プロフィールPROFILE

たかしさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
愛・平和・喜び
ブログURL
http://yoiko2020.livedoor.blog/
ブログ紹介文
わたしは世界のベストセラーである旧約聖書、新約聖書を 愛読して、その感想をブログに書き投稿しています。 決してキリスト教の押し付けではなく、愛の素晴らしさを 書いています。一度ご覧ください。
更新頻度(1年)

41回 / 51日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2019/12/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たかしさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たかしさん
ブログタイトル
愛・平和・喜び
更新頻度
41回 / 51日(平均5.6回/週)
読者になる
愛・平和・喜び

たかしさんの新着記事

1件〜30件

  • 復活問答

    「復活はないと言っているサドカイ派の人々が、イエスに近寄って来て尋ねた。『先生、モーセは言っています。「ある人が子がなくて死んだ場合、 その弟は兄嫁と結婚して、兄の跡継ぎをもうけねばならない」と。さて、わたしのところに、七人の兄弟がいました。長男は妻を迎

  • 税金問答

    「ファリサイ派の人々は・・・イエスの言葉じりをとらえて、罠にかけようかと・・・弟子たちをヘロデ派の人々一緒にイエスのところに遣わして尋ねさせた。『先生、わたしたちは、あなたが真実な方で、 真理に基づいて神の道を教え・・・ところで、どうお思いでしょうか・・

  • 婚宴のたとえ

    「イエスは・・・語られた。『天の国はある王が王子のために婚宴を催したのに似ている。王は家来たちを送り・・・人々を呼ばせたが、来ようとしなかった。・・・一人は畑に、一人は 商売に出かけ、他の人々は王の家来たちを捕まえて乱暴し、殺してしまった。・・・王は怒り

  • ぶどう園のたとえ話

    「・・・ある家の主人がぶどう園を作り、・・・収穫を受け取るために、僕たちを農夫たちのところへ送った。だが、農夫たちはこの僕たちを捕まえ、一人を袋だたきにし、一人を殺し、一人を石で打ち殺した。・・・そこで最後に、『わたしの息子なら敬ってくれるだろう』と言っ

  • 識者と徴税人

    「ある人に息子が二人いたが、彼は兄のところへ行き、『子よ、今日、ぶどう園へ行って働きなさい』と言った。兄は『いやです』と答えたが、あとで考え直して出かけた。弟のところへも行って、同じことを言うと、弟は『お父さん承知しました』と答えたが、出かけなかった。こ

  • 宮清め

    「イエスは神殿の境内に入り、そこで売り買いをしていた人々を皆追い出し、両替人の台や鳩を売る者の腰掛を倒された。そして言われた。『こう書いてある。「わたしの家は、祈りの家と呼ばれるべきである。」ところが、あなたたちはそれを強盗の巣にしている。』境内では目の

  • エルサレムへ

    「イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、言われた。『向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつないであり、一緒に子ろばのいるのが見つかる。それをほどいて、わたしのところに引いて来なさい。・・・ 預言者を通して言われていたことが実現するためであった。シ

  • 仕える者

    「イエスは一同を呼び寄せて言われた。『あなたがたも知っているように、異邦人の間では支配者たちが民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上

  • 賃金の不平等

    「『天の国はつぎのようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけに行った。 主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、「あ

  • 金持ちの青年 2

    「イエスは弟子たちに言われた。『はっきり言っておく。金持ちが天の国に入るのは難しい。・・・金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。』弟子たちは非常に驚き、『それでは、だれが救われるのだろ うか』と言った。イエスは彼らを見つめて、『

  • 金持ちの青年 1

     平和は人の力だけでは来ない「一人の男がイエスに近寄って来て言った。『先生、永遠の命を得るには、どんな善いことをすればよいのでしょうか。』イエスは言われた。『なぜ、善いことについて、わたしに尋ねるのか。善い方はおひとりである。もし命を得たいのなら、掟を守

  • 憐み深い主を欺く

    「ペトロがイエスのところに来て言った。『主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。』イエスは言われた。『あなたがたに行っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。そこで、天の国は次のようにたとえられる。ある王

  • 迷い出た羊

     美しい人生を送れる恵みイメージ「あなたがたはどう思うか。ある人が羊を百匹持っていて、その一匹が迷い出たとすれば、九十九匹を山に残しておいて、迷い出た一匹を捜しに行かないだろうか。はっきり言っておくが、もし、それを見つけたら、迷わずにいた九十九匹より、そ

  • いちばん偉い者

     子供の心を失うとこんなことに「弟子たちがイエスのところに来て、『いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか』と言った。そこで、イエスは一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて、言われた。『はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ

