プロフィールPROFILE

ashiyasanさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
独り立ちの備忘録
ブログURL
https://bibouroku-insert.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
当ブログでは、私が日々生活していて感じたことや、趣味(読書・ダイエット・運動・健康)・研究についての備忘録です。頑張って脱サラしたい、一般人です。 買ってみて良かった商品など紹介も交えて、更新して行きます。 皆さん見てね!
更新頻度(1年)

59回 / 74日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2019/09/22

ashiyasanさんのプロフィール
読者になる

ashiyasanさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 46,192位 47,254位 47,381位 38,984位 39,000位 38,955位 47,207位 979,886サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 729位 757位 762位 553位 557位 559位 743位 30,897サイト
健康的な生活 61位 62位 63位 43位 41位 42位 59位 2,072サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,886サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,897サイト
健康的な生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,072サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,886サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,897サイト
健康的な生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,072サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ashiyasanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ashiyasanさん
ブログタイトル
独り立ちの備忘録
更新頻度
59回 / 74日(平均5.6回/週)
読者になる
独り立ちの備忘録

ashiyasanさんの新着記事

1件〜30件

  • 健康研究家おすすめ<冬の膝痛は足裏で改善を!>

    どうも健康ブロガー兼体健康研究家の足屋さんです。年々寒さが増して今までに感じたことのない痛みを持つ日は有りませんか? 特に、例年以上に膝痛が悪化している方が多くいます。 膝痛の原因は 膝痛の対策方法 おすすめは「足裏すべり」 最後に 膝痛の原因は 寒くなると、血管を収縮して体内の熱が逃げないように脳から指示が出されるようになっています。血管が収縮した状態が続くことで体温は低下し、関節や末端などの冷えを引き起こすでしょう。血の巡りが悪くなることで血液が停滞状態となる状態を、うっ血と呼びます。また、血流不足になることで軟骨などに栄養が行きわたらない状態が起こります。 特に、膝関節が冷えることで硬く…

  • 健康研究家が教える<体が柔らかくならない原因>

    ストレッチやヨガを続けているのに体が硬いままや、瞬間的にしか柔らかくならない。 実は、体が柔らかくならない・硬いままな人は間違ったストレッチを行っています。では、何が原因で硬いままなのでしょうか? ストレッチの仕方が原因かも 脱力の意識付け方法① 脱力の意識付け方法② ストレッチは頑張らない ストレッチ前にオイルマッサージを! お風呂では疲れをしっかりと取る様にしましょう。 最後に ストレッチの仕方が原因かも ストレッチの際に、力んだままストレッチを行っていませんか?ストレッチには脱力する事が重要になります。 脱力の意識付け方法① ①足を肩幅に開いたまま直立し前屈します。 ②力を抜いて(関節を…

  • 健康研究家が教える<足の冷えの原因解明>

    どうも健康ブロガー兼体健康研究家の足屋さんです。ここ数年寒波が来る予想とのニュースが秋終わりに多くなってきましたね。 年々体の冷えに悩まされることが多くなり、体調管理や冷え対策に難しさを感じるようになってきました。 実際、これからの時期は寒さの影響で肩こりや腰痛といった症状が多くなり、多くが冷えが原因の場合があります。冷えと聞くと「冷え性」が思い浮かぶと思いますが、冷えを感じるとなると大抵の方が足先の冷えを訴えます。 では、なぜ足が冷えるのか。をご説明していきます。 足の冷えは汗が原因 寒いのになぜ汗をかくのか。 体温調節がうまくできていない時 足汗の対策方法 足の冷えは汗が原因 冷え性などで…

  • 健康研究家が教える<体が硬くてもおすすめする寝たままストレッチ>

    皆さんこんにちは! 健康ブロガー兼体健康研究家の足屋さんです。一日頑張って行動し終えた後の、体のコリはかなりきついでよね。 頑張った体を一息つくようにスッキリさせたいですよね。今回は、頑張った体を優しくほぐす寝たままできるストレッチのご紹介です。 一日の疲れはその日のうちに 上半身の柔軟性を取り戻そう 上半身ねじりストレッチ 最後に 一日の疲れはその日のうちに 体は頑張った後は、体中固まっていることが多くあります。 伸びをすると体中が固まっていて痛いことはよくある事です。 疲労回復するためには、固まったままの体では疲れが取れにくいんです。 寝る前の少しの時間を有効活用し、体のコリをほぐして、目…

  • 冬の皮膚トラブルを対策しませんか?

