searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ジョナサソさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
車椅子ユーザージョナサソのおまけの人生
ブログURL
https://www.omakenojinsei.com/
ブログ紹介文
交通事故により脊髄損傷を負い車椅子で一人暮らしをしている男やもめです。障害者生活や趣味の話など書いていきます。
更新頻度(1年)

107回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2019/10/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ジョナサソさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ジョナサソさん
ブログタイトル
車椅子ユーザージョナサソのおまけの人生
更新頻度
107回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
車椅子ユーザージョナサソのおまけの人生

ジョナサソさんの新着記事

1件〜30件

  • 2021初春 ドラマ評「大いなる遺産」(2011年BBC版)

    (8)個人的評価:★★★★☆ (1)作品名:大いなる遺産 (原題:Great Expectations) (2)制作国:イギリス(BBC) (3)公開年:2011年 (4)エピソード数、時間:3話、58分/話 (5)キャスト(出演者):ダグラス・ブース、ジリアン・アンダーソン、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 原作はイギリスの作家チャールズ・ディケンズの長編小説で何度も映画化、ドラマ化、舞台化されている。本作はイギリスの放送局BBCで制作され2012年に放映されたもの。 両親を失くし、姉とその夫で鍛冶屋のジョー・ガージャリと叔父パンブルチュックと暮らしている11歳の少年ピップはある日、沼地で脱獄囚の男に逃走の手伝いを強要される。

  • 2021初春 映画評「僕のワンダフル・ライフ」

    (9)個人的評価:★★★★☆ (1)作品名:僕のワンダフル・ライフ (原題:A Dog's Purpose) (2)制作国:アメリカ (3)公開年:2017年 (4)作品時間:100分 (5)監督:ラッセ・ハルストレム (6)キャスト(出演者):ブリット・ロバートソン、 K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド、他 (7)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 原作はアメリカの作家W・ブルース・キャメロンの小説「野良犬トビーの愛すべき転生」。複数回の転生を繰り返す犬と人との出会いと別れを描いた作品。

  • 2021初春 ドラマ評「パレーズ・エンド」(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品名:パレーズ・エンド (原題:Parade's End) (シーズン1) (2)制作国:イギリス(BBC)、アメリカ(HBO) (3)公開年:2012年 (4)エピソード数、時間:5話、57分~59分/話 (5)キャスト(出演者):ベネディクト・カンバーバッチ、レベッカ・ホール、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 原作はイギリスの作家フォード・マドックス・フォードの小説。舞台は1900年代初頭のイギリス。統計局に勤める知的で紳士的な男性クリストファー・ティージェンス(ベネディクト・カンバーバッチ)は列車内で知りあった女性シルヴィア・サタスウェイト(レベッカ・ホール)とその場で関係を持つ。その後、クリストファーはシルヴィアに妊娠を告げられて結婚する。シルヴィアは奔放な性格で浮気もするがクリストファーは目をつぶる。そんなすさんだ日々の中、クリストファーは婦人参政権を訴える活動家の女性ヴァレンタイン・ワノップ(アデレイド・クレメンス)と出会う。

  • 2021初春 FXの繰越損失の確定申告の提出書類を準備した

    2020年は新型コロナの野郎のせいでFXでかなりの損失が出ました。これまでコツコツと為替チャートを見て勘頼りでパソコンを触るだけという何の生産にも寄与しない後ろメタファーにあふれた苦行に耐えて増やしたささやかなあぶく銭が大きく減りました。投資や投機より普通に働いた方が簡単とよく言われますが、人が成長するにはあえていばらの道を進むことも必要です。ということで安易な道に逃げ出さず、FXを継続してあぶく銭をとり戻すため繰越損失の確定申告の書類を国税庁のサイトで作成しました。昨年と一部入力画面(税制?)が変わっていたので記録しておきます(会社員の例となります)。繰越損失の申告により最長3年間、利益を相…

