searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

technkunさんのプロフィール

住所
中央区
出身
吹田市

自由文未設定

ブログタイトル
日本橋生活 盆踊りなど日々の記録
ブログURL
https://techan-kun.hatenablog.com/
ブログ紹介文
盆踊り、旅行、読書など
更新頻度(1年)

66回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2019/09/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、technkunさんの読者になりませんか?

ハンドル名
technkunさん
ブログタイトル
日本橋生活 盆踊りなど日々の記録
更新頻度
66回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
日本橋生活 盆踊りなど日々の記録

technkunさんの新着記事

1件〜30件

  • 読書 : 三面記事小説 角田光代

    怖すぎ👻実際に起きた事件の新聞記事を読み、フィクションで背景を小説化。どの話も、ドロドロしていますが、自分は[永遠の花園]がヒット。だれも死なず事件としては地味ですが、後を引く不気味さ。ビョーキちゃんの地味ながらも存在感。本当にタマちゃんたまちゃんを殺害したかったかも謎。気軽に怖い話を読みたければ、お勧め。三面記事小説 (文春文庫)作者:角田 光代発売日: 2012/09/20メディア: Kindle版

  • 隅田川でハゼ釣り 2020/11/23

    勤労感謝の日。少し寒くなりハゼ釣りのシーズンには遅いかもと思いましたが、隅田川テラスの釣り人達のバケツを除くと、立派に育ったハゼ達が🐟。ということで、早速、釣り竿を持って隅田川テラスに参戦。仕掛けは、天秤に錘を付けただけの簡単なもので。底に沈めたはずの天秤からなぜにそんなに釣れるのかは謎ですが、妻がサッパを2匹、息子が同じくサッパと小さなハゼを1匹ゲット。風は強い日でしたが暖かく、小一時間で十分な釣果かと。秋の終わりに良い休日でした。

  • 映画 銀座カンカン娘

    銀座カンカン娘 [DVD] 気になったので、ituneでレンタル視聴しました。春ちゃんと秋ちゃん、太ったおじさんまでそれぞれがお馴染みの銀座カンカン娘を歌ってくれます。💃🏻普段、盆踊りで聞く歌詞以外で、「カンカン帽子を斜めに被り〜」みたいな、いくつか知らないバリエーションがある。トランペットで2人ヴォーカルが良い感じ。秋ちゃんこと、デコちゃん[高峰秀子さん]は見事にサザエさんカット。でも可愛い。黒縁メガネにベレー帽、オーバーオールはおそらく当時の最先端。サザエさんの髪型は子供時代から違和感しかなかったのですが、これだったのか!と、妙に腹落ちしました。時代背景は、戦後ぐらいしか分かりませんが、銀…

  • 読書 : 今日もごちそうさまでした 角田光代

    すばらしい。本当にごちそうさまでした。こういうのが読みたかった、至福のエッセイ。春夏秋冬に分けて、あらゆる食材と料理をまとめてます。牡蠣、鱧、ふぐ、今日は何食べよう。今日もごちそうさまでした (新潮文庫)作者:角田 光代発売日: 2014/07/28メディア: 文庫

  • 中央区まるごとミュージアム2020 浜町音頭盆踊り大会 2020年11月8日

    コロナ禍の中、GO TO 盆踊りしてきました。今年、初めて会場での盆踊りに参加です。2020年最初で最後だろうな。場所は、銀座の築地川公園でした。浜町公園の清正公前でやれば良いのにと思いつつ、昼間は子供達の遊び場を盆踊りで占領はできないか。。。築地川公園は、狭かったので密が心配でしたが、参加者も多くなくスペーシアスな環境でした。曲目はこちら。曲によっては、大江戸盆踊り大会を彷彿とさせる生歌が入ります。なんか、いつもの中央区ラインナップが落ち着きます。[これがお江戸の盆ダンス]、[どだればちサンバ]、[2000年音頭]、全部知ってる。安心のラインナップ。浜町音頭は、保存会がないと引き継げないほど…

