searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

happy1222さんのプロフィール

住所
広島県
出身
広島県

2018年4月、母が認知症と診断、要介護2と判定されることになりました。 それでも、母が楽しく元気に、認知機能を少しでも維持できるように、取り組んでいます。 #介護 #デイサービス #脳トレ #おでかけ #手作り

ブログタイトル
こころも元気に。楽しくいきましょう!
ブログURL
https://happy1222.hatenablog.com/
ブログ紹介文
2018年4月、母が認知症と診断、要介護2と判定されることになりました。 それでも、母が楽しく元気に、認知機能を少しでも維持できるように、取り組んでいます。 #介護 #デイサービス #脳トレ #おでかけ #手作り
更新頻度(1年)

114回 / 107日(平均7.5回/週)

ブログ村参加:2019/11/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、happy1222さんの読者になりませんか?

ハンドル名
happy1222さん
ブログタイトル
こころも元気に。楽しくいきましょう!
更新頻度
114回 / 107日(平均7.5回/週)
読者になる
こころも元気に。楽しくいきましょう!

happy1222さんの新着記事

1件〜30件

  • 【認知症】今日・明日は、暦の上では連休。<脳トレ><認知症>

    あいにく、新型コロナウィルス蔓延中… せっかくの連休なのに、悪い病気が流行って、お出かけができなくて、残念がっている人も多いでしょう。 母もお出かけしたがっていましたが、公共交通機関を使うのは、どうかと思い見送りになりそうです。認知症患者にお出かけはよさそうなのに、残念です。ただ、スーパーには買い出しに行きますが…。 これって、矛盾もいいところです。 スーパーだって、デパートだって、ウィルスはどこにでもいるはずです。そもそも、歩く途中にでも、ウィルスが漂っているかもしれません。 報道に煽られて(特にSNSで広まる報道)、当たり前のことを当たり前と思わなくなっている自分がいます。どこが真実で、ど…

  • 【脳トレ】もし、我が家に猫がいたら… <猫の日><脳トレ><認知症>

    今日は、猫の日ですね。 最近の母は、遅起きになっています。寝る時間がだんだん長くなっているようです。 私が家で働いていること、昼間は寝ておらず傾眠とは言えないことから、ゆるく見ています。 もし、我が家に猫がいたら、「起きて!」と毎朝、起こしにやってくることでしょう。 「私がいないと起きてこない人たち」「おかしいな、集会で聞いた話と全然違う。よその飼い主は早く起きると仲間は言っていたのに。人間はかくも違うものなのか」と思うだろうなぁ。 今日は、猫の日なので、広告も猫モードが入っているようです。私が動物アレルギーですが、猫画像を見るのは大好きです。介護への不安を紛らわしてくれたり、母の猫への思い出…

  • 【マスク】なぜ、マスクをしない… <認知症>

    認知症になってから、ますます意固地になっている? 外に出かけて働く人たちにとって、新型コロナウィルスの話題は、大いなる恐怖だと思います。心労もある方も、多いのではないでしょうか。 早く解決することを、心から願っています。 認知症の母は、「新型コロナウィルス(新型肺炎)」の存在そのものが理解できません。もしくは、その場では覚えていても、すぐ忘れてしまうのかもしれませんが、恐らく存在そのものがわからないのだと思います。 新聞を見るたびに、母は「風邪が流行っている」と言います。うん、風邪で亡くなることもあるでしょうけど、新聞にあれほど大々的に載るかね?と思いますが、最近はやっている悪い肺炎で、どうし…

  • 【覚え書き】豆腐入りパンケーキ <認知症><料理>

    かさ増しとお豆腐を摂ってもらいたくて… 認知症になってから、母は、今まで以上に甘いものがとても好きになっています。 そして、その分、野菜とか豆腐とか、一見身体によさそうなものが好きでなくなっているようです。 血糖値やコレステロール値のこともあるから、身体によさそうなものは進んで摂らないと!ということで、作ったのが「豆腐入りパンケーキ」です。かさを増やして、食べた感じになること、少しでも身体に良いものを食べること、これが今回の狙いです。 ただ、お砂糖を足さないと物足りなくなるので、ちょっと残念と言えば残念です。 卵を入れて、撹拌します。 そこへお水を入れます。本来は、牛乳だそうですが、母が牛乳ぎ…