  • 2021初春 映画評「T2 トレインスポッティング」

    (9)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品名:T2 トレインスポッティング (原題:T2 Trainspotting) (2)制作国:イギリス (3)公開年:2017年 (4)作品時間:117分 (5)監督:ダニー・ボイル (6)キャスト(出演者):ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ロバート・カーライル、他 (7)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 1996年公開の前作「トレインスポッティング」の続編。前作ではスコットランドの首都エディンバラの青年マーク・レントン(ユアン・マクレガー)が仲間の計4人で薬物の取引で手にした16,000ポンドのうち4,000ポンドをスパッド(ユエン・ブレムナー)にこっそり残し、残りを持ち逃げした。本作品ではマークがオランダから20年ぶりにエディンバラに戻って来てスパッドや裏切ってしまったサイモン(愛称シック・ボーイ)(ジョニー・リー・ミラー)、ベグビー(ロバート・カーライル)と再開する。

  • 2021初春 ドラマ評「グッド・オーメンズ」(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★☆☆☆ (1)作品名:グッド・オーメンズ (原題:Good Omens) (シーズン1) (2)制作国:イギリス(Amazon,BBC) (3)公開年:2019年 (4)エピソード数、時間:6話、51分~58分/話 (5)キャスト(出演者):マイケル・シーン、デヴィッド・テナント、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) イギリスを舞台としたファンタジックなコメディ。悪魔界は地球にハルマゲドンを起こそうと計画していた。魔女の子孫、魔女狩りの子孫、天使のアジラフェル(マイケル・シーン)と親友の悪魔のクロウリー(デヴィッド・テナント)らはそれを阻止しようとする。

  • 2021初春 ドラマ評「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」(シーズン1~5)

    (8)個人的評価:★★★★☆(シーズン1~5まとめて) (1)作品名:ボードウォーク・エンパイア 欲望の街 (原題:Boardwalk Empire) (シーズン1~5) (2)制作国:アメリカ(HBO) (3)公開年:シーズン1は2010年、2は2011年、3は2012年、4は2013年、5は2014年 (4)エピソード数、時間:12話/シーズン(シーズン5は8話)、49分~72分/話 (5)キャスト(出演者):スティーヴ・ブシェミ、マイケル・ピット、ケリー・マクドナルド、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 禁酒法が施行された1920年代のアメリカが舞台。主人公はイーノック・トンプソン(愛称ナッキー)(スティーヴ・ブシェミ)。ナッキーの表の顔はニュージャージー州アトランティック郡の収入役、裏の顔は収賄、酒の販売などで富も裏の権力も手にした実業家。ナッキーを中心にその家族、ニューヨークのギャングのルチアーノ、シカゴのギャングのカポネ、国税庁の取締官などを描く。

  • 2021初春 ドラマ評「カーニバル」(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品名:カーニバル (原題:Carnivàle) (シーズン1) (2)制作国:アメリカ(HBO) (3)公開年:2003年 (4)エピソード数、時間:12話、46分~58分/話 (5)キャスト(出演者):ニック・スタール、マイケル・J・アンダーソン、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 母親を亡くし、一人になり、銀行に土地まで奪われた青年ベン・ホーキンス(ニック・スタール)は通りがかった巡業の見世物(カーニバル)の一座に拾われる。ベンは特殊な能力を持っており、それを活用したり、逆に悩まされたりする。

  • 2020冬 Amazon Prime Videoで今年観たドラマ(56作品)

    2020年にAmazon Primeで観たドラマ56作品分の評価記事をリスト化した。個人的評価は観た当時のもの。

  • 2020冬 【速報】第23回みうらじゅん賞

    第23回みうらじゅん賞(2020年)の受賞者と受賞理由を報告する。

  • 2020冬 Amazon Prime Videoで今年観た映画(16作品)

    2020年にAmazon Primeで観た映画16本分の評価記事をリスト化した。個人的評価は観た当時のもの。

  • 2020冬 映画評「トレインスポッティング」

    (9)個人的評価:★★★★☆ (1)作品名:トレインスポッティング (原題:Trainspotting) (2)制作国:イギリス (3)公開年:1996年 (4)作品時間:93分 (5)監督:ダニー・ボイル (6)キャスト(出演者):ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ロバート・カーライル、他 (7)作品概略、あらすじ(序盤のみ) スコットランドの青年マーク・レントン(ユアン・マクレガー)は仲間たちと薬物と酒におぼれ、窃盗や強盗などを繰り返して怠惰な生活を送っていた。マークは薬物を絶とうとする。

