プロフィールPROFILE

tamさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

(本文より) 指などに刺さったトゲは梅干しで取ることができる。 梅干しの果肉を患部に塗り、絆創膏を巻いておくと、数時間後にはトゲが抜けている。 梅干しは塩分濃度が高いため、塩分濃度を薄めるために体液が排出され、それとともにトゲが抜けるとされている。

ブログタイトル
興味あること
ブログURL
https://kyoumi-arukoto.hatenablog.com/
ブログ紹介文
サボテンのIQ(知能指数)知ってる?
更新頻度(1年)

248回 / 60日(平均28.9回/週)

ブログ村参加:2019/11/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tamさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tamさん
ブログタイトル
興味あること
更新頻度
248回 / 60日(平均28.9回/週)
読者になる
興味あること

tamさんの新着記事

1件〜30件

  • 【水】食塩が水に溶けるのは、化学反応が起こっているためである

    食塩が水に溶けるのは、化学反応が起こっているためである。水(H2O)→[水素+]+[酸素-] 塩(NaCl)→[ナトリウム+]+[塩素-]塩と水が混ざりあうと、水素イオンと塩素イオンが結合し、ナトリウムイオンと酸素イオンが結合するため、塩は水に溶ける。他にも、水に溶ける物質のほとんどは、上記の式で説明できる。二酸化炭素(CO2)は、炭素と酸素がほぼ180度(直線)で結合しているため結合力が強い。一方、水の水素と酸素は、104.5度(くの字形)という不安定な角度で結合しているため、結合力が弱く、塩などが混入してしまうと、水分子はすぐにばらばらになってしまう。また、水分子単体の結合力は非常に弱いた…

  • 【服飾】トレンチコートは、塹壕(トレンチ)で戦う兵士のために考案された服であるため、腰ベルトの穴は、手榴弾などを差し込むためについている

    トレンチコートは、塹壕(トレンチ)で戦う兵士のために考案された服であるため、腰ベルトの穴は、手榴弾などを差し込むためについている(第一次世界大戦)。水着のビキニは、もともと世界最小という意味でアトム(原子)と呼ばれていたが、ビキニ環礁での核実験に衝撃を受けたデザイナーは、その水着の名称をビキニに変えた。学ランのランは、オランダという意味である。 当時、西洋の学問のことを蘭学、西洋の服のことを蘭服、西洋の薬のことを蘭方薬と呼んでいた。サングラスは、もともと裁判官が使用していたもので、視線の動きを他者に悟られないようにするために使用されていた(15世紀、中国・明(みん))。

  • 【語源】ペケは、もともと中国語である

    (2019/12/22 新規) ペケは、もともと中国語である。 ペテンも、もともと中国語である。 キセルは、もともとカンボジア語である。瓦は、もともとサンスクリット語である。 皿も、もともとサンスクリット語である。 綿も、もともとサンスクリット語である。 旦那も、もともとサンスクリット語である。ちなみに、ペケは、不可(プケ)がなまってできた言葉である。 (2020/01/22 追記) ペケの由来は諸説ある。一つは、マレー語の「ペッギ(pergi)」。ペッギには「あっちへ行け」や「不要」という意味があり、それが転じて「ペケ」になったという説である。もうひとつは、中国語の「不可」。不可には「よくな…

  • 【水】氷は水に浮くが、もし氷が水に沈む性質を持っていたら、地球はすでに氷のかたまりになっていた

    氷は水に浮くが、もし氷が水に沈む性質を持っていたら、地球はすでに氷のかたまりになっていた。「全球凍結イベント」という、地球全体が凍りついてしまう現象が少なくとも3度発生している*1*2*3。このとき、地表全体と海の表面は完全に凍りついてしまったが、凍ったのは表面だけで、海の中は凍りつかなかったため、生命は生き残ることができたと言われている。もし氷が沈む性質を持っていたら、海の水は次々と凍りついていき、そのまま氷が溶けることはなかったと言われている。 *1:ヒューロニアン氷河時代 *2:スターチアン氷河時代 *3:マリノアン氷河時代

