働きたくねえ社畜パパの子育てと仕事の奮闘記!水面下でセミリタイアを目指す。
読者になる
住所
出身
ハンドル名
バイルンさん
ブログタイトル
働きたくねえ社畜パパの子育てと仕事の奮闘記!水面下でセミリタイアを目指す。
ブログURL
https://bairunn060012.hatenablog.com/
ブログ紹介文
2人の娘の子育てと仕事を両立している働きたくない社畜パパです。社畜脱出を願いセミリタイアの実現にも取り組んでいくブログです。ブラック企業勤めで日々ブラック勤務とパワハラに不満を持ち仕事をしています。家族・家庭を第一に考えるパパのブログです。
自由文
-
更新頻度(1年)

16回 / 14日(平均8.0回/週)

ブログ村参加:2019/10/03

バイルンさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 19,274位 19,975位 21,827位 21,906位 27,915位 33,386位 33,415位 975,032サイト
INポイント 10 10 10 20 20 10 0 80/週
OUTポイント 30 70 110 110 90 140 40 590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 672位 690位 730位 738位 899位 1,186位 1,209位 64,771サイト
女の子育児 27位 26位 26位 28位 30位 36位 36位 2,869サイト
パパの育児 25位 25位 26位 30位 37位 42位 45位 2,150サイト
ライフスタイルブログ 1,751位 1,806位 1,951位 1,958位 2,189位 2,575位 2,583位 66,119サイト
セミリタイア生活 128位 130位 136位 135位 145位 169位 168位 1,055サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 14,413位 14,602位 15,107位 15,668位 16,525位 15,876位 16,608位 975,032サイト
INポイント 10 10 10 20 20 10 0 80/週
OUTポイント 30 70 110 110 90 140 40 590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 632位 646位 666位 708位 740位 713位 744位 64,771サイト
女の子育児 14位 15位 18位 22位 20位 18位 20位 2,869サイト
パパの育児 12位 11位 11位 11位 12位 12位 13位 2,150サイト
ライフスタイルブログ 1,532位 1,540位 1,578位 1,613位 1,653位 1,604位 1,650位 66,119サイト
セミリタイア生活 156位 159位 162位 164位 165位 163位 162位 1,055サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,032サイト
INポイント 10 10 10 20 20 10 0 80/週
OUTポイント 30 70 110 110 90 140 40 590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,771サイト
女の子育児 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,869サイト
パパの育児 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,150サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,119サイト
セミリタイア生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,055サイト

バイルンさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、バイルンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
バイルンさん
ブログタイトル
働きたくねえ社畜パパの子育てと仕事の奮闘記!水面下でセミリタイアを目指す。
更新頻度
16回 / 14日(平均8.0回/週)
読者になる
働きたくねえ社畜パパの子育てと仕事の奮闘記!水面下でセミリタイアを目指す。
  • 仕事と育児で疲れているのか?重力がきついと思うんです。それに働きたくねえ!(`・∀・)ノイェ-イ!

    バイルです。重力がきつい。身体が重たい┏( .-. ┏ ) ┓ 座ってもお尻が痛い。寝ころんでも腰が痛い。 育児に休みはない。 パパの育休もない。 だって中小企業だもの(*/´△`\*) 仕事と育児の疲れがボディブローのように効いてきているのでしょうか。次女がグズるので可能な限りがママと分担して抱っこしている。 短時間だと大した負担でもないですが長時間及び毎日ともなると疲労は蓄積されてくる。 それに育児に休みはない。そのため蓄積された疲労は完全に精算されることはない。 日々眠たい(*ρω-*)ネムネムzzz 最近身体のふしぶしが鈍い痛みとだるさに苛まれている。この表現が正しいのかはわからないが…

