chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
さるぼぼ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/09/26

1件〜100件

  • なぜ簡単に店の戦略に乗せられたかって?「坊やだからさ」

    「機動戦士ガンダム」って1979年が初放映だったんだってね。驚くべきことに今から43年も前だ。ということは、自分達はいわゆる「ガンダム世代」と呼ばれる世代なんだな。とはいえ、一度も観たことがない自分にとっては全くピンと来ない。辛うじてアムロとかシャアの名前は知っているが、彼らがどこの国の人種なのか、はたまた宇宙人なのかそれとも地球人なのかということも全くわからない。いや、わからないというよりも興味がないと言ったほうが正しいだろう。でもキャラをデザインした漫画家の安彦良和はまぁまぁ好きよ。 そんな自分が「機動戦士ガンダム」を語るのはおこがましいことだが、知らないならば逆に客観的な立場で見られるだ…

  • 僕的には『ポクテキ』の日だったんだ@「とんかつの松屋」

    久しぶりに「松屋」に行ってみた。「松屋」とはいえ、牛丼チェーンの「松屋」ではない。「とんかつの松屋」だ。岐阜市民ならば50%くらいの人は知っているよね?え、大杉漣?いや、多すぎる?じゃ、49%ということで。 ランチ時は混雑することを知っていたので11時のオープンに合わせ11時20分に入店した。わっさいびーん。誤差20分や許容できる沖縄ぬ血ぃが流れている(ごめんなさい。誤差20分は許容できる沖縄の血が流れているの)。 ところが既に満席に近い状態だった。こんなくっそ暑い時に危うく外で並ばされるところだったぜ。 「お一人様ですか?」 「はい」 「では右奥のカウンター席をお使い下さい」 カウンター…?…

  • 痛くしてごめんね

    「中古でダクトフートどこかで手に入らないですか?」 と施工業者に尋ねられた。 「そんなんあるんですか?!」 ダクトフードなんてもんはステンレスかブリキのような金属で、店の厨房の大きさに合わせ作られるものと言う印象しか無かったからだ。 「それがたまにあったりするんですよ。新しく作るよりも多少サイズが違ってようが中古の方が断然安いですからねぇ」 「へぇ~、探してみよっと」 ということで、数日ネットとにらめっこ。確かにヤフオク辺りでもダクトフードが出品されている。ただ、なかなかお眼鏡にかなうサイズがない。最低でも横1500mmはサイズとして欲しいところだ。 この際、合わせ技でも可ということだったので…

  • 床屋も従量課金制の時代へ

    暑くなると俄然、髪の毛があることが鬱陶しくなる。特に湿度が高い時は最悪だ。頭の上にあるにも関わらず、下から引っ越してきたのか?と聞きたくなるほどうねりを生じる。いいな、いいな。そんな悩みが生まれることもない百田尚樹みたいな人は。かと言ってそうなりたいと言っているわけではないので念のため。 というわけで、約1ヶ月ぶりに髪を切りに行ってきた。平日の2番のりだったお陰で1秒も待たされることなく店長自ら椅子に案内してくれた。 「いいの?1番の人の相手しなくて」 「はい、大丈夫です。まぁ、見てもらったらわかりますけど誰でも出来ますから」 見ると鳥居みゆき似のスタッフがバリカン片手にお相手をしていた。 「…

  • 「1日1糖の掟」

    会津藩の武士の心得に「什(じゅう)の掟」というものがあり、最後の一行は「ならぬものはならぬのです」と括られる。「什の掟」に関しては各自でググるように。 コロナやら自然災害やら輸送コストの高騰やらコンテナ不足やら港湾の混乱やらに加えロシアのウクライナ侵攻やら数え上げたらきりがない。というか、果たしてそれが原因なのかどうかもわからないのだが、なかなか店舗の設営工事が捗らない。エアコンや食洗機に必要となる動力電力の引き込みをお願いしてはあるのだが、何がどうしてそうなるのか、2ヶ月待ちなどとぬかしやがる。具体的な理由は定かではないが、ガス会社にしても給湯器が手に入らず困っているそうだ。各社に見積もりを…

  • 『郡上焼きそば』のルーツを探る@「焼きそば かたぎり」

    道の駅「古今伝授の里やまと」で有意義に待ち時間を堪能すると、12時に間に合うよう、「やまと総合センター」へと向かう。12自前には駐車場に到着し暫し待機する。一応、LINEを送っておこう。 「終わった?ブス」 さすがにまだ早いかなと思いつつもそう送ると、それから25分後に、 「終わったよ、今。てか、うるさい!今から出るからまっとって」 と返事があった。からかい甲斐のある奴だ。 結局、建物から出てきたのが12時40分。早く帰宅出来るならば長女を拾って食事に行こうかと思っていたのだが、さすがに今からだと2時を軽く過ぎてしまう。そちらはそちらで済ませるよう、連絡を入れておいた。では、此方は此方で楽しも…

  • 君は足湯でのぼせたことがあるか?

    道の駅「古今伝授の里やまと」には温泉施設がある。「やまと温泉やすらぎ館ことといの湯」という誰が付けたか長ったらしい、舌を噛みそうな名称だ。次女が剣道の段級審査を受けている間、ここで時間を潰そうかと思い入浴セットを持参していったのだが、運が良いのか悪いのか、足湯を発見してしまった。 ここの温泉は数年前に利用したことがある。じゃ、足湯でいいんじゃね?ってことで、温泉は断念した。別に700円の利用料が惜しかったというわけじゃないよー。ホントだよー。 暖簾をくぐりひょいと覗くと母娘2名の先客がいた。 さすがにカメラを向けるわけにもいかず足元のみを撮影していたのだが、数分も経たぬうちに腰を上げてくれたの…

  • 剣道と駅とぜんざいと

    剣道の段級審査に送っていけと次女が言う。 「どこでだ?」 「やまと総合センター」 「やまと?ひょっとして郡上市大和町か?」 ググってみたらやはりそうだった。 「どこにあるの?」 「郡上だよ。なぜにそんな遠いところまで」 「友達がみんな、その日に受けるって言うんやもん」 ということで片道約65km、時間にして1時間30分を掛けて送らされることとなった。おい、わかってる?父の日だよ、父の日。剣道連盟もそんな日を選んでやるんじゃねぇよ。 到着したのが8時45分。終わるのが12時過ぎだというので、約3時間余りをどこかで費やさねばならない。そして僕は途方に暮れる。 取り敢えず喫茶店に行きましょう、そうし…

  • 「お、ねだん以上。」のアイスなペール

    「お、ねだん以上。」ニトリでアイスペールを購入した。厳密にいえば注文してあった品を引き取りに行った。来るべき開店の暁にはボトルキープをシステム化し、タダ同然の水や氷をぼったくり価格で販売しようという画期的な計画を練り上げている。価格設定はその人の暮らしぶりを鑑みその場で決めていこうかとも。ぼったくられたと思ったら、金持ちに見られたということなので誇りに思えるよね。 しかし、アイスペールなんてのは酒造メーカーに「持って来い」と言えばどれだけでも貰えたもんなのにね。今ではどこに聞いても「ありません」なんてしみったれたことをぬかしやがる。となれば買うしかないっちゅうこっちゃがね。 正直、今まで無料で…

  • 加齢臭漂う漢の『カレーらーめん』

    ここらで岐阜県岐阜市垂井町に足を運んだ諸般の事情というものを説明しようじゃ内科外科泌尿器科。それはね、わざわざラーメンを食べに行ったんだよ。しかもあろうことか「CoCo壱番屋」に、だ。ココイチがカレーラーメンを提供していることはもう、皆さんご存知だよね?ところが岐阜県広しといえどもカレーラーメンがオンメニューされているのはココイチの垂井店だけなんだよ。 ラーメン屋が売るラーメンにはまるで興味がない自分だが、それが寿司屋であるとかカレー屋と聞けば俄然、興味が湧いてくる。というわけで、片道18km、時間にして40分の無駄なガソリンを費やして行ってきたわけだ。 到着した途端にカレーラーメンをやってい…

  • 美濃国一宮「南宮大社」でバエを狙う。でも、インスタやってないけど(爆)

    諸般の事情により岐阜県不破郡垂井町に足を運んだ。以前も言ったが今回も言おう。「足を運ぶ」という慣用句は「わざわざそこへ行く」という意味だったよね。いちいち念の為。それにしても世界中で物価高が叫ばれているなか、ここは実に良心的な町だよね。 ついでだから中山道沿いにある「一里塚」を観に行った。はい、ここで問題です。「一里塚」とは誰の命令で整備されたものでしょうか?はい、そこの君。ブッブー高木ブー!正解は徳川家康でした。日本全国に「一里塚」は多々あれど、愛知県の「大平一里塚」とこの「垂井一里塚」のみが国の史跡として指定されている。 隣には実際に昭和の始めまで営業をしていた「日守の茶所」もあるよ。 つ…

  • 100里を行くものは50里を以て半ばとせよ、ってまんまやんけ。

    中間テストを終えた途端に友人を自宅に呼び遊び狂っている「馬鹿柱」の次女だが、ブームも若干下火になった今でも「柱」の名は通用するのだろうか?全然、関係ないけれど、最近Amazonで観た「GANTZ:0」は中々面白かったよ。 「お父さん、社会めっちゃ出来たよ」 と帰宅するなりマスク焼けした顔で報告をしにきた。先日、行われた体育祭の間中、マスクをしていた所為でマスクで覆われた部分以外が赤く日焼けしてしまった。まるで鷹の爪団の吉田くんみたいだ。可哀想に思えたのだが、本人曰く「学校でマスクを外す時がないからいい」だって。給食、食わんのか。 「そうか。ということは100点の自信ありってことだな」 「う~ん…

  • やっぱりウルトラマンはダダでしょ

    本当は同い年のトム・クルーズ(厳密にいえば彼の誕生日7月3日までが同い年)が主演している「トップガン マーヴェリック」が観たかったのだが、上映終了時刻が微妙だったのだよ。既に1週間以上も前の出来事となってしまったのだが、先週の日曜日のことだ。ほら、剣道の試合があるということで、次女を送り迎えしたあの日曜日のことだよ。岐阜市内だというのにク◯楽天モバイルが全然、繋がらず迎えに行くにも行けなかったあの日のことさ。 送っていったのは良いものの、一旦自宅に戻りまた迎えに行くのも面倒じゃないですかぁ。ということで、試合会場の近くにある「トーホーシネマズ」で映画を観て時間を潰そうと思ったわけだ。素晴らしい…

