searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

バイルンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
働きたくねえ社畜パパの子育てと仕事の奮闘記!水面下でセミリタイアを目指す。
ブログURL
https://bairunn060012.hatenablog.com/
ブログ紹介文
2人の娘の子育てと仕事を両立している働きたくない社畜パパです。社畜脱出を願いセミリタイアの実現にも取り組んでいくブログです。ブラック企業勤めで日々ブラック勤務とパワハラに不満を持ち仕事をしています。家族・家庭を第一に考えるパパのブログです。
更新頻度(1年)

178回 / 354日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2019/10/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、バイルンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
バイルンさん
ブログタイトル
働きたくねえ社畜パパの子育てと仕事の奮闘記!水面下でセミリタイアを目指す。
更新頻度
178回 / 354日(平均3.5回/週)
読者になる
働きたくねえ社畜パパの子育てと仕事の奮闘記!水面下でセミリタイアを目指す。

バイルンさんの新着記事

1件〜30件

  • 【心の闇】酔っぱらいに営業で絡まれた!むかついたが、冷静に考えると「この人」も我慢の毎日なんだと思う。

    バイルです。 仕事で営業していて「酔っぱらい」に絡まれた。年齢は50~60歳ぐらだろうか。ものすごく腹立だしく、不快であった。だが、ふと冷静に振り返り、違う視点から考えるといらだちは少し減った。むしろ「その人」の事に同情?のような気持ちを持った。 ①「酔っぱらいの心の闇」について。 ある日、当然に営業先で顧客に絡まれた。(営業先の人間ではない。)「おい!ちょうしにのってんのかぁ?」 意味不明である。出会い頭にこんなことを言われたのは人生初である。こんな調子で10分ほど絡まれ、その内飽きてきたのか急に奇声をあげて指をさしてきて私を笑ってきた。 何と気分の悪いことでしょう。 「あーーほ ばーーーー…

  • 【労働者にも生活がある】急な会議・出張・研修・イベントを入れるのは反則だろ!

    バイルです。 私の勤めている会社はヒドい時には数日前に、会議・出張・研修・イベントを言ってくる。(当然年間スケジュールなどには、記載されていない訳のわからないものばかりである。) おいおい・・・ふざけんじゃねえぞ。こっちは予定入ってんだよ!! 当然、社畜(労働者)である私は断ることも出来ず、無理矢理でも予定をずらす。 結果、取引先、同僚、家族に迷惑をかけることがしばしばある。社畜10年にしてやはりおかしいと思う。当然その事に対して飼い主(経営者)は何も思っていない。むしろ仕事を優先するのが当然だろうというようなスタンスである。 あーーー ゆるせねえーーー ①当たり前のように数日前に予定を言って…

  • 【バブル世代よ去れ】偏った縦社会の常識を捨てろ!あまりにみっともない大人にため息。

    バイルです。 このブログで何度も発信していると思うが、やはり年配者の方が態度・マナーが悪い人が多い。絶対的に多い。 それも悪いと思ってやっている人よりも、当然だと思ってやっている人が多いのが困る。 ①コンビニでのレジ割り込み。(60歳ぐらい) 私はコンビニのレジで並んでいた。確か6~8人ぐらいだったと思う。 すると、新たなレジを開けてくれた。その際に店員さんが「お次の方からどうぞ。」と声をかけながらレジ対応をした。 当然2番目に並んでいる学生の方が行こうとした。その瞬間・・・「2個だけやから、先に行かして。」と発言した人がいた。この方は多分60歳ぐらいの方である。 学生は固まっていた。(驚いて…

  • 【社畜の常識を批判】働き盛りと言われる年齢だが、全く労働意欲が湧かない今日この頃。

    バイルです。 社畜として何年働いても労働が楽しいと思ったことがない。 筋金入りの労働嫌いだと自負している。むしろ労働は身体に悪い。不健康の元であると思う。 さて、今日は社会人になると当たり前にある「社畜の常識」というものを批判する。 ①働き盛りは飼い主(経営者)の理屈。 30代は働き盛りと一般的に言われる。だが、そんな常識誰が決めたんだ?真実はわからない。 だが、わかっていることもある。働き盛りで労働に没頭する、させることで利益を得るのは飼い主(経営者)である。 働き盛りという訳のわからん理屈を盾に、中堅社員を強制労働に駆り立てる、さらに役職という鎖までつけノルマという圧力をかけてくる。 それ…