  • 忙しすぎるのも疲れるが、暇すぎるのも疲れる。何とも私たちは勝手な生き物である。

    バイルです。仕事というのは忙しくても心身共に疲れます。逆に暇すぎるのも何だか疲れます。 どっちやねん!! 忙しすぎるとケアレスミスも多くなります。それに周囲の空気もピリピリと張りつめて一触即発状態なので緊張の連続です(#゜Д゜)y-~~イライラ 陰キャで内向的なわたしはビクビクΣ(・ω・;||| 逆に自分のことに精一杯なので人間関係の問題は起こりにくいように感じます。あったとしてもピリピリしているのでミスを叱責されるぐらいなものでしょうヽ(;゚д゚)ノ 暇な場合は対照的で穏やかな空気が流れている分、余裕があり周囲の人の行動をよく観察しています。そのため時間のあるので噂話に花が咲きます。 社内の…

  • 暇なときと忙しいときで180度態度が変わる人を私は信用できません。

    バイルです。暇なときと忙しいときで180度態度が変わる人を信用できません。 暇な時には調子よく人の手伝いをするが、忙しいときには他人を放置する非難する。 でも会社にはそんな人たくさんいます(´Д`) 自分が追いつめられている時。大変な時は周囲の人も大変です。そんな時に思いやり・配慮を発揮することこそが真の協力ではないでしょうか。 会社にもいませんか?調子の良いときは「みんなで協力しよう」「助け合うことは当たり前」「何かあったら言ってね」という発言をしているのにいざ忙しくなり余裕がなくなると自分のことしか考えていない行動をとる人が。 恐らくいると思いますハァ━(-д-;)━ァ... ひどい場合は…

  • 【おしゃぶりは全力拒否!!】生後1ヶ月で「ぐずり」をあやすための方法が「抱っこ」に限定される。

    バイルです。 次女はおしゃぶりを全力で拒否する(/ω\*) いらねんだよ このヤロウ! 抱っこしやがれ!人恋しんだよ! 手抜きすんじゃねえ母乳だよ母乳! と言わんばかりの泣き声と顔を真っ赤にして主張している(╬゚◥益◤゚) 長女は「おしゃぶり」が多大な貢献をしていたが次女には全く効果がない・・・ 長女は困ったときにはおしゃぶりじゃい!!で解決だった。 ぎゃーー ぐずぐず おしゃぶり準備。 口に差し込む。 ものすごい勢いですう。 ちゅー ちゅー すー すー というような感じ。 だが次女には全く通用しない。むしろ、おしゃぶりを吸うと「えずく」 ちゅー おえぇーーー ぎゃうーー(ギャン泣き) 音楽を…

  • 店員・取引先の業者は召使いではない!客だから何でも許されると思ってんじゃねーー!

    バイルです。客・取引元の人間は店員や取引先に何をゆっても許されると思っていないだろうか? 店員を自分の召使いや使用人と勘違いしていないか?取引先の人間を部下と勘違いしていないか? 一部勘違いしている人がいることは確かです。 腹立だしい!嘆かわしい!そして「働きとうない!!!!!!」 どんな仕事でも客や取引先はあると思う。そんな時にどうしても買ってもらう方。仕事をもらう方の立場が自然に弱くなる。 これは当然だと思う。飲食店、小売店はサービスを提供する。取引先にも必要な物資やサービスを提供する。 そのため客や取引先の要望を聞くのは当然です。 ただし。要望を聞いて応えられるか。サービスとして取り入れ…

  • まだまだパパの育児の理解が足らないと思う。核家族に適した働き方を考える。

    バイルです。会社内での育児について書こうと思います。核家族の育児は簡単ではない。パパは育児の大きな戦力です。 パパは育児のレギュラー選手です!決して控えでも補欠でもありません(`・ω・´)キリッ 男性社員が育児のために定時退社やフレックスタイムを希望。そうするとどうなるでしょうか。 今の時代はコンプライアンスやハラスメントに対して社会の目が厳しいこともあるので真っ向から非難、否定されることはないと思います。 ですが裏では「はあ?意味がわからない」「嫁さんは何もせんのか」「どんな嫁や」「仕事を舐めているのか」という陰口は確実に言われるでしょう。 ですが、私自身育児をしているので痛感していますがあ…

  • 最近の若者はマナーが悪いと私を含め言われるが、本当にマナーや良識に欠けるのは年長者ではないか?