  • 【歴史】スリッパは日本発祥である

    スリッパは日本発祥である。明治初期、数多くの外国人が日本を訪れたが、彼らは靴を履いたまま畳の上に上がってきたため、畳を汚されないようにするためにスリッパを考案し、靴の上からスリッパを履かせた。

  • 【歴史】人類がパンツをはかなくてはならない理由の一つに、墜落死をまぬがれるため、というものがある

    人類がパンツをはかなくてはならない理由の一つに、墜落死をまぬがれるため、というものがある。1932年12月16日、東京日本橋白木屋の4階から火災が発生し、8階建ての建物はすぐに火に包まれた。屋上へ逃れた人々は、ロープを使って地上へ降りようとしていたが、当時の女性は和装であり、パンツをはいていなかった。ロープで降りようとすると、風ですそがめくれるため、片手ですそを押さえようとするのだが、ロープを持っていた方の手が滑ってしまい、複数の女性が墜落死した。その後、女性たちはパンツをはく重要性を認識し、パンツ着用が普及したといわれている。またこの時にはかれるようになった下着は、パンツではなくてズロース(…

  • 【商品】無添加化粧品は、防腐剤が入っていないので傷みやすい

    無添加化粧品は、防腐剤が入っていないので傷みやすい。また、化粧品の傷み具合によっては、肌のトラブルにつながることもあるため、無添加だから安心、と盲目的に考えてしまうのは危険である。そのため、「無添加」という表示だけにとらわれず、使用環境なども含めて、自分の肌にあった化粧品を選ぶことが大切である。

  • 【食物】サラダ油は、様々な植物の油を混ぜ合わせて作られている

    (2019/12/16 新規) サラダ油は、様々な植物の油を混ぜ合わせて作られている。よく用いられているのが、菜種油、大豆油、綿実油。ごま油、ひまわり油、トウモロコシ油などが使われることもある。各メーカーごとに配合割合が異なるため、風味も異なっている。 (2020/01/21 追記) スナック菓子やせんべいの「サラダ味」は、サラダ油を使ったという意味で、味は「塩味」などである。また、オリーブオイルは上級品であるため、「オリーブ油」として単独で売られている。そのため、オリーブオイルが含まれているサラダ油は、サラダ油の中では上級品とされている(他の原材料との兼ね合いにもよる)。

  • 【月】月は昔、グルグルと回っていた

    月は昔、グルグルと回っていた。しかし、地球の引力が月にブレーキをかけたため、月は次第に自転速度を弱め、現在では同じ月面を地球に向け続けている。また地球自身も、月の引力によってブレーキをかけられてしまったため、現在の1日の時間は24時間となっている。もともと、地球の1日は6時間だった。もし月がなかったら、太陽の引力によるブレーキしか働かなかったため、その時の地球の1日の時間は、8時間だったと計算されている。また地球上の生物も、8時間で1サイクルの生活(起床から睡眠まで)を送っていただろうといわれている。また、1日8時間の地球は、自転速度が速いため、地上には強風が吹きあふれていたとも言われている。

  • 【水】水道水よりも、ミネラルウォーターの方が安全性は低い

    水道水よりも、ミネラルウォーターの方が安全性は低い。水道水は「毎日飲み続けること」を前提にして作られているため、管理基準はかなり厳格なものになっている。一方、ミネラルウォーターは「たまに飲む」ことを前提にして作られているため、管理基準は水道水よりも甘くなっている。たとえば、ヒ素(猛毒)の混入基準については、ミネラルウォーターの方が、水道水の混入基準よりも5倍もゆるい。

  • 【世間】左利きの人は、右利きの人よりも短命である

    左利きの人は、右利きの人よりも短命である。医学的には、右利きでも、左利きでも、寿命に差はない。しかし、世の中に存在するもののほとんどは右利き用として作られているため、左利きの人は、車にひかれたり、機械に巻き込まれたりしやすいといわれている。アメリカの研究によると、左利きの方が、事故による死亡率が4倍も高く、9歳も短命だという結果が出ている。

