searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

うえさまさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
仙台宮城野STEM教育塾
ブログURL
https://stem-miyagino.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
数学とプログラミング教育の少人数指導の塾を仙台市宮城野区にひらく準備をしています。これまで進学校での大学進学の指導の際に生徒に話していたことや、具体的なプログラミング教育の手法などを書き綴ってゆきます。
更新頻度(1年)

22回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/08/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、うえさまさんの読者になりませんか?

ハンドル名
うえさまさん
ブログタイトル
仙台宮城野STEM教育塾
更新頻度
22回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
仙台宮城野STEM教育塾

うえさまさんの新着記事

1件〜30件

  • 任意の解を持つ連立方程式を作る方法

    ちょうど今、授業時間で出席を確認している3分ほどの時間でできる計算プリントを作っていました。目的はいくつかあるのですが、最も大きいのは「計算力を固める」ことにあります。 今日の話題は「連立方程式の問題を作る」ことです。連立一次方程式なので係数を適当に決めて、これを解いて解き方や解の適否(解が分数になる方程式は、本来の目指す効果が得られないことも多い)を判断します。 要するに「整数解」が得られれば問題がないのですが、これが意外に大変です。しかし、計算問題もテキトーな係数で作ると解が分数になってしまって解くほうも点検するほうも大変です。面倒になると既存の問題集から、答えを先に見て問題をコピーしてシャンシャンとしている先生も多いはずです。(ここに神経を使うことは、学校で授業をする上ではほとんど価値がありません)そこで、任意の解をもつような三元連立一次方程式を作ることを考えてみました。..

  • 自己紹介4-将棋の効用

    N高の高校生時代は「将棋」に夢中になっていました。高校生最後の試合で「トン死」(勝勢の将棋をミスして逆に詰まされた)をくらって負けたのでいい思い出はあまりないのですが、当時の友人とは一度大学進学時にバラバラになって、60を超えた今になって集まって将棋を指しています。 将棋は藤井聡太七段が「天才」と言われ、プロの将棋界に大きな衝撃を与えています。これは(とっても)若いうちから将棋に親しんだから到達できた領域です。高校時代の仲間とも「子供に将棋を教えてみたいよね」なんて話しているくらいなので、いずれアクションを起こしたいと思っています。 さて、僕たちのような「普通の人」にとっても将棋は多くのヒントを与えてくれます。 まず、将棋で「待った」(一度指した手を「間違えた」と主張してやり直しを要求すること)は「恥ずかしいこと」とされます。したがって、一手一手よく考えてから指さなければ..

  • テープで遊んでみよう(4)

    先日、ふと「先生の役割ってなんだろう」と考えてみました。小中学校は「社会性の育成」つまり、クラスという集団の中で関係性を調整しつつ自分の力を発揮する場を作ってゆくことなのでしょう。でもそれだけではないですね。 そこで、「学んだ先の世界を見せる」という言葉を考えてみました。特に私達のような進学指導の専門家は「大学受験があるから勉強しろ」とは最後の最後しか言いません。僕の場合は専門の数学、得意分野の工学・物理学などのトピックを中学生や高校生がザクッとわかるように噛み砕いて解説することを大切にしてきました。「今、勉強をがんばればこんなことが理解できる」と思うと面白がって勉強してくれた生徒が多かったということでした。 どうしても、受験の結果(進学先)はわかりやすいですが、本来は進学してからどう進んでゆくかの方が大切なはずです。自分が頑張ることで社会の難問が解決できる、人の命を救うことが..

  • テープで遊んでみよう(3)

    同名の記事では「メビウスの輪」を作って、縦にカットしてみたときの変化をしらべていました。縦に2本にカットした場合は、大きなメビウスの輪ができました。メビウスの輪をカットしたら大きなメビウスの輪ですので、あまりおもしろみのない結果とも言えます。 次にメビウスの輪を縦に3本にカットする場合を考えます。前回に準備したペーパーを太線でカットすると1本〜5本のまとまったテープが切り出されます。今回はその中でも3本まとまったテープを使います。 これも、1本のメビウスの輪にしてから縦線にそって3つにカットするので、メビウスの輪を作る前に両端を1cmずつくらい残して真ん中をカットしておきます。写真が見にくいかもしれませんが、この写真も切れ目が入っています。 このテープをくるっとひねって糊付けして1本のメビウスの輪を作ります。糊が乾いたら「糊代」の部分だけ残っていますので、そこをカット..

