searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Proseccoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Live Life to the Fullest どこにいても人生結果オーライ!
ブログURL
https://prosecco.hatenablog.com/
ブログ紹介文
アメリカ、ドイツ生活を経て、現在イギリス・スコットランドでイタリア人パートナーと起業&暮らしています。安定した家族愛と不安定な収入。。そんな人生も結果オーライ。海外での生活・出張・旅行情報を発信していきます。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/12/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Proseccoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Proseccoさん
ブログタイトル
Live Life to the Fullest どこにいても人生結果オーライ!
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
Live Life to the Fullest どこにいても人生結果オーライ!

Proseccoさんの新着記事

1件〜30件

  • 頂き物を振り返る:筆箱

    足るを知ったステイホーム ステイホームのおかげでプラスになったことの一つは、「自分の持っているものを見つめ直す」ことでした。 毎日似たような部屋着(ほぼ全身ユニクロ)でも問題ないため、特によそいき用やバケーション用に衣服を購入する必要を感じなかったし、来客も帰国もバケーションもキャンセルでお土産を買う必要もなかったし、で、生活用品以外で浪費することはほぼありません。強いて言えば基礎化粧品とエクササイズ用品、財テク系には多少お金を使ったかな、くらいです。 特に洋服や必須ではない物に関しては、いつも新しい「ナニカ」が漠然と欲しくなり、ついつい購入してしまっていたけれど、この1年は自分が所持品一つ一…

  • 4 seasons in 2 days: 春が来たと思ったら雪

    お天気がよくて散歩日和だった、週末から一変。 prosecco.hatenablog.com 4月なのに寒波到来です。 雪が激しく降ったかと、思えば昼には完全に雪解けしていますが。気温だけは低いので、朝ヨガの際、体が温もるまで時間がかかってしまいます。季節外れの大雪に、うちのイタリア人は喜んでいますが私は初夏が待ち遠しいです。 youtu.be

  • ステイホームからステイローカルへ

    Spring has come 3月末にサマータイムへ変更されたのと同時に一気に日が長くなってきました。暖かくなったと思えばマイナス4度で積雪があったりとまだまだ冬支度ですが、気持ちだけはすっかり春めいて心軽やかになっています。 No more stay home スコットランドでは長い長いフルロックダウンが少しずつ解除されてきました。 今週末から「ステイホーム」から「ステイローカル」へ行動規制が緩和され、食料品・日用品の買い出しとエクササイズ以外の不要不急の外出が禁じられていたこれまでと違って自由に外出してもよいことになりました。 なりました、と言っても暮らしが変わった感覚はありません。市街…

  • 超簡単レシピ:焼きカマンベールチーズ

    フランス&インドが合わさったら!? お料理上手な友達の家でクリスマスのアペリティーボに出された一品で、とにかく簡単で美味しく、はまってしまってリピートしているのが焼きカマンベールチーズのチャツネ添えです。 チャツネとはインドのフルーツや野菜を合わせて煮込んだほどよい甘さで香ばしい調味料で、カレーの隠し味に使われることが多いです。インド系が多く住むイギリスではどのスーパーでも手軽にお安く手に入ります。日本でも成城石井などでは手に入るのかな。 独特の風味があるカマンベールチーズと甘いチャツネと合わせると、(出し方次第では)見た目も小洒落た前菜にもなるし、小腹が空いたときのおやつ代わりにもなる、優れ…

  • 簡単ごはん:巨大ベジタリアン豆腐バーグ(卵使用)

    パスタやピザはもう飽きた 食材が豊富でないスコットランドではどうしてもお肉メインが続いてしまいます。おまけに、パートナーがイタリア人ということもあり、肉メインでない日はパスタかデリバリーピザ、もしくはステイホーム期間にたまたまスーパーで見つけたピアディーナというエミリアロッマーナ地方でで食されているトルティーリャのような平たい記事にチーズとハムやらを包んで食べたり、炭水化物ヘビーな夕食を取っています。 イタリア人と一緒にいるのに、そんなにパンが好きでなくチーズも少しあればいいなぁという嗜好を持つ私。イギリスにいながら胃袋を休ませるための簡単レシピを考えていたところ、たどり着いたのがベジタリアン…

  • Stay safe, stay fit:2020年ボディメイク成功です!

