searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

海外ニュースで知る世界の流れさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
海外ニュースで知る世界の流れ
ブログURL
https://www.shibatayuko.com/
ブログ紹介文
興味のある英文記事を日本語で要約し、「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」でツイート。そのツイートの再録ブログです。英語のニュースを知り、世界の流れをつかむご参考にしていただければ。
更新頻度(1年)

101回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2019/11/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、海外ニュースで知る世界の流れさんをフォローしませんか?

ハンドル名
海外ニュースで知る世界の流れさん
ブログタイトル
海外ニュースで知る世界の流れ
更新頻度
101回 / 365日(平均1.9回/週)
フォロー
海外ニュースで知る世界の流れ

海外ニュースで知る世界の流れさんの新着記事

1件〜30件

  • デジタル中国元が、アジアと米中対立にもたらすもの

    2021年5月14日 2028年のロス五輪の時、米国がデジタル・ドルを実用化しているかは微妙。 だが中国は来春の北京五輪で、デジタル中国元をデビューさせる計画。 元の国際化は中国の悲願。 米国のように、海外から低金利で借り入れをし、元の供給を制限して競争相手を罰し、財源面で超法規的な特権を享受したいからだ。 IMFによると、米ドルのブロックは世界のGNPの4割相当、中国元ブロックは4割相当。 だが外貨準備の6割、国際貿易の5割、外国為替の取引の9割を支配する米ドルの体系が崩れるには、数十年かかる。 中国は債権市場を外資に開放、政府の管理を弱めて元の需要を喚起。 だが安全な資産と見られるのは困難…

  • 日常に戻る米国で、ダイエット業界が急回復

    2021年5月13日 米国で日常生活が戻ってくると共に、減量を手助けするアプリ等が人気を博し、ダイエット業界が活気づいている。 ダウンロードやサブスク数が急増し、業績が急回復。 家に閉じこもっていた過去1年の間に10キロ以上体重が増えて、服が入らなくなった人が多数。 コロナを経て、今や健康維持が最大関心事に。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) NYT Business@nytimesbusiness Companies that sell plans to help lose weight have seen jumps in new business, as people…

  • 黒人少年が警察官に殺される話が、フロリダの小学校から撤去

    2021年5月13日 黒人の少年が警察官に殺されるストーリーの児童小説が、フロリダの小学5年生のクラスの一部から撤去された。 父母と地元警察官組合の抗議を受けての措置。 「この物語は、米国の警察に対する、不正確でばかげたステレオタイプに基づくプロパガンダ」 「警察官も、人間なのでミスをする」と主張している。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) New York Post@nypost Florida school district pulls book about black boy killed by white cop amid complaints https://tr…

  • 米中古車市場で強いのは、黄色の車

    2021年5月12日 中古になった時売りやすいと思い、白、黒、シルバーの新車を選ぶ人が過去10年、米国で多数を占める。 だがリセール時の値下げ幅が一番少ないのは、意外にも黄色の車。 オレンジ、緑、赤、青の車も悪くない結果。 黄色やオレンジの車はスポーツカーや限定仕様車に多く、中古車市場では希少価値がある。 だが希少だからといって中古価格が上がる訳でもない。 パープル、ブラウン、ゴールドの車はすぐに値下がりする。 以下、中古時に高く売れる順。 1、黄色、 2、ベージュ 3、オレンジ 4、グリーン 5、グレー 6、赤、 7、青、 8、シルバー 9、白、 10、黒、 11、パープル 12、ブラウン …

  • 米国のワクチン接種停滞と、J&Jの一時保留が関係か

    2021年5月12日 米国のワクチン接種数は4月13日にピークを迎えた後、停滞中。 あまり注目されていないが、CDCがジョンソン&ジョンソンのワクチンを一時保留にしたのと (10日後再び解禁) 軌を一にして、停滞が始まった。 J&J の接種は1回だけで負担が少ないため、ワクチンを打ちたくない人にアピールしていたとの見方も。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) The Atlantic@TheAtlantic "Since the middle of April, our vaccine campaign has stalled. The average number of p…

