chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Igawa
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/10/15

arrow_drop_down
  • ユーザ認証を設定した OPC UA サーバから IoT SiteWise でデータを取り込む

    こんにちは、ロジカル・アーツの井川です。 OPC UA サーバではユーザ名とパスワードによるユーザ認証を設定することができます。今回は、ユーザ認証が設定されたサーバから SiteWise でデータを取り込んでみたいと思います。

  • Windows で SAM CLI の sam init コマンドを実行するとエラーが発生する

    こんにちは、ロジカル・アーツの井川です。 久しぶりに SAM を使おうと思い、最新のバージョンにアップグレードしてから sam init を対話的に実行すると Error: Unstable state when updating repo. Check that you have permissions to create/delete files in C:\Users\Logical\AppData\Roaming\AWS SAM directory or file an issue at https://github.com/aws/aws-sam-cli/issues というエラーが…

  • VSCode で Python の開発環境を用意する【単体テスト編】

    こんにちは、ロジカル・アーツの笹原です。 今回は、VS Code と pytest を使用した Python コードの単体テストの方法を紹介したいと思います。

  • VSCode で Python の開発環境を用意する【デバッグ編】

    こんにちは、ロジカル・アーツの笹原です。 今回は、VS Code を使用した Python コードのデバッグ方法を紹介したいと思います。

  • リモートサーバにプリインストールする VS Code 拡張機能を設定する

    こんにちは、ロジカル・アーツの笹原です。 短いですが VS Code のリモート開発に関する Tips をご紹介します。

  • VS Code で拡張機能の有効/無効をワークスペース単位で設定する

    こんにちは、ロジカル・アーツの笹原です。 しばらく記事を投稿できていなかったので、小ネタになりますが、VS Code の Tips を一つ紹介したいと思います。タイトル通りですが、ワークスペース単位で拡張機能の有効/無効を設定する方法をご紹介したいと思います。

  • 起動テンプレートを使用してEC2インスタンスを起動する方法

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。 構成が同じ複数のEC2インスタンスを起動するときに、手動で起動するのはヒューマンエラーが起こる可能性があります。そこで、起動テンプレートを使用すると全く同じEC2インスタンスを簡単に起動することができるので紹介します。 起動テンプレートとは メリット 起動テンプレートの作成 起動テンプレートの使用 起動テンプレートの削除 終わりに 参考

  • Salesforceでブランドサイト構築 - Experience Cloud(9) - 試聴予約のキャンセル防止設定

    Salesforceの Experience Cloud機能における`試聴予約のキャンセル防止設定`について、ご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforceでブランドサイト構築 - Experience Cloud(8) - カスタムオブジェクトで予約

    Salesforceの Experience Cloud機能における`カスタムオブジェクトで予約`について、ご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforceでブランドサイト構築 - Experience Cloud(7) - カスタムオブジェクト“試聴予約”を追加

    Salesforceの Experience Cloud機能におけるカスタムオブジェクト“試聴予約”を追加について、ご紹介させて頂きたいと思います。

  • 【AWS Chalice】API Gatewayで特定のIPアドレスからのみ通信を許可する

    こんにちは、ロジカル・アーツ株式会社の高橋です。 AWSでサーバレスなシステムを構築する上で、Amazon API Gatewayを介した通信はよくある手法です。 ただし、そのままAPI GatewayをデプロイしてしまうとAPIは全世界に向けて公開されることとなります。 社内限定で扱うような業務用アプリケーションの場合「特定のIPアドレスからのみ通信を許可したい」ということはよくあることだと思います。 今回はAWS Chaliceで作成したAPI Gatewayに対して「API Gatewayで特定のIPアドレスからのみ通信を許可する」という設定を行おうと思います。 AWS Chaliceに…

  • Salesforceでブランドサイト構築 - Experience Cloud(6) - コミュニティにログイン

    Salesforceの Experience Cloud機能におけるコミュニティにログインについて、ご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforceでブランドサイト構築 - Experience Cloud(5) - ヘッダーを調整する

    Salesforceの Experience Cloud機能におけるヘッダーを調整ついて、ご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforceでブランドサイト構築 - Experience Cloud(4) - Community コンテンツの作成

    Salesforceの Experience Cloud機能におけるCommunity コンテンツの作成ついて、ご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforceでブランドサイト構築 - Experience Cloud(3) - Salesforce CMSのセットアップ

