すろぐ
住所
出身
ハンドル名
すろーさん
ブログタイトル
すろぐ
ブログURL
https://sportsciecne.hatenablog.com/
ブログ紹介文
スポーツをより楽しくするための記事達です🏃
自由文
-
更新頻度(1年)

5回 / 21日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2019/08/24

すろーさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,546サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
野球ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,524サイト
高校野球 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 457サイト
その他スポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,921サイト
陸上競技 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 432サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,240サイト
生命科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 69サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 86,265位 86,297位 86,344位 85,999位 972,546サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
野球ブログ 圏外 圏外 圏外 898位 899位 910位 912位 8,524サイト
高校野球 圏外 圏外 圏外 42位 42位 43位 45位 457サイト
その他スポーツブログ 圏外 圏外 圏外 1,496位 1,524位 1,520位 1,521位 11,921サイト
陸上競技 圏外 圏外 圏外 31位 33位 31位 33位 432サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 199位 200位 195位 194位 2,240サイト
生命科学 圏外 圏外 圏外 11位 12位 11位 11位 69サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,546サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
野球ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,524サイト
高校野球 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 457サイト
その他スポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,921サイト
陸上競技 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 432サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,240サイト
生命科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 69サイト

すろーさんのブログ記事

1件〜30件

  • #44 スクワットで「膝をつま先より前に出してはいけない」というのは間違えなのか???????

    先日ツイッターでこのようなツイートを見かけました ブログ「スクワットで「膝をつま先より前に出してはいけない」という間違え【スクワットの科学】」をアップしました。ハイバー・スクワットで膝をつま先より前に出さないフォームだと「腰を痛めやすい」という近年の研究報告をご紹介しています。https://t.co/I0TOTK56qE— 庵野拓将 (あんの たくまさ) (@takumasa39) 2019年9月13日 膝を前に出さないことは腰の怪我のリスクを高める、、、という内容でした。 いつも有益な情報を提供してくださって感謝しております... しかし、この”スクワットで「膝をつま先より前に出してはいけ…

  • #43 体幹の回転速度は球速と関係がある

    最近この方のツイートをよく見ています。オリックスのストレングスコーチ? 面白いです。 この研究ではメディシンボールスロー(水平面での体幹の回旋する動作)と野球のピッチャーの球速についての関係性を研究しています。 結果として体幹を強く回旋出来れば出来るほどメディシンボールを強く投げる事ができ、球速も速かったようです。 球速を上げたい選手は是非試してみて下さい! pic.twitter.com/VxHdXJtZ9P— issei_kamada_orix_buffaloes (@ikbuffaloes) 2019年9月9日 このツイートを見たので論文を検索して見てみました。 Trunk Contri…

  • #42 ピッチング時の上体傾斜角度は球速と関係がある

    投球動作の中でグローブ側に上体が傾いた時に体にかかる負荷とボールはどの様になるかと言う研究です。 結果としてはよりグローブ側に傾いているグループの方が傾いていないグループより平均球速は3.3マイル(約5.3キロ)速かったようです。しかし肘へかかる負担もその分大きかったようです。 pic.twitter.com/laF3EOjuge— issei_kamada_orix_buffaloes (@ikbuffaloes) 2019年8月31日 結果としてトレーニングを行った24時間後にカウンタームーブメントジャンプが5%向上、反応強度(reactive strength)が10%向上、そして立ち上…

  • 筋トレが最強のソリューションである:筋肉が人生を変える科学的な理由を読みました

    // リンク これの本は筋トレを実施することで得られる効果をツイッター上で有名なTestseronさん メンタルが不安定になる脳機能の低下記憶力の低下運動能力の低下免疫力の低下生活習慣病リスク↑がんリスク↑うつ病リスク↑アルコール・薬物依存リスク↑認知症リスク↑これ全て睡眠不足による体への悪影響です。睡眠を削るとは命を削るに等しい行為だと思っておきましょう。寝ましょう。 — Testosterone (@badassceo) September 5, 2019 と久保孝史(本を書いた時はスポーツ科学分野の博士後期課程)さん twitter.com が科学的なエビデンスを交えて対話形式で書いた本…

