プロフィールPROFILE

co-nekoみゅーじっくさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
co-nekoみゅーじっく
ブログURL
https://co-neko-music.jimdofree.com/
ブログ紹介文
「音楽を楽しむお手伝い」しています♪エレクトーン・ミュージックベルの出張レッスン・出前演奏(デモ演奏)承ります!
更新頻度(1年)

14回 / 84日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/08/28

co-nekoみゅーじっくさんのプロフィール
読者になる

co-nekoみゅーじっくさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 48,642位 35,147位 35,108位 35,122位 35,101位 31,806位 34,754位 978,518サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 733位 493位 489位 492位 499位 429位 497位 28,035サイト
音楽教室・音楽学習 53位 32位 30位 31位 31位 27位 32位 1,100サイト
クラシックブログ 321位 232位 232位 237位 231位 210位 235位 4,614サイト
エレクトーン 8位 3位 6位 6位 6位 4位 6位 69サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 73,967位 74,235位 74,448位 74,263位 74,379位 63,542位 75,428位 978,518サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 1,234位 1,272位 1,279位 1,249位 1,268位 954位 1,276位 28,035サイト
音楽教室・音楽学習 108位 114位 113位 114位 121位 91位 117位 1,100サイト
クラシックブログ 685位 695位 698位 698位 680位 561位 690位 4,614サイト
エレクトーン 11位 12位 13位 14位 13位 9位 14位 69サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,518サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,035サイト
音楽教室・音楽学習 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,100サイト
クラシックブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,614サイト
エレクトーン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 69サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、co-nekoみゅーじっくさんの読者になりませんか?

ハンドル名
co-nekoみゅーじっくさん
ブログタイトル
co-nekoみゅーじっく
更新頻度
14回 / 84日(平均1.2回/週)
読者になる
co-nekoみゅーじっく

co-nekoみゅーじっくさんの新着記事

1件〜30件

  • ミュージックベルミニコンサート終了しました(2019年11月)

    ミュージックベルミニコンサート 本日、お天気にも恵まれて 無事に終了いたしました 室内演奏なんですけども 来てくださるお客様のことを思えば やはり お天気はイイに越したことはないのです♪ 例年なら 11月はクリスマスソングも少しずつ演奏し始めたりしているのですが 今年は結構迷いました …まだ冬っぽくないんだもん。 朝晩は寒くなってきたので 秋の曲はできたらいいな、と思って セットリストに入れてみました 実は昨晩 ちょっとなかなか特別なコンサートを聞かせていただける機会がありまして 聞きながらいろんなことを考えました。 そんなこんなで 昨晩セットリストを入れ替えるという。 自分がアウトプット(演奏活動)をするにあたって インプット(コンサートやライヴなどに参加すること)は絶対に大事だと思っているので 積極的に生の音を聞きに行くようにしています 見て聞いているうちに いろんなことを考えるものです …何かお渡しできたものはあったかな…だといいな… いつも演奏を終えて帰ってくる道中 そんなことを思ったりしています。 来月は12/21がミニコンサートの日になるので バッチリ、ガッツリ、クリスマスソングをたくさん演奏したいと思います♪ 今からワクワクしつつ 伴奏音源を仕込みます…♪ ※ブログの記事の時系列的には、今日のミニコンサートより前に投稿すべき内容もたくさんあったのですが…それも近々。 時系列がちょっとおかしくなりますが、そこはどうかご了承くださいませ。

  • オリジナルのレッスンノートプロジェクト、始動!

    小さなお子さんの生徒さんの場合は かわいいレッスンノートがたくさん販売されているので 困ることはそんなになかったのですが。 小学校高学年ぐらいから 中学生 高校生 大学生…はたまた社会人、大人の生徒さんまで あのかわいらしいレッスンノートは ちょっとかわいらしすぎるんだよな…って思っていたりしたのです 教える仕事を始めてからずっと。 結構いろいろ検索したり 売り場を見て回ったりしたのですが 意外とないみたいで。 書き込むスペースに限界があるのも ちょっと困ってました。 もうちょっと細かく書いてあげておきたいなって思ったり 例えば 生徒さんの方で、練習の覚書というか、メモをとったり スペースにもうちょっと余裕があったらなって そういう思いもありました。 …じゃあ作っちゃえ! 手帳マニアでもある私。 バレットジャーナルという手帳の書き方があるんですが それが応用できそうだなと思い 本を読み漁ること数十冊 (読書魔でもあるのです、活字中毒者とでもいいましょうか…) 自分でもいろいろと実験を課し 多分、こういう感じなら使えそうかな…と 早速今月から 小学校高学年の生徒さんと 大学生の生徒さんの2人に 使ってもらうことにしました まだまだ実験段階でもあるし それに 人に合わせて様々に応用ができるのが バレットジャーナルの手法でもあったりします。 2者2様のレッスンノートになるんじゃないかな… そんな気がしています。 私自身も 自分の練習記録、書いています それは自分の手帳に。 今年はこのオリジナルレッスンノートを作るための 試作期間とでもいいましょうか 自分自身でも「どんな風に書いたら日々のレッスンのお供にいいか」 いろいろと試行錯誤しました (そんなこんなで来年の手帳のサイズは大きくなる予定なんです) さぁ どうかこの「オリジナルレッスンノート」が 生徒さんのレッスンの、日々の練習の 心強い「パートナー」になってくれますように…♪ 私も改良を加えながら より良いものに進化させていきたいと思います! …そのうち、このレッスンノートが店頭に並ぶ日が来たりして(壮大なる妄想)

  • 2019年11月のInformation(ミュージックベル関係)

    日付がせまりすぎてしまう前に… 今月のお知らせ関係です♪ まず、11/9(土)は14:00~ ミュージックベル体験サロン in 足立区立江北地域学習センターさん 先月は台風のために区内の施設が臨時休館となってしまい (でも、よかったと思います、本当にすごい台風でしたよね…) 体験サロンもお休みになってしまいましたが 今月は実施します♪ 「ミュージックベルって何?」 「一度さわってみたい」 「どんな仕組みになってるのか知りたい」 「いくらぐらいする楽器なの?」 質問なんでもOKです! お気軽にお越しくださいませ♪ (手ぶらで大丈夫ですよ~!) よく「楽譜読むの苦手なんですけど…」とおっしゃる方もいらっしゃいますが 何にも問題ありません。 お気軽にどうぞ! そして翌週11/16(土)は13:30~ 同じく足立区立江北地域学習センターさんのロビーにて ミニコンサートを実施させていただきます♪ 先月はフルートとエレクトーンのコンサートにさせていただき 私もエレクトーンで参加させていただきましたが 今月からはまたいつも通り ミュージックベルのミニコンサートになります そろそろ…冬っぽい曲もできたらいいな、なんて思っております。 お楽しみに! どちらも特にお申し込みは必要ありません。 当日ふらり…と遊びに来てくだされば♪ お待ちしております! 詳細につきましては 足立区立江北地域学習センターさん もしくは このページのお問い合わせE-mailからお気軽にお問い合わせください♪ そうそう。 当教室名物企画の「クリスマス1曲チャレンジ」も 着々と進行中です♪ 「先生~!今週はいっぱい練習したよ~!」という生徒さん多数。 自分で選んだ大好きな曲だもん 自然と練習にも力が入りますね♪ 12月の録画の日が楽しみです!

