プロフィールPROFILE

クマ子さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
クマ子の卒母DIARY
ブログURL
https://www.xkumaco.com/
ブログ紹介文
卒母したアラフィフ女子です。息子がいなくて寂しい…でも、これからの自分の人生もしっかりと考えていかないと…といろいろ模索中の様子を、楽しく綴っていけたら…と思っています(*'▽')
更新頻度(1年)

5回 / 51日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/12/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、クマ子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
クマ子さん
ブログタイトル
クマ子の卒母DIARY
更新頻度
5回 / 51日(平均0.7回/週)
読者になる
クマ子の卒母DIARY

クマ子さんの新着記事

1件〜30件

  • 実際のところ、失業給付はいくらもらえて、手元にいくら残ったのか?

    以前の記事で、約20年間勤めていた会社が閉鎖になったことについて、書かせていただきました☟ www.xkumaco.com いざ、職を失う…となると、失業給付(雇用保険)がいったいいくらもらえるのか…?ということが、一番気になる方が多いのではないでしょうか(>_<) 私の場合、会社が閉鎖になる前に、ハローワークの窓口に聞きに行ったのですが、正確な金額は実際に申請してみないとわからない…と言われました。 家のPCで、何度かググってみても、計算方法が難しくて、いまいちよくわからない…。 そんな訳で、正確な金額がわかるまでの期間、けっこうな先行き不安を抱えていた経験から、今回は、実際に私が受け取るこ…

  • やっぱりダイエット頑張りたい?タニタ食堂に行ってきました!

    皆さま、あけましておめでとうございます<(_ _)> 試験続きでバタバタし、今回が今年初投稿になります。 さて、年末年始・成人の日を含めた3連休…と嬉しい休みが続いたのですが、どうも副作用もあったようで、連休明けに洗い立てのGパンを履いたら…う、ウエストが苦しい~Σ(゚Д゚)!! 休みの間に胃が巨大化したようで、これはこれで胃の痛くなる話です( ;∀;) 今年のダイエットの目標の数値が、さらに遠くなる…(汗)。 ということで、年々落ちていく代謝量と、反比例して増えていく食欲と戦うべく、自分に気合を入れるためにも、今年はダイエットの話題から始めようと思います(;^ω^) 去年の話になりますが、2…

  • クマさんたちに癒されて…クマ子のひ・み・つ

    あと1時間ほどで、令和元年も終わりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 もうほっこりされていて、後は年越しを迎えるだけ… あるいは、そろそろ、年越しそばの用意をしなくちゃ…という方もいらっしゃるかと思います。 ウチも、息子のヤギ太が無事帰ってきて、ホッと一息ついているところ( ^^) _U~~ さて、今年最後のクマ子ブログの投稿は、お疲れモードの方や、お正月のだららんモードに入った方にも見ていただけるように、癒し系投稿として、わが相棒「クマさんズ」をご紹介したいと思います(*'▽') 斜め読みでも、チラ見でも、楽しめる記事にしております(笑)。 ぜひ、ご覧になってくださいませ<(_ _)>…

  • 勤めている会社が半年後に閉鎖されることになったらどうしますか?

    私クマ子が、約20年間勤めていた会社は、2018年12月末で閉鎖になり、従業員は全員解雇になりました。 その通知が社長からあったのが、およそ半年前でした。 まあ、事業所閉鎖になる2,3年前くらいから、売り上げがどんどん下がっていって、その兆しは有り有りだったんですけどね( ;∀;) しかしながら、潰れていく会社を目の当たりにする、というめったにない経験をしたので、その様子を書いてみたいと思います。 その会社は、少々ブラック企業の気配がありましたので、あまり一般的な話ではないかもしれませんが、何せ、このご時勢、将来が不安な方も多いと思うので…(-_-;) ご参考までに…。 潰れたのはこんな会社 …

  • スマニュ砲ってアクセスなくても着弾するの??

    私クマ子にとって、この「卒母DIARY」は、二つ目のブログになります。 元来、そんなに器用な方ではなく、時間の使い方も下手なため、複数ブログに手を出すつもりは全くなかったのですが、一つ目の「クマ子の奈良歩き」が、グーグルアドセンスに落ちまくっています(現在24回不合格中…)。 グーグルアドセンス奮戦記はコチラ☟ www.norikuma2.com www.norikuma2.com そこで、ブログ仲間の方々からの助言も受けて、もう一つのサイトを立ち上げることにし、この「卒母DIARY」を始めました。 ただし、一つ目の「クマ子の奈良歩き」サイトでの反省から、グーグルアドセンスに合格するまでは、出…

  • 失敗は許されないと思っていたあの頃

    ヤギ太が2歳になって間もない頃。 クマ子は、ヤギ太のお父さんと離婚した。 その後しばらく、誰も信じられなくなり、今までの知り合いとの連絡を出来る限り絶ってしまった。 なぜなら… こんな人生に失敗した自分なんて恥ずかしい。 いろいろと、根掘り葉掘り聞かれても、答えたくない。 これから、上手くやっていける自信もない。 …そう思っていたから。 この社会は、失敗した者、引かれたレールから脱落した者には、総じて冷たい。 …そう思っていたから。 確かに… 学生時代に留年したり、退学してしまったり、新卒で就職してすぐに辞めてしまったりしたら、中高年になって急にリストラされたりしたら、 やっぱり、巻き返すのは…

