プロフィールPROFILE

Tana3070さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
シニアライダーの旅日誌
ブログURL
https://tana3070.hatenablog.com/
ブログ紹介文
過去40年のキャンプツーリングを紹介します。
更新頻度(1年)

8回 / 70日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/09/27

Tana3070さんのプロフィール
読者になる

Tana3070さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 0 0 10 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,407サイト
キャンプツーリング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 335サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 58,724位 59,736位 54,741位 54,875位 51,050位 47,773位 45,115位 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 0 0 10 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 938位 966位 900位 911位 835位 778位 736位 11,407サイト
キャンプツーリング 48位 49位 46位 46位 45位 45位 45位 335サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 0 0 10 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,407サイト
キャンプツーリング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 335サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Tana3070さんの読者になりませんか?

ハンドル名
Tana3070さん
ブログタイトル
シニアライダーの旅日誌
更新頻度
8回 / 70日(平均0.8回/週)
読者になる
シニアライダーの旅日誌

Tana3070さんの新着記事

1件〜30件

  • 2004年5月 R1100GS陸奥の旅

    昨年11月の川湯ツーリング以来日帰りツーリング等で大分この大きなガタイと重さには慣れてきた、立ちゴケもしたが何とか起こせる。春になったし本格的なキャンプツーリングに出ようと計画を練った。東北へは20年以上昔、仲間3人で行ったが、それを思い出しながらまた行ってみることにした。渋滞を逃げるためGWを少し早だし、4月28日に出発、帰りは5月3日、5泊6日の旅だった。1 日目は長野県茅野から― 佐久 - 軽井沢―沼田、金精峠を通って目的地は中禅寺湖(520)。朝 3:30 に自宅発、駒ヶ根付近で雨が降ってきた。天気が悪いことは予想していたが、幸先の悪いスタート、その後回復するも 299号線麦草峠付近で…

  • 2003年11月 川湯温泉ツーリング R1100GS

    修理に出したR1100GS、オイル漏れも治ってきたので早速キャンプツーリングに引っ張り出した。今回もR1150GSアドベンのOさんと一緒だ。09:00 に国道25号線の関 SA で待ち合わせ、風が強く寒い朝だ。東名阪は亀山料金所手前でかなりの渋滞、 待ち合わせの9時まで時間も無く路側帯を走った。 関SAに着くとOさんは到着済。25 号線を針IC で下りて南下するコース、98 年春にレイドで来た時とほぼ同じだ。キャンプ場チェックイン は 3 時前、買い物をしてガスを入れた。 燃費は20Km 近い、リッターバイクだからこんなものだろう。でも聞いていたようにオイルは結構食うようだ、点検窓から見ると油…

  • 2003年10月 テネレーからBMW R1100GSに乗り換え

    テネレーに大きな不満が有ったわけではないが色々な面で中途半端なバイクだった。大きくてゆったりして長距離が得意? 重いがゆったりとはしていない。オフ車として林道でキビキビ走れる? 振り回すには私の技量じゃ重くて大きい。中間排気量(660cc)の燃費はこんなもの? BMW F650のUさん曰く28Km/リッターは行くよ。 期待したエンジンのトルク感は? 正直がっかり。「どうせなら次はリッター級のオフ車に乗りたい、スーパーテネレー、ホンダバラデロ、BMWのGSか」と思うようになってきた。休みの度バイク屋を見て回ったがスーパーテネレーやバラデロは見つからない。BMWモトラットで97,8年式のR1100…

  • 1998年10月 乗鞍・奥飛騨 紅葉と温泉

    今回のツーリングはもはや年間行事となった乗鞍・奥飛騨方面である。10月も半ば紅葉も真っ盛り、温泉と紅葉をテーマにおっさんズの一泊二日のキャンプツーリングが始まった。今回の参加者は6名と大勢、集合場所も第一は黒笹駅のコンビニ(今は中華料理屋)と第二の奈川の県道26号と39号T字交差点、Aコープ駐車場(今はもうクローズしている)の2か所、奈川で全員がそろい、まずは乗鞍スーパー林道へ向かう。 私は乗鞍高原から山頂までの景色が一目で見渡せるこの場所が大好きだ。スーパー林道を走ると必ずこのアングルで写真を撮る。 スーパー林道から乗鞍をバックに撮影 スーパー林道の次の区間に乗り継ぎ白骨温泉へ、途中の紅葉が…

