searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

FUKUSENさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
47歳で父になりました ~高齢出産共働き夫婦の子育て~
ブログURL
https://www.4050kosodate.work/
ブログ紹介文
高齢出産で子育て真っ最中の40代・50代フルタイム共働きパパ(+ママ)の育てる・働く・暮らすを考えるブログ アラフォー、アラフィフからの妊活、育児、子育て、家事と仕事との両立のモヤモヤを記します。「仕事+家事+子育て+介護」の無理ゲー攻略記
更新頻度(1年)

6回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2019/09/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、FUKUSENさんをフォローしませんか?

ハンドル名
FUKUSENさん
ブログタイトル
47歳で父になりました ~高齢出産共働き夫婦の子育て~
更新頻度
6回 / 365日(平均0.1回/週)
フォロー
47歳で父になりました ~高齢出産共働き夫婦の子育て~

FUKUSENさんの新着記事

1件〜30件

  • テレワーク 育児 無理 その2~在宅勤務のメリット/デメリットとウチでの工夫

    【概要】 前回「テレワーク 育児 無理 その1」の続編。 「テレワーク」「育児」と検索窓に入力すると 「テレワーク 育児しながら」とか「テレワーク 育児 無理」という候補が出てきます。 僕が子ども2人(保育園児 内1名は新生児)を抱えてテレワークを半ば無理やり導入させられ、実際に働いてみた中で実感していることをまとめてみます。 【子育て世帯の在宅勤務のメリット】 まず一般的に在宅勤務のメリットといえば、満員電車に乗らなくていいし、無駄でしかない通勤時間を別のことに使えること。満員電車の通勤は、その時間自由になるのは耳くらいしかありません。僕が通勤で使う路線は激混みなので、スマホもロクにいじれま…

  • テレワーク 育児 無理 その1

    【概要】 「テレワーク」「育児」と検索窓に入力すると 「テレワーク 育児しながら」とか「テレワーク 育児 無理」という候補が出てきます。 僕が子ども2人(保育園児 内1名は新生児)を抱えてテレワークを半ば無理やり導入させられ、実際に働いてみた中で実感していることをまとめてみます。 【前書き】 新型コロナウイルス感染症が流行り始めてから、世の中では「テレワーク」「在宅勤務」がトレンドワードになりました。 IT系企業では、「ホームオフィス」「ワークアットホーム」なんて表現で以前から導入されていた働き方ですが、恐らく多くの企業ではこのコロナ禍で半ば無理やりに導入させられたのではないでしょうか。 以前…

  • 未就学児に自転車の乗り方を教えるコツ➄ 補足 補助輪はつけないで!

    未就学児に自転車の乗り方を教えるコツシリーズは①から④で一旦完結したつもりでしたが、一点補足をします。 …というのも、最近タロウ(4歳)の保育園のお友達の多くがキックバイク(ストライダー)から自転車に切り替えるようになってきたのですが、そこに共通する現象がありました。 それは 1.どうせすぐに身体が大きくなるからと、小学生(低学年)サイズの自転車を買い与えられていること。 2.そうするとどうしても自転車そのもののサイズも大きく4歳の身体では扱いきれない。サドルの位置も高いので、足を伸び切らせないと地面につかないし、脚力も弱いのでペダルをこいでも踏ん張れない。だから自転車に乗るとふらついてしまう…

  • 未就学児に自転車の乗り方を教えるコツ④ ペダル無しから始めよう~後編

    【概要】 前編の続き、今回で自転車に乗れるようになります! キックバイクからペダル付きの自転車にステップアップ! 「蹴って進む・曲がる・止まる」の次は、 ブレーキレバーの使い方、 坂道での練習 そしてペダルに足を乗せる です。 【注意点】 後半からはブレーキレバーがないキックバイクではなく、ブレーキレバーがあって、そしてペダルを付けられるバイク(ヘンシンバイクなど)もしくはサイズが合っている自転車でペダルを外した状態からの練習となります。 なので、まだ3歳くらいだと手が小さくてブレーキレバーを握れないかもしれません。 その場合は、ブレーキレバーをしっかり握れるくらいに身体が大きくなるまで待ちま…

