searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

バイルンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
働きたくねえ社畜パパの子育てと仕事の奮闘記!水面下でセミリタイアを目指す。
ブログURL
https://bairunn060012.hatenablog.com/
ブログ紹介文
2人の娘の子育てと仕事を両立している働きたくない社畜パパです。社畜脱出を願いセミリタイアの実現にも取り組んでいくブログです。ブラック企業勤めで日々ブラック勤務とパワハラに不満を持ち仕事をしています。家族・家庭を第一に考えるパパのブログです。
更新頻度(1年)

78回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/10/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、バイルンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
バイルンさん
ブログタイトル
働きたくねえ社畜パパの子育てと仕事の奮闘記!水面下でセミリタイアを目指す。
更新頻度
78回 / 365日(平均1.5回/週)
フォロー
働きたくねえ社畜パパの子育てと仕事の奮闘記!水面下でセミリタイアを目指す。

バイルンさんの新着記事

1件〜30件

  • 【底辺社畜の生き残りについて】斜陽産業、負け組でも生き抜くためには副業と資産運用しかない。

    底辺社畜でも経済的に自由になり、家族を幸せにしたいと思うのはおかしなことではない。今後、日本の労働者の環境は良くはならないだろう。経済が鈍化するということは給与も頭打ちになる。今日は、そんな社畜の資産運用と副業についての考えついて書こうと思う。 ①【日本の会社の今後】斜陽産業、負け組企業がほとんどの現状。 1.人口の減少による経済の成長が鈍化している現実。 2.一握りの成長産業、勝ち組企業の不確定要素。 ②【今後の会社員の在り方】会社に依存しないための副業。 1.【会社依存の危険性。】リストラは当たり前に降りかかる。 2.【会社依存の脱却】副業しかない現実。 ③【資産運用を考える】副業が軌道に…

  • 【保険の窓口利用の感想】30代会社員パパの生命保険の見直しについて。

    ◆記事のポイント◆ ・窓口相談の前に自分で調べられることは調べておく。・生命保険に入る必要があるかどうかを考える。・貯蓄がたくさんある。親族が金持ちなら保険が不要または少額でも良い。・保険の窓口に行く前に必要なことを言葉で説明できるようになることの大切さ。・加入したい保険が決まっていれば、最安値を探してくれる。 【生命保険の加入目的】明確にすることが大事。 窓口の店員さんも全ての保険が得意ではない。 家庭・家計の状況で必要な保険もかわる。 【保険の窓口体験談】良かったこと、メリットについて 【保険の窓口メリット。】私の個人的な感想。 子持ちパパは「収入保障保険」一択で良い。 独身者は各種保険は…

  • 【傷病手当金】30代会社員パパが心の病・うつに備える。妻や子どもを路頭に迷わせない方法。

    パパになれば誰でも誓う。家族を守りたい。子どもの笑顔を見ていたい。そう心に刻むからこそ、自分を必要以上に追いこんでしまうこともある。今日はそんな責任感の強い全国のパパに対してメッセージを届けたい。 【傷病手当金】辛くて会社を休みたいが、生活のためのお金の問題。 【傷病手当金】いくら支払われる?会社員の心強い味方を理解しよう。 【傷病手当金の対象者】誰が利用できるの? 【傷病手当金支給期間】どれぐらいの期間支払われるの? 【支出の把握】もしもに備える家計簿。休む準備をしよう。 【生活防衛資金】ハラスメント上司に遭遇した際の準備。 【うつ・心の病は脳の病気】無理解な上司・同僚は放置すべし。 【心の…

