searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

soranaruさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
321
ブログURL
http://soranaru.hateblo.jp/
ブログ紹介文
なにかと世間を騒がせがちの強火カツン担というのを長らくやっていましたが、いまはトラビスジャパンの松田元太くんとスノーマンの岩本照くんがマイブームでそこそこ楽しく生きてます
更新頻度(1年)

3回 / 311日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2020/01/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、soranaruさんの読者になりませんか?

ハンドル名
soranaruさん
ブログタイトル
321
更新頻度
3回 / 311日(平均0.1回/週)
読者になる
321

soranaruさんの新着記事

1件〜30件

  • 俺の前では財布は出さないでほしい

    こんなに何年も書くことをやめていたのに今はもうSnow Man見るたびになにかをこう書き残しておかきゃいま!!!という気持ちがあふれてすごく楽しい。そうジャニオタってこうあるべきなんですよ。ほんとに。これから先輩の誕生日会を開催するのですが誕生日プレゼントに買った服の袋の中に買いすぎたD.D.をSnow Manになりすましたメッセージカードを添えて入れるという我ながらナイスアイディアを思いついたので渡すのが楽しみです。ちなみに彼女は佐久間推しです。みんな沼にはまっていく様子、ああ楽しい。でも入社10年になるけどわたしが筋金入りのジャニオタだということはもちろん知らせていないし最近出てきたSno…

  • ふっかさんに恋をするということ

    それは普通のことだったようです。先日の京都の旅 ふっかさんがリア恋すぎた30代オタクたちの京都の旅 - 321)で、実はふっかさんがリア恋枠かもしれないんだよねと沸々と心の中にあったことを思い切って友人たちにぽろっと初めて自らの口からカミングアウトしてみたら、もうその瞬間から転げ落ちるようにそう、ふっかさんが リ ア ル に 恋 なのです。あんなに口が悪くて顔がでかいを自虐していていじられまくっている人がそんなポジションにくるなんておかしくないか???と自問自答し頭を悩ませたのでついにわたしは「深澤辰哉 リア恋」でググりました。なんとそこには、出るわ出るわのふっかさんに悩まされる女たち。あああ…

  • #ライバルがいるって最高だ

    SnowMan、SixTONES デビューおめでとうございます! という記事を書いているだなんて5年前、いや1年前のわたしにだって予想ができなかったことです。とても楽しくて賑やかで素晴らしい毎日を彼らにもらっています。そう、すべてはここからはじまりました。 ついにわたしはチケットを持っていない分際で後楽園まで来てしまいました。 — キャッパー (@kyapacha) 2019年8月8日 その二日後には ねーもーお化け屋敷嫌いすぎて目黒にくっついて顔見えないひかるさんあんなに頼れる背中持ってんのにまじときめきしかないんだけど。むねがくるしい。 pic.twitter.com/l4K1S7HA2J…

  • ふっかさんがリア恋すぎた30代オタクたちの京都の旅

    2019年も年の瀬にさしかかった頃わたしたちはそう京都に集まりました。あかにしくんのライブの度に頻繁に会う昔からの友人と、あかにしくんがソロになってからカツン関係で仲良くなった友人と、その二人が共通で仲のいい友人と、わたしの合わせて四人で、謎の会合が行われました。それぞれ東京、名古屋、兵庫、京都からのためもちろん泊まりで。なかなか30才を超えて誰かと遊んで楽しすぎるヤッホーイ!みたいなテンションになることは少ないですが、結論から言うとこの会はまさにそれでした。長らくオタクを休んでいたのでそもそもオタクたちと熱を持つ会話をすることも少なかったのですが、久々にしてみたらまあブランクなど感じないくら…

  • Snow Manがピースフルでソークールでソーキュートすぎるという話

    最近はYouTubeで喋るSnowManしか見ていなかった気がするので久々にがっつりパフォーマンスする姿を見たなと。しかもアウェーな場所での彼らはなかなか新鮮味があって面白かったです。一人残らず全員が、本当に全員が、心から楽しそうにそこにいる姿がわたしはとにかく嬉しい楽しい大好きだし、もうなにってほんとにSnowManはみんな仲良いしかわいいしかっこいいし面白いし 最高すぎた!!!!!!!!!!!! Snow Man @ YouTube FanFest Music Japan 2019 | 「Party! Party! Party!」「Lock on!」「D.D.」 ありがとうございますこんな…

