searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

勇者パニスさんのプロフィール

住所
未設定
出身
横浜市

自由文未設定

ブログタイトル
パニック障害 ダンジョン攻略法
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/bv_panice/
ブログ紹介文
 何も知識の無いまま、不安に対し逃げ続け、生活範囲を狭めてしまう事に対する不安を持っている方は多いのではないかと思います。一部ではありますが私の経験からパニック障害を克服した行動や心の持ち方を紹介しお役に立てればと思います。
更新頻度(1年)

46回 / 106日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2019/12/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、勇者パニスさんの読者になりませんか?

ハンドル名
勇者パニスさん
ブログタイトル
パニック障害 ダンジョン攻略法
更新頻度
46回 / 106日(平均3.0回/週)
読者になる
パニック障害 ダンジョン攻略法

勇者パニスさんの新着記事

1件〜30件

  • 案ずるより産むが易し

    これから何かを行う前に、様々なリスクを考え過ぎて精神が疲労困憊してしまった経験は無いでしょうか。「石橋を叩いて渡る」と言った例えがありますが、度が過ぎると精神にダメージを受けてしまいます。以前にも「楽観的に考えてみて!」で書かせていただいた事で、完璧を目

  • 余計な情報に踊らされて不安を増幅させない

     お年寄りとお話をするとよく、「今日の天気は〇〇でいつ雨が降って、こんな事件があって不安」などと時事について詳しくお話をされる。何故詳しいかはご承知の通り、家のテレビ番を一日されているからとの事。 しかし何故お年寄りとは直接関係のない事件をみて、不安にな

  • 市民トランぺッターとのノンバーバルな関係

     トランペットを再開して1年半ほどになります。再会にあたり認知行動療法(音楽療法)の方針を決めていました。具体的には〇演奏会などの発表の場を設けない。〇トランペットの技術向上の為にただひたすら練習する。〇期限を決めずのん気にやる。この事は私が認知行動療法で

  • 春はメンタルを整えるチャンス | コロナウィルスに打ち勝つ

    春分の日も過ぎ、今年は桜の開花も早くいよいよ春本番になってまいりました。現在もコロナウィルスの影響で不要不急の外出は控えるべきであると言った状況は続いておりますが、必要な活動はして行かなければ、国も人も衰退をしていきます。 4月からは学校も、休んでいた施設

  • 甲山を自転車で上ってみたら 驚きの光景があった [運動療法]

    兵庫県西宮市に甲山と言う標高309m山があるのですが、プリンをお皿に乗せた様な特徴的な形をしています。最近運動不足と言う事もあり、体操療法も兼ねサイクリングの目的地として行ってみる事にしました。甲山に行くのは初でしたので、頂上に何があるか知りませんでした。 

  • 楽観的に考えてみて!

     パニック障害になりやすい性格として、完璧主義や頑張りすぎると言った言葉をよく耳にします。完璧に物事を行う為には、最終の目標を決め手段を考え手を抜かずに実行していく事が重要ですが、失敗をしない為にはリスクの事も考えなくてはいけません。様々なリスクを想定し

  • 治ったらやりたい事って何ですか?

    率直な質問で失礼いたしました。パニック障害の初期症状の時はそんな事言っている場合ではありませんが、服薬や認知行動療法が進んで行くと、先の事も考えていく事もポジティブな感情を維持していく為に大切な事となります。 今回は仕事や生きていく為にどうしても行わなく

  • 認知行動療法後の良い記憶を定着する方法

     このブログでも色々な認知行動療法を紹介していますが、●実行→成功●別の療法を実行→成功●次の日気分が悪い●音楽療法をしたがその時は気分が良くなったが10分後には効果が無くなった。と言った繰り返しでは、どこの記憶が自分の中で重要視されているか判らなくなって

  • バッハ作曲:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068より第2曲 『G線上のアリア』

    ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲「G線上のアリア」有名な曲ですが、「G線上のアリア」って不思議なタイトルですよね。その辺の説明を最初にして行きます。この曲の正式名称はバッハ作曲の「管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068」より第2曲 「アリア(エール)」という曲で

