searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Igawaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Blogical
ブログURL
https://blog.logical.co.jp/
ブログ紹介文
AWS/Salesforceを中心に様々な情報を発信していきます。Cloud Computing/Azure AD/GCP
更新頻度(1年)

41回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/10/15

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Igawaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Igawaさん
ブログタイトル
Blogical
更新頻度
41回 / 365日(平均0.8回/週)
フォロー
Blogical

Igawaさんの新着記事

1件〜30件

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - ユーザインターフェース(1)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのユーザーインターフェースの範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - ビジネスロジックとプロセスの自動化(1)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのビジネスロジックとプロセスの自動化の範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - アプリケーションのリリース(2)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのユーザーインターフェースの範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - ユーザーインターフェース(2)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのユーザーインターフェースの範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - データモデリングおよび管理(2)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのデータモデリングおよび管理の範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Trailheadモジュールの紹介(4) - Shield Platform Encryption の設定と管理

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceのTrailheadモジュールからShield Platform Encryptionという Salesforceのセキュリティ設定を行うモジュールをご紹介させて頂きます。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - データモデリングおよび管理(1)

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドにある[データモデリングおよび管理]の範囲について作成させて頂きました。*1 フラッシュカードのような問題対策のコンテンツではありませんが、試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。 資格対策コンテンツは、問題数が多いため説明文の記載が不足するかもしれませんが、画像をみて内容を補完下さい。 こちらの記事はUdemyのSalesforceの資格学習コンテンツを参考にさせて頂いております…

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - アプリケーションのリリース(1)

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドにある[アプリケーションのリリース]の範囲について作成させて頂きました。*1 資格一覧 - セールスフォース・ドットコム フラッシュカードのような問題対策のコンテンツではありませんが、試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。 資格対策コンテンツは、問題数が多いため説明文の記載が不足するかもしれませんが、画像をみて内容を補完下さい。 こちらの記事はUdemyのSalesforceの資…

  • 【iOS】Amazon Cognito/AWS Amplifyを用いたログイン機能の実装

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。 今回はiOSアプリの中でよく見られるユーザーログイン機能の実装を、AWSのサービスであるAmazon CognitoとAWS Amplifyを用いて行いたいと思います。 はじめに 前提条件 手順 環境構築 Xcode・Swift Node.js・npm git AWS CLI CocoaPods Amplify CLI セットアップ アプリケーションの作成 Amplifyライブラリのインストール バックエンド設定 アプリケーション設定 ユーザーの登録 ログイン ログアウト 起動時にログイン状態を確認する まとめ 参考文献

  • Trailheadモジュールの紹介(2) - Visual Studio Codeを使用したAura コンポーネントの作成

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceのTrailheadモジュールからVisual Studio Codeを使用して Aura コンポーネントを作成する方法のモジュールをご紹介させて頂きます。

  • Trailheadモジュールの紹介(1) - Visual Studio Codeを使用したLightning Web コンポーネントの作成

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceのTrailheadモジュールからVisual Studio Codeを使用して Lightning Web コンポーネントを作成する方法のモジュールをご紹介させて頂きます。

  • Salesforce Rest API連携用 Javaプログラム(Eclipse IDE) 設定(3) - JavaプログラムによるSalesforceとの連携(Rest APIによるログイン)

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Eclipse IDEを使用して、JavaプログラムからSalesforceに連携するプログラム作成方法をご紹介させて頂きます。 既存のJava開発プロジェクトでのSalesforce連携などにご検討下さい。 この記事では、Eclipse IDEを使用して、(3)Javaプロジェクトの作成・Rest APIによる疎通確認を目的とします。

  • Salesforce Rest API連携用 Javaプログラム(Eclipse IDE) 設定(2) - 使用ライブラリ(外部JARファイル)の用意

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Eclipse IDEを使用して、JavaプログラムからSalesforceに連携するプログラム作成方法をご紹介させて頂きます。 既存のJava開発プロジェクトでのSalesforce連携などにご検討下さい。 この記事では、使用ライブラリ(外部JARファイル)の取得方法について取り扱います。

  • Oracle SQL Developerを用いたデータベースユーザ作成方法について

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 ブロジカルのブログ記事にて、Pythonを使用してデータベースとSalesforceを接続する場合、 Tableau Desktopを使用したデータ可視化で、SalesforceとOracle Databaseとのを連携方法をご紹介させて頂きました。 Oracle Databaseを使用した際に使用したOracle SQL Developerですが、 データベースのユーザ作成を行う場合にも作成できます。 この記事では、Oracle SQL Developerを用いたOracle Databaseユーザの作成方法についてご紹介…