  • 野球界で話題のジャベリックスロー(とジャベボール)を投げてみた

    今、プロ野球で話題のジャベリックスロー 話題のジャベリックスローをやってみた。胸郭がうまく使えると良い軌道で距離が出るので今の自分にはかなり有効なギアだと思う。肘を上手く使って球速を出すタイプのピッチャーにはオススメ。#150キロプロジェクト pic.twitter.com/lBjW6HRzQh— 前沢 力【qoonins#1】 (@riki_maezawa) 2019年8月10日 ジャベリックスロー2回目。かなり良い感じになってきた。#150キロプロジェクト pic.twitter.com/U7PMpClwwP— 前沢 力【qoonins#1】 (@riki_maezawa) 2019年8月…

  • #41 プロ野球選手における肩甲上腕関節の可動域は肩の怪我のリスクとの関係が深い:論文レビュー

    履正社高校の優勝で幕を閉じた夏の甲子園🧢みなさんが印象に残ったシーンを教えてください💁‍♀️#甲子園 #高校野球(写真:アフロ、写真は共同) pic.twitter.com/PcahlxOMam— スポーツナビ 野球編集部 (@sn_baseball_jp) 2019年8月23日 今年の夏の甲子園も終わりましたね! 近年の高校野球は球数や当番間隔などの問題にフォーカスしているように思います。 前回は投球数の増加と怪我の関係を明らかにした論文を紹介しました。 sportsciecne.hatenablog.com この論文上では関係はありませんでした。 今回は投球数とか登板間隔はなどはメインの結…

  • #40 投球回数と怪我の関係:論文レビュー

    甲子園の球数(や登板間隔)については度々話題になってますね 甲子園投球数ランキング!衝撃の球数…投球制限について徹底的に考える! 球数が多くなると怪我が多くなる...というエビデンスがないか探しました <準決勝進出4校登板投手球数>【履正社】清水=474 岩崎=112 【明石商】杉戸=239 中森=172溝尾=56【星稜】奥川=298 荻原=179 寺沢=41 寺西=17 【中京学院大中京】不後=274 元=100 赤塚=71 村田=7— ふくださん (@fukudasun) 2019年8月19日 MLB投手の完投数。80-90年の間トミー・ジョン手術が増えたこともあって分業化が進み、近年は完…

  • #39 メジャーリーグの有能データサイト(Baseball-Reference.com)

    🌟結果速報🌟#星稜 4-1 #智弁和歌山熱戦の終わりは突然に!最新情報は #バーチャル高校野球 で❗https://t.co/8futSJs9fE#高校野球 #甲子園 pic.twitter.com/hbRzeNbKUS— バーチャル高校野球 (@asahi_koshien) 2019年8月17日 サヨナラホームランの星稜!おもしろい試合でした! この試合も奥川くんは160球投げてます。 投球数(など)の問題は近年話題になっていると思います。 これなんですよ、大船渡佐々木君が190球投げざるを得なかった原因は。監督も、本人も、保護者も、観客も、誰も止められっこないんですよ。今日だって実際に誰も…

  • #38 ストレッチを実施すると筋は柔らかくなるが腱は硬くなる

    ストレッチを実施することによって関節可動域が広くなります。 しかしながら、なぜ関節可動域が広くなるのかは様々な議論があります。 ある人は神経がアホになるから関節可動域が広くなる ある人は筋の特性が変わる(筋が柔らかくなる) など...色々あります。 また、ストレッチを実施すると筋だけではなく腱も伸ばされます。 輪ゴムなどを想像するとわかると思いますが、伸ばすとテンションがかかって硬くなります。 そこで、今回はストレッチを実施すると腱&筋の特性はどう変化するのか、 "Non-uniform Stiffness within Gastrocnemius-Achilles tendon Comple…

  • #37 筋(肉)は柔らかいほうが競技パフォーマンスが高い...というわけではない

    ”筋は柔らかい方がいい” とか聞いたことがありませんが?私はあります。 超カラダが硬い人専用!お尻と太ももの裏を最短で柔らかくするストレッチ方法 柔らかく柔軟性のある上質な筋肉の付け方【筋トレ】 (↑ YouTubeで”筋肉”、”柔軟”で検索して上位に出現したのを載せてみました) なぜ柔らかい方がいいと言われているのかわかりませんが、実際の競技者達は筋の硬さがどうなのか? ということで今回はアスリートの筋の硬さについて調べた研究を書き記します。 Muscle Stiffness of the Vastus Lateralis in Sprinters and Long-distance Run…

  • #36 お尻を鍛えるには深くスクワットをした方が良いのか?