  • 未就学児に自転車の乗り方を教えるコツ➂ ペダル無しから始めよう~前編

    【概要】 自転車は左右のバランスが取れれば倒れず怖くありませんが、最初はグラグラして怖いもの。 左右のバランスの練習には“蹴って進む”が一番。 その練習を通じて、走る・曲がる・止まる の基本を身につけさせます。 進みながら左右のバランスを取る練習に最も適しているのが、キックバイク(もしくはペダル無し自転車)を利用する練習。 まずはキックバイクのサイズが身体に合っているかを確認し、蹴って進む練習をしましょう。 【準備】 実際に自転車に挑戦する前に、必ず通ってほしいステップが実はキックバイク(ランニングバイク)。商品名ではストライダーやヘンシンバイクなどです。身体が大きくてもう子供用自転車を購入済…

  • 未就学児に自転車の乗り方を教えるコツ② 親の心構えと教えるスタンス

    【概要】 やってみたらできた!楽しい!と思わせることが大事。 あせらせない 手本を示す ほめまくる などを徹底してやってあげましょう! 【なぜ親の姿勢が大切か】 交通ルールに加えて、重要な点。それは付き添う親の心構えと教えるスタンスです。 未就学児に新しく何かをチャレンジさせるには必ず親の介添えが必要。 特に自転車なんて、最初からいきなりできる子どもなんて一人もいません。 自転車は怖い乗り物となる前に、「やってみたらできた!」「やってみたら楽しい!」と思わせるためには、親側の付き添う姿勢が大切です。 そして勉強でもスポーツでも楽器でも全てに共通しますが、基本が大事。 基本ができれば上達は早いで…

  • 未就学児に自転車の乗り方を教えるコツ① 練習を始める前に親が知っておくべき基礎知識編

    【概要】 今回からGWスペシャルとして、未就学児に自転車の乗り方を教えるポイントをお伝えします。あくまでも親目線。親が自転車の乗り方を教える際に、知っておいてほしいこと、どういうステップを踏ませると子どもが自転車に乗れるようになるかをシリーズでお伝えします。 第1回目は、キックバイク・ランニングバイク(ストライダー)と自転車の違いと交通ルールについて。 【はじめに】 感染症で世の中ピリピリしていますが、今はゴールデンウイーク。 私は一年の中で最も好きな季節です。晴れの日が多く、そして適度に暖かく、しかしカラッとしていてジメジメしない。 そんな気持ちのいい日に、子どもを終日家の中に閉じ込めておく…

  • 家族内感染をどう防ぐか 妻の職場復帰から行っていること

    一昨日、5月1日から妻は職場に復帰しました。 医療機関なので、まさに今、良くも悪くも注目されている職場です。 特に最近は「院内感染」という言葉が日常的に報道されているので、感染リスクに怯えていましたが、自ら選んだ職業ということがありますし、周りの同僚たちが最前線で頑張っている中、自分だけ安全地帯にいつまでもいるわけにもいきません。 www.sankei.com また息子と娘の保育園のこともあります(仕事を辞めてしまっては保育園も退所となってしまいます)。 1日、2日とまずは2日間出勤してみての感想を聞くと、科が違う(感染症を扱うのは内科や呼吸器外科)からか、想像していたほど緊迫感というか戦場の…

  • 娘はアトピー!?

    タカナが産まれて早3か月。 息子のタロウに比べて娘は身体に色々トラブルを抱えています。 産後直後に不整脈が確認されて、もしかしたら心臓になにか欠陥が!?という心配があったり(こちらは現在様子見)、以前記事にもした舌癒着症があったり、そしてこの2カ月ほど私たちを心配させるのが皮膚のトラブル。 僕ら夫婦は、僕が乾燥肌、妻が今はだいぶ良くなってはいますが元々アトピー性皮膚炎持ちという、ちょっと肌にトラブルがある夫婦。 その影響を受けてか、タロウも乾燥肌。(アトピーの可能性がぬぐい切れているわけではありません) タカナは、以前より痒がったり、皮膚が赤くなる兆候があったのでアトピーかもということで先日皮…

