searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

レイさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
幸せに生きる~うつ病公務員の場合~
ブログURL
https://rei-re.hatenablog.com/
ブログ紹介文
30代、男、地方公務員、妻子あり。異動をきっかけにうつ病になりました。病気をきっかけにこれからの人生幸せに生きようと考えています。同じような悩みを抱えている方と繋がれると嬉しいです。
更新頻度(1年)

44回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/12/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、レイさんの読者になりませんか?

ハンドル名
レイさん
ブログタイトル
幸せに生きる~うつ病公務員の場合~
更新頻度
44回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
幸せに生きる~うつ病公務員の場合~

レイさんの新着記事

1件〜30件

  • 7月から9月までの心の動き~下がっては上がり~

    2か月ぶりのブログの更新です。 この2か月、ちょっときつかったです笑 今年の6月でうつと診断されてちょうど1年でした。昨年の11月に職場に戻ってからは、すこし落ち込むことはあっても大きなものはなく過ごせていました。 それが7月になり、状況が変わりました。 責任が重い業務を任されたことで、プレッシャーを感じ始めていました。そして、打ち合わせで上手く論理だてて話せないということがありました。 話さなきゃという焦りで話すけど、自分でも何を言っているか分からない状態ってやつです。原因は僕の勉強不足なのですが(^^;) 会議で他の出席者に、僕の話を要約されてしまいました。それがなんとも恥ずかしくて…。 …

  • うつになった環境は本当に酷かった

    職場復帰して5か月経ちました。大きな落ち込みなく過ごせています。4月に異動しましたが、新しい環境には慣れました。ただ仕事をしていく中で最近思うことがあります。それは昨年うつに追い込まれた状況があまりに酷かったということです。今も異動してきたばかりなので、仕事で分からないことは多々あります。ただベースとなる市のシステムは分かっています。例えば支払いの事務処理をする際に、支払いを行うための財務会計システムの操作方法や起案方法、マニュアルや規定の調べ方は分かります。なのでなにが分からないかが分かります。昨年うつになった県庁に異動した際は、ベースとなるシステムや起案の方法もわからず、ほとんど何も教えて…

  • 会議が怖いを乗り越えてた

    うつから復活して怖かったことがあります。それは会議。参加するだけのやつじゃなくて主体的に仕掛ける会議ね。うつになる前から、会議で説明したり発言するのは苦手でした。怖い理由はたくさんあります。うまく話せるのか。人の目線を浴びて冷静でいられるか。頭が真っ白にならないか。そして今日。2月に職場復帰してから簡単な打ち合わせはたまにありましたが、しっかりした会議で発言するのは初めてです。約1年ぶり。正直ここ一週間ずっと緊張してました。うつとかじゃないけど嫌だなーって感じ。でも、会議を終えてびっくりしました。なんと以前より自然に話せました。冷静に。そして人の目線も過度に意識せずに。うつになる前になんであん…

  • うつになってちょうど一年

    6月でちょうど一年。昨年の今頃は本当に辛かった。文字にすると短いけど辛すぎた。メンタルを病む自分を認められなかった。抗不安薬を飲みながら2週間は頑張れたけどすぐダメになった。妻と子ども以外のあらゆる人が怖くなった。世の中の雰囲気も辛かったな。テレビをつければ明るい話ばかり。今はうつから抜けることができた。ここまでほんとに大変だった。色々と勇気を振り絞る機会も多かった。復帰訓練で職場に戻った日が一番緊張した。最近変わったとよく言われる。たぶん外用の自分を演じなくなったからかな。昔から男は強くなければだめだという気持ちが強かった。頑固な親父の影響かな。なので外では繊細な自分を誤魔化し、蓋をして生き…