    コロナ一色だった2020年も終わりに近いです。ワクチン接種開始が始まり少しずつ光が見えてきだしたものの、ロックダウンの真っ最中。先の大きな予定が立てられませんが、海外旅行・出張の予定がたくさんあり希望でいっぱいだった今年の年明けと異なり、2021年は世に対する期待値がかなり低いところからスタートしているので、逆に今後はいいことしかないに違いない、とポジティブな気持ちになれています。何事も考え方次第ですね。 ポジティブ思考、でいうともう一つ。毎年この時期は食べ過ぎ飲み過ぎで胃袋に大変不可をかけてしまっているのですが、今年は、25日のクリスマス以外は静かな日常で食生活を規則正しく自分好みにコントロ…

  • 規制がある中のクリスマス、身も心も大満足です。

    スコットランドでは、イングランドなどと同様、クリスマス1日だけ、他の世帯の家族と家の中で集まることが許されました。許される=合法である、ということです。本来ならば、23日〜27日までは、人数制限を守りつつ、自分の家族や友達の家を訪問してよいことになっていましたが、ロンドン近郊で変異種が見つかったことにより、急遽クリスマスの集会(Christmas Bubble)ルールが変更されました。 自分の家族や友達の家で食事をしたりすることが違法になる時が来るなんて、毎日日替わりで友達の家に遊びにいっていた昨年のイタリアでのクリスマスにはまったく想像できなかったことです。 そんな状態の中、スコットランドに…

  • イギリス:40代健康問題なし!の私がワクチン接種できるのはいつ?

    英国ではいよいよワクチン接種開始です 今週12月8日から世界初コロナのワクチン接種がイギリス全土(4つのカントリー)で始まりました。とてつもなく早い治験&認可プロセスに戸惑いつつも、この数十年での著しい医療技術の進歩と莫大な税金投与のおかげで可能になったのかなと思っています。また、特に反ジョンソン政権、反EU離脱のスコットランドメディアは一向に報じないのですが、スコットランドでもワクチン接種がいち早く可能になった理由は、EU離脱によって独自に審査承認ができるようになった医薬品・医療製品規制庁おかげです。もちろんその認可スピードに賛否はあるようですが。 で、肝心のワクチン接種について、家族・友達…

  • 気がつけばすっかり秋というか冬支度

    前回ブログを書いたのが8月1日。紅葉ももう終わりかけです。 どこにも行かず幻となった「2020の夏」の間も更新しようとしていたのだけれど、熱しやすく冷めやすい飽き性スイッチがオンになってしまいついつい遠のいてしまいました。昨日久しぶりにはてなブログにログインして、休眠中にも多くのかたが訪問してくださっていたことに感激しました。 いい加減、何事もバランス良くいい塩梅で毎日を生きたいと思いつつも、性格はなかなか変わりませんね。これからはまた気が向いたときにぼちぼち書いていこうと思います。

  • 簡単ブランチ:りんごのパンケーキ(砂糖不使用)

    イギリスのスーパーに売られている果物の中で、ぱっと目を引くのが数種類の「りんご」です。イギリス国産のりんごもあるにはあるのですが、どちらかと言えばフランス、オランダ、ニュージーランド、チリ、南アフリカなど輸入品が占めています。(ガーディアン紙によると市場に出回っているりんごの90%弱が輸入物とのことです。) 数少ない国産の中のロイヤルガラという品種を好んで食べています。 スーパーのりんごコーナー。日本のものよりも小ぶりです。 お味は、日本のりんご、特に秋冬にかけて出回る旬のりんご(私が好きなのはふじ)には足元にも及びません。だからそのままで食べるのではなく一旦火を通したりんごを食べるのが習慣に…