  • 自己紹介3

    僕自身のこともわかっていただきたいので、昔話を続けて書きます。 前任校は、なかなか優秀な学校でした。4人集めて整数論のセミナーをやったときは、4人の偏差値の合計が 300 で大きな間違いはないでしょう。中心になった一人は現役で東京医科歯科大学の医学部に入っていきました。今は6年生です。 4年前に卒業させた学年は、4年生(高1)から数学を指導した学年ですが、僕にとっての「ラストゲーム」でもあり、仲間から「あの学年は伸びなかったよね」と言われたくなくって頑張りました。学力別にクラスを展開した上で、文系理系の最上位クラスをしました。国語・英語・理科の先生にも恵まれた結果、現役で東北大学は何名入ったのか数えられず、一橋大学、東京工業大学、北海道大学(医医)など超難関の国公立大学に、さらに1浪して東大、京大、東京医科歯科大(歯)などに合格していってくれました。受験数学の指導者としては一定..

  • プログラミング - 小学生はこんな学び方をしよう

    小学生からプログラミングを学ばせる、そんな時代に入ります。僕自身はこれを「仕掛けた側」にも知り合いが多いのでどのような未来を見ているのかも理解しています。また、プログラミング教育にかかわって30年を超えますので、早期教育(頭の柔軟なうちに論理的思考を仕込む)の大切さも十分に感じているところです。さて、そんな僕の目から見たプログラミング入門時の学び方を紹介します。 プログラミングは、「繰り返し」と「条件分岐」で問題を解決することです。その過程で「変数」を上手に使うことが要求されます。すごく野蛮な書き方をすれば、この3つを上手に使えれば少なくとも小学校段階でのプログラミングは合格です。 ま、中学校では「技術家庭」の中に含まれることで、高校では「情報科」の中に含まれることで専門性が上がってきますが、土台はこの3つです。 そこで、学習の初期段階に僕が生徒によく使わせていたサイ..

  • 不思議な計算(3)

    以前の記事「不思議な計算」「不思議な計算(2)」の計算をやってみていただけたでしょうか。もし、最初にこの記事を見たのであれば、ぜひ遡っていくつかの数字で良いので計算をしてみてください。 この計算は「コラッツ問題」とか「コラッツ予想」と呼ばれる計算で、ドイツの数学者 Lothar Collatz により1937年に提示された問題です。しかし、これは数学的には有名な「未解決問題」の一つです。これが解決できれば数学史に名前が残りますので、未解決問題に自分が立ち向かえるはずがないなんて消極的にならずに挑戦してみると新しい世界がひろがる気持ちが味わえます。 この問題に関しては、一つ一つの計算だけなら小学生でもできます。特定の数について確かめることならコンピュータでもできます。繰り返し計算(ループ)を回せば、「多倍長計算の問題」「オーバーフロー」の問題はでてきますが、相当の範囲についても確..

  • 1+2+2+4+・・・・(2)

    「1+2+3+4+・・・・」最後が10なら暗算で足しても大したことはありません。最後が100なら、電卓を使えばいいでしょう。逆に、合計した数字から引いてみると確かに0になるか?はちょっとした頭のトレーニングになります。 でも、その前に「目で見て」理解できないかを考えてみよましょう。材料は100円ショップの園芸コーナーで売っている小さなキューブです。4つ購入して400円です。子供さんといろいろと遊んでみるには高くない出費です。 このキューブを使って 1+2+3+4+5 をどう表現できるでしょうか。どう準備したら視覚的にうまい整理ができるでしょうか。工夫してみてください。解答は次回です。 この計算は、18世紀のドイツが生んだ最も著名な数学者のガウスが7歳の時に解いて見せた方法です。もし、小学校1年生でこの方法が思いついたら「ガウス並みの頭脳」かもしれません。 ---..