  • 【4歳のパワー】みなぎるエネルギーにパパは圧倒される。この頃から保育園を切望する。

    子供が産まれるまでは、おぼろげではあるが、小学校に進学するまでは、自宅で親子で過ごすのも良いと思っていた。 だが、そんな考えは甘すぎたことを最近痛感した。 4歳の娘のパワー・エネルギーに親はついていけないのだ。溢れるパワーを発散させるためには、やはり同年代の子と夢中で遊ぶしかない。私はそのような結論に至った。 ①起き抜けから4歳娘はハイパワー ②3~4歳を超えたぐらいから昼寝をしない。 ③幼児期は知恵も発達もとても早い。 ④親が頑張ったところで太刀打ちできない。 ⑤こうやって大人になるのだと理解する。 ①起き抜けから4歳娘はハイパワー 基本大人は、起きた時には完全に覚醒していない。だが、我が家…

  • パパはお金と労働に悩み、ママは育児と友達に悩む。こういった家庭は多いだろう。

    世のパパはお金に縛られ、労働に悩む。日々会社という監獄に身を委ねる。 世のママは育児と友達関係に悩む。日々閉鎖的な暮らしに、社会から隔離されているような気持ちになり焦る。今日はそのなかでも男性側に焦点を当てて書いていく。 ①お金に囚われるパパ。 ②労働地獄から抜け出せないパパ。 ③夫婦共同責任であるが、育児で悩むのは圧倒的にママ。 ④ママ友、友達とのつきあいに悩むのもママ。 ①お金に囚われるパパ。 世の中何をするのも、お金、お金、お金。社会に出るとイヤでも痛感する。 社畜になって悩むことはお金が大半だろう。労働で悩むのも、人間関係で悩むのも、詰まるところ「お金」というものに縛られているからに過…

  • 【30代パパの妻・子供のための生命保険】収入保障保険の一択でいいと思っている。

    そもそも生命保険は子供がいない家庭の場合は、不要だと私は思っている。なぜならどちらかが亡くなった場合、単純に独身(経済的には)になるだけである。 今日は私のように結婚して子供のいる夫婦への生命保険について書いていく。その中でも私が加入している収入保障保険について深堀していく。 ◆記事で伝えたいこと◆ ・生命保険代払いすぎてませんか?月に5000円以上だと一度見直してみて。・子供が小さく配偶者(妻)が働けないなら収入保障保険が最適。・厚生年金加入者には遺族年金がある。 ①生命保険代は月に5000円以上だと見直してみては? ②収入保障保険で子供の教育費や養育費に備える。 ③一般のサラリーマンは厚生…

  • 【ETFこそ王道】個別株は想像以上にリスクがある。私の推しは(2559 MAXIS全世界株式(オール・カントリー))

    ※ここでのETF・投資信託は基本的にインデックス型である。個別株が楽しいし、当てれば大きな利益を手にする。だが私は15年の経験の上、インデックス型のETF、投資信託こそが資産運用での鉄板であり王道であることを悟った。その理由について書いていく。 ◆記事のポイント◆ ・個別株は楽しいが安全に資産を増やした人にはリスクが大きい。・リスクをそこまでとらなくても十分全世界ETFで資産を増やせる。・大失敗さえしなければ複利の力で資産は確実に増える。そのためのETF。・私の推しは2559MAXIS全世界株式(オール・カントリー)。・積立NISAは素晴らしい、私のような素人投資家の味方。 ①個別株はリスクの…

  • 【我が家の小さな怪獣】今日はママがおでかけしているので、1歳の娘とお留守番。成長が早い。

    社畜パパは本日労働から解放された大好きな休日である。今日はママ(妻)がお出かけするので4歳の娘を保育園に送りとどけたら、1歳の娘とお留守番だ。今日はそんな「小さな怪獣」ちゃんのことを書く。 ①ママのおでかけについていきたいので大号泣。 ②置いていかれるなどもわかるようになっている。 ③言葉もいつのまにか「まんま」「ばいやい」 1 まんま、まんま 2 ばいやい、ばいやい ④小さな怪獣と一日中は大変だ・・・ ①ママのおでかけについていきたいので大号泣。 ママが外出の準備をすると、自分もついていく(願望)ことを信じて、娘も落ち着きを失い空回りで準備しはじめる。なぜなら自分も常に外出にお供するものだと…