  • クリスマス1曲チャレンジのレッスン、進行中!

    教室毎年恒例の 「クリスマス1曲チャレンジレッスン」 今年も着々と進行中です! 出張レッスンがメインの当教室 なかなか生徒さん全員が 同じ日の同じ場所に集まるのは難しかったりします。 でも たまには会いたいよね… そして 「年に1度ぐらい、締め切りを決めて1曲完成させよう!」 大人になると お仕事やいろんなことで「締め切り」までに終わらせなくては…なこと 沢山経験してきているので ここまで!という日から逆算して…というのができるようになっていますが なかなかお子さんはこれが難しい。 発表会までには!という場合でも 結構ギリギリまでエンジンのかからない子も少なくないもの。 経験上 「あと(レッスン)3回で本番だよ!3回しかないよ!」 このぐらいでエンジンかかるお子さんが多い気が… もっと前から しっかり計画して練習して 何としてもこの日までには仕上げる! そんなレッスン…できないかな…と考えていたのですが 「クリスマスまでに1曲、ならできるんじゃ?」 最初はクリスマス曲限定にしてました だって 年を越してからクリスマスソング完成って…なんか、ね(;^ω^)って。 クリスマス過ぎてクリスマスソング練習するのは ちょっと気分出ないよね…って そんな訳で 年に最低1回ぐらいは 「この日まで!」と決めて練習する曲を作ろう!ということで もう10年以上?もっと?? 当教室の恒例行事になっているレッスンです jet全日本エレクトーン指導者協会でも 研究発表させていただいたレッスン 今年も 曲選びからスタートしています 今は特にクリスマス曲限定にはしていないのですが 「12月1回目のレッスンの時に録画するので、そこまでに仕上げられる自信のある曲」 この条件は絶対。 みんないろいろ 持ち寄ってきます。 「先生、これとこれ、どっちなら間に合うと思う?」 こんな質問が出ることも。 大歓迎! だって、締め切りまでに…という意識がちゃんとあるということだから。 大好きな曲なら 弾いてみたかった曲なら ひょっとしたら ちょっとがんばって背伸びして…弾けちゃうかも? そんなちょっとしたチャレンジも大歓迎!しています ほぼ出そろった…かな? みんな黙々と 練習を始めています 私もやらないとね! 先生だけやらないのはずる~い!って そりゃそうですよね。 私もしっかり1曲チャレンジします!

  • エレクトーンとフルートのロビーコンサート、明日です!

    お知らせが遅くなってしまいました 明日です! いつもミュージックベルのミニコンサートをさせていただいている 足立区立江北地域学習センターさんが 明日、明後日と「江北ふれあい祭り」というお祭りをしていらっしゃいます 週違いでフルートのコンサートをされていらっしゃる先生と ご一緒させていただいて ロビーコンサート、今年も実施します♪ 毎年恒例になったロビーコンサート (毎年やらせていただき、ありがとうございます!) …困ったことに雨の確率が高くて。 明日のお天気も何とも微妙… というのも 足立区立江北地域学習センターさん とっても素敵なアトリウムをお持ちなんです♪ 中庭、のような場所なんですが 見た感じも素敵なんですが 何よりも音の響きがとっても良くて♪ 去年はこのアトリウムで実施させていただき とっても気持ちよく演奏できまして♪ (去年の記事へリンクはりますね) なんとかお天気もってほしい~!! どうかな? 普段はミュージックベルの演奏をさせていただいてますが ふれあい祭りの時はエレクトーンを。 ELC-02を持っていらっしゃる先輩先生から 貸していただき(ありがとうございます!) 今年もリハーサル終了 楽しいコンサートになりそうです♪ 2019年10月19日(土) 11:00~11:45 足立区立江北地域学習センター アトリウム(雨天の場合はロビーにて) お時間ございましたら ぜひぜひ♪ 楽しんでいただけるよう、準備してお待ちしております!

  • 増税前最後のお買い物~音楽祭を通じて学んだこと

    2%とはいえ 結構いろんなものが増税対象になるんだなぁ…と思って 9/30は 思わずいろんなお店を覗いてしまったのですが。 そんなに買いだめはしなかったものの 最後に買ったのは「使い捨てマスク」でした 医薬品も10%になったものが多かったはず (サプリメントは食品扱いで8%だって聞いて「薬は10%なのに!?」って思ったものでした) 風邪をひくときは必ず喉から、な、私としては これからの時期、必需品になります。マスク。 花粉症もあるので(秋もあるんです、ちょっとだけ)絶対手元におきたいもの。 そして。 足立区音楽祭に演者&スタッフとして参加してきて 学んだことがありました。 舞台裏って乾燥すごい… ちゃんとそれをご存知の方々は 特に、歌う方や、吹く楽器の方々は しっかりマスクをしていらっしゃる方が多かったんです。 だよなぁ… 自分のカラダが楽器、と書くと語弊があるかもですが 声、だったり、吹く息、だったり そこをしっかりしておかないと困っちゃいますもんね… そっか。 普段、基本的には弾く、振る楽器を扱っている私にとっては とても勉強になりました と、いうか あまりにも気を使ってなさすぎだなって反省しました。 10月に入って やっぱり季節は秋になってきているので (まだ東京は半そででOKなぐらい暑いですが(;^ω^)) 乾燥度合いも加速していて 意識してマスクをするようにしてみたら 結構喉が楽なこと 実感しました。 喉弱いんだから 気をつけなくちゃ。 …増税前にいい買い物したぞ♪って思ったんですが 主人に 「え?10月入ったらポイント還元とか割引キャンペーンとかいっぱいあるじゃん」 アッサリ言われまして。 今日、セブンイレブンに行ってみたら nanacoでお買い物したら2%還元されてきました… 同じじゃん(笑) ちゃんちゃん。 でも。 今年の秋冬シーズンは いつも以上に意識してマスクを使ってみようと思います。 いい勉強になりました(増税に関しても??)

  • 足立区音楽祭2019~「ミュージックベル」をもっとちゃんと広めたい!