    トレーニングにおいてスクワットを実施する際にはフォーム、重量、挙上スピードなどを意識すると思います。 トレーニングを実施する上ではお尻にフォーカスを当ててトレーニングを実施する場合が多いと思います。 ブログ更新!✅【論文レビュー】スクワットのしゃがむ深さが筋肥大効果に及ぼす影響https://t.co/VNTfBIY8ohケツと内ももを鍛えたいならスクワットで深くしゃがんだほうがいいかもしれません。— 河森直紀 Naoki Kawamori (@kawamorinaoki) 2019年6月28日 河森さんのブログで紹介された論文をこちらにも書き留めておきます。 Effects of squat…

  • #35 上肢のプライオメトリックトレーニングを8週間実施すると球速が3km/h上がる:論文レビュー

    今回はプライオメトリックトレーニングに関する研究を書き留めます。 プライオメトリックトレーニングは縄跳びやバウンディング、リバンウンドジャンプ、ドロップジャンプのように反動を使う動作様式を伴うトレーニングを指します。 プライオメトリックトレーニングにより運動パフォーマンス中のパワーの向上などが見込まれます。 sportsciecne.hatenablog.com ↑の研究ではプライオのトレーニング効果はいまいちでした。w 今回紹介する研究は www.ncbi.nlm.nih.gov Effects of high volume upper extremity plyometric traini…

  • #34 足が速い人は前もも(大腿四頭筋)よりもお尻(大臀筋)がデカイ:トップスプリンターに関する論文レビュー

    足が速いっていう言葉に違和感を感じる今日この頃です。 今回は陸上競技100m走の選手の下半身(下肢)の筋量と疾走タイムとの関連を調べた論文を書き留めます。 Associations Between Individual Lower-Limb Muscle Volumes and 100-m Sprint Time in Male Sprinters. - PubMed - NCBI 男性スプリンターにおける個人の下肢筋量と100mスプリントタイムとの関係 下肢の筋量を計測してスプリントタイムとの関係を観察した論文ですね。 結論としては Faster runners have greater g…

  • #33 筋量が多いほど強い力を発揮できるのか?

    筋量が多いほど強い力を発揮できます。 以上。 そのことを示した論文を書き留めます。 【みんなで筋肉体操】腕立て伏せ ~ 厚い胸板をつくる 筋肉体操ってどの時間帯に放送されてるんだ...? www.ncbi.nlm.nih.gov Muscle volume is a major determinant of joint torque in humans. 筋量はヒトの関節トルクの主要な決定要因である ※グーグル先生翻訳 男性被験者26名の腕の筋力と筋量の関係を調査した論文です。 肘関節伸展トルク(筋力)は肘関節伸展筋の筋量とかなり高い相関がありました(r=0.96)。 同様に 肘関節屈曲トルク…

  • #32 ジャンプの前に重りを担いでスクワットをするとより高く跳べる:研究レビュー

    高重量のスクワットを実施した後にジャンプとかスプリント走とかやると、高く跳たり、速く走れたりする感覚ありますよね。 ...無い人もいそう笑 実は、、、感覚だけじゃなくて本当にパフォーマンスアップしてます。一時的に。 それに関する論文を一つ記します。 https://oce.ovid.com/article/00124https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24513618278-201408000-00019/HTML Influence of the Intensity of Squat Exercises on the Subsequent Jump Per…

  • #31 膝関節の角度によって発揮できる筋力が違う:研究レビュー

    膝関節の角度によって発揮できる筋力は異なります。 実際に膝関節の角度と筋力の関係を研究した論文を書き留めます。 www.ncbi.nlm.nih.gov A comparison of knee extensor strength curves obtained theoretically and experimentally. 理論的および実験的に得られた膝伸展筋力曲線の比較 ※グーグル先生翻訳 座位および横になってる状態(lying)のときの膝関節伸展筋力(膝を伸ばす力)を測定しました。 座位 膝関節が105度のときに筋力が1番高い 横になってる状態(lying) 膝関節が120度のときに…

  • #30 ストレッチは即時的に筋力を低下させる:研究レビュー

    ストレッチは筋力は発揮にはマイナスだ! と最近(感覚では10年くらい前から)言われています。 その元になっている論文の一つを書き留めます。 www.ncbi.nlm.nih.gov Reduced strength after passive stretch of the human plantarflexors. 足関節底屈筋群ストレッチ後の筋力低下 2000年に発表されてます!約20年前w 30分間足関節の受動的ストレッチを実施し、ストレッチ前後の筋電図、足関節トルクを計測しました。 ストレッチしない場合もコントロールとして計測しています。 結果 足関節トルク(筋力)はストレッチ後60分ま…