  • 歩く 時々 走る [運動療法]

    パニック障害の治療に歩く事は様々な面で有効的で、実践されている方も多いと思います。体を動かし有酸素運動、そしてリズム運動、風景を見て刺激を受ける等・・の効果を目的として、普段の歩行時は有酸素運動になる様早すぎず遅すぎずと言った歩行スピードで30分位~行う事

  • 「嫌だな!」と思う事に行動する際の心の持ち方

     社会では誰でも「嫌だな!」と思うけどやらなくてはいけない事ってたくさんありますよね。その様な時皆さんそれぞれ乗り越える技やコツを持っていると思いますが、私のやり方も紹介させていただきたいと思います。 最初に分類をさせていただきたいと思います。1⃣一つ目は

  • 家族の支えと絆

     パニック障害の治療に対する初動が遅れる事によって、治療期間が長期になったり他の病気の併発も起こるなどと言った事が考えられます。では何故発症から治療の開始まで時間が掛かってしまうのでしょうか。 私の場合は初めての発症から心療内科の初診まで半年から1年程期間

  • ダンジョン攻略法とは [ドラクエで認知行動療法のロープレを]

     ブログのタイトル「パニック障害 ダンジョン攻略法」しておりますが、今日はその事についてお話をさせていただきたいと思います。私が初めてRPGをやったのが小学生の頃ドラゴンクエストが発売された時の事です。主人公(勇者)が多くの経験を積み育って行き最終的には強い

  • [恐怖!] 車の後部座席と渋滞のトンネル

     パニック障害の方で状況によって車内で症状が出る方もいると思います。私の場合自分で運転してる際には全くと言って症状は出ませんでした。 私が初めて車で症状がでたのは自分の車でした。長年乗ってきて殆ど運転してきたため、後部座席に乗った事がありませんでした。そ

  • 飛行機搭乗前にやっておく事

     最近航空会社のHPを見ていると、「パニック障害」にふれた文面がある事に気づきました。大手の航空会社のHPでは以下の様な文面で書かれています。◍JAL 日本航空株式会社◍ANA 全日本空輸株式会社◍SKY スカイマーク株式会社パニック障害も航空業界では病気の一つとして取

  • 恐怖! [行きはよいよい帰りは怖い]

     私がまだパニック障害の診断がされていない頃、友人と新神戸から山に登った場所「布引ハーブ園」で会う約束をしました。布引ハーブ園へは、新幹線、神戸市営地下鉄の新神戸駅から基本ロープウェイのみとなっています。10分ほどでハーブ園山頂駅に到着しますが、ロープウェ

  • 認知行動療法 [環境を整える一手間が自分を助ける]

     認知行動療法を段階に少し低い位の負荷で行って行き、成功体験の記憶を積み上げると言った記事を書かせていただきましたが、今回は環境面で調整をし計画する事により失敗事例を出さないと言ったお話をさせていただきます。☯電車の事例 認知行動療法を進めて行く際に最初

  • 自然がもたらす効果 [1/fのゆらぎでリラックス]

     パニック障害の初期の段階ではとにかく、状況がわからない事による不安から精神面、身体面の疲れが出て治療どころか、行動自体を制限してしまう事があります。病気の事を理解し薬物療法を始めたら、次は行動を少しづつ行っていきます。しかし精神面での落ち込みが大きけれ

  • トランペットで心と呼吸器を鍛えよう | 音楽療法

     以前トランペットを再開した記事を書きましたが、きっかけは心療内科の医師に指摘され本気になって練習場所を確保したことからでした。 医師がどのような事を目的としてアートの活動を推進したか定かではありませんが、自分の内面的な物を絵に描き出し形とするとか、音楽

  • パニック障害 [克服(治る)ってどんな状態 電車編]

     パニック障害になって、先が中々見通せない状態から不安を抱え薬や行動認知療法の積み重ねによって少しづつ改善が見られてきます。しかしその過程では改善している実感がないとか、後退しているのではないか等、一進一退を繰り返して治療が進んで行きます。 さて皆さんが

