プロフィールPROFILE

国境なきふじやんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
〔 Camino2020. ふじやんの大巡礼 〕世界一周巡礼記
ブログURL
https://note.com/camino2020
ブログ紹介文
【Camino2020.ふじやんの大巡礼。】はユーラシア大陸の最果てまで飛行機を使わずに行って帰ってくる世界一周プロジェクトです!準備や旅の様子などを綴っていきます。 2020年7月1日出発!
更新頻度(1年)

1回 / 4日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/01/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、国境なきふじやんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
国境なきふじやんさん
ブログタイトル
〔 Camino2020. ふじやんの大巡礼 〕世界一周巡礼記
更新頻度
1回 / 4日(平均1.8回/週)
読者になる
〔 Camino2020. ふじやんの大巡礼 〕世界一周巡礼記

国境なきふじやんさんの新着記事

1件〜30件

  • 【旅するワケ③】旅は死への対症療法

    死ぬのが怖くて、旅に出たくなった。 ここ数年、テロや自然災害で たくさんの人が亡くなる光景を目の当たりにして、 ​人生がたった一回しかないと改めて気づいた。 だからできるだけ後悔のないように生きたいし、 「あ、もう死んでもいいな。」と思えるような経験をしたいと思った。 「人はいつか死ぬ」というのは真理で、絶対に治せない病だけど、 僕は「旅は死への対症療法」だと思っている。 旅に出れば、いろんなものに出会う。 感動する。疲れる。おなかはすく。風を感じる。 人のやさしさに触れる。出会う。 旅で感じるすべてのものが僕の”生”を意識させる。 旅で得られる「生の実感」と「経験」

  • 2020がやってきた。

    ついに、世界一周YEARがやってきました。 聞くところによると、 今年は東京で大規模な国際運動会なるものが行われるそうです。 思えば学生時代、2020年までに日本を出よう!!なんて言ってましたが、 その可能性をつかむ機会がいよいよやってきたという感じです。 でも日本だけじゃなくて、 今の地球環境や国際情勢を見ていると、 生きづらさを感じるし、 どこかにきっと自分が自分らしく生きていく、 幸せに生きていく場所があるはずだから、 たとえそれが回りまわって日本だとしても、 それを愛せるのなら本望かなと思います。 好きな時に、好きにな事を。 好きな場所で、好きな人と。 人生の最

  • 旅先て目にする美しい光景、新鮮な体...

    旅先て目にする美しい光景、新鮮な体験は、誰かと分かち合えたほうが、もっといい。 さいはての彼女/旅をあきらめた友と、その母への手紙 原田マハ | 〔 Camino2020. ふじやんの大巡礼 〕世界一周巡礼記

  • 旅のMission.

    今回の旅の目的(ミッション)は全部で4つだ。 ①境界線を越える!  今回の旅の最大のテーマ「境界線」  それは国境であり、自分の限界であり、生と死である。 ②旅を本にする!  今回の旅で毎日つけるであろう巡礼記を本にしたい。  これは一生宝物になるだろうし、自分が生きた証を少しでも残したい。  タイトルはもちろん【Camino2020. ふじやんの大巡礼。】 ③「死」についてのインタビュー収録する!  「死」が一つの旅を始めるキッカケだったので、ほかの人が「死」につい  てどう考えているのか? インタビューして映像にまとめます。 ④「100のリスト」を実行する!   細かい目

  • 【自己紹介】国境なきふじやんです。

    藤田勇樹 1992年3月15日 午後4時57分 天気 くもり 体重:3172g 身長:50cm 小学生:山の中で遊ぶ元気な子だけど泣き虫。 中学生:記録なし。 高校生:地元脱出。長崎へ。 2010年 長崎外国語大学 国際コミュニケーション学科 韓国語専攻 サークル NESTに入部。 「身近にできる国際協力の推進と実践」をモットーに活動。 NEST 2009年創立のフェアトレード推進サークル https://www.instagram.com/nestinngs/ 2012年  2月 支援のあり方に疑問を持ちタイへ。山岳民族カレン族と出会う。  カレン族 タイ

  • 【 旅するワケ② 】 歩く旅が好きだ!