  • 【注意!】Kidslineなどベビーシッターマッチングサービスとの上手な付き合い方

    ちょっとマネープランの話をお休みにして、今回はベビーシッターマッチングについて触れます。 先週金曜日(2020/4/24)に元保育士で現在無職の男性が、男児にいたずらをしたとして逮捕された、というニュースがありました。 news.biglobe.ne.jp これ以外でも最近は需要と供給のバランスが崩れているからか、ベビーシッターマッチングサービスの評判が悪化しているように思います。 今、何社あるか調べてみたら、ざっと調べてみただけでも老舗クレイドルや有名なKidslineをはじめ10社が簡単に見つかりました。 過去に何度か記している通り、僕たちはKidslineをはじめ、ベビーシッターさんのお…

  • 40代・50代子育てファミリーのマネー戦略 ~僕たちの考え方編~

    前回のプロローグ編に続いて、まずは僕たちのお金に対する考え方について書いていきます。 お金の元をたどっていけば「働く/稼ぐ」に繋がります。 まず「働くこと/稼ぐこと」について言うと、妻と考え方が合っているのが 1.お互いに、出来るだけ長期間働く 具体的には、少なくとも息子・娘が独り立ちする70代まではお互いに頑張りたい、というのが背景にもちろんあります。 2.稼ぐ額も大事だが、それよりもできるだけ肉体的・精神的に長く続く働き方をする 1に関連しますが、息切れしてしまっては長く働けません。ましてや身体を壊してしまっては元も子もない。今のところ夫婦揃って会社に正規雇用されているという恵まれた立場に…

  • 40代・50代子育てファミリーのマネー戦略 ~プロローグ~

    今週は家計に関するエントリーを「じわり家計圧迫!?」「食糧難時代到来!?スーパーに異変」としたので、ここから何回かに分けて子育て世代のマネー戦略について触れてみたいと思います。 僕たちのような高齢出産カップルにおいて、大きな不安の一つはズバリ「お金」だと思います。(他には「働く/稼ぐ」「健康/体力」などがありますね。) 僕自身が第1子を47歳、第2子を51歳で授かっているので、一般的に言われる子育て卒業を大学卒業(22歳)と置くと、順調に行って73歳!! これから20年以上に渡り、子育て資金、最も高額な教育資金に目がくらみます。 そんな中、老後資金についても考えていかなければなりません。 晩婚…

  • 食糧難時代到来!?スーパーに異変

    先日の「じわり家計圧迫!?」で、食品や日用品の価格がジワジワ上がっていることを記しましたが、今晩(2020/04/16)の仕事からの帰り道、夜6時半頃にスーパーに立ち寄ったら、また驚くような光景だったのでアップします。 生鮮品、特に野菜、肉が棚から多くが消えていました。魚はまだありましたが。 あと豆腐や納豆といった大豆製品もかなり品薄に。納豆はほとんどなく、豆腐はものによっては、という感じでしたね。 相変わらず麺類、そしてスナック菓子は品薄。 また乳製品も例えばバターなどは高級品は残っていますが、雪印やスーパーのプライベートブランドなど大衆的な商品は在庫切れ。 もう何年もこのスーパーに通ってい…

  • ミルク時間、何していますか?

    娘タカナが産まれてからというもの、ミルクをあげる機会が沢山あります。 過去に何度も触れていますが、タカナはミルクを飲むのに時間がかかります。 舌癒着手術をしてからは飲むのが多少上手くなりましたが。 さて、抱っこしながらミルクをあげていると、その間、正直ヒマです。 娘の顔を眺めていれば幸せだろう!という意見もあるかもしれませんが、いやいやすぐに飽きます(笑)。 で、そんな中、どんな暇つぶし、もとい隙間時間の活用ができるか、いろいろ試してみました。 【テレビ】× そもそもウチにはテレビがありません。だったら項目に挙げるなよ!って話なのですが、確かに両手がふさがっているので、テレビがあればついつい見…