    寒さが本格的になる季節、風邪やインフルエンザ、肌の乾燥など悩みの種ですよね。 特に、肌の乾燥は冷えや寒さで皮膚の機能が弱くなり、かさつきやかゆみ、あかぎれが生じやすくなります。皮膚トラブルになる前に、皮膚トラブル対策を行いませんか? 皮膚トラブルの原因は? 皮膚トラブルの原因要素 冬の肌のお手入れ方法 保湿クリームの利用 室内の加湿を。 最後に 皮膚トラブルの原因は? 冬の皮膚トラブルの原因の多くは「寒さ」と「空気の乾燥」です。 冬になるにつれ、気温の低下による寒さにより血行不良が起きやすくなります。 加えて、乾燥した冷たい風により皮膚の保湿効果が薄れ、乾燥やかさつき、手荒れなどが発生しやすく…

  • 足がつるのを慢性化させない為に

    冬になると寝ている間に足がつることが多くありませんか? 年齢の増加とともにつりやすくなる 私たちは、歩いたり運動したりするとき、足の筋肉を自分の意志で動かしています。ところがなんらかの原因で、自分の意志とは関係なく、足の筋肉がとつぜん痙攣(けいれん)を起こすことがあります。筋肉が収縮したままで硬直し、元に戻りにくくなり、多くの場合、痛みをともないます。それが「足がつる」という症状です。つる場所は、ふくらはぎに限らず、足の側面や指、腱の付近などにもみられます。 足がつる原因 ・若い方は激しい運動による筋肉疲労 これは、運動によりミネラルが一気に消費され筋肉疲労が起こるためです。・中高年の方は軽い…

  • 冬の腰痛対策してみませんか?

    冬になると急な腰痛や、冷えてくることで起こる腰痛など様々な腰痛に悩まされますよね。 冬の腰痛は、慢性・急性でもなんとかできるかもしれません! 今回は、そんな冬の腰痛についてご紹介します。 冬の腰痛の原因は? 腰痛の対策方法 動かしてほぐすべきか、安静にするべきか。 動ける痛みは湿布を使うべき? 痛みの限度はどう判断するべき? 冬にお勧めの対策方法 腰ので保温効果を高める マットレスを変えてみる 最後に 冬の腰痛の原因は? 冬場の腰痛は、夏場に痛みを感じている方よりも多くいらっしゃいます。 その原因は、冬特有の体の冷えが大きく影響しています。 冬場は、足元からの冷えにより全身の筋肉が硬直しやすく…

  • 足裏の色で健康チェックしてみませんか?

    皆さん、自分の足裏の状態をよく確認していますか? 実は、足の裏は血液がたまりやすく、内臓の不調がわかる事が多いんです。 今回は、そんな足裏健康チェックの仕方をご紹介します。 足の裏での健康の見極め方 足の裏がピンク色 足の裏が赤色 足の裏が黄色 足の裏が紫色 最後に 足の裏での健康の見極め方 足の裏は、血液がたまりやすい場所となっています。 その為、血液の色がわかりやすく、色で健康状態を把握できます。 足の裏の色は四色で判別でき、ピンク色・赤色・黄色・紫色となります。 足の裏がピンク色 足の裏がピンク色の人は、血色がよく特に内臓に問題がない健康状態です。 足の裏が赤色 足の裏が赤色だという人は…

  • 下半身から太りやすい人必見!<足裏トレーニング>

    下半身から太りやすいことは有りませんか? その下半身太りは、足裏のバランスが大事です。 あなたの足痩せダイエットを足裏観察から始めてみましょう! 下半身が太りやすい人必見! 足裏の原因 むくみが原因 下半身太りの原因チェック 足裏のチェック むくみチェック 下半身太りの原因対処法 足裏の歪み対処法 足裏トレーニング 足裏アーチ復活グッズ インソールを入れてみる むくみ解消マッサージ 最後に 下半身が太りやすい人必見! 下半身が太りやすい原因は、足裏とむくみにあります。 足裏の原因 足裏のバランスが悪くなると、体全体のバランスも悪くなってしまいます。 足の裏には、内側縦アーチ・外側縦アーチ・横ア…