  • はてなブログの憂鬱

    はてなダイアリを10年近く愛用してきたのでサービス停止を目前にあわてて移行したはいいもののいまだに開くたびに使い方がわからずパニックです。まず記事を書く画面が謎のタブみたいな表示になってしまうところから気に入らない。そしてわたしがもっともストレスに感じていたのがいままでいただいた汗と涙と思い出のスターが移行されていないこと!!!!!!あわてて移行したもんだからその時点でなにか策はあったのかもしれないですが、渋々muzaiというアカウントを捨てサブブログをメインブログに切り替えることにしました。サブをメインに切り替えることができるという方法に辿りつくのでさえかなり時間がかかりました。muzaiを…

  • アクスタデビューしました

    聞いてください。アクスタことアクリルスタンドをご存知でしょうか。わたしは知りませんでした。雑誌かなにかだと思っていました。カツン担として共にすごしてきた友人が渡辺翔太くんにハマっていて、その友人が松村北斗くんにハマっていて、三人で会うことが最近増えたのですが会うたびにそのアクスタとやらを持ってくるのです。机に置いたりするのです。いやそんなの買っても使い道ないし突然家にあったら家族が驚くでしょうと思ってはいたのですが、いたのですが、それがね、、、、かわいいんですよ、、、、というわけで初めてのSixTONESさんのコンサート*1の帰りのわたしは岩本照くんのアクスタをアイランドストアで指ひとつにより…

  • SixTONES Rough xxxxxx大阪29日昼/メモ

    記憶ではカツンのLookingツアー以来のジャニーズJr.のグループ単独コンサートへ行ってきました。Lookingと自分で打ちながらやべーなって思いましたけど。あの当時しっかり地方まで追いかけるオタクをお金もないながらにコツコツとバイトと学生を両立しながらしていた少女が大人になってもなおジャニーズJr.のコンサートへ行っています。しかしあの当時に比べるとチケットは当日のバーコード発券だし、うちわは600円だしペンライトは1800円だしチケットなんてカツンの時代は5500円とかだったのにいまもうデビュー前の時点でしかもこのキャパのツアーで7000円超えです。さて前から薄々と気になってはいたけど強…

  • 革命が起きました

    愛するはてダが消滅しはてブロに移行してから記事作成ページに飛ぶたび戸惑います。書き方がわからん。そもそもここ近年はそんなに書いていませんでしたが。そんなふうにわたしはここ近年はすっかりおたく業はおやすみしていまして私生活をそこそこ忙しく過ごしていました。年数回ありがたきおたく時代の友人のおこぼれをいただき京セラに遊びに行く程度で、今年も同じくおこぼれでキスマイ京セラ(これはみったんを見にあわよくば松田元太くんを初めて見に!という名目)とエイト京セラなななんと同月に二回も京セラに行くことになるなんてっていう夏を過ごしていました。大倉くんは相変わらずイケメンだったし友人の引き当てた席がバクステ真下…

  • ウケコス

    結婚しても怒涛の会社員生活を変わらず送りつつ束の間の平日の休日がすごくすごく幸せなのですがななななんとそんな休日を最近はジャニーズJr.チャンネルしかもなななんとトラビスジャパンのチャンネルをこぞって見るというそんな風に過ごすようになりました。アーメン。ここ三週間くらい推しは毎日松田元太くんです。ぽろっとそんなことを言ったらカツン担時代からの友人からまじで草生やされまくってしまいには「何もアドバイスすることはないwww」と言わしめられました。そんな発端となったのがこちら。 Travis Japan【童謡で踊ってみた】みんなが知ってるあの曲に本気ダンス! 全身黒の三本ラインが松田元太くんです。 …

  • 夏のせい

    はてブロの存在はなんとなく認識はしていたのですが特にこれといった理由はないくせにやけに「はてダ」という場所に執着していて「はてダ」を持つ自分をやめたくなくてはてブロに移転しようとしませんでした。そんなときに久しぶりに会った、わたしがカツン担全盛期の頃の友人にはてダ廃止のお知らせを聞いてギエエエエエとなったのです。その日のうちに作業をはじめました。思い出のつまりまくったわたしのはてダ、ようこそはてブロへ。で、なにがちがうの…? 相変わらずオタクはしていませんがカツンのことは遠目に見てるしこの夏は天使みったんにも会えたし実は大倉くんにも目の保養をしてもらいました。カツン大阪には行ける予定だったのに…

