searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

恐ちゃんねる管理人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
恐ちゃんねる
ブログURL
http://kowamatome.livedoor.blog
ブログ紹介文
怪異譚の収集とまとめ。ここで言う怪異譚とは、世にある怪異な現象、怪奇現象全般を指します。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2019/08/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、恐ちゃんねる管理人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
恐ちゃんねる管理人さん
ブログタイトル
恐ちゃんねる
更新頻度
集計中
読者になる
恐ちゃんねる

恐ちゃんねる管理人さんの新着記事

1件〜30件

  • 【洒落怖】ザキか?

    実話です。小学生の時、友達の先輩に、ザキを使える人がいたらしいです。 本人も怖くて封印しているそうなんですが、その友達が、夕方、先輩の家に 遊びに行ったとき、その先輩のクラスの副担任が嫌なヤツで、「こいつ 死んでもいいよなぁ。ザキ!」と先輩がクラス写真を指さして念じたらしいんです。

  • 【洒落怖】5ミリ

    10年くらい前に知り合いが教えてくれた話です。 ある大学生がいて、自宅の自室で勉強していたそうなんです。だけど、 なにやら背後に視線を感じる。どうしても気になり、ふと振り返ると、 背後の側面にある本棚と本棚の隙間から、小学六年くらいの男の子が ジッと大学生を見つめていました。

  • 【洒落怖】ツーリング

    断っておきますが、実話です。私、山超えのバイクツーリングをして いた時に、3台のバイクが私を追い抜いて行きました。すると3台目の 後ろの席に、白い寝巻きを着たおじいさんが立っているではないですか!

  • 【洒落怖】シーソー

    私が子供の頃、体験した話しです。 近所の公園にシーソーがありました。 ごく普通のシーソーで、右に下がったり左に下がったり ちゃんと動いていました。

  • 【洒落怖】目印

    ハンドルがマジレスさんのままだ。まぁ、いいかぁ。 もうひとつ。これは昔NHKで地方の紹介をする番組で放送された。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介 する番組だったのだけど、一度ある雪深い地方が紹介された時、

  • 【洒落怖】花嫁人形

    小学生の頃、雑誌で読んだのですが、いまだに怖くて覚えている話です。 日本のどこかの地方の話。 そこでは、男性が結婚せずに若くして死んでしまった時、棺の中に 名前をつけた花嫁人形を一緒に入れて、あの世で幸せな結婚生活を 送れるようにと一緒に燃やすらしいのですね。

  • 【洒落怖】そうしたほうがいい

    10年以上前、鳥取から東京への修学旅行の帰り、山陰本線(?)だかの寝台列車で。 夜中、日本一高いっていう鉄橋を通りました。その2~3年前に強風で列車が脱線、下に落ちて何人か亡くなった場所です。 寝台車のベットで寝れなくて4人で怪談してた友達が、 「人が死んだところで怪談してるとやばくない?」 「やめようか?」「やめよう やめよう」 と、話してたところ、 「そうしたほうがいい」 という男の声がきこえたそうです。

  • 【洒落怖】サッカー

    じゃね。とあるサッカーの名門高校があった。 そこにサッカー部の監督として就任した先生がいた。 その高校は毎年のように県の代表としては全国大会に 出場していたが、その監督に代わってからは戦績は 思わしくなく、次第に校長や父兄、それを応援する地元住民 から苦情やプレッシャーを受けるようになった。

  • 【洒落怖】人形の家

    おととい友達の家に泊まりに行って、夜散歩してたら友達がそういえば この辺に人形がかざってある家があったなー小学校の時行った、といって いくことになって行ったら、友達も場所うろおぼえでここだっけなーとか 言う感じでいってて、なんか細い道で二人やっと通れるぐらいの道で、周りは ぼろい物置ごやとかぼろい家とかで、ちょっと曲がり角みたいなとこを曲がった ら、5メートルぐらいの棒の先にピノキオみたいな人形がくくりつけてあって

  • 【洒落怖】ペット

    私の一番怖かった体験なんすが。 うち、犬飼ってるんですが(ラブ・室内犬)この間、ベランダに出して 遊んでたのね。 ベランダだから当然二階以上の高さにあるわけですよ。 で、私と犬が座って向かい合う形になったの。

  • 【洒落怖】学校の怪談

    ここが有名な「学校の怪談」の発祥かもしれません。  高校生の時、友達の家で麻雀をして夜中帰る途中、 何かが聞こえる。 それはピアノの音。 夜中にピアノの音。 「迷惑なやつもいるもんだ」とそのまま、自転車を漕いでいると気づいた。 通っているのは小学校の前。 聞こえてくるのは明らかに学校の中から。

  • 【洒落怖】おんぶ2

    ある男が、ほんの遊びで付き合った女を孕ませてしまいました。 一応「責任をとって」結婚はしたのですが、もともとそんなに愛情を感じているわけでもなかったため、男はすぐに結婚生活が嫌になりました。 男は外に女を作り、家では妻に暴力をふるうようになりました。 とはいえ、幼い子供がいるということもあってか、互いに離婚話を持ち出すことはありませんでした。 そんなある夜。

  • 【洒落怖】ノック

    韓国の(かなり)こわい話 体験談より 彼は病院で仕事してるんすけど 夜夜勤で働いてたらドアがトントンとノックされたとのこと 「はい?」 でも返事がない 自分以外にもまだ誰か残ってるのかななんて思いながら 無視してるとまたトントン 「誰ですか?」