  • 読書 : 福袋 角田光代

    箱の中身は何でしょう?的な、短編小説。どれも、非日常的な事件あり、派手さはないがおもしろい。中でも、[母の遺言]が一番印象に残りました。兄弟を心配して遺産があるのかどうか。台所の下には、驚くものが。。。全体的に、田舎の懐かしい雰囲気ある話しでした。次は、赤ん坊を渡される[白ではなく銀]。八日目の蝉のような展開を予想させるも、、、平和なある駅での別れ話でした。福袋 (河出文庫)作者:角田 光代発売日: 2010/12/04メディア: 文庫

  • 読書 : 坂の途中の家 角田光代

    食いしん坊エッセイ[まひるの散歩]がおもしろかったので、チャレンジ。こちらは、裁判員制度に参加した主人公が、段々と自分と境遇が似ている被告に自分を置き換えてしまい、混乱していく狂気の小説でした。被告と自分の区別ができないように、主人公は主客の区別ができず、客観的な視点がなく主観的な考えだけで行動してしまう。それは、周りの夫や被告、さらにはその母等も同様で、そんな人はいないと断言し自分の価値観だけで人の話も聞けず、裁判に派手な服を着て、自分の言い訳のために答弁をしてしまうような、全員が自分中心に生きている。裁判が終わった後に週刊誌だけが真実を捕まえるような、この後味の悪さ。一体何だったのかと。。…

  • 読書 : まひるの散歩 角田光代

    自分は料理が大好き。コロナ禍においてWork From Homeの一番の楽しみは料理。自分で好きなものを、お昼の仕事の休憩、夕方暗くなってきた頃に、準備をするその至福のひと時。イオン様、日山様、マルサン様、八百屋のおっちゃん、いつもありがとう。[まひるの散歩]は、散歩要素ゼロの食いしん坊エッセイ。後書きを読むと納得。オレンジページの連載を単行本にまとめので、見事にご飯の話しばかり。人生を彩る素敵な食事は大事ですね。まひるの散歩作者:角田 光代発売日: 2013/04/15メディア: Kindle版

  • 読書 : 楚漢名臣列伝 宮城谷 昌光

    約2200年前の楚漢戦争時代の名臣十人を魅力的に語る本。劉邦と項羽の圧倒的なキャラクターとは別に、その脇を飾る名臣達。まさか2000年経って海の向こうで物語になるとは想像していなかったのでしょうね。日本の武家社会では、四書五経の学び永年影響されてきた結果ですね。たまたま沛県の役人だった蕭何が、漢王朝の樹立まで助けるのも好きだし、三国志の夏侯惇の祖先とされる夏侯嬰が御者として最後まで活躍するのも好き。楚漢名臣列伝 (文春文庫)作者:宮城谷 昌光発売日: 2013/01/04メディア: 文庫

  • 読書: 浮世の画家と遠い山なみと光 カズオイシグロ

    イギリス人が書いた日本男子が皆共感できる作品。画家は、頑固で過去の栄光にすがり、まさに日本男子。また、遠い山なみの光も、日本人には分かる。小津安二郎の古き良き下町深川の日本的な小説でした。舞台は長崎を想定でしょうが。。。ナショナリズムって何でしょうね。*1" title="浮世の画家〔新版〕 *2">浮世の画家〔新版〕 *3作者:カズオ イシグロ発売日: 2019/01/10メディア: 文庫遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)作者:カズオ・イシグロ,小野寺 健発売日: 2012/08/01メディア: Kindle版 *1:ハヤカワepi文庫 *2:ハヤカワepi文庫 *3:ハヤカワepi文庫

  • 読書 : 変身 東野圭吾

    ここ一年ほど、ミステリのどんでん返しを期待して東野さんの小説読み続けてます。こちらは、カフカならず、東野圭吾の変身。見た目が虫に変わるのではなく、脳移植により中身、つまりは性格から趣味、嗜好が変わります。ミステリ作品てはないですが、このような作品も好き。少しずつ変化しながら、少しずつ深層が分かるような。変身 (講談社文庫)作者:東野 圭吾発売日: 1994/06/06メディア: 文庫