  • キスマイyummy!大阪6月30日/メモ

    二年ぶりのキスマイコンに行って来ました。かつてよく一緒に入っていた友人たちとも久しぶりに会えてブランクを感じないアラサーたちのキャッキャした集いとても楽しかったです。 もうほんとにご無沙汰なので実は一番新しいシングルの記憶がきすだまで、「ふっっっる!」という反応をいただいたほどでして、案の定セトリの半分くらいしかわかる曲がなかったです反省。だけどわたしの一番の期待曲そのきすだまも北山先輩の「キッ●●●●●」が見られてもうわたしは天に召されました。ありがとうございます。外見ふわふわ中身肉汁たっぷりの北山先輩を美味しくいただきました。久しぶりだったけどきたやまくんはかわいくてかっこよくて、かっこよ…

  • ソロコン神戸7月13日/メモ

    遅ればせながら和也ソロコン初日に行ってきました。お恥ずかしながらオタクからは離れていたのでもちろんFC資格などとうの昔に失っており。ソロコンやるよ!のお知らせを友人から聞いてこれは…!となりつつ手が勝手にFC新規入会しておりました。驚きました。J事務所が指ひとつで入会手続き・入金できるシステムを導入していることに。行ってきたのは初日です。実はもう記憶能力も低下していてほぼなにも覚えてないのですが、ただはっきり記憶しているのは彼はわたしの中の「カメ」をそっくりそのまま思ってた通りにやってくれたなということですかね。だいたいわたしの中でのカメのかっこよさのアベレージは標準よりもだいぶ高めなのですが…

  • どんなに新しい世界を見ても 俺たちここにいたよ

    どうやってなにを書いていたかも思い出せないほど間があいてしまいましたが。なぜふといろんなことを思い出しているかというとそう4月です。4月なのです。あれやこれやを思い出して懐かしむことすら最近はもうなくなっていて、普通に毎日を過ごしています。それなりに充実しているし、それなりに楽しいです。だけどこの4月中旬の桜が新緑に変わり始める、寒くも暑くもない独特の空気感は、大人になってしまったわたしの心をまだぎゅっとさせるのです。思い出さなくても生きていけたし、寂しいとも悲しいとも恋しいとも思わなくて生きていけたのに、この4月の空気だけはあの日を思い出させてたまらない気持ちにさせます。あの日少し前の広島に…

  • 私たち今 かけがえのない時間の中にいる

    二度と戻らない時間の中にいる それくらい眩しかったこんなこともうないから あとから思い出して眩しくて眩しくて 泣いてしまうんだろうなあってかけがえのない時間の中にいままさにいる音ちゃんがこれを言えるのってすごいことだよなあっと、18才からずっとずっと消えそうで消えきれず続いてきたそれがいま終わったかのようなわたしが感心したことです。十数年後にこんなことになってしまう人たちをなんでよりによって数あるグループ数あるアイドルの中からわたしはたったひとつこれだと決めてしまったのだろう、天才だなと思ったりもします。わたしにはカツンの中で圧倒的存在感を放って輝くあかにしくんがもう全青春かけてでも追いかけて…

  • 元気が出るLIVE大阪14日/メモ

    名古屋だけの予定だったのですが終演後まだ席から立ってない状態で「大阪いこ」と誘った友人からの「イイヨー」という気の抜けたその返事のままその友人を連れて参加してきました。チケット見つからないやばいと思っていたのですが、念願のバクステに入ることができました。京セラにはもう何度も入っている気でいたのですがおそらく何気に京セラの天井席は初めてでした。さすがに東京の天井よりかは見えるしストレスもないなという印象でした。ちなみに大倉くん腸閉塞三日前の公演。日付詐称メモ。

  • 元気が出るLIVE名古屋24日/メモ

    クリスマスイブの夜を大倉くんと過ごすという夢のような1日をすごしてきました♡もうすでにこれを書いているのが三日も経ってしまった27日だと思うことですら悲しいほどに夢のようでした。何ってもう今が一番大倉くんイケメンでした。今まで見てきたどの大倉くんよりも、まあそんないうほど見てないですけど、一番イケメンでした。ビジュアル的には、色の抜け切ったとても不健康な金髪で、親に怒られるレベルで前髪が長くて、ほとんど癖のないストレートなサラ毛で、後ろは大胆に刈り上げられていて、刈り上げ部分だけに黒髪が混じっていて、顔はチョーイケメン、そんなかんじでした。以下日付詐称でおぼえがき。立ち位置など間違えてるところ…