  • 2003年9月 黒部・白馬 テネレーでの旅

    前日までの台風の影響で予定を一日遅らせて22日月曜日に出発、この日は日曜日と秋分の日の間、休みを取った。国道41号に沿って北上し富山県黒部付近で一泊、糸魚川から国道148号、19号で白馬、松本を通って帰るルート9月後半の朝はもう寒い、なんでこんなに早く出るのかって、ツーリングの朝は勝手に目が覚める。そしたら時間がもったいないから出かける。この日は03:30出発、41号を高山へ向かうが寒い、高山に着いたのは 7時だった。寒いが日ごろの行いが良いので天気は良い。 台風の後で空気が澄んで景色がくっきりとしている。 神岡から41号を少し富山よりに進んだところから有峰林道(有料300円)をとおり立山に向…

  • 2003年9月 四国剣山スーパー林道 テネレー

    今回はSさん、Oさんと四国の剣山スーパー林道を2泊3日で走る。1日目は林道入り口近くでキャンプを張り、二日目は林道を走ってキャンプ場に帰る、3日目は帰路に着く。そして今回Sさんはアフリカツイン、OさんはGS1150アドベンチャーと重量車を持ち込んでの林道ツーリング、巨漢2台の間でテネレー小さく見える。 一日目、金曜日は休みをとり早朝04:00にSさんと待ち合わせ出発。23号、1号を関のドライブインでOさんと合流。名阪と国道26号で和歌山港へ着いたのは9時少し前だった。暫くして乗船、時間もあるので軽く無事到着??を祝う(この時明石、淡路島、鳴門と既に橋で繋がっていたが、何故船で往復したのか覚えて…

  • 2003年6月 南アルプス・八ヶ岳 テネレーでキャンツー

    この年の2月以来久々のキャンプツーリング、この日も林道を求めて長野、山梨方面に出かけた。153号線を北上、記録にも記憶にもないがおそらく松川辺りから東にスライドし152号線を北上、伊那市美和湖の手前を右折し南アルプス林道方面、黒河内林道へ。牧場を牛と併走、金沢林道に繋げ20号線を南下する。 153号の治部坂で休憩 黒河内林道、河原に降りて昼食(インスタントラーメン) 黒河内林道終点 牧場のゲート 茅野市の眺め 金沢林道出口(国道20号) キャンプを張るにはまだ早いが当たりをつけておかないと、と思い看板にある番号にTELしてみる。何軒か問い合わせるが、「うちはオートキャンプだけなんです」とか「バ…

  • 2003年2月 愛鷹林道 By ヤマハ テネレー660

    一年で一番寒い時期、こんな時期に誰かを誘っても迷惑だろうと、今回は単独、「富士山を見てキャンプして林道を走りたい」目的は漠然としていた。 でもキャンプ場だけは静岡県富士川町の「野田山健康緑地公園」と言うところを管理する役場に事前確認をして出かけた。05:00に家を出て、岡崎まで東名、そこから行ける所まで 1 号線を行ってみよう。 金曜日ともあって 8 時ごろには渋滞がひどくなった。 所々高速を使ったが1号線走行中清水では酷い渋滞にはまり 1 時間は費やしただろうか。 国道1号、富士市付近を快調に走る。富士山が綺麗に見えるので写真撮影。「午後から麓に行ってみよう」 愛鷹林道へは案外すんなり来た。…

  • 2002年12月 伊豆半島ツーリング By テネレー

    12月初め、10月、11月、そして今回、と毎月お泊りツーリング、3年間で溜まったツーリングへの思いが一挙に爆発。12月7、8日は雨の予報にもかかわらずメンバー誰も延期の声を出さず、ついに決行の日が来た。 5時30分Sさんと近所のスーパー駐車場で待ち合わせ。 岡崎、豊橋、浜松、最終的には菊川まで1号線を走った。 Uさんとの待ち合わせ場所の牧の原SAには30分の早着ではUさん、すでに到着済。 コーヒーを1杯飲んで再出発するが予報どおり雨が降ってきた。 沼津ICで降り暫く走り昼食、それから伊豆スカイラインへと向かう。スカイラインは霧、霧、霧、富士山どころか10m先も見えない。前を行く車のテールライト…