  • 場が凍ってたけど大丈夫な自分に気づく

    市役所に復帰してから半年。4月に異動した部署には仕事柄他部署の職員がよくきます。先日、前の前の部署で一緒だったおじさんが来ました。会うのは1年ぶりくらい。最初私に気づかなかったようです。そして元々身体が大きかった僕が10キロ以上痩せてしまったのを見て驚いていました。変わりすぎて分からなかったよ。結構体重落ちたの?大丈夫?そうですねー、まぁ色々あって、もう元気になったんで大丈夫ですよー。そんな感じで終わったんですが、僕の部署は狭い部署で静かなので、同僚に会話筒抜けなんですね笑おじさんが帰ったあと、みんな聞いていた感を非常に感じました。とりあえずトイレに行きました笑ただ、ふと思いました。あれだけ会…

  • フラッシュバックはたまにある

    正式に復職して約4か月。社会人生活に慣れました。うつからは復活しましたが、パソコン作業をしていると、たまにフラッシュバックが起こります。県庁でパソコン作業をしていて隣の席に僕をうつに追い込んだ人がいる環境とそのときの気持ちが手に取るように降ってきます。たぶん仕事が思い出させるんですね。役所の仕事はどこも似てますから。別にパニックにはなりませんが、気持ち良くはありません。胸が少し苦しくなりますが、すぐに治ります。冷静な頭で、あのとき辛かったなー…って思い返します。うつの症状がなくなれば、フラッシュバックにも対応できます。フラッシュバックがなくなるにはもう少し時間が必要かもしれませんね。

  • 行動しては確認するの繰り返し

    最近、責任のある業務も任されつつあります。嬉しさ反面ちゃんとできるかなぁという不安もあります(^^;)うつから復活して思うのは、毎日が行動と確認の繰り返しだということです。仕事の打ち合わせってどんな風にやるのか。資料はどのように作るのか。上司への報連相はどの程度やるのか。電話応対はどうだったか。うつになる前にやっていたことを、同じやり方でやるのか。改めるのか。今の自分は普通にできるのか。できないのか。毎日行動しては確認しています。行動する前は少し不安になったりしますが、やってみると安心します。これくらいなら普通にできるし、ストレスもコントロールできている。そんな毎日を繰り返していくことが大事な…

  • うつから立ち直ったらこうなる

    2019年6月にうつ病になりました。いま現在は薬も飲んでおらず、うつから立ち直ったと感じています。 症状の経過は以下のとおりです。 2019年 5月 うつ病の症状が出始める 6月 うつ病と診断される 7月~9月 症状の強い状態 10月~12月 症状の軽い状態 2020年 1月~2月 症状がほとんどない状態 3月~ 症状がない状態(立ち直ったと体感できる) 今は普通に出社していますし、友達とも気軽に話せます。元々自己肯定感が低く、他人の目を酷く気にする性格の僕は、うつ病になりその傾向が激しくでてきました。 それから、心理士とのカウンセリングや復職リワークで、対処法などを学びました。 うつ病を経験…

  • こんな世の中だけど心の平穏は保てている

    コロナウィルスの感染拡大で、世界は第二次世界大戦以後最大の危機。日本も緊急事態宣言で先行き不安。僕は4月に異動になりましたが、行政運営に必要不可欠かつ個人情報を多く取り扱う部署なので、交代勤務やテレワークはなく毎日出勤しています。うつの症状はなくなりました。感染の不安や色々行動が制限されることでストレスはありますが、大丈夫です。本当は感染のリスクを避けるために出社を避けたいものですが、仕事柄難しいのでしょうがないですね。ブログの更新が久々になってしまいましたが、最近アクセス数が急増しています。コロナの影響や新年度になり環境が変わったことでストレスを抱えている方が多いのもしれません。病院に行くか…

