searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

taboomさんのプロフィール

住所
新座市
出身
新座市

自転車ラインナップ 12吋 ワンタッチピクニカ 14吋 ーーー募集中ーーー 16吋 マイクロハリー、BEATMOON16 18吋 BD-1 20吋 Michel501 22吋 SILKパーフェクトクイックミニ 24吋 トラベゾーン24 その他いろいろ

ブログタイトル
Maybe you can go! (多分なんとかなるでしょう)
ブログURL
https://taboom.cranky.jp/wp/welcome/
ブログ紹介文
古い自転車をレストア・カスタマイズしてサイクリングに出かけてます。それは主に鉄の自転車ですが必ずしもクロモリって訳じゃありません。 図体はでかいにも関わらず小さな自転車を愛好しています。ミニベロ・ラブ(笑)
更新頻度(1年)

92回 / 365日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2019/12/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、taboomさんをフォローしませんか?

ハンドル名
taboomさん
ブログタイトル
Maybe you can go! (多分なんとかなるでしょう)
更新頻度
92回 / 365日(平均1.8回/週)
フォロー
Maybe you can go! (多分なんとかなるでしょう)

taboomさんの新着記事

1件〜30件

  • SWを手に入れた!

    SWというアシスト自転車を買いました。アシスト自転車を購入したのは初めてです。現在の仕事場で初めてのお給金をいただいたというのと、通勤に使えたらということ、そしてアシスト自転車を販売する際にちょっとは自分の感想を言えたらいいなというのがありました。少しは自分で試したうえでオススメしたいですからね。最近のアシスト自転車は3段階のモード、まあ簡単に言えば、①お任せモード②バッテリー長持ちモード③ガンガン行っちゃうぞモードを持ってます。そしてそれらのモードの切り替

  • 40年ぶりの正丸峠

    梅雨明けの初めての公休日、正丸峠を訪ねました。何故今更、正丸峠という気もしますが、シーズン初めという事、足の調整に手頃だろうという事、そしていつかは再訪しとかなきゃという気持ちがあったので今回向かいました。結果としては、自転車で訪ねるにはとても良いところと改めて思いました。通常シーズン初めであれば、心の峠である刈場坂峠から堂平山に向かう事が多いのですが、今回は正丸峠にしたのであります。正丸峠は、1982年に開通したトンネルができるまでは、国道299号線の要所

  • 梅雨の合間に多摩湖にいこ〜

    「BSMその後」としてアップしたのが、7月6日でした。あの時は、試運転でBSMを地面に下ろして、裏の駐車場をぐるりと回っただけでありましたが、今日は文字通り梅雨の合間を狙って多摩湖まで走ってきました。走り出しは何となく良い感じだったんだけど、多摩湖CRから堤防に上るあたりの坂をギシギシ上って行ったあたりから、「ん?、ん?、ん?」って感じになりました。やっぱり後輪がヨレる感じというかどっかが引っかかるような感じ・・・。足を止めてフリーをギーって鳴らしながら走ってる時は

  • BSM その後

    ここのところ、仕事だったりが忙しくて、BSMの課題に手がつけられていませんでした。前回の記事が、5月16日だから軽く1ヶ月異常まちがい以上経ってます。大したことやってないのに時間ばっか経って・・・ねぇ。課題が、乗っててウニャウニャするという事だったので、色々と見直しをしました。スイングアーム(?)のあたりのガタや歪み、リアホイールの振れの有無、ハブやカセットスプロケットをバラして拭き取ったりしました。特にそこらへんは問題はありませんでした。ところで、RDはシマノの1

  • マンガと電車そしてワクチン

    久しぶりに手に取ったマンガ雑誌。以前読んでた頃の話が意外と続いていたりして、ちょっと懐かしい思いをしました。空母いぶきは、当時中国艦隊と戦っていたと思ったら今度はロシア艦隊と戦っていたし、ヨーロッパでサックスを吹いていたダイはいつのまにかアメリカのロスで活動してました(笑)サラリーマン時代は、出張で移動することが多かったし、通勤で電車バスを使っていたので、乗るときには何だか漫画を買うというのが習慣になってました。いい大人が人前でマンガ読むなんてと思われても仕