  • 肩こりは肩甲骨から。<座ったままでストレッチ>

    最近肩こりになる日が冷えてきていませんか? 寒くなるにつれ増える肩こりに対策しませんか? 肩こりの原因は肩甲骨にあり! 肩甲骨を戻そう! 椅子を使ったストレッチ 壁でストレッチ 最後に 肩こりの原因は肩甲骨にあり! デスクワークをすると画像のように猫背で、首が前に伸びるような姿勢になっていませんか? 猫背になったまま、机に向かって手を伸ばすと肩が内側に巻いてきますよね。この状態は、肩甲骨が離れてしまい、背中が横に広がり丸まってしまいます。 肩甲骨が離れたまま同じ姿勢を続けると、筋肉が固まり姿勢の悪化だけでなく、太って見えてしまいます。 肩甲骨が凝り固まることで、動きが悪くなり血行不良が起こりま…

  • 冷え性対策におすすめグッズまとめ

    最近、日が経つにつれ寒さが増していますね。 皆さん、体調は大丈夫ですか?寒さや、体の冷えは不調を起こす大きな原因となります。 今回は、そんな冷えに対抗できるおすすめグッズをご紹介いたします。 体の冷えを判別しよう。 全身冷え 下半身冷え 内臓冷え 手足冷え 冷え対策グッズ 五本指ソックス 五本指タイツ 充電式カイロ ウォーマー 最後に 体の冷えを判別しよう。 体の冷えにはそれぞれ特徴があります。 ①全身冷え ②下半身冷え ③内臓冷え ④手足冷え この四つに分けられます。 それぞれの冷えにより原因が変わるため、対策する前に自分がdれに分類されるか知りましょう。 全身冷え 基礎代謝が低下している高…

  • ぎっくり腰にならないために。<姿勢を正すと危険もある>

    ぽよぽよさんによるイラストACからのイラスト皆さん、重い荷物を持った時やかがんだ時に腰に激痛が走ったことは有りませんか? ぎっくり腰は、前触れがある日や、突然なるときなど恐怖がありますよね。今回は、ぎっくり腰にならない為の予防法をご紹介します。 ぎっくり腰の原因はデスクワークにあり! ぎっくり腰の原因 腰痛や肩こりも気を付けよう そもそもぎっくり腰とは ぎっくり腰の予防策は? 対策法のチェック 対策法 最後に ぎっくり腰の原因はデスクワークにあり! ぎっくり腰になりやすい人や、ぎっくり腰から悪化する人はデスクワークのような座る時間が長い人に多くみられます。 ぎっくり腰の原因 ぎっくり腰の原因は…

  • 机の下で冷え性対策しませんか?<足の冷えは前進の冷えに>

    皆さんこれからの時期、足の冷えで苦しいこと有りませんか? 座りっぱなしなどでなかなか血流も良くならずと困りますよね。 今回は、机の下でできる「貧乏ゆすり運動」での改善策をご紹介します。 貧乏ゆすりは健康運動だ! 貧乏ゆすりで肺塞栓症が防げる むくみケアと冷え性対策に 貧乏ゆすりは健康運動だ! 貧乏ゆすりとは、昔の金貸しが取り立ての際に足をゆすっていたことから言われています。 しかし、貧乏ゆすりは足のふとももとふくらはぎを座ったまま血流を良くすることのできる健康運動なのです! 貧乏ゆすりで肺塞栓症が防げる 近年、デスクワークなどが仕事の通常姿勢となっておりますが、座る時間が長いと病気の危険性も増…

  • シーズン入りした足蒸れ時期<足の臭いから解放されませんか?>

    榊望治さんによるイラストACからのイラスト 今からのシーズンは、足の蒸れが多くなりますよね。寒さからブーツや、厚手の靴下など冷え対策と蒸れは表裏一体になります。靴を脱いだ時の嫌ぁ~な臭い嫌ですよね… 今回は、足が臭くなる原因とその対策についてご紹介いたします。 足が臭くなる原因は? 雑菌の繁殖 爪垢 ストレス性 疲労臭 臭いを改善しよう! 清潔な足にしよう 角質を無くす 爪の掃除 水気を無くす 薬品を使ったお手入れ ミョウバン 重曹パウダー 最後に 足が臭くなる原因は? 雑菌の繁殖 足が臭い原因の大半は雑菌のせいです。 人間の体にはもともと百兆個もの細菌が居るとされています。 もちろん足にも常…