  • 2020冬 ドラマ評「ファルコン」

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品名:ファルコン (原題:Excellent Cadavers) (2)制作国:イタリア、アメリカ (3)公開年:1999年 (4)エピソード数、時間:1話、105分 (5)キャスト(出演者):チャズ・パルミンテリ、F・マーリー・エイブラハム、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 1980年代前半から1990年代のイタリアのマフィアおよび癒着した政治家達と命がけで戦った検事ジョバンニ・ファルコンを描いたノンフィクション作品。役者はイタリア語ではなく英語を使っている。原題の「Excellent Cadavers」は直訳すると「素晴らしい死体たち」。

  • 2020冬 ドラマ評2020冬 ドラマ評「リトル・ファイアー~彼女たちの秘密」

    (1)作品名:リトル・ファイアー~彼女たちの秘密 (原題:Little Fires Everywhere) (2)制作国:アメリカ(Hulu) (3)公開年:2020年 (4)エピソード数、時間:8話、53分~65分/話 (5)キャスト(出演者):リース・ウィザースプーン、ケリー・ワシントン、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) セレステ・イングの2017年の小説「Little Fires Everywhere」が原作。 舞台は1990年代のオハイオ州のシェイカー・ハイツという高級住宅街。地方新聞社の白人女性記者エレーナ・リチャードソン(リース・ウィザースプーン)は弁護士の夫と二男二女の子供たちと裕福な暮らしをしていた。ある日、この町にやってきた貧困そうな黒人のシングルマザーのミア・ウォレン(ケリー・ワシントン)にエレーナは空き家を安く貸す。さらにエレーナはミアに実質家政婦の仕事を打診する。

  • 2020冬 映画評「希望の灯り」

    (9)個人的評価:★★★★☆ (1)作品:希望の灯り (原題:In den Gängen、英題:In the Aisles) (2)制作国:ドイツ (3)公開年:2018年 (4)作品時間:2時間5分 (5)監督:トーマス・ステューバー (6)キャスト(出演者):フランツ・ロゴフスキ、ペーター・クルト、ザンドラ・ヒュラー、他 (7)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 無口で刺青がある青年クリスティアン(フランツ・ロゴフスキ)が巨大スーパーマーケットの在庫管理係として働くことになる。飲料部門責任者の中年男性ブルーノ(ペーター・クルト)の指導の下、クリスティアンは未経験の職場でフォークリフトの運転も習得しながら真面目に働く。クリスティアンは菓子部門の年上の女性マリオン(ザンドラ・ヒュラー)が気になる。 原題のドイツ語「In den Gängen」、英題の「In the Aisles」は直訳すると「通路で」となる。

  • 2020冬 ドラマ評「そして誰もいなくなった」(BBC版)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品:そして誰もいなくなった (原題:And Then There Were None) (2)制作国:イギリス(BBC) (3)公開年:2015年 (4)エピソード数、時間:3話、56分~57分/話 (5)キャスト(出演者):メイブ・ダーモディー、エイダン・ターナー、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 原作はアガサ・クリスティーにより1939年に発行された小説。何度か映画化、ドラマ化されているが本作品は2015年イギリスのBBCで放映されたもの。 オーエン夫妻と名乗る人物から兵隊島という小さな孤島の別荘(?)に男女8人が招待される。そこには新規に雇われた執事の夫婦がいたが、オーエン夫妻はいなかった。そこで連続殺人事件が起こる。

  • 2020冬 ドラマ評「トゥルース・シーカーズ ~俺たち、パラノーマル解決隊~」(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★☆☆☆ (1)作品:トゥルース・シーカーズ ~俺たち、パラノーマル解決隊~ (原題:Truth Seekers) (シーズン1) (2)制作国:イギリス(Amazon Prime Video) (3)公開年:2020年 (4)エピソード数、時間:8話、25分~33分/話 (5)キャスト(出演者):ニック・フロスト、サムソン・カヨ、エマ・ディダンド・アーシー、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 通信会社の男性技術者ガス・ロバーツ(ニック・フロスト)は趣味で「トゥルース・シーカーズ(真実の探求者)」と名乗りYouTubeで動画を配信しながら心霊現象の調査をしている。ガスは男性上司デイブ(サイモン・ペッグ)の指示で新人の男性エルトン・ジョン(サムソン・カヨ)とコンビを組むことになる。