  • Salesforce Rest API連携用 Javaプログラム(Eclipse IDE) 設定(1) - 接続アプリケーション作成

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Eclipse IDEを使用して、JavaプログラムからSalesforceに連携するプログラム作成方法をご紹介させて頂きます。 既存のJava開発プロジェクトでのSalesforce連携などにご検討下さい。 この記事では、Salesforce側の接続アプリケーション作成について取り扱います。

  • Tableau Desktopを用いたデータの可視化(3) - Salesforce接続・データソースのグラフ化

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceやOracle Databaseなど各種データソースを可視化する Tableau Desktopというプロダクトをご紹介させて頂きます。 既に導入済みの各種データソースに格納されたデータの再活用などにご検討下さい。 * Tableau CRM(旧Salesforce Einstein Analytics)でなくTableau Desktopであることにご注意下さい。 この記事では、Salesforce接続・グラフ化について取り扱います。 この記事は、Tableau Desktopを用いたデータの可視化(2…

  • Tableau Desktopを用いたデータの可視化(2) - Oracle Database接続

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceやOracle Databaseなど各種データソースを可視化する Tableau Desktopというプロダクトをご紹介させて頂きます。 既に導入済みの各種データソースに格納されたデータの再活用などにご検討下さい。 Tableau CRM(旧Salesforce Einstein Analytics)でなくTableau Desktopであることにご注意下さい。 この記事では、Tableau DesktopのOracle Database接続について取り扱います。 この記事は、Tableau Deskto…

  • Tableau Desktopを用いたデータの可視化(1) - Tableauインストール

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceやOracle Databaseなど各種データソースを可視化する Tableau Desktopというプロダクトをご紹介させて頂きます。 既に導入済みの各種データソースに格納されたデータの再活用などにご検討下さい。 Tableau CRM(旧Salesforce Einstein Analytics)でなくTableau Desktopであることにご注意下さい。 この記事では、Tableau Desktopのインストールについて取り扱います。

  • Pythonを使用したデータベースとSalesforceの連携方法(3) - Pythonを用いたOracle DatabaseとSalesforceの連携

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Pythonを使用してデータベースとSalesforceを連携するSalesforceインテグレーションの記事を執筆させて頂きます。 目標としては、Pythonプログラムにて、Oracle DatabaseにSQLを実行して取得した結果を加工して、 SalesforceにAPI連携できれば、目標達成としています。 ブログの記事構成は3部構成となっており、(1)Oracle Databaseインストール方法及びGUI環境構築、 (2)Pythonライブラリインストール・データ取得・インポート、 (3)Pythonを用いたOra…

  • Pythonを使用したデータベースとSalesforceの連携方法(2) - Python環境構築・ライブラリインストール・データ取得・インポート

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Pythonを使用してデータベースとSalesforceを連携するSalesforceインテグレーションの記事を執筆させて頂きます。 目標としては、Pythonプログラムにて、Oracle DatabaseにSQLを実行して取得した結果を加工して、 SalesforceにAPI連携できれば、目標達成としています。 Pythonライブラリを使用することで、実は簡単にSalesforce連携できます。 ブログの記事構成は3部構成となっており、(1)Oracle Databaseインストール方法及びGUI環境構築、 (2)Pyth…

  • Pythonを使用したデータベースとSalesforceの連携方法(1) - Oracle Databaseインストール方法及びGUI環境構築まで

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Pythonを使用してデータベースとSalesforceを連携するSalesforceインテグレーションの記事を執筆させて頂きます。 目標としては、Pythonプログラムにて、Oracle DatabaseにSQLを実行して取得した結果を加工して、 SalesforceにAPI連携できれば、目標達成としています。 ブログの記事構成は3部構成となっており、(1)Oracle Databaseインストール方法及びGUI環境構築、 (2)Pythonライブラリインストール・データ取得・インポート。 (3)Pythonを用いたOra…

  • Heroku Postgresで単純にSalesforceオブジェクトのレコード連携

    SalesforceからHerokuにレコードを連携するSalesforceインテグレーションの記事を執筆させて頂きます。初心者向けに、Heroku環境の取得からHerokuにあるHeroku PostgresにSalesforceのレコードを連携する方法までをご紹介させて頂きます。ブログ記事の範囲としては、SalesforceのオブジェクトのレコードをHeroku Postgresに連携させるところまでです。 Heroku PostgresでSQLを実行して、その結果、Salesforceから連携したレコードを表示することが出来れば目標達成としています。