  • 血液検査 <認知症患者>

    いつも行く病院に、この度も行ってきました。 毎度いただくお薬とは、別に検査しました。 母は、先生の問診と血圧検査、のどの調子や聴診器による検査を受けています。それとは、別の血液検査をすることになっていました。 コレステロール値の検査が主ですが、同時に血糖値もわかります。 母の空腹対策でもあった、数週間、きのこ類、野菜類を増やすように心がけてきましたが、遅かったと思いました。 予想は当たり、なんと、血糖値が高めになっていると言われてしまいました。これは、普段からのお菓子の食べすぎが災いしているのではないかと思います。認知症になってから、お菓子を食べたがることが増えて、夜は食べないようにしましたが…

  • ずぼらでも、ちょっとずつ、掃除。<脳トレ><家事><認知症>

    自分が使う前より、きれいに。 これは、この間テレビで知った言葉です。 広島市内にある、禅宗のお寺にいらっしゃるお坊さんの言葉です。トイレのお掃除について、このように語られていました。 禅宗ではありませんが、良いことはさっそく取り入れるに限ります。 そのお坊さんは、トイレ掃除について、トイレを使うたびにアルコールを使うとおっしゃっていました(新型コロナウィルスが流行る前に放送されました)が、悪い病気が流行っているこのご時世、手に入れることも困難かと思います。それでも、やらないよりはましです。 母はたまに失敗するのか、それともたまには何かせんと!と思うのか、たまにトイレを掃除する音が聞こえることも…

  • デイサービスへ行く準備。<認知症><デイサービス>

    子どもさんがいる家庭だと、結構大変かと思いました。 母がデイへ行く前日、私はデイへ行くための準備をします。 なぜだか、母はかかわろうとしません。脳トレ(遅いでしょうが)のためにも、母自身が用意したほうがいいのではないかと思っていますが、なぜかしようとしません。 服 朝替えるインナー その日に履く靴下 連絡帳と昼に服用するお薬 私が用意するものは、以上です。お風呂に入ったり、何か困難なことを抱えていらっしゃる方は、もっと準備があるはずです。本当は、お風呂に入ってもらって、清潔にしてもらいたいのですが、母の抵抗があって、できません。残念です。 セーターであったまろう。 いつも、行く行かないとごねる…

  • ほかの方が発信した言葉を、読むことについて。

    いつも読んでいます。参考になります。 このブログをお読みいただいている皆さんも、ブログやSNSで書いて発信されておられることを前提に、書きます。 母の認知症発症に驚き、おののき、やはりそうであったかという思いを持ってから、1年以上経ちました。 皆さんが紡いでいった言葉を読み、自分なりに考えることで、認知症に立ち向かう勇気がわいてきます。とても参考になりました。特に、SNSでは、いつも励ましていただき、元気が出ました。 意外かもしれませんが、認知症以外のブログもよく読んでいます。 旅行に行きたい場所について、手作り、雑談など、皆さん楽しいブログを書いていらっしゃいます。気が紛れて、気分が楽になり…

  • 台北に、いつかまた行きたいね。

    思い出す、台湾の話。 母は旅行が好きで、しょっちゅう口癖のように、「どこか行きたい」と言います。 去年の台北の画像を見ては、語り合う私たち。これも、一種の回想法でしょうか。(個人的にはそうなると思っています) SNSの情報によると、台北以外にも、猫村とかカラフルなおうちがある村とか、台湾には見どころがたくさんあるらしいです。 ただ、問題はメンバーです。二人だけで行ったら、怒られるかな…。 博物館も台北101も街並みも、どの建物も素敵でした。 建築物を見るのが好きな私には、たまらかなったです。 台北101 日本人に近い味覚があるようで、どこで何を食べてもおいしかったのも印象的です。 今ならいける…