    バイルです。最近の若者はマナーが悪い。なっていない。 そんなことを言われます。私もよく言われます(`Δ´)! 果たして本当にそうか?私は疑問に思う( 'ω')? 年齢が上だから無条件で上から目線も気に入らないヽ(`Д´)ノプンプン ※全ての年長者がそうでじゃないということはわかっています。 注意・ご指摘は謙虚に受け入れよう。だが言っている本人たちのマナーはどうなんだと腹が立つことがよくあるヽ(`Д´)ノ 今から書くことは私の経験からの偏見です。 スーパーやコンビニやお役所、テーマパークなどの至る所で見る非常識な行動、マナーは年配者の方が圧倒的に多いです。(私の経験だけですが・・) スーパー…

  • 次女誕生に喜んでばかりはいられない。戦いは激化する。パパはパニック!?

    バイルです。2人目が産まれ。 家族が増えるのはとても嬉しいことです。 だが!現実はそんな甘いことばかりではありません。 >世の中厳しい・・・ 長女だけでも育児は大変なのに、次女まで加わるわけですから相当私たち夫婦の負担は大きくなります。 わかってはいたことですが、現実に体験するとやはりインパクトがあります。 >想像を絶する大変さm(_ _)m ①同時に相手にする恐ろしさ。 私が一番感じたのは、長女と次女を同時に相手にするときです。 オムツ替え、授乳、抱っこ、あやすなど新生児の育児というのはシンプルですが、そこに3歳の長女ザビイが暴れ出すと手がつけられません。 夫婦2人とも自宅にいるか、起きてい…

  • 長女ザビイおむつ外れについて。やはりタイミング・成長で自然にできるようになる。

    バイルです。おむつ外しではなくおむつ外れ。幼児期のおむつからパンツに移行するのは親の努力が決めるのではなく子供の成長です。 子供の成長でオムツは外れますd(^O^)b 人が成長するには時間が必要です。その子のやろうという意志も必要です。その子がしたいと思うことも必要です。 私たち大人がすることは子供が出来るようになる、したいと思うように導くことだと思います。 決して大人がオムツを外す時期を決めるのではありません。 親がいくら焦っても一緒(~ω~;)))親が熱心にしてもダメです(´+ω+`)周囲の子と比べないで。大人になってもオムツの子はいません。 我が子を見守り。問いかけ。タイミングが合えば。…

  • 31歳になり仕事10年目。役職も上がりいつの間にか周囲に気を使わせている存在になっていた。

    バイルです。いつの間にか周囲の人に気を遣わせてしまう年齢及び役職になっていたm(_ _)m 年齢もそうですが、社内、社外では役職というのが非常に大きな力を持ちます。 会社のブランド・後光に周囲は敬意を表しているということを忘れてはなりません。 基本的に上司の間違いを指摘すること。されることはありません。 間違えていても誰も教えてはくれない(´△`)それはとても恥ずかしくて怖いことではないでしょうか。 それに気付いたことがあります。私は数年前から間違えた名称で記憶していた商品があります。 その商品と関わるときには名称を呼ぶわけですから周囲の人は私の間違いに気付いていたことでしょう。 でも私は名ば…

  • 産後は少なからず1人で暮らすパパ。その時に家事の面倒さ量の多さに気付く。

    バイルです。産後はママは入院中です。 そこで産後少しの間ですが1人暮らしをして気付いたことを書こうと思います。 そうなると家事はパパが行わなくてはなりません。 といっても自分1人分の家事ですからそこまで量はありません。 ですが、慣れない家事は少ない量でも大変です。 家事って大変(il`・ω・´;) ━タラァァ~ン ①1人で自宅に居てもそれなりに家事はある。 結論から言うと、1人で暮らしていても家事は一定量あります。 それに面倒です。 洗濯物、洗い物、掃除、日用品の補充、食料品の調達とやることは目白押しです。 気楽ではありますが、やることは多いというのが実感です。 ②1人で家事をこなすことで家事…