    Salesforceの Experience Cloud機能におけるSalesforce CMSのセットアップついて、ご紹介させて頂きたいと思います。

  • IoT SiteWise を使用してデータを取り込んでみた

    こんにちは、ロジカル・アーツの井川です。 しばらく前に、PoC で IoT SiteWise を使用して工場の設備データをクラウドにアップするということをしました。当時は東京リージョンは対応していなかったのですが、それから色々変化があったので紹介したいと思います。

  • Salesforceでブランドサイト構築 - Experience Cloud(2) - Communityの基本設定

    Salesforceの Experience Cloud機能におけるCommunityの基本設定ついて、ご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Sales&Pardot連携(7) - キャンペーンの追加・キャンペーンインフルエンスの設定

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotのSalesforce連携について、キャンペーンの追加・キャンペーンインフルエンスの設定をご紹介させて頂きたいと思います。

  • VS Code と SSM でリモート開発

    こんにちは、ロジカル・アーツの笹原です。 今回は、VS Code と SSM(AWS Systems Manager)を組み合わせたリモート開発についてご紹介したいと思います。

  • Salesforceでブランドサイト構築 - Experience Cloud(1) - 初期設定

    Salesforceの Experience Cloud機能における初期設定ついて、ご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Mulesoft(2) - API ビルド

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるMuleSoftのAPIビルドをご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Mulesoft(1) - API環境構築の前提条件(サインアップ・ダウンロード・Anypoint Exchange)

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるMuleSoftのAPI環境構築の前提条件をご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Sales&Pardot連携(6) - キャンペーンの設定

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotのSalesforce連携について、キャンペーンの設定をご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Sales&Pardot連携(5) - カスタムオブジェクトの同期

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotのSalesforce連携について、カスタムオブジェクトの同期をご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Sales&Pardot連携(4) - 取引先責任者ページレイアウト・メールテンプレート設定の設定

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotのSalesforce連携について、取引先責任者ページレイアウト・メールテンプレート設定の設定をご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Sales&Pardot連携(3) - PardotレコードとSalesCloudの商談レコードの同期

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotのSalesforce連携について、PardotレコードとSalesCloudの商談レコードの同期をご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Sales&Pardot連携(2) - カスタムリダイレクトの作成

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotのSalesforce連携について、カスタムリダイレクトの作成をご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Sales&Pardot連携(1) - 項目の同期設定(プロスペクト項目)

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotのSalesforce連携について、項目の同期設定(プロスペクト項目)をご紹介させて頂きたいと思います。

  • VSCode で Python の開発環境を用意する【リンター・フォーマッター編】

    こんにちは、ロジカル・アーツの笹原です。 今回は、前回に引き続き Python の VS Code の開発環境の設定についてお伝えしたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Pardot(10) - Pardot レポート

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotについて、Pardot LightningのPardot レポートをご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Pardot(9) - プロスペクト情報

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotについて、Pardot Lightningのプロスペクト情報をご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Pardot(8) - ランディングページ作成

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotについて、Pardot Lightningのランディングページ作成をご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Pardot(7) - Engagement Studio

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotについて、Pardot LightningのEngagement Studioをご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Pardot(6) - メールテンプレート

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotについて、Pardot Lightningのメールテンプレートをご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Pardot(5) - リスト作成

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotについて、Pardot Lightningのリスト作成をご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Pardot(4) - Pardotダッシュボード

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotについて、Pardot LightningのPardotダッシュボードをご紹介させて頂きたいと思います。

  • textlintとテキスト校正くんで文書のチェックを行う

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。Blogicalでは投稿される前に、執筆者以外にレビューをしてもらう運用をしています。レビューで文章のケアレスミスを指摘してもらうのはとても申し訳ない気持ちになります。ブログの作成にはVS Codeを使用しています。そこでVS Codeと連携し、自動で文章をチェックできるツールを導入してみました。また前回の私のブログをチェックツールに通すことでどのような指摘があるのかを調べます。 前提 使用するツール 導入方法 textlintのインストール・ルール設定 1.インストール 2.ルールの設定 VS Codeでtextlintの拡張機能をインストール VS …

  • Salesforce Customer 360 - Pardot(3) - 初期設定(2)

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotについて、Pardot LightningでPardotの初期設定を行うまでをご紹介させて頂きたいと思います。