  • 読書 : ホモ・デウス ユヴァル・ノア・ハラリ

    歴史を学ぶとはこういうことか、と気がつく本。シェイクスピアの時代のオックスフォードは学位を与えるかどうかだけで、間違っても70点や80点といった紙の上での点数評価は行われない。日本て教わる歴史は暗記をして、どれだけの知識を持ち合わせているかを競う物、ではありません。昔は、大化の改新は、蒸し米(645)で覚えていましたが、最近は蒸し殺(645)しで暗記するそう。覚え方は変わっても、この語呂合わせも一生物の知識で、40才になった今でも覚えてる。しかしながら、ハリルのごとく、宗教的、科学的、生物学的に何が、大化という新しい元号で改新されたのかは答えられません。歴史とは、蒸し米でも蒸し殺しでもなく、知…

  • 読書 : マチネの終わりに 平野啓一郎

    四十歳、道半ばで才能ある2人が正道から外れていく物語。。。主人公の脇役としてでてきた三谷さんが、一番人間性があり、マリアの姉マルタのような存在。一番共感できる。洋子ではなく、この人間臭い三谷さんがキャラとしては良い。久しぶりに小説を一気読みしました。僅か5年の物語ですが、パリに東京にイラク、ニューヨークと話のスケールが大きいのがよい。マチネの終わりに (文春文庫)作者:啓一郎, 平野発売日: 2019/06/06メディア: 文庫

  • 読書 : 落日燃ゆ 城山三郎

    令和から遠い昔となった昭和の時代、絞首刑となった広田弘毅。外務省としてのキャリアについても読んでいておもしろいが、東京裁判での黙秘と、妻の殉死に心迫るものがあります。永遠と語り継ぐべき一冊でした。落日燃ゆ作者:城山三郎発売日: 2013/04/01メディア: Kindle版

  • 読書 : カエルの楽園2020 百田尚毅

    2020年5月にオンライン公開されたものを編集して出版らしいです。たしかにずっとチェリー広場の話しをしていましたね。残念ながら某婦人らしきカエルはでてきませんが。フィクションながら、つい最近の出来事に似ているので考えさせられます。2021年はどうなることやら。カエルの楽園2020(新潮文庫)作者:百田尚樹発売日: 2020/06/12メディア: Kindle版

  • 2020.9.5 うちで”一緒に”踊ろう郡上おどり

    郡上踊りの、Zoomに参加しました。初めはyoutubeのLive streaming serviceで流れていたのをぼんやりと見ていたのですが、だんだんと、やりたくなり申し込みました。時間は、約1時間程度。お家で楽しく踊らせていただきました。マンションなので、下駄を踏み鳴らす訳にはいきませんが、春駒にカワサキ等楽しく踊らせていただきました。今年は、いくつかオンラインに参加して思ったのはこれから5G技術が発達し音と映像のズレがなくなれば、オンラインでも祭りは十分に機能します。また、カナダ🇨🇦からオンラインで参加している人がいて、これはすごいことだと思いました。世界中から一つのイベントに参加でき…

  • 読書 : このサンドイッチマヨネーズ忘れてる/ハプワーズ16, 1924年

    ふとしたことから、読みたくなりました。残念ながら、ダイエット本ではなく、アメリカ小説。サリンジャーの、[ザ•キャッチー•イン•ザ•ライ]のもとになった短編小説と、[フラニーとズーイ]の続きにあたるハプワーズという作品からなる短編集。ハプワーズは、キャンプに行ったシーモア兄さんが、ただただ愚痴るだけの問題作。翻訳者の後書きに、当時の書評でも評判が悪かったとのバクロ。シーモアは、兄弟の思い出にしかでてこないので、聡明かつ偉大なイメージがあったけど全てぶち壊し。ただの拗らせた若者だということを表現したかったのか。。。サリンジャーは、もっと読みたいけど作品が少ないので、これにて完了。村上春樹が、ナイン…