  • 失ったものは元々必要なかったものなのかもしれない

    令和元年度は本当に色々なことがありました。・県庁に異動・うつ病で病気休暇・復帰訓練失敗・休職・異動解消・リワーク・復帰訓練・復帰辛い時間が多かったです。迷う時間も多かったです。泣いてばかりでした。だけど元気になれました。病気のときは一生元気になれないと思っていました。昨年の年度末の僕は、明日から県庁だと気合が入っていました。どんなに忙しくてもやってみせると。市を背負ってるんだと。バリバリやって市に戻ってくるんだと。今思うと、不安な気持ちに蓋をして、気を張ってごまかしていたんですね。今日の自分と比べるとだいぶ変わったと思います。心の面で落ち着きました。自分に正直になれた気がします。自分の性質をし…

  • 僕をうつに追い込んだあいつへ

    僕がうつになった原因で一番大きいのは人です。県庁で隣席になった先輩。単純な話で、その先輩に追い込まれました。目つきが悪く、いつも人に対して威圧的な態度をとっているあいつ。業務はしっかりやる人でしたが、やり方はかなり雑で横柄でした。その人はそうでないと、この仕事量は回せないとよく言っていました。よく言えば要領の良い人間でしたが、基本自分以外の人間を見下してるような気質の持ち主でした。そいつから僕は仕事をなかなか教えてもらえず、面倒な仕事は全て投げられ、業務が滞りました。そして出来ない僕を罵りました。たしかに僕にも未熟な点がありました。でも、その人は大切なものが欠如している人だと思いました。それは…

  • 異動が決まって区切りがつく

    県庁への異動が解消され、市役所に戻って早5ヶ月。 来年度に異動することになりました。今の部署はあくまでも仮置きのようなものでしたので、異動するような気はしてました。 もちろん県庁ではなく、市役所内の部署です。 異動が発表されて、本当の意味で今年度が終わったような気がします。辛い、本当に辛い一年でした。でも学びが多く、大きく成長できた一年でした。 4月から心機一転です。 新しい部署には、希望も恐れも持たないようにしています。異動先が今よりいいなんて誰も分かりませんからね。ただ、今より悪いというの分からない。 今はフラットな気持ちで、できる準備をしておくだけです。 とりあえず業務の関係書籍を何冊か…

  • 多少のズルを許容する。傷つかない嘘はついても良い。

    うつなどのメンタル不調になる人は、完璧主義や真面目な人が多いと言われていますよね。僕も例外ではなく、そういう気質がありました。 それに加えて、バカ正直なところがあって、どんな物事も真正面から受け止めてしまう性格でした。避けない。逃げない。 そして嘘をつくのが苦手でした。別に信仰している宗教はありませんが、嘘をついたらお天道様が見ていて、いつか罰があたると思っていました笑 だから罪悪感があるのか顔にでてしまうんですよね(^^;) そういう気質が自分を追い込んだ要因の一つでもあったと思っています。 なかなか性格は変わりませんが、僕はこれからの人生うまく生きるために、あるルールを決めました。 それが…

  • 体重の悩みに役立ちそうなこと

    僕は、子どもの頃太っていていてイジメられました。20代中頃は体重は平均でしたが、腹が出ていました。思えば、20代後半までは体重のことで悩むことが多かったです。 体重の悩みで「うつ」になる人がいるかは分かりませんが、少なくともストレスになっている人はいると思います。 僕は体型の悩みを解消しようと思い、20代後半から、筋力トレーニングを本格的に行っていました。色々な書物を読んだり、パーソナルトレーニングを受けたりもしました。意図的な増量やハードな減量を行った経験もあります。また、様々なサプリも試しました。大会にも出たことがあります。 筋トレを始める前は体重66キロ体脂肪率20%くらいでした。今は体…