  • 長女ザビイ((ヾ(≧皿≦メ)ノ)) 頼りになるお姉ちゃんだと心温まりました。優しい心に嬉しくなりました。

    バイルです。次女が誕生して3歳になる長女ザビイの「赤ちゃんがえり」を心配していましたが今のところは大丈夫そうです。 頼もしいお姉ちゃんo(^▽^)oパパと一緒に育児を頑張る(p`・ω・´q) ザビイもお姉ちゃんという自覚があるのか次女の世話をしたがります。その世話見ていると何処でそのような言葉や立ち振る舞いを覚えたんだろうというようなことがたくさんあったの今日はそのことについて書こうと思います。 次女がグズって泣いていたときのことです。 大丈夫よしよし( *`・ω´・)ゞよし 大丈夫よ(´ω`*) といってお腹をぽんぽんしていました。乳児の時にママにしてもらっていたのを覚えていたのでしょうか。…

  • 仕事をしていると無駄があまりにも多いことに気付く。なくなれば定時に帰れるのでは?

    バイルです。社会人10年目の2児のパパです。 仕事をしていると無駄な仕事が多いことに気付くことでしょう。その仕事がなければ能率良く、短時間で成果が出せると思います。定時退社も普通にできるでしょう(ノ*・ω・)ノ 社会人のパパなら思い当たる節があると思います。無駄な仕事のせいで必要な仕事ができない。意味のない残業が量産される。そのせいでサービス残業が発生する。 悪循環ではありませんかm(_ _)m まさに負のスパイラル(`Δ´)! 私が勤めている会社で蔓延している無駄を紹介します。 誰も読まないような報告書。(作成時間に何時間もかかる・・) 何故か定期的に行われる会議。(絶対いらない。) ミス防…

  • 産後パパはママの負担をとにかく減らす為にコンビニををフル活用。

    バイルです。産後すぐはママも心身共に限界突破です。 それに新たな家族も増えてママの頭は24時間新生児のことでいっぱいです。 そんな中私たちパパが出来ること、すべきことを今日は私なりに書こうと思います。 この激戦を上手く乗り越えることで自宅での育児をスムーズにします。 ①コンビニは素晴らしい。 24時間営業しているコンビニ。普段は利用している人、利用していない人がいると思います。 ですが、産後のママが大変なときには是非利用していただきたいと思います。意識して見てみると驚くほどの品ぞろえをしていることがわかります。 食料品、充電器、日用雑貨、衣料品など日常でちょっと欲しいなというものがほぼ揃います…

  • 焦がれるほどの熱い想い。心をかき乱されるほど夢中になれることは幸せだと思う。

    バイルです。オリンピックも間近に迫ってきました。最近では世界柔道も開催されていましたね。 テレビで見ていても伝わってくる。勝ちたい!勝ちたい!と焦がれるほどの熱い想い! 負けたくない!これに全てを懸けて挑んでいるんだ!という気迫! 勝敗が決したときの勇敢な戦士たちが思わず心乱され涙する場面。 そこまでの執着。夢中になれる。真剣になれる。 その光景は勝敗に関係なく美しく羨ましく見えました。 夢中になれるというだけで幸せだと思う。 それと引きかえ私は一体何をしているだという気持ちにもなりました。 焦がれるほどの熱い想い。心が乱され涙が頬を伝う。 そんなことがあるだろうか? 残念ながらそんなことはあ…