  • メガネ買っちゃった♪

    久しぶりにメガネを買った。せっかくレーシックで視力矯正をしたのに白内障の手術でまたしても近視に戻るという、身体を張った究極の無駄遣いをしている。何もメガネまで買って視力矯正を施さぬとも裸眼で運転出来る自信はあるのだが、念には念を入れて持っていた方が良いだろうと判断したからだ。夜がね、夜の運転がちょっち怖いのよ。ほら、自分って鳥目じゃないですかぁ?その分、嗅覚は優れているのだが車の運転に鼻は必要ないし。 ということで、娘たちに見立ててもらう必要があったというわけさ。見立て料をメガネ屋と同じ階にある「おかしの里もりや」でしっかりちゃっかり徴収されたけど。 娘たちへのリクエストは実にシンプルだ。若々…

  • サンフランシスコのチャイナタウンの飲茶~♪ から30年

    前回、訪問したのは13時ごろと遅かった所為で門前払いにされた「ミスタードーナツ」だったが、11時ならば楽勝だろうと最寄りの「ミスド」にいそいそと出かけてみた。 なんの話をしているのかだって。なんだい、もう忘れちまったのかいお前さん。「ミスド」でPayPayを使って支払うと50%の還元が得られる時があったよね。でもその時は訪れるのが遅すぎて既に食事メニューが売り切れてしまい残念ながら頂けなかったんだ。そこで今回は11時にしたというわけさ。 性懲りもなく6月にもPayPay50%還元を提供する「ミスド」だった。だったらその誘いに乗ってみることも吝かではない。行ったろうやないけ。 ミスドが収まる大型…

  • 「カヌレ」と「生カヌレ」がどう違うのか

    なんでも「カヌレ」が流行ってるんだってね。1990年代に一時期ブームになり世間を騒がせたらしいのだが、そんな記憶が全くない。で、今回が第二次ブームだとか。 その人気たるやSNSの画像投稿数を見れば一目瞭然。かの「マリトッツォ」が23.7万件だったのに比べ、「カヌレ」は60.6万件を超え今でも増殖中だという。 そしてファミリーマートが販売する「生カヌレケーキ」が中でも大人気なようで入荷即完売の店舗が続出しているのだそうだ。 と、車の中で観ていたTBSの「ひるおび」で特集されていた。また売れ行きを助長することになるだろう。ところで「カヌレ」と「生カヌレ」にはどういった違いがあるのだろう。 ここに1…

  • 「君の名は。」で有名な飛騨古川で『飛騨おろし蕎麦』を豪快に食べる@「蕎麦正なかや」

    せっかく高山にまで足を延ばしたんだもん。いつものように高山観光では芸がない。観光に芸が必要かどうかはさておいてだ。そこで、そこから更に北上し、例の「君の縄。」じゃない、「君の名は。」で一世を風靡した飛騨市古川町に行ってみた。人生二度目だ。けして「君の縄。」を検索しないように。 古川町といえば何と言っても白壁土蔵と瀬戸川が織りなす風景だ。 瀬戸川には沢山の鯉が卑しくも餌を求めて泳いでいる。インバウンドで賑わっていた頃は食いきれないくらいの餌に恵まれたことだろうが、コロナ以降、食い扶持が絶たれた所為か気持ち痩せ細ったようにも見える。ま、コロナ以前を知らないからそこら辺はテキトーだけど。 youtu…

  • 飛騨高山で「プチお勉強」と称したほぼ「遊び」

    今年になって二度目の飛騨高山入りだ。前回は勉強と称した遊び。今回は勉強と称したライトな遊びだ。ねぇ、どこがどう違うの?うん、気持ちの問題。 それが証拠に今回は高山入りしたものの、高山市の散策は一切していない。では何をしに行ったのかと申し上げるとするならば、取引のある食品卸売業の展示会が行われると聞きお誘いを受けお邪魔したわけだ。 邪魔すんなら帰ってや。ほなまた来るでなって、アホか。 会場は高山市民ならば誰でも知っている「MOUNT ACE(マウントエース)」だ。 所有するのはここに本社を置く「山一商事(株)」だ。マウント=山、エース=一で「マウントエース」。気がつくのに3年もかかっちまったぜ。…

  • 浣腸ってやったことないんだよね~

    「親父、浣腸もってねぇ?」 「か、浣腸?」 そう訊かれて 「あー、持ってるぞ」 と軽々しく答えられるほど自分が浣腸を常備しているとでも思っているのだろうか?そもそも浣腸が必ずある家庭などそうそうないだろう。 「ねぇよ。どうした?」 「腹が痛ぇ」 「胃か?腸か?」 「ヘソの辺り」 と言いながらも腰をくの字に曲げ相当に辛そうだ。 「医者へ行けよ。運転出来るか?」 「どうやろ、わからん」 「連れて行ってやろうか?」 「悪い。頼む」 金の無心以外、そうそう親に頼ることなどない奴だ。それに歩くのにも困難を来している。取り敢えず最寄りの総合病院へ向かった。車の中でも息絶え絶えに唸っている。自分もかつて腸閉…

  • ざけんじゃねぇぞ!チキンの怒り

    自分を分析するに比較的温厚で、敵を作ることを嫌うが故、攻撃的な言動は慎むように心がけ、我が身に火の粉が降りかかることを避け危うきには近寄らない、そんな奴だと推測する。これをわかりやすく三文字で例えると「チキン」、となります。ここ一学期の期末試験に出るからちゃんとノートしておくんだよ。 そんな主観的にも客観的にも「チキン」なこの俺様だが、久しぶりに攻撃的に腹が立った。 店舗となる器の完成はまだまだ先の話だが、そろそろ機材や食器などを用意しておかねばならない。必要なものをリストアップし厨房機器屋や古道具屋に食器屋、電気屋等々を渡り歩き、情報を持って帰りネットで検索しまくり1円でも初期投資を抑えるべ…

  • あん子、初めての就労体験@障害福祉サービス事業所「ベーカリー ル・リアン」

    「明日からあん子の就業体験が始まるから送り迎えお願いします」 「お願い出来る?」じゃなくて、「お願いします」か。未だプータローの身だ。当然のことながらそれを断る理由も無ければ用事といえるものも一切ない。 「あぁ、わかったよ」 二つ返事で応諾した。 職場は自宅から距離にして約4km、時間にして8分で行くことが出来る好立地なパン屋さん、「ベーカリー ル・リアン」だ。 かつてパン教室に通い将来はパン屋さんを目指したことがあった自分だが、持って生まれた居酒屋体質がそうはさせてくれなかった。そんな体質があるとしたならばだ。融通がきくパン教室だったので娘たちもたまに参加させてもらっていた。その時にパン作り…

  • 意地は悪いし、使えんし「ダメだこりゃ」

    「お父さん、LINEが使えんくなった」 次女がふくれっ面をしながら文句を言いに来た。俺に言っても知らんがな。 「なんで?」 「なんか使えんくなったから再インストールしたらios13以降が必要だって」 「マジか。ちょっと貸してみ」 自分も試してみたが、確かにそのように表示される。次女が所有するiPhoneは6sなので既にサポートが終了している。 「LINEも意地が悪いことするなぁ」 「ねぇ、友達とLINEしたい。私だけ仲間はずれになるっ!」 今どきの女子にとって関係構築にLINEは必要不可欠とも聞いてはいるが、諸刃の刃とも承知している。う~ん、どうしてあげるべきか。 悩んで悩んで悩んだ結果、io…

  • 無理を通せば道理がひっこむ?

    せっかくの北川景子似を酒癖の悪さで台無しにしてしまっている高山市在住の看護師から、器がお値打ちで入手出来るという情報を得たので不躾にもさっそく連絡を入れてみた。が、「取引先様と、陶磁器で生計を立てようとしている若者以外は受け付けていないんです」との冷たいお返事。 ただ、そこで引き下がる自分ではない。 「近いうちに出店を考えておりお値打ちに買えると聞き云々かんぬん」 と再度、メッセージを送ると 「それなら連絡頂けたらいつでも構いません」 買付に関してはオールOKだと。 つい、工場の見学をしたいと文言を付け加えたことにより、先方に勘違いをさせてしまったみたいだ。 翌土曜日の朝、各務原の眼科で白内障…

  • 為せば成る!

    まさかこんな日が来るだなんて思いもよらなかった(泣) 長女が自転車に乗れたんだよ! 走れば遅い。持久走などほぼ不可能だ。辛うじて出来る縄跳びもせいぜい10回が限度ときている。それがもって生まれた障がいの所為といえばその通りとも言えるのだが、1番の要因は、そのことを盾に取りまわりの人間が諦めてしまっていたことではないだろうか。自分もそのうちの一人だ。 だが、根気よく続けることで出来ることもあると証明された。ひとえに次女のお陰だ。毎日、夕方になると無理やり外に連れ出しスパルタ特訓を繰り返していた。長女もそれに応えようとよくぞがんばった。二人にあっぱれをあげたい。 俺は今、星飛雄馬並みに猛烈に感動し…

  • カ、カ、カブが、カブが、カブちゃんがーっ!

