searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

dementiaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
認知症改善プログラム
ブログURL
http://drycut.jp/dementia1/
ブログ紹介文
認知症をデスクトッププログラム オーソモレキュラー(分子栄養学)自然療法を用いて症状改善を目指す
更新頻度(1年)

14回 / 39日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2020/01/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、dementiaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
dementiaさん
ブログタイトル
認知症改善プログラム
更新頻度
14回 / 39日(平均2.5回/週)
読者になる
認知症改善プログラム

dementiaさんの新着記事

1件〜30件

  • 体力を保つ水の飲み方

    水は苦痛を取り除く又認知症の場合水を摂取することは大変重要である食前30分ぐらい前に白湯を半リットルほど飲むと効果がある 食後には飲まないようにする 白湯の温度は常温で飲む発熱の場合薬よりも先に水を飲習慣的に飲んでいるほうが効果がある高価な浄水器は不要日本の水道水は品質が良いので重金属やトリハロメタンを取り除けば十分です食事中に冷たい水を飲むと唾液の分泌をへらし胃に負担をかける熱い水を取りと体は衰

  • アルツハイマー これを知っているだけで劇的に●る

    アルツハイマーだけではなくすべての認知症に言えることです。 抗酸化とは細胞を傷つける活性酸素を取り除く 抗酸化ビタミン ビタミンA ビタミンC ビタミンE 抗酸化ミネラル 亜鉛 セレン フェイトケミカル ポリフェノール カロティノイド アスコルビン酸(ビタミンC) 水溶性ラジカルの補足、 ビタミンEなど抗酸化物質の代謝再生、 酵素的ヒドロキシ化反応の補欠分子族 α-トコフェロール(ビタミンE) お

  • 知らないと●ぬ 医療神話

    発がん物質が入っても発がんしにくくなる。 たんぱく質が発がんをコントロールしている。 たんぱく質ガゼインは発がんと大きく関わっている。 特定の栄養成分で健康になれると言う妄想、一つ一つは間違っていませんが全体にどうであるかはあまり検討されていない。 栄養に関する計り知れない複雑性を考慮していない。

  • 神戸町ログ ハーバーランド 須磨海岸

    ハーバーランド 須磨海岸を散歩してきました 観光地の為 中国人が多いですので今はしばらく行かないほうがよさそうです コロナウイルスが下火になりますように

  • 神戸の街を散歩(旧居留地)

    旧居留地大丸百貨店付近をお散歩 道幅が広く町並みも石造りの建物が多く異国情緒漂います。高級用品店が多いですが 見るだけにしています。

  • ホールフードの重要性

    基本はホールフード ホールフードとは食物そのものを出来るだけ加工せずに食べることです ホールフードは自然の恵み 自然の食品は体内のコントロールを見事にやってのける 例えばもち麦は水溶性食物繊維を多く含んでいるため 血糖値を半分位しか上げないが薬を使った場合は半分で止めることは難しく もっと下がりすぎ低血糖のリスクを生むでし 果物の場合も果糖は血糖値上昇や脂肪肝のリスクがありますが 果物をホールフー

  • 脳に必要なビタミンミネラル

    ビタミン ミネラル ビタミンA体の表面の全体性を保つため必要である。欠乏すると粘膜からの分泌が少なくなり感染しやすくなる 動物や魚の肝臓牛乳バター卵に含まれているが黄色オレンジ緑色の植物にはカロティンが含まれていてビタミンAに変換される脂溶性なので体内に貯蔵することができるビタミンB1 チアミン食品の加工技術精白により取り除かれている 精米いよりビタミンB!が取り除かれ脚気を発症したのは日ロ戦争時

  • 脳が委縮しているのに全く正常な人が40%もいるのは何故?

    生前の認知機能と死後の病理組織(解剖)は必ず一致しません 生きていた時には正常であったが 死後脳を調べると認知症の脳であったと言う方が40%もいやらっしゃいます。さてこれはどういうことでしょうか?これは予備能力によるもの… 全文を読む

  • ビタミンdと認知症 前頭葉側頭葉型 精神疾患 情動障害

    ※vDはマグネシウムと一緒に摂取しなければ効果が無い日本人にはvDが90%の人が不足している紫外線を浴びると皮膚で合成されるホルモン情動障害に影響される特に日光を浴びる機会の少ない冬季に増える(セロトニン ハッピーホルモ… 全文を読む

  • 認知症暴力敵症状は発達障害と関係があった

    レビー小体認知症では発達障害との併発率が50%近くもあります陰証であるはずなのですが 暴力行為が出るのは何故か この様なさじ加減の難しいことをするなら 食品で(サプリも含む) 安全にコントロールできるのではないでしょうか… 全文を読む

  • 糖尿病を治すには(血糖値を安定させる方法)

    膵臓のランゲルハンス島にはβ α細胞があります  βはご存知インスリンで血糖値を下げます  αはグルカゴンこちらは血糖値を上げます  糖尿病などでβ細胞からインスリンが 出亡くなったりインスリン抵抗性で インスリンが出て… 全文を読む

  • カフェインと脳の働き

    カフェインにつて cafeineカフェイン cocaine コカイン nicotineニコチン の語尾は同じです  これは 同じ性質のものと言う意味があります 副作用として 不眠 離脱症状 神経過敏 イライラ 頭痛 心拍… 全文を読む

  • 認知症の原因とは

    アルツハイマー原因 運動不足 運動するとアミノロイドβを分解する酵素が活性化され アミノロイドβの蓄積を防ぐことができます イリスリン が 脳の細胞死を抑制する神経抑制因子bdnfを増やし 海馬の神経細胞の活性化 神経伝… 全文を読む

  • 認知症改善プログラムご案内

    2020 2月5日開業予定です 〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通4丁目2−19 アムズビル「4f 10  JR元町駅東口 北側徒歩1分 このプログラムデスクトッププログラムは卓上で紙と鉛筆で行うため安全です… 全文を読む

カテゴリー一覧
商用