  • 【化学】甘いものは別腹、は化学的に証明されている

    甘いものは別腹、は化学的に証明されている。たとえ満腹状態であったとしても、ケーキなど、自分の好きなものが出てくると、脳は中枢神経を使って、オレキシンというホルモンを分泌する。オレキシンは胃に働きかけ、胃の中にあるものを小腸へと送り出し、ケーキが入るだけのスペースをしっかりと空けてくれる。

  • 【商品】コラーゲン入りの食品が数多く販売されているが、その食品に含まれるコラーゲンがどのような形になっているかを確認しておかないと、効果を得られない場合がある

    コラーゲン入りの食品が数多く販売されているが、その食品に含まれるコラーゲンがどのような形になっているかを確認しておかないと、効果を得られない場合がある。まず、前提知識として、コラーゲンそのものは胃腸で吸収されることがないため、摂取しても無駄である。胃腸に吸収されるのは、コラーゲンペプチド。コラーゲンペプチドは、コラーゲンを少し分解した形のものであるため、胃腸でも吸収することができ、美肌効果にも役立つといわれている。また、コラーゲンを少し分解した形のものとして「ゼラチン」と呼ばれるコラーゲンの形も存在する。しかし「ゼラチン」の方には、美肌効果につながる研究結果が見当たらないため、購入時には、本当…

  • 【歴史】日本初のラジオドラマ『炭鉱の中』は生放送であったため、数多くの伝説が生まれた

    日本初のラジオドラマ『炭鉱の中』は生放送であったため、数多くの伝説が生まれた。放送が行われたのは、大正14年8月13日。役者たちは、舞台衣装をしっかりと着込んでから放送にのぞんだ。マイクは一つしかなかったため、役者たちは入れ替わりでマイクの前に立ち、マイクに近づいたり、離れたりしながら音の強弱をつけた。エコーが必要なシーンでは、太鼓に向かって声を出し、エコーの効果を出した。炭鉱内で出水があったシーンでは、たらいに張った水をストロー(のようなもの)で吹きまくり、みんなで酸欠状態になっていた。炭鉱が舞台のドラマだったため、アナウンサーが「このドラマは炭坑の中が舞台ですので、お聞きの方は電灯を消して…

  • 【色】日本人は、緑色のことを青色と呼ぶことがあるが、とある警察官が緑色を青色と言ってしまったために、三億円事件の犯人は犯行現場から逃げ切ることに成功した

    日本人は、緑色のことを青色と呼ぶことがあるが、とある警察官が緑色を青色と言ってしまったために、三億円事件の犯人は犯行現場から逃げ切ることに成功した。三億円事件が発生したのは、1968年12月10日。緑色の車で逃走している可能性があることを知った警察官は、すぐにそのことを本部に連絡したが、「青色の車」といってしまったため、捜査本部は青色の車を重点的に確認するように指示を出し、緑色の車は捜査対象外にされてしまった。

  • 【歴史】帝政ロシア時代末期、喧嘩などで死人が出ると、パルプ製造用の釜の中に死人を落として人体を溶かし、証拠隠滅をはかっていた

    帝政ロシア時代末期、喧嘩などで死人が出ると、パルプ製造用の釜の中に死人を落として人体を溶かし、証拠隠滅をはかっていた。パルプ製造用に使用されていた苛性ソーダは、人の肉も骨も完全に溶かすため、証拠隠滅にもってこいだった。しかし人体には、リンが0.2%含まれており、苛性ソーダで溶かしてもリンは消えず、簡単に検出されてしまったため、犯行はすぐにバレた。

  • 【商品】こたつは、赤外線によって暖められているが、赤外線は人間には見えないため、暖かいものにあたっている気分を出すために、赤色のランプが灯されている

    こたつは、赤外線によって暖められているが、赤外線は人間には見えないため、暖かいものにあたっている気分を出すために、赤色のランプが灯されている。こたつだけでなく、赤外線を使用している電気ストーブなども、同様の理由から赤色のランプが搭載されている。