  • 令和元年度がそろそろ終わる

    もう3月ですね。市役所は年度末に向けての業務でどこもバタバタです。特に僕の課は繁忙期真っ盛りなのですが、僕については復帰間もないため定時退社です。 歯がゆい想いもありますが、今はしょうがないと割り切っています。 今年度は自分にとって忘れられない年になりました。 自分の人生や価値観を、1から振り返ることになった年でした。 ただ、6月に病気になってから、今現在ここまで戻ってこれたことがうれしいです。 今年度中に戻れて良かった。 僕が短期間で社会復帰できた理由は、家族の支え、周囲の助けなどたくさんありますが、僕個人の感情の面では以下の要因が大きかったと感じています。 ・病気を受け入れられた。 ・変わ…

  • うつに効果があったこと~復職後、再発防止~

    会社に復帰して4カ月経ちました。最近はとても安定しています。 復帰後に再発防止を意識して行っていることを書きます。 ① 新しいことを始める。 頭が仕事だけにならないように、夢中になれることを探しました。 僕の場合はキックボクシングです。週に2日から3日、やっているときは上手くなることだけを意識しているので、頭から仕事や悩みが抜けます。 最近はジム内で話す人も増え、新しいコミュニティを作ることが精神衛生上良いと感じています。人によると思いますが、一人で行うものよりも、相手がいる活動の方がいいかもしれません。 ② 一人の時間をつくる。 人と交わる限り、大なり小なりストレスは発生します。それは友達で…

  • うつに効果があったこと~復職前~

    前回の続きです。 だいぶ回復してきて、会社への復帰を意識し始めたころに、行って良かったことを書きます。 ① 起床、睡眠時間を整える。 会社に復帰しても対応できる時間に、身体を慣らしていきます。 急に早起きすると身体の負担が大きいので、徐々に行うのがいいと思います。 ② 食事の時間を整える。 好きな時間に食べるのではなく、就業時と同じ時間に食事をとります。生活リズムが戻ってきます。 ③ 会社まで行って戻ってくる。 文字通りです。会社に行って、自宅に戻る練習です。 最初は疲れるので、行って帰るだけにしていました。 最終的には会社の前に行ったあと、近くの喫茶店などで読書などの活動を行い、就業時間と同…

  • うつに効果があったこと~回復期~

    前回の続きです。頭と身体が回復してきて、日常生活に少し笑顔が戻ってきた時期に、復職に向けて行ってみて良かったことを紹介します。 ① リワークプログラムに参加する。 会社が契約しているメンタルヘルス対策をしてくれる業者があるかもしれません。 リワークでは、心の病で会社を休職している人達を少人数のグループにして、意見交換しながらストレス対処法を学びます。 休職中は人と話す機会が少ないので、話すリハビリになります。 そしてストレス対処法を学んでおくことで、再発のリスクを避けられます。 会社が契約をしていない場合は自費になってしまいます。その場合は、下記について書物などで学ぶと良いと思います。 ・認知…

  • うつに効果があったこと(病気休暇直後)

    うつになって会社を休むことになったとき、早く治したくて焦りました。 なので色々試しました。 その結果、効果があったと思うものはシンプルなものでした。 回復の兆候がでるまでに、僕が効果があったと思うことを紹介します。 ① 薬を飲む 医師から処方される薬は、素直に飲んだ方が良いと思います。 心の病気で薬を飲むのは怖いという方がいるかもしれませんが、風邪になったら薬を飲むのと同じ感覚で結構です。 「薬を飲むな」と書いてあるネットの情報などもありますが、僕は飲んだ方がいいと思いました。 ② 自分の感情に正直に行動する うつになると好きなことや食べたいものが分からなくなるので、何をしたらいいか分かりませ…

  • 気弱な心が少し強くなった

    僕は気が弱いんですね。それは、うつになる前から。虚勢を張ってごまかして生きてました。 なので気が強い人が苦手です。 単に気が強い人ならまだいいんだけど、人の感情を逆なでする人や思いやりの欠片もない人とかね。ヤンキーっぽい人も苦手です。 そういう人と相対すると、相手が正しいのか否か関係なしに委縮してしまうクセがありました。 怒りの感情が沸き起こらず、「自分が悪いのかな」って思いがちなんですね。うつになって自分の傾向が分かったので、だいぶ改善されました。 認知行動療法などの思考方法を学んだことが改善の要因かと思いますが、キックボクシングを始めたのもひとつの要因かなと最近感じています。 僕は今までの…

