」と呼ばれているよう…

  • 「重度知的障害」というものを考え直す

    ちょっと長く書いちゃったので、お急ぎの方は最後の段落(?)「重度知的障害とは」というところだけでも読んでください。 1.知的障害とは 2.重度知的障害の判定〜うちの場合〜 3.重度知的障害とは この3つでまとめました。 重度知的障害のお子さんがいる方、プライベートや仕事で関わりのある方、ほか全ての方に、重度知的障害というものの見方を考え直してほしくて書きました。 知的障害とは うちの子は「重度知的障害」があります。 これをネット上で書くことはあるけど、実際にはこの言葉を使いたくありません。 それなのにこの言葉を使うのは、同じように悩み考えている人に見つけてもらうためです。 ところで、「知的障害…

  • 開放されたセミナールーム"clubhouse"

    とりあえずclubhouse始めてみました。 どんな風に活用できるかなぁ?と…探り探り。 私なりの活用法として一応ある程度固まったので、紹介しておきます。 私が始めたきっかけは、「仕事用のSNSに繋げられるかなぁ?」という感じでした。 プライベートで使いこなせるとは思っていなかったので…。 すると、登録段階でまずひとつ目の壁にぶち当たりました。 本名登録との案内が出てきます。 およよ、どうしよう^^; しかも名前の変更は一度だけ可能とか? まぁ結果から言うと、 仕事用SNSとリンクはさせたものの、自分そのものとして登録しています。 自分そのものとしての登録というのは、ニックネームでもない、仕事…

  • 障がい児に最先端テクノロジーを

    社会福祉の中の障がい児という立ち位置 今、福祉はこの社会の中にも大きな幅をきかせてきている?ような気がしますが、その中での「障がい児福祉」って曖昧だと思いませんか? 介護や福祉と言えばまず高齢者。 今は2025年問題(団塊の世代が後期高齢世代に)で話題は持ちきりというイメージ。 それに付随して、高齢障害者や5080問題(50歳の障害者と80の親)という関連から、障害者にも注目されつつあるけれど、障がい児への関心が少ない? 「障がい児」という枠は、確かに期間としても他より短く、そのために絶対数もおそらく少ない。 障害者福祉の中に障がい児も含まれていると思いきや、障がい児への福祉施策は実はほとんど…

  • 今年こそ!勉強を教えたい!〜知的障害児の学習〜

    重度知的障害児に勉強を教える方法は? 言葉を喋らない子どもは勉強ができる? 言葉がなければ勉強はできない? 息子は理系がかなり好きなので、 「教科の学習をさせてみたい!」と言ってみることがあるのですが、 必ず言われるのが「その前の段階ができていないから」とか、「文字や言葉を理解できてから…」などなど…。 そもそも、文字を理解できてますか?数字の概念理解できてますか?基本的な動作できてますか?って、できてないから支援学校行かしてんねん!!って話。 支援教育の「勉強」のありかた 私が支援学校の「勉強」について感じたことを図にしてみました。 定型発達の場合1〜10まで順を追って学習するところを、支援…

  • 年始の医療体制、受診を断られたら

    2021年初めてのブログを書きます。 今年もよろしくお願いします^^ いきなり本題ですが、今もはや全国的に医療が逼迫していますね。 首都圏や大阪などが注目されていますが、実は人口の少ないところには病院も少ないので、患者数が少し増えただけで一気に逼迫します。 例えば… 100床のうちの50%が使われている状態と、 20床のうちの50%が使われている状態。 同じ50%でも感染者一人の重みが違いますね。 つまり、どこもかしこももういっぱいいっぱいということ。そこに変異種だとか、もう危機感を通り越してうんざり、日本全体が諦めの域に入ってしまってる気がしてきます。 コロナ禍での年始の医療体制 実は、そも…

