プロフィールPROFILE

さるぼぼさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
氷の上のさかな
ブログURL
https://fish-on-ice.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
氷の上にディスプレイされたさかなの様にセカンドライフをキラキラとさせる為に今を頑張ろうといったシュールなお話。
更新頻度(1年)

54回 / 48日(平均7.9回/週)

ブログ村参加:2019/09/26

さるぼぼさんのプロフィール
読者になる

さるぼぼさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 21,380位 17,858位 17,857位 15,658位 15,629位 16,649位 16,622位 977,715サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 20 70/週
OUTポイント 0 10 50 40 20 30 40 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 938位 870位 867位 805位 792位 804位 797位 21,630サイト
ダウン症候群 10位 8位 10位 9位 9位 10位 10位 382サイト
オヤジ日記ブログ 141位 118位 118位 91位 91位 106位 104位 11,030サイト
いきいきオヤジ 3位 3位 3位 3位 2位 3位 3位 77サイト
地域生活(街) 中部ブログ 284位 251位 255位 223位 228位 238位 246位 13,277サイト
岐阜県情報 5位 4位 5位 3位 3位 4位 5位 268サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 26,969位 26,188位 24,433位 25,476位 26,729位 28,177位 27,403位 977,715サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 20 70/週
OUTポイント 0 10 50 40 20 30 40 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 1,795位 1,756位 1,666位 1,736位 1,799位 1,921位 1,830位 21,630サイト
ダウン症候群 24位 27位 26位 27位 29位 30位 31位 382サイト
オヤジ日記ブログ 129位 123位 110位 118位 135位 152位 144位 11,030サイト
いきいきオヤジ 3位 2位 1位 1位 3位 3位 3位 77サイト
地域生活(街) 中部ブログ 323位 309位 287位 307位 321位 341位 334位 13,277サイト
岐阜県情報 6位 6位 4位 5位 5位 7位 7位 268サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 27,685位 27,685位 27,082位 27,030位 27,013位 27,035位 27,005位 977,715サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 20 70/週
OUTポイント 0 10 50 40 20 30 40 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 861位 861位 816位 814位 811位 821位 817位 21,630サイト
ダウン症候群 8位 8位 8位 8位 8位 8位 8位 382サイト
オヤジ日記ブログ 287位 287位 278位 280位 278位 274位 277位 11,030サイト
いきいきオヤジ 6位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 77サイト
地域生活(街) 中部ブログ 271位 271位 264位 263位 265位 262位 261位 13,277サイト
岐阜県情報 4位 4位 5位 5位 5位 5位 5位 268サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さるぼぼさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さるぼぼさん
ブログタイトル
氷の上のさかな
更新頻度
54回 / 48日(平均7.9回/週)
読者になる
氷の上のさかな

さるぼぼさんの新着記事

1件〜30件

  • 恋する『信濃屋』&紅葉の名勝@『虎渓山 永保寺』

    何故その行動に至ったかは僕自身、記憶が曖昧だ。ただ、今それをやらなければいけないと、僕の心の奥底に向かって囁く声が次第に大きくなり始め、やがてそれが本来、その役目を果たすべく耳へと届くまでになった。それは「思い出せ、思い出せ」とひたすら同じ言葉を繰り返すのみだったが、心を突き動かすには十分な説得力があったのだろう。ふと、気が付けば僕は多治見市にいた。 記憶ジャンパーもここまでくれば重度の認知症。もう駄目かも知れない。というわけで、今回はかつて日本一暑い町と呼ばれた多治見市からお届け致します。 存在は忘れることが出来ずとも、肝心のお味を忘れてしまうとは何たる不覚。多治見市には「ころうどん」発祥と…