    足立区音楽祭、初めて参加させていただきました。 演者みんながスタッフで…という、そのスタンスにとても共感!なイベントでした。 裏方しながら演奏して…というスタイルは、エレクトーン&ミュージックベルの先生という立場になってからずっと、の、スタイル。 初めてづくしで周りをキョロキョロ見ながらの参加でしたが、演者がスタッフもする、というスタンスだからこそ…なのか、こんなにもいろんな方が手伝ってくださって気にかけて下さって…の中、素敵なホールで演奏することができて、本当に楽しかったし、感無量な時間でした。 もちろん。 細かく見ていけば、いくつも反省点はありますが。 それは今後も「伸びしろがある」ということで。 来年(!?)は今年1年見てきたこと、体験してきたことをしっかり整理して、よりしっかり動けるように努力していけたらと思います。 もちろん、自分の演奏に関してもしかり。 なかなかPAに入っていただいての演奏というのは経験がなかったので、本当にいろいろ勉強になりました。 そして、盛大に押してしまってすみません!! いろいろ反省点はキチンとフィードバックして活かしていけるように。 大きな学びの場になりました。 そして最後にもう一言。 「ハンドベルじゃないよ~!『ミュージックベルです~!!』」 全国のベル演者の皆さんに、正しい知識が広まりますように。 全国の皆さんに「ミュージックベル」という楽器が、ちゃんと理解されて広まりますように…

  • 「演奏が楽しい!」時ってどんな時?

    エレクトーンの記事なのに 写真がミュージックベルなのはいかに? 詳しくは後ほど… 日付変わってしまったので厳密には昨日。 jet全日本エレクトーン指導者協会の 毎年恒例のイベント(イベントでいいのかな?) 「アレンジステージ」のエントリーコンサートに参加してきました。 jetアレンジステージというのは… ”jet会員自身が質の高いアレンジと音色を研究し、エレクトーンの可能性と表現を追求することにより、エレクトーン指導者としての資質と能力をさらに高めていくことと、jetの生徒さんに指導者の研究成果を還元し、生徒さんと共感し、jetの指導成果を幅広くアピールすることを目的にしています” と、いう趣旨。 先生が作るアレンジ(編曲)やレジスト作成のコンテスト、というような? 本当に勉強になるのです。 遡れば。 私がこのアレンジステージに初参加したのは 2001年、かな? 当時所属していた支部の先生のアンサンブル部門に 一演者として参加しました。 そうなんですよね ミュージックベル演奏をしたのでした、あの時。 そして アレンジステージという名前ではなく 確か…「ARコンペ」という名前でした。 当時は東京はAブロック、Bブロックがあって 私の所属する支部はBブロックにあって。 ただ アンサンブル部門だけは日曜日だったか?に関東全域から集まって エレクトーンシティで演奏していたのでした(懐かしい…) 以降 そこそこ(と、お茶を濁す…)参加してきているものなのですが 銀賞をいただいたことも その昔はあったのですが なかなか参加できなくなってきてて (ただ単にいろいろ言い訳してただけの自分に「喝!」) 今年 支部を異動したこともあり ちゃんとチャレンジしよう!と 久しぶりのチャレンジになりました (どうやら2014年に参加したっきりだった模様です(サボりすぎ…反省)) 今年は 支部から「支部オリジナル提案曲」というものを提示してくださっていたので その中から1曲選んで。 著作権的にも問題のない曲。 「シェリト・リンド」をアレンジしました。 ミュージックベルとエレクトーンの演奏という アンサンブルアレンジです。 このスタイル 以前にもチャレンジしたことがあったのですが それこそ10年以上ぶり、のチャレンジでした。 アレンジステージ勉強会という アドヴァイザリースタッフの先生にアドバイスをいただける勉強会まで 準備していただいていて

  • レッスン時間以外は…先生ってヒマなの?

    「ヒマなわけないでしょ~!!」 って このブログを読まれた先生方は 多分ですが 口をそろえておっしゃる…と…思います… 意外と先生って やること多いです(私だけ?いや、そんなことはないはず) 今日は月に1回ペースで行っている 研究会(勉強会)の日 「生徒さんがレッスン終わってもなかなか帰らない場合ってどうしてますか?」 という お悩み相談が (このお悩み、うちもだ…って思った先生もいらっしゃるかも?) 私の場合 生徒さんが帰らないというか何というか 出張レッスンで私が行く方なので そういう事態にはあまり遭遇しないのですが でも事情はわかります。 個人宅の一室をレッスン室としてお使いの先生も少なくないですし 難しいところですよね。 私、割と言っちゃいます 「次の生徒さんの準備がありますので、これにて」 次の生徒さんの準備って 生徒さんがいらっしゃるまでの間 レッスン室を整える、ということもありますが 例えばそれが今日はもうこの後は生徒さんいなくてレッスン終了、の場合でも 同じことだと思っています。 明日の 明後日の 来週のこの時間のための 生徒さんと一緒に音楽を楽しんでいくための準備の時間は できることならたくさん準備時間確保しておきたいです 連弾やアンサンブルの先生パートの練習もしておきたいし オリジナルで教材をプラスすることもあるから、教材作成の時間も作りたいし おたよりをお渡しする、その準備もしたい エレクトーンの場合は レジストをいじる時間も結構ほしい(ここ結構時間確保したいですよね!) できるだけ弾きやすく でも スキルアップにつながるレジスト 準備しておきたいものです 場合によってはサポート演奏を録音することもあれば おうちでの練習相手に…と 録音した演奏からCDを作る場合も 楽器とパソコンを行ったり来たり…結構しますよね スキルアップのために 自分自身がレッスンに通っていらっしゃる先生もいると思います (私もその一人) 先生同士 研究会や勉強会をして よりよいレッスンのために意見交換や学びの場を持つことも 大切な時間です 先生の仕事、残念ながら時給制って話でもありませんし (ぶっちゃけてしまった(笑)) 時間をどう使うか 次のレッスンの時に よりよい状態でのぞめるように それはどの先生も 目指していらっしゃることだと思うんです。 だから。 「次の生徒さんの準備がありますので、これにて」 だと思います。