  • ロボットを通して学んでほしいこと

    僕はSTEM をうたう以上、技術(Technology)を通して学ぶところは大きいと信じています。いくつかの特徴的な経験があります。 15年ほど前になるでしょうか、情報科の授業で「梵天丸」というロボットを教材にして授業をしていたことがあります。それが終わった後に生徒の感想を聞いた中で「自分の書いたプログラムのとおりにロボットが動いてくれると楽しい」と書いてくれた女子生徒がいました。「なるほど!」と思った瞬間でした。彼女はその後理系科目に特段の興味を示すことなくF大学へ進学してゆきました。いまでも理系とは縁のない生活をしていると思います。 >その後、新設校だった前任校では授業に LEGO Mindstorm NXT を導入し、情報科の授業で NXC のプログラミングに挑戦しました。今度はCに似た文法の言語でプログラムを書きます。もちろん教材は十分に研究して作りましたが、「残業」と..

  • micro:bit もおもしろい

    いろいろ迷いながら、いろいろなツールを使いながら書いています。この記事は Android タブレットで撮った画像を、Android上のフリーソフトで加工した画像をアップロードした上でPCで加工しています。 今日は micro:bit を紹介します。micro:bit は 55mm×43mm くらいのワンボードコンピュータで 3V を供給すれば動作します。プログラムを書いたり転送するためにはPCが必要になりますので、micro:bit 単独で動くとは言い切れません。しかし、元々が教育用のため 2,500円程度でスイッチサイエンス様のような専門の販売店様だけでなくAmazonなどからも入手できます。入手が容易で、情報も豊富(「micro:bit」で検索してみてください。)なので本気で紹介してみたいと考えています。 なおチュートリアル(入門講座)は多くのサイトがオフィシャルサイトにリ..

  • Zoomに挑戦しています。

    今、教育の現場では「オンライン授業」が話題になっています。そこで、僕も Zoom をインストールしてみました。使い込むのはこれからですが、次のような手順で行いたいと考えています。 ① メールで相談をする。送信先は下のアドレスでお願いします。   stem.sendai.miyagino(アットマーク)gmail.com   お名前、学校名、学年、メールアドレス   Zoom 使用を希望する場合は日程・時間の希望   (Zoomのアカウント:無料版はとっておいてください。)   (当然ですが、これらの内容は外部に漏れることはありません) ② 数回、メールのやり取りをさせてください。Zoomを使わないで済みそうな場合はここで終了にします。やり取りしながら日程を決めます。 ③ 指定日時の前に Zoomミーティング の招待メールを送ります。この文中のキーを使..

  • 1+2+3+・・・

    こういう時期でもあるので「小学生でもわかる数学」をテーマに様々なネタを公開しています。しかし、簡単な数学でも応用されているものも多く、今、遊んでいる「メビウスの輪」も「エンドレステープ」(スーパーなどで同じフレーズを繰り返し流してくれるカセットテープ)に応用されている(らしい:僕自身はテープを聞いたことはあるが、実物をまじまじと見たことはない)というのがwikipediaの情報です。 さて、メビウスの輪は実際に遊んでいただく時間をもう少しとって、新しい話題を提供します。 1+2+3+4+・・・・+100 を簡単に計算できないでしょうか。ここからどんな数学が見えてくるでしょうか。とりあえず、上の計算を子どもたちと一緒にやってみましょう。電卓をたたいてもいいですよ。 --------------------------------------------------..