  • ロックダウン緩和のイギリスで、ハグが解禁

    2021年5月11日 英国で昨年3月以来禁止されて来た、家族や友人間のハグが17日から再び許される。 新規感染の激減に伴うロックダウン緩和策の一環。 屋内のパブやレストラン、映画館、ホテルも再開。 2家族が1つの家に集まることもOK。1月は1日7万人を数えた新規感染者も、今は2千人に。 死亡者は月曜、わずか4人となった。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) FRANCE 24 English@France24_en Hugs to be allowed again in England as Covid-19 rules are relaxed https://f24.my/…

  • ワクチン陰謀論の影響で、国内分断が続くアメリカ

    2021年5月11日 ワクチンはエリートが世界支配のため仕組んだもの、といった陰謀論等の反ワクチンのプロパギャンダが、米国のフェイスブックやYouTubeで流れている。 それに影響される人々が米国で続出。 既に共和党員の43%は接種する気はないと回答。 家族の間でも意見が割れ、トランプ時代の分断がさらに進行している。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) New York Magazine@NYMag Their loved ones turned anti-vaxx. Then everyone turned on each other. @evepeyser reports…

  • 世界のコロナ死者は、公式発表の倍以上の7百万人との見方

    2021年5月9日 米ワシントン大学保健指標評価研究所によると、世界のコロナの死者数は実際より低く見積もられているという。 現実には、公式発表の倍以上の7百万人に上る、との見方。 米国の公式の死者数は58万人だが、超過死亡を加味すると、90万人と推定。 想定以上に感染が拡大していることを示していると指摘。 サハラ以南アフリカ、インド、南米では、テスト数が少ないため過小評価になっている。 東欧や中央アジアでは超過死亡との食い違いが大きい。 極端なのはエジプトで、コロナの死者は1万3千人との発表だが、実際は17万人との見方も。 米国では、死亡診断書が主たる死因だけ強調しがちなのが一因という。 (柴…

  • コロナ余波で、米国でトイレットペーパーが高騰

    2021年5月8日 米国でトイレットペーパーの価格が高騰。 ブラジルとカナダからパルプを輸入し生産しているが、元々ロックダウンで物流が停滞。 そこにパルプの世界最大輸入先、中国の経済回復で、需要が増加。 消費者は、コロナで買い込んだトイレットペーパーをようやく使い切ったところで、今度は値上げの事態に直面。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) CNN Business@CNNBusiness Just when you thought you were in the clear to stock up on toilet paper again, wood pulp, the …

  • バンクーバーで、アジア系に対するヘイトクライムが急増

    2021年5月8日 アジア系に対するヘイトが、北米で一番アジア系住民の比率が高い、カナダのバンクーバーで急増。 全米でのアジア系に対するヘイトクライムは74%増だが、バンクーバーでは、なんと717%増。 同市人口は70万なのに、通報数は米国の10大都市の合計数より多い。 人種的中傷、不動産被害、物理的暴力が主。 バンクーバーは中国、香港、台湾の富裕層が多く移民。 彼らの不動産投資で物件が高騰、一部で現地住民の恨みをかっていた。 戦前は差別的な中国人排斥法で中国系の移民が禁じられていたが、70年代に労働力不足のため受け入れ開始。 トロントなどカナダ各地でもアジア系に対するヘイトが増加している。 …

  • 住宅ブームの米国で、建材が不足し高騰

    2021年5月7日 米国で住宅用建材の不足が深刻化。 コロナ前より280%高値という史上最高価格に。 木材供給が追いつかず、1年はこうした状況が続きそう。 コロナの初期、製材業は生産を止めたが、ステイホームに飽きた人々がDIYに走り、建材を大量購入。 その需要に追いつく前に、不況による低金利で住宅ブームが到来。 しかも人口の多いミレニアル層が、過去最高の勢いで住宅を購入。 中古物件を買い尽くし、新築に手を伸ばしている。 そのため新築着工は2006年以来の高い伸びを示す。 だが製材業者が需要に応えるには、時間がかかる。 それに需要増が続く自信がないと、生産増に踏み切れないとの心理も働いているとか…

  • コロナで経済再開の米国で4月、百万人雇用

    2021年5月7日 公衆衛生の改善と政府の巨額の財政支出により、経済が再開する中、米国では4月、約百万人もの労働者が雇用された。 工場や飲食店、遊興施設も営業を再開したが、深刻な人手不足に見舞われている。 子供が家にいるため外で働けない人や、コロナでリタイアした人が増加。 潤沢な給付金を受けた事も背景に。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) Reuters@Reuters U.S. employers likely hired nearly a million workers in April as they rushed to meet a surge in demand,…