  • 【無気力の悩み】やる気が急になくなったらどうする?会社員10年以上の私の対処法。

    社畜10年ともなると急な無気力にさいなまれる。それにしても毎日つらいし面倒だ。通年通してやる気はないが、とくに最近はやる気が出ない。働きたくねえ。 今日はそんなやる気というものについて書こうと思う。 ◆この記事で伝えたいこと◆ ・やる気がなければ何もしなくていい。・やる気がある時、ない時どちらもずっとは続かない。・何かを一時やめてしまったとしても再開すればそれでいい。・うつの人たちが回復するのに平均で6ヶ月程度かかっている。心というのは、それほど時間がかかるものだと理解すること。 ①そもそもやる気とはなんぞや? ②やる気が出ない時にしてはいけないこと。 1.空元気や元気に振る舞うこと。 2.自…

  • 【偽善にまみれた会社】体調不良者・妊婦に優しくというのは建前で会社は何も考えていない。

    社会人になっておかしいなと思うこと。それは、人に優しくしたら何故か自分が圧倒的に損をする仕組みであることだ。 例えば、欠勤者の人の仕事を肩代わりしたとする。でも、給与は同じで、疲労は2倍である。納得できない。被害の被らない人間だけがこんな無責任な発言をする。「お互い様だよ」「頑張ろう。」実際に自分が2倍働くことになって同じことが言い続けられるだろうか??そんな人にはあったことはない。 今日は社内の偽善にまみれた話をかく。 ①体調不良者・妊婦に優しくは人として当たり前だと思うが。 ②それを他の人で賄うのはちょっと違う。 ③本当に優しくと考えているなら会社は手を差し伸べるべし。 ④健康な労働者や独…

  • 【会社の恐ろしさ】散々便利使いしてきたくせに、一転して管理、マネジメント力を求めてくる。

    会社は本当に恐ろしい。平気でプレーヤーに対して、マネージャーの役割を求めてくる。 スポーツで例えるなら、「明日は選手」「明後日は監督」「来週は運営者、経営者」というように日毎に役割を変えるようなものである。 できるわけもないし、そんな配置にはならないだろう。だが、会社という組織にはそういった側面がある。 ①作業人として育成したくせにマネジメントを求めるな。 ②プレイヤーの延長線上にマネージャーはない。 ③そもそも仕事の内容が違うので別として考えて欲しい。 ④向き、不向きがあると思う。それに資質もある。 1、人と関わりが好きな人は向いている。 2、その仕事に情熱がある人はできる。 ①作業人として…

  • 【労働者としての危機感の欠如】終身雇用の崩壊とリストラ・早期退職募集の身近さに私たちは注意せねばならない。

    リストラ・早期退職募集は他人事ではない。明日は我が身だし、将来的にそうなる可能性は高いと誰もが思っていた方が良いと私は思っている。 だが、私が勤めている会社の同僚たちは全然危機感がなく、他人事である。なぜだろう?不思議である。 ◆記事のポイント◆ ・終身雇用は終わっている。リストラ・早期退職はあるものと考える。・転職・副業を誰もが考える時代。 ①終身雇用というの時代は終わったのだ。 ②リストラ・早期退職はあるものと考えるべき。 ③平均以上の給与をもらっている人は要注意。 1、求人募集で平均給与をリサーチせよ。 2、平均給与にいくら足せば今の生活を維持できるか。 3、副業を真剣に考える。それか特…