  • 妻の職場のセクハラ

    僕の妻は飲食店でパートをしています。 従業員は主に女性で、大学生から主婦まで。 年代は20代~40代で比較的若めです。 そのパート先の店長が酷いセクハラ野郎だそうです。 特定のパート職員に対して、毎日LINEを送っているとのこと。 「〇〇さんってスカートはかないの?」 「〇〇さん最近シフト入ってないね」 「〇〇さんって電気消す派?」 妻から話を聞いたとき、今の時代にそんなことがあるんだと思いました。 たぶん、その店長はセクハラしてる意識がないんだろうな。 キムタクや福山雅治がドラマのセリフみたいに言うなら、セクハラには聞こえないのかもしれませんが…。 セクハラって相手が嫌だと思うかどうかが判断…

  • コロナウイルスに対応した内閣府職員

    が自殺してるんですよね。1カ月前くらい。 1日だけニュースで見ましたが、それっきりです。 凄まじく辛かったんだろうな。 メディアで国の対応などが色々批判されていますけど、一番忙しいのは最前線の職員です。 県庁にいるときに国の職員と仕事をしましたが、彼らの忙しさは凄まじい。 人も少ない。 ある省庁の職場にも行きましたが、かなり狭いスペースで、しかも設備も古く、厳しい職場環境でした。 亡くなった職員がどんな人か知りませんが、自殺するくらい追い込まれていたその職員のご冥福をお祈りします。

  • ストレスを減らすため朝の時間をもう少し確保したい

    家から会社までドアtoドアで1時間30分。 遠いので、起きる時間は早いです。 ただ睡眠時間を確保しつつ効率的に会社に行けるように、 前日に出社の準備を徹底することで、起きてから30分で家を出れるようにしています。 それでも、もう少し時間を確保したい。 そのために来年度やりたいことがあります。 それは目のICL手術。 メガネ、コンタクトから解放されたらどんな幸せなことか。 朝の時間が5分は短縮されます。あの朝コンタクト入れたときにゴロゴロして付け直す苦行…しかも急いでいるときに限ってゴロゴロするやつ笑 今すぐやりたいけど、高い。お値段安くても40万円です。 ローン組むか検討中。けどもう少し我慢か…

  • 想定外を経験して思うこと

    自分にとって、うつになったのは想定外でした。 元々悩みやすいタイプでしたが、病気にならないだろうって。 うつになってからは色々なことがありました。 会社に行けなくなったし、激やせしたし。 いろいろ価値観が変わって、人間変わったと思います。 だいぶ元気になってから毎夜思うことがあります。 それは、「明日死ぬかもしれない」ということ。 うつになる前は、自分がうつになるなんて思ってなかったので、未来のことばかり考えていました。 早く土日にならないかな。はやくGWにならないかな。早く出世したいな。 今が辛くても、耐えれば明るい未来が必ずくると思っていました。 だけどうつになったとき、未来が全くみえなく…

  • 仕事もプライベートもスマホで管理してからストレスが減った

    社会人になってから、ずっと手帳を使っていました。 TODOリストは基本は紙ベース。 復職して、ストレスフリーで過ごせるように、いろいろ思考錯誤した結果、 今は全てスマホです。 主にカレンダーとTODOリスト。 カレンダーは二つで、仕事用のGoogleカレンダーと家族共有のTimetreeです。 TODOリストはTodoistを使っています。 これで仕事、プライベートのタスクのほか、簡単なメモや忘れたくないこと(目標やストレス解消法など)を管理しています。 このようなスタイルにしてから早4か月。 とてもいい感じです。予定を忘れることがなくなりました。 覚えていようとする脳のメモリが解放された感覚…