  • 【社会】「紛争ダイヤモンド」と呼ばれる血塗られたダイヤモンドが存在する

    「紛争ダイヤモンド」と呼ばれる血塗られたダイヤモンドが存在する。紛争ダイヤモンドとは、内乱(戦争)が起きている地域で取れるダイヤモンドのことで、売却益がそのまま新たな武器の調達資金になるところから、戦闘を長期化させる一因となっている。そのため、国連の働きかけにより、国際的な取り引きが禁止されている。1990年代、世界に流通しているダイヤモンドの15%は、紛争ダイヤモンドだった。現在は、約1%とされている。

  • 【物理】水素は、圧力をかけると金属になる可能性がある

    水素は、圧力をかけると金属になる可能性がある。金属水素と呼ばれており、中心部が高圧である木星には、金属水素が含まれていると言われている。木星内部に含まれている金属水素は九重水素(9H)。現在、地球上では、七重水素(7H)の合成まで実現できている。ちなみに、水素爆弾に使われているものは、二重水素(2H)や、三重水素(3H)である。

  • 【歴史】中国の歴代皇帝は、不老不死の薬を飲んで、よく死んでいた

    中国の歴代皇帝は、不老不死の薬を飲んで、よく死んでいた。不老不死の薬に使われていたのは、辰砂(しんしゃ)と呼ばれる赤色の粉末で、辰砂は硫化水銀から作られる。硫化水銀は漢方薬にも使われているため毒性は低いが、当時の不老不死の薬には不純物が多く含まれていたため、猛毒の水銀もまぎれこんでいたとされている。そのため、不老不死の薬を飲み続けているうちに体内に水銀が蓄積し、死亡したといわれている。ちなみに辰砂は、紫禁城の壁面にも塗られており、中国特有の赤色の壁を作り出している。また辰砂の学名は、和訳すると「竜の血」である。日本では、白粉(おしろい)に水銀が使われていた。白粉は、奈良時代に中国から伝来してお…

  • 【物理】宇宙で一番気温が低い場所は、地球上に存在する

    宇宙で一番気温が低い場所は、地球上に存在する。物理的な最低気温は、絶対零度(0K=ゼロケルビン)になるが、宇宙の気温は3Kに収束するといわれている。3Kは自然が生み出した気温であるため、それ以下の気温になることは滅多にない。しかし人間は、意図的に気温を作り出すことができるため、「100万分の1K」という超低温を人工的に作り出すことに成功している。

  • 【医学】コエンザイムQ10は、もともと医薬品だったが、医薬効果が認められず、医薬品から除外された無用の薬でしかないのに、なぜか健康食品として売り出されている

    コエンザイムQ10は、もともと医薬品だったが、医薬効果が認められず、医薬品から除外された無用の薬でしかないのに、なぜか健康食品として売り出されている。健康食品(健康維持、老化防止、美肌効果)としての効果を発揮するためには、体内の活性酸素を抑制する力が必要だといわれている。コエンザイムQ10には、細胞内のミトコンドリアに働きかけて、エネルギーを効果的に生成させる力は備わっているが、活性酸素を抑える力はどこにもない。そのため、コエンザイムQ10を健康食品として摂取しても、期待する効果は得られないと思っておいたほうが良い。また、コエンザイムQ10以外にも、そういう「医薬品崩れ」が、健康食品として販売…

  • 【体】人間は、舌の味覚よりも、鼻の嗅覚の方で食べ物の味を判断している

    人間は、舌の味覚よりも、鼻の嗅覚の方で食べ物の味を判断している。そのため、鼻をつまんで食事すると、嗅覚が働きにくくなるため、味がわからなくなってしまう。風邪を引いて鼻が詰まっているときも同様の状態となる。

  • 【体】盲腸は、長い間、必要のない(退化した)器官であるとされてきたが、実は免疫機能を高める大切な役割を担っている

    盲腸は、長い間、必要のない(退化した)器官であるとされてきたが、実は免疫機能を高める大切な役割を担っている。虫垂(盲腸)は、発達したリンパ組織を持っており、腸内細菌のバランスをとることで、免疫機能を高めることに貢献している。また胎児期には、生命の維持に不可欠なアミノ酸やホルモン(べプチドホルモン)を生み出しており、体内環境の調整に役立っている。そのため、虫垂炎などで虫垂(盲腸)を取ってしまうと、体内環境のバランスが崩れてしまい、体調を崩しやすくなってしまう。