  • 手を使って磨きましょ

    ホームセンターで売ってるニトリルグローブ。これをつけて自転車整備とかしていると手は汚れませんが、手袋の中は汗だらけになります。通気性が異常に悪いというより、それが目的の手袋だからそうなるべくしてなりますね。パンク修理の際の水調べで水につけても大丈夫だし。しかし、それを今回逆手にとってみました。燻んだ泥除けをピカールで磨くことにしました。以前、ピカールで磨く時にはサランラップが良いという事を聞いていたので、サランラップを使おうかと思いましたが、部屋にあったニトリルグロ

  • 通勤用自転車の整備

    6月の第2週から新しい所で働いています。新しい所で働き始めるというのは、いろいろな仕組みだったり作法、そして人間関係の把握、すべてが振り出しから始まる訳で、そういった意味では気苦労や緊張を強いられたりします。しかし、それも考えよう。今日はどんな発見が、そしてどんな事態に遭遇するのか、わくわくどきどき興味をもって仕事に出かけています。毎朝、ひょっこりひょうたん島のテーマ曲を歌って自分で気持ちをアゲながらですけど(笑)前の職場は比較的近かったので、広島時代から使

  • 林道 横沢・小机線

    今日は雨、大丈夫なんか? 独り言ちながら、湿った地道をフラフラと進んでました。久しぶりに走る湿った地道。比較的しまっているものの、浮石もあったりして、轍を避けたりするときにトルクをかけると滑って怖い怖い。そしてこんな天候の下、寄りによって泥除けがついてない自転車で来てしまいました。先週の「ためぐそ山」アタックに使ったZUNOWだから仕方なし。まあ、いいか(笑) でも、今更だけど泥除け付いてないと、輪行がめちゃくちゃ楽。工具を全く使わずに輪行袋に収める事ができます。こ

  • がんばれ銚電!

    銚子電鉄の収入のバックボーンはぬれ煎餅だそうです。ぬれ煎餅を販売することで鉄道を維持できているというと大げさに聞こえるかもしれないけど、地方のローカル線というのは想像以上に厳しいものがあるものなんでしょう。だから、ぬれ煎餅をはじめ、いろいろな鉄道のコンテンツ、線路を輪切りにした文鎮や、犬釘の栓抜きだとか、線路の石、はたまた売るものがないから、銚子電鉄の音を売りますとか、やってるようです。そして映画まで作っちゃったようで、もう何でもありな感じにとてもシンパシーを感じて

  • た・め・ぐ・そ・山

    ある日、自宅の2階のベランダの角に動物の糞を発見しました。ちょうど、「玄関脇の河津さくらにさくらんぼの実がなったね」、「へ〜」(?)なんて話をしていた頃です。無防備に伸びきった枝はベランダまで達し、その枝を伝わってくれば簡単にアクセス可能という訳です。おいおい不用心じゃないの。しかもベランダの角の部分に糞までされて・・・チキショー(怒)。犯人を見た訳じゃありませんが、これは、ハクビシンの仕業と、害獣被害の先輩であるあじこぼさんの見立てであります。すぐに糞の画像をLI

  • ひとりフリマって感じ?

    この月曜日と火曜日はシフトの関係で連休になりました。さて何処に出かけようかと算段をしておりましたが、どうも気に掛かる事があってちょっと躊躇してました。それは、玄関前の梅の実がかなり大きくなっており、ボタボタと落ちて潰れて玄関アプローチが汚くなってる事です。その梅の実は取りさえすれば欲しい人はいて確実に小遣いになるという代物であります。別に手間なんかかけてないから原価はタダ、取る手間賃だけなんですけど・・・、じゃ仕方ね〜、やるか。月曜の午前中に真面目に取って、昼過ぎに

  • 駅弁食べる時の持ち方って?

