searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

keikoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
「keikoちゃん ババアになる」の巻
ブログURL
http://hirosekeiko.jugem.jp/
ブログ紹介文
還暦を迎えたkeikoの日々を綴ります。 どんなババアになりますことやら o(*^▽^*)o
更新頻度(1年)

169回 / 365日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2019/10/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、keikoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
keikoさん
ブログタイトル
「keikoちゃん ババアになる」の巻
更新頻度
169回 / 365日(平均3.2回/週)
読者になる
「keikoちゃん ババアになる」の巻

keikoさんの新着記事

1件〜30件

  • 今日のランチ

     秋晴れの気持ち良い一日でした。隣県の古民家カフェまでドライブ。    食後はハンモッグチェアに揺られました。   ランチは ¥1,100  

  • Birthdayプレゼントが届いたけれど・・・

     61歳になりました。 夫からは リュック型バッグが、   東京のムスメからは フラワーアレンジメントが届きました。 メチャ嬉しい!感謝もしている。 だけど、私の誕生日、

  • 桜木柴乃さんの言葉

     今朝のNHK『あさイチ』のゲストは、小説家・桜木柴乃さんで、8:15~10:00まで しっかり観て楽しんだわあ。 その桜木柴乃さんの言葉、 「人はことばで 生きたり 死んだりするので 生きることばを使いたいで

  • 『あなたは酢ダコが好きか嫌いか』を読む

      『あなたは酢ダコが好きか嫌いか』 佐藤愛子  小島慶子 小学館  / 2020年5月発行  佐藤愛子と小島慶子の往復書簡を纏めた一冊。「女二人の手紙のやりとり人生論」とサブタイ

  • 今日のお稽古

      長楽萬年    羽ばたく前に・・・蝶々とコスモスの花びら      そして、46文字カルタ 描き上げましたあ ( ^

  • 秋の里山とUNIQLO

     「曇り」の天気予報は見事に外れて、気持ち良く晴れた昨日、ブラブラと当てもないドライブに出かけました。(o´▽`o)v 秋の里山風景です。こんな山の中に、新型コロナウイルスはいないと思うけど・・・アマビエが疫

  • 運転免許証更新時のショック(-_-;)

     運転免許証の更新をしました。   ビデオを見ながら、交通事故被害者家族の訴えに涙しそうになったり、ダイヤマークの意味を「そこのご婦人!」と指名されて答えたり、改めて、安全運転の大切さを再確認したりし

  • 当たり前の「今日」だと思うなよ

     “眠れない夜”ってのが 私にもあって、昨夜はベッドに入ってから4時間以上、寝付けませんでしたぁ。 当然(?)今朝は気分の重い朝だったけれど、ふと、「当然の“今日”だと思う

  • 豚肉と栗の煮物&栗ごはん

     栗をたくさんいただいたので。「豚肉と栗の煮物」と「栗ごはん」を作りました。  昨夜の夕食↓   豚肉は香味野菜と茹でて下処理してから、栗といっしょに、酒、みりん、砂糖、

  • あけびと小椋佳

        小さなころじいちゃんのおみやげ あけび   「あけび」をご存知の人って、どれくらいいるのでしょう・・・   秋の夜長、読書

  • 『死の教科書』を読む

     「死の教科書」だなんて (@_@)死んだこともないのに、五木寛之さんも大層なタイトルの本を出したものだと思ったのでありますが、迷わずに買いました。 『死の教科書  心が晴れる48のヒント』  五木寛之 宝島社

  • 土瓶蒸し

     秋ならば、私にとって “これを食べなきゃ死にきれない”と思う一品が土瓶蒸しです。  昨夜は、写真仲間六名と馴染みのお料理屋さんへ出かけました。  待ってましたあ 土

  • 本当の自分に会えるのは・・・

      インスタで出逢ったkobayasigahakuさんのことば。    本当の自分に会えるのは 順風満帆の時じゃない 荒波に立つ 嵐の中だ 

  • 十五夜

     今宵十五夜。  職場の一角に、こんな粋な計らいをする人がいるので、 私しゃ もう少し勤めてみようかなあ・・・って、頑張れる。  昔から尊敬する先輩の計らいです。 &nb

  • メガネ

     おでこ(額)にメガネをかけたまま、「僕(私)のメガネ 知らない?」と探し回っている人の話は何度も聞いたことがあるけれど、 私が昨夜やらかしたのは、おでこのメガネの上に、さらにメガネをのせておでこにふたつのメガネをかけて