    「親父、バイク貸して」 と700m先のコンビニに行くためだけにバイクに乗りたがる坊主。 「ああ、いいよ」 先日のこと、 「カブの乗り方を教えて」 と頼まれたので、男子たるもの原付くらいは乗れなあかんやろと教えてやることにした。基本スクーターと一緒でスロットルを開けるだけで進む構造だ。ただ、変速をしないと永遠にローのままで走らざるを得ないのでギアチェンジの方法と、止まる時は必ずフットブレーキも同時に使うよう指示しておいた。 「いつ乗ってもいいけれど、長袖に手袋は絶対だからな」 これは自らが転けた時の体験を活かしたアドバイス、というか、バイク乗りにとっては常識だよね。まだ乗り始めの頃に実際、派手に…

  • 「道の駅 志野・織部」でソフトでポン@「青いクマ」

    多治見市の「本町ロマンス食堂」で2人前の『けいちゃん』を胃の腑に放り込むと、一切の躊躇なく帰宅の途についた。因みに「躊躇」も「薔薇」や「憂鬱」同様、読めるけど書けん。書けるけど読めないという字は果たしてあるのだろうか? まだ宅の坊主が幼きときに、ボトルに書かれた「山」という字を紙に書き、 「ねぇ、お父さん。これなんて読むの?」 と訊かれたことがある。これ即ち「書けるけど読めん」だよね?だから答えは「ある」だ。 だからそんなことはどうでもいいんです。あ、因みにボトルってウィスキーの「山崎」ね。 まっしぐらに帰宅する筈が自然現象には立ち向かえないよね。この歳になると「来たっ!」と思ったらもう、どう…

  • わけあって「けいちゃん」を2人前食す@多治見市「元町ロマンス食堂」

    無さ過ぎるってのも問題だけど、有り過ぎるってのも問題だよね。陶器を見に行ったは良いものの、その圧倒的な数量を前にして為す術がなかった。そして僕は途方に暮れる。 陶器って作り手の価値観が反映されるよね。この青い人形なんて100万円だよ、100万円。 言っちゃなんだけど、元をたどれば土だからね?そりゃ、素人の自分にこれを作れと言われても絶対に無理なんだけど、もしこれが売れることにでもなれば製作者は大気圏外まで万々歳なことだろう。 ほぼほぼ、目の保養だけで終わってしまった。目の保養といえば芸術家の考えはわからぬまでも、便器も陶器だと気付かされたコミカルな作品も展示してあった。 さて、時刻も12時を過…

  • 鬼滅の一刃!「鬼岩公園」にちょっと寄り道

    織部焼の名前は聞いたことあったとしても、それの名付け元となった古田織部が岐阜の出身であることを知る者は少ないだろう。そして古田織部がその開発者だと思っている者もいるようだがそれは思い違いで、織田信長の頃には美濃古陶として既に作られていたらしい。古田織部は信長亡き後、豊臣秀吉に命じられその古陶文化を保護しつつ管理していた。とはいえ茶人として好みの器であったことから収集もし、茶の湯ではよく使っていたそうだ。織部が切腹を命じられた後、彼の京屋敷から数々の美濃古陶が発掘されたことから、その関わりが証明され、それから初めて「織部焼」と呼ばれるようになった。 というわけで、器を求めてひとっ飛び。美濃焼で有…

  • 「麺類お食事処おかだ」の『とまと煮込み』で暑気払いだよ~

    首位こそ逃したがトップ10に4観測地点がランキングされた。なんの話かだって?5月29日の気温の話よ。「コンニャクいつ食う?こんにゃ(今夜)食う」。ハハハ、馬鹿。そう、数字の語呂から「コンニャクの日」に制定されている。だからといって食べなければいけないというわけではないので念のため。 まったく岐阜県の暑さは毎年のことだけど災害級だよね。こんな時はさっぱりと「うどん」みたいにツルンとしたものが食べたいね、と家族マイナス2名で協議した結果、うどん屋に行くこととなった。最初から答えが出てんじゃん。 そこで検索をかけた結果、向かった先は「麺類 お食事処 おかだ」だ。 手打ちに拘る自家製麺使用と聞けばその…

  • 『生♡』な「しるこサンド」は世界を平和に導くかも?

    つーか、せっかく小牧市にまで行ったんだもん。絶対に行くよね。そう、小牧市といえばアレだよ、アレアレ!「松永製菓」だよ。「松永製菓」といえば全国民がご存知のように世界中から愛される「しるこサンド」を製造している会社だ。小牧市に行く機会がある度にほぼ義務感に駆られて行っている。 目的はもちろん「しるこサンド」を買うことだが、ただの「しるこサンド」ではない。「生しるこサンド」だ。この「生しるこサンド」は普通の「しるこサンド」と違い、製造LINEではなく手作業で作っている本格的な手作りなのだよ。よってお値段は少々、高めになるのだが、世の「しるこサンド」ファンならば絶対におさえておかねばならない逸品だ。…

  • サザエさんとは関係のない「三河屋」さん@愛知県小牧市

    そろそろ~と動き出した。そうそう遊んじゃいられない。ってゆーか、好きで遊んでいたわけじゃないんだよね。概ね不可抗力だ。ま、開き直ってその間、勉強という名の遊びに興じていたのは言われりゃ確かなんだけどね。 というわけで初期投資を少しでも抑えるために片道1時間超の時間をかけ、お隣、愛知県は小牧市にある中古の厨房機器屋を訪ねたのだった。 それなりに収穫はあったとは思うが、この話はまたいずれ。さらっと流してお次へと参りましょう。 せっかく小牧にまで来たんだもん。「小牧山城」に行ってみましょう、と厨房屋を出ると車を走らせる。ただ、一度も行ったことがないので状況や様子が想像できないどころか全くわからない。…

  • 新垣結衣な罠@ソフトバンクショップ

    ソフトバンクショップへ行った。iPadの契約を解約するためだ。自分のiPadはセルラータイプなので、月々の通信費がかかる。既に端末代金は精算済みとなっているし、かつては自宅以外への持ち出しも多かったので通信契約が必要だったが、今ではWi-Fi環境下でしか使わなくなったので必要なくなったからだ。 きっかけは珍しく「更新期間のお知らせ」とタイトルされたメールが送られてきたからだ。珍しい。今までこんなことは無かったのに。放っておくと新たに24ヶ月契約になると書かれてあった。さっそく「マイソフトバンク」にログインし、順を隔てて解約手続きをとろうとしたら、最後の最後で「おまはんのiPadはここでは解約で…

  • 山口百恵不在の赤いシリーズ

    「ちっ、入場料を取るのかよ」 せっかく敦賀にまで行ったんだもん。これまた一度は目にしておきたいと思っていた「敦賀赤レンガ倉庫」にも行ってみた。 駐車場こそは無料だったが、赤レンガ倉庫に入場するのには400円が必要となるらしい。 「まぁ、いいや」 入ったところで鉄道のジオラマがあるだけだ。喜ぶのは鉄ちゃんくらいなものだろう。ただだったら見てやってもいい、とその程度の思いだ。それに正直なところそろそろ運転の疲れが見えだした。私は自分自身を客観的に見ることが出来るんです。あなたとは違うんです。さて、帰ろう。 おっと、その前に福井に来たという何かしらの証拠を持って帰らねばならない。となればあそこだ。「…

  • 「弁天丼」はやばい!@福井敦賀港「海鮮丼天丼うお吟」

    忘れた頃にまた福井。再訪したということではない。先日のお話の続きなのだ。昼飯を食ったことをしっかりと忘れとったがね。おじいちゃん、大丈夫? 海水浴以外で敦賀市に入ったのは初めてだ。その時は福井県の海水浴のメッカ「水晶浜」だったが、それもいつの頃だったか。30年以上前の話だったことは覚えている。あの頃、一緒に行ったギャル達も、今や多くはお祖母ちゃんだ。皆さん、お元気でしょうか。というか一人しか覚えちゃいないや。 漁港の近くにある、自分にしてはオシャレな店に行ってみた。近くには「敦賀水産卸売市場」があり、その店の他にも海鮮を扱う店は沢山ある。徹底的にググりまくり吟味した結果、自分のおメガネに適った…

  • The 職人

    今を遡ることおよそ10日前。その時、自分は何をしていたかといえば、そうだね。いちいち言葉にする必要はないかとは思うのだが、記憶力が致命的に欠けているキミにだけこっそりと教えてあげよう。それはそうと1度でいいから「こっそり堂」にこっそりと入ってみたかった。知らないうちに世の中から消え失せてるんだもん。だからそんなことはどうでもいいんです。 そう、「チェルノブイリ1986」を観ていたんだよ。その真っ最中に嫁から電話がかかってきたエピソードも紹介したよね。内容はこうだ。 「あのさ、水道局の人が来て、うちの所で漏水が起きてるんだって。で、工事費用は市が一切もつから調査させてくれって」 嫁が相手ではやは…

  • ランチ&スイーツの同時進行型@岐阜県山県市「ロータリー松葉」

    スイーツとランチを同時にこなすという画期的な手段を見つけました。そんなことは両方の取り扱いがある店で注文すれば済むことじゃないか。そりゃそうだ。たしかに君の言う事は万にひとつの間違いもない。ただ、ちょっと落ち着いてそこに座って話を聞いてくれ。 これを聞けば少しは納得してくれるだろうか?中部地方は多くの方がご存知のようにモーニングサービス文化が著しく発展している。それも過剰なほどにだ。ボリュームや価格設定で抜きん出る店がある中で、言葉そのものを理解出来ていないのではないかと思われる店も中にはある。それが「1日中モーニングサービスの店」だ。 その「1日中モーニングサービスの店」発祥といわれる店が山…

  • Lover's Sanctuary(恋人の聖域)を一人旅@福井県三方五湖「レインボーライン山頂公園」

    福井ついでにレインボーなLINEにも行ってみた。人呼んで「レインボーライン」という。まんまやんけ。いわゆる淡水湖と汽水湖と海水湖が入り混じった景勝「三方五湖」を眼下におさめることが出来る「三方五湖有料道路」のことだ。有料ってのがちょっとネックだったのだが、せっかくだから車でヒルクライムしてみた。 因みに料金は1,060円だ。なに、この60円って。60円を探すのにまごまごしちゃうじゃないの。料金所でわざわざ渋滞させるんじゃねぇよ。後にこの料金には駐車場代が含まれることを知ることになる。 てっきり山頂まで車で行けるもんだと思いこんでたがね。行き着いた先には観光バスが数台並ぶ駐車場になっていた。そこ…

  • 40錠の大型錠剤との攻防

    約2年ぶりの内視鏡検査だった。経験者はわかるだろうが、とにかく検査の前には腹の中を空っぽにしなくてはならない。となれば当日の朝から下剤を普段の酒量よりも大量にあおり、後は便器と格闘するわけだ。 下剤にも色々ある。「モビプレップ」や「ニフレック」、「マグコロール」など複数あるが、それぞれがそれぞれの味をもっている。それは例えばスポーツドリンクであったり梅味であったりと様々だが、このどれもが自分には合わない。もう、気持ち悪くて気持ち悪くて悪心が走るのだ。最悪、吐いてしまう事さえあった。 よって、自分は「ビジクリア」という錠剤を利用している。難点はかなり大粒である事、並びにこれもまた気持ちの悪い塩風…

  • そこに2つしかない国宝建造物@福井県小浜市「棡(ゆずり)山 明通寺(みょうつうじ)」

    その気になればやることは沢山あるのだが未だその気になれないので、こんな時は神仏にでも縋り(すがり)に行こうと福井県はノッチもとい、オバマもとい、小浜市へと足を運んだ。因みに「足を運ぶ」は「わざわざ出向く」という意味なので念のため。だって、向こうから来てくれないんだもん。 福井県といえば自慢できるのは「越前かに」だけと思われがちだが、実は寺院の数は日本一だ。それも圧倒的に、だ。2位は島根というからなんだか笑えちゃうね。おいおい、島根ってどこだよ。たった今、65万5千200人の島根県人を敵に回したかも知れない。 その福井県に2つしか存在しない国宝の建造物を見に行った。「永平寺」じゃないよ。「永平寺…

  • ウクライナにサチアレ@「各務原アルプス」五山制覇!