  • 力の入れ所、抜き所を正確に把握できるようになれば仕事は一段と楽になる。

    バイルです。仕事は重要な部分に力を集中することが大事です。闇雲に頑張るだけでは成果も出ません。 仕事は全てに全力投球を続けていると心身共に疲弊していきます。 それは仕事に限らず何でもそうだと思います。サッカーやバスケットでもここぞという時に全力疾走して攻め込むと思います。 ボクシングでもそうでしょう。5~6割ぐらいのパンチでリズムをつくり必要な時に決めの8~10割のパンチをくりだし相手をノックアウトすると思います。 何をするのにも共通するということです。 常に全力ではスタミナは保ちません。スタミナがなければ必要な時に必要とされている力が発揮できません。 仕事も同じです。常に目一杯の状態であると…

  • 判断力というのは経験で磨かれる。失敗を糧にして人は一歩づつ成長していき高みに到達する。

    バイルです。判断力というのは経験で研ぎ澄まされます。決して才能ではありません。スタートは皆同じです。 判断力は超能力でない。泥臭い失敗の積み重ねで生まれるものです。 仕事を10年もしているとほとんどの作業がパターン化できます。積み重ねてきた経験値で何でも成功パターンを当てはめてこなせるようになります。 また経験値が増えるごとに自分の中での対応パターンも増えてくるのでより判断力が精度が上がります。 顧客のクレームの対応も何度も何度も怒らせ失敗することにより地雷がどこに存在するかわかるようになり冷静に解除出来るようになります。 人間関係も同じです。何度か衝突する。トラブルを経験する。そうすると自分…

  • 育児レベルをママに近づけ優秀な控え選手になるのが理想。

    バイルです。育児は1人ではできません。 だからこそ、控え選手であるパパの育児レベルが重要になります。ママは基本的にどの家庭でも最前線で育児を行っているのでママの育児レベルは高いです。 ですがパパについてはどうでしょう??実際に調査したことはありませんが、相当バラつきがあるのではないでしょうか。 今日はそんなパパの育児レベルの重要性について書こうと思います。 パパの育児レベルが円滑な育児の生命線(^_^) ①育児レベルのバランスが大事。 育児は1人ではできないことは何度もこのブログでも発信しています。 特に核家族化が進む現代ではパパの育児レベルの向上は必須項目であると思います。一昔前なら同居も多…

  • 眠たいピークに乳児は泣くもの。寝れる時間をコントロールできないことが一番キツい。

    バイルです。新生児のミルク期間はパパ・ママが睡眠不足になり眠りたくてもグズりだして一番寝たい時に眠れない日々が続き疲労困憊です。 本当に寝たい時に寝れないのはキツイです(||´Д`)o 大人なので睡眠不足で活動することはそんなに難しくありません。 では何がキツいか?眠りたいときに眠れないことでしょう。 乳児はいつグズるかわかりません。機械でもないのでミルクの時間も正確に3時間と決まっているわけでもありません。 飲まないとき。飲むとき。様々です。 それにミルクを与えれば泣きやむほど単純でもありません。泣くのには色々な理由があります。 経験から予測は出来ても正確に把握することはできません。全くコン…

  • 新生児の育児中は体力勝負!食べなきゃ保たん。つまめるものを常備する。

    バイルです。とにかく毎日眠いです。次女(乳児)起きている時間が長くなりミルク以外の時間の長くなってきています。 そんな育児中はとにかく隙間時間を見つけて食事をとるしかありません。 ゆっくり食事はとれません(^_^;) そのため大人の食事も簡単なものに限定されます。片手で食べられる。冷めてもおいしい。すぐに食べられる。小分けが出来る。などが多くなると思います。 そうしないと安心して食べることが出来ないからです。 新生児はぐずります。叫びます。唸ります。ミルクを吐きます。しゃっくりをします。 そう。いつ呼び出されるかわかりません。 そんな状況の中、手の込んだ料理など作り食べる時間なんてありません。…

