プロフィールPROFILE

田中章太郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ザイタクよもやま話
ブログURL
https://tanaka-homecare.com/blog/
ブログ紹介文
病気の親が病院から『お家に帰ろう』とする時、その介護に関わるご家族の支えになりたい、という思いで在宅医療のブログを始めました。日々の在宅医療の取り組みをお伝えしたいと思います。これを読んで少しでも介護離職を防ぐことができれば嬉しいです。
更新頻度(1年)

18回 / 12日(平均10.5回/週)

ブログ村参加:2019/10/14

田中章太郎さんのプロフィール
読者になる

田中章太郎さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 3,865位 3,822位 3,775位 3,793位 3,852位 3,722位 3,991位 977,924サイト
INポイント 50 80 80 80 70 100 100 560/週
OUTポイント 100 120 110 130 90 150 140 840/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 60位 60位 58位 61位 64位 63位 68位 21,639サイト
町医者・かかりつけ医 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 25サイト
医者・医師 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 516サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 11,075位 11,971位 12,700位 13,052位 14,438位 14,899位 16,171位 977,924サイト
INポイント 50 80 80 80 70 100 100 560/週
OUTポイント 100 120 110 130 90 150 140 840/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 320位 352位 377位 390位 446位 471位 526位 21,639サイト
町医者・かかりつけ医 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 25サイト
医者・医師 7位 7位 7位 7位 9位 9位 10位 516サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,924サイト
INポイント 50 80 80 80 70 100 100 560/週
OUTポイント 100 120 110 130 90 150 140 840/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,639サイト
町医者・かかりつけ医 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 25サイト
医者・医師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 516サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、田中章太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
田中章太郎さん
ブログタイトル
ザイタクよもやま話
更新頻度
18回 / 12日(平均10.5回/週)
読者になる
ザイタクよもやま話

田中章太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 呼吸を改善する

    呼吸状態を改善するための呼吸リハビリ。3つのポイントがある。       体位ドレナージ。 深呼吸。 下肢筋力。     体位ドレナージは、簡単に言うと、体位交換のこと。 可能ならば、腹臥位や半腹臥位までできるとなおよい。   深呼吸は、大きな声を出すことが一番手っ取り早い。 そばにいる人に対し「おーい!」と呼びかけてもらう。   下肢筋力維持は、呼吸リハビリの中で最も

  • レスキューって?

    レスキューについて。緩和ケアで、よく使われる言葉だ。           痛くなったときに、緊急対応する薬のことをいう。   しかしながら、 コツとしては、 【痛くなって、我慢して、とことん苦しんでから】飲んでいては、遅い。 【痛くなりかけたら】飲む、ぐらいがちょうど良い。   痛みは、脳で感じるのだが、 痛みを感じれば感じるほど敏感になっていく。 人間の防御本能がある

  • 『何か』の前に。

    在宅医療はいつから使えば良いのかよく聞かれる。 『何か』が起こるその前に。           このブログで何度か話してきた。   ボク個人の意見は、     『何か』が起こってからの利用は、反対だ。   『何か』が起こる前が良い。     『何か』、って何か?     この苦しみを味わうだろう『

  • 座って食べる。

    食事時の座位を考える。     日常生活の中で、いちばん大切な座位は、食事の時だ。     ベッドギャッジアップでの座位は実は難しい。   なぜなら、体幹が保持できていないからだ。   体幹の保持ができないと、首が安定しない。   つまり嚥下が難しくなる。   入院中とかのベッド上での食事をみるといつも心配になる。     &nbs

  • 今週も、始まった。       往診鞄の中身を確認しながら、心を整える。         これくらいの天気が、僕にはちょうど良い。       今週も良い出逢いがありますように。                   ブログランキ

  • 体幹トレーニング

    体幹トレーニングは、色々ある。     在宅患者さんと行うには、   腹臥位療法が良いと思う。     うつ伏せに寝てみるだけ。   これがなかなか難しい。     体が不自由な方は、 誰かが見ているときにしてほしい。 口がふさがり息ができなくなってしまうことがあるからだ。     うつぶせ寝。 一度やってみてほしい。 &nbsp

  • 移乗をあきらめるな!!!