  • Salesforce Customer 360 - Pardot(2) - 初期設定(1)

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 先日、Salesforceのパートナー企業向けウェビナーがあり、 Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotのウェビナーを受講しました。 Pardotについては、Pardot Classicが2022年10月17日からアクセスできなくなくなることから、 Pardot Lightningの構築方法について簡単にまとめさせて頂こうと思います。 この記事では、Pardotの初期設定の権限設定について記載させて頂きます。 Pardotの初期設定では権限設定が必要です。記事は2本に分…

  • Salesforce Customer 360 - Pardot(1) - Pardot環境の構築

    Salesforce Customer 360プロダクトの一つであるPardotについて、Pardot LightningでPardot管理者を割り当ててPardot設定を表示させるまでを行いたいと思います。

  • Winter '22のリリースノートで新機能を確認してみました(ケース・Tableau CRM)

    SalesforceのWinter '22のリリースで追加された機能からケース、Tableau CRMの機能についてピックアップしてご紹介させて頂いています。

  • AWS Chaliceに入門する

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。先日APIを作成する機会があり、API Gateway + Lambdaという構成で構築しました。その際はPythonを使用し、SAM + Swaggerを利用して開発を行いました。AWS上でPythonを使用してAPIを作成する場合にはAWS Chaliceというサービスがあり、今後の選択肢を増やすため入門してみたいと思います。今回はAWS Chaliceのインストール・デプロイ・削除までの流れを最小の構成で行なっていこうと思います。 AWS Chaliceとは 開発環境 サンプルのAPIの作成 インストール プロジェクトの作成 デプロイ リソースの削…

  • Trailhead:取引先チームの設定方法について

    Salesforceには、取引先に関するコラボレーションを行うために 取引先を担当するユーザで構成されるチームを設定する取引先チームという機能があります。 Trailhead記事から取引先チームの設定方法についてご紹介させて頂きます。

  • Trailheadプロジェクトの紹介(1) - サポートケース管理について - サポートプロセス・レコードタイプ・キュー・エスカレーションルール

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceのTrailheadプロジェクトからお問い合わせ管理などコンタクトセンターの構築で使用される サポートケースを管理する設定としてサポートプロセス・レコードタイプ・キュー・エスカレーションルールの4つの設定をご紹介させて頂きます。

  • テクニカルサポート記事:Lightning アプリケーションビルダーでレコード詳細画面をカスタマイズする方法

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 お客様からご質問頂くお問い合わせの回答記事として、 Lightning アプリケーションビルダーでレコード詳細画面のページレイアウトをカスタマイズする方法を解説させて頂きます。 この記事では、ページレイアウトをカスタマイズして、レコード詳細画面をタブを変更します。

  • Step Functions で並列処理をする

    こんにちは、ロジカル・アーツの井川です。 以前 Step Functions についての記事を書きましたが、そこでは扱わなかった並列処理を扱ってみたいと思います。 なお、記事の最後の方に今回作成するリソースを CloudFormation テンプレート化したものを載せてあります。必要であればご活用ください。

  • テクニカルサポート記事:見積オブジェクトと商談オブジェクトの同期方法について

    お客様からご質問頂くSalesforceのお問い合わせの一つをご紹介させて頂きます。 ご紹介させて頂くのは、見積オブジェクトと商談オブジェクトの同期方法です。 標準オブジェクトの見積が有効化されている組織での設定手順をご案内させて頂きます。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - SALESFORCE の基本(3)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのSALESFORCE の基本の範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - SALESFORCE の基本(1)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのSALESFORCE の基本の範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - ビジネスロジックとプロセスの自動化(3)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのビジネスロジックとプロセスの自動化の範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - SALESFORCE の基本(2)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのSALESFORCE の基本の範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - アプリケーションのリリース(3)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのアプリケーションのリリースの範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - ユーザインターフェース(3)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのユーザーインターフェースの範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - ビジネスロジックとプロセスの自動化(2)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのビジネスロジックとプロセスの自動化の範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - データモデリングおよび管理(3)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドの データモデリングおよび管理の範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - ユーザインターフェース(1)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのユーザーインターフェースの範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - ビジネスロジックとプロセスの自動化(1)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのビジネスロジックとプロセスの自動化の範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - アプリケーションのリリース(2)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのユーザーインターフェースの範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - ユーザーインターフェース(2)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのユーザーインターフェースの範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - データモデリングおよび管理(2)

    Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドのデータモデリングおよび管理の範囲です。 試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。

  • Trailheadモジュールの紹介(4) - Shield Platform Encryption の設定と管理

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceのTrailheadモジュールからShield Platform Encryptionという Salesforceのセキュリティ設定を行うモジュールをご紹介させて頂きます。

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - データモデリングおよび管理(1)

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドにある[データモデリングおよび管理]の範囲について作成させて頂きました。*1 フラッシュカードのような問題対策のコンテンツではありませんが、試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。 資格対策コンテンツは、問題数が多いため説明文の記載が不足するかもしれませんが、画像をみて内容を補完下さい。 こちらの記事はUdemyのSalesforceの資格学習コンテンツを参考にさせて頂いております…

  • Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格 - アプリケーションのリリース(1)

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー資格の受験ガイドに準拠した記事です。 学習ガイドにある[アプリケーションのリリース]の範囲について作成させて頂きました。*1 資格一覧 - セールスフォース・ドットコム フラッシュカードのような問題対策のコンテンツではありませんが、試験受験前に機能全体を見直す際に参考にしてみて下さい。 資格対策コンテンツは、問題数が多いため説明文の記載が不足するかもしれませんが、画像をみて内容を補完下さい。 こちらの記事はUdemyのSalesforceの資…

  • 【iOS】Amazon Cognito/AWS Amplifyを用いたログイン機能の実装

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。 今回はiOSアプリの中でよく見られるユーザーログイン機能の実装を、AWSのサービスであるAmazon CognitoとAWS Amplifyを用いて行いたいと思います。 はじめに 前提条件 手順 環境構築 Xcode・Swift Node.js・npm git AWS CLI CocoaPods Amplify CLI セットアップ アプリケーションの作成 Amplifyライブラリのインストール バックエンド設定 アプリケーション設定 ユーザーの登録 ログイン ログアウト 起動時にログイン状態を確認する まとめ 参考文献

  • Trailheadモジュールの紹介(2) - Visual Studio Codeを使用したAura コンポーネントの作成

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceのTrailheadモジュールからVisual Studio Codeを使用して Aura コンポーネントを作成する方法のモジュールをご紹介させて頂きます。

  • Trailheadモジュールの紹介(1) - Visual Studio Codeを使用したLightning Web コンポーネントの作成

    日頃よりお世話になっております。 ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceのTrailheadモジュールからVisual Studio Codeを使用して Lightning Web コンポーネントを作成する方法のモジュールをご紹介させて頂きます。

  • Salesforce Rest API連携用 Javaプログラム(Eclipse IDE) 設定(3) - JavaプログラムによるSalesforceとの連携(Rest APIによるログイン)

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Eclipse IDEを使用して、JavaプログラムからSalesforceに連携するプログラム作成方法をご紹介させて頂きます。 既存のJava開発プロジェクトでのSalesforce連携などにご検討下さい。 この記事では、Eclipse IDEを使用して、(3)Javaプロジェクトの作成・Rest APIによる疎通確認を目的とします。

  • Salesforce Rest API連携用 Javaプログラム(Eclipse IDE) 設定(2) - 使用ライブラリ(外部JARファイル)の用意

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Eclipse IDEを使用して、JavaプログラムからSalesforceに連携するプログラム作成方法をご紹介させて頂きます。 既存のJava開発プロジェクトでのSalesforce連携などにご検討下さい。 この記事では、使用ライブラリ(外部JARファイル)の取得方法について取り扱います。

  • Oracle SQL Developerを用いたデータベースユーザ作成方法について

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 ブロジカルのブログ記事にて、Pythonを使用してデータベースとSalesforceを接続する場合、 Tableau Desktopを使用したデータ可視化で、SalesforceとOracle Databaseとのを連携方法をご紹介させて頂きました。 Oracle Databaseを使用した際に使用したOracle SQL Developerですが、 データベースのユーザ作成を行う場合にも作成できます。 この記事では、Oracle SQL Developerを用いたOracle Databaseユーザの作成方法についてご紹介…

  • Salesforce Rest API連携用 Javaプログラム(Eclipse IDE) 設定(1) - 接続アプリケーション作成

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Eclipse IDEを使用して、JavaプログラムからSalesforceに連携するプログラム作成方法をご紹介させて頂きます。 既存のJava開発プロジェクトでのSalesforce連携などにご検討下さい。 この記事では、Salesforce側の接続アプリケーション作成について取り扱います。