  • 「どMの祭典」@第32回「いびがわマラソン2019」

    「いびがわ」の壁と「進撃の巨人」の壁はどっちが高いんだろう?はい、越えられないといった点ではどっちも同じく高い。 昨日は岐阜県の片田舎にあるにも関わらず、毎年大盛況な「いびがわマラソン」を堪能してきた。 辛うじて「堪能」という言葉を使わせてもらったが、本人、全く満足しておりません。プンプン。 因みにこの「いびがわマラソン」。今回で32回目を迎える。当然、東京や京都、大阪などと比べ物にならないくらい歴史が古い。が琵琶湖には足元にも及ばない。50年選手のマラソンもあるということだ。 今年もまた「いびがわの壁」を果敢に攻めた。にも関わらず、物の見事に花と散る結果となってしまった。要するに4時間を切る…

  • 生きていられたらまたお会い致しましょう。

    4時に起きようと思っていても3時前には目が覚めてしまう。 トイレじゃないぞ。いわば職業病だ。まぁ、その分、PCの前に向かう時間が出来るので、こうしてタイプしているわけだ。 本日11月10日、日曜日もあちらこちらでイベントやらフェスの類いが開催される予定となっている。イベント好き者としてはあれもこれもと堪能したいのは山々なのだが、如何せん、本日は漢を試されるもう一つのイベントがある。 そう「いびがわマラソン」だ。 揖斐峡を舞台に繰り広げられるマラソンだが、全国でも屈指の人気を誇るマラソンだ。ただ一人分では足りないかも知れないが二人分の指があれば足りると思う。 先ず、大きな大会としては出走料が7,…

  • 「dyes of LONDON」何故か本名は小文字から始まる「DYLON」

    ダイロンだ。ダイソンでもタイソンでもタイロンでも毛糸洗いに自信があります~♫のアクロンでもない。ましてやアイロンでもない。ダイロンだ。あ、タイロンはタイロン・パワーのことね。古えの俳優だけに知らない人が殆どだろうとは思うけど。説明は省く。 夏の間、お気に入りの黒色のPUMAのウェアを、迂闊にも陽がさす場所に吊るしっぱなしにしてしまっていた。さて、いよいよシーズン到来とばかりに袖を通すと、片方の腕だけやけに白い。え”ーっ!…そう、日焼けさせてしまったヨーダだフォースだ先日の使い回しだ。 まぁ、汚れて然るべきのスポーツウェアではあるものの、けしてお安くはないことを考えると自らの所業とはいえ多少は落…

  • ハリウッドスターは40円を演技する

    う、嘘じゃない!ホ、ホントだ!信じてくれ! 「のり弁」が40円で売っているからと買いに行ったわけじゃない!たまたま、そう、たまたま行ったら「のり弁」が40円で売ってたんだ!キミだけは信じてくれるよね? 誰やねん、キミって。はい、嘘で嘘を塗り固めた巻頭文はここまでです。 『本家かまどや』が創業40年を記念して「のり弁」を40円で売り出すという。 但し11月7日の1日限定、1店舗につき100個限りだということだ。ネタ拾いというわけではないが行ってみた。はい、わたくし、また嘘をつきました。完璧なネタ拾いです。 さぞや大盛況なことだろう、行列でも出来ていたらどうしようかしゃん?時間は午前11時20分。…

  • 大きいスマホの修理事情

    「お父さん、iPadなおして」 長女が悲しそうな顔をしてやってきた。 「見れなくなっちゃった」 「ちょっと貸してみ」 確かにホームボタンを押しても反応しない。中古で買ったものだけに、とうとうガタが来たか? 昨年の長女の誕生日プレゼントにあげたものだ。 「プレゼント、なにがいい?」 と尋ねたところ、 「うぅ~んとね、大きいスマホ」 …といったところでiPadになった。「大きいスマホ」も長女がいえば可愛く聞こえる。iPadが普及しだした頃に、とある用事で夫婦で出かけた際、隣でiPadを操る夫婦を横目に 「見て!隣の夫婦、すっごくでっかいiPhone持っとるよ」 と言われた時には、お願いだから今の話…