  • 知らない間に、20年前のレンタルビデオ着服の疑いをかけられる

    2021年5月1日 レンタルビデオを20年以上前に借りたまま返していないとして、知らない間に着服の重罪に問われていた52歳の女性。 米オクラホマからテキサスに移り、2020年に結婚。 運転免許証の名義を変更しようとしたところ、1999年に借りたテープ1巻が未返却と知らされた。 当のレンタルビデオ店は2008年に閉店。 青天の霹靂に心臓が止まりそうだった、と当人の女性。 たぶん昔の恋人が借りたようだが、ビデオの存在も知らず、中身のTV番組を見たこともなかった。 これまでなぜか何年間も定職につけず、その理由は不明だったという。 今回やっと、着服扱いは抹消。 その後初めて番組を見たが、ファンにはなれ…

  • イギリスの小学校が、性差別的な教育を禁止

    2021年5月1日 ロンドンの北にある児童数5百人の小学校が、性差別につながる教育をやめる。 男の子は泣くなといった言説を禁じるだけでなく、男女別の整列や、男女別のスポーツチーム編成を含む。 呼びかける時も、"Good morning, boys and girls" や、"Good morning, guys" ではなく、"Good morning, everyone" にする。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) Newsweek@Newsweek British elementary school bans "sexist" phrases, including "le…

  • ハーフの人々が常にさらされる質問

    2021年4月30日 Netflixのドラマ「Shadow and Bone」のヒロインの設定は、白人と中国人のハーフ。 原作のファンタジー小説では白人だったが、役を演じる俳優に合わせて変更。 劇中でヒロインは「あなたは何者?」と問いかけられる。 答えることが不可能な質問。 それはハーフの人々が常にさらされている質問でもある。 ハーフの主人公が、自分が何者か、遺伝的要素で説明しようとしたら、自分はそれ以上のものではなくなってしまう。 だが名前や職業を言ったところで、よそ者扱いは変わらない。 その国で敵とみなされる人々と同じ顔つきをしているからだ。 人種差別と切り離せないが、しかしそれは自分の全…

  • アメリカ政治の中心に躍り出たAOC世代

    2021年4月29日 AOCことアレクサンドリア・オカシオ=コルテス米下院議員は、社会変化を求めるミレニアル数百万人のアバター。 今や『AOC世代』という本まである。 ヒスパニックの労働階級出身者が、セレブ政治家に。 だが彼女の登場は一時的な現象を示すのではなく「彼女の時代」の産物。将来の左翼の行き先を示唆。 AOC世代は、ポピュリズムとプラグマティズム、プロテストとパワーを結びつけるのが好き。 有名大学を出たのに、能力主義の恩恵を受けられず、経済不安と階級の下降を経験し、自らを社会主義者と呼ぶ世代。 左翼の主流に敵愾心を抱く彼らが今、政治の中心に躍り出ている。 彼らが失敗を恐れない事が、背景…

  • コロナ渦で広がる世界の男女格差

    2021年4月28日 米国で昨年3月、学校やオフィスの閉鎖が始まって1年余。 コロナ前より家計が苦しくなったという女性は25%で、男性の18%より高い。 リセッションならぬ「sheセッション」と言われるゆえん。 職を離れた女性は2百万人以上とされる。 25-44歳の年齢層で、育児のため外で働けなくなった女性は、男性の3倍。 女性の多くが最前線でエッセンシャルワーカーとしての役目を果たしているのに、世界150か国以上でジェンダー間格差が拡大。 コロナ前の男女格差にさらに拍車がかかった形。 米国では、年収5万ドル以下の世帯の30%、ヒスパニックの30%、地方在住者の27%、高卒以下の24%も、コロ…