  • 障がい児の思春期

    先日、ATACのオンラインイベントがありました。 ATACというのは、ざっくり言うと特別支援教育について研究している企業です。 YouTubeでAtaclabと検索すると、動画も結構後悔されています。 教育者に向けて発信されているように見えますが、保護者として見てもかなり面白いです。 興味のある方はぜひ検索してみてください。 話が逸れましたが、本題に入ります。 障がい児に思春期はあるか こんな議論は世の中にはあるでしょうか? 公式の場でこんな議題を出したら、差別的だと批判されるかもしれませんね。 道義的には、障がいがあろうとなかろうと思春期はあるに決まっているでしょう、という言葉が出てきそうで…

  • 再度の自主休校をするか否か

    第三波 やはり、というかなんというかまた感染拡大期に入りました。 私の住んでいる大阪では、毎日10名ほどの重症者が出ています。 現在、重症者病床213を目標にしながらも、 実際に確保できているのは130程度とのこと… すでに100以上埋まっているので、 近々医療崩壊に至ります。。 すでに、重症者病床が逼迫しかかっているために中等症として判断された人が亡くなるというケースが多いのだとか。 恐ろしいですね。 と、言いながら。 現在子どもを学校に行かせています。 夏の第二波には自主休校させたのですが、今は行かせています。 自主休校という選択の難しさ 理由のひとつは、このまま行けば(ロックダウンやそれ…

  • 地域福祉とは

    久しぶりのブログになりました。 今、私は日本福祉大学の通信学部で社会福祉士の資格取得を目指しています。 地域の障害者計画の策定委員にも入らせてもらうことができ、もちろん毎日の家事育児仕事も…とても充実した毎日を過ごしています。 あまりに充実しすぎてブログを更新する余裕がなかった、ということにさせてください(汗) ところで、最近社会福祉について学んでいるとよく思うことがあります。 福祉って、理想論? 私は特に障害者福祉については、自分なりにかなりアンテナを張って目を凝らしてきたつもりです。 それでも、学んでみるとその支援策も制度も施設も知らないことだらけです。 数年前ですが、まだ息子の障害者手帳…

  • 学校再開と次の休校に向けての準備〜特別支援学校、支援学級生〜

    賛否両論飛び交う学校再開について、、 皆さんはどのように対応されていますか? 自粛も解放も強制力はない 待ちわびていたはずの学校再開。 でも、本当に行かせて良いだろうか、休ませるべきか、行かせるべきか…。 そんな賛否両論が出るのは、そもそも「強制力がない」ということの恐ろしさだと思っています。 真面目に自粛していた私たちは、何のために自粛していたのでしょう。 政府や知事の「自粛要請」のため? それも理由の一つだとは思いますが、最終的には「自己判断」で要請に従うことにしたのではないですか? だから、政府が緊急事態宣言を解除したところで、根本が「自己判断」なので、また判断が難しいんだと思うんですよ…

  • 「新しい生活様式」から排除される障がい児者

    「新しい生活様式」の中で動き始めている社会について。 その社会に、障がい児者はついていけるか。 我が家は、まだついていけません。 緊急事態宣言が一部解除されました 私の住む大阪では国の解除はありませんでしたが、府知事による大阪モデルからの緊急事態宣言解除に至りました。 このような流れで多くの府県が実質緊急事態宣言解除に至りましたが、そこで国から提案された 「新しい生活様式」 人との間隔は2mあける(最低1m) 会話をする際は真正面を避ける 症状がなくてもマスクを着用 などが挙げられています。 以下、参考ページです。 新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しました(新型コロナウイル…

  • ゆるい日々を動画にしました〜支援学校休校中〜

    いつまで続くんでしょうね 緊急事態宣言は全国に拡大し、休業要請や本格的な外出自粛が始まりました。 休校も多くの地域が対象になりましたね。 これが長期化したら、子どもたちの教育はどうなるんだろう、そんなことばかり考えてしまいます。 経済は衰退しつつもいずれは戻るでしょう。 でも、子どもにとっての半年、一年ってとても大きいです。 それにしても、特別支援学校のオンライン学習については未だに一言も言及がないことにだんだん腹立たしくそして寂しく感じてきます… 所詮障がい児の学習なんてって思われてるんでしょうか。 支援学校に通う子どもの居場所については心配される声も聞きますが、学習や訓練の心配をしてくれる…

カテゴリー一覧
商用