  • Tableau Desktopを用いたデータの可視化(3) - Salesforce接続・データソースのグラフ化

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceやOracle Databaseなど各種データソースを可視化する Tableau Desktopというプロダクトをご紹介させて頂きます。 既に導入済みの各種データソースに格納されたデータの再活用などにご検討下さい。 * Tableau CRM(旧Salesforce Einstein Analytics)でなくTableau Desktopであることにご注意下さい。 この記事では、Salesforce接続・グラフ化について取り扱います。 この記事は、Tableau Desktopを用いたデータの可視化(2…

  • Tableau Desktopを用いたデータの可視化(2) - Oracle Database接続

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceやOracle Databaseなど各種データソースを可視化する Tableau Desktopというプロダクトをご紹介させて頂きます。 既に導入済みの各種データソースに格納されたデータの再活用などにご検討下さい。 Tableau CRM(旧Salesforce Einstein Analytics)でなくTableau Desktopであることにご注意下さい。 この記事では、Tableau DesktopのOracle Database接続について取り扱います。 この記事は、Tableau Deskto…

  • Tableau Desktopを用いたデータの可視化(1) - Tableauインストール

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SalesforceやOracle Databaseなど各種データソースを可視化する Tableau Desktopというプロダクトをご紹介させて頂きます。 既に導入済みの各種データソースに格納されたデータの再活用などにご検討下さい。 Tableau CRM(旧Salesforce Einstein Analytics)でなくTableau Desktopであることにご注意下さい。 この記事では、Tableau Desktopのインストールについて取り扱います。

  • Pythonを使用したデータベースとSalesforceの連携方法(3) - Pythonを用いたOracle DatabaseとSalesforceの連携

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Pythonを使用してデータベースとSalesforceを連携するSalesforceインテグレーションの記事を執筆させて頂きます。 目標としては、Pythonプログラムにて、Oracle DatabaseにSQLを実行して取得した結果を加工して、 SalesforceにAPI連携できれば、目標達成としています。 ブログの記事構成は3部構成となっており、(1)Oracle Databaseインストール方法及びGUI環境構築、 (2)Pythonライブラリインストール・データ取得・インポート、 (3)Pythonを用いたOra…

  • Pythonを使用したデータベースとSalesforceの連携方法(2) - Python環境構築・ライブラリインストール・データ取得・インポート

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Pythonを使用してデータベースとSalesforceを連携するSalesforceインテグレーションの記事を執筆させて頂きます。 目標としては、Pythonプログラムにて、Oracle DatabaseにSQLを実行して取得した結果を加工して、 SalesforceにAPI連携できれば、目標達成としています。 Pythonライブラリを使用することで、実は簡単にSalesforce連携できます。 ブログの記事構成は3部構成となっており、(1)Oracle Databaseインストール方法及びGUI環境構築、 (2)Pyth…

  • Pythonを使用したデータベースとSalesforceの連携方法(1) - Oracle Databaseインストール方法及びGUI環境構築まで

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 Pythonを使用してデータベースとSalesforceを連携するSalesforceインテグレーションの記事を執筆させて頂きます。 目標としては、Pythonプログラムにて、Oracle DatabaseにSQLを実行して取得した結果を加工して、 SalesforceにAPI連携できれば、目標達成としています。 ブログの記事構成は3部構成となっており、(1)Oracle Databaseインストール方法及びGUI環境構築、 (2)Pythonライブラリインストール・データ取得・インポート。 (3)Pythonを用いたOra…

  • Heroku Postgresで単純にSalesforceオブジェクトのレコード連携

    SalesforceからHerokuにレコードを連携するSalesforceインテグレーションの記事を執筆させて頂きます。初心者向けに、Heroku環境の取得からHerokuにあるHeroku PostgresにSalesforceのレコードを連携する方法までをご紹介させて頂きます。ブログ記事の範囲としては、SalesforceのオブジェクトのレコードをHeroku Postgresに連携させるところまでです。 Heroku PostgresでSQLを実行して、その結果、Salesforceから連携したレコードを表示することが出来れば目標達成としています。