  • 消費税率とレッスン料

    今日、音楽指導でお邪魔させていただいている施設の方が 「今月から小銭なしのピッタリにしました」 って言ってくださって。 演奏のお仕事とかでもありますが その日 出演料とか指導料とかを頂戴する場合 源泉税の関係で 小銭ジャラジャラの袋をいただく場合って結構あります (多分これが普通だと思う!) ところが それを配慮してくださって ピッタリの金額になるように 端数分を上乗せ計上してくださるところも。 でもそれって 先方さんの負担が増える訳なので こちらとしては申し訳ないなと思っています。はい。 「小銭準備する手間もありますしね」なんて 言ってくださることが多いんですが …恐縮です。 本当にありがとうございます。 さて。 レッスン料のお話を少しだけ。 大手のお教室なんかになると 銀行引き落としとか、カード決済とかでレッスン料が落ちるところが多いかと思います なので 消費税率が8%→10%になるので、レッスン料も税率10%になります ご了承ください っていうお手紙をいただいて終わるケースが多いんですが 個人教室はそこんところ なかなか悩ましかったりします。 そこは各教室 先生の裁量になるわけなので いろいろご事情が出てくると思います。 私のところは 今回の増税ではレッスン料は上げないことにしました ですが 実費として頂戴している「交通費」 これだけは申し訳ない、各鉄道会社さんやバス会社さんの運賃と一緒に 上げさせてください、ということにしました。 レッスン料自体は 消費税が5%から8%に上がった時に一度見直しをしまして 今回も見直しをしました。 でも、今まで通ってくださっている生徒さんの分は据え置きということに。 (もちろん、損してしまうような金額にはしてません。もらい過ぎもないように) テキスト代とかはどうしても10%税率になっちゃいますので そこはごめんなさい、だけれども。 …ん? 新しく入る生徒さんの分はどうなんだって?? 改訂しています。 ものすごくアップ、ではないですが 少し…気持ち…すこ~し上げました。 どうしても教室を運営していくにあたっての諸経費は 上がってしまってますので そこは申し訳ない。 慈善事業ではないので そこはごめんなさいの部分。 でも。 もちろん。 しっかりいただいた分に+α上乗せして還元できるように 日々私も精進! そこは自信もって。 今さっき やっと今日のレッスン記録まで書き終えたところ

  • お母さんだって1年生

    そうなんですよね… お母さんだって1年生。 何の話かと言いますと。 エレクトーン習い始めました、ピアノ習い始めました 生徒さんはもちろん「習い始め1年生」です 「そのお母さんだって1年生」ですよね、ってことです。 極力レッスンの後の時間は 少し余裕を持たせています お母さんともお話したいので。 レッスン後にお時間が取れない場合は メールなどでやり取りさせていただくこともあります (おうちのタイムテーブルの関係とかもありますしね、そこは臨機応変に) なかなか聞きにくいこともあると思うんです でも 聞きにくいことこそ聞いてもらいたいなとも思いますし もちろん「お子さんを習い事させるのも初めて」みたいなケースだって少なくないですし そこは聞いてもらえる環境を作っておきたいと思っています ここを読んでくださってる方の中には エレクトーンの先生、ピアノの先生もいらっしゃると思います …ググってみたことってあります? 世の中のお母さんが どんなことを知りたがっているのか… 発表会やコンクールに出た時のお礼はどうしたらいいですか? グレード試験ってどのぐらい難しいですか? 月謝の相場っていくらぐらいですか? 振替レッスンをお願いするのって失礼ですか? などなど。 「こんなことまで!?」って思うようなことも 出てきたりします。 (知恵袋とか読んでると…逆にハッとさせられたりします) 遠慮なく聞いてくださいね!とは言っても 聞きにくいこともあるんだと思います (お察しします) でも 何ら恥ずかしいことでもありませんので。 レッスン受け持たせていただいた生徒さんのお母さんには そんな話もします 「そこは遠慮なく聞いてくださいね」って。 発表会やコンクールのお礼も 考えないでいただいた方が気が楽ですし (私も学ばせてもらう事、多いんです。それだけでも嬉しいことです♪) グレード試験は簡単ではないかも知れないけれど 生徒さんの苦手を少しでもなくしていけるように 自信もって受けに行ってもらえるように 普段のレッスンからしっかり学んでいきます 月謝の相場は相場…難しい表現ですけれども 負担になっちゃう金額だと辛いですよね レッスンを始める前に うちの教室ではこんな風にしてます、と 説明させていただいています お休み(休会)のシステムもありますし チケット制レッスンもありますので 様子見ながら…できるだけ無理なく長く続けてもらえるように 一緒

  • 「書くこと」の大切さ~手帳・記録のススメ

    手帳歴自体は もうそろそろ25年…ぐらいになると思います。 手帳を持ち始めたきっかけは 大学生の頃 「明日は~?バイト来られる~?」って当時のバイト先の方から聞かれて パッと答えられないことが多かったから …だったと思います。 教職課程の単位も取っていたので 授業がなんとも複雑に入ってたんですよね… それで自分でも 訳わかんなくならないように。 そんなこんなで 当時から私の手帳は 「午前の部」「午後の部」「夜の部」と 1日を3ブロックに区切って(手帳に線を引いてました) 予定を書き込んでいました。 その後も 会社員をしていた時も(実は新卒の時は会社員で営業職でした) 大学院に戻った時も jetの仕事を始めてからも ずっと手帳は持っていました jetに入ってからは 楽器店さんからヤマハの手帳をいただいていたので 手帳を買うことはなかったかも。 でも、いつのころからか 手帳をいただけなくなってしまって でも 手帳のない生活は考えられなくなってた私は そこから手帳探しの旅に出ます。 それまで使っていた ウィークリーレフトタイプ(左ページに週間、右ページがメモ欄)と同じタイプの 手帳を探して購入して 使っていました。 3年前?だったか? お友達から「これイイんだよ」って勧めてもらった 「ほぼ日手帳」に乗り換えます それまで1週間で見開き1ページだった手帳が 1日1ページになりました それに伴って 書けるスペースが増えたこともあって もともと書くこと自体好きだったんですが さらに書くようになりました。 その日、までは「スケジュール帳」として その日が終わると「記録帳」 私の手帳はそんな感じです (写真が今年の私の手帳です) 前置きが長くなりましたが。 書くことって 結構大事です。 そして 自分なりの工夫は多少なりとも必要ですが 「手帳に書くこと」で 「自分の頭の中を整理」できたり 「頭の中だけで覚えているつもりだったことを書きだすことでスッキリする」 「手帳を見ればすべて書いてあるから、その分、頭の中を別のことに使える」 「これさえ見れば大丈夫!と思えると自信もって進められる」 いろんなメリットがあります ぜひ だまされたと思って(?) 書いてみてください。 日々のこと レッスンで言われたこと これから弾きたい曲 グレード試験対策でがんばりたいこと 発表会の目標 なんでも。 書き出してみることで より明確になるし 書き出し

  • ピアノの調律はこまめにどうぞ!