  • 2020冬 ドラマ評「ロマノフ家の末裔 ~それぞれの人生~」(シーズン1)

    (7)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品:ロマノフ家の末裔 ~それぞれの人生~ (原題:The Romanoffs) (シーズン1) (2)制作国:アメリカ(Amazon Prime Video) (3)公開年:2018年 (4)エピソード数、時間:8話、63分~89分/話 (5)作品概略、あらすじ(序盤のみ)と感想 部分的にネタバレあり。 基本的に1話ごとに別の作品でロマノフ家という設定は薄い。サービスシーンが過剰気味なのと美人女優が多かった(よく観るイギリスのドラマに比べて)のが印象に残った。

  • 2020冬 ドラマ評「バイス・プリンシパルズ」(シーズン2)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品:バイス・プリンシパルズ (原題:VICE PRINCIPLES) (シーズン2) (2)制作国:アメリカ(HBO) (3)公開年:2017年 (4)エピソード数、時間:9話、30分~32分/話 (5)キャスト(出演者):ダニー・マクブライド、ウォルトン・ゴギンズ、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) シーズン1の続き。シーズン1で校長就任後に何者かに銃撃されたニール・ギャンビー(ダニー・マクブライド)は治療期間を経て副校長としてノース・ジャクソン高校に復職する。そして犯人を自力で探したりする。

  • 2020秋 ドラマ評「バイス・プリンシパルズ」(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品:バイス・プリンシパルズ (原題:VICE PRINCIPLES) (シーズン1) (2)制作国:アメリカ(HBO) (3)公開年:2016年 (4)エピソード数、時間:9話、29分~31分/話 (5)キャスト(出演者):ダニー・マクブライド、ウォルトン・ゴギンズ、キンバリー・エベール・グレゴリー、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 高校の校長の座を争うコメディ。「Vice principal」は「副校長」、「教頭」のこと。 ノースジャクソン高校の校長が新学期早々、妻の病気の介護のため辞職する。その後任を二人の男性副校長ニール・ギャンビー(ダニー・マクブライド)とリー・ラッセル(ウォルトン・ゴギンズ)が狙っていた。しかし、新校長には外部からの女性ベリンダ・ブラウン(キンバリー・エベール・グレゴリー)が任命された。ニールとリーは一時休戦して協力してベリンダを追い出すことにする。

  • 2020秋 ドラマ評「ギルティ 人生まっさかさま」(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品:ギルティ 人生まっさかさま (原題:GUILT) (シーズン1) (2)制作国:イギリス(BBC Scotland) (3)公開年:2019年 (4)エピソード数、時間:4話、50分~52分/話 (5)キャスト(出演者):マーク・ボナー、ジェイミー・シーヴェス、ルース・ブラッドリー、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 誰かの結婚式の帰りにレコード屋を営むジェイク(ジェイミー・シーヴェス)は飲酒運転で男性ウォルター(ジョー・ドネリー)をはねて死亡させてしまう。同乗していた弁護士の兄マックス(マーク・ボナー)は飲酒運転を幇助した罪を考慮して事故を隠蔽することにする。

  • 2020秋 ドラマ評「キング・オブ・メディア」(SUCCESSION)(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★★★☆ (1)作品:キング・オブ・メディア (原題:SUCCESSION) (シーズン1) (2)制作国:アメリカ(HBO) (3)公開年:2018年 (4)エピソード数、時間:10話、56分~66分/話 (5)キャスト(出演者):ブライアン・コックス、ジェレミー・ストロング、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 80歳の男性ローガン・ロイ(ブライアン・コックス)は巨大なメディア企業ウェイスター・ロイコ社の創業者でありCEOである。ローガンの次男のケンダル(ジェレミー・ストロング)はロイコ社の幹部であり、ローガンの跡を継いでCEOになることを計画していたが、ローガンは誕生日会でCEOを継続することを宣言する。これを機に他の兄弟や社内外の関係者含めてドロドロした争いになる。