    各務原市蘇原(かかみがはらしそはら)ついでに直ぐ裏山の権現山に登ろうとふと思った。嘘。最初から登るつもりで準備万端にして向かったのだった。多くの人が利用する登山口からでも良かったのだが、ひねくれ者のワタシときたらちょっとそれでは面白くない。「南登山口」という誰もが利用しなさそうな登山口からチャレンジしようとそこへ向かった。 登山口近くにある白山神社を駐車場として利用すればよい。と思ったら、「参拝客以外駐車禁止」の看板が。この世には神も仏もあったもんじゃない。おいおい、ここまで来て日和るのかよ。お前はチャレンジャーじゃないのかよ。はい、どうせデンジャラスな方法を選ぶのならばとイチかバチかとヤケの…

  • あまり横柄だと「そ~はら(えんがちょ)」って言うよ

    「うちの酒が扱いたいのならば挨拶に来るのが筋だろ」 と酒蔵の主に言われたので、片道20km、時間にして50分ほどかかる隣市の各務原(かかみがはら)は蘇原(そはら)という場所にある酒蔵へ挨拶に行った。余談だが各務原市民に聞いた話によると、この「蘇原」という地名は「えんがちょ」の代わりとして使用されることがあるらしい。理由は各務原の中でもあまりにも辺鄙な場所にあるからだと。そのあまりにも辺鄙な場所に呼び出されて行ってきたわけだ。 明治27年創業と歴史のある蔵だ。店舗兼主屋、通用門、離れ、土蔵、酒造門及び塀が登録有形文化財に指定されている。 そして先代は勲章まで授与されている。あくまでも先代だが。 …

  • あの頃、僕は若かった@高校時代の思い出「COFFEE&REST さえ」

    1977年創業ということは、今年で45年になる計算だ。高1の頃だから約43年ぶりにその店を訪ねた。「COFFEE&REST さえ」だ。 店名からして昭和感満載だよね。そう、出身中学の地元ということもあり、いわゆる近所だったんだな。厳密にいえば自宅からの距離は2kmある。ただ、中学の頃から自転車で長良川を越え柳ヶ瀬や駅前にまで遊びに行っていた程のピンピンな若者にとって、2km程度の距離は近所に等しいということだよ。 入り口横に「ワクチン摂取3回しました(店主)」という張り紙があった。来るものに安心感をもたらす配慮はさすが老舗ならではだね。ただ、ひょっとしたらユーモアで貼ってあったのかも知れない。…

  • 『うまトマ親子丼』@「なか卯」でイタリア~ン

    3年ぶりに「大垣まつり」が再開された。予め言っておくが、だからといって行ってきたわけではない。いや、行ければ行こうと思っていた。むしろ行きたかった。ただ、開催が午前中のみということで時間が限られていたことに加え、娘2号が部活動で不在。3年前までは毎年3人で訪れていたので一人でも欠けると淋しいじゃない? とはいえ、いつまでもそんなことは言っていられないだろうと、娘1号と二人で出かけようと考えたわけだ。 「あん子、一緒に『大垣まつり』に行かない?」 「いってらっしゃい」 「え?久しぶりの祭りだよ」 「ってらっしゃい」 そろそろ子離れが必要だろうか。そしてすっかりとつむじを曲げた自分は行くのをやめた…

  • 字幕はキーウではなくキエフだった「チェルノブイリ1986」@大垣コロナシネマワールド

    あくまでもロシアが語るウクライナの原発事故ということで、今の情勢から考えると非常に微妙なスタンスにあるのだが、以前より楽しみにしていた映画を観に行ってきた。「チェルノブイリ1986」だ。 この映画を見るためだけの理由で大垣市くんだりにまで行ってきたのだよ。「大垣コロナシネマワールド」だ。 なにせ近郊にある「トーホーシネマズ」でも「イオンシネマ」でも上映予定が無いんだもん。情勢に日和りやがったか?恐らくそれだけでは無いだろう。映画解禁に当たってグロい描写が各所に散りばめられている。どうやらそれも一つの原因だったみたいだ。 確かに被爆し焦げた顔が溶けた多くの被害者が登場したが、話の流れとしては確実…

  • サンセットビーチで彼女の笑顔にほだされる

    とある用事を無理やり作り、その日の私は水の都で有名な岐阜県大垣市にいた。岐阜市民にとっては大垣市くんだりだね。とはいえ、母方の実家がここ大垣市にある自分にとり、まさに第二の故郷ともいえる。もう片方は高山市なので言ってみればハーフだ。かくいう私は岐阜市生まれの岐阜市育ちだから生粋の岐阜市民だ。 そんな自分の個人情報など聞かされても全く楽しくはないと思うので話を変えよう。そんな異国の地でモーニングサービスを受けてみようと立ち寄った喫茶店は昭和の臭いがプンプンと漂う「カフェラウンジ サンセット87」だ。 予め言っておくが、ここに来ることを目的として大垣市に来たわけではない。たまたま通りかかりその見た…

  • 「山脈」は1合目からして高かった

    白内障の最後の手術から約1ヶ月が経過した。経過としては今のところまぁまぁ良好だ。ただ、白内障の手術をしたからとはいえ、持病の逆さまつ毛までもが治るわけではない。たまに眼球をこすってチクチクと痛い。定期診断の際にその事を告げると、景気よく5本ほど抜いてくれた。いつもは拡大鏡をにらみながら自力で抜く努力をしているのだが、やはり拡大鏡では眼科医の腕、というかレンズには敵わなかったとみえる。 さて、前回のこと、通院のついでに近くにある甘味処まで歩いて行き、朝っぱらからスイーツを堪能した話を覚えているだろうか?そうだね。店舗の前に立派な「あべまき」の木があった、その名も「あべまき茶屋」だね。その時、書き…

  • 真夜中のストレンジャー

    「昨日の夜中、騒がしくなかった?」 「そうそう、それ聞こうと思ってたんだよ」 真夜中に家中に響き渡る大きな声で悲鳴が聞こえた。悲鳴とはいっても「きゃー」などという可愛いものではない。「どゎー」とか「ぎょえー」といった女の太い悲鳴だ。時刻は深夜の2時を回った頃だった。 「で、なにがあったんだ?」 と娘2号に尋ねたところ、 「私らが寝とったら、夜中にお兄ちゃんが部屋に来て『おかぁ、なんかおる』って」 ここから先は仕事から帰宅した坊主と嫁の話。 「昨日、夜中に帰ってきて歯を磨こうとしたら、風呂場から何かが飛び出して足元をすり抜けて逃げてったもんでさ、ほんで『おかぁ、なんかおる』って」 「ほんで、私が…

  • ビールとキノコとSMと

    久しぶりに裏山を舞台にしたトレランに励んできた。 走ること自体、久しぶりになってしまった。へそ周りに約3kgばかり脂肪を蓄積させてしまった気がする。「あの正露丸を手がけたこともある明治薬品が開発した悪魔の体重サプリ」って効くんかしゃん。SNSにもYahooのトップ画面にもやたらと広告が出てくるんだけど。そもそも「手がけたことがある」ってなんだよ。それに正露丸だからどうだってんだ。ダイエットサプリとの相関関係を述べなさい。 まぁ、それはいい。トレランの話だ。今回は新ルートが開拓されたと耳にして、それならば挑戦してみようと考えたわけだ。もともと登山コースが少ない山だ。さすがに同じ道ばかりだと飽きが…

  • ブルースカイブルーな裏の顔

    お国の金貸しにお呼び出しをくらったので、久しぶりにカブリエーラちゃんで長良川を渡った。毎日、あれほど川向うに出勤していたのに、今や川を渡ることすら億劫になってしまった。それが原付きだとしたら尚更だ。だったら、車で行けばいいじゃん。確かにその通りだ。そりゃ、君たちの言うことがもっともだ。じゃ、そうしてあげるから駐車場代を出せよ。 上記の理由からカブで向かったわけだ。幸いにして金融屋がおさまるビルには駐輪場が用意されている。ビルの住人でなければ使用不可とあったが、住人のお客様だったら良いだろうと勝手に判断した。 37階建てのビルの北側は、かつて問屋町として賑わっていたが、いまではすっかりと寂れ古い…

  • オレの春奈が「はまい!」と言っているじゃないか。ならば全てに目を瞑れ。

    お気づきだろうか。ここのところ何週間も娘たちと食事に行っていない。それもその筈。白内障の手術で日曜日が2週続けて潰れた。3週目は昼から自分の送別会で潰れ、4週目は奴らがじじばばの元へ遊びに行ってしまった。ただ目下、無職の我が身にとっては逆にありがたいっちゃありがたい。 そして5週目となる8日はとうとうGWも最終日だ。今年は結局、どこにも遊びに連れて行ってやれなかった。そこで昨年はどうだったか少し振り返ってみよう。うん、そうだね。昨年もどこにも連れて行ってなかったよね。コロナのせいで剣道も中止となり、GWの間中ずーっとじじばばのところで羽を伸ばしていたらしい。よほど家庭にストレスを感じているのだ…