  • 【0ヶ月~2ヶ月の体重の悩み】ミルクの飲む量は、その子によって全く違うことを実感。

    バイルです。 0ヶ月~2ヶ月という90日間でも、ミルクの飲む量、体重の増減は違う。 その子によって全然違う。 次女グズリクスはミルクを順調に飲む。そのため、1日平均40g程度増えている。 問題ではないが、少し増えすぎかなとも思う。 ある日、定期検診で小児科にいった。 すると、様々な悩みがあることがわかる。 「ミルクを全く飲まないんです」(そんなこと経験したこともない・・・) 「ミルクを飲まないで寝てしまう。」(それもない) 「ずっとミルクを欲しがる・・・・」(これはある!!) 「体重が増えすぎて心配・・・」(よくわかります。) 「体重が全く増えないんです」(わからねえー) 子供によって、行動は…

  • 【一瞬が命取り】私の心臓が「ドキ!!!」幼児は思いもよらぬ動きをする。

    バイルです。週休2日は少なすぎないか?と毎日疑問に思っている社畜パパ。 ドキ!!!!!!??? 幼児をもつ親なら何度も経験したことのある状態だと思う。 ところで、現在長女のザビイは3歳。1歳半ぐらいだろうか。目を離すと一瞬で視界から消える。 子供がいない時には、「迷子」の話題になれば親が目を離すからだ。 どうせ遊んでいたんだろう。などと思っていた。 私になら目を離さないから大丈夫だ。なんて大それたことを思っていた。 だが、実際に育児をしてみるとそんなお気楽な思いとは裏腹に・・・「どこいった!!」「えっっ!!いない!!」ということが良くある。 実際には後ろにいたり、隣にいたり、車の陰にいたり。 …

  • 【意識低い系を周囲に発言!?】社畜10年ようやく自分の気持ちに正直になる。

    バイルです。 素直が一番。開き直ってからはだいぶ生きやすくなった。かつては、自分を良く見せようと、虚勢をはったり、強がっていた。 短期的に見た場合、何とかなっているように見える。でも、心は静かに蝕(むしば)まれている。 労働意欲が低く「働きたくねえ」と思っている人間が、労働意欲高い系のまねごとなどしてはならない。 今日は、社畜10年のろくでもない人間の社畜労働で素直になった話。 ①背伸びしても仕方ない。 自分を偽ると苦しいだけ。背伸びして良く見せてもいずれはバレる。周囲の期待に応えられない。頑張っても楽しくない。 だって、自分に嘘をついているから。 入社したて頃は、私も少しはやる気があるように…

  • 【コミュ障。セミリタイアへの執念】好きに寝たいし、会社の常識に従いたくない。

    バイルです。 コミュ障には社畜労働は向かない。人との関わりで消耗する。それに、私の趣味は寝ること。好きなだけ寝ればストレスも溜まらない。心身ともに万全の状態を保てる。全てが解決する。 でもそんな贅沢は許されないのがこの世の悲しい所。今日はそんな日々「働きたくねえ」「明日会社行きたくねえ」「一日中寝ていたい」と心の底から思っている男の話。 ①好きなときに寝たい。それだけ。 社畜(労働者)を卒業したら何したいの?決まっている。 好きなときに寝る。それだけ!! でも「それだけ」を実現するのが困難なのが世の中。 桜舞い散る春の陽気に包まれ寝る。風鈴の音を聞きながら寝る。秋の深まりを肌で感じながら寝る。…

  • 【赤ちゃん返り0ヶ月~3ヶ月の激戦】次女に対する3歳長女の態度が荒っぽくなった。

    バイルです。 長女ザビイの「赤ちゃん返り」が目立つ。0ヶ月~1ヶ月では全く見られなかった。むしろ次女の世話・育児を積極的にしたがった。 だが、2ヶ月~3ヶ月をすぎた辺りから「赤ちゃん返り」と思われる兆候が現れた。 次女の世話や育児に飽きてきたとい可能性もあるが・・・「赤ちゃん返り」ということにしておこう。 今日は、そんな3歳長女の「赤ちゃん返り」について書く。 ①0ヶ月~1ヶ月は次女に何もしなかった。 この時期は全く3歳長女ザビイには変化はなかった。どちらかというと、次女のミルク作りたがったり、出来もしない「抱っこ」をしたがったり、次女の口元のミルク、おむつ替えなどをしたがっていた。 親にとっ…