  • 【過保護すぎる親】アルバイトを休むのを親がしてくるのは子供の成長を阻害しているのではと思う。

    人のことをとやかく言えるほど立派な労働が出来ていない私ではあるが、今日はそんな底辺社畜である私でさえも社会を甘く見過ぎじゃないか?と思う過保護な親について書こうと思う。 ①過保護すぎる親について。 1、アルバイトの面接の電話を親がしてくる。 2、アルバイトの休みの電話を親がする。 ②何でも親がするから子供も成長しない。 ③多様な人(親)の価値観を受け入れることもストレスを溜めない秘訣だと思う。 ①過保護すぎる親について。 親が過保護すぎるのは良くないと思う。何から何まで親がしていては子供は一向に成長しないのではと思うのは私だけだろうか? 1、アルバイトの面接の電話を親がしてくる。 私が最近衝撃…

  • 【家族の病気】祖母、母の身体が弱ってから気づくこと。出来る年齢で、出来ることをする大切さ。

    祖母が病気になった。母が病気になった。それも手術が必要な病気だ。 手術で身体にダメージを受けると時に人は変わる。今日は、そんな病気の姿を見て、私たちがどれほど幸せで恵まれているか、どう生きたらよいのか、親孝行は出来るときにしたほうが自分も幸せだとか、実際の体験を通じて気づいたことを書いていこうと思う。 ◆記事のポイント◆ ・病気は人の人生を変える。・親孝行はお互いが元気なうちにしよう。・今しかできないことを全力でしよう。・健康が一番大事な資産だ。 ①突然に祖母、母の病気。病気は前触れもなくやってくる。 1、祖母も病で元気を失った。 2、母も病で変わった。 3、親孝行したいという後悔は恐らくどう…

  • 【家族の健康】健康と食事には密接な関係があることを真剣に考え、ママ、子供と話し合うことが大事だと思う。

    健康について家族で話し合うことが良いことだと思う。それだけで食事や食べ物の栄養・カロリーについて教育できるし、親も学ぶことが出来る。 健康というのは当たり前ではないからである。 ①偏食を親がしないことで子供に教えることが出来る。 ②スナック菓子、ジャンクフードの食べ過ぎには注意。 ③昔ながらの日本食が理想である。 1バランスの良い食事を求めると日本食になる。 2 時にはシンプルな食事でも良いと思う。 ④食事と健康について日々家族で話し合うことが大事。 ①偏食を親がしないことで子供に教えることが出来る。 好き嫌いをせずに何でも食べなさい!そういった言葉を子供に言ったことのある親はほとんどだろう。…

  • 【主婦の健康診断】多忙な社畜でも家族の健康については定期的に見直し、メンテナンスしよう。

    健康は大事である。これは100人に聞くと100人が大事だと答えるであろう。だが、そこまで大事である健康を現実真剣に考えている人がどこまでいるだろう。 私は少ないように感じている。だからこそ私は自分の健康、家族の健康に真剣に考えるようにしている。 まあ、30歳過ぎるまで考えもしなかったので偉そうにはいえないがね・・・ ◆記事のポイント◆ ・家庭も守ってくれる、主婦(妻)に健康診断を受けれもらおう。・歯は生涯大事なもの歯の定期検診にいこう。・元気で長生きするためダイエット(健康習慣)をしよう。 ①年に1回の健康診断の実施。子供を支えているママにも受けてもらう。 ②歯の健康にもお金を使おう。 ③洗練…

  • 【アーリーリタイアと資産運用の落とし穴】不労所得・投資よりも重要なのは「稼ぐ力」である

    アーリーリタイア!セミリタイア!不労所得!○○投資!良い響きである。 だが、そんな甘い情報ばかりに惑わされてはならない。(私も惑わされてばかりであるが・・・)今日は、巷で人気のリタイアについて私の思っていることを書く。 ◆記事で伝えたいこと◆ ・稼ぐことが全て。・金額が大きくなってこそ資産運用は力を発揮する。・セミリタイアで十分幸せだと思う。 ①アーリーリタイアのための資産運用の前にすべきこと。 1.何が何でも稼ぐ能力を磨くこと。 2.稼いだお金を貯める力を研ぎ澄ますこと。 3.世間に出回っている投資情報を鵜呑みにしてはいけない。 ②セミリタイアで良い人がたくさんいると思う。 1.完全なリタイ…

  • 【かわいいは正義!】4歳の娘は本当にすごい!大人なら許されないが、子供なら許される!