  • 簡単ごはん:イタリア人(男)が喜ぶ豚バラブロック焼き

    お肉が安いイギリス イギリスでは、日本のレシピで頻繁に活躍する薄切り肉が少ないのでつい牛ステーキだのポークソテーだのカリカリチキンだの食いっぷりの良い男子が喜びそうな「焼くだけのがっつり肉料理」が多くなります。幸いなことにお肉類は非常に手頃な価格で揃うので懐にも優しく家計に大助かりです。 豚バラブロックをフライパンで焼くだけ 最近のお気に入りは脂たっぷり豚バラブロックのソテーです。こちらで豚バラのことをポークベリーと言います。今回使用するのはポークベリースライスですが、スライスといってもかなり厚みがあるブロックステーキのようです。 前回のトマトソース同様、相変わらず時短ではありませんが、少しの…

  • 簡単ごはん:イタリア人が喜んでくれるトマトソース

    パスタ命のイタリア人 イタリア人と暮らしている私は、週2〜3でパスタ料理を食べています。日本人が毎日ご飯を食べても飽きないのと同じ感覚でしょうか。 通常は青い袋が目印のDe Cecco製のスパゲッティ、平らで太めのリングイネ、マカロニを大きくしっかりさせたようなトルティリョーニをストックしていますが、コロナによるロックダウンでスーパーから一時期パスタが消えてしまったので、とりあえず入荷されたものを購入しては欠かさないよう保管しています。 現在のストックしているいろんなブランドのパスタ。 時短じゃないけど少ない材料でできる簡単トマトソースの材料と作り方 基本晩御飯がパスタの場合は彼が全て準備して…

  • 海外生活:持ってきてよかった100均キッチンアイテム

    100均のキッチンアイテムは優れものが多い 海外で生活し始めると、日本で手軽に、100円(+税)で購入できる生活グッズが手に入らず困ることがあります。ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスなど、大都市で大きな日本人コミュニティがあるところだとアジア系マーケットも充実していてある程度の市場競争もあるので、比較的お手頃に日本人に必要な品物が見つかるかもしれませんが、中都市以下でかつ在日本人が少ないエリアだとなかなか思うようなものが手に入らないし、現地のお店で見つけたとしても安いのは素材がもろかったり、いいものはスーパーでも高級デパート品並みに高かったりするのでついつい買うのに躊躇してしまいます。 特…

  • 意外にあった英国産野菜

    昨日の投稿で「生で食べられる英国産野菜が少ない」と書きました。確かに生で食べられる野菜は少ないですが、トマト・きゅうり以外にも、レタス、青梗菜、ブロッコリー、きのこ類、、、など国産野菜がたくさんあり、意外にバラエティに富んでいてびっくりしました。 ユニオンジャック印の国産野菜(きのこは野菜?) ミックスきのこは、イングランドのLeicestershireにある家族経営農場産で、しいたけ、エリンギ、まいたけが入っています。もともときのこ類が大好きだったので、このパッケージを見つけたときはとても嬉しかったです。定期的に購入しては、ステーキやハンバーグなど、お肉系メインディッシュとして、オリーブオイ…

  • 海外で作ってみた:コウケンテツさんの「これ添えて」トマトときゅうり

    北緯が高くても美味しく生野菜を食べる 日本やイタリアと異なり大地が肥沃でなく、国産野菜の種類が少なく、野菜料理の種類も豊富でないスコットランド。特に生野菜はパッケージ化されたレタスサラダやルッコラサラダなどを購入することが多いです。 生で食べられる英国産野菜のひとつで年がら年中スーパーで手に入るのがトマトときゅうりです。普段はこの二種類をカットサラダに加えてたり、あるいは、トマト、きゅうりはカットしてヒマラヤ塩だけで食べたり、とシンプルに食べることが多くちょうど飽きてきたところでした。 簡単で美味しい生トマト・きゅうりレシピを発見 Youtubeでお料理動画を見るのが趣味なのですが、突如おすす…