    お恥ずかしながら ピアノの調律を1年半ぶりに… 自分の練習をしている間も 「ゔっ…」って。 気持ち悪っ…て思うことがたびたびありまして (だったらさっさとやりなさいよってね) だって普通にDmの和音を弾いてるはずなのに 「レ」と「ラ」の音が 喧嘩してるように聞こえたりしてて (だからさっさとやりなさいよってね) 情けない話です。 言い訳をしますと(するのか) 春先にjetの所属支部を異動することになりまして 4月から今の支部にお世話になり始めました 以前はjet会員割引をしてくださっていたのですが 支部が違ってしまうもので 残念ながら。 新しくお世話になる支部の楽器店さんの方で頼まれた方が…とも言われていたので そんなこんなで 新しい調律師さんにお世話になることになったのでした もう1つ(あるんかい!) 今年に入ってから 大規模修繕工事がありまして。 毎日そこそこ賑やかな状態だったので (しっかり直さないとね!業者さんみなさんががんばってくださってた証です!) 工事が終わってから、の方がいいかな、と思った部分もあり。 おかげさまで とっても快適になりました♪ 自力でチューニングをひょいひょいできる楽器ではないので そこのところはやはり きちんと定期的にお願いしないと、ですよね。 大いに反省。 サイレントで弾くことが多かったから 生で音を出してみて…わっ!これはやばい!って気づくのに 時間がかかったこともしかり(大いに反省) もうこれからは ちゃんと先延ばししないで コンスタントにお願いします! 調律師さんがお帰りになった後 いつも弾いてる曲を弾いてみて…なんとまぁ快適なこと♪ ありがたいことです。 それにしても。 1年半でこんなに狂うものなのか…と。 大いに反省、だし 発見でもありました。 ピアノはほっとくとちゃんと音が狂うものなんだって 実感持って説明できます (家のピアノで今までこんな経験したことなかった…) そして 来年お願いするときまでには 掃除機の細いノズル 探しておきます!or買っておきます!! (細いノズルどこにしまい込んだか分からなくてご迷惑おかけしました) さぁ 明日からまた練習頑張ろう!

  • 同じ日本語だけど「翻訳」~生徒さんへの声のかけ方を考える

    この緑色のペンインク 音楽の仕事を手帳に書き入れる時に使っているペンです。 予定を書き入れるだけではなく 今年に入ってからは その予定(レッスンだったりデモ演奏だったり)のまとめ、というか感想というか それも書き記しています。 この色のインクを取り替える時が なんだかウキっとします♪ ちょっと頑張れてるかな?なんて。 まだまだですが…がんばりますよ、もっともっと。 さて。 今日の話です。 駅で電車を待っていた時のことでした 隣のドアから乗る予定で並んでいた お母さんと男の子 (そういえばこの組み合わせ…前にも書きましたね。でも別の親子さんでした) 「ねぇねぇ、ママ~」 目に見えるもの いろんなものをママに聞いていました ママも大変、ですよね。 その子に分かるように説明しなくちゃならない。 私たちの仕事もそうだよなぁ…なんて思いながら その様子を眺めてしまいました お子さんだけじゃなくて 大人の生徒さんであっても、これは同じことが言えて。 どう言ったら伝わるかな…というのは 常日頃考えています。 例え、同じ学年の生徒さんでも 同じ言い方で伝わらないことも。 小さな生徒さんには できたらお母さんにも一緒にレッスンに参加していただいてます 同じ部屋の中で聞いててくださるだけでも 全然違います レッスンが終わってからの 来週までの練習内容や、宿題の説明をしているとき お母さんとお子さんの様子 結構観察してしまいます あぁ、こんな風にかみ砕いて話してくださってるから わかるんだな、とか。 すごくためになります。 大人の方のレッスンも、そう。 なんだかイマイチご納得いただけてない気がするな…と思ったら 言い方を変えます。 何度も何度も 違う言い方をしてみます。 同じ日本語でも「翻訳」 これって 結構大事なことなんだなぁって 教える仕事をしていると日々考えさせられます。 まだまだ。 きっともっと上手い伝え方…「翻訳」があると思うので。 私も日々精進です。

  • 2019年9月 ミュージックベル体験サロンのお知らせ

    9月のミュージックベル体験サロンのお知らせです 9月14日(土)14:00~15:00 足立区立江北地域学習センター さん 事前予約も特に必要ありません 手ぶらで来ていただいても大丈夫です お問い合わせは 足立区立江北地域学習センターさんへ 翌週9月21日(土)は ミュージックベルミニコンサート 実施予定です こちらもご予約等いりませんので お気軽に遊びに来てくださいませ♪ お待ちしております♪

  • お掃除はこまめに!!

    月末に ピアノの調律をしていただくことにしたので ちょっとずつ片付け始めました。 そもそも 片付けなきゃいけないほどに してはいけないのですけれども(;^ω^) ピアノの隣には エレクトーンがあります。 そうそう… ベース鍵盤の下を掃除しなくてはと 思っていたので この機会に、ということで しっかりお掃除しました。 …掃除機の細いノズル どこへしまってしまったんだろう…!! エレクトーンをお持ちの方なら ご想像いただけると思うのですが。 そうです。 細いノズルがないと 掃除に困るのです… ちょっと探して見つからず。 トイレットペーパーの芯をはめてみて 吸ってみたところ… あっという間に芯がぺったーん!ってつぶれました(笑) ダイソンってすごい!(そこ?) 探しておこう…細いノズル… でも。 おかげさまでキレイになりました♪ 気持ちよくエレクトーン弾けそうです♪

  • 2019年8月 ミュージックベルミニコンサート

    今回から 小さめチラシも作ってみたりして。 (いつもの半分サイズ) 日付変わって本日、となりました。 夏でもミュージックベルに合う曲 あるんです♪ 今月もミニコンサート実施します。 お楽しみいただけるようなラインナップになっている…と…思います… 天気予報を見る限りは とんでもなく暑そうなので よかったら涼みにきてください♪ しっかり暑さ対策して お出かけくださいませ!

  • ピアノについて科学的に考える…?