  • 産業医面談について~体験記・思うこと~

    公務員に限らず、民間企業でも産業医面談という制度がある組織が多いと思います。 これは、病気で休職している人が職場に戻れるかどうか、その判断のために、会社が契約する医者と面談するというものです。 組織により、産業医の意見がどれほど尊重されるかは、まちまちだと思います。 ただ、主治医は復職可能と判断したが、産業医が不可としたため、会社として復職を認めなかったという事例もあります(判例があります。)。 現にリワークで知り合った方は、産業医から復職可能の判断がなかなかでず、免職の可能性がでてきたと話されていました。 ここからは僕の体験記です。僕は今まで産業医面談を5回受診しました。 ①会社を休んで3か…

  • うつになって思う心理的安全性の大事さ

    心理的安全性。 リーダーシップ論を学んでいて、印象に残った言葉です。 この言葉は、最近のあらゆるマネジメントの雑誌において、よくでてきます。 心理的安全性を確保するとは何を意味するのか。 それは、チームメンバーの心理的安全性が確保されていないと、 メンバーのポテンシャルが発揮できないということです。 圧力的な人が支配するチームや風通しの悪いチーム、人の悪口ばかり言うようチームは働きづらいです。 今思うと、県庁のチームは心理的安全性が確保されていませんでした(僕がうまく確保できるように立ち回れなかったという側面もあります。)。 ものすごい高圧的な先輩がチームの空気を支配していました。無気力感もあ…

  • うつになっても人生終わらない

    僕はうつと診断されて会社に行けなくなったとき、人生終わったと思いました。 治らないかもしれないし、治ったとしても再発するかもしれない。 市役所に戻っても、後ろ指さされながら生きていくのかな。 弱い奴とレッテル張られて生きていくなんて耐えられない。 何をしても楽しくないし、何を幸せに生きれば良いのだろう。 うつの旦那なんて、妻も子もかわいそう。友達も離れるだろうな。 こんなことばかり考えていました。 うつは脳の病気です。不安はどんどん沸いてきました。 病気になるとあふれ出てくる不安な感情や自責の念、他人への恨みは、脳が病気だからと考えた方が良いと思います。 脳が回復してくれば、少し冷静になって考…

  • 僕を成長させるためにあえて怒っている

    とうつになるまでマジで思ってました。会社で出会ってきたあらゆるパワー系の上司に対して。先日妻にそんな話をしたら、お人好し過ぎるだろとカツを入れられました。そう思いたかったんだと思います。人のことを悪いとあまり思いたくなかったんですよね。自分に自信もなかったし。今はだいぶ変わりました笑前職の会社で印象に残ってる上司がいます。その人は副支店長でした。異常なまでに営業にノルマを課し、自分の要求に応えられないと怒鳴り散らす。机を蹴り飛ばす。自分の今日の気分で、今日ノルマ○○〜と言い出す。俺の時はもっと辛かったという。そしてよく言ってました。怒るのも疲れるんだよ。怒りたくて怒ってるんじゃねぇんだよ。毎週…

  • 職場復帰~うつは三寒四温~

    復帰訓練が終了し、無事職場復帰が決まりました。 うつになってからは復帰できることを目標にしていたため、とても嬉しかったです。 決まった日の帰り道は涙が出てきました。 ただ、復帰が決まってから、一度不安が大きくなるできごとがありました。 復帰が決まった翌日。昨年まで働いていたフロアに挨拶にいったとき、すごく視線を感じてしまったんですね。そしたらうまく話せなくて。 それがショックで3日間くらい引きずりました。4か月ぶりくらいの深い不安です。不安がどんどん湧き出てくるあの感じ。「再発」が頭に浮かびました。 ただ潰れないように、キックボクシングに行ったり、認知行動療法で学んだ適応思考を実践したりしまし…

カテゴリー一覧
商用