  • バイデン政権の今後を左右するもの

    2021年4月26日 バイデンの語り口には、オバマやレーガン、クリントンが備えていたカリスマ性や詩情はない。 初の議会演説も彼らより遅かった。 だが就任百日で結果を出し、有言実行である事を示した。 それでも民主党だけで国政を進めていくなら、中間選挙で負け、死に体となったオバマらの轍を踏む、と共和党幹部。 だがトランプ後、状況は変わった、とバイデン政権は見る。 共和党が邪魔しようとしたら国民は政権側に立ち、むしろ共和党を罰する、と自信を深める。 だが共和党の協力が得られないなら、民主党内で離反者が出ないかが鍵に。 離反の恐れのある少数の議員が、政策の生殺与奪の権利を握ることになる。 (柴田優呼@…

  • 余ったワクチンを回すよう、海外から要請される米国

    2021年4月25日 米国はここ数週間、余っているワクチンを回してほしいとのプレッシャーを海外から受け続けている。 米国の問題は今やワクチン供給ではなく、接種を躊躇したり接種に無関心な米国人達の方だからだ。 米国人ファーストの方針だが、世界中で感染者が増え続けると、結局米国人も守り切れないことになる恐れ。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) Slate@Slate It made sense that the Biden administration wanted to vaccinate Americans first. But that position is getti…

  • グーグルアースが過去37年の地球の変化を表示

    2021年4月25日 グーグルアースは新しく「タイムラプス」機能を追加。 2千4百万枚もの衛星写真を駆使し、1984年から現在までに地球がどう変容したか、地域を特定して確認することができる。 アマゾンの熱帯雨林やアラスカの氷河の身震いするほどの消失、ドバイの都市化の進展、炭鉱発掘が周辺に及ぼした影響等が見れる。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) CNBC@CNBC Google Earth can now show you how much the planet has changed in 37 years. Take a look. https://cnb.cx/3tn…

  • ミッシェル・オバマと、ジョージ・ブッシュの間の友情

    2021年4月25日 両極化した米国では、ジョージ・ブッシュ元大統領とミッシェル・オバマ元大統領夫人が、友人だとは考えにくい。 だがそう思われている事の方がショックだ、とブッシュ氏。 マケイン上院議員の葬式での、2人の心のこもった抱擁が人々を驚かせた。 あれは友情の証だった、と妻のローラ元大統領夫人も頷く。 (柴田優呼@アカダミック・ジャーナリズムがツイート) CNN@CNN "Americans are so polarized in their thinking that they can't imagine a George W. Bush and a Michelle Obama be…

  • デジタル資産NFTが変えるデジタルアート市場

    2021年4月24日 米音楽界の起業家でDJ界のスーパースター、スティーブ・アオキによると、デジタル資産NFTの未来は明るい。 やがて誰もがデジタル・ウォレット (財布)を持ち、自分が貴重だと思うものをそこに保管、人に見せるようになる、と予測する。 デジタルアート市場が大きく発展するチャンスとも見られている。 NFTはブロックチェーンで取引されるため、懐疑論も強い。 だがアオキはNFTにより、大会社でなくても誰でも参入可能になり、文化的なシフトが起きるという。 今、2つ目のNFTを始動するところ。 SFコミックとコラボした、アートと音楽のハイブリッドという代物。 時代の先駆けであることが楽しい…

  • フェデックス乱射事件の被害者の多くはシーク教徒

    2021年4月22日 米フェデックス施設での銃乱射事件で死亡した8人の半数は、シーク教徒だった。 元々、同施設の従業員の9割がシーク教徒。 シーク教徒の間では、人種主義による襲撃として捜査すべき、との声も上がる。 9.11後、イスラム教徒への襲撃事件が頻発。 シーク教徒も攻撃されたが、暴力の不可視化が進行して来た。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) NBC News@NBCNews Following the fatal shooting at an Indianapolis FedEx facility last week, the Sikh community is m…

  • ジュディス・バトラーの見るパンデミック

    2021年4月22日 ジュディス・バトラーの言。 パンデミックの今こそ、世界がグローバルになった事、世界を皆が共有している事を示す時はない。 なのに、多くのリソースが皆の間で平等に共有されておらず、各自が共有しているのは世界のごくわずかな部分であるため、このパンデミックがグローバルである事がわからない。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) TIME@TIME Judith Butler: Creating an inhabitable world for humans means dismantling rigid forms of individuality https:/…