  • Salesforceを用いたシングルサインオンについて(3) - SAMLを用いたシングルサインオンのトラブルシューティング方法について

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SAMLを用いたシングルサインオンのトラブルシューティング方法についての記事を執筆させて頂きます。 この記事は、SalesforceでSAMLシングルサインオンする場合を例に、 トラブルシューティングをする方法を紹介させて頂きます。 ブログ記事の範囲としては、SAMLシングルサインオン時のSAML Responseのエラー確認をするところまでです。 初心者向けに、SAML-tracerを用いたSAML Responseの取得方法から、 SalesforceでSAMLアサーションする方法までをご紹介させて頂きます。 この記事で…

  • Salesforceを用いたシングルサインオンについて(2) - Salesforce(IDP)とSalesforce(SP)のシングルサインオン

    SalesforceからSalesforceにSAMLシングルサインオンで連携する Salesforceインテグレーションの記事です。

  • Salesforceを用いたシングルサインオンについて(1) - axiom(IDP)とSalesforce(SP)のシングルサインオン

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 axiomからSalesforceにSAMLシングルサインオンで連携するSalesforceインテグレーションの記事を執筆させて頂きます。 この記事は、Salesforceとaxiomを使用します。初心者向けに、axiomに値を設定して、シングルサインオンで、 ユーザ名・パスワードを使用せずにSalesforceにログインする連携方法をご紹介させて頂きます。 ブログ記事の範囲としては、axiomの入力項目値、Salesforce側の連携設定を画像で紹介するところまでです。 axiomからSalesforce組織にSAMLシン…

  • SSM を使用したプライベート EC2 インスタンスへの接続

    こんにちは、ロジカル・アーツの井川です。 ここ最近、SSM(AWS Systems Manager)を使用して EC2 インスタンスに接続する機会が増えてきたので、その手順をまとめたいと思います。SSM を使用することで、踏み台サーバを必要とせず、また、接続のために所定のポートを開放しなくてもよくなります。 今回は、プライベートサブネットにある EC2 インスタンス(Windows Server)に接続します。

  • Amazon SageMaker Studioを使用して機械学習モデルを作成してみた

    こんにちは。ロジカル・アーツの福島です。 今回はAWSサービスの一つである、Amazon SageMaker Studioを使用して機械学習モデルを作成し、予測を行いたいと思います。 はじめに Amazon SageMakerについて Amazon SageMaker Studio Amazon SageMaker Autopilot Step1:AWSアカウントを作成する Step2:Amazon SageMaker Studioをセットアップする Step3:データセットをダウンロードする SageMaker Studioを準備する データセットを取得する データセットを読み込み、正常にダ…

  • Dockerコンテナの移行とlatestタグについて

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。先日、ある環境上に動いているDockerコンテナを調査し、移行のためローカルで同じコンテナを動かし動作確認をするという業務を行いました。その際の大まかな流れを紹介しようと思います。また動作していたDockerコンテナのイメージのタグがlatestとなっており、ミスや事故が起こりやすい状況でしたのでその点についても注目しようと思います。 Dockerについて イメージの取得・タグについて latestタグを使用する問題点 今回の対処法 まとめ

  • VS Code で Python の仮想環境を扱う

    こんにちは、ロジカル・アーツの笹原です。 最後に(そして最初に)記事を投稿してから既に一年以上が経過してしまいました。。生存報告も兼ねて、今回は VS Code の開発環境の設定についてお伝えしたいと思います。

  • Amazon CloudWatch Logsで監視対象のファイル名が日付で動的に変化する場合の設定について

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。先日、業務で既存のアプリケーションの改修作業があり、テスト環境に本番環境と同じCloudWatch Logsの設定を行う機会がありました。本番環境のログのPATHが日時を含む形になっており、それに対応してCloudWatch Logsの設定も動的に変化していました。一連の設定の中でcronを用いている部分に気づかず、テスト環境で動的にCloudWatch Logsの設定を変化させている方法が分かりませんでした。そこで今回はその際の一連の設定についてまとめようと思います。 なお、本文でも述べていますが、現在はCloudWatch Logsエージェントではな…

カテゴリー一覧
商用