  • 新生児のミルクはソファーと抱っこひもで乗り切る。

    バイルです。次女誕生でバイル家は慌ただしくなっています。 今日は、次女のミルクやあやす際の必須アイテムをお話ししたいと思います。 ①パパ、ママ両方が平均体重を大きく上回るため負担が大きい。 まず私たち夫婦の問題です。それは太っちょだということです。 身体が重いのです(≧(・・)≦)ノブー! そのため普通の生活でも身体に負担がある状態でさらに次女を抱っこするためお互い腰痛には悩まされています。 日々の習慣の賜であるため自分の責任でしかないですけどね・・・ 泣いている次女を放置など出来ません。 泣き癖がつくという親世代の意見もありますが、正直ないている新生児を放置するのは余計にストレスがかかりま…

  • ザビイ3歳になり少し「待って」が出来るようになる。すごい進歩だと思う。

    バイルです。幼児の心の成長はすごいです。 少し前までは「待つ」といことが出来なかったのに数十日で出来るようになっています。 幼児の成長は日進月歩(^-^) 何でも「待てる」わけではありませんが少し工夫すれば待てることはたくさんあります。 後でしようね。また今度ね。これが終わったらね。出来たら後でしようね。などと後ですることを説明すると納得してくれます。 機嫌が悪いときなどは通用しませんが・・・()´д`()ゲッソリ・・・ ですがそれを差し引いても大人では考えられないほどの成長です。 大人の場合は仕事などで指導をしても、上っ面は直ったように見えても心(中身)まで変わることは稀です。(ほとんどな…

  • 動けばお金がかかると痛感する。買い物に行くとついカゴの中がいっぱいに!

    バイルです。牛乳とタマゴを買いにきただけなのに気付けばカゴのなかには様々な商品が入っている。 そんな経験はありませんか?私はしょっちゅうです(;´Д`) そのせいで当初計画していた予算をオーバーしてしまうことになります。買い物を良くするようになって気付いたことがあります。 動けばお金がかかる(m´・ω・`)m 欲しい物が目に入れば自然にカゴに入れてしまうのが私たち人間でしょう(´∀`*) 目的のものだけを買えば良いのですがあれっ!!? 安い!(((o(*゚▽゚*)o)))久しぶりに食べてみたい!とりあえず買っておくか。美味しそうだな買っておこう!などと購買欲求をかき立てられる仕掛けがスーパーに…

  • 10年働いて思うこと。仕事の進め方のコツ

    バイルです。仕事をしているとあまりの仕事の量の多さに疲れてしまうこともあります。 だからといって仕事を放り出すわけにはいきませんよね。 あまり真面目すぎても仕事は終わりません。時には工夫も必要です。 ①その仕事のポイントは何処 仕事も10年続けていると、各作業の重要なポイントのようなものがわかってきます。 あまりにも仕事量が多いときはそのポイントだけ行い、他の部分は誰かに手伝ってもらうなりすると効率的に行えます。 いくら知識・技術が必要な作業といえども経験が必要なものは全体の20%未満ではないかと思います。そのほかの作業は努力次第で誰でもできるように簡素化できると思います。 仕事の重要なポイン…

  • 自炊にこだわり過ぎるのもどうかと私は思う。自炊は私たちが想像しているほど節約にならない。

    バイルです。節約を意識して自炊をする。まさにセオリーとも言える行動です。 確かにお金だけを見ると自炊は節約の効果は非常に高いでしょう。ですが私たちが思っているほど自炊は総合的に見た場合節約にはならないと私は思っています。 私が思う1番の理由は自炊には時間がかかります。 時は金なり 時間というのはお金です。時間というのは可能性です。その時間を何か他のことに使用すればもしかすると節約以上のリターンを得る可能性もありま。 コンビニやスーパーの惣菜で食事を購入すれば5分です。ですが同じメニューを作れば30分では作れないかもしれません。それに自炊する場合には材料を買う時間も必要です。 これが毎日ともなれ…