  • 【うぬぼれた社畜たち・・・】売上げを決めるのは立地とニーズである。

    バイルです。それにしても、年々社畜(労働者)の身分に嫌気がさすばかりである。 労働嫌いもここまでくると、あっぱれである。飼い主(経営者)に振り回される毎日は本当に疲れる。 と現状の報告はここまでにして。 今日は、うぬぼれた惨めな社畜(労働者)のかわいそうな話。 要約しちゃうと、会社の売上げというのは店なら立地、製造業、サービス業ならニーズで決まると断言できる。 それを会社の業績が上向いているときには、やれ「俺のプレゼンが・・・・」「俺がおるから上向く・・・」「売れないものはない!」「なんぼでも売れる。」「天才だからな!ベテランやからな!」などと俺のおかげ的な発言を連呼する。 実際に私が入社した…

  • 【パパは育児では控え選手】ママには勝てない。ママの本当の負担、気持ちはくみ取れないと思う。

    バイルです。 パパは、どこまでいっても育児では控え選手である。(主夫などの特例は除く。) ママには、どうしても勝てない。覚悟という点、育児の本能レベルなどでも大きな差をがある。 男性と女性の違いと表現した方がよいのかもしれない。それほどまでに、本能レベルで違う。 今日は、そんなパパがママに育児で勝てない話と、世の中が育児中のママ(母親)全てに感謝がもっと必要と話に焦点を絞っていく。 ①やっていることは同じでも最終的な責任・重圧が違う。 育児に積極的に活動しているパパは、たくさんいると思う。 中には、ママと同等の育児をしていると、自信を持って答えるパパ様もいるかもしれない。それでも、パパとママの…

  • 【セミリタイアは正義!!】私は臆病者です。労働の先に幸せが見えない。

    バイルです。 好きなだけ寝たい。その理由だけで、労働嫌いになるのに十分である。私は毎朝「働きたくねえ」と思う。その根本は決まった時間に、起きたくもねえのに強制的に起こされ出社することなのかもしれない。 今日は「セミリタイア」への想いの話。 ①私にとってセミリタイアは正義! セミリタイアは私にとって希望であり、正義である。そのフレーズに出会っていなければ、今でも毎日途方もない労働の中で絶望を味わい、暗闇の中で答えを探していたことだろう。 それほどまでに、私は労働が嫌いである。 アレルギーといっても良い。 長時間労働で健康を害する。精神・心を病む。それを回避するための手段が「セミリタイア」である。…

  • 「ミルクあげたっけ??」それぐらいで、乳児(次女)の育児は上手くいくように思う。

    バイルです。 次女グズリクス(乳児)の育児で気付いたことがある。それは、肩の力が抜けたぐらいの時の方が、育児はうまくいく。 仕事も同じだと思う。緊張していては良い仕事はできない。 「あれ!!?ミルクあげたのって何時だったっけ??」 それぐらいで丁度良いと思う。 慣れない頃は、アラームをかけミルクを与えていた。(0ヶ月~2ヶ月ぐらいかな)そのころは、緊張しているので心身共に疲弊している。 でも、最近は違う。肩に力が抜けて、育児も楽になった。 以前は、ミルクをつくる際の粉の量、お湯の量に対して神経質になっていた。 手元が狂って、粉の分量を間違えたり、何杯いれたか忘れたしたら作り直していた。 今は、…

  • 【社畜の現実】看守(請け元)と囚人(下請け)の関係を間近でみた!ここは刑務所か!??

    バイルです。毎日、毎日決まった時間に起きて会社に行くのが、寒気がするほど労働嫌いな30代パパ。 ある日仕事中で衝撃の現場を見た。勤めている会社の役員が、下請けの社員を罵倒しているではないか。 何やら契約とは違う仕事をしたようで相手側に過失があったようだが、役員の言いよう、キレ方、怒り方は常軌を逸していた。 みっともねーーー 下請け会社の人間を囚人や奴隷だと思っているみたいである。 当然私も他人事ではない。明日は我が身である。やっぱり社畜を脱出せねば。 今日はそんな看守(請け元)と囚人(下請け)のみっともない話。 ①仕事を請けおう方はどうしても立場が弱い。 仕事を請け負うほうは元請けに対して心理…