    【夜のピクニック】【ロングトレイル】そして【星の旅人たち】 恩田陸の「夜のピクニック」にあこがれて、学生のころ夜中どこかへ歩いていく旅をしていました。ゴールした時の達成感はもちろん、だんだんと夜が明けていき、最後に朝日を見る。なんともいえない幸福な時間です。 そして、次に出会ったのが、 ロバート・レッドフォードとニックノルティ主演の「ロングトレイル!」 おじさん二人がおよそ3,500kmにおよぶアメリカのアパラチアントレイルを歩く映画です。 九州にも同じように約3000kmの九州自然歩道が整備されており、 映画をきっかけに、歩く旅がもっと好きになっていった。

  • 【 旅するワケ① 】 境界線を越えたい!

    小学校3年生の時、社会科の地図帳が愛読書だでした。 休み時間も友達と遊ぶのを惜しんで地図帳を見てました。 世界地図を見ていると、点線で区切られ、どこの国にも属していないことを示す白塗りの地域があること。(おそらくカシミール地方、西サハラ、サハリン南部)アフリカの国境がまっすぐであることに気づきました。 “国境のない“日本で育ったわたしは、 「いつか国境を見てみたい」「越えてみたい」と思うようなりました。 海外に行ったことはあるけど、全部飛行機での越境で、ラオスに行ったとき、川の対岸がタイだったので「ここに国境があるのか!」と何か熱いものを感じたのと同時に「国境の存在」に疑問を感

  • Camino2020 訪問国② フィンランド

    Date 入  国:ロシアより鉄道 移動手段:鉄道&バス 出  国:フェリーでスウェーデンへ Mission ①サンタクロースにお礼を言うためサンタクロース村へ ②北極圏に足を踏み入れる ③オーロラを見る(できれば温泉に入りながら) ④フィンランドの教育とか現場みたい ⑤ムーミンに会う。 ⑥トナカイに乗る。 ⑦トナカイを食べる。

  • Camino2020 訪問国① ロシア

    Date 入国:日本国鳥取県境港→(フェリー)→ウラジオストクへ 国内移動手段:鉄道 出国都市:ブスロフスカヤ→(鉄道)→ Mission ①シベリア鉄道で大陸横断 ②バイカル湖を見る ③プーチン大統領カレンダー入手 ④モスクワ赤の広場 ⑤サンクトペテルブルグ(血の上の救世主教会、エルミタージュ美術館) できればプーチンさんと会談したい。

  • 死ぬまで見たい景色7選。

    Camino2020で見たいものも含め 『死ぬまでに見たい景色7選』です。 ①サクラダファミリア(スペイン) 2026年完成予定らしいので献堂式は行きたいな。 ②モンサンミッシェル(フランス) ライトアップと天の川との共演がすごいらしい。泊まれるのかな? ③オーロラ(フィンランド) サンタさんにお礼を言いに行くついでにオーロラみたいな。 ④Matterhorn(スイス) 登らなくていいからこの山を見てみたい。なんでだろう。 ⑤ボタフメイロ(スペイン) カミーノデサンティアゴで巡礼者のためのミサで見ることができる。 香炉をぶんぶん振り回す。動画

  • 歩く旅の魅力

    あのルソーさんは僕の前世なんじゃないかというくらいに的確に 僕が歩く旅が好きな理由、歩く旅の魅力を1764年に書いている。 一人徒歩で旅したときほど、豊かに考え、豊かに存在し、豊かに生き、 あえて言うならば、豊かに私自身あったことはない。 徒歩は私の思想を活気づけ、生き生きさせる何ものかを持っている。 じっと止まっていると、私はほとんどのもの考えられない。 私の精神を動かすためには、私の肉体は動いていなければならないのだ。 田園の眺め、快い景色の連続、大気、旺盛な食欲、歩いて得られるすぐれた健康、田舎の料亭の自由さ、私の隷属を思い起こさせるいっさいのものから遠ざかることが、私の

カテゴリー一覧
商用