  • 朝っぱらからの糖分供給過多は気をつけましょう

    鹿や猪や熊やヒバゴンしか生息しないような辺鄙極まりない僻地にある、関市は富之保くんだりで娘2号の剣道の練成会が行われたのはつい先日、3日のことである。ところがこのGW中にもう一度、行われると通達が来た。いや、自分が知らなかっただけで以前から決まっていたことだったらしい。前日になって言うんだもんな〜 本人はともかく、保護者会で連絡が回って来てるんだったらちゃんと自分にも伝えておけよ。自分で送っていくつもりだったのならば別にいいんだけどさ。 ただ、今回は近隣に人しか住まない「岐阜メモリアルセンター」で開催される。全国の人に詳しく伝えるならば、「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」のスタート地点だとい…

  • 需要と供給が極めてアンバランスな僻地のカフェバー

    命からがら「舟伏山」から下山すると、そう、登山のあとは常道だよね。温泉セットはちゃんと車の中に用意されている。ただ近場に温泉施設が無いので少々遠回りを強いられるが、まだ時間は午後2時だ。これを業界用語で「余裕のよっちゃん」と呼ぶ。何業界かはこの際、置いといてだ。 車が1台しか通れない、すなわちすれ違うことも出来ない狭い村落の道を下っていくと、違和感しか得られない横文字の看板が目に入った。 「Phin and Bean」 ん?「Phin」ってなんだ?名前の意味はわからないが、どうやらカフェのようだ。無性に好奇心がくすぐられる。だって、山県だよ。しかもこの辺りは僻地中の僻地だ。人が住んでいるのかさ…

  • 山県(やまがた)三山@「舟伏山(ふなぶせやま)」初登頂

    「こどもの日」は一応、こどもに気を遣ってやろうと 「何処かへ行くか?」 と気持ちばかりのお問い合わせをしたところ、 「今日はお母さんと出かける」 だと。ま、それならばそれでもいい。こどもとはいえ、既に高2と中3だ。「こどもの日」を祝ってもらうには既に圏外だろう。 さて、未定だった予定が頓挫したので、そして僕は途方にくれた。急にお暇をもらった仲居さんの気分だぜ。これは恐らく予定調和なのだろう。だったら趣味に費やせば良いと考え、車を駆り北へ北へと向かった。 目的地はプチ大都会「岐阜市」に隣接しているにも関わらず、ほぼ山と川しかないお隣の市、「山県市」だ。「ヤマケン」じゃないよ、「ヤマガタ」だよ。そ…

  • それなりにGWを満喫しているのかも?

    自分は恐らく持っているんだろう。娘2号が剣道の練成会を終えるまでの間、時間つぶしをせねばならないとボヤいていたら、それならばと友が暇つぶしの相手を買って出てくれた。彼はベテラン登山家だ。自分など足元に及ばぬほど様々な山を渡り歩いている。 そこで、最寄りの道の駅で待ち合わせをすることにしたのだが、GW後半初日、しかもピーカンという事もあり利用客の数が半端ない。何方かの車をそこに1台置き、その後は便乗して向かおうと思ったのだがいきなり目論見が外れる。駐車する場所が見つけられないのだ。致し方なし、慌てて連絡をとり急遽現地集合しようとなった。 集合場所は「美濃の清水寺」と呼ばれる「日龍峯寺(にちりゅう…

  • 山奥にあるログハウスで優雅にモーニング

    朝、7時半に家を出た。娘二号を送っていく為だ。何処へ送っていくのかと問われれば、岐阜県関市は富之保という辺鄙な場所だ。昨日も言ったが今日も言おう。熊や鹿しか無い「ど」田舎だ。どうやら猿も出るらしい。ひょっとしたらアナグマや狐にヒバゴンなんかもいるかも知れない。ねぇ、ヒバゴンってなに?ググれ。 その辺鄙な場所に「旧中濃高校」というソースに特化したかのような名前の施設がある。「旧」と付くからには以前はれっきとした高校だったのだろう。猿や熊でもあるまいに、わざわざこんなクソ田舎に学びに来る奴などいねぇだろ、普通。その結果、「旧」が付く羽目になったんだろうね。かわいそーに(棒) なぜにそんなクソ田舎で…

  • 「臭さ」は頑張りの証し…という事にしておこう

    「これ見てよ」 と手のひらを此方に向けながら次女が迫ってきた。なんだ?気功術でも始めたのか? 「こんなんなってまった」 見せられたその手のひらのなんと青いこと青いこと。チアノーゼか? 「どうしたんだ?」 「防具があまりにも臭いんで洗ったらこの有様」 先日のこと、いつも使っているファブリー◯は臭さを助長させてしまい、竹刀を握っていても「う◯こ」に包まれているかのようで稽古に集中できない、だから違うのを買ってくれ、とねだられた。そのう◯こ臭さも元をたどればお前から出たものだろうが。 「汗をかいてもそのまま放置しておくからそんな事になるんだぞ。持って帰ってきて天気のいい日に天日干ししろ」 とアドバイ…

  • 床屋が筋トレになってソリティアがお迎えになった話、で〆はミニストップdeスイーツなday.

    雨が降ると髪型がどうにも落ち着かない。幼き頃は自慢のストレートヘアだったが、次第にカールし始めいわゆる癖毛となってしまった。これが加齢の実態だ。朝起きて鏡を見る。見事なボンバーヘッドだ。まるで家中の湿気を全て吸収したかのように爆発している。持てる者の悩みというものもあるんだよ。 そうだ床屋、行こう。という事で朝も早くから床屋へ出かけた。行きつけの床屋は片道約3km南西に行ったところにある。晴れならば歩いて行くことが殆どだが、雨なので当然、車を使った。8時半のオープンに合わせ10分前に到着すると、既に4名様が先着し雨の中並んでいた。どんだけ暇な連中なんだ。 「おはようございます。いらっしゃいませ…

  • 「この恨み晴らさずにおくべきか」@ざけんじぇねぇぞ!「大戸屋ごはん処・モレラ岐阜店」

    うかうかしてたら4月も終わっちまったでねぇの。不労所得を持たぬ我が身としては時の経過が何よりも恐ろしい。またGWに入っちまうとお役所仕事が遅々として進まないので急ぎたくとも急げないんだよね。早く仕事をさせてクレヨンしんちゃん。 そう、というわけで4月30日までの期間限定で半額キャッシュバックとなる、PayPayの特典を行使せねばと「大戸屋ごはん処」があるショッピングモール、「モレラ岐阜店」へ一人で向かったのだった。 娘たちはこの連休の間、嫁の実家でお世話になるらしい。そりゃ孫に甘いジジババと一緒にいた方がストレスフリーだろう。むしろジジババの娘の方に帰省して欲しかった。 さて、半額キャッシュバ…

  • 『特上海鮮丼』で「So Good」な午後のひととき

    たかだか396mの山程度で疲弊する体力など持ち合わせてはいないが、先への展開により疲弊した体で話を進めさせてもらう。「川辺権現山」を下山したのは未だ午前11時のこと。そろそろ昼食といたしましょう。 帰り道にある岐阜県関市に以前から行ってみたい店があった。「食道やま」だ。 人知れずひっそりと営業していると聞いていたのだが、まだ12時前だというのに駐車場は既にいっぱい。昔ならばいざ知らず、今や口コミよりもネットで得られる情報の方が圧倒的に早いということだろう。 案の定、テーブルに席はない。ただしカウンターが2席空いていたので腰を下ろそうとしたら、 「ごめんなさい。満席です」 と断られてしまった。予…

  • 「美濃の御嶽山」&「岐阜の熊野古道」、その実態は…。

    気が付くも気が付かなくも、世間様はどうやらGWに突入したようだ。ま、自分などは3月末からずーっとGWだけど大和田(爆) 人混みは苦手なので、人混みを避けるには「今でしょ」、とくっさいセリフを吐き行って参ったのは岐阜県加茂郡川辺町下吉田にある「川辺権現山」だ。木曽の御嶽山を引き合いに「美濃の御嶽山」とも呼ばれている。山頂に「御嶽神社」が祀られているだけが理由なのだが、たかだか標高300mちょいの山が、あの御嶽山に比肩すると考えるのは恐れ多いだろ。ま、山には罪はない。 山の中腹には村社である「星神社」が建立されており、そこに至る丸石で作られた400段以上の階段が、その趣深さから「岐阜の熊野古道」と…

  • 検便

    検便のあれを貰ってきてくれと嫁が言う。 「検便?」 「そ、検便」 「で、あれってなんや?」 「あれはあれやん。検査するやつ」 「自分で検査するんか?」 「ちゃうわ。便を取るやつ」 「なんだ?大腸に癌でも出来たか?」 殺しても死ななさそうな奴なのに、一丁前に健康には留意しているんだな。 「違う。あん子の。就業体験に行くのに必要なんだって」 以前、見学に行った障がい者が就業するパン屋での就業体験が決まったとか。 「あん子の?学校で必要ならば学校で配られるもんじゃないのか?」 「でも、貰ってきたプリントには自分で取りに行ってくれって書いてあるから」 こんなケースは初めてだ。 「で、どこに取りに行けば…

  • 『シン・マックフィズ』は癒やしのワクチン

    三回目のワクチンをスコーンと射ってきた。 本当に「スコーン」を音がしたら面白いな、などと無駄なことを考えていたら知らぬ内に終わってしまった。もっと時間をかけて実況中継をしたかったのに看護師がペラペラと話しかけるんだもん。岐阜市では比較的大きな病院だが、自分を知る看護師はそこそこ多い。入院も含め約40年ほどお世話になっている。それだけ付き合いが長いと必然的に看護師の知り合いも増えるってことなんだよね。 それだけではない。前院長(現理事長)が旧知の仲であったがため、自分の職業がバレてしまっていた。となれば宴会需要が見込めると開き直り、センセや看護師に営業しまくったという理由もある。一度の利用が二度…

