プロフィールPROFILE

みりんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
みにまるみりん
ブログURL
https://mirin9.hatenablog.com/
ブログ紹介文
30代からのミニマリストのブログ 節約生活 収納術 節約レシピ 哲学 シンプルライフ ささやか おだやか 環境音 音楽 アコースティックギター
更新頻度(1年)

14回 / 14日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/11/23

みりんさんのプロフィール
読者になる

みりんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 70 360 200 580 290 610 350 2,460/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,559サイト
ミニマリスト志望 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 355サイト
ミニマリスト(30代男性) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 52サイト
ミニマリスト 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,474サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 4,764位 4,374位 4,351位 4,449位 5,150位 5,323位 5,991位 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 70 360 200 580 290 610 350 2,460/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 378位 350位 349位 356位 406位 410位 450位 66,559サイト
ミニマリスト志望 10位 10位 10位 10位 12位 12位 14位 355サイト
ミニマリスト(30代男性) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 52サイト
ミニマリスト 109位 104位 106位 105位 111位 112位 114位 1,474サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 70 360 200 580 290 610 350 2,460/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,559サイト
ミニマリスト志望 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 355サイト
ミニマリスト(30代男性) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 52サイト
ミニマリスト 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,474サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みりんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みりんさん
ブログタイトル
みにまるみりん
更新頻度
14回 / 14日(平均7.0回/週)
読者になる
みにまるみりん

みりんさんの新着記事

1件〜30件

  • ミニマリストは「本番」でも「準備」でもなくそれ以前の問題にたどり着く方法だと思う。

    準備で勝負は決まるという。 しかしミニマリズムは準備ですらないと思う。 分析、把握、土台作り。 そういったものだと思う。だから、その考え方自体を強く発信する事自体が本当は少しナンセンスなのかもしれない。 だってそれはただ自分を知っていく行動なんだから。 生きていくための主軸の考え方とはまた違うから、そう思います。 僕には友人のドラマーがいます。はたからみたら彼はミニマリストだと僕は先日思いました。彼は自分の部屋には電子ドラムだけがぽつんと置いてある。 その他のものはない。本も共有スペースに少し。服も僅か。 しかし彼は自分がミニマリストという考えすらない。 「俺はドラマー」 彼はそう言っていた。…

  • 節約は不労所得と同義

    こんばんは、ミニマリストのみりんです。 いきなりばーんと発言しちゃおうと思います。 節約とは不労所得とほぼ一緒である。みりを。 よく考えてみてください。僕らのような小市民はお金なんて簡単に稼げません。Twitterをみても、雑誌を見ても、副業なり、フリーランスなり、騒がれている昨今でございますが、苦しくない節約こそ、まず収入を増やす第一歩だと思いませんか? 株で一か月1万稼げるようにならなくても、1万円自然に節約することによって、稼がなくても良くなるんです! そして僕はミニマリストかつ、いつだって仕事なんて辞めてやるぜくそが!と思っている人間なので、そういった手段を調べに調べました。 それを今…

  • 物を多分1000は手放したけれど、一つとしてまだ手放さなければよかったと思っていない

    こんばんはミニマリストのみりんです。多くのものを手放しました。 ソファー、クロスバイク、服の収納ボックスを3つ、本棚を1つ、服を50着、本を400冊、CDを200枚、ギターを2本、ベースを1本、読書灯、靴を8足、その他いろいろ色々。 そして自分でも驚いているんだけれど、一つとして「あーあれ捨てなきゃよかった!」というものがないんです。 速攻で買うだけだったが、使い捨てマスクを捨てた後に買わなくてはならないことがあって、その時くらいかもしれない。それも後悔ではなくて「あ、買わなくちゃいけない」みたいな意識でした。 部屋の少ない収納を開けるたびに、そのどれもがお気に入りではまだないにしても「必要だ…

  • ミニマルな引っ越し、出来るかな

    ミニマリストになったから引っ越しも楽だろうと、思って引っ越ししようと一か月前に思いたった。やはり固定費である家賃は最大の浪費の敵である。 僕には4つの選択肢が自分の前に広がっていた 近くの狭い物件に引っ越す 職場の近くで現状ほどの家賃で、今より狭い部屋に引っ越す 20分ほど通勤も遠くなるが、関東の最安値の地域に引っ越す 現状維持で地道にものを減らす 1.近くの狭い物件に引っ越す ミニマリストになったので、部屋が狭くて良い気がした。ある程度近くで部屋を小さくして、ミニマルに暮らす。友人も近いし、土地柄も分かっている。 これはもっとも有力。しかし、なかなか同じ利便さの物件は難しい。 2.職場の近く…