  • ウチでのコロナ対策ルール

    今日、僕は母を病院に連れていくため有給休暇。 午前中、家族全員で近所の公園に行ったら、タロウは登園自粛を言われて自宅で過ごしている保育園のお友だちの多くと出会い大興奮。 一緒に来ていた(テレワーク中もしくはお休みの)パパたちとも話が出来て、ようやく少しずつお友だちのパパの素顔がわかってきた、なんて副産物もありました。 さて、皆さんの家庭では、どのように家族がコロナに感染しないよう努めていますか? 以前「感染予防で考え方の相違!?」で記したように、気にすると日常生活自体が息苦しくなるし、お互いにギスギスし始めます。 このコロナ対策で、よく言えば楽観的、悪く言えば認識の甘い僕と、よく言えばリスクに…

  • じわり家計圧迫!?

    今回は買い物をしていて気づいたことを記します。 僕は買い物によく行きます。今回の「買い物」の対象は趣味のモノや服とかではなく、生活に必要な食品や日用品について。 ウチの中で、買い物担当は僕がメイン。もちろん妻が買い物に行くこともあるし、家族全員で行くこともありますが、妻と僕とでは圧倒的に僕の方がスーパーの棚の値動きを覚えていますし、新聞折り込みチラシなんかもつい見ちゃいます(笑)。もうこういう点では主婦ですね。 ※緊急事態宣言発令以降はスーパーに人が集まるのを防ぐため、特売は自粛しているとのこと。従って折り込みチラシも見かねなくなりました。 皆さんもスーパーやドラッグストア、コンビニなんかに行…

  • マスクの再利用法 ミルトンの意外な使い方

    緊急事態宣言から4日目の昨日(4月9日)、小池都知事は休業要請の対象となる業界を発表しましたね。 そんな最中、対象からギリギリ外れた理容室に行って、髪を切ってきました。 理美容室はまさに濃厚接触。不安が無いかと言われれば当然ありますが、前回切ってから既に2カ月以上経ってたし、この状況がさらに悪化すればさらに数カ月切れなくなるかもと思い、人前で話す(今後は画面を通じてですが)機会が多い仕事柄ということもあり、思い切って行ってきました。 僕が日頃通っている理容室は、女性客と男性客がほぼ半々。 行ってビックリ。満員でした。 いつもの担当の理容師さんとは、長年の付き合いで僕の仕事もわかっているし、オー…

  • 緊急事態宣言3日目 どうなる保育園!?

    昨日の「緊急事態宣言 2日目 保育園からの連絡は…」で触れた保育園の話の続編です。 こんな記事がありました。 www.huffingtonpost.jp この記事を裏付けるように、Facebookを見ると、私の友人・知人で幼い子どもを持つママ・パパたちの投稿がすごかった。 自分で会社を経営している友人(3歳の男の子のパパ)は、保育園に預かってもらえなくなったということで、自主的に今日から5月6日までテレワークを宣言していました。 「仕事の打ち合わせで子どもの声が入っても、気にしないでください!」と書きつつも、「大事な打ち合わせやオンラインでセミナーや講演をやる際は、相応の場所を確保してそこから…

  • 緊急事態宣言 2日目 保育園からの連絡は…

    区からの連絡 緊急事態宣言を受けて、色々なところが動き出しました。 まずは通勤電車がJRも地下鉄もガラガラになっていてビックリ。朝はそれでもそこそこの人はいましたが、帰りはなんと座れました。(私が利用しているのは超激混みで有名な路線) そして駅を降りてビックリ。駅の周りにあるチェーンのカフェ系(ドトールやサンマルクなど)は全て5月6日まで休業でした。 駅の売店も店によっては閉めていたり。 飲食店で開いているのは、食事系のところか、個人経営のお店だけだな、というのが今日の印象でした。 帰り道でも、街からネオンが消えかかっているな、という感じ。居酒屋系も軒並み休業。もちろんスポーツクラブも。 そん…