    子供のかわいさはすべてを解決してしまう。大人なら許されないことを、いとも簡単に許させてしまう。 子供のかわいさはまさに魔法である。 逆に言えば、大人の非常識は許されないとのいうこと、まあ会社にはそんな人が多いこと、多いこと。話を戻そう。 ①「おしっこみとってー、ついてきてー」だけでもかわいい。 ②子供は成長を続けている。貴重な時間を大切に。 ③かけがえのない時間を子供と共に歩むために必要なこと。 ①「おしっこみとってー、ついてきてー」だけでもかわいい。 「ぱぱーおしっこみとってー」「ぱぱーおしっこついてきてー」 4歳の娘は良くいってくる。大人が言うと、ただの変態である。 だが、4歳の娘だと単純…

  • 【大黒柱よ!生命保険に注意せよ!】遺族年金の存在を考慮した上での保障内容・保険金額か?

    生命保険は慎重に選ぶことが大事である。なぜなら、会社員の場合、厚生年金に加入しているので亡くなった場合は遺族年金が支払われる。(18歳未満の子供がいる場合。)保険では手厚い保障というが、残された家族に本当に必要な金額はいくらか?(遺族年金含め)その金額を数字にして始めて生命保険を考えるべきだと私は思っている。今日はそんなもしもの時の保険の話し。 ◆記事で伝えたいこと◆ ・生命保険払いすぎていませんか?本当にそこまで手厚い保障内容必要ですか?・厚生年金加入者には遺族年金があることを知っていますか?・保険料を見直すと月に数千円から数万円節約できるかも。 ①安易に加入すると保険貧乏に。見直しを定期的…

  • 【資産運用の勉強】年齢が若いほど有利。学校教育や家庭教育でも積極的に取り入れることが大事だと思う。

    資産運用は今後必要不可欠な知識だと思う。今までは、変わり者だけがやっているような財テク趣味のようなものだったかもしれない。 だが、終身雇用の崩壊、平均給与の低下、支出の増加の傾向が続く世の中に対応するためには自らの資産を増やす工夫、守る工夫は必須のスキルであると思う。 むしろスキルというより習慣というべきだろうか。今日はそんなお金について考えたいと思う。 ◆記事で伝えたいこと◆ ・人生はお金ではないが、世の中はお金である。・お金のことを家庭や学校教育で当たり前に学べることの重要性。・複利の力は最強である。・インフレ(物価の上昇)は想像以上に恐ろしい。・今後給与が上がる可能性は低い。 ①社会に出…

  • 【教育費の貯蓄は子供が小学生に上がる前に】お金の知識や児童手当の考え方。

    子供の教育費というのは人生で大きな出費。今日は、そんな教育費についての我が家なりの考え方を書く。 ◆記事で伝えたいこと◆ ・小学生に上がるまでは夫婦のお金についての練習期間。・児童手当を積み立てて子供の教育資金に当てよ。 ①小学生にあがるまでが勝負だと思う。 ②児童手当の考え方、使い方。 ③まとめ ①小学生にあがるまでが勝負だと思う。 私は0歳~6歳までが勝負だと思っている。なぜなら、この期間は基本的に教育費は大きくはかからないからだ。※かけようと思えばいくらでもかけられるが。 下記サイトでは【子どもの年齢別で必要となる子育てのお金】を一覧にしてくれています。やはり年齢が上がるのに比例して子育…