  • 猫や杓子と同列のヒト科ヒト属ホモサピエンス

    猫も杓子も「PayPayPayPay」とうるせぇんだよ!はい、自分は猫でも杓子でもありませんが、同類別種のヒト科ヒト属ホモサピエンスです。 Yahoo!Japanのトップページにあるショッピングとヤフオクの間に「PayPayモール」などというのが出来ていたのを発見した。なに気に覗いてみると、なんのこたぁない、ただのショッピングサイトだがね。「Yahoo!ショッピング」と「PayPayモール」の二つを持つことのメリットが素人の自分には全くわからないのだが、ついでにヤフオクの下にも「ZOZOTOWN」が出来ておりいっそう混迷を極めた自分がいた。 ただ、新しものが好きな自分であるからにして、それがど…

  • 明け方に思う少子化対策

    気温が一桁台に突入し、やっと秋の深まりが実感出来る様になってきた。ってゆーか、今週の金曜日には『立冬』が待ち受けている。暦の上とはいい、もう冬じゃん。冷え性な身には何かと堪える冬だが、けして嫌いではない。ルーツが高山市にあるからだろうか?雪を見ると犬が如くワクワクが止まらない。因みに好きな季節を順に辿ると、秋→冬→春→夏となる。好きな言葉は「冷夏」だ。 出勤しようと暗闇の中を手探りで玄関まで歩いていくと、嫁の寝室から灯り、というか閃光が点滅しつつ漏れていた。因みに自室から玄関まで約20mほどある。瞳孔が開いた目での20mはけっこうなスリルが味わえる。 テレビを点けっぱなしで寝てやがるな、と思い…

  • 忘れられずに困っています。11月1日はワンワンワンで「犬の日」(※本編とは一切関係がありません)

    やんごとなき理由により、というか、当日の夜は当人が合気道の稽古、翌日は自分が仕事で不在っちゅー理由で先延ばしになった次女の誕生日会が昨日、満を持して行われた。ゆーても晩ご飯を好きなメニュー、ケーキは生クリームと苺の平凡な物を用意してくれとの実にささやかな望みを叶えただけの質素なものではあったのだが、本人が満足してくれたならばそれで良かったのかと思う。 因みに誕生日は11月1日。とあるブログで、学生時代付き合っていたOLが11月1日生まれであったことが未だに忘れられない、と未練タラタラなネタを拝見し思い出したのだが、偶然にも以前付き合っていた元カノと出会った時に、自分の誕生日を覚えているか尋ねた…

  • 定年制度廃止・辞めどきは自分で決めよう!

    千葉に住む兄に用事があり電話をした。脂肪肝や狭心症を患っているなどの世代的あるあるな病気自慢を聞かされはしたが、そこそこ元気にやっているということだった。 「俺も来年で定年退職だからさ」 よくよく考えるまでもなくそんな歳になっていた。約80%の会社が60歳を定年としている。公務員はいずれ65歳を定年とする方針の様だが、民間にとってはその後の嘱託制度による再雇用の方にメリットがあるとみえ、足並みを揃えるのに足踏みしているご様子だ。 「いいじゃん。やっと悠々自適な生活が送れて」 「そんな余裕ねぇよ」 彼のその無い余裕というのがどれくらいの量になるのかはわからないが、既に定年後も引き続き会社に居座る…

  • 『ネ申』と『ク〇』が混在する業界エレジー

    SNSなどの情報によれば、日本全国で中学生による職場ジャックが横行しているらしい。すわ新種のテロか⁉︎と思いきや、単なる職業体験やがね。 中2になると誰もが2日間に渡りタダで労働を強要されるという、授業という名を借りた一種の奴隷制度だ。(受け皿になっている企業の皆様、稚拙な冗談につき何卒ご容赦下さい) 御多分に漏れず我が家の長女も職業体験を実施して来た。障がいがあるにも関わらず、平等に送り出してくれた学校もそうだが、何よりもそれを知りながらすんなりと受け入れてくれる企業があったことには素直に頭が下がる思いだ。 本人の意思もあり、客商売が良いということでコンビニで働くことになった。ただ、どうせバ…