  • #29 重いバットで素振りすることはスイング速度を増加させるですと!?低下させるって研究もあるんだが

    この前重いバットで素振りするとスイング速度が低下するって自身満々に書きました。 sportsciecne.hatenablog.com だがしかし、重いバットで素振りするとスイング速度が増加するという結果を示した研究を発見しました! www.ncbi.nlm.nih.gov 様々な加重バットのウォームアッププロトコルがスイング速度に与える急性的な影響 (Acute effects of various weighted bat warm-up protocols on bat velocity.) 被験者はアメリカの大学でディビジョン3に所属する野球選手19名。ディビジョン1が1番ハイレベルで…

  • #28 踏み込み脚の股関節の可動域は低い方が速い球が投げられる: プロ野球投手のバイオメカニクス研究

    プロ野球投手における股関節の受動的可動域とピッチングバイオメカニクスおよび球速との関係 Passive Ranges of Motion of the Hips and Their Relationship With Pitching Biomechanics and Ball Velocity in Professional Baseball Pitchers www.ncbi.nlm.nih.gov 結論① プロの投手は軸股関節と比較して非支配的な踏み込み股関節で受動的可動域が小さい。 (Professional pitchers possess less PROM in the nond…

  • #27 ストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップ投球時の運動力学的比較:論文紹介

    Kinetic Comparison Among the Fastball, Curveball, Change-up, and Slider in Collegiate Baseball Pitchers www.sciencedirect.com kinetic=運動力学的な comparison=比較 大学野球ピッチャーにおけるストレート(ファストボール)、カーブ、チェンジアップ、スライダーの運動力学的比較 って感じで翻訳あってますかね?笑 上記の球種のキネティクスを比較した研究です。 ダルビッシュ有の変化球バイブルハンディ版 [ 週刊ベースボール編集部 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック…

  • #26 ピッチングのバイオメカニクス:腰の回転速度と球速は関係ない!? (論文レビュー)

    ふと野球の投球に関する論文を見ていて気になることがありました。 www.ncbi.nlm.nih.gov Kinematic and kinetic comparison of baseball pitching among various levels of development. ユース(10−15さい)、高校生、大学生、プロ投手のピッチングのキネマティクス(動作的な感じ)とキネティクス(力学的な感じなやつ)を比較してます。1999年に発表されている論文です。ちなみにプロ選手の球速は平均133km/hでした...。遅い、私でも出せます、、、笑 そこは置いといて、気になるところですが、Ar…

  • #25 重いバットで素振りするのは逆効果?:論文レビュー

    菊池雄星さんラステラ→トラウト→大谷と三者連続で飛翔。 pic.twitter.com/axprwa3vl7— Kosuke Sasaki (@suke_TB_1039) 2019年6月9日 トラウトの後方で大谷がタイミングバッチリに素振りしてますね! トラウトのホームラン時の球種はストレートで、大谷のホームランは初球のカーブ。リードが単純すぎましたね、、、。 トラウトの後ろでタイミングを合わせる大谷のバットには重りらしきものも... 実は重いバットで素振りすることはマイナス効果があるという論文が結構出されています,,,。 今回はその日本語の論文を書き留めます。 http://tokyo-ta…

  • Fitbit Versa:心拍数が急に測れなくなった時の対処方

    先日、知り合いのFitbit Versaの心拍数の測定機能が機能しないという事件が起こりました。しかも、新品で1日で動かなくなったようです。 その際、心拍数の測定を復活させた方法を紹介します。 ①スマホのFitbitアプリ上の心拍数をオフ ※写真は私が使っているBlazeで、知人に説明するために使ったものです アプリ上ウォッチの所をタップ 下にスクロール 心拍数をタップ 心拍数をオフに設定 ②Fitbitとスマホを同期 これは書かなくてもできるでしょう ③Fitbitを再起動 Versa上の左のボタンと右下のボタンを5秒くらい押して再起動。Fitbitの再起動のマークが出るまで長押しです。 ④…

  • #24 長距離ランナーの腱は柔らかい方がいい? 論文レビュー

    腱は硬い程パワー発揮する際に有利だと思います。 しかしながら、長距離ランナーに関しては柔らかい腱を持つようです。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20535616 Effects of mechanical properties of muscle and tendon on performance in long distance runners. 筋と腱の力学的特性が長距離ランナーのパフォーマンスに及ぼす影響 といったところですかね。 長距離ランナーと一般人の筋と腱の特性を調査しています。 膝関節伸展筋力は 長距離ランナー < 一般人 足関節底屈筋力…

  • #23 歩数と死亡率:どんぐらい歩けばいい?