  • ダイエットは秋冬におすすめ!<効果的方法とは?>

    皆さん、最近は朝晩とかなり冷え込むようになってきましたね。 体調管理は出来ていますか? 秋になると、おいしい食べ物も増え寒さに耐えれるように体に脂肪を蓄えますよね。今回は、ダイエットに一番最適な秋冬の運動方法についてご紹介します。 ダイエットは秋冬がお勧め 秋冬のダイエットは歩こう! 高代謝ウォーキングの仕方 歩幅を広くした歩き方 ウォーキングを時間ではかろう 歩くペースを意識しよう 最後に ダイエットは秋冬がお勧め 実は、ダイエットは夏よりも秋冬のような寒い時期の方が良いとされています。 人間は体温を一定に保つために、暑い時は体温を下げて、寒い時には体温を上げるよう勝手に調節してくれています…

  • 皆さんの靴は履きやすいですか?<履きやすい靴ほど足には悪い!>

    最近、街を歩く人を見ていてもおしゃれな靴が流行っていますよね。 しかも、靴ひもを締めずに緩めて歩いてる人や、踵を踏んでいる人など驚く履き方の人が多くみられます。今回は、正しい靴の履きかたと悪い靴についてご紹介していきます。 悪い靴の履き方 では、どんな靴が本当にいいのか? 靴底のしっかりと曲がる靴 足の甲を締めれる靴 踵のサポートがしっかりしている 最後に 悪い靴の履き方 日本人は、歩きやすい靴の履き方を好みますが、大半が良くない靴の履き方に含まれます。 ・ スニーカーなどの紐靴をほどかずに脱ぎ履きする ・靴のサイズが合っておらず、踵が浮く ・靴のかかとを踏むように歩いたり、履いたりする ・全…

  • インソールを使っているのに、足が痛い。<何が原因?>

    インソールは、扁平足で足が疲れやすいから使っている人が多いと思います。 実際、インソールメーカーの商品説明でも、疲労軽減やクッション性といった説明が多いです。しかし、インソールを使っても足が痛いって方が多いのを知っていましたか?今回は、インソールを入れても足が痛い原因について考えていきます。 インソールは完璧じゃない。 インソールの用途 インソール対応の靴かどうか わからないときはオーダーメイドインソールがおすすめ インソールは完璧じゃない。 扁平足の人は、土踏まずが平たく、衝撃吸収や、バランス感覚が悪くなります。 その結果、腰痛、膝の痛み、頭痛などが起こりやすくなります。実際、扁平足対策イン…

  • 美脚になるために頑張りませんか?<内転筋のトレーニング>

    生活の中であまり使われない筋肉は、体にたくさんあります。使う筋肉であっても高頻度で使われないと、衰えてしまいます。 しかし、使われてない筋肉は鍛えることで大きな影響を持つこともあります。 今回は、太ももの筋肉「内転筋」を鍛えることで、美脚を手に入れるトレーニングのご紹介です。 内転筋の場所 内転筋の役割 内転筋をトレーニングすると? 逆に内転筋が衰えると 内転筋のトレーニング つま先立ちスクワット 膝合わせ姿勢 最後に 内転筋の場所 内転筋とは「恥骨筋」「大内転筋」「長内転筋」「短内転筋」「薄筋」といった太ももにある小さな筋肉群の総称のこと。主な働きは骨盤の固定や姿勢の維持、安定した歩行などで…

  • 足首の捻挫が癖になってませんか?

    足首の捻挫は、日常生活でも良く起こりますよね。 例えば、歩行中に躓いたり、階段を踏み外してなど様々ですよね。 比較的頻度の高い捻挫で、案外「軽いけが」と思われて処置が不十分なことも多く、習慣性捻挫(いわゆる捻挫癖)や慢性痛に悩まされることもあります。また捻挫しやすい足の姿勢や歩き方などがあり、捻挫をしやすい方は姿勢や歩行の矯正も必要となります。 足首を捻挫すると 足首を捻挫すると一般的には足首が腫れる、痛むと症状があります。 また、捻挫にも度合いがあり、じん帯の損傷の具合により判断されます。 じん帯が伸びたり、断裂する場合もあります。 足首の捻挫を治療するには 病院での治療でも保存療法が取られ…