    水曜日に ピアノ、の研修会に参加してきました。 5回ある研修会なのですが 残念ながら1回目はどうしても都合がつけられず 2回目からの参加になりました。 1回目に参加されてた諸先輩方のお話を聞いて これは2回目に行くまでに読んでおかなくちゃ!と 先生の本も読ませていただきまして

  • 「音の長さ」と「コトバ」の関連性について

    今回も参考イラストは かわいいフリー素材集 いらすとや さんのイラストを 使わせていただきました。 ありがとうございます♪ さて。 今日の午前中の出来事です。 出張レッスンに向かう際 駅の改札を通ろうとしたところ 誰か自動改札で引っかかってしまっていたのか ちょっとした列ができていました (よくありますよね) 見てみると 幼稚園生?小学校低学年ぐらい?の男の子と そのお母さん。 「ここに『ピッ』ってやるのよ」とお子さんに教えていました が。 ボク、ものすっごい「ピッ」が短くて 短すぎてセンサーが反応しないみたいで 何度も自動改札が「もう一度タッチしてください」のエラーに。 お母さんも焦りますよね(;^ω^) お気持ちお察しします… 「『ピッ』よ、『ピッ』」 ボクの『ピッ』は お母さんの声掛けで こともあろうか…どんどん鋭さを増していき… んもう!とお母さんがICカードを上から押さえ 続いてお母さんご自身のICカードをタッチして 進んでいかれました… 難しいところですよね。 初めて自動改札通る時に 多分 そこそこの数の方が経験してることだと思います。 通り慣れてても たま~に タッチが短くて 引っかかっちゃうことありますもんね(;^ω^) さて。 私たち音楽指導をする立場の人間も いろんなコトバを使って 生徒さんとやり取りをします 音の長さもしかり 強さやアーティキュレーションなどもしかり 結構な「擬音」といいましょうか 「たとえコトバ」使っています。 今回のケースで 考えてみましょう… 自動改札をうまく通り抜けるには…どのぐらいタッチすればいい? そのタッチの長さ…あなたならどんな風に表現しますか? 「ピッターーーン!」 かな?(笑) タッチする時間って 結構長め…ですよね? 少なくとも「ピッ」って長さじゃない。 なんなら タッチセンサーのちょっと手前ぐらいからICカードを持った手を伸ばし始め センサーの横を通り過ぎても タッチパネルの上に乗せたまま通り過ぎて スッ…と手を引くぐらいの感じじゃないでしょうか…? 意外と長い。 そして、意外としっかり目のタッチが必要。 「ピッターーーン!」 どうでしょう???(笑) と、書いてみたものの 正解は私にも分かりません。 多分ですけれども 伝えるそのお相手のボキャブラリーや理解力に合わせて コトバは変わるような気がします。 音楽の場合もありますよね 子供の頃、スタッカート

  • CDデッキがない生徒さん…こんな方法もあります!(というご提案)

    エレクトーンもそうですし ピアノもそう。 CDに参考演奏とか伴奏が入っている教材って 結構ありますよね 私が使っている教材もまさにそのタイプ エレクトーンは だいすきドレミ、だいすきエレクトーン1~3 ピアノはNEWピアノスタディがまさに、です。 (ピアノスタディが進んでからのレパートリーコレクションズもそうですね) この前 研修会にNEWピアノスタディ作成に携わられた先生がお見えになったのですが 「CDぜひ聞いてください!ホールで録音された音の残響とか息遣いまでも聞こえますからぜひ」とおっしゃっていて。 まさに、ですよね。 参考演奏ってすごく勉強になるものです。 そして ピアノだったら連弾の課題とか エレクトーンは新しい調を学ぶ時にカデンツのコードを左手で弾こう!みたいな曲が入ってます …伴奏がないと、もう1人のパートがないと、寂しくないですか? 私も生徒さんと合わせるパートを弾く時は 家で練習していきますが 自分一人でそのパートだけ練習するのって…何というか、ちょっとあじけなかったりしますよね せっかくCDに ステキなお相手の演奏が入っているなら♪ でも。 最近本当に「うちCD聞けないんです」というお宅が本当に多いです。 確かに 今はストリーミングやらダウンロードやら Webに頼る要素も大きくなってきてますし CDも一度PCからWalkmanやiPod等に入れてしまえば あとは聞かないし…という方 結構多いのは存じ上げています (私もそういうところもあります) もし CDデッキないよ、っていう方いらっしゃいましたら Bluetoothスピーカーを使うっていう手段もぜひご検討ください! 私が普段練習する時(ピアノの時が多いかも?) iPod touchにCDを取り込んでおいて それを持ち運びできるBluetoothスピーカーから流して 合わせ練習したりしています。 できれば CDから端末に入れる時 圧縮しない方が(mp3とか) 音はいいんですが 容量の問題もあるでしょうし…そこは致し方ない (でも可能なら、そのままwav形式やAIFF形式など使っていただけたら!) Bluetoothスピーカーも いろんなのが出ています もちろん、いいものはいいお値段しますが 2~3,000円程度のものでも 結構いい音するもの、あります♪ ぜひ探してみてください 普段家のことしながら ちょっと音楽聞くのにもいいですし♪ (私、し

  • 足立区音楽祭、区役所アトリウムコンサート終了!

    足立区音楽祭 アトリウムコンサートが無事に終了しました 私も今日はスタッフとして参加させていただきまして。 足立区音楽祭は この、区役所での「アトリウムコンサート」と 9/7(土)竹の塚地域学習センターでの「ウクレレフェスタ」 9/22(日)都市農業公園でのコンサート そして 9/29(日)のギャラクシティ西新井文化ホールでの「ホールコンサート」に分かれていまして 今日を皮切りに 9月末までの間 音楽祭が続いていきます。 今日は上野ひろみさん(フルート)と佐藤翔くん(ピアノ)のコラボコンサート 11時ごろから準備を始めたのですが 机を出してチラシを並べ始めると「くださ~い」とお客様 イスを並べ始めると まもなく席が埋まり始め 12時10分の開始時間には立ち見の方も出るほど 「こんなに早い時間からお客様がいらっしゃってたことも、こんなにたくさんのお客様が聞いていってくださったこともないですよ」とは区役所の係の方。 本当にたくさんのお客様がご来場してくださいました。 外は35℃越えの暑い1日 3階まで吹き抜けのアトリウムは さわやかな音楽と めちゃめちゃ盛り上がった熱気で 楽しい空間になっていました。 私自身は9月ラストのホールコンサートへ出演させていただきます。 さぁ…準備しっかりしていかねば。 私も楽しいコンサートをめざしてがんばります!

  • 耳に合ったイヤホン(ヘッドホン)使えていますか?

    今日の記事のイラストですが かわいいフリー素材集 いらすとや さんのイラストを 使わせていただいております。 とってもかわいいイラスト ありがとうございます♪ さて。 普段どんなイヤホン(ヘッドホン)お使いですか? 私ゴトですが… 私、ほぼヘッドホンを使っています。 日本人には15%だったか? (意外と少ないんですよね) 「あめ耳」なのです、私。 綿棒で耳掃除しないとならない人。 「湿性耳垢」というのが正式な呼び方のようです。 「耳掃除ちゃんとすればいいんだよ」っていう方もいますが 滑り落ちてきちゃうんです、カナル型のイヤホンは (カナル型ってこういうやつです↓)

  • 「絶対音感」赤ちゃんはみんな持っている…?