  • 【バカらしい試験!?】強制で受けさせて何のメリットがある。意識高い系ぶる輩まで出てくる始末。

    バイルです。それにしても労働意欲が低い。会社の業績もすこぶる悪い。まさに一心同体!? 今日は、会社のあまりにも下らない試験に驚き、消耗した話。 ①バカらしい試験に消耗した。 ある日、急に社長が発言した。「○○の試験を受けてはどうだろう!」まあいつもの思いつきだと思う。当然、私は話をスルーした。 知るかよ!思いつきで言うんじゃねえ! 予測した通り、応募者は数名しかいなかったようだ。それに納得できなかったのか、急に社長は「試験は強制だといったはずだ!」と激昂! おいおい・・・そんなこと言ってねえ そして、いつもの通り振り回される。結果、300人の応募があったらしい。当然それだけの人数が集まれば特設…

  • 【病人アピールすんじゃねえ!!】欠勤明けにオーバーすぎるアクションをする同僚・・・

    バイルです。労働には人間関係がついてくる。これが「コミュ障」「陰キャ」である私にとっては致命的である。消耗がハンパない。あーーーー労働が嫌いすぎる・・・ 今日は、体調不良などで欠勤明けに必要以上にオーバーなアクションをする人の話。 ①被害者ぶりがハンパない。 どこの会社でも、休みがち、よく休む人はいると思う。その中でもちょっとうざい?人の話。 決まって欠勤をした翌日は、ものすごい病気になって今でも倒れそうです!みたいなアピールをして出勤してくる人がいる。 理由は微熱じゃなかったけ?? それなのに、マスクに薬に歩き方、姿勢、話し方全てに芝居かかっていて見ていて何だか辛い・・・ 本人としては、欠勤…

  • 【気持ちの切り替えの早さがすごい】3歳の長女の個性だと思う。大人ではありえないと思う。

    バイルです。 長女のザビイは、とにかく気持ちの切り替えが早い。叱られて「ぎゃん泣き」しても。気に入らないことがあり、怒り狂っても。機嫌が悪く、何だが「ぐずり」が激しくても。 何故か、隣の部屋にいって1分もすれば ぎゃっ!? たたーー おおぉーー と何事もなかったように戻ってくる。 嵐のような1分前の状況はなんだったんだ・・・・と大人の私は困惑である。 子供の心がスゴいのか、長女の個性なのかはわからないが、とんでもない切り替えの早さである。 大人も、見習うべきである。まあ、3歳児であるためちょっとしたことでキレることもあるが、それをカバーするほどの切り替えの早さだと思う。 今日も、おやつの時間が…

  • 【赤ちゃん返り??】長女3歳が朝のトイレを一人で行けない。「ぱぱぁーつれていってーー!」

    バイルです。 毎日定時退社したいと強く願うが、全く叶わない社畜パパ。定時を過ぎると集中力がとぎれ生産性のかけらもなくなる今日このごろ。 今日は3歳の娘の「赤ちゃん返り」の話。 ここ最近自然に目覚めることはない。3歳の娘ザビイが朝の5時前後に・・・ ぱぱぁーーー といれいくー ぱぱぁといくーーー だっこしてーーー と起こされる。当然私も眠たいので、動きが鈍くなるか、一人で行くように促す。すると・・・ いやぁぁぁーー もれちゃうーー はやく はやく もれちゃうーーー つれてってーー いーーーーー となるわけである。朝の5時からこの攻防は辛い。結局は行かないと収まらないので、最近はつき合うようにして…

  • 【大迷惑!】会議という名の雑談会に社畜をつき合わすんじゃねえ!

    バイルです。 あまりにも理不尽な会議に心中は穏やかでない。というか勤めている会社の会議は、会議という名の経営者のストレス解消の雑談会である。 大迷惑である。会議がお金を生まない。そればかりか、人件費や交通費などの経費がかかることのほうが多いだろう。 それなのに、ぺらぺらぺらぺらと長々と話している。(3時間と決まっているが、いつも1時間以上は超過する) 一応会議の資料は用意されている(社畜が時間をかけて準備する。)のだが、まず経営者が読んじゃいねー。 延々と自分の思いついた話をしている。大体のパターンは決まっている。 「私の経験では・・・・」という自慢話。 「君は確かこんなミスを・・・・」みなの…

  • 【3歳長女初めての嘔吐】ぱぱぁーーと絶叫!いつもとは違う叫びに驚きかけつける!食べ過ぎかな?