  • パニック障害のすべての症状には意味があった

     パニック症状が出た経験をもう一度冷静に挙げてみると、場所:電車、飛行機、飲食店、病院、歯科、美(理)容室などの物質的、心理的に閉鎖的空間や混雑した空間症状:動悸、息切れ、呼吸困難、めまい、吐き気、胸部圧迫、手足のしびれ、けいれん今回は症状がでる場所やシー

  • トランペット プラクティスミュートを自作し試行錯誤

     トランペットを再開し海の近くで練習をしていますが、なるべく毎日吹いた方が良いに決まっています。家でも普通に音出しできる様な環境を持たれている方は少ないと思います。そんな方の為にプラックティスミュートやサイレントブラス等の商品がある訳ですが、ネット検索を

  • この症状本当に逆流性食道炎ですか?

     まだパニック障害にたいしての症状の自覚が薄い頃、飲食店で食事をする際や乗り物に乗ると吐き気が表れる事に対して、器質的疾患によるものであると思い消化器科内科へ受診を行いました。 受診の順番を待っている間にも壁に貼ってある「逆流性食道炎」のポスターを見て「

  • 何故?ポケットトランペットなの? [CarolBrass N3000 GB]

     前回の記事でトランペットを再開した理由を書きましたが、練習の為に買ったトランペットが何故ポケットトランペットなのか?と言う点をお話ししていきたいと思います。 私がメインで使っている楽器はBach180ML43GBと言う30年程前に買った楽器ですが、社会人になってからも

  • トランペットを再開しました | 音楽療法

     心療内科へ通院しカウンセリングを受けていた時「自分をほめて下さい」と言われました。身体面、精神面、性格、経験等自分の人生の棚卸をしてみました。就職活動などの面接ではありませんから、協調性とか責任感とか言う話はする必要はなく、素直になって考えてみると自分

  • 広場恐怖症とどう向き合うか?

     今までも囲まれた場所で広場恐怖症が出て、その場を離れる結果となったと言う記事をいくつも書いてきました。◍物理的に閉ざされ狭い空間◍心理的にすぐに抜け出すことが出来ない拘束感  等で恐怖や不安を感じてしまっていました。飛行機や電車の様に物理的に物理的に閉

  • 風の吹くまま気の向くまま|寅さんの言葉に学ぶ

     男はつらいよの映画の中で寅さんに「これからどこへいくの?」と聞くと「風の吹くまま気の向くままよ」と寅さんが答えるシーンがある。すると日常に縛られている役から、「いいねぇ♪ 自由で」と言われる。社会から縛られず、自分の意志で道を決めている生活って誰もが憧

  • Feels so good[CHUCK MANGIONE〕| 音楽療法

     今回紹介したい曲はチャック マンジョーネのフィール・ソー・グッドです。チャック マンジョーネはジャズ・フュージョンで活躍した事で知られているトランペット・フリューゲルホルン奏者、作曲家です。彼の代表作の1つである「Feels so good」直訳すれば「気持ちいい」で

  • 体操をしてセロトニンを増やそう | 体操療法

     パニック症状が出た際に歩いたりすると良い事は、電車での認知行動療法の際に気づいていましたが、日常生活にそれを採り入れる事によって、基本となる心の状態が徐々に安定し、症状に対して恐怖を下げて行く効果がある事を実感しました。 私が実際に行った体操療法を紹介

  • 交響曲第6番 ヘ長調 田園 (ベートーヴェン) |音楽療法

     今回紹介したい曲は、私がパニック症状が出て頭痛、吐き気、目眩等が出ている時に聴いてみたら効果があった曲と言うか、自然と聴く事ができた曲です。交響曲第6番 へ長調 田園 第1楽章「田舎に到着したときの愉快な感情の目覚め」 アレグロ・マ・ノン・トロッポ、4分の2拍

カテゴリー一覧
商用