  • 歩くいたり走ったりすると痒くなる<原因は何?>

    きのこさんによるイラストACからのイラスト 走ったり歩いたりした後に、全身痒くなる事は有りませんか? よく、血行が良くなったり運動不足の人が運動すると痒くなると言われることが多くあります。 実際、肩もみをしてもらうと血行が良くなり方が痒くなるなど有りますよね。 しかし、こんな場合もあります。 「温熱蕁麻疹」 温熱蕁麻疹は、体が温めると発症し、皮膚の発疹と痒みがあります。 例えば、小学校の冬にあるマラソンの授業などで体が温まると痒みが出て、冷えてくると収まるなどです。 また、家族で同じ症状の方がいることがあり、異常と感じない場合もあります。 気になる場合は、皮膚科などに行き見てもらうのがいいでし…

  • 冬につれ乾燥対策していますか?<フットケアのすすめ>

    冬になるにつれ、乾燥肌になりますよね。 特にフットケアは怠ると痛みに繋がったり、蒸れなど様々な問題になりますよね。今回は、冬におすすめのフットケアをご紹介します。 冬の問題 足の乾燥 ケアの仕方 足専用洗剤で殺菌 角質除去 最後は保湿 最後に 冬の問題 足の乾燥 冬になると、乾燥によるひび割れや蒸れで臭うなど困ることが多くなります。 また、冬は飲み会シーズンでもあり、靴を脱がないといけない事が多いですよね。乾燥肌を治すことで、靴を脱ぐことへの恐怖心を無くしましょう! ケアの仕方 足専用洗剤で殺菌 まずはお風呂でしっかりと足を洗浄しましょう! お風呂では、ボディーソープを使うのでは無く足専用石鹸…

  • 冬場に足が痒くなりませんか?<未然に対策しましょう!>

    プクさんさんによるイラストACからのイラスト 皆さん冬になると足が痒くなる事ありませんか?歩くとむずむずしたり、寒い場所にしばらくいると足が痒くなったりします。冬場に起こる足の痒みは「しもやけ」が原因の事が多いんです! 今回は、冬前に知っておきたい しもやけについてご紹介します。 しもやけについて しもやけとは? しもやけは靴を履いていても起こる しもやけの症状 しもやけの予防と対策 防寒用の下着を着用しよう 保温靴下 お風呂にしっかりと入ろう 最後に しもやけについて しもやけと聞くと、「幼少期に外で遊ぶからなる」や「寒い地方限定の症状」だと思っている方が多いようですが、都市部でもしもやけに…

  • 簡単運動で足元美人になりませんか?

    これからの時期、寒くなるにつれ体はむくみやすく、代謝も悪くなりますよね。 冬でもきれいな足をキープするために簡単習慣を始めませんか? ほっそり足を目指して簡単運動 ヒールレイズ 最後に ほっそり足を目指して簡単運動 座りっぱなし、立ちっぱなしなど、同じ姿勢で過ごすことが続くとふくらはぎが浮腫んでしまうものですが、そのまま放置してしまうとより痩せにくくなり、さらには疲れが取れないといった症状まで起きてしまいます。 今回は、ふくらはぎやひざ下を引き締める運動をごしょうかいします。 ヒールレイズ この運動は、「下腿三頭筋」を鍛える運動です。 この筋肉を鍛えることでふくらはぎの引き締めとともに血行を促…

  • 靴下健康法ってホントにいいの?

    一時期、五本指靴下って流行りましたよね。 でも、実際効果があるの?と疑問に思う方が多いんです。今回は、靴下による健康法についてご紹介します。 健康靴下とは 五本指靴下のメリット 冷え性改善 水虫予防と治療 外反母趾と扁平足に 腰痛や肩こりの改善も おすすめの五本指靴下 最後に 健康靴下とは いわゆる「足袋型靴下」と「五本指靴下」が大半です。 足袋型靴下は「陸王」がブームの際に注目された靴下で、現在ではあまり見かけません。 今回はメインで五本指靴下を取り上げていきます。 五本指靴下のメリット 冷え性改善 足には常に余分な負担が加わっているため筋肉が凝り固まっています。そのため筋肉のうっ血、むくみ…

  • 股関節を柔らかくして健康になろう!