  • Salesforceを用いたシングルサインオンについて(3) - SAMLを用いたシングルサインオンのトラブルシューティング方法について

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 SAMLを用いたシングルサインオンのトラブルシューティング方法についての記事を執筆させて頂きます。 この記事は、SalesforceでSAMLシングルサインオンする場合を例に、 トラブルシューティングをする方法を紹介させて頂きます。 ブログ記事の範囲としては、SAMLシングルサインオン時のSAML Responseのエラー確認をするところまでです。 初心者向けに、SAML-tracerを用いたSAML Responseの取得方法から、 SalesforceでSAMLアサーションする方法までをご紹介させて頂きます。 この記事で…

  • Salesforceを用いたシングルサインオンについて(2) - Salesforce(IDP)とSalesforce(SP)のシングルサインオン

    SalesforceからSalesforceにSAMLシングルサインオンで連携する Salesforceインテグレーションの記事です。

  • Salesforceを用いたシングルサインオンについて(1) - axiom(IDP)とSalesforce(SP)のシングルサインオン

    おはようございます。ロジカル・アーツ株式会社のSE 輪島 幸治です。 axiomからSalesforceにSAMLシングルサインオンで連携するSalesforceインテグレーションの記事を執筆させて頂きます。 この記事は、Salesforceとaxiomを使用します。初心者向けに、axiomに値を設定して、シングルサインオンで、 ユーザ名・パスワードを使用せずにSalesforceにログインする連携方法をご紹介させて頂きます。 ブログ記事の範囲としては、axiomの入力項目値、Salesforce側の連携設定を画像で紹介するところまでです。 axiomからSalesforce組織にSAMLシン…

  • SSM を使用したプライベート EC2 インスタンスへの接続

    こんにちは、ロジカル・アーツの井川です。 ここ最近、SSM(AWS Systems Manager)を使用して EC2 インスタンスに接続する機会が増えてきたので、その手順をまとめたいと思います。SSM を使用することで、踏み台サーバを必要とせず、また、接続のために所定のポートを開放しなくてもよくなります。 今回は、プライベートサブネットにある EC2 インスタンス(Windows Server)に接続します。

  • Amazon SageMaker Studioを使用して機械学習モデルを作成してみた

    こんにちは。ロジカル・アーツの福島です。 今回はAWSサービスの一つである、Amazon SageMaker Studioを使用して機械学習モデルを作成し、予測を行いたいと思います。 はじめに Amazon SageMakerについて Amazon SageMaker Studio Amazon SageMaker Autopilot Step1:AWSアカウントを作成する Step2:Amazon SageMaker Studioをセットアップする Step3:データセットをダウンロードする SageMaker Studioを準備する データセットを取得する データセットを読み込み、正常にダ…

  • Dockerコンテナの移行とlatestタグについて

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。先日、ある環境上に動いているDockerコンテナを調査し、移行のためローカルで同じコンテナを動かし動作確認をするという業務を行いました。その際の大まかな流れを紹介しようと思います。また動作していたDockerコンテナのイメージのタグがlatestとなっており、ミスや事故が起こりやすい状況でしたのでその点についても注目しようと思います。 Dockerについて イメージの取得・タグについて latestタグを使用する問題点 今回の対処法 まとめ

  • VS Code で Python の仮想環境を扱う

    こんにちは、ロジカル・アーツの笹原です。 最後に(そして最初に)記事を投稿してから既に一年以上が経過してしまいました。。生存報告も兼ねて、今回は VS Code の開発環境の設定についてお伝えしたいと思います。

  • Amazon CloudWatch Logsで監視対象のファイル名が日付で動的に変化する場合の設定について

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。先日、業務で既存のアプリケーションの改修作業があり、テスト環境に本番環境と同じCloudWatch Logsの設定を行う機会がありました。本番環境のログのPATHが日時を含む形になっており、それに対応してCloudWatch Logsの設定も動的に変化していました。一連の設定の中でcronを用いている部分に気づかず、テスト環境で動的にCloudWatch Logsの設定を変化させている方法が分かりませんでした。そこで今回はその際の一連の設定についてまとめようと思います。 なお、本文でも述べていますが、現在はCloudWatch Logsエージェントではな…