  • 入試採点官の叫び2

    今日の話題は「消しゴム」の話題です。確かにI学園高校が受験のときに配布する消しゴムや駅近くにある某塾の名前の入った消しゴムを使う受験生がいることが気にならないということはありません。でも、それが受験に不利に働くということは断じてありません。 そこではないのです。当然ですが。 採点をしていると、消したのか消さなかったのかわからない答案があります。前稿でも述べたように、正しいかもしれない解答を正しいと忖度して ○ をつけることは、他の受験生との関係もあり「できないこと」です。 大学入試センター試験はマークシートですから、マークシートのリーダーが読んだ答が受験生の答と評価されますし、「正しく読み取られないようにマークしたほうが悪い」と切り捨てますが、高校を受験する中学生にもこれは同様に適用されます。そうするしかないんですね。答案は採点者を替えて何度もチェックされます。採点の過程..

  • 不思議な計算(2)

    以前のタイトル「不思議な計算」の計算はやってみたでしょうか。 小さい数から始めると、計算量はたいしたことがありません。 11から始めてみれば、 11 → 34 → 17 → 52 → 26 → 13 → 40 → 20 → 10 → 5 → 16 → 8 → 4 → 2 → 1 と14回の計算で1になって終了します。 しかし、大きな数となると大変です。 そこで、プログラムを書いてみました。 HTMLページの中にこのコードを埋め込んで、 適当な整数値を入れてください。 値: で呼び出すと計算をしてくれます。自分でHTMLを書いたことがある、勉強したいと思っている人は適当なHTMLファイルにこのコードを埋め込んで実行してみてください。 うまく行かない人は http://www016.upp.so-net.ne.jp/sig..

  • テープで遊んでみよう(2)

    今日はメビウスの輪を縦に2等分するとどうなるかとやってみた答です。 最初に2本のリボンを準備します。あとで縦に2等分するので、糊付け用の両端を少し残して真ん中をカッターで切っておくと作業が楽です。(「どうやったら楽ができるか」作業前に考えることは、とっても大切です) このリボンを、くるっとひねってから張り合わせます。前の作業で真ん中に切れ目を入れているので変な感じはしますが、確かに1本のメビウスの輪になっています。 あわてて糊が乾かないうちに切ってしまうとテープがバラバラになってしまうので、ちょっとブレイクタイムだと考えるのもいいですね。将棋の世界でいう「読み」という表現がぴったりきますが、この時間に結果を予想すると良いですね。(お母さんを含め)何人かでやっている場合は、お互いの「読み筋」を交換すると良いでしょう。 最後に残った糊代の部分をカットするとこのようになり..

  • 自己紹介2

    今、教材としようとしている材料の一つを画像にしてみました。手前の赤いのが Raspberry Pi 4 です。ほとんどの人は知らないと思いますが、イギリスの教育用のワンボードコンピュータです。最も高価なもので 8,000円 程度で購入できます。赤いのはヒートシンク(熱の発散用)を兼ねたケースで、その他のSDカードなどを含め、キーボード・マウス・モニターは別で 12,000円 程度で購入できます。このワンボードコンピュータには僕自身が大きな可能性を感じていますので、できる限りブログ周りはこのコンピュータで済まそうと考えています。なお、使いながら調べたメモはもう一つのブログ https://sige-lab.blog.ss-blog.jp/ に書いています。僕自身の興味に従って書いていますので、記事間のつながりは考えていません。よろしければご覧ください。 後ろの白いロボットは L..

  • 自己紹介1

    自己紹介を掲載しておきます。仕事周りを中心に、純粋な個人情報に関する部分はネットなのでできるだけ隠します。ご容赦ください。見る人が見れば、個人の特定は容易ではありますが。 住所:仙台市在住 職業:現在は高校の再任用教諭(数学)    東北大学の非常勤講師の経験もあります。 数学教育(特に受験数学の指導)と情報教育に30年以上関わり、主に理系の難関大学の数学受験指導、ロボットを用いたプログラミング教育を行ってきました。 本来であれば、もう少し準備を進めてから本腰を入れて始める予定でしたが、こんな時勢のこともあり、できる範囲での貢献をしたいと考えました。現時点でできることは限られますが、お役に立てそうでしたらご相談ください。 -----------------------------------------------------------------------..

