searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

プロサッカーパパさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ボールの蹴り方はおじいちゃんに習え
ブログURL
http://shikanori.blog.jp/
ブログ紹介文
子どもがプロサッカー選手を目指すなら、パパは、プロサッカーパパを目指さなければ・・・。日々の練習記録から、サッカーパパとしてのインプットを増やすために始めたアウトプットブログです。
更新頻度(1年)

16回 / 24日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2020/01/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、プロサッカーパパさんの読者になりませんか?

ハンドル名
プロサッカーパパさん
ブログタイトル
ボールの蹴り方はおじいちゃんに習え
更新頻度
16回 / 24日(平均4.7回/週)
読者になる
ボールの蹴り方はおじいちゃんに習え

プロサッカーパパさんの新着記事

1件〜30件

  • プロサッカー選手という職業

    男の子がなりたい職業、堂々の第1位「サッカー選手」勿論、どんなことをする仕事か、、、なんて分かっていますが、夢と希望だけでなく、かなり厳しい現実があることも見聞きします。2019年に夢を叶えて、新たにJリーガーとなったのは、180名程度。その内訳としては、・高校卒

  • とにかく子どもに期待する

    今日は、公民館でのフットサル教室。サッカーノートには、ゴール数だけでなく、率先してアシスト回数も書かれていて、徐々に、それなりに、パスの意識も高まっているのかなーと。実際、プレーしているゲームをみると、パスをする意識は高まっていても、パスを受ける感覚がつ

  • 2/11クラブ練習

    祝日だった今日は、クラブチームの練習でした。ちなみに、スクールは中止。相変わらずの人数で、どうしたって、練習にしても紅白戦にしても、順番が回ってくるのに時間がかかってしまう。とはいえ、コーチもきちんと考えて下さっているようで、最近は、コーチが2名、または1

  • ドリブラー宣言

    息子が突然・・・「パパ―。俺、ドリブラーになる」と、宣言してきました。理由を聞いてみると、サッカーで大切なことって、パスだったり、シュートだったり。ドリブルだったり沢山あるけど。。俺は身体が大きいから、競り合ったりするとき、身体を入れたりして有利だから、

  • 祖父の葬儀によりトレーニングゲーム欠場

    今日は、息子にとっては大好きだった、祖父の葬儀でした。と同時に、クラブチームのトレーニングゲーム。葬儀が始まる直前まで、トレーニングゲームに出場できないことをぶつぶつと嘆いていましたが・・・苦笑いざ、葬儀が始まると、おじいちゃんとの思い出がよみがえってき

  • おじいちゃんとの約束

    祖父の葬儀を前に、どうしてもサッカーの練習に行きたい、とだだをこねる息子。さすがに、葬儀当日のトレーニングゲーム(ミニ大会)は欠場で納得してもらうしかないけど・・・ぎりぎりまで、めいいっぱい、おじいちゃんと約束した通り、サッカーを頑張れ!と。今日は、午前

  • おじいちゃんに習え

    将来の夢は、プロサッカー選手になって、ワールドカップで日本を優勝させる。こう言えば、パパは喜ぶに違いない。そんな思惑があってもいいんです・・・笑ちょっと舌足らずな、あどけない感じで、そんなことを言われたら、もうそれは、最大限、バックアップしてあげないと!

  • 磨いて輝かないものなんてない

    今回も、漫画「GIANT KILLING」から。背が小さく、フィジカル的に恵まれていないFW選手を見ながら・・・  自分に何ができないかを知っている  それはつまり  自分にできる限られたことがわかっているってことだ  だからピッチで迷わない  選択肢がない分、プレー

  • 祖父の死去

    本日、父が他界しました。享年73歳でした。息子が最後に祖父と会ったのは、亡くなる2日前。子どもながらに、祖父の状況を感じ取り、涙を流しながら、何度も何度も枕元へ行き、「サッカーをがんばるね」と、力強く約束してました。幼稚園時代は、クリスティアーノ・ロナウドの

  • ABレベル分けクラス

    前回、病み上がりのために休んでいたので、今日は、1週間ぶりのスクールへ。自分は仕事で顔を出せませんでしたが、息子から話を聞くと、Aチームに上がれたらしく、ちょっぴり嬉しそうでした。スクールでは、幼稚園と1年、2年と3年、4年以上の3クラスに分かれて練習しています

  • きみが練習しない日は、アイツがうまくなる日だ。

    プライベートチームのパパ仲間が、早速、昨日の試合をビデオにまとめてくれました。iPhoneで撮影し、動画編集アプリを使えば、すぐに出来ますよ!とのことでしたが、あまりの惨敗だったので、ビデオにまとめるのは難しいだろうなーと思っていたんですが、、、正直、めちゃ感

  • フットサル関東大会(U-8)

    息子にとって、いい刺激になればと、地域で行われる公式戦などを通じて知り合いになった、ライバルチームのパパたちと一緒に、チームの垣根を超えたプライベートチームを発足してます。そんなプライベートチームで、ひょんなことから参加することになった、フットサル関東大

  • 息子の体調コントロール

    インフルエンザでは無かったものの、息子は風邪でダウン。。この時期の、プールはなかなか鬼門ですね。テンションが上がってしまい、プール後も、濡れたままで遊んでいるもんだから、あっと言う間に鼻を垂らして・・・発熱があり、学校を休ませていましたが、週末、ようやく

  • GIANT KILLING

    漫画はバカにできない。。漫画から学ぶことってたくさんあります。登場人物に感情移入して、モチベーションを上げたり、核心を得たメッセージを受け取ったり。ということで、ご存じの方が大半だとは思いますが、「GIANT KILLING」というサッカー漫画から。現在も、モーニング