  • 【洒落怖】下男2

    ええと。今まで聞いたうちで一番怖かった話ですが。 もう出てたらごめんなさいよ。 5,6年前、大学入学で地方都市にいった友人から聞いた話ですけど。 その町でほんとにあったこと、ということですが、1人暮らしの女の子がいて、ワンルームマンションに住んでいたんですが、ある日友達が二人遊びに来て泊まって行くことになったそうです。

  • 【洒落怖】軍人さん

    2年前、兵庫県淡路島に遊びに行った帰りに、南淡町の「若人の広場」の近くで お城の石垣をくりぬいてつくった博物館らしいものを発見したんだ。 もちろん廃館だったんだけど、中にはいってみたらびっくり!!! 第二次世界大戦の日本軍の遺品がいっぱいあった。 穴の開いたヘルメット、黒い血がついた軍服、襟元に着ていた人の名前から 住所まで書いてあった。。。

  • 【洒落怖】13体の人骨と1体の老婆

    むかし小学生の頃保健の先生に聞いた話だけど 岐阜の民家であったゾンビ事件はこわかった。その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため 家どうしが隣接していなく隣の家との距離は 100mほど離れていました。

  • 【洒落怖】霊柩車

    Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に 住んでいました。おばあちゃんはもともとはとても気だての よい人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり、 だんだん偏屈になってしまい、介護をする母親に向かってねちねちと 愚痴や嫌味をいうばかりでなく

  • 【洒落怖】君もそう思うかね

    友達の体験談 俺の友達は金縛りにしょっちゅうあう人でその日も金縛りに会ったそうです。 1回目、2回目とも金縛り中に肩をたたかれ、「母親が俺をおこそうとしたのかなー」 と思い母親のところにいったのですが深夜なので母親は寝ていました。

  • 【洒落怖】ようこそ

    友人はある日、軽い気持ちで声をかけた女の子とホテルに行きました。 Hし終わって疲れた友人は、女の人に腕枕をして眠り込んでしまったそうです。 目覚めてみると、女の人はもう部屋の中にいませんでした。

  • 【洒落怖】3つ質問

    「この話しを聞いたら3日以内に夢にある人がでてくる」 中学の時に流行っていたんだけど、これ系の話しはどこでもあるよね。 夢の中で、ある人は3つ質問をするのね。 1つ目 「私の名前は?」 2つ目 「私の子供の名前は?」 3つ目 「押し入れの中には何が入っていた?」

  • 【洒落怖】今帰ってきたの?

     冬。 夜遅く帰ると 「あれ 今帰ってきたの?」 と 母が言った。 そうだと答えると 「ふうん。」 と 首をひねってから私に背を向けた。 何か合点がいかないようだった。

  • 【洒落怖】お通夜の日

    おじいちゃんのお通夜の日の話です(長いです 当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで 自分の部屋で音楽を聞きながらマターリとしてたんです。

  • 【洒落怖】車の上

    トラックの運転手をしている私の友人の体験談。 石川県の、とある高速道路を走行中、ひとつ前をはしっている乗用車の 屋根に何か大きな物がはりついていました。なにぶん夜中なのでビームライトに してよく見てみると、青い浴衣を着た角刈りの男がしがみついている。

  • 【洒落怖】墓参り

    4年ほど前でした。 祖母が危篤との知らせを受けて、親戚が集まりました。 田舎の小さな病院なので、大人数いても居場所に困るため、 祖父と伯母を病院に残して祖父母の家に待機することになりました。

  • 【洒落怖】白い女の子

    先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。 そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。 私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために脚が遠のき、 さらに大学に通うのに東京に出たため、そこを訪れるのは 実に10年振りだった。

  • 【洒落怖】山の上の廃病院

    高校生の時の実話。 地元の中学校時代の友達2人と近くの山に肝試しみたいなことをやりに行こう という話になった。その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている さらにそばに病院が建っており、現在は使われていないその病院の旧館跡が 廃墟の状態で残っている。予定ではその病院の旧館探索してから、山を登る道にでて 頂上で缶ビールで乾杯してから、反対側のふもとに下りる道から山を下る、というプラン 深夜1時過ぎに3人で、まず病院裏の旧館跡に進入。

  • 【洒落怖】ワープ

    会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさんとしますね)のお話。 Aさんが小学生の時、 積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、 チャイムが鳴ったので1番に教室にかけ込んで行った。

  • 【洒落怖】トキメキ指数

    渋谷で買い物の途中、足に怪我をした女の子を見た、血が結構出てるのに、平気な顔して歩いているので、変だなと思っていた、きょろきょろとおちつきがなく、たまに人の顔をおもいっきり覗き込んだりしている、気になって、見るとはなしに見ていると目が合った

  • 【洒落怖】子供(霊感有り)

    オレの家は旧日本海軍の大田中将が太平洋戦争の末期に 自決したことで知られる通称海軍壕と呼ばれる小高い丘から わずか150mしか離れていない所にある。しかもこの一帯は 沖縄戦の中でもかなりの激戦区だったところ。この辺りだけでも 多分数千人は死んだんじゃないかな。結構お墓も多い所だ。

  • 【洒落怖】死んだ弟

    怖いかどうかわからないけど、前の彼女が体験したらしい話。 彼女の名前はOにしときます。 Oが小学2年の時に肺炎になったらしく、入院することになりました。 病室は個室で、母親は家に入院のための用意を取りに帰ったそうです。

カテゴリー一覧
商用