  • 読書 : 影法師 百田尚樹

    天才彦四郎と、下士出身の勘一の友情の話。ですが、実は、最後にこっそり袋綴じでついている終章が全て。袋綴じは、図書館の本ですがやぶられてました。少年時代から話が続くのでついつい感情移入してしまう。影法師 (講談社文庫)作者:百田 尚樹発売日: 2012/06/15メディア: 文庫

  • 読書 : 続氷点 三浦綾子

    原罪に加え、赦しをテーマにした本。前作がおもしろかったので、続も一気読み。生きることが罪である、その罪人を裁けるのは罪のない人だけである。そうするとキリスト以外だれも罪人は裁けない。罪のない人などいないのだから。また赦しは、意志の問題だと理解しました。前作の登場人物がみな成長しており、良い作品でした。続氷点(上) (角川文庫)作者:三浦 綾子発売日: 2012/07/25メディア: 文庫続氷点(下) (角川文庫)作者:三浦 綾子発売日: 2012/07/25メディア: 文庫

  • 読書 : 氷点 三浦綾子

    氷点。暑い夏に読みました。夏江の個性が素晴らしい。原罪がテーマの小説で、誰しもが罪を重ねながら生きており、葛藤かかかえ苦しむが、1人本能のまま狭い世界の中で、厚顔無恥に生きている。主人公は、氷点とは対極の名前をもつ陽子。生まれながらに原罪を抱えており、自分勝手な大人達に振り回される。この小説には続編もあるので、続編も楽しみ。氷点(上) (角川文庫)作者:三浦 綾子発売日: 2012/10/16メディア: Kindle版氷点(下) (角川文庫)作者:三浦 綾子発売日: 2012/06/22メディア: 文庫

  • 読書 : 分身 東野圭吾

    同じdnaを持った2人が、各章毎に並行して話が進む。少しずつ謎解きが進む読んでいて好きな展開。いつ2人が出会うんだろうと、途中で読むのをやめられなくなる。分身 (集英社文庫)作者:東野 圭吾発売日: 1996/09/20メディア: 文庫

  • 読書 : 君たちに明日はない 垣根涼介

    一章につきリストラされる人が一人登場。会社勤めの理不尽さをユーモラスに描いた作品。心に残ったのは、おもちゃの開発者と、名古屋の車の人。君たちに明日はない (新潮文庫)作者:涼介, 垣根発売日: 2007/10/01メディア: 文庫

  • 読書:ワイルドソウル 垣根涼介

    貴子が偉い。個性的なキャラが沢山でてくるが、この人が良い。話は、アマゾンに移民し、結果過酷な運命に弄ばれた日系人の復讐の話。外務省にマシンガンを乱射し、外務省キャリア、イメージビデオの製作会社及び現地コーディネーターを、拉致監禁。あらたな人生を突き進むために必要悪。そのなかに出てくるのが、記者の貴子。だれもが感情移入できるダメ社員。しかしながら、ケイには厳しい。最後のエピローグまで一気読み間違いなし。ワイルド・ソウル 上 (新潮文庫)ワイルド・ソウル 下 (新潮文庫)作者:涼介, 垣根発売日: 2009/10/28メディア: 文庫

  • 鴨台盆踊り 大正大学 2020.7.11

    オンライン盆踊りに参加しました。大正大学の学生さんが実行委員として企画して開催です。学生さんお疲れ様でした。地元の町内会でzoomを使ったオンラインなど、なかなかできないので、若者パワーでの素晴らしい企画でした。無事に企画が終わった時には感動しました。また関西の会場にも接続されており場所関係ないのもすごい。東京で、郡上や桐生につなげることも可能では。コロナが無ければ絶対になかった企画なので、ニューノーマルとはこういうことかと。かかった曲は・大正大学効果・東京音頭・大江戸東京音頭・炭坑節・巣鴨音頭・USA・ダンシングヒーロー・アンパンマン音頭でした。AKBの紙飛行機とフォーチュンクッキーはかかり…