  • 緊急事態宣言後、育児とどう向き合うか

    遂に、緊急事態宣言が出ました。 これから育児はどうなっていくのか。保育園はどうなるのか、ウチの例をベースに考えてみたいと思います。 まず現状を改めて伝えておくと、ウチには2人の子どもがいます。 息子タロウが4歳、娘タカナが0歳(もう少しで3か月)。 妻は4月末まで育休中。5月から復帰予定。医療関係で働いています。 私はフルタイムのサラリーマン。教育関係で働いています。 タカナも4月から兄タロウと同じ保育園に入園でき、現在慣らし保育中。 今回これを記そうと思ったのは、渋谷区が、緊急事態宣言が出る前に先行して臨時休園することを決めたようで、動揺が広がっていたからです。 www.nikkei.com…

  • チュチュ紙パック用乳首を使ってみた

    明日には緊急事態宣言発令か!?と感染症で世の中ピリピリしていますが、子どもを終日家の中に閉じ込めておくことはできません。 子どももストレス溜まりますし、不機嫌な子どもの相手をしていると私たちも疲れる。 特に息子のタロウは動きたい盛りなので、1日1回は外で身体を動かさないと、体力を持て余し、ロクなことはありません。 屋外であれば3密は避けられ感染のリスクは少ないと判断し、公園にはなるべく連れて行くようにしています。 外に連れ出す際、娘のタカナも連れ出すときがあります。 子育て中の方なら誰もが経験しますが、外出するとき小さい子がいればいるほど荷物はものすごく多くなります。 外出の荷物をどう少なくす…

  • 新米パパ 独りじゃない

    本日4月4日(土)、日経新聞夕刊第1面のトップ記事のタイトルは「新米パパ 独りじゃない」、サブタイトルは「コロナ感染拡大 子育ての悩み・不安共有」「在宅でもSNSに交流の場」でした。 www.nikkei.com まさにこのブログを書いている私にとって、そしてこのブログに興味を持ってくれているパパたちにとっては必読の記事。 日経新聞のネット版は有料会員以外が読めないところが非常に残念なところです。 男性の育休が増えてきた、とはいえ実際に取得している、それも相当期間取得している人はまだまだ少数。 以前「パパ友つくるのって意外と難しい」で触れた通り、パパ友って現実にはなかなか作れませんし、男性なら…

  • 感染予防で考え方の相違!?

    離婚の原因の最大の理由はよく「価値観や考え方の相違」と言われています。 そりゃ他人同士が一緒に生活するわけですから、いろいろ出てきます。 最近ウチで起こっていること。 昨今の新型コロナウイルス感染症の爆発的な拡大において、このところ妻と予防対策でお互いのズレが出てきています。 一言でいえば、僕の方が甘い。僕は「このくらいで大丈夫でしょ」 に対して 妻は「このレベルはやってくれないと困る。」です。 世界的な感染の具合を見ていると、また世界の研究者が次々と発表している記事を読むと、確かに僕を含め多くの日本人は感染症の怖さをわかっていないのかなーって頭では何となくわかります。 …が、あまりに神経質に…

  • 新年度 娘は保育園初登園

    昨日は4月1日。新年度のスタートです。 昨晩は息子・娘と共に寝落ちしてしまいました。 娘のタカナは今日から保育園に登園することになりました。 登園とは言っても、まだ生後2ヶ月半。 当面は慣らし保育なので、実質2時間程度の預かりですが。 そして息子のタロウも昨日から保育園に復帰。この4月から4歳児クラスです。 昨日は雨の中、母ちゃんはタカナを抱っこし、2名分の荷物を持ち、頑張って登園してくれました。 タカナの初日は、やはり慣れない環境かつ、0歳児クラスでも最も若い(生後2カ月半)なので、泣いている時間が多かったようです。そして今日も。 兄妹が同じ保育園のため、担任の先生がタロウのいる部屋にタカナ…