    5月15〜17日に、横浜アリーナでアイスショーが開催されました。その名も、LUXE(リュクス)。LUXEとは「フランス語で優雅、豪華、贅を凝らしたことを意味します」だそうな。我々の世界では、LUXEといえばHuret LUXEですが、あれは一般的にはルックスと呼ばれてますね。異国の言葉、しかもフランス語だから色々とあるんでしょうけど(笑)そのLUXE、ここ最近それだけを楽しみに働いてきた(というより生きてきた?)家人は、直前まで開催されるかされないかヤキモキしてまし

  • ブリヂストン モールトン

    4月10日に川越でピクニカミーティングを開催しました。その前日の晩、都内某所からブリヂストンモールトン、いわゆるBSMを引き取ってきていたのであります。当日、話題にしなかったのは、まあ、ピクニカとは直接関係ないし、ん、ブリヂストン繋がりというのはあるけど(笑)ところで、BSMといえば、yasuotiさんが青いのに乗っていたし、狭山湖の怪人いやHAL先輩もグリーンに乗られているのを見る機会があってちょっと、というかかなり気になっていた自転車なのです。ミニベロ好きな変態

  • あぁ、内間木橋!

    ガーン・・・最後の最後でこれかよという感じ。黄色に黒文字の拒絶感といったら最強ですね。5月1日に実施した、「北多摩の水辺を走ろうじゃん2021」とほとんど同じコースを5月8日のMCPの月例ランで走りました。5月は私がプランナーだったのですが、プランを考えるのが面倒だったのと試走が間に合わないからと、あれ使っちゃえということで、2週(2周?)連続で走りました。・・・ということは5月1日が本番前の試走だったという事か・・・(+_+)\バキッ!「北多摩の水辺を走ろ

  • 北多摩の水辺を走ろうじゃん2021 やったよ

    大方の予想に反して、「北多摩の水辺を走ろうじゃん2021」を敢行しました。もちろん、サイクリングは大人の嗜みですから、適度なディスタンスを取りながら走行しました。んっ、ディスタンス?・・・って、距離開けないと走れないじゃん・・・(+_+)\バキッ!今回ばかりは、さしもの私も予め呼びかけをする事は躊躇してしまいました。それでも有難い事に以下の11名のツワモノが集まってくれました。有難い事ですね。上記画像左から 六浦っ子さん kemuさん 河っちさん K安さん aust

  • 北多摩の水辺を・・・お知らせ

    おいおい!緊急事態宣言下で、こんな催しを・・・確かに世の中は厄災終息にむけて最終コーナーを回っている状況でそんなに浮かれた気持ちで良いのかという向きもあります。 最終コーナーだと? でも11日に緊急事態宣言を解除するんだからもう第4コーナーを回って直線に入ってモガクところでしょう(笑)有難い事に早々のご参加表明を頂いた方々もおられますが、どうぞ改めて現在の状況、そして周りを見回してご判断ください。勇気ある撤退も必要です。でも、私は行きますよ。

  • 三県境に行ってみた

    朝起きてからNHKを見る機会が増えました。民放は朝から色々と情報が多すぎで疲れるからです。その一環で天気予報を見るのですが、関東地方の天気予報の際に、ある部分が気になりました。それが埼玉県の北の方、群馬と栃木と茨城と一点で接しているところがあるじゃないですか。おおおっ!これは何か集まってる感があるぞ〜。ここの近くまで行っちゃえば労せずに4県を回ったって言えるじゃんと思ったのであります(笑)ググってみると、その場所は群馬と栃木と埼玉の県境が畑の真ん中にあるらし