  • テープで遊んでみよう

    昔の記事の書き直しで申し訳ないのですが、小学生でも遊べるので画像だけ使って書き直しました。 素材はここに公開してあります。くだらないExcelのワークシートですが、開いてプリントアウトしてみてください。 http://www016.upp.so-net.ne.jp/sige-lab/2010/Math/MobiusLoop.xls カットしたあとの画像とはなりますが、次のようなシートが印刷されます。 これを画像のように切り出してみて1本のリボン・2本のリボン・3本のリボンを作ります。これを使って「メビウスの輪」を作ってみましょう。 メビウスの輪の作り方は簡単で、端にのりをつけて輪にするときにひっくり返してくっつけます。半回ねじるところがポイントとなります。出来上がりを想像すると良いのですが実際に作ってみましょう。シートに色がついているので、なんとなくかわいいです。..

  • 入試採点官の叫び

    特に、保護者の皆様、小学校・中学校の先生、塾・家庭教師の先生へのお願いです。 汚い字には心を鬼にして × をつけてください。 みなさんが「人が良い」のは予想できます。「そのよう(正解のよう)に見えないこともない」という字があることも事実です。「これを × にしたら子供の心が折れるのではないか」という仏心も理解します。 だから「心を鬼にして」汚い字は × と主張します。正確には「学習段階においては」というという条件下です。でも一行目の皆さまが学習段階以外で関わることはありませんね。 なぜか。 1 実際に × にします。 判断基準のこともあり正確には書けませんが、「正しそうに見えなくもないんだけど、正しくないかもしれない」という答を ○ にすることはできません。もちろん採点は正確性を期すために、怪しいものは採点官が集まって協議を何回もします。受験生の人生が左右さ..

  • 不思議な計算

    数学の先生らしく不思議な計算を紹介します。この計算は前任の中等教育学校を希望する小学6年生を対象に紹介したこともある計算です。 問題ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ① 適当な整数を考えます。(書き出した方が良い) ② もし、その数が奇数ならば、3倍して1を加えます。   偶数ならば2で割ります。 ③ ②の計算の結果が1でなければ①へ戻ります。   1になれば計算は終了します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 計算例 最初の数を 23 として計算を進めてみます。計算をひとつひとつ書くと面倒なので、奇数を3倍して1を加えたときには --> で、偶数で2で割ったときには ==> でつなぎます。 23 --> 70 ==> 35 -->106 ==> 53 -->160 ==> 80 ==> 40 ==> 20 ==> 10 ..

  • 新型コロナ情報

    皆様には、新型コロナウイルスの蔓延に伴いご自宅にこもった生活を余儀なくされて、ストレスの貯まることだと想像します。お見舞い申し上げます。私も今年から勤務日を減らし、自宅で様々な教材の開発を行っております。改めて様々な情報を発信してゆきます。 さて、本日の話題はコロナウイルスの症状に関する情報です。 この画像はアメリカ、ミネソタ州ハーバー郡のHPで公開しているものです。新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)に症状が似ていると話題になるインフルエンザ(FLU)・風邪(COLD)・アレルギー(ALLERGIES)との差がわかりやすく整理されています。元情報にはここからアクセスできますが、探すのが結構大変です。機械翻訳にかけるようにすると英語のストレスが軽減されます。 新型コロナウイルス肺炎の特徴は「息苦しさ(Breathlessness)」に現れるようです。毎日のよ..

  • だれもファインプレーと言ってくれない。

    10月から大学入試についての話題が盛り上がっている。 僕の立場はシンプルで、大学入試には公平性が確保されなければならない。採点は厳正に正確に行わなければならない、という立場だ。きわめてまっとうなものだと思う。 別稿のような経緯を知っている僕は「強行されるもの」とばかり考えていた。この入試制度の変更は素人(政治家)が、「入試は暗記」という印象を振りかざして、専門家(入試センターおよび関係者)を力でねじふせたというのが真実である。したがって、「暴走列車は止まらない」と理解していた。 しかし、この暴走列車にH文部科学大臣が立ちふさがった。 繰り返すが、これはH文部科学大臣のファインプレーである。(K学園やHS大学の件からわかるように)H文部科学大臣は怪しげな人物である。この人が誤った入試制度をふっとばしたことを称賛したい。