  • 迎え酒からの乗合バスエレジー

    退職して以来、久しぶりに飲み会があった。 それも2日続けてだ。前日の晩はビールに始まりハイボールに進むと禁断の日本酒にまで手を出してしまった。こりゃ、二日酔いになるお決まりのパターンだ。珍しく記憶を失うことは無かったが、案の定、翌朝も酔っ払っていた。 自分の場合、二日酔いとはいっても吐き気をもよおしたり頭が痛くなったりするのとはわけが違い、文字通り二日目も酔っ払っている状態にある。自分で酒臭いのがよくわかるんだよね。そして、まだ酒臭いまま二日目の会場へ向かうためにバスに乗る。スタートが昼の1時だっていうから酒を抜く時間もないわけさ。世にいう「迎え酒」ってのを味わってこようじゃないか。 ただ、二…

  • 朝からスイーツ万歳!@甘味処「あべまき茶屋」

    白内障の手術を受け視界が良好になったのは良いものの、しょっちゅう診察を強要されるのが堪らなく面倒だ。具体的には手術の翌日でしょ?更にその翌日でしょ?そして中二日開けてまた診察でしょ。ということは、手術当日を含め1週間以内に4回も往復約54kmの眼科まで行かなきゃならないんだよ。で以て8日目にまた来いという。8日間の間で5回だよ。交通費を寄越せと言いたくなる。 因みに最新の視力検査では右が0.9で左が1.0と診断された。要望としては「2m先がよく見えるようにして欲しい」だったのだが、手元も遠くもよく見えるという、最高の結果を手に入れたというわけだ。だったら診察に行くことくらい我慢しろよってところ…

  • 花より団子@「兎月園(とげつえん)」の『みそぎ餅』&『エ・麩・レ・ア』

    津島も捨てがたいが岐阜も捨てがたい。いや、厳密に言えば羽島市だけど、羽島市にしておくには勿体ないね。竹鼻町だけ岐阜市になっちゃえばいいのに。 どんだけ暇なんや?と言われそうだが現実問題、暇なので仕方がない。津島からの帰りに羽島市竹鼻町にある「竹鼻別院」の藤棚をも見に行ってきた。 なんだかんだと毎年、見に行っている気がする。過去には自宅から片道18kmの距離を走って見に行ったこともあったな。あの頃の自分にはもう戻れない。 津島市の天王川公園ほどの大規模な派手さはないが、花の密度に於いては此方の方が圧倒的に上だと感じた。それにひとつひとつの花が大きい。 それもこれも暇なご老人たちによる地道な手入れ…

  • 味噌煮込みうどん専門店@愛知県津島市「松屋うどん店」はやばい。

    大雑把に名古屋辺りで好まれて食されるうどんに「きしめん」と双璧をなす「味噌煮込みうどん」がある。馴染みのない県外人が見ると、ドブ川にサナダムシが浮いているかの様に映るかも知れないが、恐らく食べ物だと認識している。それが証拠に津島で藤の花を見たついでに「味噌煮込みうどん」を食べてきたからだ。 「味噌煮込みうどん」といえば「山本屋」という同じ屋号を持った「本店」と「総本家」が有名だが、お互い元祖を主張して張り合っているらしい。そんな骨肉の争い(ルーツが同じという説もある)を他所に、津島にて「味噌煮込みうどん」一筋40数年の専門店がある。それが本日、ご紹介する「松屋うどん店」だ。 なんて無骨、並びに…

  • 紫色に咲くのは藤の花~♫@愛知県津島市「天王川公園」の藤

    赤く咲くのはケシの花 白く咲くのはユリの花 どう咲きゃいいのさ この私 夢は夜開く ま、藤圭子なんだから紫色の藤の花でええんちゃう?とツッコミを入れていたおませな小学生はこの私です。 藤の花を鑑賞するにはよい頃合いとなって来ましたね。今年は例年よりも若干、花開くのが早かった気がするのだが、この機会を逃してはならぬと行ってまいりました。藤の花の名所、愛知県は津島市にある「天王川公園」だ。 実は昨年も行ったんだよね。なぜ行こうという気になったのか全く覚えがないのだが、取り敢えず行ってみたんだよ。そうしたらどうだい。もう、殆ど散ってしまった後だった。仕方がないから藤の花の鑑賞もそこそこに津島神社で時…

  • コンビニトイレ事情 at the FamilyMart

    以前も言ったが何度でも言おう。自分がコンビニを利用する時はコンビニATMを利用する時とトイレを拝借する時だけだ。中でもATMを利用する時は出来るだけLAWSONと決めている。なぜならばLAWSONのATMは両替までしてくれるからだ。実に画期的なATMじゃないか。 で、此度はトイレを拝借する為にコンビニを利用した。コンビニのトイレに何処というこだわりはないが、利用したのは最寄りにあったFamilyMartだった。東海三県に住む者ならば実感しているとは思うが、圧倒的にファミマが多い。それはかつて東海地方を席巻していたサークルKが全てファミマになってしまったからに他ならない。かつてライバル関係にあっ…

  • 眼科→岐阜モーニングサービスからの~初めての撮り鉄

    やっと年季が明け車の運転と洗髪が許された。ならばより開放的な気分に浸ってやれ。ということで、いつもの「ぬくい温泉」に出かけ岩盤浴を2セット、サウナを1セットの後、外気浴をしていたら1時間ほど爆睡してしまった。やはり普段の疲れが堪っていたのだろう、ってプータローにはどう頑張っても疲れる術がない。つまりアレだよアレアレ。如何に今まで就寝をアルコールに頼っていたかということが今回の事でよくわかった。シラフだと全く寝られないんだよね。アルコールもご法度だったわけだ。 自宅から眼科のあるかがみっぱら(通称:各務原市)まではバスと電車を乗り継いで行かねばならない。交通費だけで片道840円かかる。不便なとこ…

  • 「ノムヤサイとカキゴオリ」のかき氷 with おやつ爺い

    「ジモティー」で冷蔵庫を見ていたら、タダであげるという危篤、いや、奇特なお方がいらっしゃったのでコンタクトを取ってみた。 「貰って下さい。お願いします。お願いします!」 と切羽詰まったご様子だったので、ならば仕方ない、貰ってやったるとわざわざ先方がお住まいになるマンションまで取りに行ってやった。 ただ、総重量75kgあまりの代物だ。一人で運ぶにはちょっと酷だろうと数多くの知り合いの中から唯一、ヒマな奴をチョイスして手伝いを命じた。珍しくも快諾だったが、見返りは「おやつ」だとぬかす。そう、誰あろう、おやつを愛しおやつと共に生き、おやつと共に死ぬと豪語するFacebookに3時のおやつネタをアップ…

  • 飛騨高山「国八食堂」で念願の『豆腐ステーキ』を食す&食後の「久遠チョコレート」

    暑いと思ったら寒い。まだ冬でいいんじゃね?しまい忘れたファンヒーターが断末魔を上げたがっていたので死に水をとってやった。とはいえ、物理的に水をぶっかけたわけでは無いので念のため。来年もまだ使えるように優しく空焚きをしてやったんだ。 頭を洗えない生活が3日も続けば頭皮から天然ガスが湧いてきそうなイメージで腐敗臭が発生しだす。火を放てばそれだけで暖が取れそうな勢いだ。とはいえ、日本人は欧米人に比べ洗髪の回数が多いと聞く。フランス人なんて週にたった2回程度なんだって。さすがオー・デ・コロンの国だよね。洗髪を怠ると頭皮に悪影響を及ぼすのではと恐怖を感じないのだろうか?それ以前に臭いが気になって仕方がな…

  • 飛騨高山ラーメン紀行@「つづみそば」の『中華そば』

    高山にいると自然の摂理として中華そばが食べたくなる。そう、普段ラーメンといえば回転寿司屋で、若しくは「スガキヤ」でしかラーメンを食べない自分だが、高山となると話は別になるんだ。老舗の「まさご」にしようか、名古屋にも支店を出している「豆天狗」にしようかと考えつつも、一応「高山 中華そば」でググってみる。 驚くほど全ての店が高評価だ。一軒くらいはめちゃくちゃに叩かれている店があっても良さそうなのに、これはもう、ほぼ奇跡だよね。高山という観光地にほだされてんじゃねぇよ。ま、そうは言っても自分もまた「高山ラーメン」には一目置いている。 「高山ラーメン」と呼ばれてはいるが、各店が提供しているメニュー名は…

  • 左目をスパッ!@続・白内障手術

    先週に引き続き、此度は左目をスパッと切開してきた。またしても禁酒生活突入だ。加えて顔や髪も洗えない。3日後の髪の臭いをぷんぷんと嗅がせてあげたひ。体育の後の小学生男児の頭の臭いを彷彿とさせノスタルジックな思いに浸れるよ。 今回は前回と顔ぶれが総入れ替えだった。自分を除く男性6名、女性1名の大所帯が狭い待合室でひしめき合い、圧倒的に若い自分は形見の狭い思いを強いられることとなった。 年配者同士ってのは決まって仲が良いもんなんだ。恐らくゲートボールなどの寄り合いで鍛えられたコミュニケーションの術なのだろう。 「わし、こないだ先に左目をやったんやけど、前は近視やったのが今1.5もあるでね」 「1.5…

  • 「春の高山祭り」と飛騨一ノ宮「臥龍桜」を愛で楽しむ

    朝から雨か。寝る前に賭けをしてみた。雨だったら行こう。雨が降ってなかったら諦めよう。天気予報は雨と出ていたので、ほぼ賭けにならない賭けだったけどね。 というわけで、朝6時に自宅を出ると、進路を北に取り向かった先は飛騨高山だ。そう、日本三大美祭と称される春の高山祭りが3年ぶりに開催されるのだ。正直、高山には縁もゆかりもあるのだが、高山祭りというものにはタダの一度もお目にかかったことがない。例年20万人の人が集まる大祭も、雨の力にゃ負けるだろうと考えたわけだ。 9時半から市中引き回しが始まると聞いていたが恐らくこの雨では中止だろう。でもいいの。雰囲気さえ味わうことが出来れば。とはいえ念のため早めに…