  • 死の淵から蘇った彼女(※けしてひとりでは読まないで下さい)

    ま、まさか、こ、こんなことが… し、死んだ筈じゃなかったのか!いや、確かにこの目で息を引き取るのを見たんだ。本当だ!信じてくれ! あれは秋とは名ばかりの暑い日だった。9月12日.それが彼女の命日となった。長く険しい山道も、炎天下のアスファルトの上でも、あれほど熱くお互いを励ましあい、これからもずーっと一緒に乗り越えていこうと話していたばかりなのに…。これほどあっさりと別れが来るとは思いもよらなかった。 fish-on-ice.hatenablog.jp 生涯ともに過ごそうと誓い合った仲なのに、先にひとりで逝ってしまうだなんてあまりにも冷たいじゃないか。 10月11日。奇しくも長男の誕生日だった…

  • 闇に潜む地名の罠

    「どうすればいいの!」 「いや、それは歩いて頂くしかないですね」 喧騒で目が覚めた。バスの中での出来事だ。 起床時刻が早いことから、翌日が休みでもない限りあまり夜は出歩かない様にしている。ただどうしても外せない理由がある場合は別だ。いわゆる酒席なのだが、以前は代行運転を頼りにしていたのを最近はバスを使って帰宅する様にしている。代行運転だと帰宅時刻がズルズルと先延ばしにされる可能性があるからだ。要するに自分の意思に関わる問題とも言える。 となると通勤に使った車が邪魔になるので、その様な場合は一度帰宅し自動車を置いたその後、再び職場まで走って戻ることにしている。距離にして11kmばかりなのでちょっ…

  • 毛抜きひとつに見る道具考

    目下の悩みはなんですか?と尋ねられたら先日もちょいと触れた秋の花粉症と既に長い付き合いとなった逆さまつ毛と答えるだろう。因みに目下は「もっか」と読み「めした」ではない。 fish-on-ice.hatenablog.jp 今からかれこれ20年前、30代も半ばの頃から40代前半まではコンタクトレンズを使っていた。そう、当時は極度の近視でコンタクトを使っていない時はそれこそ瓶底眼鏡を掛けていた。因みに右が0.01、左が0.03で極端な話、電柱に向かって「こんにちは」の世界である。 東日本大震災で多くの人が眼鏡を失い辛い思いをしたとの話を聞き、もし何かがあった時にこのままではまだ幼き子ども達を守って…

  • 新タイトル「走って行くのはいいけれど、帰りの電車は乗客に迷惑をかけないよう、デオドラントスプレーを持参して行きなさい」長っ!!

    大人気コーナー第三弾!「走って行って電車でCome Back!」う〜ん、タイトルイマイチ。 訂正「走って行くのはいいけれど、帰りの電車は乗客に迷惑をかけないよう、デオドラントスプレーを持参して行きなさい」よし、次回からはこれで行こう! てなわけで、昨日の行き先は?岐阜県は郡上市にある「日本まん真ん中温泉 子宝の湯」だった。そして温泉施設に併設された「みなみ子宝温泉駅」から電車に乗って帰って来た。以上! 道程などウンチクも交えて話したところで誰一人興味を示しなどしないだろう。それに人の不幸話は聞いて楽しいものだけど、苦労話など年老いた上司の説教を聞いているようでまるでつまらん。だったら温泉入って…

  • 旬の走り屋「紅葉はどこだ?」@川浦(かおれ)渓谷&モネの池

    季節の先を行く男、なんてもんじゃない。10月も下旬の下旬、残すところあと4日しかないというのに紅葉の名所はつれない景色しか見せてくれなかった。いつになったらオレを魅せてくれるんだい? 自宅から約1時間。元は岐阜県武儀郡にあった板取村に「川浦(かおれ)渓谷」と呼ばれる風光明媚な観光名所がある。 川浦(かおれ)渓谷 渓谷ってまんま「Keikoku」になっているけど「Canyon」じゃないのか? 今では市民全員が腰に刀をぶら下げ、主食はうな丼と言われる岐阜県関市に併合され関市板取となってしまったが、見た目と中身は相変わらず村のままだ。 因みに住人の6割以上が「長屋」姓で、村として最後の村議会議員選挙…