  • 経営者目線を持て!部下を家族だと思って教育・指導せよ!これはあまりに恐ろしい考えだ・・・

    社畜になり10年以上になるが、未だに違和感しかない言葉がある。「経営者目線を持て!」「部下を家族のように扱い指導せよ!」そんな馬鹿げた命令について今日は私なりに考えてみる。 ◆記事のポイント◆ ・経営者目線を持てというのは都合の良い言葉だ。・部下を家族と思えは屁理屈だ。・4人に1人は何らかのハラスメントを感じている。・理不尽は当たり前ではない。 ①経営者目線を持てと軽々しくいうが・・・ 1.みなが経営者の目線を持ち、個々が判断を下す組織なんて非効率すぎないか? 2.仮にすばらしい経営判断できる人材がいた場合の報酬はどうなる? 3.つまるところ自分の思うように動いて欲しいという願望ではないか? …

  • 【4歳娘とママの戦い。】朝起きたらママとの約束のお片付けをしていた!?

    戦いは平和な昼下りに起きた。何やら4歳の娘とママの言い合いが勃発した!まあ、お互いにストレスがたまっていたのであろう。 ①それはママとの激闘から始まった。 ②ママは疲れたので翌朝のお片付けという妥協案を娘に提案した。 ③翌朝娘は約束を果たした! ④今後も娘とママの戦いは激しさを増すだろう。 ①それはママとの激闘から始まった。 昼過ぎに、ママが4歳の次女にいった。 「夜に片付けるの大変だから今のうちにしときなさいよ」 普段の長女なら「はーい😦」と不満ながらもしぶしぶ返事しているが、なぜか今回だけは違った。 「いやや!片付けしたくない!ママがして!!」 タイミング悪く、ママもご機嫌ななめであり… …

  • 4歳児の伝え方や礼儀教育と新入社員への教育が同レベルであることに育児で気づく。

    4歳の育児で気づいたことがある。それは、ある部分では新入社員(18歳〜22歳)の子たちは4歳児と同じである。(みんながそうではないが。)親が子供に礼儀や言葉の伝え方を愛を持って教えることは義務である。なぜなら、社会に出てもっとも重要であるのと、家庭でしか教えることができないからだ。 特に礼儀は知識(知ってるだけ)では全く意味がない。繰り返し行い習慣にしてこそ意味がある。 ◆記事で伝えたいこと◆ ・子供に礼儀を教えるのは親しかいない。・挨拶・返事を教えるのも親しかいない。・下手でも何でも子供にさせよ!先回りは親の怠慢だと心得よ! ①特に礼儀と伝え方は4歳児と同レベルの子たちが一定数いる。 1.挨…

  • 経営者が残業をやめることを決意しなければ現場の残業はなくならない現実。

    どんなに現場が努力しても残業はなくならない。画期的的なシステムを導入しても残業はやはりなくならない。 なぜなんだ? ◆記事で伝えたいこと◆ ・経営者が残業をゼロにすると決めればすぐになくなる。・現場で業務効率を成功しても新たな業務を追加されるだけ。だから残業はいつまでもなくならない。・残業は現場でも、自分の責任でもない。 下記サイトに残業削減をを成功させた事例などがのっている。 どの企業にも共通していることは、経営者も残業の削減に関わっているということだ。全て現場だけでは判断できないような改革が含まれている。 hrnote.jp gendai.ismedia.jp ①残業は経営者の決定・判断で…

  • 【1歳10ヶ月の娘の言葉】「ままぁー ぱぱぁー あかん」なぜ?その言葉を覚えたんだい?我が愛する娘よ。

    2歳に近づく次女であるが、最近何か気に食わないことがあれば容赦なく親を睨みつけてくる。長女の育児にはなかったことだ。にらまれた記憶はないな。 今日は、そんな1歳10ヶ月の次女のことを書いていく。 最近次女は少しづつだが言葉を発する。「ままぁー ぱぱぁー」と拙いなかがらも発する。次はどんな言葉を発するのかなと楽しみにしていると、ついに今日新しい言葉を取得したようだ。 その言葉は・・・「あかん!」 ・・・・・・なぜ?その言葉? いやいや他にも「ねえね」「まんま」「ワンワン」「にゃんにゃん」「ばあば」とか何でもあるでしょうに(笑) でも、「あかん!」である。よくわからない。そこまで日常で連呼するよう…