  • お金は本当に大切。夫婦間でも曖昧にせず正面から向き合うことが大事だと思う。

    バイルです。お金のことは私たち日本人はあまり公の場で話したりしません。 でも。お金は誰にとっても大事で重要です。お金がなければ生きていけません。 お金は生きていくためには本当に重要(^O^) お金がなければ生活に必要な物を購入することもできません。衣・食・住のすべてにお金がかかります。 だからこそ曖昧にしてはいけないのです。夫婦お互いが毎月どれぐらいの支出で生活しているかを把握しておく必要があります。 多分夫婦両方が生活費がどれぐらいかかっているかを把握している家庭は少ないのではないでしょうか。ざっくりでも把握していれば良いですが、全く関与していないのは考え物だと私は思います。 お金のことを知…

  • 出世のコツ!必要とされている成果に集中する。

    バイルです。仕事を何年、何十年と継続しているといつの間にか自分の中でペースができていると思います。無意識に仕事を行っていることがほとんどでしょう。 無意識に行っていて自分の仕事の成果に満足できていれば特に問題ないでしょう。そうじゃない人も多々いると思います。 私もその1人です。そんなときには、毎日疑問も持たずの行っている当たり前の業務を見直してみる機会かもしれません。 社内の出世はゲームの攻略に似ています(^O^) ①成果、評価を正確に把握する。 まずは自分の行っている業務の見直しの前に会社の評価基準を正確に把握するところからスタートします。恐らく評価の基準というのは会社によって様々であると思…

  • サラリーマンの悲しい現実。会社の利益が倍になっても1円も給与に反映されない。

    バイルです。会社がたくさん儲けても給与には一切反映されません。 なぜならサラリーマンは安定しているからです。給与が増えたり減ったりと変動するようなら安定などほど遠くなります。 安定という名の悲しい現実です。. 逆に会社の儲けが激減しても急に給与が下がることもありません。ですが長期的に見た場合給与が上がらない。賞与が下がる。リストラ対象になる。 などのリスクは格段に上がります。サラリーマンは安定のイメージがあります。見方を変えると都合の良い存在です。 儲けが増えても給与を増やす必要がない。儲けが減れば巧妙に給与を減らして、雇用まで切ることがある。 会社が順調にいっている時はサラリーマンの身分は安…

  • 10年勤めれば会社の給与体系もわかる。現実を直視した厳しい家計を見つめ直す時期。

    バイルです。10年働けば会社の給与の水準がわかります。限界もわかります。 定年までの給与の楽観的な予測も立てることが出来ます。※業績悪化した場合はリストラもあるので別枠で考える。 私の場合は今からは給与が上がる見込みはありません。(社内の傾向がそうであるのと、業績が右肩下がりであることが根拠です)会社によっては50歳前後で年収が最大になります。 ですが私が勤めている会社は恐らく30~40歳ぐらいの人が会社内で高い年収をもらっています。 このように書くと生え抜きのエリート集団のように見えます。全く違います。50歳ぐらいの人は退職するか役職を降格させられるかして給与が下げられています。 これが現実…

  • 男性の育児休暇が当たり前の社会になって欲しい。会社にも良いことがあると思う。

    バイルです。現在は次女が誕生して2児の父です。 パパの育児休暇が当たり前の社会になってほしい(^O^) 今日はパパの育児休暇について考えていこうと思います。 男性の育児休暇を自然に取得できる会社というのはほとんどないでしょう。 育児休暇を取得出来たとしても、裏の人事評価に響いたりするということもあるでしょう。 いろいろあって取得しずらいのが現実ではないでしょうか。 実際私の勤めている会社も取得出来るような雰囲気ではありません。私は男性の育児休暇は必要だと思っています。 ①パパの育児休暇について 確実に必要です。 産後には、家事、育児とやるべきことが山積です。出生届け等、ご近所への挨拶など。細か…

カテゴリー一覧
商用