  • 7月1日からレジ袋有料化:ようやく世界基準へ

    ただでもらえる時代は終わり 日本では、7月1日からプラスチック買い物袋の有料化が始まりますね。英国でもイタリアでも買い物袋は有料がデフォルトだったので、帰国のたびにスーパーで多少多めに配られるプラ袋に戸惑いを覚えていました。日本もようやく、、、といった感じです。 先日ブログで紹介した、心に残ったドキュメンタリー映画の一つ「 A Plastic Story」で、誤ってプラスチックを食べてしまった動物達の苦しむ姿、プラごみに埋め尽くされた海域やビーチの映像を見て、プラ処理問題(プラス消費問題)をなんとか解決できないものかと悶々と小さな脳みそで考えています。 prosecco.hatenablog.…

  • ほぼ白夜:スコットランドで見る夏至の空

    赤みがかった西の彼方、日付が変わった6月21日、午前0時20分にとった写真です。久しぶりに天気も快晴で「ほぼ白夜」を体験できました。 ちなみに英国時間での夏至は20日の午後10時43分。確かこのころはまだ青空が残るオレンジ色の空でした。

  • 事実は小説より面白く、切ない:ステイホーム中に見た映画・ドラマ

    ドキュメンタリー(ノンフィクション)が好き ロックダウンが始まってから急速にサブスクが増え株価も爆上がりしたNetflix。私たちはここ数年、食後のリラックスタイムとして、毎晩1−2時間ほど、なんかしらドラマか映画を見ています。すでに、Stranger Things(邦題:ストレンジャーシングス)やMoney Heist (邦題:ペーパーハウス)など、世界で大流行したドラマはほとんど見尽くしたのと、シーズン1は面白くてもだんだんつまらなくなる作品が多かったり、予算の都合でキャンセルになったりする作品も多く、最近では「はまるドラマ」を探すのが大変です。 二人がともに、興味のある作品を探して見てい…

  • スコットランドでイタリアの夏を感じる:Spritz con Aperolを飲みながら

    ロックダウンを機に始めた新たな習慣 北東イタリア・ベネト地方の夏の定番のドリンク、Spritz con Aperol。 毎年夏、イタリアに滞在している間、ほぼ毎日と言っていいほどカフェバーで飲むアペリティーボ・カクテル(食前酒)です。今年の夏をイタリアで過ごせないとなると、お家で作って夏を味わうしかありません!スーパーで必要なものを購入、お家で作ってみました。 ステイホームバー。お家でイタリアンアペリティーボ。 Spritz con Aperol の作り方 アペロールボトルに記載されている基本の作り方は、アペロール1、プロセッコ1に対して炭酸水を少量(スプラッシュ!)、氷とオレンジスライスを入…

  • いつまで続く14日間の自己隔離

    残念ながらこの夏のイタリア旅行はキャンセルになりました(涙) 一番の大きな理由は、パートナーの高齢の母親が、コロナ感染は免れたものの、3月に初期の乳がんが発覚、現在治療中で免疫が弱っており、私たちが訪問することで新型コロナに限らずやっかいなウィルスを持ち込んではいけないから、です。 海外からの渡航者に対する入国措置(スコットランドの方が罰金が安い) 6月8日から発令された、海外からの入国者(英国在住者の帰国者も対象)に対する14日の自己隔離措置ももちろん理由の一つです。英国に入国する48時間前にイギリス政府の指定サイトからパスポートやフライト、滞在先などの旅行者情報を登録し、入国時に登録内容を…