  • 今まで僕らは世界一幸せになるために どれほど加速してきたかわからない

    神様お願いです。あきらめさせて。ここ最近は全然テレビなんて見る時間がなくてドラマも何週も遅れて深夜に一気見するくらい情報遅れの生活を送っていたのに運良くなのか悪くなのかそのタイミングにはなぜか居合わせてしまったのです。あれから数日たっても「悲しい」以外に感情は沸かずそれ以外はすべて意味がわからないです。何が悲しいと思っているのかというときっと彼がいなくなること自体よりも「わたしが思うカツン」からさらに遠くかけ離れてしまうことに対してです。わたしが思うカツンではもう完全になくなってしまうんだなあと思うとどうしようもなく悲しいです。それはもうすでに一人が欠けた時点でそうだったのかもしれないけれど。…

  • me大阪7月9日/メモ

    約半年ぶりのあかにしくんだったので意外にもカツンよりも短いスパンで見ていることになるのですが、この人は何度見てもきっと、遠くて近い、よく知ってるけど全然知らない、新鮮だけど変わってない、というような不思議な感覚になるのだろうなあと思いました。今までの人生の中でもっとも長く観察し愛と金を注いできた人なのだけど、それでも全然足りないような、近づけていないような、そんな感じでした。半年ぶりに見て思ったのは「ステージの上でスポットライトを浴びて仕事をするあかにしくんは宇宙一かっこいい」でした。それはカツンでも、そうでなくても。それとはまた別に、憎いほど男という生き物としては最高峰に位置するところにいる…

  • 君との出会いも素敵予想外

    別になんともない毎日を送っています。関ジャニズム以来現場には行っておりませんで。なのに順調にいい具合に大倉くんを楽しんでいます。関ジャニズムDVDも買いました。朝は必ず再生しています。大倉くんの新しいラジオも聞いています。ここまで書くと大倉くんで生活成り立ってるみたいに見えていま少し恐怖を感じました。でも以前のように何にでもためらわずぽんぽん投資する気力は多分もうないのでそこはなんとなく安心しています。せっかく始まったカツンのレギュラー番組が一部地域を除くの該当地方民ゆえ見れないことが結構いまだに納得できてません。関西ガンバロ…?それともガンバリすぎてるの…?ツアーがあれば日程次第でははりきる…

  • 関ジャニズム京セラ9日/感想

    毎年不定期に訪れる大倉くんブームですが、以前と同様金髪にしたとたんわたしの中の大倉くんのツボがとても強く刺激されてモーレツにいま!いまなの!いま大倉くんを見たいの!いまなの!な勢いで手が勝手にチケットを探し出すという今年もやってきました発作、ということで運良く、本当に運良く巡り合わせていただきまして行ってきました。休みは取れていたのですがせっかく二枚譲ってもらえたのに行く人がいない…前に行けたら行きたいねと話していた友人はノロにノロわれて行けなくなったし…ということで前日になって必死になって同行者探しを。結局とても身近な横山くん担の後輩にド平日公演にダメもとで誘ってみたら上手く釣れてくれたので…

  • come Here京セラ30日31日/メモ

    今年も両日行ってきました。元旦に発熱したのですがそれほどカツンさんは大胆にかっこよくてバカでかわいくて素敵でした。いい意味で肩の力が抜けていい意味で通常のカツンだな〜というのが感想です。通常のカツンで通常に刺激的で通常に呼吸が乱れ、楽しかったです。和也くんが離愛をカップリングに入れることがきっかけだったのか、各ソロが二曲ずつのちょっとしたメドレーになっていたのと、途中で大忘年会のコーナーが挟まれる以外はツアーの内容そのままでした。近くて表情や衣装の細部まで見えるのももちろん楽しくて興奮してよかったのですけどカツンはドームの使い方が神なのでやや置いてきぼり感はあっても俯瞰で見るのはやっぱり楽し…