  • 2002年11月  川湯ツーリング Byテネレー

    帰国後2回目のキャンプツーリング、もっと早い時期に行く予定だったが急な出張が入り11月も半ばとなってしまった。川湯に来るのはレイドで来た時依頼で2回目、前回と同じようなルートで北からアクセス、R168を南下、途中谷瀬のつり橋で遅い昼休憩、うどんを頂く。駐車場からの眺めはいいが秋もすっかり深まり紅葉は茶色になってしまった。以前友達と3人でこの橋の下でキャンプをしたことが有った。橋を渡ろうとしたが怖くて最初はだめだった。少し飲んでから挑戦したら怖くなかった、と言うばかげた思い出がある。その時は確か本来の目的地は川湯で、川を掘れば自前の温泉が出来る、と言う話を聞きスコップを車に積んで出かけたが行き着…

  • 2002年10月 乗鞍・奥飛騨帰国後初ツーリング

    これは前回のキャンプツーリングから3年が過ぎた2002年10月の事である。 実は3年前の夏から海外駐在を命ぜられ買って1年も経たないテネレーに長く乗れなかったのだ。そして帰国一発目は、大好きな乗鞍・平湯の定番コースだった。長く動かさなかったテネレーの車検を取ったがキャブの調子が悪く4000回転以上吹け上がらない。修理にはぎりぎりまでかかったが何とか予定した日程に間に合った。紅葉見頃、天気は 最高のツーリング日和。実は乗鞍はこの年が最後のマイカーで乗り入れ、翌年からは規制が始まり上高地と同じになる、絶対に逃せない大事なツーリング。 第一集合場所はUさん家近くのサークルK、6 時 30 分にS、U…

  • 1999年3月 紀伊半島ツーリング by テネレー

    3月中旬、Sさんと紀伊半島に向かう。春にはまだ少しだけ早く標高の高い林道には雪が残っていた。朝4時30分、Sさんと待ち合わせ真っ暗な中出発した。東西名阪で針まで行きそして南下、桜井→五条→橋本、を経て高野町、R480を西に走り清水と言うところに来る。ここから護摩山山頂をめがけて南谷林道(今は地図で見ると県道19号となっている)を上る。年度末のせいか工事中、う回路が多い。何とか走り切ったが山頂付近には道路にまだ雪が残る。スカイラインを横切って反対側の奥千丈でR168に抜ける計画だったが入口から道は雪で塞がっている。 南谷林道の終点近く ごまさんスカイラインはこの時二輪車通行止め、「Sさん、どうす…

  • 1998年12月 XTZ660ヤマハテネレー伊豆ツーリング

    12月半ば、納車されたばかりのテネレーで慣らしを兼ねて伊豆へ初ツーリング。東名で清水まで来てR1で沼津まで走る。途中、由比から富士山が綺麗に見えた。 由比で富士山が綺麗に見える 沼事からR136,414で真っ直ぐ南下、下田まで行き後は半島周りの基本、右回り、半島の西を回り沼津に戻る単純なルート、天城峠ではちょっと旧道にも立ち寄ってみた。 旧天城峠 高速道路での性能は当然のことだがレイドに比べると格段に良い、一瞬ではあるが100マイル/H(英国仕様でマイル表示)は出た。エンジンは滑らかでトルク特性もフラットな感じ。それに10ポンドハンマーでピストンを叩くような感覚は期待外れだった。でもやはり25…

  • 1998年12月 TTレイドからヤマハテネレー660へ

    これはごく自然な事かもしれないがレイド乗り換えて2年も経たないうちに大きなバイクに乗りたい、と言う願望が出てきた。アフリカツインやスーパーテネレーは大きすぎる、バイクは軽くて機動性が重要と思っているから650ccクラス、それもオフ車がベストと考えていた。それに10ポンドハンマーでピストンを叩くような単気筒のトルクフルなエンジンが欲しかった。これは先輩の改造エンジンのヤマハXTに乗せてもらいあの強力なトルクの虜になってしまったからだ。だが、生憎日本には650クラスのオフ車は無い、逆輸入になる。バイク雑誌を見る逆輸入の中古車も有りそうだ。候補はヤマハテネレー(スーパーではない)、ホンダドミネーター…