    バイルです。立ち仕事+長時間労働はマジできつい。足の裏がおかしい・・・感覚がなくなるんじゃねえ??と思うこともある。 長時間労働、働きすぎ反対である。そんなことを毎日思っている社畜パパ。 今日は、生まれて初めて3歳長女が「嘔吐」した話。 うわーーー ぱぱぁ!!!!!!?? ぱぱぁ!!!ぱぱっぁ!!!!!! これは静かな昼下がりの出来事である。ある日、自宅で長女はトイレに行った。 すると上に挙げたようなような絶叫が聞こえてきた。親ならわかると思うが、声のトーンや泣き方、勢いである程度子供の状態を察することができる。 どれぐらいの緊迫した状態であるかを把握できるということ。 長女の驚きと戸惑いの感…

  • 【ただ自由に寝たいだけ】それがセミリタイアを志した原点なのかもしれない。

    バイルです。 いつでも、自由に寝たい。そんなことを言うと会社では笑われるかもしれない。でも、実現したい。 だけど、そんなささやかな願い、望みを実現できる(するか、しないかは別にして)人が一体どれほどいるのだろうか? きっと、少ない。というかほとんどいないのでは・・・ 社会人を10年経っても収まらない疑問。 決められた時間に出社して、決められた時間には帰れない毎日。 「客」だというだけで、全てを正当化しようとする社会。 上司のパワハラを当たり前だとしている会社。 我慢・忍耐を美徳のように思ってる社畜精神。 ブラック勤務、サービス残業が良いことみたいな空気。 いまだになじめない。ひどいストレスであ…

  • 【残業するな!でも、品質は落とすな!】バカヤロウ!無茶な要求をするんじゃねえ!

    バイルです。社畜10年以上で、「働きたくない」精神がわき上がっている。 会社には、おかしな指導?というか命令がある。「人員削減!残業するな!でも、品質は落とすな!」 もし、学校の部活の顧問が同じことを発言したらこうなる・・・「練習するな!でも上手くなれ!上達しろ!」 塾の先生が・・・「勉強するな!でも、テストで高得点をとれ!」 スポーツジムのインストラクターが・・・「運動するな!でも痩せてください!」 ・・・・・・・・・・無理じゃねぇ????それに、通常の生活でそんなことを言う人はいない。だが、社畜の世界では当たり前のように、言われる。というか、通常そんな不可能な要求をされた場合には、間違いな…

  • 【ハイローチェアから落下!!】0歳児の次女は、動きが活発で危険がいっぱい。

    バイルです。次女のグズリクスは長女と違い良く動く。私の記録ノートから次女の2ヶ月目の時のことを書く。次女が「ハイローチェア」から落下した。 もぞもぞ・・・ ずりずり・・・ ぎゃあぁ ぎゃあぁ おんぎゃぁ がたがた うーーー うーー あーーーー おんぎゃあ ぼろん ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁーーーー 多分こんな感じである。物音がして見に行くと次女は「ハイローチェア」から落下して、運良く?もたれる形で座っていた。 えっっ!!!?? 座っていたので見たところ無事である。 床に頭から落ちてなくて良かったと、少し安心。 大きな事故にならなくて本当に良かった。やはり、乳児期は目が離せないと再認識した。 子供によ…

  • 【社交辞令にうんざり!】思ってもいないことを言ったり。嘘くさい挨拶、作り笑いにも嫌気がさす。

    バイルです。明るく振る舞うことは社会人の務め。でも、「コミュ障」「陰キャ」にはそれが致命傷となる。あーーー働きたくないでござる! 今日はそんな社畜の人間関係の話。 ①嘘まみれの社会にうんざり。 思ってもいないことを話す。嘘くさい薄っぺらい挨拶。心とは裏腹の作り笑い。 そんな全てに嫌気がさす・・・ それをわかっているのに毎日のように嘘を繰り返す。くだらないとは思うが、社畜社会で生きていくためには嘘にまみれる必要がある。 正直10年も続けていれば「うんざり」してきている。 自分の感情とは全く違うことを毎日のように、続けていると消耗して当たり前である。 まあ仕方ないのかもしれないが。早くセミリタイア…

  • 【夜中に写真撮影だと!!?】何という3歳の娘の成長だろうか?どこで覚えたんだ・・・

    社畜パパのバイルです。 子供の成長は日進月歩!!ある日、夜中にごそごそ聞こえる・・・何だろうと耳をすましていると・・・ カシャッ! カシャッ! い~♪ うひーー 何をしているか眠気眼で目を開けてみると、暗がりにスマフォを片手にしている長女(3歳)がいるではありませんか。 いろいろつっこみどころはありますがね・・・・そもそもスマフォは触らしていないはずだが・・? いつ操作を覚えたんだろう??暗がりの中、長女ザビイは撮影を楽しんでいる(^_^) きゃっ きゃっ つぎワンワンとったげるーー 子供の成長はすごい!いつの間にかできないことができるようになっている。教えてもいないことを見て覚えている。 朝…