  • 『愛することばあなたへ』を読む

     瀬戸内寂聴さんへのインタビュー記事などは面白く読んでいたのだけれど、ご著書を読んだのは初めてかも・・・ 実に“人間臭い(?)”人だなあと思いました。  『愛することばあなたへ

  • 体調を壊して考えたこと

     季節の変わり目に、疲れが一気にドバーッと噴出したかのように体調を壊しました。 朝、仕事は休む旨を、私よりうーんと若い上司にLINEで連絡して寝込みました。何の気兼ねもなく、LINEで連絡して仕事を休めるなんて・・・良い

  • 今日のお絵描き:風神雷神

         筆ペンで自分流の文字を書く「己書」を習い始めて一年になります。筆ペンで自分流の文字を書きたくて始めたのに、なぜか、このごろ絵ばかりを描いています。 絵を描くことは子どもの

  • 『選ぶ力』

     五木寛之さんの著書、今度は『選ぶ力』ですよ〜ん   『選ぶ力』  五木寛之 文藝春秋 / 2012年11月発行  日々の暮らしは無意識のうちにも、何を食べるか、何を着る

  • ポポー

     母の命日だったのでお墓参りに行った帰り、道の駅に立ち寄ったら産直コーナーに、「ポポー」なるフルーツが並んでいました。500円也。 買ってみました。  「ポポー」とは温帯果樹であるが、寒さには非常に強く、秋に黄

  • 彼岸花

          何を合図か 一斉に 土手を燃やして 彼岸花    彼岸花の別名 死人花地獄花痺れ花天蓋花狐花狐の松

  • たとえば ’20、9月15日

     姪の誕生日なので、朝、「おめでとう!」とLINEを送ったら、「ありがとう♥ もう31歳💦 既に身体が重いわぁ (;'∀')」だって。 Σ(◕Д&

  • 嫌老の本音

     コロナ禍の中、8ヵ月ぶりで髪をカットしに美容室へ行きました。(前髪だけは自分でカットしていました。) 私が行きつけにしている美容室は、閑静な住宅街の中にあって、自宅の一部で営業しているトータル美容に応じるプライベートサ

  • 『孤独のすすめ』を読む

     『孤独のすすめ人生後半の生き方』五木寛之 中央公論新社 / 2017年7月発行   タイトルに期待して読むと、内容はちょっと期待外れかも。サブタイトルの『人生後半の生き方』として読めば納得

  • 嬉しいランチとの出会い

     「凄く良いわよ」と、口コミで情報を得たお宅(お店)が、ずーっと気になっていて、やっと今日、友人とランチに行ってみました。 気さくな奥様が自宅を開放して、ひとりで切り盛りしながらランチのみを営業しています。(完全予約制)

  • 茄子と茗荷の浅漬け

     新聞のお料理コーナーで紹介されていたので、作ってみたら、美味しかった。 茄子はヘタを取り、縦に3本ほど皮をむいて縞目にして、適当な大きさに切ります。茗荷は薄い輪切りに。 ボウルに水2cup、塩大匙1を混ぜ、塩

  • 『モリー先生との火曜日』を読む

     『モリー先生との火曜日』 ミッチ・アルボム   別宮貞徳(訳) NHK出版 / 2020年2月第37刷発行  同僚Aが読んで感動して、同僚Bに貸し、それを読んだ同僚Bも「すごく良かった」と

  • 『大河の一滴』を読む

     『大河の一滴』  五木寛之 幻冬舎/令和2年6月 46版発行   初版は平成11年。約25年前の発行です。著者の五木寛之さんは60歳代前半。 25年後の今日、コロナ禍という状況下

  • スリムに

     先月の家計簿を〆ていたら、食費(外食を含む)が夫婦二人暮らしで10万円弱だった。年金暮らしの我が家。(私の給料は、私のもの (゚ー゚;))これはちょっと食い過ぎかも・・ってことで、財布の紐を締めることにした。そして、その夜、体重

  • カレンダーを捲る

     八月も今日で終わりです。  トイレに掛けてある「ダ〇キン」のカレンダー、“八月の言葉”は、「人は自己の運命開拓者である」です。  一日一日を大切に過ごしているつもり

カテゴリー一覧
商用