  • 1998年10月 TTレイド最後のツーリング

    今回は先月の雨中ツーリングのリベンジとでも言おうか、今年は未だ美しい乗鞍岳を見ていない。 先回と同じメンバーでと計画したがOさんは別用が有ってこられない、Sさんと二人、日帰りで出かけた。木曽福島→奈川→スーパー林道で乗鞍高原→エコーラインで山頂へ向かう。一之瀬園辺りから乗鞍を写真に収めるが肉眼とは全く違う、どうしたらこの見たままを写せるのか?今いる付近の紅葉はまだ早いが中腹は今がさかり。上は葉っぱがもう無い状態だ。 乗鞍 一之瀬より 今日は天気が良いが寒い。少し甘く見ていた、防寒対策が必要だった。エコーライン途中でインスタントラーメンを食べて温まる。今日は遠くの山までよく見える。Sさんによると…

  • 1998年9月 TTレイド乗鞍・奥飛騨雨中の旅

    紅葉の時期のほぼ年中行事ともなった乗鞍ツーリング、今回もエコーラインで登りスカイラインで降りる、そして平湯、奥飛騨方面へ向かう予定。キャンプ地は栃尾温泉のリバーサイドキャンプ場を予約済。前日は台風7号が大暴れ、どうなるかと思ったが朝にはおさまり予定通り7時にSさん、Oさんと落ち合う。 台風はあちこちの看板や立木をなぎ倒している、この先少々不安は残るが予定のコースをたどる。乗鞍スーパー林道の奈川料金所(当時は未だ有料)でこの先の様子を尋ねる。「スーパー林道は白骨以降安房方面通行止め、エコーラインも乗鞍へは通れない」との事。旧道で安房峠に向かおう、と言う事で先に進む。 乗鞍高原から白骨に向かいR1…

  • 1998年9月 TTレイド長野・山梨の林道

    林道を走ろうとSさんOさんと3人で出かけた。行き先はSさんが以前走ってよかったというルートで長野県と山梨県の林道を1泊2日で走るルートだ。朝3時30分と異常に早い待ち合わせで辺りは未だ真っ暗、まずはR153を北に向かう。高遠で今日1本目のダート、高嶺線でウォームアップ、長いので途中コーヒータイム、この辺りは黒河内林道も合わせて周回する良い林道ツーリングコースが出来そうだ。 金沢林道以降はSさんの庭、茅野からR299、そして茨沢林道、ここは下る一方で大きな石がゴロゴロ、見晴らしも良くないと言う印象だった。R141沿いの小海と言うところから県道124号を東に向かうかなり走って峠を越える、次の林道は…

  • 1998年7月 TTレイドで帰省

    今回の帰省の目的は今年初めに他界した母の納骨の為だった。7月20日に兄弟集合と言う事でついでに寄り道して行こうかと18日に出発し途中1泊、帰りも1泊と何が目的か分からなくなってきている。初日だけは方向が同じだったのでツーリング仲間でもあるSさんと同行した。Sさんは良き先輩でもあり残念なことだったが今から5年前(今は2019年)に若くして他界してしまった。従ってこの旅は貴重な思いでの旅でもある。5時に近くのコンビニで待ち合わせR153を北上し陣馬形林道、女沢林道等を経由し高遠に出る。 黒河内林道を通って入笠山の登り口で休憩した。 ここから暫くはSさんの庭も同然、茅野を抜け野辺山へ。日本一標高が高…

  • 1998年4月 TTレイド 南乗鞍林道ツーリング

    ダートを走るのが楽しくてたまらなくなってきた。路面の締まった登りのダートなんかアドレナリンが出てくる。 それに最近新しいテント、モンベルムーンライト2を買ったのでキャンプしたくて堪らない。 と言う事で荷物を積んで出かけた。 コースはR19を北上、木曽福島からR361で開田高原、ここから月夜沢林道を走る。361のトンネルを抜けたあたりで右に折れる川に沿って木々の間を抜ける爽快なフラットダート。 フラットから急に高度を上げ峠に向かう、そして峠以降はがれ場もある急坂だった。 野麦峠を下り再びR361へ、そして今日2本目のダート。カクレハ号現キャンプ場を過ぎた上り坂、落石注意の看板、でもこれはいくらな…