  • 読書:私たちが孤児だったころ カズオイシグロ

    友人には、コネクションがある。最後まで読んで初めに戻るとびっくり。上海の租界での少年時代の友人との思い出と両親の失踪がモチーフになっている。大人になると故郷は外国のように感じるが、主人公には上海は思い出が詰まった自分の大切な場所。成長して探偵になりそして租界に戻り、子供の時には分からなかった真実を探りに行く。アヘン貿易と日本軍の進駐の時代に、残酷な世界と真実を知る。テーマは、理想とディスイルュージョン。わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)作者:カズオ イシグロ発売日: 2006/03/01メディア: 文庫

  • 読書:忘れられた巨人 カズオイシグロ

    ジブリ的な巨人がでてくるイメージでしたが、メタファーでした。お姫様?がでてくる、昔々のイギリスを舞台とした終始幻想的な小説で、登場人物に意外な繋がりがあり読み進むと謎が解けていく、そういう話です。古き良きブリトンへの回帰な感じですかね。忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)作者:カズオ イシグロ,Kazuo Ishiguro発売日: 2017/10/14メディア: 文庫

  • 読書:忘れられた巨人 カズオイシグロ

    ジブリ的な巨人がでてくるイメージでしたが、メタファーでした。お姫様?がでてくる、昔々のイギリスを舞台とした終始幻想的な小説で、登場人物に意外な繋がりがあり読み進むと謎が解けていく、そういう話です。古き良きブリトンへの回帰な感じですかね。忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)作者:カズオ イシグロ,Kazuo Ishiguro発売日: 2017/10/14メディア: 文庫

  • 読書 : サピエンス全史 ユヴァル・ノア・ハラリ

    なぜか下巻だけ図書館から貸し出し。サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福作者:ユヴァル・ノア・ハラリ発売日: 2016/09/08メディア: 単行本 ハラリの幸福論は、セロトニン、ドーパミン、オキシトシンなどの化学物質である。フランス革命前の人類と現代人の幸福は化学物質が同じであれば、幸福感は変わりがないとのこと。幸福には、文明や自由となる革命による効果は関係ない。ハクスリーの[すばらしい新世界]の[ソーマ]が幸福感の全てであると。この考えは誤りではない。なぜなら人類は幸福を手に入れたから。しかしながら、ハクスリーのアルファは選ばれし人間であった。アルファと野人は同じサピエンス。ハリルは、…

  • 読書: すばらしき新世界 オルダス・ハクスリ

    ブレグジットがどうなっかも分からないコロナ禍の中、イギリス古典のディストピア小説を読破。世界は、アルファ・ガンマの知識階層、ベータ・ガンマ・イプシロンの労働者階層に分かれ、労働者階層は胎児の時に体格と知性に差が出るよう酸素を減らされアルコールが血液に混ぜられる。労働者階層は知能を使わない単純労働を喜んで行うすばらしき新世界。ジョージオーウェルの1984よりもさらに昔の時代に、今の階層社会と言われるイギリス社会にも通じる古典小説。The sarvage(野人)はシェイクスピアを愛し、文明人はフォードすなわち大量生産社会に神も悲劇も喜劇もなく生きる。ロミオとジュリエット、リア王、オセローを知らない…

  • 読書 : メインテーマは殺人 アンソニーホロヴィッツ

    カササギの作者の最新作。前回のが頭に残っており、どこかで物語の根幹からひっくり返るような期待をしつつも、普通に完成度の高い推理小説で終わりました。おもしろいので、一気読み。メインテーマは殺人 (創元推理文庫)作者:アンソニー・ホロヴィッツ発売日: 2019/09/28メディア: ペーパーバック

カテゴリー一覧
商用