  • 悩める「お悩み相談係」

    領収書 こう見えても、って殆どの人は見たこともないよね。一部、自分を知る人だけにそぉ~っと語りかけよう。はい、仕切り直し。 こう見えて面接担当官&お悩み相談係なんつーことをもやっている。そこで早速だが昨日のお悩み相談室はといえば…、57歳の私でも仕事が出来ますか?と悩める乙女Aさんでぇ~す。本来ならば会社まで来てもらうのが当然というか筋だとは思うのだが、車で来られても止める駐車場がない、公共交通機関だと運賃を強いることになる、自転車でこさせるのも年齢を考えると忍びない。というわけで、わざわざAさん家の最寄りのCafe’まで出向いたったがや。 先に自分が到着。Cafe’のママさんは知り合いでもあ…

  • 着物足りえないジャンキーな器

    ポテトチップス BIGBAG うすしお味 ほら、画像の右上辺りで愛娘たちが羨ましそうに見ているでしょ?職場に娘の写真を飾るだなんて、どこまで粋なダンディーダディーなんだろう、うんうん。そう、そんな彼女たちにお下品なところは見せられない。 その点、箸というものは実に便利な道具だ。ポテトチップスを食べるのに、フォークやスプーン、ましてやナイフなどではほぼほぼ不可能だろう。調子に乗って箸上げ、オマケに写真に収めてみた。ただ、ポテトチップスはどこまでいってもポテトチップのまま、そのままの姿だった。 とは言え、その何の変哲もないポテトチップスにしろ、ポテトチップス候にジャンキーな袋に収まっているからこそ…

  • 家畜なるとも社畜なるなかれ

    お祝いに「ビールでもどうだ、一杯」とすすめたら見事に拒否られた。あれ?飲酒って18歳解禁じゃなかったっけ?オレ達の頃はたしかそうだったはずだぞ。まあいい。とにかくおめでたい。 苦節、約1ヶ月。お陰様で就職の内定を頂くことが出来た。宅の坊主の話である。しかし1ヶ月前までは大学だ専門学校だ、あーだこーだ、ヨーダだフォースだと言っていたのに、就職に舵切りしたと思ったらあっと言う間に決まってしまった。 坊主を擁護するわけではないが、誤解の無い様に補足すると、けして誰もが入れる会社ではないという事だ。要するに即戦力となる技術力が会社のお眼鏡に適ったらしい。日がな一日PCの前に張り付いてはカチャカチャとや…

  • 悲喜交々な孤独という自由な時間

    一夜明けたどころか目が覚めたのは陽も高くなりつつある午前10時だった。前日の酒は既に抜けているとは思うものの頭の中身がが上手く回転しない。明らかに深酒による後遺症だ。別名、二日酔いともいう。ここ2、3年、ここまで症状を悪化させたことはなかったので実に久しぶりのことだ。 家族は既に全員が出かけている。そう、前日行われた会社行事の代替日として昨日は休みをとっていた。前日までの予定では、来たるべく11月10日のマラソンに備え山岳コースを舞台にロング走を敢行しようと意気込んでいたのが、時計を見た途端にその気持ちも大きく萎えてしまった。ただ早起きが出来たとしてもコンディションがあまりにも悪いことが自覚出…

  • 記憶は無限の彼方へ!さぁ、行くぞ!