  • 北多摩の水辺を走ろうじゃん2021のご案内

    厄災の影響で、いろいろと引き締められたり、緩めたりそして再び引き締められたり・・・だったら緩めなきゃいいじゃん(怒)となりますが、ずっと締めっぱなしとなると、社会が回らなくなるし気持ちも鬱々となってくる・・・。う〜ん、どうしたものか? 4月のピクニカ ミーティングでもそうでしたが、新しい生活様式として身についた作法を自転車遊びにも取り入れる事で何とかなるんじゃないっすかね。2018年4月29日に「北多摩の水辺を走ろうじゃん2018」を開催しました。GWにも関

  • RICOH GXR + CANON f:1.8 50mm

    最近、出番がすっかり減ってしまったGXR。広島にいた頃は、これとUWH(ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 As)の組み合わせで持ち出してパシャパシャして居たのに、埼玉に戻ってからめっきり出番が少なくなりました。今日は久しぶりに手に持ったので部屋の中で撮ってみたという訳です。4月第3土曜日である本日は関戸橋フリマの日だったのに、はっきりしない天候で出撃を見送りました。湿っぽい行き帰りは嫌ですし。それで、部屋の中でやらなければならない事はあ

  • Making 「ワンピクミーティング」

    伊佐沼公園に降り立ったのは、7:30過ぎ。トランポのドアを開けたら流れ込む冷たい空気。むむっ!こりゃちょっと寒いぞ。トランポから偵察車を下ろして発進したのが7:40。北側に進むと向かい風が吹いていて、こりゃ、ピクニカ だとちょっと厳しいかもと思いました。全体のコースは概ねこんなもんだろと決めてましたが、最後まで決められなかったのが2つ、一つは伊佐沼から川越の街までのアプローチ、もう一つは川越の街中を巡るコース。どうしようかとグズグズ考えてましたが、前日に仕事

  • 第3回ワンピクと一緒に走ろう会 やったよ!

    4月10日に予定通り、「第3回ワンピクと走ろう会」を川越で開催しました。ちょっと空気は冷たかったけど天気は晴天、恐れていたCRセクションでの風の影響もなく無事終えました。ピクニカ は想定通り街散策にぴったりでした。大勢でちょこちょこしてもそれほど威圧感ないし邪魔になりません・・・たぶん。そして、風さえなければCRもビュンビュン、ダートもバリバリ走れます。改めてピクニカ の魅力を再認識した会となりました。主催含めて10名での開催であります。ご参加いただきました皆様有難

  • 第3回ワンピクと一緒に走ろう会

    かねてご案内しておりました、第3回ワンピクと一緒に走ろう会を予定通り実施します。一時期に比べてちょっと寒いようですが、天気予報では今のところ大丈夫そうですね。改めて実施要領を記載します。多少見直しあります。新しい年度が始まって忙しい人もそうでない人も、ピクニカに乗ってる人もそうでない人も、埼玉の近くの人もそうでない人も、万事お繰り合わせの上ご参加ください。参加の申し込みなどありません。途中参加、途中離脱もオッケーです。そして、この集まりに興味を持ったけどちょっと怪し

  • 前川橋 ふたたび

    前川橋から見下ろす水面は相変わらず綺麗でした。橋の欄干にもたれてしばらくその流れを見ていると、ここ最近の気持ちのウダウダが全て洗い流される感じがしました。まあ嫌な事はさっさと流しちゃえ。・・・って、そんな嫌な事を流される秋山川もいい迷惑でしょうけど(笑)去年の同じ頃に初めて前川橋にやってきました。MCPのメンバーとローカルサイクリングであります。当時、正式な月例ランはコロナ禍のおかげで取りやめになったのでプランナーにお願いしてローカルメンバーで走りました。そ

  • サンダルで自転車乗っちゃうよ

    とうとうサンダルで自転車乗れる季節がやってきたぜ!久しぶりにサンダルで自転車漕いだら、その開放感に嬉しくなりました。ちゃんとした靴を履いた場合のパフォーマンスは当然望めませんが、ぶらぶら散輪、歩くわけじゃないし気楽なもんです。履いてるサンダル、オレンジ色の憎い奴、これは昨夏に手に入れたギョサンであります。底と鼻緒部分がしっかりしてるからはき心地がすこぶる良いです。だから自転車も当たり前に漕げますよ。今回の自転車のペダルがちょっと剣呑なやつだったのでギョサンにはかわい