  • アラカンとスーパーカブ

    もう、夏じゃね?夏でよくね?つい、先日までファンヒーターのお世話になっていたと思ったら、どうなの、ここ数日の暑さときたら。いつかまた出番が来るんじゃないかと思ってたからまだファンヒーターしまってないよ。ま、それもどうかと思いますよ。 それに、この時季は紫外線がつおいという事も忘れていた。アホみたいに散歩しまくったせいだろう、いい感じに顔色がローストされていた。いかん、間違いなく頭皮に悪影響を及ぼしている筈だ。育毛剤のお世話になる季節が到来した。 併せてこの時季となれば活躍するのがバイクだろう。とはいえ普通免許しか持ってない自分にはカブしかないわけですが。前回、オイル交換をしてから既に4000k…

  • 度を過ぎりゃ散歩も運動

    白内障の手術後3日間は顔も洗えず髪も洗えずは以前に述べた通りだが、車の運転もしてはいけないと言われた。当然、カブなどもっての外だ。歎異抄風にいえば「車なおもって運転を禁ず、いわんやカブをや」となる。ねぇ、歎異抄ってなに?ググれ。 どうしてもJAに行かねばならない用事があったので、仕方なく徒歩で向かう。ついでに銀行にも寄っていこう。喫緊の用事でもないが事のついでだ。郵便局にも寄ろう。22日までは運動もしてはならないと言われているので、走ることもままならない。 「運動ってどこまで許されるの?」 と具体的に言葉にしないまでも男女の営みにまで範囲を広げ看護師にぶつけてみた。すると、 「散歩程度ならばい…

  • 君はリアルな「つちのこ」を見たことがあるか?@東白川村「つちのこ館」

    岐阜県加茂郡東白川村は全国でも有数の「つちのこ」目撃多発地帯として有名だ。よし、ならば行き掛けの駄賃に「つちのこ」でも捕まえに行ってみるかと、先ずは「つちのこ」の生態を知るべく「つちのこ館」という土産物屋にある「つちのこ資料館」に寄ってみた。道路沿いにある「あの『つちのこ』います」のキャッチコピーに否応なしに血湧き肉躍る気分にさせられる。 うってかわって店頭では可愛い「つちのこ」がつがいでお出迎えしてくれた。 オスは「ツッチー」でメスは「ノコリン」という名前らしい。店の中に入る。なんだ、想像以上に「つちのこ」がウジャウジャといるじゃないか。おまけに触ることも出来る。 「つちのこ」ってけっこう、…

  • 坂本龍一も認めた味@岐阜県加茂郡東白川村「白草」の郷土料理『けいちゃん』

    岐阜県高山市は小京都としてだけでなく、日本で一番面積が広い市としても知られている。その大きさは東京都民に言わせればほぼ同じ、高山市民側からいわせれば「マジ、東京都よりもデカイし」という大きさだ。琵琶湖の約3倍。琵琶湖は滋賀県の面積の6分の1を占めるということだから、つまり滋賀県の半分は高山市だ。因みに南北の長さは55.31kmとこれもおそらく日本一かと思われる。 と長々と高山市の話を前ふったが、全く高山市の話をしたいわけでもなんでもない。中津川市の話だ。中津川市の南北の長さは約49kmと高山市に肉薄しているのをご存知だろうか?知らないよね?いや、全然知らなくても大丈夫。ただただ南北に長いという…

  • 水芭蕉の花が咲いている@夢見て咲いている岐阜県中津川「付知峡(つけちきょう)」

    手術で一番、緊張するのは同意書を書かされることだ。手術結果の責任を転嫁というわけではなかろうが、患者としてはそういった趣旨として受け入れざるを得ない気持ちにさせられる。ひょっとしたら明日から光を失うことになるかも知れない。そんな恐怖感が旅情へと心を誘った。最後に見たいと思える風景に足るだろうか?何も知らぬまま車を北西へと走らせる。 行き着いた先は岐阜県中津川市付知町だ。ここに「付知峡(つけちきょう)」と呼ばれる風光明媚な観光スポットがある。ところが行ったことがないからどんなところなのか全く想像できない。ま、「峡」と付くからには大抵、山と山に挟まれ水量が豊富なところだろうね。 ハイシーズンは紅葉…

  • 禁忌生活突入

    という事で「サクッ」と切って来ましたがね。しかし、残された片方も白内障、おまけに手術をした方が効き目という事もあり、こうしてPCに向かっていても画面を見るのが死ぬほど辛いし、集中すればするほど気持ちが悪くなり吐きそうになる。 術後の3日間は洗髪は当然のことながら洗顔も出来ない。車の運転は当然のこと、然しながら問題は酒が飲めないことなんだよ。これがリアルに辛い。加えて22日まで運動もご法度だっていうからジョギングは元より山登りにも行けねぇじゃん。筋トレなど問題外だと。 とはいえ、いずれやらねばならないことならば出来るだけ早い方が良いというもの。本日、手術予定の待合では殿方4名、御婦人が2名いらし…

  • 「四日市とんてき」なるものを片付ける@「まつもと来来憲」

    三重県四日市がなぜ「トンテキ」で有名なのかは知らないが、この機会に一度、食べてさしあげようと桑名からわざわざ四日市くんだりまで足を延ばした。よほど、桑名の方が「くんだり」だった。飲食店繁華街が軒を連ねることで、昨今は津市よりも四日市の方を県庁所在地にしてしまった方が盛り上がるんじゃね?と四日市の商店主達が言ったとか言わなかったとか。 とにかく県庁所在地の岐阜市にしても思いっきり「くんだり」だったことは認めざるを得ない。その四日市繁華街に昼飲みをさせる「トンテキ」が美味い店があると人伝に聞いた。「あさひ食堂」だ。繁華街につき残念ながら駐車場はない。仕方なく近くのコインパーキングに車を止め、徒歩で…

  • 「桑名水郷舟めぐり」は楽しくてヤバい!@三重県桑名市桑名城址「九華公園」

    「春休みって7日までだったよな?」 「ちげぇって。7日から学校。あ~めんど」 「マジか?!」 という事で急遽、春休みの思い出作りにと一肌脱いだわけだ。向かった先は先日、訪れた「六華苑」がある三重県はあの桑名市だ。どの桑名市だ?ほら、その手は桑名の焼き蛤で有名な桑名市だ。市の財政の6割を蛤の養殖で担っているらしい。あれ?今日ってエイプリルフールだったよね? で、今回、訪ねたのは桜の名所としても有名な「九華公園」だ。 桑名城の跡地だった場所を整備して公園にしたものだが、敷地の6割を占めるお堀には水が張られ往時を忍ばせる粋な作りとなっている。お堀の周りには約450本の桜の木が植えられており、毎年、こ…

  • 知られすぎた秘密

    つい先日まで勤めていた会社の同僚から 「飲みにいきませんか?」 とLINEがあった。 思うところあって 「サシ飲みだよな?」 と返してみた。 怪しい。実に怪しい。会社を辞めるタイミングでお誘いがあるだなんて何か画策しているに違いない。 ところが白々しくも 「誰かさそうんですか?」 と返事があった。一応、信じたふりをしてみる事にしよう。そこで、自分が行きたい場所を指定すると、 「予約取っちゃいました」 だと。なぜ、野郎2人で飲みに行くのに予約する必要があるんだよ。 ビール会社の担当者と会うことがあったので尋ねてみた。 「そういえばさ、今度、◯◯と一緒に飲みに行くことになったんだけど、自分もどう?…

  • 歯科医難民ふたたび

    車を運転していたら携帯が鳴った。Bluetooth経由でハンズフリー電話に出る。その時点で相手のことは全くわからない。だって、うちのナビ、お馬鹿さんなので相手の名前が出ないんだもん。 「もしもし?」 「恐れ入ります。◯◯歯科ですが」 なんだ、歯医者か。一応、掛かりつけの歯医者だが、いったい何の用だ? 「実はもうしわけないのですが、3月いっぱいで閉院することになりまして…」 「えぇっ!マジで?」 「それで5月2日に予約が入っているじゃないですか」 「はぁ」 「4月いっぱいはそれ以降にご予約頂いている患者さんを診ることが出来るのですが如何いたします?」 「そうですか。ではお願いします」 ということ…

  • 長女とうなぎデート@「川勢(かわせい)」

    「あのさ、日曜日にモレラまで送っていってくれない?」 と次女が言う。なんでも、近くに住む友人と買い物を楽しみたいのだそうだ。その友人もろとも送っていけという。 「いいよ」 「ありがとう」 「ということは、昼はあん子と二人っきりか。じゃ、ウナギでも食べに行こう」 「なに?それは絶対にダメ。許さん!」 と、こんな約束をしたにも関わらずすっかり忘れてしまった。朝からトレジムでバーベルと格闘していると、次女から確認のラインが入る。 慌てて帰宅し身支度を整えているとちょうど次女の友人が来宅した。間に合ってよかった。ついでに食事に行こうと長女も含め4人で向かう。 到着しお見送りを済ませたところで財布を忘れ…

  • 買い物偽装

    「買い物へ行くからお前達も付き合え」 と娘たちを引きずり出す。 3月いっぱいは部活動に駆り出されていた次女だが、4月に入った途端、いつまでもパジャマ姿でダラダラとしている。知ってる?4月から受験生なんだぞ。早いもので順調にいけば来年度からJKだ。 「えー、めんどくさい」 と言いながらも着替えていた。早くも心と体が別仕立てなのだろう。 SNSで満開に咲く桜の画像がこれでもかという程にアップされ、さすがに2Dは見飽きたと、実際に自分の目で3Dを楽しみたいと思ったのが出かける理由だ。正直、買い物などどうでもいい。先日、足を運んだ三重県いなべ市の梅林公園に咲く梅の花も良かったが、やはり春生まれの自分に…

  • とことん突き詰める漢の生き様

    ごめんね、娘たち。黙って出て行ってしまって。でもね、男にはどうしてもやらねばならない事があるんだ。ま、厳密に言えば男に限らず女性でも可。それによくよく考えたらどうしてもやらねばならない事でもない。ただ、期限が3月31日ということならば貰えるものは貰っておかないとね。 そして私はひとり「くら寿司」へと行った。受付番号は911番。画面に表示された待ち時間は18分とある。けっこう待たされるんだな、と思ったら、受付を済ませたら即、番号で呼び出された。これがお一人様のメリットだね。但しアクリル板のパーテーションで仕切られたせっまいカウンターだ。いつも思うけど、顔の部分が仕切られてないパーテーションって意…