  • 2020秋 ドラマ評2020秋 ドラマ評「ゴースト ボタン・ハウスの幽霊たち」(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品:ゴースト ボタン・ハウスの幽霊たち (原題:GHOSTS) (シーズン1) (2)制作国:イギリス(BBC) (3)公開年:2019年 (4)エピソード数、時間:6話、27分~30分/話 (5)キャスト(出演者):シャーロット・リッチー、キール・スミス=バイノー、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 古く老朽化した豪邸(ボタンハウス)で女性が亡くなり、遠い親戚の女性アリソン(シャーロット・リッチー)が相続することになり、その夫マイク(キール・スミス=バイノー)とそこに住み、ホテルとして改装することにする。しかし、そこにはかつてこの地で暮らし、天国に行けない先祖の幽霊たちがいた。幽霊たちはこれまで通り静かに暮らしたいためアリソンらを追い出そうとする。

  • 2020秋 ドラマ評「ホワイトチャペル 終わりなき殺意」(シーズン4)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品:ホワイトチャペル 終わりなき殺意 (原題:Whitechapel) (シーズン4) (2)制作国:イギリス(ITV) (3)公開年:2013年 (4)エピソード数、時間:6話、45分~46分/話 (5)キャスト(出演者):ルパート・ペンリー・ジョーンズ、フィル・デイビス、スティーブ・ペンバートン、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) シーズン4もシーズン3同様にエピソード2つで1つの事件で合計3つの事件を扱う。一つ目の事件は拷問での連続殺人事件、二つ目はヒトの顔や体の皮膚が剥がされる連続殺人事件、三つ目は下水道で連続で遺体が発見される事件。

  • 2020秋 ドラマ評「ホワイトチャペル 終わりなき殺意」(シーズン3)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品:ホワイトチャペル 終わりなき殺意 (原題:Whitechapel) (シーズン3) (2)制作国:イギリス(ITV) (3)公開年:2012年 (4)エピソード数、時間:6話、44分~46分/話 (5)キャスト(出演者):ルパート・ペンリー・ジョーンズ、フィル・デイビス、スティーブ・ペンバートン、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) シーズン3ではエピソード2つで1つの事件で合計3つの事件を扱う。一つ目の事件は仕立て屋での殺人事件からの連続殺人事件、二つ目は複数の切断された遺体の事件、三つ目は連続死傷事件の犯人の目撃者が犯人をブギーマン(子供を脅してしつけるときに利用する架空の殺人鬼)のような人物だったと証言する事件。

  • 2020秋 ドラマ評「ホワイトチャペル 終わりなき殺意」(シーズン2)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品:ホワイトチャペル 終わりなき殺意 (原題:Whitechapel) (シーズン2) (2)制作国:イギリス(ITV) (3)公開年:2010年 (4)エピソード数、時間:3話、45分~46分/話 (5)キャスト(出演者):ルパート・ペンリー・ジョーンズ、フィル・デイビス、スティーブ・ペンバートン、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) シーズン1の続きで新たな事件を扱う。 シーズン1で切り裂きジャックの模倣犯を逃したチャンドラー警部補(ルパート・ペンリー・ジョーンズ)らはさげすまれ、次の事件を待っていた。そんな中でテムズ川で斬殺された遺体が発見される。捜査に気合が入るチャンドラーに対し、マイルズ警部補(フィル・デイビス)は本事件の捜査は危険すぎると判断し、組織犯罪課に任せて手を引こうとした。一方、チャンドラーの協力者の犯罪研究家のバッカン(スティーブ・ペンバートン)は1960年代のクレイ兄弟の模倣犯だと推測した。