  • UiPathでSalesforceとAmazon Connectをつなげてみた

    UiPathを介したインテグレーション「Salesforceで取引先責任者の氏名を(グローバル)検索すると、その電話番号にAmazon Connectから発呼がなされる」を試してみます。 SalesforceにAmazon Connect CTIアダプタは導入せず、Platformの機能のみ利用します。 また、Amazon Connectに関しては、AWSマネジメントコンソールから、Amazon ConnectインスタンスとIAMのみ宣言的に利用します。 UiPath公式リソースとしては、“UiPath.AmazonConnect.Activities” アクティビティパッケージと、(記事後半では)“UiPath.Salesforce.Activities”アクティビティパッケージを用います。

  • Amazon Connectインテグレーションの二つのTrailhead プロジェクトを試してみた

    Salesforce Trailheadの「Amazon Connectインテグレーションの構築」プロジェクトのハンズオン、および「Build an Amazon Connect SSO Integration with Salesforce」 プロジェクトのハンズオンとを比較対照し、ポイントを挙げていきます。

  • SalesforceコールセンターのTrailhead モジュール/プロジェクトを試してみた

    Salesforce Trailheadの「Lightning Experienceのコールセンターインテグレーション」モジュールのハンズオン、および「サービスコンソールの設定」プロジェクトのハンズオンとを比較対照し、ポイントを挙げていきます。 合わせて、関連モジュール/プロジェクトを読み解き、Salesforceコールセンターの構築に関する総合的な理解を深めようと試みます。

  • FuelPHPにPHPStanを導入し静的解析をする際の拡張元クラスの読み込みの設定

    こんにちは。福島です。今回はFuelPHPというPHPのwebフレームワークを使用したプロジェクトに、PHPStanという静的解析ツールを導入した時、解析対象のクラスの拡張元クラスの読み込みがうまくいかず困りましたので記事にしたいと思います。 静的解析ツールとは PHPStanについて FuelPHPにPHPStanを導入 前提条件 インストール方法 使い方 設定 FuelPHPに導入する際の拡張元のクラスの読み込みの設定 解決策 まとめ 参考資料

  • Step Functions でループ処理をしてみた

    こんにちは。ロジカル・アーツの井川です。 以前に Step Functions を使う機会があったので、整理も兼ねて少しまとめてみたいと思います。今回は三つの Lambda 関数を呼び出しながらループ処理を行う、簡単なステートマシンを作成してみたいと思います。 なお、この記事は大別すると、概念・機能の説明(前半部)とハンズオン(後半部)からなります。とりあえず手を動かしてみたいという方は、以下目次の「Lambda 関数を使ったループ処理」から読み進めるといいかと思います。

  • Amazon Connect の不在着信通知をSNSで構築してみた

    こんにちは、ロジカル・アーツの井川です。 今日は、Amazon Connect とAmazon Simple Notification Service との連携にチャレンジしてみました。 はじめに Amazon Connect と Amazon SNSは非常に相性が良くて、様々なユースケースで活躍すると思います。今回想定するユースケースは、Amazon Connect の標準機能である「携帯電話への転送」を使用し、Amazon Connect での受電を携帯電話へ転送。さらに携帯電話で取れなかった場合は、不在着信としてSMSにて携帯電話へ通知。このようなケースをAmazon SNSを使用して解…

  • SalesCloudコンサルタント試験の学習のポイント

    こんにちは、ロジカル・アーツの寺村です。 先日、SalesCloudコンサルタント試験を受験し合格することができました。 そこで今回は、SalesCloudコンサルタント試験の学習のポイントについて紹介します。これから受験される方や受験を考えている方に読んでいただけると幸いです。 はじめに SalesCloudコンサルタント試験とは 試験内容 使用した教材 利用したSALESFORCEヘルプ 学習の流れ・ポイント 学習流れ 学習のポイント まとめ 参考サイト

  • AWS EMRを使ってみた!

    こんにちは、ロジカル・アーツの井川です。 今日は、AWS EMR について紹介していきたいと思います。 AWS EMRとは? EMRドキュメント によると、EMRは以下のように説明されています。 要するに、機械学習等で用いられる分散フレームワークのApache Spark や Apache Map Reduce等が使える、AWSのマネージドサービスになります。 Amazon EMR は、AWS でビッグデータフレームワーク (Apache Hadoop や Apache Spark など) の実行を簡素化して、大量のデータを処理および分析するマネージド型>クラスタープラットフォームです。これら…