  • 自分の考えは、どこまで自分の考えなのか

    2021年4月21日 ロシアがクリミアを併合した時、ウクライナの地理的位置をよく知らない人の方が、米国の軍事介入を支持する声が強かった。 十分な知識があるからそう思うのではなく、誰かの考えに依存しているだけの事が多い。 対策は、実践したら何が起きるか詳述してもらう事。 そうすると極論を捨てる場合が多い。 自分の考えをサポートする情報を聞くと、脳内にドーパミンが流れ、快感を感じるとか。 だから間違っていても、こだわり続けたほうが気分がいい。 その場合、正確な情報を提供しても役に立たない。 感情に訴える方が効果的だが、倫理的な問題も。 私達の思考プロセスは、かなり脆弱な基盤の上に成立。 (柴田優呼…

  • コロナ禍の新生活を経て、ハワイ住民は観光客にうんざり

    2021年4月18日 ハワイは昨年10月から観光客の受け入れを再開。 今年3月までの国内観光客は、昨年の4倍を記録した。 観光客激減で打撃を受けた観光業にとっては願ったりかなったり。 だが、コロナ禍のニューノーマルに慣れた地元住民の半数は今や、観光客にうんざり。 観光産業で利益を受けるのは誰なのか、が改めて問われている。 観光産業は2009-13年、世界の温室効果ガスの8% を占めた。 2017年、人口6万人のベニスに観光客5百万人が押し寄せた。 ハワイでも、1959年は24万人だった観光客が1990年は7百万人、2019年は1千万人。 州人口は140万人に過ぎない。 観光客数とGDPを指標に…

  • 日米記者会見で、バイデン大統領が失言

    2021年4月17日 日米共同会見の折り、バイデン大統領が菅首相の面前で、マスターズで優勝したゴルフの松山英樹選手を「Japanese boy」と呼ぶ珍場面が起き、早速ツイッタラーが反応。 黒人の成人男性は奴隷制下、manではなくboyとしか呼ばれなかった。 今も非白人男性に対して使用される時は、侮蔑的な響きを持つ言葉。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) New York Post@nypost Biden calls Masters champ Hideki Matsuyama 'Japanese boy' in odd compliment https://trib.a…

  • ワクチンを貯めこむアメリカに、怒るカナダ人

    2021年4月16日 カナダのコロナワクチン接種率は現在、人口の2%以下。 25%が摂取済の米国とは大きな差。 輸入予定のワクチンが欧州とインドから届かないのが理由だが、隣国の米国がワクチンを輸出せず、国内に貯め込んでいることに、カナダ人の怒りが高まっている。 カナダで使用される薬の大半は元々、米国製造。 だがカナダが薬価を低く抑えているため、製薬会社はカナダに投資せず、支店ぐらいしかない。 カナダには充実したヘルスケア制度があるが、地方分権型であるため、規則がまちまちで供給がもたついている。 それでも既に、9百万人が1回目の接種を完了。 7月1日までに成人全員が接種を終える見込み。 (柴田優…

  • イギリスにとって、エリザベス女王の時代とは何か

    2011年4月13日 英国のフィリップ殿下の死が示すのは、エリザベス女王の時代が終焉に近づいているということ。 在位中の社会変化として、同性愛者の権利の確立、離婚と中絶の自由、人種差別と性差別の認知が挙げられる。 だが階級移動または社会的流動性は減った。 誕生時より上の階層に移動することは困難になった。 この間、英首相は14回交代。 保守党の政権掌握は、労働党の倍になる。 エリザベス女王の長期在位で、まやかしの連続性が作られて来たが、サッチャーの政策とEU離脱という、2大クーデター的変化は保守党時代に起きた。 女王は今後、スコットランドと北アイルランドの英国離脱を目にする可能性もある。 (柴田…

  • 今年の米経済は1984年以来、最速のスピードで回復か

    2021年4月12日 IMFは、バイデン政権の巨額インフラ投資とワクチン接種の進展で、レーガン期の1984年以来最速で、米国の経済成長率が回復すると述べた。 米成長率は1月の予測より1.3%増の6.4%で、リーマンショックより浅い傷ですむ見込み。 世界全体でも、予測より0.5%増の6%の経済成長となるが、多くが回復に数年必要。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムがツイート) CNN Business@CNNBusiness The International Monetary Fund expects that the coronavirus vaccine rollout and ma…

カテゴリー一覧
商用