  • 2020秋 ドラマ評「ホワイトチャペル 終わりなき殺意」(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★★☆☆ (1)作品:ホワイトチャペル 終わりなき殺意 (原題:Whitechapel) (シーズン1) (2)制作国:イギリス(ITV) (3)公開年:2009年 (4)エピソード数、時間:3話、45分~46分/話 (5)キャスト(出演者):ルパート・ペンリー・ジョーンズ、フィル・デイビス、スティーブ・ペンバートン、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) かつて連続殺人鬼の切り裂きジャックが事件を起こしていたロンドンのホワイトチャベルで同様の女性刺殺事件が起こる。この事件の捜査の指揮にエリート幹部候補のジョー・チャンドラー警部補(ルパート・ペンリー・ジョーンズ)が任される。デスクワークのみで現場での捜査経験のないチャンドラーは部下となるレイ・マイルズ刑事部長(フィル・デイビス)とその部下らになめられながらも何とか犯人を見つけようとする。

  • 2020秋 ドラマ評「埋もれる殺意~18年後の慟哭~」(シーズン3)

    (8)個人的評価:★★★★★ (1)作品:埋もれる殺意~18年後の慟哭~ (原題:UNFORGOTTEN) (シーズン3) (2)制作国:イギリス(ITV) (3)公開年:2018年 (4)エピソード数、時間:全6話、44分~48分/話 (5)キャスト(出演者):ニコラ・ウォーカー、サンジーヴ・バスカー、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) ロンドンの高速道路の中央分離帯の掘削工事中に医学の心得がある作業員がヒトの骨盤らしきものを発見する。女性警部のキャシー・スチュアート(ニコラ・ウォーカー)は捜査チームを指揮して事件の真相に迫る。 なお、本作品は「埋もれる殺意」のシーズン3であり、シーズン1は「埋もれる殺意~39年目の真実~」、シーズン2は「埋もれる殺意~26年の沈黙~」である。

  • 2020秋 ドラマ評「ドイツ1983年」(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★★★☆ (1)作品:ドイツ1983年 (原題:Deutschland 83) (シーズン1) (2)制作国:ドイツ、アメリカ (3)公開年:2015年 (4)エピソード数、時間:8話、45分~49分/話 (5)キャスト(出演者):ヨナス・ナイ、マリア・シュラーダー、ウルリッヒ・ヌーテン、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 舞台は冷戦でピリピリした1983年の東ドイツと西ドイツ。 国家人民軍(東ドイツ軍)の24歳の兵士マーティン・ラオホ(ヨナス・ナイ)が偵察総局のレノーラ・ラオホ(マリア・シュラーダー)に西ドイツへのスパイとして勧誘される。レノーラはマーティンの母イングリット・ラオホ(カリーナ・ビーゼ)の姉、すなわち叔母である。マーティンの任務はモーリッツ・シュタムという兵士に成りすまし、ドイツ連邦軍(西ドイツ)のヴォルフガング・エーデル(ウルリッヒ・ヌーテン)将軍の側近となって情報を盗むことである。マーティンはスパイ経験はないが、モーリッシュ同様にチェスが強くサッカーに詳しく成りすまし役として適任と判断されたためである。マーティンは最初は断るがなんやかんやあって受け入れ、スパイの訓練を受けドイツ連邦軍(西ドイツ)に潜入する。

  • 2020秋 ドラマ評「正義へのカウントダウン」(シーズン1)

    (8)個人的評価:★★☆☆☆ (1)作品:正義へのカウントダウン (原題:Vykhodte bez dzvinka、英題:Chasing Justice) (シーズン1) (2)制作国:ウクライナ (3)公開年:2018年~2019年 (4)エピソード数、時間:全10話、42分~51分/話 (5)キャスト(出演者):ロマン・セミサル、リュボフ・ティシュチェンコ、他 (6)作品概略、あらすじ(序盤のみ) 1話完結型のドラマ。 タクシー運転手のボグダン・ノヴィツキー(ロマン・セミサル)は妻を交通事故で失くしている。犯人は有力者の息子であり、金とかコネとかで罪を逃れようとした。ボグダンは正しく捜査しなかった警察に不信感を持っている。 ある日、ボグダンの同僚のタクシー運転手が失踪し、キエフ市捜査班の女性警部マリナ・イェフシェンコ(リュボフ・ティシュチェンコ)に捜査を依頼する。警察の動きが遅いと感じたボグダンは自分でも仲間を頼りながら捜査を進める。

カテゴリー一覧
商用