  • 神殿税

     神殿税として納められた銀貨イメージ「・・・神殿税を集める者たちがペトロのところに来て、『あなたたちの先生は神殿税を納めないのか』と言った。ペトロは、『納めます』と言った。そして家に入ると、イエスの方から言い出された。『シモン、あなたはどう思うか。地上の

  • エリヤ

     十字架はネックレスとは関係はない「彼らはイエスに、『なぜ、律法学者は、まずエリヤが来るはずだと言っているのでしょうか』と尋ねた。イエスはお答えになった。『確かにエリヤが来て、すべてを元どおりにする。言っておくが、エリヤは既に来たのだ。人々は彼を認めず、

  • 山上の変貌

     ヨーロッパの教会のステンドグラス「イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。見ると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。ペ

  • 予告 2

     教会へ来る人が少ないのは残念「それから、弟子たちに言われた。『わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を救う失う者は、それを得る。人は、たとえ全世界を

  • 予告 1

    サタンイメージ・時には天使と化す「このときから、イエスは、御自分が必ずエルサレムに行って、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受けて殺され、三日目に復活することになっていると、弟子たちに打ち明け始められた。すると、ペトロはイエスをわきへお連れして

  • ペトロの告白

    教会は建物だけではないが会堂も必要「・・・『あなたがたはわたしを何者だと言うのか。』シモン・ペトロが、『あなたはメシア、生ける神の子です。』と答えた。イエスはお答えにになった。『シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく

  • 間違った教え

     パンもパン種によりおいしくなる「・・・そのときようやく、弟子たちは、イエスが注意をうながされたのは、パン種のことではなく、ファリサイ派とサドカイ派の人々の教えのことだと悟った。」 (マタイ 16章 12節より)この記事の前に、キリストは4千人の群衆にパ

  • カナンの女

    「・・・この地に生まれたカナンの女が出て来て、『主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています」と叫んだ。・・・イエスは、『わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない』とお答えになった。・・・『主

  • ファリサイ派 2

    「・・・イエスはお答えになった。『わたしの天の父がお植えにならなかった木は、すべて抜き取られてしまう。そのままにしておきなさい。彼らは盲人の道案内をする盲人だ。盲人が盲人の道案内をすれば、二人とも穴に落ちてしまう。』・・・イエスは言われた『あなたがたもま

  • ファリサイ派

    「ファリサイ派の人々と律法学者たちが、エルサレムからイエスのもとへ来て言った。『なぜ、あなたの弟子たちは、昔の人の言い伝えを破るのですか。彼らは食事の前に手を洗いません。』そこで、イエスはお答えになった。『なぜ、あなたたちも自分の言い伝えのために、神の掟

  • 本当に神の子

     湖上の出来事 イメージ  「イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう岸へ先に行かせ、その間に群衆を解散させられた。祈るためにひとり山にお登りになった。・・・舟は・・・逆風のために波に悩まされていた。夜が明けるころ、イエスは湖の上を歩いて弟子たちのところ

  • メリークリスマス

    「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」と10月28日の記事に書いたが、それ以上にクリスマスの意味は深い。以下にきょうクリスマスに際してそんなに難しくはなくできるだけ簡単に分かりやすく書いて行きたい

  • 五千人への給食

       恵みの食物 イメージ「イエスはこれを聞くと、舟に乗ってそこを去り、ひとり人里離れた所に退かれた。・・・大勢の群衆を見て深く憐れみ、その中の病人をいやされた。夕方になったので、弟子たちがイエスのそばに来て言った。『・・・群衆を解散させてください。そう

  • 洗礼者ヨハネの死

     ヨハネ イメージ「そのころ、領主ヘロデはイエスの評判を聞き、家来たちにこう言った。『あれは洗礼者ヨハネだ。死者の中から生き返ったのだ。だから、奇跡を行う力が彼に働いている。』実はヘロデは、自分の兄弟フィリポの妻ヘロディアのことでヨハネを捕らえ縛り、牢に

  • 故郷の不信仰

     ナザレと現在の街イメージ「イエスは・・・故郷にお帰りになった。会堂で教えておられると、人々は驚いて言った。『この人は、このような知恵と奇跡を行う力をどこから得たのだろう。この人は大工の息子ではないか。母親はマリアといい、兄弟はヤコブ、ヨセフ、シモン、ユ

  • 天の国のたとえ

    「天の国は次のようにたとえられる。畑に宝が隠されている。見つけた人は、そのまま隠しておき、喜んびながら帰り、持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う。また。天の国は次のようにたとえられる。商人が良い真珠を探している。高価な真珠を一つ見つけると、出かけて行

カテゴリー一覧
商用