  • 新入試、英語は一旦引っ込めました。

    今朝の新聞記事(昨日の報道)はびっくりしました。 前回、「見切り発車、強引に押切り」と書いたが、英語に関しては「一旦休止」とした。「モリカケ問題」のH文部科学大臣としては思い切った結論にしたと思った。 しかし、これは何本かある「枝」の一つを抑えたに過ぎない。本丸は「勉強しない高校生をいかに勉強させるか」AO入試の制度を使って、高校時代を部活動だけに打ち込んでアルファベットも書けないのに大学生になろうとする高校生を合理的に排除することである。 大まかに言って、高校生の1割はとってもよく勉強して難関大学に入学してゆく。次の1割は一生懸命勉強して第一志望には合格できないものの、名の通った、歴史のある私立大学や地方の国公立大学に入学してゆく。次の2割はそれなりに勉強して私立大学に入学する。ーあくまでも「だいたい」であるーそして次の2割(高校3年生の中間±1割)は、大学進学を希望す..

  • 新入試、強行されることは間違いない。

    裏話である。信頼できる友人(大学教授)から聞いている話なので、情報源を明かすことは意地でもしない。裏をとることは諦めて。与太話と思ってもらっても良い。 英語4技能検査や記述式の試験は「安倍首相直轄の指示である」したがって、自民党政権が潰れない限り「引っ込められることはありえない」 したがって、高校生は流れてくる情報を、進路指導の先生方の助けを借りて正確に理解し、対応しなければならない。ま、国語や数学の「記述式」は採点の日数や必要な採点官の質と人数により恐れる内容にはならない。B社は60万人規模の全国模試を記述式問題を含めて行うが、採点は学生アルバイトである。しかも数学の採点を理系大学の学生が行っているわけではない。S予備校の実践模試の採点は先生方が行っているが、数万人の採点を同一基準で正確に行うことは現実的には無理だと関係者が話している。 「流されろ」というと聞こえは悪い..

  • 大学選びの基準とは

    いつも「本音の進路指導」を心がけている。同じ質問を自分の子供がしてきたら、どう答えるか。自分の子供に相談されたときの答を、生徒には返さなければならない。 さて、この時期になると「大学はどこを選んだらいいでしょうか」意見を聞かれることが多い。 一般的な受験資料冊子(無料配布のもの)を見ると「学びたいことが学べる大学」を勧めていることが多い。その気持ちはよく理解できるし、僕としても半分は賛成だ。 しかし、大きな大学になるほど多くのジャンルの専門家を教員として迎えるために、受験生が考える程度の「やりたいこと」はほとんどの大学で学べる。 医師になりたいのに、教育系の学部しかない大学へ進めば医師免許はありえない。しかし、基礎研究であれば生物系・化学系の学科から医学部の大学院へ進学し、極端な話、医学博士を取ることは可能だ。しかし、医師になることはできない。でも「医学を学びたい」..

  • 国公立大学の再編がはじまる。

    「入試制度の変更」に関連して記事を書いていたら、制度の変更に便乗する形で国公立大学の統合・再編が進行しそうだとの情報がはいってきた。 もとは「Diamond online」の記事なので正規ルートに乗った情報のようだ。 最も大きなものは、名古屋大学と岐阜大学の統合のようだ。 名古屋大学は「誰もが知っている」名古屋の超一流大学だ。国立大学では「旧七帝大」とひとくくりにされる北海道・東北・東京・名古屋・京都・大阪・九州大学」の中の一つで、ノーベル物理学賞を受賞した南部・小林・益川先生のチームがこの大学の出身であることも有名だ。予算や人材の規模も日本で有数の大学と思って良い。 ここと統合が決定した岐阜大学は、大学の知見を一般社会へフィードバックすることに熱心な活動をしている、「地域に根ざした」大学と言って良い。入試難易度も「相応」で勉強しない高校生がまぐれで入学できる大学で..