  • ちょっとずつ、縫っていく。<脳トレ><手芸>

    なぜ、返し縫いが好きなのか… 以前から、私は手芸が得意ではありませんでした。今でも、編み物はできません。 ただ、縁があって、簡単な作りのバッグや洋服を作るようになって、今も元気な時は何か縫うように心がけています。 並み縫いも早く縫えて、形になので好きなのですが、返し縫いを縫っているうちに好きになりました。丈夫で見た目が綺麗だからです。刺し子糸を使うと、よくわかります。 刺し子糸は太いので、セルフ針は使わないようにしました。 返し縫いは、時間がかかるし、糸を結構使ってしまいますが、それはそれで味わい深いものになります。 私がちくちく縫っていると、いつも母は「これを縫って、どうするの」と聞いてきま…

  • 久しぶりの(?)クラウドソーシング。<脳トレ><認知症>

    脳トレも兼ねているクラウドソーシング。 昨日のニュースには、驚きました。まさか、再びあんなことをするとは思わなかった…このところ、ニュースを見ると、驚く( ゚Д゚)ことが多いので、チャンネルを合わすのに、緊張感があります。高齢女性が新型肺炎で亡くなったニュースも、衝撃でした。 動物番組を見て、笑っていたところに、速報が出てきた瞬間衝撃…母がいる身には人ごととは思えませんでした。 話がそれました。今日のお題に戻ります。 私は本業があることと、認知症のため不安がる母のいることで、クラウドソーシングは「できるときにやる」ぐらいです。武士の傘張りどころではありません。本業にしろ、副業(と言えるほどして…

  • 何だろうな?「2回分」

    ごみステーションで、見てしまったものとは… 朝から、もやもやしたお話でした。 特に話し合ったわけではありませんが、ゴミ捨ては私です。粗大ごみも出てきたので、やはりクルマの免許はあったほうがいいな、と思うことも出てきました。 話を戻します。 先日、ゴミステーションで、 「2回分」の文字が見えてしまいました。ちらりと見えたその文字と袋の端から、おむつが入っていただろう袋に印字された文字かと思いました。子どもだろうか、大人だろうか、それ以上見えないからわかりません。朝から気になる文字を見てしまった、そんな感じです。 確かに、ご近所に1歳過ぎた子どもがいるから、その子が使っていたおむつのパッケージなの…

  • 先生の気持ちがわかる。<認知症>

    こだわりの強さには、ヘトヘト。 今、オリーブオイルがあるのですが…もちろん、私が買ったものではありません。 「満中陰志」の一つとして、いとこから贈られたうちの一つです。お醤油などとセットになっていたのです。 毎日のように、オリーブオイルを見ては、母が聞きます。「お返しとしていただいたよ」というと、「誰から!?」 そこで、昨年、父の弟であるおじさんが亡くなって、仏参り(お葬式に行けなかった人が、のちにお参りさせていただくこと。恐らく、岩国方面の言葉かと思われる)に行ったこと、その際、心ばかりのお供えとお香典を渡したことを話します。これが毎日です。苦行になってきています。 これ以上、聞かれたら、オ…

  • イラストを描くのは難しいですね。<認知症><脳トレ>

    いつも描いているイラストですが… 介護職の皆さんへの感謝の気持ちをお伝えするのと、笑っていただければいいなぁと思って、デイの連絡帳に日頃のお礼とともに、簡単なイラストを添えています。 いつも下手です!😲威張って言います😀 かれこれ1年半になるでしょうか。ここまで描けているのは、まだ私にイラストを描ける心理的・体力的余裕がある証拠かもしれません。母の認知症があまり酷くなっていない証拠でもあり、なんといっても、介護に携わるすべての方のおかげでもあると言えます。 SNSなどで、素敵なイラストを見ると私もあれぐらい描きたいと思いますが、まだまだ道は遠いです。よく、1万時間の法則などと聞きますが、それに…