  • 息子は息子

    息子は息子。。決して、自分の分身ではないんですよね。この当たり前のことが、どうしても息子のサッカーになると・・・サッカーパパとして、いちばんよくないこと、なのは理解しているんですが、それでもついつい、まるで自分のことのように、息子のサッカーとなると、冷静

  • シュート練習

    今日は、今月と来月。8回限定で行われている、公民館でのフットサル教室。第4回目となる今回は「シュート」を教わってきたようです。シュートに限らず、ですが、やはり小さい頃から、適当にボールを蹴るのではなく、意識してボールを蹴る習慣を身につけさせたい。そして最終

  • 雨天中止、からの人材育成論

    今日はスクールが雨天中止。そのため、体育館で行われるクラブチームの練習へ・・・息子を送っていったものの、クラブチームの練習も、急遽、中止の連絡が。ということで、サッカーパパとしての頭を整理。かつては、会社の人事部門で、研修チームを立ち上げるプロジェクトリ

  • ボールの蹴り方はおじいちゃんに習え

    今回の、このブログタイトルの意味を。「ボールの蹴り方はおじいちゃんに習え」これは、イタリアのことわざ????のようです。そして、ヨーロッパでのサッカー教本には、ボールの蹴り方なんて書かれていない、と聞いたことがあります。一方で、日本のサッカー本に目を通し

  • 4号ボールと3号ボール

    今日はなんだかんだで、休みがちになっている所属クラブのチーム練習へ。パパは仕事で見学できずでしたが、息子いわく、紅白戦で8ゴール決めたと、めちゃめちゃ嬉しそうに教えてくれました。サッカーノートをこそっと覗いてみると・・・がんばるところ。ボールを変える。ん?

  • 某Jリーグチームスクールイベント

    今日は、所属チームの練習はお休みして、たまたまネットで見つけて申し込み、当選した某Jリーグチームのスクールイベントに参加してみました。いやー、正直、ダメ元でポチっと申し込んでみたんですが・・・申し込んでみるもんですね。全部で45名程度の参加人数を、15名ずつ、

  • プレゴールデンエイジ

    プロサッカーパパを目指す身としては・・・ジュニアサッカーに関する様々な情報を収集しなければと、このブログをスタートしたわけですが。ジュニアサッカーに関して、最もポピュラーなのが、この「ゴールデンエイジ」という考え方。どの年代にどんな能力が発達するのかをグ

  • ジュニアチーム選び、のつづき

    ジュニア時代のチーム選びって、かなり重要です。親の関わり方も、チーム環境で大きく変わってきますし。ということで、先日のつづきです。どのエリアにも、常勝チームと、万年弱小チームがあると思います。そして、弱小チームのパパママたちは、どうやったらあんなに強くな

  • サッカーノートの効果とは?

    今年から、息子にはサッカーノートをつけさせています。サッカーノート。幼稚園時代にも、すこしだけつけていたんですが、字を書くのも一苦労で、自然と終了。このタイミングで、再度、仕切り直して。サッカーノートをつけるメリットはたくさんあると思いますが、一般的に言

  • スクールへ正式入会

    先週、体験に参加したスクールへ、正式に入会することにしました。 かなり激しい、サッカー虎の穴、的なスクール。身体も大きく、運動会のかけっこでは、常に一等賞だった息子が、前回のスクール体験では、自分よりも小さな子に走り負ける、といった、なかなか貴重な経験。サ

  • ジュニアチーム選び

    正直、親子そろって、ここまでサッカーにはまるとは想像もしていなかったので、ジュニアチーム選びはいたって気楽に・・・会社の先輩から、その地域でサッカーをやるなら、このチームが強いぞ!と言われたことから、じゃあ、このクラブチームにしようと。それに加えて、幼稚

  • 元フットサルプロ選手によるプライベートレッスン

    今日はクラブチームの練習を休み、プライベートチームのメンバーと、贅沢にも、ブラジルと日本で活躍した元フットサルプロ選手による完全プライベートレッスン。偶然が重なって、こんな貴重な体験に。あまり考えすぎず、とにかく行動してみるって、やっぱり大事だなーと、改

  • 1/18中目小体育館~大人フットサル

    今日は午前中、クラブチームの練習へ。息子とのサッカーばかりで、娘との時間があまり取れていないこともあり、息子にはひとりで行かせ、途中で娘と見学へ。やっぱり人数が多すぎて・・・ということで、夕方からは、パパフットサルチームで大人に混じらせ、一緒にボールを蹴

  • 朝練という「習慣」への挑戦

    小さな水滴でも、絶えずしたたることで、岩をも砕くことができる。「習慣」のチカラって本当にすごいですよね。結局は、人生、いい「習慣」を身に着けられたかどうかで勝ち負けが決まるんじゃないか、くらいまで思っています。というサッカーパパは、三日坊主が大得意なんで

  • 学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない

    サッカーフランス代表監督。ロジェ・ルメールさんの言葉です。学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない。サッカーにいるのはコーチ。ティーチャーではありません。ただ、いまの子どもたちは、習い事の習慣があるからなのか、サッカーも習い事のひとつとして、

  • 好きこそ物の上手なれ。

    先週から8回限定、地域の公民館で行っているフットサル教室に通わせていますが、前回は「パス」について。そして、 2回目となる今回は、「ドリブル」の基本について教わってきたようです。サッカー経験がゼロの子どもたちも混ざって、基本の「キ」からの練習。前回同様、今回

カテゴリー一覧
商用