  • 「なんで?」と考える習慣をつけよう

    受験生だけでなく一般にも言えることかもしれない。 数学の例で典型的な例がある。 「必要条件」と「十分条件」がある。ま、論証の単元名がつくのだが。これがセンター試験などの問題となると四択の選択肢となる。 1 必要十分条件である。 2 必要条件であるが、十分条件ではない。 3 十分条件であるが、必要条件ではない。 4 必要条件でも十分条件でもない。 問題はこんな感じとなる。 「P:xは x^2-3x+2=0 の解である」は「Q:xは x^2-4=0 の解である」PはQであるための何条件であるか。 こんな感じの設問に対し、えいやっと答を書く高校生は多い。確かに四択なので適当に答えても1/4の確率で正解する。しかし、こういう高校生は伸びない。 どの教科・問題でも現象面だけをとらえ、正解が「あたれば」いいやと考える高校生(だけでないが)は少なくない。 ..

  • 単答式の問題をバカにするな

    「入試」では、受験生の知識も測定するためにクイズのような単答式の問題も一定数でる。代表的なものは国語の「漢字」の読み・書きだ。満点に対する配点の割合も低く、「どうせ・・・」とバカにする受験生も多いのは事実だ。 しかし、(あたりまえだが)入試は1点の差で数十人の差がつく世界。1点の違いで合否が逆転する。その意味でも単答式の問題も大切にしなければならない。 しかし、ここでは逆に配点の高い記述式や計算量の多い問題を得点するために単答式を、早く、正確に答えることの大切さを取り上げたい。 実は、試験時間の多くは「迷い」を断ち切るために使われる。実際に難関大学の数学でも計算が「正解筋」に入ったと自覚できれば、正答を導き出すのに多くの時間は必要としない。1問30分配当の試験でさえ、実際に計算に要する時間は10分くらいだ。 さらに、「迷い」は「焦り」と表裏の関係をもつ。迷えば迷うほ..

  • 新入試、たいへんなことになっているようだ。

    大学受験へ向かうつもりの現高一生の皆さんや、その保護者の皆さんは本当にたいへんなことと思う。僕自身は「高大接続改革」の構想が公表される前から、その表も裏も知っているのですべては『読み筋通り』でしかない。しかし、その年が近づいてから本気で考え始めた(生徒も含めた)皆さんの不安は大きいと考えている。 結論は簡単だ。 改革などやめればいい。 理由も簡単で、「入試は中立・公正でなければならない」これだけで十分だろう。英語の民間試験を導入して中立を維持することは難しい。記述式の採点を学生アルバイトを動員しなければならない(60万人受験するテストを2週間で採点しなければならないので、容易に想像できる)なら公正さは確保されるはずがない。(我々が高々数百枚採点しても、確実に公平公正に採点できているかは自信がない) 受験生は、その受験に人生をかけていることを忘れてはいけない。 ..

  • 「令和3年度大学入試に係る大学入学共通テスト作成方針」について(2)

    記述式問題に関する部分(p3)について ・分量は国語・数学ともに小問を3問。 ・国語の大典は「段階表示」、数学は配点をする。 ・採点は民間業者(ベネッセという噂がある。あくまでも噂)に委託し、大学入試センターでチェックする。 (p5)問題作成の方針 (1)国語 から ・記述量は最大でも120字程度を1問。他はこれよりも短い。 ・実用的な文章を中心とし、論理的な文章を題材とする。 (p6)数学 から ・数学Ⅰまたは数学Ⅰ・Aの範囲で出題 ・マーク式と混在させた形式で数式等を記述する小問3問 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 国語はデータ(もしくは表)を含む論説文をよみ、そこから読み取れることを書かせるのだろうか。また、法律やマニュアルなどを読ませ、そこに書かれている内容から言葉の定義を拾わせるなどとなるのだろうか。 数学は日..

カテゴリー一覧
商用