    最近気になる論文を見つけました https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/2734709 Association of Step Volume and Intensity With All-Cause Mortality in Older Women 高齢女性における死亡率と歩数の関係を示した論文になります グラフの横軸は1日の歩数平均 縦軸は死亡リスク?みたいなものですね グラフの通り7500歩以降は死亡リスクが変わりません。 つまり、高齢女性(上記の研究では平均72歳)7500歩以上は無理して歩かなく…

  • #22 エピジェネティック:遺伝子のオンオフ

    最近、学校のセミナーでエピジェネティクスについて学ぶ機会がありました。 私たちの体は、筋、腱、骨、臓器など様々な組織から構成されています。 それらの組織をより細かく遺伝子レベルまでみると、その情報はどの組織も一緒です!!!!!!!!!!!!!!! なぜ 違う細胞になっていくのかというと一つ一つの遺伝子にオンとオフスイッチがあるかららしいです!(ゲストスピーカーが英語で喋ってたので違ったらすいません) そのスイッチのオンオフは環境に左右されるらしいです。 なので、運動、食事、睡眠などによりエピジェネティクス的な何かが変わるらしい 同じトレーニングをやらせても人によって効果が違うのはこういう所から…

  • #21 腱は柔らかい方がいいの?硬い方がいいんじゃない?

    腱の硬さについて考えたことはありますか? アキレス腱を想像してみてください。 アキレス腱は筋が発揮する力や足部から伝わる力に対して伸び縮みします。 このとき、腱が針金のように硬いと・・・・・ 私のお腹のように柔らかいと・・・・・ それぞれダメなような気がしますね 腱は粘弾性特性を有しています なので、”伸びやすく、戻りやすい”腱を持ってればいいですよね?たぶん 今回はアスリートのアキレス腱の硬さを評価した論文です www.ncbi.nlm.nih.gov 下腿三頭筋の硬さ(スティッフネス)を調べた研究になります スプリンター vs 長距離ランナー vs 運動しない人 で腱の硬さを調べました。 …

  • #20 ヒトに隠されるバネ

    体操競技の白井選手は床や跳馬における跳躍力。すごいですよね! あの物凄い跳躍の高さは単に床のバネやロイター板のバネにのみよって産み出されるわけではありません。 ヒトは生まれつきバネを持ってます。 そのバネの正体は腱です! 腱が引きのばされ、まるでバネが縮むように動くことでパワーが増強します。 この腱のバネ特性を最大限に生かす動作様式が伸長-短縮サイクル運動(SSC運動)と呼ばれています。 また、SSC運動は主動作の前に反対方向に運動だと言われています。 例えば、垂直跳びを実施する時は跳ぶ前に一旦しゃがみますよね。このしゃがみ込みは反動動作と呼ばれ、腱に弾性エネルギーを蓄積することができます。 …

  • #ns12 体力テストのテストの順番

    体力テストを実施する際にテストの順番について考えたことはありますか? テストの順番は体力テストの結果に大きく影響します。 そこで今回はNSCAの定めるテストの順番について述べます。 1. 非疲労性テスト 2. アジリティテスト 3. 最大パワー、最大筋力テスト 4. スプリントテスト 5. 局所筋持久力テスト 6. 疲労性の無酸素性能力テスト 7. 有酸素性能力テスト 具体的には 1. 身長・体重・柔軟性 2. 反復横跳び・Tテスト・プロアジリティテスト 3. 1RMクリーン・スクワット・ベンチプレス 4. 50m走 5. 腕立て伏せ・腹筋 6. シャトルラン 7. 長距離走 ですかねえ 6と…

  • #19 タダで動作解析が簡単にできる!動作解析ソフト"Kinovea"の紹介(windows)限定

    今回は無料の動作解析ソフトの紹介をします。操作も簡単です! その名もキノビア こちらからダウンロードしてみてください。 残念ながらwindows限定、、、 www.kinovea.org キノビアは一般時の人だけではなくスポーツ科学系の研究者が使用する程硬度な処理が可能なソフトです。簡単です。 このように録った動画or画像を後からパソコンに取り込んでいじることができます。 これの画像は編集した画像の一部を抜きとったものです。 映像はスナッチして丁度キャッチしたところですかね。 バーの軌道を追跡しています。 これはバーを自動で追跡させてますが、わりといい感じに追ってくれます。(ときどき外れるのは…