  • まだ、これから

    退職しました。 長い間、ご贔屓頂き誠にありがとうございました。 次なるフェーズへ。 読者になる にほんブログ村

  • 山神様に会いに@愛知県犬山市「八曽山(はっそさん)」に登ってみた

    あなたも年に一度は瞳孔を開いてみませんか?「オープン・ザ・瞳孔同好会」副会長のS・ボンバー・ボボです。前回、2月25日の右目に引き続き、此度は左目の瞳孔をパカッと開けてきた。いよいよ4月8日の白内障手術に向けたカウントダウンの始まりだ。 手術後3日間は運転しちゃダメだとか、顔も頭も洗っちゃダメとか制約がやたらと多いのが南天のど飴、もとい難点だが、世界が変わって見えたと言っていた姉の言葉を信じ、世の白内障に悩む方々にとり先鞭をつけ安心感を与えるという崇高な意思表示でもある。因みに姉、兄、自分の三人兄弟。58歳ですが末っ子です。 さて、眼科に行った時はそうですね。恒例となりました山登りです。此度は…

  • 力に頼るんじゃない。頭を使え。

    「親父、寝とんのか?」 早々と就寝していたら坊主に起こされる。 「どうした?」 「おかあが『水が止まらん』ってワーワー言っとる」 「どこの?」 「台所」 ったく、しょうがねーな。今度は何をやらかしてくれたんだ? 聞けばお湯側のハンドルをいくら回してもお湯が止まらなくなってしまったのだと。また力ずくで物事を片付けようとしたに決まっている。 「寝とる場合じゃないでしょ!なんとかしてよ、これ」 酷い言われようだな。誰がこんな事態を招いたと思ってるんだ。 「取り敢えず湯沸かし器のスイッチを切れ」 と言い残し、表に出て組み上げポンプの電源を落とす。我が家は井戸水なのでポンプの電源を落とせば取り敢えず水は…

  • 女性にもてるスクワット

    まめにトレーニング・ジム通いをしている。24時間営業のジムなのでいつもスタッフがいるわけではない。となれば入館するのにカードキーが必要となる。いつもは坊主に借りていたのだが、それもいちいち面倒だ。5,000円という価格には躊躇したが、長い目でみたらその方が楽だ、いっそのこと買ってしまえ、と潔く購入することにした。坊主にとってもそうしてもらった方が良かっただろう。 今日は脚の日とレッグプレスをやりながら、まるでトイレの中さながらに「うんうん」と息んでいたら、 「カード買ったんか」 と推定身長180cm、体重66kmの青年が微笑みながら声を掛けてきた。 「なんだ、お前も来たのか。ならば一緒にくれば…

  • おのれミスドめ!敵討ちはケンタッキーで。

    ねぇねぇ、知ってる?「ミスタードーナッツ」でもPayPayの50%還元をやっているんだよ。となればサンフランシスコのチャイナタウンの飲茶を堪能しに行こうではないかといつもの様に子猿を引き連れてご近所のショッピングモールに入る「ミスタードーナッツ」へと向かった。 ところが 「えい、なんてこったい!売り切れだと?」 今の売り物は陳建一監修のまぜそばだったのだが、恐らく自分に似た浅ましい考えのビンボー人どもが最後の一本まで吸い尽くしたに違いない。ま、50%もどってくるっつーても400円が上限だからそんな程度の額はビンボー人にくれてやる。 それにしてもミスド、あなたってミスドは2度もこの俺様をふるだな…

  • 髪も眉毛もある内に遊べ

    都立高校では「事件や事故に巻き込まれる可能性がある」ことにより校則に禁止事項として記されていたが、岐阜市のおじさんにとってはきっと安全な髪型であろうツーブロックにまたしてもして来た。それも今回はかなり鋭角にえぐりこむように打つべし、じゃなくて前額髪際隅部に届く勢いでバリカンを入れた。なに?前額髪際隅部がわからない?ググれ。因みに読み方は「ぜんがくはっさいぐうぶ」なので念の為。 バリカン跡を手で触ると気持ちがいい。ほら、君も触ってごらん。正真正銘ウールだよ。 全国理容衛生同業組合連合会に属していない店なので、基本、正月を除き年中無休だ。いつも髪をカットしてくれる店長に話を聞いた。 「8時半開店か…

  • 大正13年創業「太田屋本店」の最後の『カレーライス』

    過去の経験上、マイナス16℃までは耐えられると豪語していた自分だが、寄る年波か最近では摂氏5℃でも耐えられない。やはり暖かいのはいい。暖かさが恋しい。でも布団や椅子は冷たい方がいい。こればかりは人様の体温で温められるよりも自分の体温で温めたい。おっさんが座って温められた椅子なんて言語道断である。 やっとカブリエーラの季節がやってきた。原付きはいい。駐車場所を選ばない。歩いてならば横断歩道どころか歩道だって通行できる。その気になればバーベル代わりに筋トレもできる。なによりも車にはない機動力であちらこちらへ移動できる。 予てより一度行ってみたかった場所へとこの機会に行ってみた。「太田屋本店」だ。 …

  • 権利行使の「生クリーム入りシフォンケーキ」はそこそこ美味かった

    3月の終わりもも押し迫って来た。残りの日数で与えられた権利をなんとしてでも行使せねばならないと考え、LAWSONへと向かった。入店すると迷わずスイーツコーナーへと足を運ぶ。 以前にも言ったことがあるが、自分は滅多にコンビニを利用することはない。利用する目的は主にトイレを拝借することだ。同じ商品を購入するのならば面倒でもドラッグストアを利用する。だってその方が安いんだもん。 ただ今回はそれとはわけが違う。気になる商品、ひとつひとつを手に取り品定めする。「まるでメロンパンみたいなシュークリーム」だと?美味そうじゃないか。価格は…と。220円か。ダメだ。これではダメなんだ。他に何かないのか?「どらも…

  • きみはタマゴンを知っているか?

    たまご食べたらタマゴン 怪獣生んじゃうタマゴン なんでも解決タマゴン 娘を学校にまで送って行ったついでに「クスリのアオキ」へ寄った。多少、遠回りにはなるがほぼほぼ帰り道だ。目的は水曜日ポイント5倍デーを利用しての買い物だよ。愛飲しているホワイトホースが切れかかっている。いつもこのポイント5倍デーを利用して2.7リットルのペットボトルを購入しているのだ。通常ならば35ポイント程度しか付かないのが、ポイント5倍デーだと175ポイントにも増えるんだぜ。どうだい、お得だろ? 試しに「ホワイトホース」で検索をかけたらAmazonなら送料無料の上、3,409円で買えてしまうことを知ってしまった。価格を調べ…

  • 「雨の訪問者」ならぬ「雨の徘徊者」

    iPhoneのiOSをアップデートしたら、マスクを付けたままfaceIDが認証されるようになった。マスクが外せない場所だと超便利だよね。例えば病院内とか。 都合よく?昨日は定期検診の為、病院へ行かねばならなかったのだよ。とはいっても持病である潰瘍性大腸炎の薬を貰うことだけが目的なんだけどね。薬をもらうのにいちいち診察を受けねばならないのは面倒だけど、それが決まりというのならばまぁ、仕方がない。 ところがだ、市場での仕入れのついでというのにはちょっとどころか大きなタイムラグがある。診察の予約は午前9時。仕入れなど7時前には終わってしまう。この穴をどうやって埋めるかが昨日の課題だった。 その間、走…

  • 一家全員揃っての団欒@久しぶりの「サイゼリヤ」

    「お昼ごはん、何がいい?」 10連勤が明け久しぶりの休日。食べたい物があるか娘に聞いてみた。 「うんとね~」 「いや、お前には聞いてない。あん子に聞いたの」 次女の言葉を遮り長女に返事をうながす。 「卑怯!なんであん子だけなの!」 「お前に聞いたところで、どうせ同じ事しか言わんやろうが」 「そんな事、言ってみなわからんやん」 「どうせ『寿司』としか言わんやろ」 「あれ、なんでわかった?」 「このアホ柱」 いつもそれしか言わない。誰にでも想像がつく。 「じゃ、あん子は何が食べたいの」 半ば脅し口調で姉に絡む妹。暗に「寿司と言え」と脅迫しているようにも見える。 「ピザが食べたい」 「ピザか。あんた…

  • 怒りの「金華山」で三角点探しの巻

    「日曜日、金華山馬の背登山に連れて行って下さい」 とお抱えの設計士からLINEが来た。大酒飲みでヘビースモーカー、おまけに心臓に持病を抱えている。いわば健康とは真逆の立場にいる彼だ。何を思って言い出したのかはわからないが、連れて行って下さい、という謙虚な言葉からは少なくとも先輩登山家へ向けた敬意が読み取れるというものではないか。因みに年齢は自分よりも3つ上だ。 「午前中ならば良いですよ。午後は仕事なので」 と返しておいた。ついでに長良川河川敷の無料駐車場は渋滞が出来ることがあるので、対岸にある高橋尚子ロードの駐車場で待ち合わせしましょう、と午前9時に約束をした。 前日の土曜日。 「日曜日、9時…

  • 小早川秀秋っぽく予想を裏切る面白さ@「関ヶ原古戦場記念館」

    「いなべ市梅林公園」の帰りは関ヶ原で食事を取った。「関ヶ原古戦場記念館」に隣接する「伊吹庵」に寄ると、奇をてらった名物となりつつある『戦略武将カレー』に舌鼓を打つ。 カレーを食べて「あ~、不味かった」といった思いに至ったことがまだ無いので、この手のレストランで注文するには無難な選択だと思ったわけだ。案の定、美味しかったし、(戦国武将がじっくりと戦略を練ったように、じっくりコトコト煮込んだ牛肉)も美味しかった。※()内はレストランの料理説明から抜粋。 せっかくだから「関ヶ原古戦場記念館」にも顔を出しておこう。 開館当初は予約せねば入場出来なかったみたいだが、最近になりやっとフリーで入館することが…

ブログリーダー」を活用して、さるぼぼさんをフォローしませんか?

ハンドル名
さるぼぼさん
ブログタイトル
氷の上のさかな
フォロー
氷の上のさかな

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用