  • 簡単なスイーツでも自分で作ると意識が変わる!理由

    皆さまは、スイーツを自分で作ったりされますでしょうか。 私、クマ子は恥ずかしながら、つい最近まで「食べる専門」の人でした(;^ω^) スイーツは作るものではなく、もっぱら「買うもの」という認識。 まあ正社員で子育てしながら生きていたので、日々のごはんとお弁当でいっぱいいっぱいで、スイーツまではとても手が回らなかったのもあるのですが(言い訳)。 ところが、我が相方・ライオンちゃんの実家が農家で、野菜をたくさん下さったり、彼が家庭菜園をしてくれたり(クマ子はもっぱら水やり&収穫担当)という事態がここ10年間ほど発生し、さすがに旬のものは、一時にこれでもかとばかり、ドバッ~と押し寄せてくるので、食べ…

  • パン食朝ごはん・簡単にワンパターンから脱出する方法

    バタバタしがちな朝、ごはんの支度をするのは大変ですよね(;'∀') コーヒー好きの我が家は、ついつい朝はパン食になりがちです。 でもパン食朝ごはんって、サラダにハムorベーコン・ウインナー、スクランブルエッグor目玉焼きという組み合わせになりがちではないでしょうか。 もちろん、ピザやサンドウィッチ、ホットドッグなどをローテーションに加えると変わり映えしますが、朝につくるには手間がかかりますよね。 また、ドレッシングを何種類か買って使いまわしていても、市販のドレッシングは何故かすぐに飽きてしまったりしませんか? そこで… 我が家では、サラダやハム・卵料理にかけるドレッシングやソースを、いろいろ作…

  • 子どもが0歳なら 親も0歳

    ヤギ太(息子)がまだ赤ちゃんだった頃。 生まれた時から、いったん泣き出すと声の限りに叫び、相当な時間をかけて相手をしないと、いつまでも泣き続ける子だった。 そのことで悩んでいた私は、当時仲が良かったママ友に相談した。 すると「ウチは、ちょっとほっといたら、泣き疲れてすぐ泣き止むから、泣き出しても別に何もしない」ということだったので、一度試してみたことがある。 結果… …約2時間泣き叫び続けた…ので、私の方が折れた。 ヤギ太は、そんな無駄な?根性がある赤ちゃんだった。 そういうヤギ太の子育てに、ちょっと疲れ出していたある日。 おそらく、生後6か月くらいだったかな。 泣き出して、言うことを聞かなか…

  • うしうしワールドは続いていく…

    ヤギ太(息子)は、小さい時から、不思議な日本語を喋る。 彼が中学3年生の頃。 近所のイオンモールに行ったら、ある店の前で行列が出来、とても混雑していた。 それを見たヤギ太は「あ、うしうしや~」と言った。 「うしうし???」 どうやら ぎゅうぎゅう=牛牛=うしうし らしい…。 はい、4歳の頃の「クロワッサンとシロワッサン」から、ちっとも進化していません( ;∀;) そんなんだから、同じく中学3年生の時に、塾の合間に、生まれて初めて一人で入った「ほっともっと」で、牛とじ弁当を頼もうとして「うしとじ弁当」と言ってしまって、バイトのかわいいお姉さんに、クスッと笑われたりしている。 この話を聞いて、面白…

  • クロワッサンとシロワッサンが織りなす小宇宙

    ヤギ太(息子)が4歳の頃のお話。 いつものように、仕事帰りに保育園にお迎えに行ったある日のこと。 担任の先生が私に「お母さん、今日のヤギ太くん、めっちゃ面白かったんですよ!」と話しかけてきた。 なんでも、その日の給食に出たクロワッサンを見たヤギ太が先生に 「ヤギ太くん(自分のことを<くん>付けするお年頃)、クロワッサン好きやねんけど、シロワッサンも好きやねん」 と言ったらしい…。 どうやら、ヤギ太の脳内は… クロワッサン=黒いパン シロワッサン=白いパン ということのよう。 どうも、ヤギ太は「色」でモノを認識しているらしい…。 ヤギ太の脳内の小宇宙の中のクロワッサンとシロワッサン。 お前さんは…

  • 会社の寮へと旅立っていく一人息子を涙で見送る

    ヤギ太(息子)は、国立の高等専門学校に進学した。 最終学年の5年生の5月初めまで、進学か就職か迷って、周囲をさんざんヤキモキさせたのち、ゴールデンウイーク明けに就職を決断し、6月半ばに内定を頂くことが出来た。 その時点で、2018年4月から会社の寮で生活することは決まっていた。 自宅から会社まで、片道約2時間。 通えなくはないが、通いたくない距離だ。 何より、お互いに親離れ・子離れする機会だとも思った。 男の子だし。 さすがに、シングルマザーだったから、マザコンの風味を漂わせているし(苦笑)。 なので、寂しいとは思ったが、離れるのは仕方ないと思った。 むしろ、ヤギ太が無事成人し、ちゃんと社会に…

カテゴリー一覧
商用