  • 1998年3月 和歌山川湯温泉1泊2日TTレイドの旅

    川湯温泉の事は「紀伊半島の山中で川を掘れば温泉が出る所」くらいの知識しかなくどれ位時間がかかるか、どのルートが良いか、など検討もつかない。 兎に角紀伊半島の北側には25号線(東西名阪国道)が走っているので奈良県くらいまで行き南下する事にした。当時は半島沿岸にはR42号以外今のように高速道路の無料区間など無く北から攻める頭しかなかった。時間もルートも読めないので朝は夜も明けないうちに出発。名阪国道の針ICまで走ったが、寒かった事だけは記憶にある。針からはR369、169,311と繋いで川湯のキャンプ場に着いた。時刻は2時だった。最近のキャンツーは2時に到着すれば、到着祝いのカンパーイ!!が始まる…

  • 1997年1月 ヤマハセロー225からTTレイド250へ

    ヤマハセロー225、車重は軽く足付き性も良くフラットダートから登山道、河原まで走れる使いやすいバイクだった。だから日帰りの林道ツーリングにはとても重宝し、楽しかった。一方、長い時間走るとお尻が痛くなる、荷物を多く積めない、パワーが無い、航続距離が短い、等、長距離ツーリングでもう少し楽なバイクが・・・ という贅沢な欲が出てきた。そこで気になり始めたのがヤマハのTTレイド。フルサイズの250でDOHC 単気筒 30馬力 16リッター燃料タンク。登山道こそきついだろうが林道ならキャンプ道具一式積んで一日中無給油で走れそうだ。欲しい物を手にいれたいという気持ちにブレーキをかけられない我が儘な性格、遂に…

  • 1995/10 セロー225 乗鞍 奥飛騨合掌の森

    1995年10月、辺りはすっかり秋の雰囲気。乗鞍、平湯方面へキャンプ道具一式セローの荷台にくくりつけて出掛けた。R153で昼神、R256、R19で薮原から奈川、R158、県道26号、エコーラインで乗鞍へ。頂上に近づくと道路脇に雪が積もっているが昨日辺り降ったのだろうか? 乗鞍高原付近では紅葉もまだ早かったくらいなのに、上下の気候の差は大きい。エコーラインの途中で体を温めようと湧き水の出ている所でコーヒーを沸かす。だが、この水の不味い、温泉にコーヒーをいれて飲んでいるようだ。これは湧き水でも冷鉱泉のようだ。 上からの眺めは美しい、秋で空気が澄んでいる、八ヶ岳方面まで綺麗に見える。それにしても寒い…

  • セロー 225 南信濃、天竜の旅

    テント、寝袋、シングルバーナー、コッヘル、食料、ウイスキーの小瓶、そしてあれ以来必ずパンクキットとエアポンプ (今と比べるとかなり少ないが)を詰めたザックをセローの荷台にくくりつけ、奥三河、南信濃、天竜、3つの地域へ1泊2日のキャンプツーリングに出掛けた。R152を北上、水窪、ヒョウ超え峠、を通り長野県南信濃村、R418を左折し暫く走ると天竜川に当たる。県道1を天竜川に沿って北上すると和知野川の分岐に来る。この日の宿泊地はそこにある和知野川キャンプ場である。当時は入り口に募金箱のようなものが置いてあり協力費で200円くらい入れた覚えがある。時は1995年8月19日、夏真っ盛り、キャンプ場は暑か…

  • 大型スクーターそしてヤマハセロー

    1983年以降、長期の海外出張、結婚、妻の出産、持ち家等、何かと忙しくキャンプツーリングにはなかなか出かける機会が無くなってきた。XLも社宅の駐車場に置きっぱなしにしているもんで2回も盗難に会い、帰って来てもあちこち壊され錆びも出てきていた。レストアしようと自分なりに頑張ったがかつての美しさや力強さは帰って来ない。自分もスクーターにでも乗って少し落ち着こう、何て思いホンダのフェリーウェイを中古で買った。当時大型スクーターはフュージョン、フリーウェイくらいでヤマハのマジェスティーは無かったと思う。数年は乗って見たがキャンツーには行っていない。 やっぱり自分の乗り物じゃないな。そんなときレッドバロ…