  • 【育児とお金】家計簿を夫婦で共有することから、お金についての知識・スキルの向上の一歩となる。

    育児とお金というのには密接な関係がある。そのため、育児と同様でお金に関することも夫婦で共有して話し合い、お互い成長する必要がある。その一歩が家計簿であるという話。 ◆記事で伝えたいこと◆ ・育児にはお金がかかるので家計簿は必須。・夫婦でお金について関心を持ち日々会話すること。・学校教育ではお金のことは学べない。・節約する力と稼ぐ力はとても重要だ。 ①育児を計画的にするためには家計簿は必須である。 1育児にはどうしてもお金がいる。 2家計簿はお金の流れを把握するために必須である。 ②夫婦で収入・支出を共有することが大事。 ③学校教育ではお金について高い知識やスキルを会得することはできない。 ④夫…

  • 【4歳娘の遊びの世界】園児と小学生の違い。年上(小学生)のお姉チャンたちと遊びをいやがる意思。

    保育園児と小学生は年齢だと2~3歳ぐらいしか、かわらないかもしれないが、身体のポテンシャルや心の状態は大きく違う。そのため遊ぶのにも少しの気遣いと注意が必要である。 ある日寝る前に娘がぽつんとつぶやいだ。 もうおねえちゃんとあそばない・・ ままー つぎからあそばない・・・ 恐らくは、先日遊んだ鬼ごっこで、年上(小学生)お姉チャンたちに全くついていけなかったことと、まだ娘が知らない単語が出てきて理解できずショックを受けたからだと思う。 ①保育園児と小学生とでは知能、身体能力に大きな差がある。 ②年上と遊ぶことで学べることもたくさんあるが。 ③友達関係の学びは社会に出ても役に立つ。 ①保育園児と小…

  • 4歳長女のお風呂準備】いつもシャワーをした時に「おちっっこー!!?」と叫ぶ。

    4歳長女のお風呂はにぎやかだ!お風呂に入る前に「トイレ行かなくていい?」と質問すると・・・ いかなくていいー と答える。だが一旦シャワーをあびると もれるーもれる!ぱぱぁ おちっこ と叫び出す。最近のお風呂はいつもこんな感じ。大人からすると、だからいったじゃんと思うが、子供にはそのような感覚は通用しないようだ。 子供というのは、本当に面白い。毎日を夢中で真剣に生きている。 だから、同じ失敗をするし、楽しいことを全力で謳歌できる。 こういった子供の姿勢は大人として、尊敬すべきだし、見習うべきことだと思う。(まあ、全て真似してしまうと社会がおかしくなってしまうかもしれないが。) 振り返ってみた時に…

  • 【次女4カ月】笑う、はなす、顔も丸く、身体も丸くなり体格、表情と大きく変化する。

    育児ダイアリーから抜粋する。産まれて4カ月経過すると、新生児の面影(おもかげ)はない。泣くことしか出来なかったあの頃が懐かしい。 今では、笑う、はなす、うなる、さけぶ、足を動かす、手を動かすと様々な動きがある。 それに、身体も肉付きが良くなり、丸みを帯びてくる。首も座っているため、少々雑な?扱いをしても大丈夫?な気がする。(まあ、雑に扱ってはいけないが。) この頃だと睡眠時間なども安定してきて、夜長く眠るようになる。※当然個人差はあるが。私の個人的な感想ではあるが、この時期から非常に育てやすくなったように思う。 それまでは、ミルクで泣いているのか、体調が悪いのかなど泣いている理由がわからない泣…

カテゴリー一覧
商用