    昨日は会社をあげてのBBQが開催された。懸念された天気も午前中にはすっかり雨雲がとれ、快晴のもと開催に至ったのはひとえに雨女の長女が不参加だったからと想像する。昨年は雨どころか台風まで引き寄せるという荒業をも成し遂げた長女だった。 昨年までは娘達も自分に連れ添って参加していたのだが、さすがに中二、小六ともなれば大勢の人の前では含羞むお年頃なのだろう。今年は「行かない」宣言を開催を知らせる前からされてしまった。因みに「含羞む」は「はにかむ」と読む。書くどころか読むことすら出来ない。 さて、当のBBQだが、岐阜県は美濃加茂市にある「みのかも健康の森」で行われた。こちらの会場は屋根付き施設なので、雨…

  • 「めし」≠「ライス」の現実を突き付けられる@一八食堂の「カツめし」

    長女の通う中学には「自立記念日」なる行事がある。普通に考えたら「自立」したことを「記念」する「日」ということだろう。まんまやんけ。誰しも自立した大人になるとは限らないまでも、行事を通してそれを促していこうという半ば押し付け的なイベントと理解している。 その日は子ども達が自ら握った「おにぎり」を学校に持参し、同じく教員も手作りの「おにぎり」を持ち寄りランチ時に一緒に食べるのだと。実に画期的?な企画だ。どう画期的なのかは省くとして、その為だけに普段休みのはずの土曜日が潰れることになる。 となると教職員が得意とする代替日だ。実はこの記念日が実施されたのは日を遡ること10月の5日のことになる。普通に考…

  • 「馬の鼻先に人参をぶら下げる」@笠松リバーサイドカーニバル

    昨晩は現場の鬼と化す。とかくサービス業は人手不足と声高に叫ばれる中、その範疇にある飲食業もまた人手不足の真っ只中、借りられるものは猫の手でも借りたいと自らも駆り出されたわけだ。猫の手程度の実力とはいえ無いよりはマシと思われたのか? で、出勤までの時間はいつもの様に家族サービスと、これまたサービス業らしく獅子奮迅とサービスに費やしたのだったのだった。 折も折、笠松で「笠松リバーサイドカーニバル」が開催されていたのでちょいと顔を覗かせてみることにした。いまさら説明の必要などないかも知れぬが、一応説明しておこう。 その昔、木曽川の河川港として利用されていた「笠松湊(みなと)」が、いつの事かその名と形…

  • 銀~婚~カーン~コーン~

    銀婚式だった…らしい。 いやいや、他でもない、この私のことだよ。薄々は感づいていたのだが、敢えて触れない様にしていた。ほら、なにせ自分は酷い金属アレルギャーでね、特に銀がダメなの。だから触れると危険なんだよね。 はい、ショートバージョンにて落ちがついたところでこの件に関しては本日これにて打ち切り。あ、でも一応言っておくけれど銀色が嫌いというわけではないからね。100円玉が好き。500円玉はもっと好き♡ 昨晩はそんなこととは露知らず…小中学生時代の同級生と特に理由はないけれどひと月に一度くらいはそういう飲み会があってもいいよねの会だった。で、遅くまで遊んでいたのにも関わらず、まだ外も暗いうちに目…

  • ナイスなミドルとUchi Cafe Sweets’@LAWSON

    なにやらローソンが「Uchi Cafe Sweets’ 10周年記念」と称しスイーツを半額で販売すると聞き、話のネタにとローソンに寄ってみた。それも10月18日限定とのこと。 「なお、全国半額セールでの収益の一部は、台風19号被災地の自治体を通じて支援のために寄付される。また、長野・福島・宮城 33県の台風19号被災地対策本部と相談し、希望の避難所にはローソンのスイーツを無償提供する」という事だ。 いいねぇ~。ローソン。中々やるじゃないか。そういうことならば微力ながらお手伝いさせて頂こうとそう考えた時には既に購入した後だったので、単に半額に釣られた自分を恥じ募金箱にわずかばかりだが小銭を入れさ…