  • 川越市街・右往・左往

    川越という街は、城下町です。今更でありますが、埼玉県にも川越という観光地コンテンツがあったんだと再認識しました。サラリーマン時代、出張という名目で全国を廻らせてもらったのですが、日本各地にそれぞれ見どころの観光地、街並みだったりお祭りなどがあって、それがちょっと羨ましかったのであります。が、灯台下暗し(埼玉県には本物の灯台はない?)今回巡ってみて埼玉にもちゃんと川越があったよとホッとしました。しかし、平日、しかも月曜日であるにも関わらず、観光客でごった返してました。

  • おおっ、この樹は!

    家人が再放送している連続テレビ小説の録画を見ていた際、側で画面をボーッと眺めていたら、おおっ、これは!と驚きました。これは、「花子とアン」のオープニング時のカットです。この大きな樹と後ろの景色は見覚えというか・・・行った事があるぞ。2016年の夏に初めて訪ねた時にその立派な姿に驚き、そして翌年の2017年の春に行った時にはすっかり無くなっていました。台風で折れてそれから根元から切っちゃった様です。オリジナルの樹の根元には祠は存在してなかったので、この撮影のた

  • 中峯一本桜を見に行った

    3年前の同じ時期に、偶然この桜を発見しました。発見というと大げさですが、それはもともと地元にあった木を、たまたま通りかかった自分が見つけたというものです(笑)しかし、同じ日なのに3年前はまだ開花前でした。今年は全開とは言えませんがかなり咲いてます。見頃は今週末あたりかな。先週末には新聞に載ったので今日は平日にも関わらず結構な人が来てました。しかし、ここは自動車で入ってくる事が難しいのと、最寄駅からも遠いので、自転車で来るしかない自転車を愛する我々にとってナイスな場所

  • ブレーキシューの足を伸ばしたい時に

    前回の記事「DIA-COMPE DC980」で、リム面にシューが当たらず本体を削ったと記録しました。その際に、rikoパパさんよりいただいたコメントを拝読して、そもそも古いフレームだとポン付は無理だと納得したのであります。要は、 1 最近のカンチは台座からリムまでの距離が概ね32㎜で設計されている。 2 旧来のMAFACが装着されていたような昔のフレームは概ね25㎜となっている。 3 よって、DC980は昔のフレームに装着するとシューがリム面に素直に当たらない。そり

  • 川越を巡るコースの試走

    やっぱり700Cは違うな〜。トップギヤもガンガン踏めるし、どんどん進む。入間川CRを荒川に向かって下る形で走っている時です。タイヤと地面の接する面がとてもソリッドな感じがして、言わばスケートの刃に乗ってる感じ。これは心地よいしスイスイで快適だ〜!しかしそれは、概ねの皆さんが思っている通り、それは追い風に押されての事で、一旦止まって一息いれると背中からかなりの勢いで風に押されているのを感じました。これ、ピクニカ だったらどうだろ?4月10日に開催予定の「第3回

  • ふじみ・野 散輪

    だんだん暖かくなって、厚着しないでも自転車に乗れる季節になってきました。昨年から続く厄災はまだ落ち着きを見せていませんが、いつまでも屈していてはいられません。早く遊ばないと・・・、何のためにサラリーマン生活からリタイヤしたのか解らなくなりますからね。ところで、去年は幾つかタブーンツアーズを開催し皆さんにご参加いただきましたが、今年も同様に開催したいな〜と薄ぼんやりと考えております。が、もう何度も走ったコースだとマンネリとなるので新しいコースを組みれていく必要がありま

カテゴリー一覧
商用