    「ほぼ日手帳」という手帳を 使っているのですが。 「ほぼ日刊イトイ新聞」という Twitterのアカウントがあります。 いつも楽しみに読んでいるのですが 今日のツイートにはビックリしました! 「絶対音感はほとんどの人が持っていた…」えっ!? 元のツイートへリンクはりますね。 【元ツイート】 お話は 東京大学薬学部教授の池谷裕二(いけがや ゆうじ)先生。 詳しくはリンクをたどって読んでいただけたらと思いますが ざっと要約してみると 絶対音感は、赤ちゃんはもっているもの ↓ その能力を成長過程で捨てていってしまう 意識にのぼらないだけでなく、積極的に活用しないようにあえて蓋をするような ↓ 絶対音感を捨てたようにみえる大人の脳の中にも、まだ絶対音感を感じている領域が存在している ↓ 絶対音感があると暮らしていくのに多少不便がある どんな音やコトバにもある音程にいちいち反応しないために人間は絶対音感を捨てた リンクたどって ぜひ、先生のじかのコトバ、読んでくださいね (私の要約がしっかりしている自信がないので…) 読んで、唸ってしまいました。 そうか、そういうことだったのか…と… よく 「絶対音感がある」と言うと 世間の人々は「じゃ、これは何の音?」って手近にあるものを叩いて音程を問うてくるんですよね… もちろん その音程が聞こえる方もいらっしゃいますが 音楽をやってて絶対音感がある人には あくまでも叩く音は叩く音としてしか聞こえず ガラスの割れる音も割れる音としてしか聞こえず… そういう感じの方は多いと思うんです。 でも 例えば電車の発車ベルとか お店に入った時のメロディとか テレビ番組のCMに入る時の短いメロディとか そういうものはれっきとした「音程」として耳に入ってくる そういう方が多いと思うんです。 (↑私、これです。音程のあるものは基本頭の中で全てドレミに変換されます) これは。 人間の成長過程で ある程度捨てた能力だったんだ…と。 生きやすくするために… 正直 何でも音程に変換してしまうと 疲れますよね(;^ω^)日常生活というものが。 それを そこそこ快適に生活できるように(先生の直接の文書、ぜひお読みください) 成長の過程で捨てていく… なるほど。 音楽を指導していく中でも やはり「耳の育つ年齢」というのはあるので できるだけ小さいうちから音感トレーニング的な要素は取り入れます 逆に小さいうちじゃないと

  • バイバイ、エレクトーンシティ渋谷

    月に1度 音楽療育鍵盤指導研究ネットワークの定例会で 渋谷に行っているのですが 渋谷の再開発に伴い いつも使わせていただいていたエレクトーンシティ渋谷が 閉館されてしまいました。 というのは、昨年末の話。 新講師研修(私は最初からjet講師として教える仕事を始めたので)も ここだったし その後の研修でも よくエレクトーンシティ渋谷、来てました アレンジコンペで演奏させてもらったことも。 そうそう エレクトーン生誕50周年の時 3夜連続のコンサートがあって エレクトーンプレイヤーの皆さまの演奏を聞きに来たのも、ここ。 いっぱい思い出の詰まったエレクトーンシティ渋谷です。 最近は毎回行くたびに 渋谷駅からの出口が変わっていたり 通路が仮通路になっていたり 歩道橋が途中からなくなっていたり 毎月のように駅から出てはキョロキョロ…今日は先月と同じ道で行けるかな?なんて ウロウロしながら 新しくお借りしている会場へ向かったりしてたのですが。 今日はビックリ!! 歩道橋の上から見る景色が全然違っていて。 冒頭の写真 見る人が見ると分かる?? エレクトーンシティがついに解体!?

  • ミュージックベルのモデルチェンジ、知ってます?

    今日から夏休みのところも多かったみたいで いつにも増して 地域学習センターには子供さんが多かったです センターの職員さんのリクエストで準備していった曲 「あ、知ってる~」と客席から聞こえてきたお子さんの声♪ ありがとうございます♪ 来月も リクエストを頂戴しました…できんのかこれ!? (と言いながら、結構楽しんでる私) どうなりますやら…がんばりましょう! さて。 実はミュージックベル 昭和57年に生まれた(ばかり、と言ってもいい?)楽器なのですが 何度かモデルチェンジがありまして。 トップに載せた写真がまさにそうなんですが 私が講師認定をいただいた2000年頃は 右側のベルだったんです。 銅っぽい色でした (メッキがあちこち剥げちゃって傷だらけなのは使い込んだからなのですみません) それが いつごろだろう… 多分10年ちょっと前?いや、15年ぐらい前? 当初1セット25本(最初は高いF#とGは販売すらされていなかった)になった後ぐらい? 左側のベルにモデルチェンジされたんです でもこの違いって 結構ベルを振ってる人じゃないと分からないような内容で。 もう一枚写真載せますね↓

  • 「音符、楽譜が読めない子は弾けない」のではなく…

    今日の研修会は2本立て。 1本目はエレクトーンのアレンジに関するもの。 4月にお話聞かせてくださった先生の 配信による研修でした (全国で同じように研修が受けられるように、配信のカリキュラムもあるのです、全日本エレクトーン指導者協会(jet)には。これも内容がかなりすごい!) 2本目はPSTA(piano-study teachers' association)の先生による NEWピアノスタディ(教本)の研修 エレクトーン教室とはいっても ピアノの生徒さんが在籍する教室は少なくないので こういった内容の研修もあります (私の教室にもピアノの生徒さん、いらっしゃいます) この「NEWピアノスタディ」という教材 私も使っているのですが… …ちょっと(だいぶ?)目から鱗。 そっか…そういうことだったのか… 自分なりに教材研究はしていたつもりでしたが やはり 教材をお作りになった先生から直接伺うお話というのは 本当に唸ってしまうような内容満載です。 「音符が読めない、楽譜が読めない子は弾けない」のではなくて 「音符が読みたくなるような…楽譜が読みたくなるように」 先生の仕事って まさにそこだよな…って しみじみと共感しました。 「先生のお仕事って…種をまいて、水をあげて。将来どんな芽が出てくるだろう…どんな芽が出てくるか楽しみじゃない?」 そんな風に 目を輝かせておっしゃる先生のお話 本当だよなぁ…まさに、だよなぁ…って。 先生が弾いてくださったテキストの曲も とっても素敵で まだ購入してなかった後半のテキストだったので しっかり購入して帰宅。 …いいじゃん、いいじゃんコレ♪ こういう感じ好きな生徒さんいるぞ♪ 次のレッスンでオススメすべく 私ももうちょっと弾きこんでおこう。 くしくも。 (ちょっと脱線します) 本日、ピアニストの清塚信也さんのアルバムを手にしたばかり。 「SEEDING」 種をまく…ほらここでも♪ そして私の大好きな嵐の櫻井翔くんも(脱線がだいぶひどくなってきた) 書いたRapのLyricの中で言ってます "蒔いてた種たち咲いてく" …ほら♪ 脱線はこの辺にします(ごめんなさい) でもね やっぱりそうなんだと思う さぁ 私も今まで通り、今まで以上に種をまこう。 どんな芽がはえてくるか…楽しみにしながら…

  • 足立区音楽祭2019出演します!