  • Crying Runner 秋バージョン✩

    けして嬉しくも悲しくもないのにとめどなく涙が溢れる。そして涙が滝の様になって流れ落ちる。そんな経験はきっと誰にでもあるだろう。ないっちゅうの。そんなのがおったら連れて来いっちゅうの。 はい、ここにいます。 毎年、この時季になると身体から水分が枯渇するほど涙が溢れハンカチが手放せなくなる。室内で事務仕事をしているときなどはまだいい。しかし一歩外へ、ましてや草花が咲き乱れる様な場所に行こうものならそれはもう覿面だ。 薄々お気づきのことでしょうからカミングアウトいたしますと、いわゆる花粉症ってやつやがね。どうやら自分は秋に弱いらしい。 アレルゲンがなんなのかは医者に行きさえすればおぼろげには判明する…

  • ランチャーでパッカーなスクランブルエッガー

    「これあげる」 ほかならぬ子ども達の母親からだ。安定の消費期限切れに逆に安心感さえ覚えてしまう。見ての通り「ランチパック」だ。「ランチパック」そのものはそんじょそこらで手に入るものだけに珍しくもなんともない。 実は自前で買うこともよくある。理由は食べるのにさほど時間を要しないことと、携帯に便利だからだ。もう少し詳しく説明するならば、何十キロという距離を走るとき、若しくは何時間も山の中を駆け巡るときなどに簡易食料としてリュックの中に入れておけるからだ。 今までも様々なものを突っ込んでトライもしてみたが、多くは上下左右にゆられるうち型くずれし、酷いものになれば原型をとどめない程に変形し、食料という…

  • 汗みどろのデトッカー@土岐よりみち温泉&加登屋食堂

    「ロウリュウ」という言葉を聞いたことがあるだろうか? まったく今年もBクラスかよ、ドラゴンズ。毎年毎年、低い位置に甘んじやがってよ。 「Low-竜」…じゃない。全然違う。 面倒くさいから説明しよう。これはサウナの本場フィンランドに伝わるサウナ入浴方法のひとつなのである。熱したサウナストーンにアロマ水をぶっかけて、出てくる水蒸気で一気に部屋の温度を高めるだけでなく、熱風師と呼ばれるイベンターが大きな団扇をあおいで部屋の隅々にまで熱風を送り込むこむことによって一気に発汗を促したちまちにしてその場にいる者をデトッカーとさせるのであった。まるで悪の秘密結社が執り行うサバトの様だ。説明した方が面倒くさか…

  • んなわけない、かつてのカレー秘話

    初めて「カレーハウス ココ壱番屋」を知ったのは大学1年生のときだったので、それからかれこれ半世紀近くが経つ。当時で創業3年目ということだったので、おそらく名古屋でもあって数軒、岐阜くんだりなどには1軒も存在していない時代だ。 大学で所属していたジャズ研に無類のカレー好きな先輩がいて、その先輩に連れられて行ったのが初めてのことだ。「カレーを食わにゃ、楽器が上手くならん」が彼の口癖だったが、ベーシストだった同級生が「カレーを食って上手くなれるなら365日朝昼晩と食ったる」と毒づいていた。彼は本来、ギターがやりたくて入部したのに「ジャズにギターは要らん」と無理やりベースをやらされていたことに鬱憤がた…

  • 紐のない財布@Autumn Collection 2019

    「ねぇ、お父さん、洋服買って」 って、あんたね、休みの度とは言わないけれど、ここのところしょっちゅう買わされてる様な気がするんだけど…。的なニュアンスで言葉を返すと、 「ううん、気のせい、気のせい」 「そっか、あははは、気のせいか。お父さんんもモウロクしたかな、ってそんなことあるかーい!」 いつもの如く次女のことである。今週、木金とかけて修学旅行の予定がある。 「だから服買って。だって着ていく服がないんやもん」 正直、次女は自分に次いで衣装持ちである。着ていく服がないなどということは到底考えられないし、もし仮にそうだとしたならば、今現在どうやって学校に通っているんだ? 「だって、みんな修学旅行…

カテゴリー一覧
商用