  • 認知症がなくなれば…私の切なる願い。

    認知症がなくなれば… のんきそうに見える私ですが、介護離職を考えることがあります。もしくは、デイの回数を増やすとか。 デイに行かない日は、私は別室で仕事をします。 いるはずの人間がいないためか、何度も私を呼び掛けたりします。そこで、紙に今日の用事を書きますが、物忘れより不安感が勝るようです。 そんな時は、介護離職する人の気持ちがじわりとわかりかけます。もっともっと、辛くなって、行き場がなくなって、職を手放すことを考えるんだろうと想像します。 認知症がなくなればいいと思う理由は、発症してからの悲惨な姿と介護離職があります。認知症がきっかけで、介護離職をする人は多いと聞きます。そして、多くの専門家…

  • 母に感謝ですね。<認知症>

    感謝を忘れないように… 私は、お出かけによる、脳が刺激される脳トレ効果を狙って、週に1回は母と一緒に買い物に出かけていました。理想は、クルマ(車種問わず)で母を連れて、買い物や病院、お墓参りに出かけることですが、まず肝心の免許がありません。とりあえず、足で歩くことになります。一週間分の食材を買って、帰宅することは、歩いた距離以上に歩いたような感じで、結構疲れます。 疲れ気味の私でしたが、ある方のツイートのおかげで、気が付きました。正確に言えば、視野が変わって、思いなおしたのです。 母も荷物を持ってくれるし、クルマのない私には助かることも多々ありました。私も、話もできて、楽しんでたのです。母と一…

  • パジャマのパンツが焦げてしまった

    電気ストーブには、要注意です。 いつも母がいない時は、お洗濯タイムとしています。そして、冬は乾きが悪いので、私の部屋で乾かします。よせばいいのに、電気ストーブでパジャマを乾かしました。 なんか、焦げ臭いと思っていたら、母のパジャマを焦がしてしまいました。穴が開いてしまった…私の失敗です。 正直に母に詫びを入れ、もう一つ部屋着兼パジャマのズボン代わりにしていたものを母に貸し出しました。母は焦がしたことにぷりぷりしましたが(当然です)、それ以上にはなりませんでした。ごめんね、母。 とりあえず、ウォッシャブルタイプのフェルトを使うことにしました。 別に洗えるタイプの布なら何でもいいと思います。 「い…

  • 母の主張 <認知症><病院付き添い>

    一人で出かけられる!といつも言います。 病院や歯医者さんに行くとき、私もいつも付き添います。転ぶ危険性もありますし、いつ帰れなくなることだってなくはないからです。 通院する際、必ず「一人で行けるから!」と言い張ります。 「私も行くよ♪」と言いますと、 「いや、一人で行けるから!私がそんなにぼけた?」などと、切り返してきます。 切り返すあたりは、しっかりしてみえますが、実際はそうではありません。 立派にぼけてますよ(苦笑)、と言い返したいですが、そこはこらえて、 「いや、親戚のおばさんみたいになったら、困るでしょ?だから、私もついていく。」 と言います。すると、素直になって、「じゃあ、ついてきて…

  • 誰か、家事について簡単にできる方法を…<認知症><家事><脳トレ>

    基本的なこと、簡単なことができるくらいになれば、と思います。 最近、よく思うことがあります。 患者の家族も、うまく家事ができないこともあるんじゃないか…と思うのです。私だけかもしれませんが…。簡単な家事ができれば…。 でも、前みたいに暴れるさんとか、BPSDが酷い人が家庭にいたら、それどころじゃない気もします。 まだ会話ができるとか介護者に少し余裕がある場合、患者本人にも手伝ってもらうとかすれば、頭を使って良いような気もするのです。 家庭に一人、ヘルパーさんほどはなくても、家事スキルのある人がいれば、家の中はだいぶ違ってくるのではないかと思います。 一人を家事のリーダー役として、ほかのメンバー…