    この度 足立区音楽祭2019に 出演させていただけることになりました\(^o^)/ ジャンルもとても幅広く そして 会場も日程も複数あって。 こんなにも幅広く 音楽が広がっている街なんだなって できあがってきたチラシを見ながら思っています。 私の出演は9/29(日) ギャラクシティ西新井文化ホール(ギャラクホール)です。 ここまで大きな会場でミュージックベルを演奏するのは初めて。 音は後ろまで届けられるか… 不安な点もありますが 「ミュージックベルってこんな演奏できるんだ!」って たくさんのお客様に見て、聞いていただいて楽しんでいただけるように 準備がんばっています。 お時間ございましたら、ぜひ! お待ちしております♪

  • 七夕にちなんで…の音楽療育レッスン♪

    先月、音楽療育で伺った作業所さんに 七夕の笹が飾ってあって。 来月(7月)来る時まで残ってるかなぁ…と思いつつ なくても季節にちなんだ何かができたらいいなと思ったもので 今月の活動日におじゃまする時に 作っていきました、短冊。 (この千代紙、とってもキレイなんです♪…某100均ですけど(コスパ大事!)) 運よく笹が残っていたら 結んでもらえるように 穴をあけて 穴あけパンチを道具箱から引っ張り出したら 一緒にコロン…と 音符の形に抜けるパンチも出てきたもんだから…ちょっと抜いてみて。 さて。 「星に願いを!短冊にドレミを!きらきら星演奏できるかな?」ゲーム! (ネーミングセンスはちょっと置いといて(;^ω^)) やり方は簡単です。 1.短冊を配ります 2.ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ の6つの中から1つだけ短冊に音を書いてもらいます 3.「ドの人~?」手を挙げた人にミュージックベルの「ド」を渡します 4.他の人と相談なしで…どのぐらいかぶらなかったかな?かぶっちゃった場合は、残ったベルをじゃんけんで分けます 5.さぁ、みんなで「キラキラ星」を演奏してみましょう! 以前 ミュージックベルのレッスンで このゲームをやった時 15人いて なんと15人全員が「ド」と書いたことも(笑) それはそれで めっちゃレアケースですけど(;^ω^) みんな何を書くかな~ どれを書いたらかぶらないかな~ そんなことを考えるのも楽しいもので。 スタッフさんと二人三脚で音を選んで短冊に書いてもらう そんなコミュニケーションも楽しかったりして♪ ワーワー大盛り上がりで 今月も活動日が終わりました。 さぁ…来月はどんな楽しいことを考えようかな…ふふふ… (考えてニヤニヤしてる時間が結構好きな私です(笑))

  • 「子供で頭が柔らかい時に、沢山ホンモノを見なさい。」

    と、子供の頃 山Pこと、山下智久さんはジャニーさんに言われたのだそうです。 彼のInstagramを見て この言葉を知りました。 ものすごく深くて、ものすごく意味のある言葉だなって。 思えば私も だいぶ小さな頃から 両親が子ども劇場や、クラシックのコンサート(田舎の市民会館のような会場ですが)に 連れて行ってくれたものでした 父がクラシックが好きだったこともあって 子供の頃に見るのが好きだった番組は「名曲アルバム」でした クラシックの道には 進みませんでしたが でも。 とんでもなく音楽好きの人間に育ちました。 これは自信もって。 発表会とかを見ていても 最後まで聞けないお子さんの多さに驚きます 「ちょっと出ようか」 もちろんいろんなご事情も承知していますので 強制はできないですが 割と早めにお帰りになってしまう方も。 「最後に集合写真を撮ることにしたら、皆さん残ってくださるかしら」 「ゲスト演奏があったら、皆さん最後まで残ってくださるかしら」 嘘みたい…と思われるかも知れませんが 結構あちこちの発表会の企画会議で 議題に上がる話です。 そうじゃないんだよなぁ…と思うものの 現実問題…うう~ん… せめて 私が一緒に音楽をやれる仲間には 音楽が好きで好きでたまらない人になってほしいな、と… 演奏する技術 楽譜を読む技術 編曲したり、作曲したりする技術 いろんな音楽のチカラがあると思いますが 【音楽って楽しい!】 そう思ってもらえる生徒さんが 1人でも増えてくれたらいいなと思って 日々のレッスンに向き合っています。 いつか レッスンを辞める日が残念ながら来てしまったとしても その後も 自分で音楽を楽しんでもらえるように いいんです弾かなくても でも CD買ったり、楽曲配信を探して聞いたり コンサートやライヴに足を運ぶ人に育ってほしい 私の希望、です。 山PのInstagramを見て ちょっとジーンとしながら書きました。 私自身も ジャニーズのグループ、好きでファンクラブに入っているグループも複数あるほどなので 今現在 寂しい気持ちでいっぱいですが… Show must go on! まさに。 私も音楽を日々。 No Music, No Life. また明日からも頑張ります。 笑顔で楽しみながら。

  • 引き出しの深さ…研究熱心な先生はきっとみんなそう

    今年度に入ってから 私自身、研修会に参加することが増えたのですが (支部異動の結果、参加できるチャンスが増えたというのが…何ともありがたいことです) 研修会で教えてくださる先生方の「引き出しの深さ」というか 知識量のすごさに 毎回圧倒されています。 でも お話伺っていると みなさん、ものすごい量の本を読み ものすごい量の実践(演奏とかアレンジ(編曲)とか)を なさっているんですよね… そりゃそうなのですけれど その量の凄さに圧倒されること、多々。 よく 勉強は「量より質」みたいな話も聞きますが (日々の練習についても同じような話を聞きますが) でも。 質が良い上に やっぱりそれなりの量を積み重ねてこないと こうはならないんだろうなぁ…と。 自分自身も同じ。 「教える」「アドバイス」する立場にいるのであればこそ たくさんのインプット作業(読むこと、聞くこと、見ること)は必要だし それを定着させること(練習とか実践とか)も必要なわけで。 やること満載だぞ~!!! 私の引き出し まだまだ入りませんか? 引き出しの中 いっぱい詰め込むだけじゃなくて 必要な時に必要なものがサッと出てくるように整理されてますか? 自信持って楽しく音楽を一緒にやっていけるように 私もしっかりみっちりがんばりますよ!

カテゴリー一覧
商用