    皆さん、開脚はどれくらいできますか? 私もそうですが、意外と開かないんですよね。 しかし、股関節を柔らかくすることで【健康になれる】って知っていましたか?今回は、開脚練習で股関節からの健康法についてご紹介します。 股関節を柔らかくするメリット 血行促進 むくみやだるさの改善 腰痛改善 股関節ストレッチの方法 最後に 股関節を柔らかくするメリット デスクワークが普及する中、股関節の周りは筋肉が固くなりやすいと言われています。 股関節の固まった筋肉をほぐすことで得られる効果はたくさんあります。 血行促進 股関節周りの筋肉をほぐすことで、血行促進なります。血行促進により代謝も良くなります。 むくみや…

  • X脚を治しませんか?<スタイル美人を目指そう>

    前回に引き続き、X脚についてご紹介します。 X脚とは? X脚の原因 X脚の改善方法 ストレッチ 股関節のストレッチ1 股関節ストレッチ2 X脚改善用インソール 最後に X脚とは? X脚(外反膝とも言われる)とは、両膝が内側に彎曲した状態で、左右の膝の内側をそろえても、左右の内くるぶしが接しないものをいいます。いわゆるО脚の反対の状態です。 X脚の原因 原因はО脚と同じとされます。 また、スポーツ性の場合もあり、足の筋肉に偏りがある場合にX脚になる事もあります。 X脚の改善方法 ストレッチ 股関節のストレッチ1 ①仰向けになり寝て、両ひざを胸に寄せて抱える。 ②10秒間キープします。 ③抱えた足…

  • О脚を改善しませんか?<頑張って綺麗なスタイルを作ろう!>

    О脚になっている人って良くいますよね。 О脚になると、足が広がって見えるためあまりいい印象を持たなくなります。 今回は、О脚について知り改善する方法をご紹介します。 О脚とは О脚の原因 О脚の改善方法 ストレッチ 内転筋の運動 仰向けストレッチ 膝のストレッチ О脚改善用インソール 最後に О脚とは O脚(内反膝とも呼びます)とは、両膝が外側に彎曲した状態で、左右の内くるぶしをそろえても、左右の膝の内側が接しない状態を言います。 上の画像のように、両膝が付かなくなります。 О脚の原因 一般に乳幼児の膝は生理的にO脚化しており、歩行開始後より徐々に外反していき、逆に2歳から6歳にかけてはX脚傾…

  • 足の回外を知ろう!

    今回は、前回の回内に続いて足の回外についてご紹介します。 回外とは? 回外の症状 回外の原因と対策 回外とは? 歩行の中で足全体が外側に大きく崩れた状態が長く続く足を回外足と呼んでおり、足全体が外側に傾斜しすぎる状態が「過回外」とされています。 回外の症状 回外では、立っているだけでも足首が外側に入ってしまいます。かかとの骨が外側に倒れすぎている時には、土踏まずが異常に高くなって足指の付け根が痛むハイアーチなどを引き起こします。 ・ハイアーチ ・内反小趾 ・足底筋膜炎 ・転倒 などが多くみられやすくなります。 回外の原因と対策 回外の足は回内ほど柔軟性が無く、指の付け根や踵に負荷がかかりやすく…

  • 足の回内を知ろう!<外反扁平足>

    今回は、足の回内についてご紹介します。 回内とは? 回内の症状 回内の原因と対策 回内とは? 回内(かいない)とは、別名「外反偏平足」とも言われます。 踵(かかと)の向きが内側へ向いている状態のことをいいます。 踵が内側へ向いていると、自分の重心は通常足指の人差し指と中指の間に一番乗るように体の骨は構造されているのですが、踵が内側へ向く事で、重心の乗る位置が内側へ入り、足首の内側の靭帯や前スネ内側の筋肉、膝の内側へ重心が加わり、スポーツ外傷などを引き起こします。 回内の症状 回内では、立っているだけでも足首が内側に入ってしまいます。そのまま歩いたりすることで負担がかかり、長時間の歩行が疲れやす…

  • 靴底から見る姿勢改善<体の歪み見直しませんか?>

    自分の靴の裏がすり減っているのは、皆さん知っていますよね? 必ず減っていく靴底を、有効活用しませんか? 靴底から見る体の歪み 裏全体の内側が減っている 裏全体の外側が減っている かかとが主に減っている(指の付け根全体も併発する場合あり) つま先とかかとが減っている 靴をしっかりと選ぼう インソールでアーチサポートと、骨格矯正を 靴底から見る体の歪み 裏全体の内側が減っている ・原因 「回内」が一番疑われます。回内とは、足首から下にかかる重心が内側に入っている状態です。体の重心が内側に入ってしまっており、靴の内側のみがすり減る現象になります。 内側がすり減る場合は、扁平足や外反母趾の原因になりや…

カテゴリー一覧
商用