  • 舌癒着症 手術後診察最終回

    3月3日、初節句に痛い思いをして受けた舌癒着症の手術。 参考: 手術日当日のエントリー 「初節句と初手術」 www.4050kosodate.work 手術1週間後のエントリー「舌癒着症手術から1週間」 www.4050kosodate.work 本日、術後の定期検査の最終回を迎えたので、その後の状況についてのレポートです。 手術の目的、改めて今日、妻に解説してもらって今頃ちゃんと理解したのですが(おせーよ!)、手術前は気道が舌癒着のために曲がっていたんですね。ちょっと舌の下と下唇の裏側を切ることによって気道を真っ直ぐにする、というものでした。 これについては今日の診察で妻もビフォーアフターと…

  • タロウのおしっこ問題 夜編

    かつてお茶の間の笑いを席巻した志村けんさんが新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになりました。コロナウイルス感染症の日本では初の著名人の犠牲者が志村けんさんだったこと、また感染の公表から2週間足らず、という速さも衝撃を倍増させました。 心からご冥福をお祈りいたします。 世界では72万人を超えたと言われる感染者数。 ペスト、コレラ、黄熱病、マラリア、HIV、結核、エボラ出血熱など、世界史などでたくさん学んだ感染症。 日本では、過去のものっぽくなってしまっていますが、実はこれらの感染症も世界ではまだまだ多くの方が罹患されています。 これらと人類の戦いはまだ終わっていないところに、さらなる強敵が現れ…

  • タロウのおしっこ問題 日中編

    タロウ作の雪だるま 今日(2020/03/29)の東京は、これまでと一転して寒くなり雪が積もりました。 外出の自粛が求められる中、天気も「外出は控えなさい」と言っているような感じでしたね。 そんな中、久しぶりの雪に息子のタロウは大喜び。 寝坊している僕を置いて、母ちゃんと共に雪だるまを作っていました。 途中から僕は合流し、雪合戦を楽しみました。 さて、長らくの間、家事について触れてきましたが、ちょっと話題を変えて、今回は息子タロウのおしっこ問題について記したいと思います。 タロウは保育園のお友達と比較すると、比較的早く3歳になってすぐくらいに立小便ができるようになりました。 当時、父ちゃんであ…

  • マルチタスク、リミテッドリソーシズ

    ついに東京は不要不急の外出を控えてください、という小池都知事の発言から、さらに東京圏に流入する千葉・埼玉・神奈川・山梨など周りの県も賛同して、この週末は厳戒態勢に突入しましたね。 私の職場も、「残業は一切禁止」「土曜日は閉める」となりました。 平日の金曜日はまだ外に出ると人が沢山いましたが、週末に入ってかなり減ったように思います。 ニュースやYouTubeを観ていても、都心ではかなり人出が減って、今度は経済活動への影響が本格的に心配になってきました。 批判はいろいろあるようですが、政府も行政も、そして医療現場はもちろんですが、ギリギリのところでかなり頑張っているように思います。 何とか日本は封…

  • ブラックな総合職

    家事についてこのところずっと記してきましたが、今回は人にやってもらう以前の問題として、家事・育児ってどんだけ大変なのか、というところを今一度全体像を見てみたいと思います。 家庭における人的資源(リソースとしての人)は、子どもが小さいうちは基本夫婦2人のみです。シングルマザー/シングルファーザーであれば、自分一人のみ。ワンオペになってしまっている家庭もそうですね。 じゃあ、いわゆる家事・育児にはどんなタスクがあるか。 わかりやすい例としてアエラが作った家事100があります。 https://publications.asahi.com/aera/pdf/160530/tomobataraki.p…

  • 作業プロセスを一緒に見直そう

    先日のエントリー「家庭のミッション・ビジョン・バリューを考えてみよう」では、ビジョンやバリューを話し合って共有しましょう、という提案をしました。 そして「ダンナが家事を頑張ろうと思う伝え方」では、ゴールを明確に伝えましょうと提案しました。 では、ゴールを伝えたらどうするか。 完全に任せる、ということが前提ですが、その作業プロセスをダンナさまに考えてもらいましょう、ということです。 僕たちは、普段、仕事であればこういうことは当たり前に行っています。 お客様だったり上司だったり相手は様々ですが、ゴール(目標)だけが先に設定され、そこから先は自分で考えます。 家庭のビジョンがあって、そして妻側からや…

カテゴリー一覧
商用