  • 【この会社やばい!?】そう思った瞬間。このまま社畜で定年までいけるのか?無理だな・・・

    バイルです。何でこんなに残業が多いんだ?残業をもっと厳しく規制してほしい。働きたくねえと毎日嘆いている社畜パパ。 今日は「この会社やばい!」と思った瞬間の話。 ①休みの日に出勤した人がヒーロー?? 休みの日に出勤してきた人を、ヒーローのように扱う。それも、経営者が心の中で「よっしゃただ働きだぜ!」とほくそ笑むならまだしも、労働者仲間である同僚が喜ぶのだから始末が悪い。 せめて労働者は結束しようよ。休みの日にきた人がいれば、法律違反だといって叩き返すぐらいの会社の空気が必要である。 しかも悪いのはそれだけじゃない。時には休みの日に出勤しない人を責めるような時もあった。「よくこんな状況で休めるな。…

  • 【仕事での本気の指導は経営者の理屈】どこまでいっても部下・同僚は他人である。

    働く前には、それほど労働が嫌いではなかったが、社畜になり現実をすることで、労働というものに絶望している社畜パパのバイルです。 社畜歴10年以上のベテラン。飼い主(経営者)の綺麗事、絵空事に振り回され続けて、目が覚めた30代労働意欲が低いどうしようもない社畜でもある。今日は社畜業にはつきものの「教育・指導」に焦点をあてていく。 ①「相手の事を考え指導せよ。」と言うが・・・ 相手の立場になり指導する。相手の幸せを願い教育する。当たり前であり、教育・指導のセオリーとも言える。 だが、冷静に考えてみたら「相手の立場・幸せ」なんて簡単にわかるはずもない。たかが、仕事だけの関係で、どれだけの人が本音で話し…

  • 【3歳児は幼児感薄れる!?】言葉も達者、習慣もつき大人が注意されることもしばしばある。

    バイルです。 労働嫌いな2児の父です。子供の成長は驚くほどに早い。あっという間に大きくなる。その成長を身近で感じれることは幸せである。 今日は3歳の娘が大人の階段を少しづつ上っている話。 ①3歳になると、急に幼児感が薄れる!? 言葉通り少しづつ幼児感が薄れる。つい半年前まではバリバリの幼児であったのが、3歳を過ぎた辺りから自己主張もはっきりしてきて、伝えたいこともハッキリと伝えてくる。 イヤなこと、したいこと、熱い、寒い、美味しい、まずい、寂しい、かなしい、おこっている、機嫌が悪いなどの人としての感情を上手に大人に伝える。 これは1歳や2歳の時には出来ない。それを間近で見ると、まだまだ小さく稚…

  • 【車の振動で泣きやむ不思議!!?】心地よいのか、いつの間にか寝ている。

    長時間労働は、家庭の崩壊、健康をも害する。やっぱり労働は嫌いだ。そんな社畜パパのバイルです。 車の振動には魔法の効果があるのか、長女も次女も泣きやむ。「ぐずり」が発動していても泣きやむ。 不思議である。長女の乳児期もそうだった。 ほんと!不思議である。 なぜか、車の振動が心地よいのかいくら「ぐずり」でも気付いたら眠っていた。 すやすや・・・ ただし、車が走行しているときに限定されるので信号や渋滞で停車すると「ぐずる」。渋滞がひどいと「ぐずり」を通り越して「ぎゃん泣き」になる。 こうなると、車中は悲惨である。必死の形相で泣き叫んでいる娘に、何もできないもどかしさ。 それと、泣き叫んでいるため身体…

  • 【動けば仕事が増える!】人が減り、仕事が増えどんどん質も悪くなる。社畜(労働者)の運命・・・

    仕事が出来るようになれば、さらに多くの仕事が押し付けられる。そんな訳のわからん負のスパイラルで、労働に嫌気が差した労働嫌いな社畜パパのバイルです。 それにしても、年々仕事が増えている気がするのは気のせいか?? 何をしても仕事は増える。仕事が増えれば、労働時間は必然的に増える。労働時間が増えても給与は増えない。(残業についても、あまりにも残業が多いと処分の対象になる。そのため勤めている会社では、規定の時間を超えそうになると自己防衛のためにサービス残業する。) 増えるのは社畜(労働者)のストレスと疲労と医療費ぐらいである。なぜ同じ給与で年々仕事の量を増やさなければならない。そんなバカな話があってた…

カテゴリー一覧
商用