  • Amazon EC2についてまとめてみた。

    こんにちは。ロジカル・アーツ福島です。今回はAWSを使うにあたって絶対に外すことができないEC2についてブログでまとめていきたいと思います。

  • Amazon Polly(+Amazon Transcribe)で伝言ゲーム

    こんにちは、ロジカル・アーツの井川です。 今日は Amazon Polly(+Amazon Transcribe) を使って、伝言ゲームをしたいと思います。 Amazon Pollyとは? 使ってみる 伝言ゲーム S3バケット作成 テキストの音声化 音声のテキスト化 繰り返し(伝言ゲーム)の結果 1回目 2回目 3回目 結果を踏まえて Amazon Polly レキシコン作成 Amazon Transcribe カスタム語彙作成 まとめ Amazon Pollyとは? Amazon Polly は、文章をリアルな音声に変換するサービスです。テキスト読み上げができるアプリケーションを作成できるた…

  • Salesforce認定Platformデベロッパー 試験の学習のポイント

    こんにちは、ロジカル・アーツの寺村です。 入社して約2カ月間、Salesforceについて学習してきました。そして、この度2020年9月26日にSalesforce認定Platformデベロッパー試験を受験し、合格することができました。 今回は、Salesforce認定Platformデベロッパー試験の勉強方法を書きましたので、これから受験される方や受験を考えている方に読んでいただければ幸いです。 目次 はじめに Platformデベロッパー試験とは 試験内容 私の予備知識 使用した教材 利用したウェビナー・ウェブサイト 学習の流れ・ポイント 学習流れ 学習のポイント 試験で出題された問題(覚…

  • 企業のDXを後押しするAWSサービス

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。 9月8,9日に開催された、AWS Online Summit に参加しました。AWSについて学習を始めたばかりの私にとって、初めてとなるAWSのイベントでです! 概要だけ知っていたサービスをさらに深く掘り下げた内容のセッションや、具体的なAWSの導入事例など、様々な学びに触れられてとても有意義な2日間でした。 中でも興味を持ったのがこちらの二つのセッションです。 「AWS-10:事例に学ぶクラウド移行のコスト評価と移行後のコスト最適化」 スピーカー:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 事業開発本部 事業開発マネージャー 小野 俊樹氏 概要:ク…

  • テレワークに便利なAmazon WorkSpaces

    こんにちは。ロジカル・アーツの福島です。 昨今の状況や働き方改革などでテレワークを行っている方々やまたはこれを機に導入しようと考えている方々もいらっしゃるのではないでしょうか。実際に東京ではコロナの影響で3月から4月にかけて2.8倍、全体の6割ほどの企業がテレワークを導入したそうです。*1 このような状況から今あるテレワークシステムの需要や、拡大する必要性がますます高くなっていくことが予想されます。 今回はAmazon WorkSpacesを中心にテレワークを支援するサービスについてまとめてみました。 *1:日経XTECH 東京都のテレワーク実施企業が1カ月で急増し6割に、都が調査結果を公表 …

  • AWSの「モダンウェブアプリケーションを構築する」のハンズオンやってみた

    こんにちは、ロジカル・アーツの福島です。 最近コンテナサービスに興味が出てきており、学習を進めていく中で、ECSのタスク定義、サービス定義の境界線があいまいで、理解がなかなか進まず途方に暮れていました。そこでAWS公式のハンズオンの中で、ECSを使用していて初心者向けのものをECSの設定が終わる部分(下記リンクの2動的ウェブサイトの構築のモジュール2B)までやってみました。今回はハンズオンを通して、私が理解が深まったと感じた部分をコンテナサービスを中心にお伝えしようと思います。今回行ったハンズオンはこちらです。

  • プロセスビルダーからApexクラスを呼び出す

    こんにちは、ロジカルアーツの岸谷です。 Salesforceのプロセスビルダーはあるオブジェクトの作成時や更新時の項目の値などをもとに、他の項目の値を更新することができます。 また、オブジェクトの項目設定だけではなくApexクラスを呼ぶこともできるので、外部のWebサービスを呼ぶなど、もう少し複雑なビジネスロジックを処理したい場合も重宝します。 今回はその中でも、プロセスビルダーからApexクラスを呼び出す際のApexクラス、プロセスビルダー、ならびにテストクラスの作成について学んだことをまとめていきたいと思います。 概要 Apexクラスの作成 InvacableMethodアノテーション I…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、Igawaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Igawaさん
ブログタイトル
Blogical
フォロー
Blogical

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用