  • できないながらに、やってみた。<覚え書き><認知症>

    美味しかったから、よしとしよう…簡単鍋。 家事ができないなりに、ちょっとでもやってみようと思い、作ってみました。 これは、鍋料理といっていいのか、わかりません。 1、昆布を投入、だし汁をつくる 2、だじが出たら、昆布を取り出し、適当に鶏肉を投入。あくをとる。 3、ある程度、ゆだったら、しめじ、豆腐の順に投入。 塩味で、適宜味を調える。 よそったら、しょうゆで味を調える。 ポイント 過食気味の母のために作りました。結構、食べた感じがしたので、正解だったと思います。 正直、材料はお肉と野菜だったら、おいしくできそうな気もします。スーパーで買ってきたもの、冷蔵庫にあるもので十分いけそうな感じです。だ…

  • 寂しくならないように…<認知症><不穏>

    母の場合、一人でいると、とても寂しくなるようです。 普段、私は2階で仕事をしています。 食事は階下でとりますが、それが終わると上に上がるわけですが、その都度母は「寂しい」と訴えます。いや、同じ建物だし、そんなに大きい建物じゃないし、と思いつつ、また降りるからね、と言っていました。 寂しくなると、母は不穏な行動に出がちです。郵便物が来ていないか、何度も見に行ったり、仏壇の中を変えたりするようになります。私の家は田舎にありますので、そんなに一日何度も何十回も郵便局の人が来てくれるとは到底思えません。(都心部でもそんなに来ないと思いますが、いかがでしょうか) 一番困ったことは、大きな声で名前を呼びな…

  • 威張って言えませんが…目標が一つ達成(?)できたこと

    いつの間にか、できるようになってきました。 今更言うわけではありませんが、私は結構ずぼらです。もし、アラブの大金持ちのように、お金があれば、だらだらした生活を送っていそうな人間です。(そう思うとお金があっても、仕事に慈善事業に勤しむ皆さん、すごいと思います) いつまでもずぼらなままでは、人間的に問題があるでしょう、いやありますし、ケアマネさんやデイの職員さんから問題がある家庭のように思われたくなかったし、姉から怒られることを減らしたかったし(よくチェックしては苦言…まぁ、私がずぼらなせいですが)、これは何とかしないといけないと思っていたところに、新年を迎えました。 やりたいことは、ずっとやって…

  • いつの間にか…でした。<認知症><脳トレ>

    記事数が300を超えていました。 最近になって、気がつきました。よく書くネタが続いたなぁと思いつつ、これも母や周囲の方々のおかげで、ここまで来れたのだと思います。 書くことや、同じはてなブログやブログ村の皆さんのブログを読むことで、認知症という治らない病気であっても、メンタルがあまりダメージを受けずに済んだこと、割り切れるようになったこと、自分の日々を改めて振り返るいいきっかけにもなりました。 ブログやSNS経由で知り合った方々からの情報で、不出来な私でも、介護への知識を積み重ねていくこともできました。介護の大変さを知ることで、デイの職員さんにも感謝の気持ちがわいてきました。もし知らなかったら…

  • 爪切り・その後 <認知症>

    足の爪切りを、やっと終えました。 この間、病院へ行って、そこの先生から「爪を切っておくように」と言われた私たち母娘。当然母は覚えていないので、私が爪を切りました。 お風呂に入ろうとしないこともあって、足元からよろしくない香りが…お風呂やシャワーをしない代わりに、デイへ行く前に熱いタオルを渡して、顔や背中などを拭いてもらっていますが、肝心の部分はどうにもありません。(お食事中の方、すみません) 「臭い」を連発しながら、爪を切っていきます。そして、爪切りを持つだけで、大騒ぎです。私が知らないだけで、誰か爪切りで死人が出たのだろうか…と思ったりしました(笑)。犬だって、おとなしく爪を切られるのではな…

  • 母と料理のはずが…<認知症><家事>

    手伝ってもらって、楽をする魂胆でした。 この日の夜、母と料理をすることにしました。生揚げと鶏肉を煮たものにします。結構な量です(笑)…ですが、促しても母は手伝おうとはしません。認知症のせいで、やる気がなくなったのかもしれません。 ただ、煮物だけでは、視覚的にも胃袋的にもちょっと寂しいかな?と思ったりして、頂き物の白菜を料理することにしました。作ったのは白菜のおひたしで、簡単に作りました。先におひたしを作って出して、その間に煮物を作ります。ほかの方のブログで気づいたのですが、母も一度にあれやこれや出されても、食べなくなったのです。 一品ずつ出すと、食べてくれるみたいです。先に野菜を食べると、おな…