  • 【商品】トクホ(特定保険用食品)に指定されていた食用油「エコナ」は、発がん性が疑われた結果、現在では事実上の販売停止となっている

    トクホ(特定保険用食品)に指定されていた食用油「エコナ」は、発がん性が疑われた結果、現在では事実上の販売停止となっている。発がん性が疑われたのは「グリシドール脂肪酸エステル」という物質。この物質自体には発がん性はないが、体内の消化酵素と結びつくことにより、発がん性物質である「グリシドール」に変化するのではないかという懸念が浮上した。それを知ったメーカー側は、トクホ指定を取り消そうとしたが、当時、トクホを取り消す(再審査する)システムがなかったため、そのこと自体も問題となった。また、発がん性を疑われるような商品が、どうしてトクホに指定されたのかも問題視された。5年にわたる調査の結果、エコナを使用…

  • 【歴史】17世紀のヨーロッパでは、マントやハイヒールは、大便から衣服を守るために使われていた

    17世紀のヨーロッパでは、マントやハイヒールは、大便から衣服を守るために使われていた。当時、人々の家庭にはトイレがなかった。そのため大便は、2階や3階から地面に向かって投げ捨てる、ということが当たり前のように行われていたため、人々は飛来物から衣服を守るためにマントを着用していた。また地面は汚物まみれになっていたので、ハイヒールを履いて、スカートのすそが汚れないようにしていた。そのため、当時のハイヒールには、かかとだけでなく、つま先にもヒールがついていた。約2000年前、古代ローマ帝国時代には、上下水道が整備され、家庭用トイレや公衆トイレも整備されていた。しかし、北方ゲルマン民族により古代ローマ…

  • 【医学】抗生物質を服用すると、有益な腸内細菌が死滅し、悪玉菌が活動しやすい腸内環境になるため、下痢になりやすい

    抗生物質を服用すると、有益な腸内細菌が死滅し、悪玉菌が活動しやすい腸内環境になるため、下痢になりやすい。また抗生物質そのものにも、腸を刺激したり、水分吸収を抑えたりする作用があるため、さらに下痢は進行する。下痢には、経口補水液を飲むと良いとされる。経口補水液は、下痢のほか、脱水症状にも効く。

  • 【誤認】焼き魚などの焦げを食べてもガンにはならない

    焼き魚などの焦げを食べてもガンにはならない。1978年、国立がんセンターが「焦げた部分は避ける」ことと発表した結果、焦げを食べてはいけないという風潮が世の中に浸透した。しかし、2005年、同センターは、研究結果に誤りがあったとして、がん予防に関する記述から「焦げ」の項目を削除した。焦げで、がんになるためには、体重の4倍もの焦げを毎日食べ続ける必要がある。

  • 【医学】1900年頃イギリスでは、サナダムシを腸内に寄生させるダイエットが流行っていた

    1900年頃イギリスでは、サナダムシを腸内に寄生させるダイエットが流行っていた。ダイエットを成功させるために、サナダムシ・タブレットも売られており、スタイルを気にする女性たちが挑戦していた。化学的に分析してみると、寄生虫症に感染することで食欲が低下するし、また、サイトカインという免疫系の化学物質の分泌が高まり、それにより食欲が低下するため、痩せられる。そのため、サナダムシダイエットは効果があるということになるが、サナダムシの幼虫が脳や脊髄などに寄生すると、致命的な結果を招くことになるので注意が必要。

  • 【生物】チョウとガは、呼び方が違うだけで、同じ昆虫の仲間である

    チョウとガは、呼び方が違うだけで、同じ昆虫の仲間である。チョウとガは、どちらもチョウ目(鱗翅目)に分類される。チョウとガの定義は明確には確立されていないが、基本的には、人間が綺麗だと判断したものが「チョウ」になり、それ以外のものが「ガ」になる。

カテゴリー一覧
商用