  • 乗鞍ツーリング 大パンク

    時は1982年夏、まだ昭和(57年)の時代、ツーリング仲間8人でまたまた乗鞍のお話。 乗鞍高原で一泊しエコーラインを上る計画で出掛けた。まだ乗鞍はマイカー規制もなく長野県側は無料、岐阜県側からは有料の乗鞍スカイラインで頂上の畳平まで乗り入れる事ができた。1日目は国道19号を北上し長野県の木祖村から奈川、そして乗鞍高原へ。メンバーの誰かが予約した民宿に泊まり気持ちのいい温泉に入り用意してもらった料理で宴が始まる。記憶は途切れ途切れだが梅酒の梅を食べさせてもらい美味しかった事を思い出す。 ↑ スタート前 2次集合場所へ向かう 二日目は快晴、テンションが上がる。エコーラインを元気良く上っていく、だが…

  • 1981年7月 乗鞍 高山ツーリング

    1981年7月、友人のN君と夏に予定している東北ツーリングの予行演習を兼ね野麦、乗鞍、上高地を巡る計画で出掛けた。持ち物はテントとクーラーボックス(BBQの食材とビールを途中で調達するため)R19を北上し木曽福島からR361へ、途中通行止めがあり林道へ迂回。野麦峠は霧が深くて何処を走っているのか解らない。奈川まで下り乗鞍スーパー林道を上る。この頃スーパー林道は有料だった。乗鞍高原の乗鞍国民休暇村の一ノ瀬キャンプ場(2017年にクローズ)に泊まることとなった。この頃は管理人も居て300円程の管理費を払ってキャンプが出来た。BBQセットなど持っていないので石で釜戸を作り薪を燃やしその熾で肉を焼く、…

  • 行き当たりばったり、四国一人旅

    1981年9月 東北ツーリングから間もないがいまは知らない土地を走るのが楽しくて堪らない。ほとんど計画を立てず、2、3日四国を廻ってみるか、と準備もそこそこ、寝袋、着替え、地図、出掛が雨だったのでカッパを持った。東西名阪と25号で和歌山、南海フェリーで小松島(今は徳島港)に渡った。2時間程の船旅だったが初めてのフェリー、初めての四国と思うと気持ちが高ぶった。この日は野宿をするつもりだったが陽も短くなり暗くなってきたことと雨も降っていたので民宿に泊まることにした。どうやって宿を探したか覚えていない、直接訪ねて「泊まれますか?」と聞いたような気もする。兎に角徳島の素泊まりの民宿に着いた頃には暗かっ…

  • 東北ツーリング (I)

    1981年、高校時代の初キャンプツーリングから5年が経った。その間にもあちこち出かけたが思い出に強く残っている旅の一つがこの1回目の東北ツーリングだ。既に就職して名古屋に住んでいた。仲間と3人で、福島、宮城、青森、北上し秋田、山形、新潟、と日本海側を南下する、約2000キロ、6泊7日のコース。バイクは当時人気の高かったホンダXL250S。 東京までは高速代を節約するためにかなり長く1号線を走った記憶がある。東京ではメンバーの一人N君の家に泊めてもらった。翌日は東北自動車道、当時有料だった磐梯山のゴールドラインで五色沼へ。どこのキャンプ場か覚えていないが何処かの湖の畔で泊まった。凄く良くて、「ま…

  • CB250 初めてのキャンプツーリング

    免許を取って初めてのキャンプツーリングは高校2年の夏休み、新潟県から仲間5人で長野県諏訪湖、蓼科、群馬県の白根山に至る1泊2日の旅だった。45年も前の事だが良く覚えている。諏訪湖でテントを張り寝ていたが隣で寝ている連れの首もとに大きな黒い🐛が····。 白根山を上るときの強烈な硫黄の匂い。青春していたなぁ。 バイトして7万円で買ったCB250

  • 初めてのブログ

    私のブログ名はtana.T.Ana…の4つを取ってtana.です。 16才でバイク免許取ってから今まで(60 over)のキャンプツーリングを記事にして行きたいと思います。

カテゴリー一覧
商用