    在宅をあきらめる時。トイレ移乗ができなくなる時。     上記のことは、よく言われていることだ。   移乗とは、乗り移りのこと。   トイレに乗り移れない場合は色々ある。   起き上がり、座位、立ち上がり、立位 の組み合わせで、 トイレ移乗ができる。   この中でも、一番介助に力がいり、重要なのは、 立ち上がり。   この立ち上がりができなくなる時、 トイレ移乗がで

  • 座るということ

    座位。       これは、奥深いテーマ。   日常にかならずある動作。   生きていく上でとっても大切な動作。     この動作を支えるために『椅子』がある。   座る場所はたくさんある。   畳の上。 食卓の椅子。 勉強机の椅子。 お風呂の椅子。 車椅子。 トイレ。 玄関の椅子。 お庭の椅子。 公園のベンチ。 駅の待合室の椅子。

  • 秋になる

    今年も秋になってきた。       実りの秋だと良いのだが。   今年も、自然災害が多かった。   被災されたみなさんの復活を   心から応援している。     僕たちの取り組む在宅医療は、   四季を感じやすい。   訪問するお家とお家の間は、   ドライブで季節を感じられる。   このドライブはいつも楽し

  • 食べるということ

    寝返りをするには、首の筋肉や体幹がしっかりとしていないといけない。       赤ちゃんが、5~6ヶ月で、   寝返りできるようになることを思い出してほしい。       体幹がしっかりして、首が座って、寝返りができるようになる。       体幹がしっかりして、首が座ると、座って(座位で)ご飯が食べられる。   赤ちゃんだけで

  • 基本動作

    基本動作は、大事な動作である。リハビリで練習する中心だ。     寝返り、起き上がり、座位、立ち上がり、立位、歩行     この6つの動作が重要だ。       日常生活の中の動作の基本となる。   これらの練習をするのが、理学療法。   このことを知っておきたい。       日常生活の中で、重要なのはこの6つ。

  • 排便

    排便コントロール。         在宅ホスピスにおいて、 患者さんの在宅生活の維持において、 認知症進行を防ぐ上で、   とっても重要である。       訪問看護で、調整する。 何をしているか?   薬の調整?   いや違う。   一番しなければいけないことは、 普通に排便があるように、 今までの生活習慣の中での

  • 在宅医に相談⁉

    『お家に帰ろう!』って、思った時、 自分で決めて帰って良いのだろうか? 誰かに聞いたほうが良いのだろうか? じゃあその場合、誰に相談するのが正しいのだろう?       昔、幼稚園の頃 砂場で、あたりが真っ暗になるまで、ずっと遊んでいた。   母親は、ずっと待っていた。   僕は疲れ果てて、帰ることにした。 砂場に遊具をほっぽりだしたまま。 帰って夕飯の食卓に。 ご飯を口に入れながら、舟を

  • 在宅医療って、高い?

    在宅医療って、高いの?と聞かれることがある。       国民健康保険・社会保険等を利用して受診できる。   普通に利用できる。保険証があれば大丈夫。   医療費自己負担割合によって変わるのだが、   料金を簡単にお伝えすると (施設基準により多少の変動がある。)   がんターミナル期以外の方は、 訪問診療が1回の料金は 1割負担の後期高齢者で、900円ぐらい 3割負

  • メジャーを目指して!

    最近、どの訪問先に行っても、 『在宅医療』もっと広めてと言われる。     こんなにも、良いなら早くから使えばよかったし、言ってほしかった。と。         おそらく誰も言ってくれないんですよね。         医療の中でも、   在宅医療は、マイナー(端っこ)だから。   メジャー(中心)じゃないから。

  • 開けてびっくり玉手箱

    先日、タナカの仲間が主催する玉手箱研究会の集まりがあった。         カメを助けた浦島太郎が、竜宮城で、酒池肉林。   竜宮城を後にする際、乙姫さんが玉手箱を彼に。       戻った砂浜で、玉手箱を開けた彼は、年老いた姿に。       開けてビックリ玉手箱。   人生のおわりに、開ける玉手箱。   &n

  • ありがとう RUGBY WORLD CUP JAPAN日本2019

    南アフリカ優勝!!!!!     多くの国々がTHE Webb Ellis Cupを目指し、たたかった。     世界中の多くの人々が注目した。   何よりも平和で、楽しかった。   多様性の重要性も広まった。         大会は大成功。     すべてのチームの皆さんありがとう。    

  • 訪問診療と往診

    訪問診療と往診。         在宅医療は、   訪問診療と往診、   訪問看護や訪問リハビリや訪問入浴や訪問介護(ヘルパーさん)   福祉用具レンタル、ケアマネージメントなどで   成り立っている。       訪問診療と往診の違い、   ご存知ですか?     訪問診療は、定期的に

カテゴリー一覧
商用