  • 新しい生活様式:超(腸)すっきり

    ソーシャルディスタンスが当たり前になっている「新しい生活様式」。英語では"The New Normal"とか"The New Norm"と言われています。ロックダウン中に、できるだけ病院のお世話にならないよう健康体調管理の一環として新たにはじめた習慣があります。 毎朝ヤクルトを飲む 日本の隣国で新型コロナ感染が拡大している中、免疫力アップになるとして乳酸飲料が売れている、というヤフーニュースを目にしました。それと同時に、毎日欠かさず読んでいるヤクルトスワローズの球団マスコットつば九郎のブログにも「てあらい・うがい・やくると!」と書いてあり知らないうちに「乳酸飲料を飲むように」と潜在意識に埋め込…

  • 2ヶ月ぶりに友達と再会 & 川なのになぜ?

    心の引きこもりから抜け出し(笑)、友達の誘いにポジティブ回答をして、約3時間半、ロングウォーキングに出かけてきました! 本当は一人で過ごすのも全然平気なのだけど、私も所詮、社会コミュニティを形成するヒト科に属する生物です。この2ヶ月ふつふつと溜まっていた「気の置ける人と直接会って思いっきり話し合いたい」という欲求が、ひと声ふた声、発するたびに、笑いあうたびに少しずつ解放されていきました。 青々と茂る木々に囲まれるだけで気持ちが軽くなります。 この辺りは昔紡績工場だったそうで、当時の機械が撤廃されずオブジェ化されています。 ちょっとした展示物も。 憩いのお庭 川沿いの遊歩道。せせらぎの音に癒され…

  • 備忘録:DHLトラッキング、ATAカルネで一時輸入(中国からイギリス)

    ロックダウン中で仕事がほぼストップしてしまった際に、初めて中国からATAカルネを使って品物(GNSS機器)一時輸入をすることになりました。 ATAカルネとは 物品一時輸入(輸出)のための通関書類。売るための商品を輸入する場合は課税されますが、見本市での出展や、PR、デモンストレーション用など期間限定で輸入し、商品で利益を得ることなく輸出者に送り返すことで、免税になるというものです。 中国国際商工会議所ののATAカルネ 国際DHL便、またしても遅延 ロジ会社はDHL。過去にイギリスからインドへ荷物を送った際もトラブル続きでうまくいきませんでした。 prosecco.hatenablog.com …

  • スコットランドのロックダウン緩和:大自然に触れることは最高の癒しです

    しばらくぶりのブログです。スコットランドでは5月29日(金)に66日間に及ぶロックダウンの段階的解除が始まりました。 ステイホームを機に英国・スコットランドの最新情報を発信しようと思ったものの、気持ちが180度違う方向に向かっていて、すっかりはてなブログにログインすることさえご無沙汰になってしまいました。全く更新なかったにもかかわらずたくさん訪問してくださる方がいて感謝あるのみです。誤字脱字が多くまとまりがないブログにおつきあいくださりありがとうございます。 心身ともにアクティブだったステイホーム で、どこに気持ちが向かっていたか、というと、株投資です。世界の株式市場が危うくなってきた3月初旬…

  • 時差7時間をまたいだ同窓会 on Zoom

    オンライン同窓会 インドネシア、アラブ首長国連邦、オランダ、英国、ナイジェリア。世界各地に散らばっている留学同期と久しぶりにズームで顔を見ながら近況報告しあいました。 卒業以来毎年誰かが「世界のどこかで会おう」といいつつも、なかなか実現できなかったことが、鶴の一声でいとも簡単にネット上での再会が叶いました。みんなそれぞれ今の現状に対する感想やら仕事の話やら卒業後に置かれている立場、環境で物事の視点が全然違うのが面白いです。懐かしい他の名前や当時いろいろ揉めていた裏話などを聞くことができ、ともにプロジェクトや課題で苦労し合った思い出共有できるかけがえのない仲間だと改めて思いました。 私は率先して…