  • お姉ちゃんは帰ったの?<認知症><妄想>

    我が家では、姉のことをお姉ちゃんとか、〇〇ちゃんと呼んでいます。 もうすぐ、仕事を終えようとログアウトの準備をしかけていたら、母があわただしくやってきました。 「〇〇ちゃんは?お姉ちゃんは帰ったの?」 びっくりしました。姉は3週間ほど前に来て、それっきりだったのです。そして、くるも何も、その日は母がデイと歯医者さんへ行く日ですから、会うわけがありません。 「お姉ちゃんは来ないよ、今日はデイと歯医者さんへ行った日」と私は答えました。 母は自分ながら、言ったことにぎょっとした感じでしたが、その後も同じことを言いにやってきました。何度も同じことを答える私…なんだか、いない人を見るなんて、レビーっぽい…

  • 短期記憶がすごかった。<認知症><お出かけ>

    お出かけは、母にとって良いそうです。 先日、アルパークへ行ってきました。広島以外の読者の方にご説明しますと、郊外にあるショッピングセンターのようなもので、29年前にできたそうです。 そのうち、天満屋側が経営していたほうが今月末に閉店するということで、この間行ってきました。中に入る前から、外は人でいっぱいでした。 これくらい、人が来てくれたら存続できたのに…と自分もその中の一人であることを棚に上げて、思いました。わかりやすいイメージで言えば、「〇〇ラストラン!」の時だけ、大勢人が来てくれる、あの現象と同じですね。 私は閉店する前に、母とアルパークへ行こうと話しました。名残惜しむ気持ちは特にありま…

  • 爪切り <認知症><病院>

    先生から教えていただいたこと。 先日、病院へ行ってきました。母のお薬をいただくことと、診断のためです。 血圧検査、のどを診ていただき、いつものように調子はどうだったか聞かれている最中、先生は母の爪の長さに気づかれました。 突然ですが、とても参考になりそうなブログを拝見しました。良い勉強になります! www.sakaigoyuko.com 先生「あれ?どうしたの、この爪!」 私「母が自分で切ると大見得を切ったので、任せていました。」 母「娘の言うことに従いたくなくて…(愛想笑いで誤魔化す)」 先生「だめよ、こんなに爪が長いと!転んだ時にけがの素になるからね!」 娘さんの言うことは、私の言うことだ…

  • 「認知症の本人の声」を読んで <認知症><家族>

    そういえば、本人の声はあまり見聞きしたことがありませんでした。 毎日、認知症家族のブログを読んでいます。 しかし、当事者本人がどう思っているか、あまり聞いたことも読んだこともありませんでした。 www.alzheimer.or.jp この中で、忘れがたい言葉がいくつかあります。 社会の一員として、何かの役割をもちたい。 社会の一員と認められたく、仕事がしたい。 実際には、この方が願われているような、対応は難しいように思います。 まず治らない。何度も同じことを聞かれて、笑っている人はそういません。 この方は、発症前は頭脳明晰で、性格も良い方だったのではないかと思います。 はっきり言って、認知症を…

  • デイサービスからの連絡帳 <認知症>

    母がデイから帰ってくるとき、いつも笑顔でほっとします。 朝は、〇〇が痛い、など体調の悪さを言いまくっていますが、結局楽しいようで、にこにこしながら、クルマから降りています。子どもがえりするのでしょうか、謎です。 私の一つの楽しみは、デイからの連絡帳を読むことです。 デイの職員さんが書く連絡事項には、母への優しい気持ちが文面から伝わってきます。時には、悶絶しそうなくらい、とても可愛いイラストが描かれていて、母は皆さんから大事にされているんだなと実感します。(娘がガサツなだけかもしれませんが(;^_^A))そして、同時に私も支えてもらっているんだと実感します。 今日こなしたプログラム以外にも、いろ…

カテゴリー一覧
商用