  • come Here京セラ30日31日/行動記録

    大人がはしゃぎすぎた結果高熱でうなされることになった三が日の少し前の話です。

  • 堂島リバーフォーラム11月21日/メモ

    日程も場所も何も情報を掴んでいなくて、別に変な意味ではなく行く気も予定もなかった無の状態だったわたしにいつもの友人からふらっとお誘いをいただきましてふらっと行ってきました。終わってみればやっぱりふらっとなどというレベルの状態ではなかったのですが。開き直ったとはまた少し違う意味で吹っ切れた自分が今見る赤西くんは、やっぱり世界最強かっこいい人だなっと思いました。カツンの赤西くんではないともう十分に理解して、諦めとも妥協とも違う、まったくの別物として分別しきっているという少し離れた視点からでしたが、だからこその楽しさだったのかもしれません。赤西くんを思う気持ちも、求めるものも、注げる情熱も、赤西くん…

  • 出会すシーンはすべてハイライトで、皆かけがえのないキャストだった

    ジャニーズwebを退会しました。ふと、思いつきで、なんとくなく。進路も決まって残りの高校生活を持て余していた高三の10月に、今のわたしの場所へ連れ出すきっかけとなった山下くんのために衝動的に迷うことなく入会したので、今年の秋で11年でした。長かったし短かったです。別に深い意味はなかったんですけど、きたやまくんの更新を見に行ったときにそういえば先週も見てない、先々週も見てない、その前の週も見てないことに気づいたからです。11年のあいだにいつのまにか時代は進みなぜか公式webよりも断然SNSでの情報の方が早くて便利になったのもありまして。なんとなくやめようと思ったものの、さすがに退会するボタンを推…

  • come Here代々木/9月26日雑談

    初見が名古屋だったのですけれど、正直第一印象はパンチがないな〜でした。ここ!という瞬間、ここのためにチケット代出す、みたいな部分がなかった、というところが薄く長く気持ち悪く、結構あとまでひきずっていて、あまりいい印象はなかったです。初心にかえってみるとはおもしろい試みだなあとは思ったもののいざカツンを見続け肥えた目で見てみるとあまりにもハコにたいしてカツン自身の存在感がデカくなりすぎていて、見合っていないなあと。カツンが大きくはみ出ていた感が歯がゆいというかもったいないというか。存在感というか存在する力、みたいなのがあの小さな会場には強烈にデカすぎた感はすごくあったなあ、と思います。 ただわた…

  • come Here代々木/9月26日

    これにて今のところのわたくしのカツンツアーメモ完了です〜ただツイログをコピペしただけですけど。以下代々木。

  • come Here福岡/8月23日行動記録

    行きの新幹線のなかで友人とかめらじを聞いていました。朝からひとりは平気だとひとりひとりと繰り返すおかめちゃん。ちなみにこの日のMCでもなんでひとりはダメなの!?などと驚くおかめちゃんがいます。博多に着いて降りた瞬間、出そうとした切符をどこにしまったのか記憶をたどるもまったく思い出せないわたくし。本当に思い出せなくて、荷物をひっくり返しても見つからなくて、いい年した大人がかなり怒られることになるというなんとも幸先の悪い福岡の旅スタート。。 それぞれのホテルに荷物を置きに移動。友人が帰ってくるまでのあいだ天神をうろうろ。行ったことあるようなないようなキャナルシティで服屋さんを見たり雑貨を見たりして…

  • come Here福岡/8月23日

    遅ればせながらツイログよりメモのみ。並べてみてからわかりましたが、ほとんどの記憶がおじゅんのちゃんの美しさであるという、自分のカツン担史上初の現象が起こっていました。

  • come Here名古屋/8月14日行動記録

    三人での遠征。地元から友人と新幹線に乗り新大阪でもう一人と合流。いずれもフォーラム、グランキューブと惨敗組だったので念願の!念願の我らが初日!だったのでテンション高め。その割に新幹線の時間は決めてないわ自由席だわみんなホテルバラバラだわののんびり具合。うちわとおそろいTシャツとドレスコードであるボーダーのスカートだけは気合い十分でした。 名古屋到着後わたしは駅近のホテルだったので荷物を預けに、他の二人もそれぞれ同様に。矢場とん食べる〜と適当に言っていたのですが、一番に荷物預けの終わったわたしが駅地下の矢場とんへ向かうとなんと予想もしていなかった長蛇の列。矢場とんおそるべし。よく考えるとどんぴし…

カテゴリー一覧
商用