  • ミニマリストになって僕は何も好きじゃないし、嫌いじゃないと分かってしまった

    自分を少し見失った。 物を多く手放してなんでもできるようになって、今まで自分だと思っていたものが自分ではなくなって、キャラクターが曖昧になっている感覚がある。 さきに一度結論を書くけれど、 僕は何も必要じゃないし、何も好きじゃないという虚無な感情を理解してしまったんだと思う。 たくさんの本が、たくさんの服が、たくさんの楽器が、たくさんの求めているものが、自分の周りであなたはこんな人間だよ。好きなものは多分こんな感じで、嫌いなものはこんな感じなんだと思うよ、と伝えてくれていた。 例えば人はいろんな括りでくくられる。 そんな基礎となる部分。 まずは大人と子供。男と女。身長が高い、低い。年収が高い低…

  • ミニマリストみりんの11月家計簿公開

    こんばんは、ミニマリストのみりんです。 この家計簿を見ると、ミニマリストだとこれくらいの家計簿になるよ。あとは一般的な30歳の男性のお金の支出を把握できます! してどうするんだよ! ま、まあ! 見てくれた人にも、こんな意識でやれば節約できるな」と参考にしていただけたら嬉しいです! 僕自身も自分自身の良かった点や反省点を見直して、お金の出入りをしっかりと意識するという意味でも毎月月末にこの記事を投稿していこうと思っています。 使っているアプリはこちら! 楽な家計簿。 僕は都内で製造メーカーで事務の仕事をしています。全然お金に余裕はありませんが、彼女がいて友達もいます。無理なく、それでも一番少ない…

  • 塵も減らせばミニマリズム

    ミニマリスト、と名乗ってみたのはかなり部屋が片付いて、もう名乗っても他人からみてもそのレベルだろうな。って思ったからでした。 今も毎日僕は何かを捨てて何かを選んでを繰り返して、そして自分の回りの事を多く知っていけてると思います。 子供から大人に育っていく途中でいつのまにか僕らには本当に色々なものが勝手にくっついてきて、そしてそれが自然な状態だと思い込んで、自分を見つめ直す機会が少ないのかもしれないと思いました。 だって見つめ直さなくても生きていけるから。 そして人間はほとんどの場合現状維持を好みます。だって動かなければ失敗はしないし、今だってそれなりに、やっていけてるから。 それでも僕は一つず…

  • 手ぶら出勤をお勧めするミニマリスト

    週に半分ほどはほぼ手ぶらで出勤するようにしています! それを僕は、めちゃくちゃお勧めしたいと思っています。 これをするだけで僕の日々の生活はかなり幸せになりました。 以前までの僕はこんな感じでした。 満員の電車でビジネスバックを体に痛いくらい押し付けられ、ふらふらにしながら顔をちょっと横に向けると有線のイヤホンコードが誰かに引っ張られて駅のホームに携帯が落ちそうになる。 鞄からちょっと手帳を取り出そうと動くだけで舌打ちされ、会社まで歩く際にビジネスバックが肩に食い込み、出勤するだけでうんざりとした気持ちになり、朝からHPがもうすでに黄色!みたいな毎日でした。 そしてそれが当たり前だと思っていた…

  • 1いいね1円に変わるSNSを一か月やってみて思った事

    こんばんはミニマリストのみりんです。 ミニマリズムではなくて、本日は節約の記事になります。 みなさんはポップルというSNSをご存知でしょうか。 節約をする方の間でじわじわと広がっているアプリで、なんと1いいねを1円に交換できるアプリなんです。 いいねを自分が1回おこなっても1円。 いいねを誰かに1回してもらっても1円です。 ユーザーは写真をアップして一言を添えることができ、インスタグラムとかが雰囲気としては近いSNSのように感じられます。 ユーザーは以下の制限を掛けられています。 1日、写真5投稿まで出来る。(ただし広告を見る事で10投稿まで可能) 1日、30いいねまで出来る。(ただし1いいね…

  • マルチタスクとシングルタスクのミニマリズム

    マルチタスクとシングルタスクの違い。 「あれもやらなきゃいけない」「これもやらなきゃいけない」と頭が散らかっていると、マルチタスクならどんなにいいだろうと思った。 仕事はすすまない! 仕事にとりかかっても別の案件が飛び込んでくる! 別の不安をよぎる! 非常に効率がそがれて、マルチタスクな自分なら混乱しないですむのにと思ったこともあった。 しかし調べてみるとマルチタスクとは本来無いという事実にぶつかった。 当たり前だけど、人間は一度に複数の事を考えられない。 オレンジ色を想像している瞬間にカーキ色を頭に差し込めないように。 男女で女性のほうが同時進行で物事を進められやすいという考えはあるそうだが…

  • 僕が時給3円のバイトをする理由

    こんばんはみりんです。 みなさんは楽天チェックというアプリをご存知でしょう か。楽天が運営する「お店に行くだけで楽天ポイントが貯まるというサービスの事です。楽天ポイントは1P1円として様々なお店で使う事ができます。 ポケモンGOのようにチェックポイントへ毎日いくと実際にお買い物で使えるポイントがもらえると想像してもらえると嬉しいです。 これを僕はとってもおすすめしたいなぁと思っています。 今はこんな場所でもらえるみたいです。 ● コンビニ:ローソン/ポプラ● スーパー:マルヨシセンター/サンシャイン/どんたく/マルフジ/マツゲン/プラッツ/パークス/オギノ/ジョイス/ロッキー/いなげや● 百貨…