  • 超面倒くさがり屋のセルフカット during ロックダウン

    海外で髪を切ってもらうのは何年住んでも勇気がいる 海外生活で困ることのひとつは、なんといっても美容院(美容師さん)選びです。日本人が多く住んでいる大都会なら簡単に日本人の美容師さんに出会えると思いますが、世界的に見るとこれはかなり稀なケースで、実際には日本人どころか東アジア系の美容師さんすらいない、という地域がほとんどだと思います。アメリカに住んでいた若い頃はそれなりに身なりを気にしていたので定期的に美容院に行きたくなり、毎回勇気を出して現地の美容師さんに切ってもらっていました。 髪型オーダーほど難しいものはない 「サラーっと流れるように」とか「後ろは少しふわふわに」といった擬態語を使ったヘア…

  • イギリス政府の直球メッセージ:外出→ウィルス拡散→ 死

    イギリス政府ツイッターより もしあなたが外出するなら、それ(ウィルス)を拡散させる可能性がある。 人々は死ぬだろう。 家にとどまる→NHSを守る→命を救う 日本では考えられない表現を使ったイギリス政府発のメッセージ。People might die という仮定ではなく"People will die" とし、「NHS」、「国民の命」を守るんだという強い決意が反映されています。 やりすぎと言われようが、失わなくてもよい命を救えるのであればやりすぎることに越したことはないと思います。 イタリアでは最前線で働いていたお医者さんが65名以上亡くなったそうです。全く分野違いな整形外科医の知人は、イタリア…

  • ロックダウン:静かな一週間

    時期が時期だけにどうしても新型コロナの話題になってしまいますね。 今週から始まった英国のロックダウン。食料品を扱うスーパーや薬局以外はすべて休店してしまい、小さいお店が立ち並びいつもは車の往来が絶えない通りに住んでいる私の家の周囲はすっかり静かになりました。緊急事態発令中に感じられる平穏、ありがたいです。 学生で溢れている中学校前の通り。誰もいません。 普段は忙しい通りも、人も車の往来がほぼありません。 「ロックダウン」という言葉がセンセーショナルに報道されるのですが、私たちは大人2人暮らしで2人で一緒に仕事をしているので、正直普段とあまり変わりません。ニュースの一部だけを見聞きする家族や日本…

  • イングリッシュマラソン:その節は大変お世話になりました。

    久々のはてなの今週のお題への投稿です。 懐かしいアルク英語マラソン 今から20年以上前、かれこれ5−6年アルクのヒアリングマラソン、スピーキングマラソン、ボキャビルマラソンをやっていました(父上母上投資してくれてありがとう!)。当時はカセットテープの時代で、やっすいウォークマンを買ったのでテープを絡ませたりしては注意しながら鉛筆で元どおりにしたりしてたのが懐かしいです。ヒアリングマラソンでは、確かモーツァルトのアイネクライネナハトムジークのロンド(第4章)に合わせて単語・フレーズのリスニングを強化するレッスンと、小動物が出てくる連続ものの物語のリスニングレッスンがあって毎回次の号の到着を楽しみ…

  • スコットランドのスーパー:生鮮食品が消えました

    毎日新型コロナウィルスの話題で正直うんざりしている人も多いかと思います。1月から日本の状況について情報収集していて学校閉鎖などで山場を迎えたかと思えば、今度は住んでいる国と近隣国での状況が日本以上になってしまい溢れかえる情報に気疲れしています。それでも日常生活は続いており、直接的な影響はないとのんびり構えていたのですが、大違いでした。 !!!食料品が売り切れてありません!!! 普段は徒歩5分以内の大型店系列の小さなスーパーで買い物をしています。少し割高ですが、一通り食材がそろっているし買いすぎることもないので冷蔵庫代わりにほぼ毎日通っています。コロナパニックが始まってトイレットペーパーやパスタ…

カテゴリー一覧
商用