  • 書評「働く君に伝えたい『お金』のの教養 人生を変える5つの特別こ」

    書評「働く君に伝えたい『お金』のの教養 人生を変える5つの特別講義」 「将来の不安」とは「お金」の不安であるという書き出しで始まる。 ライフネット生命にてCEOを務めている出口さんが質問者に対して、回答をしていくという本。 講義は五講によって行われる。 「知る」「使い方」「貯め方」「殖やし方」「稼ぎ方」である。 この五項目のまとめと、それを読んで思ったことを書いていきます。 「知る」 メディアから植え付けられた不安を解いていく。日本全体が「未来に希望をもっていたバブル世代」から「未来に希望が持てない現代」へと時代に変わった訳だが、そもそも社会が上向きの状態というのは歴史的に読み解いて「普通」で…

  • ミニマリストと読書習慣の付け方

    上記の写真は僕の実家の本棚である。漫画と小説だらけ。昔から漫画が大好きで、中学生からは「小説」を定期的に読むようになった。数年前からは「ビジネス書」「エッセイ」「自己啓発本」その他、なんでも読むようになった。 そんな自分の読書習慣がより加速している事に最近気が付いたので、その事を書こうと思う。 ミニマリストになってから出来るだけ本を買わなくなった。 しかし、読書の数量は相当増えた。以前までは年間20冊程度だったが、ミニマリストを志したここ1年は月に6,7冊ほどは読んでいるから年間75冊くらい。 異様に増えた読書習慣について自分なりにどうして増えたのかを考えてみた。 ①図書館を利用するようになっ…

  • 装飾品を付けないミニマリズム

    半年ほど前から、ネックレスも指輪もしまいには時計すら着ける事を辞めた。 誰かが持っている高級な時計や、装飾品を僕は一時期羨ましいと思っていたし、自分のできる範囲では体につけていた。 それが当たり前だと思っていたし、同時にきらびやかな装飾品を付けられない自分が少し寂しくも思っていた。 しかし、よくよく考えてみる。僕は誰かを判断する時、装飾品で相手を判断するだろうか。 まったくしていないよなあって。 素敵な人は人格で判断するし。もしくは美しいと思う姿はきちんと綺麗な恰好をしているかとか、きちんと運動をしていて締まった体をしているかとかそういう場所でしか判断はしていなかった。 そう、まったく装飾品の…

  • ミニマリズムは依存からの脱却

    ものをどんどん捨てていくと依存からの脱却を感じた。 一番それを感じたのはずっと着続けていたアウターを実家に送った時だった。 それは卒業祝いとかで母から贈ってもらったバブアーのジャケット。ずっと一緒に過ごしてきた衣服を自分だけの選んだものに統一してみようと思って、気に入らないという訳ではないけれど。今、とても大好きな服かと言われると疑問だったので、手放すことにした(さすがに捨てられず実家に郵送した)。 実家に送ったと母に連絡をすると、少しだけ寂しそうなLINEの返信が来ていた。そして自分の内側で、心に貼ってあったシールを一枚ぺらりと剥がした感覚があった。 人間が一人生活していくと、いつの間にか誰…

  • 捨てると強くなる理由

    継続してものを捨て続けています。みりんです。 捨てると人は強くなっていきます。 いつだって「すぐに辞められる人」が社会では強い、という風に僕は考えています。 そしてそれには2パターンの場合が存在するとも思っています。 それは分かりやすく書くと、「強者」と「弱者」の二つです。 プログラミングスキルがあるからいつだって会社を辞められる。たくさんの人脈があるから僕はいつだって別の会社に移る事が出来る。気に入らない飲み会はいつ帰っても、俺には本当に大切な家族がいるから、行かない事ができる。 これは「強者」側のいつだって辞められる人のパターン。 そしてそれと反対の「弱者」だからこそ「辞められる」人もいま…

  • ミニマリストになった理由

    ブログを始めてみました。はじめまして、みりんです。 このブログではミニマリストに近づいていく自分の過程を記したり、その他色々を書いていく予定です。 ミニマリズムについて知ったのは1年半程前、姉から教わりました。YOUTUBEでいくつかの関連動画を見て、佐々木典土さんの「僕たちにもうモノは必要ない」を読んだところからがスタートだったと思います。 当時、すぐにミニマリストになろう!と思いたった訳ではありませんでした。それでも、ミニマリズムの考え方に惹かれました。 目の前のことだけに集中していけること。 ものをもっていなくても幸せでいられること。 本当に好きなものにだけ囲まれること。 そういったもの…

カテゴリー一覧
商用